フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

2017年4月24日 (月)

伊東市 赤のれん 五目ラーメン

22_20

Dscn0453_572


Dscn0454_573

22_21
Dscn0460_577

22

Dscn0455_574

22_22

Dscn0457_575


Dscn0459_576

22_23

Dscn0461_578


Dscn0463_579

22_2
Dscn0464_580


Dscn0465_581

22_24
Dscn0466_582

伊東市の赤のれんに初めて入り、チャーシューメンと半カレーを食べたが、

他の客が食べていた、もつ煮定食が美味そうなので、すぐに再訪問をするが、無いと。

肉丼を食べて満足したあと、何気に裏道を走ると、もう一軒の赤のれんを発見!

申し訳ないが、暖簾が出ていなければ、廃業したと思われても仕方がない外見。

犬吠埼の犬若食堂に匹敵するほどの外見は、中に入ることを躊躇させた。

しかし、もしかしたら同じ赤のれんを名乗るので、もしかしたらもつ煮があったかも?

何より、私には「里美訪問」という免疫が出来ている。w

そして、日を改めての訪問となったのだが、本当は他に行きたい店があるのだ。

洋食屋とかとんかつ屋とか、未だ日の目を見ない?店が伊東市にはあるのだ。

更に、自分から名乗り出て、あの店のあれを食べます!とか、あの地域はお任せ!など、

しゃしゃり出てしまい、有言不実行オヤジになりそうである。

そんな宿題をいくつも抱えながらの訪問となった。w










店の名前は「赤のれん」であるが、支店名などは無いようである。

駐車場は店の前に大きな駐車場があり、その一画が店の駐車場である。

車を止めると、店の前に立つ。

静かである。

外観の写真を撮り、中に入る。

すると、先客として婆様が一人、厨房内にも婆様が一人。

店内はカウンター席のみで、10人は入らないね。

奥に小上がりがあるが、客用かどうかは不明。

メニューは壁に短冊状に掛けてある。

(もつ煮が無いな)

こちらの赤のれん、メニューは少ないとは言わないが、あちらの店より選択肢は少ない。

ラーメン、チャーハンのセットや餃子だと芸が無いな~。

どれにしようかと悩むが、チャーシューメンと言いかけたところで、五目ラーメンを選ぶ。

今、にわかにネットの世界は五目ブームである。

五目ラーメン、五目そばを食べないと、ラーメン通とかラーメンマニアとか言えない

状況になってきている。w

遅ればせながら、私も五目ラーメンのムーブメントにあやかろう。

何より、私のブログの中では、五目うまにとか、五目あんかけとか焼きそばとか、

まともな五目ラーメンを注文したことが無い!w

そして、五目ラーメン850円を注文する。

注文を待つ間、客席からチラチラ見える、店主の居間と思われるところのテレビを見る。

それにしても、年期が入り過ぎるほど、入っている。

椅子もカウンターも、厨房内の鍋なども、相当な年月の経過を感じる。

正直、綺麗な店だとは言えない。

ビニールのかかった椅子などは、座るのも少々ためらう。

しかし、問題は味である。

先客の婆様が、「スープが美味いね、美味いね」とつぶやく。

食べ終え、支払いを済ませると、「旦那さん、ゆっくり食べていってね」と言われる。

近所の常連客なのであろう。

店主も久しぶりの五目ラーメンらしく、作りながらいろいろ冷蔵庫から具を出したり、

茹で玉子の殻を剥いたりと、付け足しの作業が多いようですが、ここは店主の年齢や

店の雰囲気などで、気にしない、気にしない。

やがて、五目ラーメン完成、記念撮影をし、いただきま~す!







チャーシューメンが900円だが、これで850円?いいんじゃないですか?

後から来た客が、タンメンを注文したが、タンメンの上に五目トッピング、という印象。

昔、どこかのデパートのファミリーレストランでバイトをしたとき、五目ラーメンと言ったら、

ワカメ、メンマ、チャーシュー、インゲン、カマボコで五目ラーメンと言っていた。

客が「これが五目ラーメンか?」と言ったらしいが、確かに五目。w

あれ以来、私の中では五目ラーメンは除外されてきたが、これは豪華でしょう!

タンメンの上に、チャーシュー、カマボコ、ナルト、海苔、茹で玉子と5種の具が乗る。

私としては「五目タンメン」ということで、納得することにした。

因みに、キャベツ、豚肉、タケノコ、メンマでタンメンらしい。

まずはスープを事逗ずz・・・美味しいです。

野菜の旨みが出ていて、塩味ベースのスープが美味いです。

麺を引きずり出すと、玉子麺の様な黄色の麺が出てきます。

啜ってみると、やややわらかめだが、麺は美味い。

麺を茹でるお湯の温度が、少し低いかな?と思われる茹で加減であるが、味は悪くない。

細麺ストレートでタンメンと考えた場合、麺は細いが、やさしい味わいなので良いでしょう。

キャベツや豚肉などは、炒められた後、スープを追加し、煮あげている。

故に、スープには旨みが溶け込んでいる。

チャーシューは腿肉だが、やや厚みがあり、しっかりした噛み応えがあり、美味い。

肉の美味さを感じさせるチャーシューである。

ナルトと、カマボコは普通ですね。

メンマは特に濃い味付けはされておらず、歯応えを楽しむものでしょうか?

