フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

2017年2月23日 (木)

小田原市 なか卯小田原鴨宮店 ステーキ重

22

Dscn0013_199


Dscn9999_201


Dscn0001_200

22_2


Dscn0003_202


Dscn0004_203


Dscn0005_204


Dscn0007_205


Dscn0008_206


Dscn0009_207


Dscn0010_208


Dscn0011_209

世の中、物騒である。

物騒な世の中である。

しかし、腹は減る。

朝の9時頃、小田原。

朝飯が食べられる場所はそれほどない。

牛丼チェーンには入りたくない。

あとは松屋かなか卯である。

そして、私の場合、なか卯である。

なか卯なんです。

行くなら、なか卯しかないのです。






結局、なか卯にはいりました。

何を食べようか?悩みたくないけど悩みます。

前回のカニ玉丼みたいなものは、まあまあ美味しかった。

今回は何にしましょうか?

すると、ステーキ重が一押しと言うか、期間限定でプッシュされていた。

味噌汁付で税込み990円なら、いいのでは?

ステーキ重を選ぶと、食券をスタッフに渡したのね。

すると、それほど待たずにステーキ重が出て来たわけ。

随分早いじゃない!とおったまげたのね。

スタッフが、「今イベントをやっておりまして、ステーキ重を注文した方には、

カードが付いてくるのです」と言うわけよ。

正直、アニメのカードなんかいらない訳よ。

だいたい、カードが欲しいかどうか、顔見ればわかるじゃない。

袋を開けたら、お姉ちゃんがコスプレしているだけじゃない。w

私自身、2次元に全く興味がないわけよ。

アニメもマンガも見るけど、コレクションをするとか、そいうものは無いわけ。

聖地巡礼とかしないわけよ。

未だに君の名は、なんて見たこと無いから話題に付いていけないし。

深夜にアニメをやっているけど、何じゃこりゃ?状態なのよ。

やはり、2次元より3次元ですよ。

3Dですよ!(意味が違う)

4DXですよ!(映画館か!)

そんな3次元を追求する私が食べたステーキ重。

輸入肉のクセも感じず、やわらかく、旨みが少々物足りない味でした。

 

ここで一句

     2次元は

        ダイスケだけで

               十分だ

2017年2月22日 (水)

三浦市 居酒屋 花 グリーンカレー

22_5

Dsc_4230_198


Dsc_4217_189

22_6
Dsc_4218_190


Dsc_4219_191

22_7
Dsc_4220_192


Dsc_4223_193

22_8
Dsc_4224_194

22_9
Dsc_4225_195

22_10
Dsc_4229_197

22_11

Dsc_4228_196

花見を楽しんだ後は、食事である。

三浦半島で食事としては、私としては松輪エナ・ヴィレッジがお勧めであるが、

この時期、松輪鯖は無い。

松輪鯖が食べられないのであれば、特にこだわる必要はない。

気になった店に入ることにした。

三浦海岸駅周辺を歩き回り、インスピレーションで入ることにした。

何気に路地裏に入ると、居酒屋風の店がある。

誰がどう見ても、日本の居酒屋風の店なのだが、タイ料理の幟が出ている。

周辺には海鮮を売りにした店が多いが、タイ料理は珍しい。

失礼だが、何となくさびれた外観とタイ料理の幟の新しさが気になり、入ることにした。

中に入ると、グランドマザーとマザーがいらっしゃった。

先客は無く、むしろ客が来た!とばかりに驚いたように見える。

中は、やや薄暗いが、居酒屋ですね。

居酒屋さんが、ランチをやっているようです。

店内はカウンター席と小上がり席、テーブル席とありますが、キャパは多くは無いです。

私はカウンター席に座ると、「表にあったグリーンカレーをください」と言った。

女性2人で切り盛りをしているようだが、母と娘といった感じか?

