フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

2018年5月26日 (土)

南都留郡 手打ちうどん いなか 生姜焼き定食

111_14
Dscn3623

Dscn3624


Dscn3625


Dscn3626

111_15
Dscn3628


Dscn3629


Dscn3631


Dscn3632


Dscn3633

111_16
Dscn3635

そういえば、吉田うどんを知ったのはいつであろうか?

もちろん、このブログを書き始めてから知った。

どこかで、その存在を知ったのは間違いないが、最初の訪問店は玉喜亭。

その後、どうせ行くなら有名店、人気店へ。

ある日、万葉の湯でマッサージを受けた。

その時のマッサージ師の兄ちゃんが、吉田うどんのエキスパートであった。

その彼から得た情報が、吉田うどんの店で、生姜焼き定食が食べられる店がある。

私としては、衝撃であった。

その時まで、定食を提供する吉田うどんの店に、遭遇していなかった。

勿論、その後その店に行った。

生姜焼き定食自体は、平々凡々であるといえるが、汁物の代わりが吉田うどんであった。

それから数年が過ぎた。

ある日、訪れた店に生姜焼き定食ともつ煮定食があった。

それが「いなか」であった。

しかし、私が注文したものは、カレーうどん。

めちゃくちゃ辛かった。

その時、私は何故定食を注文しなかったのか?

そう思いました。

その後悔を意外と早く、晴らす機会がきた。










自分が好きな店に何度も行くことは、いいことである。

しかし、未だ出会わぬ世界もある。

知らぬ世界に出会うのは、経験になる。

私は、渡辺うどん訪問後、いなかに行った。

先客は一人であった。

私は、迷わず生姜焼き定食を注文した。

ああ・・この店は蕎麦があったか。

何というか、ネタ元としては非常に優良店と言える。

やがて定食登場!記念撮影をし、いただきま~す!











見た目では、生姜焼き定食の優良店と言えるだろう。

ロース肉が3枚のり、汁物はうどんであった。

まずは肉を頬張り、飯を食らう。

タレの味わいは、生姜と醤油のハイブリッド系であるが、男前である。

甘さを排除した、キリリと締まった味わいである。

このタレに千切りキャベツを絡ませ、白飯に載せる。

躍動する美味さであるといえる。

ただ、マヨが無い。

醤油とマヨの最強コラボが、この店は求めていないようだ。

うどんには、すりだねをぶち込み、アグレッシブを追求する。

おや?この店には天かすがないのか?

もしかしたら、天かすが無料トッピングで存在するのであれば、評価が変わるかも?

そんな気がした。

食べていて、この店の生姜焼き定食はもっと、評価されるべきだと思った。

しかし、次々と客が来て評価が変わる。

この店は、喫煙が可であった。

後から来た客が、タバコを吸う。

ハッキリ言って、迷惑である。

一言、臭い!

喫煙可であるならば、これが最後の訪問になりますかね?

喫煙可でも何度か再訪問をしている店はありますが。(いいかげんだな)

いろいろと、面白い店だと思うが、喫煙可が残念でした。

 

ここで一句

     臭います

        自分の臭い

             嗅いでみろ?

2018年5月25日 (金)

南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん(中)

111_10
Dscn3613

Dscn3614


Dscn3615

111_11
Dscn3616


Dscn3617


Dscn3618


Dscn3620

111_12
Dscn3621

111_13

Dsc_5473


Dsc_5475


Dsc_5478


Dsc_5480


Dsc_5481


Dsc_5486

私、うどんが食べたいのです。




うどん。

肉汁うどんを求め、昨年食べ歩いたね。

大磯とかいろいろ・・・

良い店も発見したが、私の中でうどん指数の高い店とは・・・







久しぶりに渡辺うどんに来た。

私の中では、吉田うどんに関しては間違いなく、トップレベルである。

この店の肉玉うどんは、至極愉悦。

前回、余りの満席ぶりに退散した私だが、平日に来てみた。

開店直後、先客は2名。

開店直後に来て、すでに食べているおまえらは・・・w





私は肉玉の中盛550円を注文した。

久々の肉玉うどん。

すぐに提供され、私は天かすとすりだねをぶち込む。

そして、うどんを口に放り込み、咀嚼する。

美味い!!!!