店は汚いけど、美味いよ!

ただ、この日は気温が高く、汗が徐々に出てくる。

エアコンは無さそうですね?w

タオルで汗を拭き拭き、ラーメンを食べる。

やがて完食、スープは半分以上飲みました。

店の雰囲気などは、ドン引きする部分がありますが、今回食べた五目ラーメンに関して、

味は満足出来ました。

店主は一人で切り盛りをしているようですが、味の大西伊豆店の店主と同じで、

なんか許して、応援したくなっちゃうかな?

昭和の雰囲気を引きずった店が好きな方には、まんま、昭和なのでどうでしょうか?w

 

ここで一句

     赤のれん

       赤が消えてて

           アカンがな

2017年4月23日 (日)

伊東市 ふしみ食堂 ぶりかま塩焼き定食

22_16

Dscn0450_560

22_17
Dscn0436_562


Dscn0437_563


Dscn0438_564


Dscn0442_561


Dscn0443_566

22_18
Dscn0445_567


Dscn0446_568

22_19
Dscn0447_569


Dscn0448_570


Dscn0449_571

桜前線、次はどこに行きましょうか?

芝桜はまだ先ですね。

東北地方の桜を紹介したいですが、行けるかな?

何より、自分の休みと桜の開花と天気が合致しないとだめ。

雨だと撮影出来ませんよ。

岩手、秋田、青森あたりが目標かな?

お楽しみに!







最近ニュースで、嫌な記事を見た。

鮪のカマを食べ過ぎてはいけないらしい。

もっとも、鮪のカマを食べる機会は少ないが、カマ好きとしては、何とも不安である。

食べ過ぎなければ、いいだけの話だが。

久しぶりにふしみ食堂にやってきた。

朝早くから営業をしているが、この日は10時半頃。

先客は誰もおらず、悠々と食事が出来そうだ。

メニューを見ると、ぶりかまの文字が!

ブリカマの塩焼きが2000円で食べられる。

2000円は、この店としては結構、いい値段である。

鯖の味噌煮もあるな・・・でも、ブリカマにしましょう!

ぶりかまの塩焼き定食2000円を注文する。

焼くのに時間がかかったが、定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










この日はグランドマザーが話しかけてきた。

伊東市議の話、市長の話、その他いろいろ。

伊東市議が誰かなんて、興味がないので・・・w

それでも、熱海市内はじっくり見て回る必要がありそうだね。

かなり、熱海が活気づいているようだ。

それにしても、ぶりカマがデカイ!これは腹が膨れそうです。

では焼きたてのぶりカマをいただきます。

モグモグ・・・美味いね~~!!!

表面はパリッと焼き上げられ、中はふんわりしっとりとした食感。

薄い塩味が付いているので、大根おろしには少し醤油を垂らし、食べる。

う~~、美味い!!!

脂ののりに関しては、時期的にそろそろ終わりなので、さっぱり目だが、美味い。

鰤の臭みも無いし、美味いね~。

そして、骨と皮の間のねっとりした部分、一番美味い部分、う~~ん、美味しい!!!

本当にオネエではなく、オカマになりそう!w

カマ焼きバンザイ!マンセ~!!

ご飯はホカホカで少し、圧縮状態なのだが、カマを食べるのが忙しくて・・・

他に南瓜の煮物、ワカメの味噌汁、冷や奴、わらび餅と付く。

お茶は足りなくなったら、セルフ!卓上には粉茶の入れ物がある。

やがて完食。

本当に、カマだけで十分、腹が満たされた!!!満足!!!

この日も、自分以外に他に客は来なかった。

土日祝日の混雑がウソみたいね。

狙うなら平日のランチタイムを外す、これが一番、落ち着いて食べられるようです。

 

ここで一句

     オネエより

         カマが好きだと

                叫びたい!

2017年4月22日 (土)

裾野市 カル麺 ペスカトーレ

22_7

Dscn0421_547


Dscn0422_548

22_8
Dscn0434_559

22_9
Dscn0423_549


Dscn0424_550

22_10
Dscn0425_551

22_11

Dscn0426_552

22_12
Dscn0428_553

22_14
Dscn0429_554

22_15
Dscn0430_555


Dscn0431_556


Dscn0432_557


Dscn0433_558

気になる店と言うのがあるが、先入観みたいなものもある。

ラーメン屋でトマト?となれば、女ばかりでオヤジの入る隙は無い!みたいなものと、

多分、ボリュームは物足りないだろうな?と思ったり、本当に美味いのかよ!