勿論、タイランド系の方を思われ、外観も喋りもあちらである。

秦野のバーンタイ台所を思いだした。

ランチが出来るまで、お二人と少々会話。

「どこから来たの?」

「花見?」

そんな会話をしていると、グリーンカレー1000円が登場する。

私としては、意外と早いね、と思った。

「辛いのスキ?」

「ほどほどが好きです」

「これね、辛い調味料、これね、ご飯にチョンチョンとして食べてね」

刻んだ唐辛子が浮かぶ調味料が出てきた。

では記念撮影をし、いただきま~す!











副菜に太目のひじきの煮物と漬物が付くのはいいが、これをフォークで食えと?w

後から大根のスープが出てきたが、これをスプーンで飲めと?w

日本人の感覚したら、お箸が欲しいね。w

ま、いいか。

まずはグリーンカレーをそのまま啜る。

うん、様々な香草の香りがエスニックですね。

日本人としては慣れない匂いもあるけど、スパイシーで美味しい。

次にライスの上にかけます。

北海道のスープカレーの様に、ライスをカレーに浸して食べてもいいでしょうね。

うん、美味しい。

サラサラのグリーンカレーですが、旨みもある。

「ご飯、足りなかったら言ってね」

ほほ~、ライスお替り自由ですか、いいですね」

試しに辛い調味料をご飯にチョンチョンして食べてみる。

うん、美味しいが、辛い。

これ、結構来るな!!!入れ過ぎかけ過ぎ厳禁だな。w

合間にひじきの煮物を食べるが、なかなかどうして、日本的な味で美味いじゃない。

へ~~~、驚いた!タイの方が作ったとは思えないほど、日本的でシンプルな味。

そんなひじきのをフォークで食べる!

グリーンカレーはココナッツミルクがベースだが、鶏肉の旨みなども良く出て美味い。

私自身、そんなにタイ料理を食べ歩ているわけではないので、自分自身が食べて

美味い!と思える物だと言いタイ。w

ライスは日本的な粘りがややあるお米。

日本の国産米といえるでしょう。

タイカレーですが、日本人として米の美味さは分かる。

大根のスープであるが、大根という具材を使用しながらも、チキンスープの様に、

割とコクを感じます。

大根も水っぽさも無く、割と美味しいと思えるスープ。

そして完食。

香草の特徴がいろいろ出てますが、私としては食べやすく美味いと思いました。

気さくなお店の方も好印象。

居酒屋は勿論ですが、この地で頑張ってほしいと思います。

 

ここで一句

    三浦では

       多国籍だと

            言えますね

2017年2月21日 (火)

三浦市 三浦海岸桜祭~桜前線初登場の三十景

22

Dsc_4107


Dsc_4109


Dsc_4110


Dsc_4111

22_2
Dsc_4124


Dsc_4127


Dsc_4131


Dsc_4135


Dsc_4143

22_3
Dsc_4149

22_4
Dsc_4153

22_5
Dsc_4155

22_6
Dsc_4163

22
Dsc_4166

22_3
Dsc_4167


Dsc_4174


Dsc_4177


Dsc_4179


Dsc_4185


Dsc_4186

22_2
Dsc_4188


Dsc_4194


Dsc_4197


Dsc_4207


Dsc_4211


Dsc_4231

22_4
Dsc_4232


Dsc_4234


Dsc_4236


Dsc_4237

三浦海岸駅周辺で開催されている、三浦海岸桜祭。

今まで大したことは無いだろうと、思っていましたが、行ってビックリ!見事です。

線路沿いに桜がずら~っと並び、菜の花も一緒に咲きほこります。

河津で見たような光景ですが、川沿いと線路沿いでは印象が違います。

私は三浦海岸駅周辺の駐車場に、車を止めたのですが、駅からメイン会場までは、

30分ほど歩くかな?

桜は徒歩7~8分ほどで現れます。

つまり、桜の歩道を歩くわけですね。

約1時間ちょっと、電車と桜のベストショットと撮ろうと頑張りましたが、

良いポジションは、カメラマンが占拠してました。w

来年も行ってみましょう!