剛直!直球!ど真ん中!小麦粉を噛み締める快感。

キャベツは歯応えを残し、馬肉は甘辛い味でありながら、ダシの美味さを邪魔しない。

玉子を崩し、うどんに絡める。

これは、一種のセクショナリズムである。

玉子を愛する者、愛さない者。

この行為は、なまたまごの縄張り争いである。

それにしても、うどんも美味いがダシも美味い。

やがて完食。

ダシを残さずいただいた。

私は、許されるものであるならば、肉汁うどんを設定してもらいたいと思った。

いや、うどんの駅で、うどんをこの麺にしていただいて、肉汁うどんを食べてみたい。

せめて、冷やしタヌキの設定。

名店ゆえのわがまま。

言わせてください・・

 

ここで一句

    名店の

       お持ち帰りで

            アレンジを


2018年5月24日 (木)

小田原市 彩酒亭 洞 牛スジぶっかけ丼

111_6
Dscn3596

Dscn3595

111_7
Dscn3598


Dscn3600


Dscn3601


Dscn3602

111_8
Dscn3604


Dscn3605

111_9

Dscn3609


Dscn3606


Dscn3607


Dscn3611

池の水全部抜く。

一度抜けば十分だわ。

どこでどこの水を抜こうが、新鮮味がない。

私に言わせれば、風呂の水を全部抜こうが、池の水を全部抜こうが同じ。w

もうええわ!





もうええわ!

日大アメフトの会見。

だが、真相を明かさなければ、収拾はつかぬ。

財務省、森友、加計、セクハラ、パワハラ、総理や麻生さんは・・・

一服できる時間を与えている気がする。

刑事訴訟法第317条。

事実の認定は証拠による。

証拠だせよ!野党!

以前行った店は無くなっていたか?

小田原駅近くの旧職安通りは、結構競争環境が厳しいようだ。

新しい店が出来たと思ったら、無くなっていて、更に新しい店になっていた。

小田原おでんの店、ラーメン郁、新しい店が出来ているね。

この界隈、新陳代謝が激しいな。

私は、この通りのどこかで何かを食べようと思った。

すると、以前小田原丼で人気を博した店が、違う店になっていることに気が付く。

もっとも、随分前から代わっていたのは知っていたが、店先のメニューを見ると、

ランチをやっているのが分かる。

お手頃メニューとは言い難いが、ちょっと気取ったランチにはいいかもしれない。

私は店の中に入った。

店の名前は「洞」。

正確には「彩酒亭 洞」。

洞は”ほら”と読ませる。

中に入ると、以前の店の名残りを感じる。

先客は一人。

かなり、高齢なおばあさまが、鯖のみりん干し定食を食べ終えていた。

店主は若い。(私より若い)

店主は、カジュアルな姿であった。

何というか、カフェバー的な店主であると言える。

何を基準にカフェバーか分からぬが、すでに死語であろうカフェバー。

お洒落な居酒屋であろう店の、ランチメニューをよく見る。

いろいろあるが、牛スジのぶっかけ丼が、この店のイメージにそぐわぬ気がする。

築地のきつねやのホルモン丼を何となく、イメージをした。

酒を提供する店で、煮込み料理はある意味、その店の潜在能力を計るにベスト?

そんな気がして、私はぶっかけ丼1280円を選ぶ。

先客が帰ると、店内は私だけになった。

高齢なおばあさまを、店主は丁寧に、丁寧に送り出した。

この店主の、おばあさまに対する接客を見て、何となく郡山の名店「仁亭」の

接客担当を思いだした。

一人ひとりの客に、ベストを!そんな気概を感じた。

注文後、暫し待たされたが丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!












ぶっかけ丼で1280円は高いな~と思ったが、提供されたものに隙は無かった。

メインのぶっかけ丼は、豆腐やネギがあしらわれたものであった。

だが、プレートに載せられた前菜は、ほうれん草、オニオンリング、合鴨、セロリと

4種類があった。

味噌汁は、青海苔か?

まずは牛スジ丼をいただく。

女性用にすき家の様に、小さなしゃもじが付くが、私は箸で食べる。

丼は、箸で食べるべきである。

私自身、丼ぶり飯というものは、疎遠な物だと思っていた。

疎遠な食べ物を食べるのだ、敬意を表し箸で食べるのが、礼節であろう。

モグモグ・・・美味いわ!!!!!!!!!!!!!!!

まず、牛スジ自体が美味い!!!

やわらかく煮込まれたそれは、実に品よく仕上げられている。

う~~~ん、美味い!!!!