 

ここで一句

     三浦とは

         友和百恵

             桜かな

2017年2月20日 (月)

御殿場市 餃子の王将 御殿場店 餃子、揚げ餃子、鶏の唐揚げハーフ

Dscn9993

1
Dscn9994


Dscn9966


Dscn9968


Dscn9969


Dscn9970


Dscn9971


Dscn9972


Dscn9974


Dscn9976


Dscn9978


Dscn9980


Dscn9982

1_6
Dscn9984

1_7
Dscn9989


Dscn9990


Dscn9996


Dscn9997

御殿場の夜、2軒目。

餃子の王将である。

昨年出来た店だが、良い場所に出来た。

飲んで歩いて帰れる距離である。w

もう、餃子の王将と言えば、餃子で酒である。

ランチはニラレバ定食の餃子1枚追加が常であったが、最近、ランチ利用が無いね。w

私の中では、王将は酒を飲む所だ!(個人的見解)

店内に入ると、賑わってはいるが、カウンター席は空いていた。

席に着くと、メニューを眺める。

おおおおおお!!!この店、ハイボールがある!

和歌山の店とか焼津の店は確か無かったよな。

ならば決まりである。

私はスタッフを呼ぶと、「餃子のりゃんめん焼き、ハイボール、から揚げのミニを頂戴」。

すると、王将独特のコールで注文が厨房に伝えられる。

それほど待たずにハイボールと餃子が登場、記念撮影をし、かんぱ~い!!!












前もどこかに書いたが、グラスの内側に炭酸の泡が付くのは、洗い方が甘い証拠である。

洗ってないとは言わないが、洗浄機などで洗うのと、スポンジでキュッキュッと洗うのでは、

汚れの落ち方が違う。

悪いことは言いません、ジョッキなど炭酸系を入れるグラスは、面倒でもスポンジで、

しっかり洗いましょう。

ところで王将のハイボールはブラックニッカですかな?

ハイボールの色が濃いし、ジョッキがあの顔だし。

ではグビッと!んん・・・うぃ~~~~!!!!

次に餃子をつまむ。

両面焼きなので、頭の部分にも焼き目が付く。

タレは自己流で、酢、コショウ、卓上の辛子、醤油をほんの少しで食べる。

モグモグ・・・醤油が餃子の味を消さず、これがいいと思うけど、その時その時で

タレのブレンドは変えています。

次に唐揚げが来る。

唐揚げは通常サイズの半分ということだが、大きめの唐揚げが3個で352円。

餃子は259円、ハイボールは410円である。

居酒屋ではないが、ベロベロにならないことを前提に考えれば、素敵な居酒屋と言える。

唐揚げはスパイスで食べさせるが、ツマミにはいいね。

ホクホクの唐揚げは美味い。

この時点で、自力歩行が正常に出来る範囲である通算6杯目であるが、

私の耳に意外な言葉が聞こえてきた。

「揚げ餃子出した?」

スタッフの何気ない会話に、私はビビビと来た。

老化による手のシビレではない。

(揚げ餃子だと・・・)

思えば、餃子の王将で揚げ餃子を食べた事が無い。

「すいません、揚げ餃子ってあります」

私はスタッフに食らいつく。

「ええ、ございます」

「では、揚げ餃子を追加してください」

何と!餃子の王将で、揚げ餃子をツマミに、ハイボールが飲める。

これは幸せである。

しかも、人生初の餃子の王将で揚げ餃子である。

もう、次は水餃子だな。w

それほど待たずに揚げ餃子が登場する。

提供スタイルはからげの様に、スパイスで食べさせるものである。

私は、ハイボールを追加し、揚げ餃子と唐揚げでフィニッシュをする事にした。

揚げ餃子は、カリカリの食感が楽しい。

味は勿論、焼きと同じもの。

これは、ツマミとしては、両面焼きよりいいかもしれないし、当然、生ビールにも合う。

酔っているせいもあるかもしれないが、にやけながら摘んで飲む。

今日のツマミなら、最初から王将でも良かったかもしれない。

何しろ、会計をすると1690円である。

歩いて帰ることを考慮し、ここで店を出る。

コンビニまで歩いていき、缶ハイボールを買う。

結局、ホテルでアホになるまで飲む。

揚げ餃子と生ビール、ハイボールはお勧めですよ。w

 

ここで一句

     裏メニュー

        聞き耳立てて

              探り出すw

2017年2月19日 (日)

御殿場市 阿吽 生ビール、焼き鳥5本盛り、蛤酒蒸し、ハイボール

1_15

Dscn9942

1_16

Dscn9941


Dscn9943


Dscn9944


Dscn9945

Dscn9946

1_17

Dscn9947


Dscn9948


Dscn9951

1_18
Dscn9952


Dscn9954


Dscn9956

1_19
Dscn9957

1_20

Dscn9961


Dscn9962

本当に、今月はアクセスが増えております。

1300や1500などが何度も出てきております。

支持率上昇は、ヤル気も上昇。

さあ、自分との勝負だ!w








旅の楽しみは酒でございます。

今夜は御殿場に宿を取り、どこに行こうか考えます。

事前に目的の店は決めてあるのでございますが、なかなか予定通り行かないのが、

人生というものでございます。

この日も、カルビ一丁に寄ろうと思いましたが、お待ちのお客が多く、諦めました。

ならばと、餃子の王将に!と思いましたが、こちらは2軒目の予定なので、パスです。

阿吽に行こうかと思いましたが、隣にも何やらお店があります。

新規に開拓をしようと思いましたが、阿吽さんもお客が少ない様なので、そちらに。

何しろ、前回訪問時の印象が良かったので、むしろ再訪問をしたい店でもありました。

それにしても、寒い夜でございます。

風呂に入ったのに、湯冷めをしてしまいそうです。

店の中に入ると、カウンター席が全部空いていたので、テレビのある前に座ります。

メニューを見ると、何を注文しようか悩みます。

前回、何を食べても全部美味しゅうございましたが、最後に厚焼き玉子を注文し、

お腹がいっぱいで、苦しゅう思いをしました。

美味しゅうございますが、割とボリュームのございますので、軽めと思える物を選びます。

まずは生ビール550円を注文し、その後焼き鳥5本盛り900円を注文しました。

すぐに生ビールがやってまいりました。

お通しは様々な魚の角煮の様でございます。

通常、見た瞬間鮪の角煮!と思ってしまうのが常でございますが、この店では

数種類の魚を使用しているようでございます。

では、記念撮影をし、乾杯でございます。










ぷは~~~~~~~~~~~~~!!!!うめ~~~なぁ~~~!!!!!

今日も良く歩いたからな。w

テレビを見ながら生ビールをちびちびと飲む。

やがて焼き鳥が登場する。

焼き鳥の内容は、つくね、レバー、砂肝、ささみ、しろもつ。

タレの部分もあるが、塩の部分もある。

まずはしろもつから行きますか。

もつはタレですね。

モグモグ・・・これ美味いな~~~!

つくねも、レバーも美味い!!!

5種類すべてが美味いが、もつが美味かった!味が濃厚でした。

ビールが進みますね。

生ビール、ハイボールと注文します。

次に蛤の酒蒸しを注文しました。

少々待たされた後、酒蒸し登場。

まずはスープだけを事逗ずz・・・うめええええええええええええええええええええええ!!

うめえええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!

浅蜊の酒蒸しより、何倍も味が深い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何より、スープが深く、濃い。

蛤のお吸い物がありますが、酒蒸しなので比較にならない位、旨みが濃い。

蛤自体の味わいも美味い。

前回は牡蠣の天ぷらが美味かったが、今回はこれですね!美味い!!!

なんかスイッチ入ったな。

キリンの御殿場工場産の富士山麓というウイスキーをハイボールで注文。

味わい深いハイボールである。

そして、酒蒸しが美味い!!!!!!

蛤は小ぶりであるが、そのおかげでたくさん食べられる。

そしてフィニッシュ!

生ビール2杯、ハイボール3杯で終了。

合計4580円でした。

つまり、お通しは230円かな???

約1時間の酒宴でございました。

相変わらず何を食べても美味いですが、今回も蛤の酒蒸し、美味しゅうございました。

酔いが完全に回る前に、次に行きますか!w

 

ここで一句

    寒くても

      ビールを頼み

             冷え性か?

«賀茂郡 八起 こあじ鮨セット