牛スジのコク、旨み、味が滲みた豆腐。

あああ・・・何となく、湯気の向こうに秋田で食べた幸楽の〆、あの味を望遠鏡見る様な。

店主が仕上げに、一味をかけるがもっと欲しいね。

次に、前菜のプレートを食べる。

まずは、ほうれん草のお浸し。

たった一口、二口のものであるが、ほうれん草の食感、お浸しのダシの美味さ、

何故にランチでこのレベルと思われる物。

次に、合鴨。

肉厚である。

口に入れると、鴨肉の食感と味わいが、ストレートに来る。

前菜である合鴨に、気合十分な意気込みを感じる。

次は、オニオンリングと蛸の唐揚げ。

何と、注文を受けた後。オニオンリングも蛸も揚げている。

たった一口である。

「注文を受けてから、揚げたのですか?」

私は店主に尋ねた。

店主は、そうですと答えた。

今回私は、店主に「もっと一味が欲しい」などと注文を言ったが、卓上に一味はあった。

しかし、メニューに隠れ、見えなかった。w

牛スジ丼は美味い!が、ややツユダクにして欲しい気がした。

その辺のさじ加減が可能であるならば、うれしいね。

私は、この丼ぶりに対する気持ちを、色々と述べる。

すると・・・

「西城秀樹が死にました!」

店主の言葉に、私は・・・・えええええええええええ!!!!!!!!

スマホにニュース速報がきた様だ!





「この焼酎、森伊蔵と同じ製法ですよ!」

その焼酎の名を訊いた。

何気にメニューを見て、芋焼酎に興味があると、話したらそんな話になった。

夜の部で訪問したい気がするが、泊まらないと・・・


美味い!実直な仕事!

オニオンリングひとつであろうと、揚げたてを提供する姿勢。

私が評価しない訳、無いでしょう。

そして、貴方の接客。

選択肢の提供方法こそ、活性化の要因だと思います。

 

ここで一句

     酒よりも

        地味な存在

               意気込みは!

2018年5月23日 (水)

小田原市 昇玉 冷やしワンタンメン大盛り

111
Dscn3579

Dscn3580


Dscn3581

111_2
Dscn3582


Dscn3583


Dscn3584

111_4
Dscn3586

111_3
Dscn3588


Dscn3589

111_5
Dscn3590


Dscn3591

日大アメフト部の選手の会見。

いろいろ意見はあるのは当然として、二十歳か・・・

まずは己の二十歳を思い出せよ。

そして自分は!お前は!私は!俺は!てめえは!

同じことが出来るか?質疑応答が出来るか?話すことが出来るか?頭を下げられるか?

言い訳ばかりしていないか?

開き直っていないか?

人前で、緊張せずに話せるか?

何より、頭を下げることが出来るか?

罪は罰するが、人間として成長の期待は大である。

将来性において、これほど冷静で覚悟を決めた人材はいないと思う。

誰か、彼を新規開拓出来る方はいますか?

腹切り覚悟の若者を、立ち直らせる技量の企業や公共はないのか?

内田元監督。

内田の恥だよ。




久々に業務応援要請が来た。(現時点で応援最終日です)

千葉の内房に2泊3日で、応援に行くことになった。

私としては、宮城県仙台市に2015年に、約1週間行ったが、それ以来のステイでの

応援要請である。

2015年、私のブログは一段落をしていて、休止をしているときであった。

その時のネタは、どこかにありますよ。w

どこかのブログに・・・w

まあ、日帰りでの応援はたま~にあったりしますが、滞在での応援は久ぶり。

GWも終わり、桜前線も終わり、のんびり出来るかな~と思ったが、いろいろありますね。

公私共に忙しいですが、しっかり内房で食べてきます!

ところで、ほんの一部の方は、「外房じゃないの?」と思う方がいるかもしれない。

内房にもあるのよ!w




へへへ・・・

パチンコをひさびさにやったら、勝ったよ。

桜前線だと、パチンコやる暇ないからね。

そういいながら、やったことは多々あるが。w

何となく、ウキウキ、ワキワキ気分なのですが、本格的にお昼にしましょう。

小田原の駅前周辺も随分と食べ歩きましたが、まだまだ訪問を果たしていない店は多い。

訪問を果たさずに、新たな店になっている場合も多い。

私は、以前から気になる店のそばを通った。

その店は、2階にあるらしいのだが、入口にメニュー写真がある。

まだ5月であるが、麺の冷やし系のメニューが充実している。

その中に、冷やしワンタンメンの発見する。

「ひ、冷やしワンタンメン!!!」

思わず私は、声に出してしまった。

冷やしワンタンメンと言ったら、熱海のわんたんやでの、私が一番好きなメニューである。

というか、わんたんやではこれしか食べない!と言えるほどのメニューである。

それが何と、小田原で食べられる。

これは、食べるしかないでしょう!

私は、初訪問となる「昇玉」に入った。

店は階段を上ると入口がある。

今回、私にとってこの階段は「エクセレンス」である。

どんな冷やしワンタンメンを食べさせてくれるのか?

私は期待と言う階段を踏みしめながら上る。

「いらっしゃいませ~」

おばちゃまが出迎えてくれた。

「お客さん一人?ではこちらにどうぞ」

この店にはカウンター席が無いようで、テーブル席への案内となる。

私は2人掛けのテーブル席に座る。

2人掛けは、全部で4卓。

残り3卓は、オババ様2人、オヤジ一人が座っていた。

隣のオババ様に焼き餃子がやって来た。

ほんのりとニンニクの匂いを感じる。

美味そうであった。

しかし私は、冷やしワンタンメン大盛りを注文する。

大盛りだと100円増しになり、1050円となる。

注文後、ボケ~っと待つ。

店内は、やや暗い感じか?

結構年期を感じるね。

この店には、3階もあるようで、団体客が3階に吸い込まれていく。

「この店には、エスカレーターはないのか?」

3階へ向かう老人が言った。

まあ、普通に考えてあるわけがない。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!













隣のバアサマの冷やし中華、いろとりどりで美味そうだな。

何というか、冷やし中華に比較すると、具材が飛車角抜きの様な気がする。

ワンタンは大粒であるが、4個か?

麺の上を彩る具材は、少々ブレを感じる。

そう言えばこの日、千葉で震度4の地震があった。

そのためか?w

まあいい、食べてみよう。

冷やし中華に比べ、圧倒的につゆだくである。

まずは麺を啜る。

ズルズル・・・シコシコした食感を感じる中華麺は、しっかり茹でられたあと、

しっかりと冷水で〆られている。

スープは、酢を若干強めに感じる。

この辺りは、熱海のわんたんやと明確な味の違いを感じる。

わんたんやは、酢が入っているのか?と思われるほど、刺激感が薄い。

次にワンタンを食べてみる。

小田原と言う地の為か、大西系を意識した様な大ぶりのワンタンである。

餡も多めの様だ。

それを口に入れてみる。

モグモグ・・・ワンタンの皮はツルンとした食感である。

肉が多めの餡であろうが、さっぱりとした味わいである。

これは、味の要のスープの影響も多いであろうが。

全体的に、酢の味わいが強いか弱いか?そのあたりが好みの分かれるところであろうが、

私としては、わんたんやの味を贔屓したい。

ここ何年か、わんたんやには行ってないが、久々に行きたくなった。

そしてこの店では、冷やしワンタンメンではなく、冷やしワンタンの方がいいか?と思った。

この店には、麺抜きの冷やしワンタンもある。

冷やしワンタンを注文し、半チャーハンも面白いかな?

盛り付けは、もっとインスタ映えを考えて欲しいと思った。

 

ここで一句

     小田原は

         冷やしワンタン

                大粒に

2018年5月22日 (火)

小田原市 なか卯 小田原鴨宮店 冷やし坦々うどん

Dscn3571


Dscn3572


Dscn3573


Dscn3574


Dscn3575


Dscn3576


Dscn3578

ブログを書かないと!

今私は、書け問題に揺れている。

書かなければいけないのに、書く暇がない!

まさしく、書け問題なのだ!

書け書け!

書けない!!!

 

ここで一句

     サラリーマン

          時間欲しけりゃ

                 失業か?






先日、なか卯に行った。

牛丼とざるうどんのセットを食べた。

当然、それをブログに載せようとしたが、何故かその画像を削除。w

私バカよね~ オジサンよね~

そして、またもやなか卯に行った。

もう、店の従業員にも顔を覚えられているであろう。

もしかしたら、あいつがデーか!という事まで知っているのか?







この日は、まだ朝9時頃であった。

そういえば、小田原食品市場が解体されていた。

寿家食堂はどうするのか?まったくもって謎である。

ただひとつ言えることは、私の朝飯の選択肢が減った。

更に、小田原魚市場食堂の営業時間が、朝の10時からになった。

これで、更に選択肢が減った。

すき家や、吉野家には入りたくないな~。

松屋か・・・なんか違うよな~。

やはり、なか卯。

これで何度目であろうか?

なか卯で冷やし坦々うどん。

並盛と小があり、大盛りが無い現実に何度、直面したか?

今回も肉味噌とうどんをよ~く混ぜ混ぜして、食べました。

ええ、美味しいと思います。

朝の9時から冷やし坦々うどんが、食べられる幸せ。

そんな事を考えました。

ところで、2日続けての手抜き更新。

私に何かがあったのですね。

それは次回か、その次にご説明いたします。w

それと、たまにはアメブロ支店を見てください。

あそこは、私の速報担当にしました。w

 

ここで一句

      やり直し

         人生以外

              簡単か?

«マクドナルド てりやきチキンフィレオセット(アイスコーヒー、コーン)