というものが、勝手に思い浮かぶ。

しかし、それは食べずに勝手に妄想しているだけの話。

やはり、食べねば!

この日、店の前の駐車場に空きがあった!ええ~~い!と思い、車を止める。

店の名前は「カル麺」。

たまにこの店の前を通り、気にはなっていたが、通りがかる時は、いつも満車で、

なかなか入れなかったのだが、この日は止められた。

店の前にはボードがあり、店の人気順位を書いてあった。

1番人気がペスカトーレ?決まりかな?

中に入ると、ダークな部分と明るい部分があり、なかなかお洒落である。

テーブル席とカウンター席があり、カウンター席に案内される。

カウンターはカタカナのコの字型になっており、すでにトレーが置いてあり、

おしぼりと箸が置かれている。

椅子もお洒落だな、丸椅子ではなく、背もたれのついた椅子でなく、チェアーという感じ。

メニューを見ると・・・これは悩む!

ベースのスープの味が、全部違うのか?

カル麺という店の名前のラーメンはミルクベースの様だし、コンソメ、塩、味噌、

冷麺があって、ワンタンメンがある。

これは一人で訪問するにはつらいな。w

私に女房か彼女でもいれば、違う物を注文し、シェアすればいいのだろうが、

1人だと何度か訪問しないといけないね。

ラーメン界のシェアハウスか???w(何か意味が違う気がする)

いや~~悩むな~~、どうしよう???

スタッフのお姉さんも、早く決めろ!と思っているだろうな。ww

一番人気のペスカトーレにしよう!私はそれを注文した。

すると、ライスとパンとどっちにする?と聞かれる。

サービスで、ランチタイムは、どちらかがサービスで付くのだ。

パンも面白いが、私はライスにした。

すると、ミニサラダが出てきた。

これもサービスだという。

やがてラーメン登場、機縁撮影をし、いただきま~す!












思ったよりも丼ぶりも大きく、ボリューム感があるね。

ご存じだと思うが、私はすでに他の店でラーメンを食べている。

ではまずはスープを事逗ずず・・・美味いな~~~~~~!!!!!

香草の味や香りも根底に感じますが、トマトが主役ですね。

トマトベースで味は確かにペスカトーレなのだが、和のテイストを感じる。

ああ・・・海苔が浮かんでいるね、海苔の風味と香りだけで、和を感じる物なんですね。

ところで、お冷にはレモンが浮かんでいて、それを口に含むと、リセットされる。

オリーブオイルとか今まで食べてきたラーメンと、違う方向の味だが、美味い!!!

さっぱりした味かな?と思ったが、結構ずしりと来るものがありますね。

スープにはイカや海老が浮かんでいるが、これはシーフードミックスですね。

アサリも貝殻が沢山あるが、こちらも冷凍でしょうね。

でも美味い!!!

トマトは酸味などは全く無し。

トマトの旨みが十分に堪能できます。

次に麺をいただきます。

麺を引きずり出すと、割と色白の印象。

中太麺のストレートとお見受けしました。

これが食べてみると、やはり、パスタ的な味わいを感じます。

小麦粉の種類が違うのかな?麺のコシはそれ程強いとは思いませんでしたが、

この麺、美味しいでしょう!何より、ベースのスープによく合っていると思います。

スープはドロドロした印象で、トマトも沢山使用しているのでしょう。

こうなると、麺を食べ終えた後は、ライスの出番です。

ライスをレンゲに乗せ、スープに沈めます。

スープカレー的な食べ方です。

う~~~~ん、美味い!!!!!

スープはショッパイとは思いません。

残すのは勿体無いね、トマトジュース残すのと同じだよ???

面倒なので、ライスをすべてスープに放り込み、リゾット状態でいただきました。

卓上にタバスコがあるので、それをかけると、味に変化が出て、美味い!!!

やがて完食。

う~~~ん!!!腹いっぱい!!!

1050円でどうかな?と思ったが、十分満足できるボリュームです。

これ、大盛りだったら食べ切れたかな?

女性的な店で腹は膨れないだろう、と思っていましたが、満足満足。

何より、私のブログの読者様でラーメン大好き女子には、お勧めです。

店内の内装もお洒落だし、女性一人でも抵抗感は無いでしょう。

カップルは更にお勧め!味が違うメニューが多いので、是非、シェアしてください。

それにしても、盛岡冷麺か・・・気になるな~。w

 

ここで一句

    選択肢

       人が多けりゃ

            悩み減る

2017年4月21日 (金)

御殿場市 太龍 太龍ラーメン味噌辛口、餃子

22

Dscn0420_531


Dscn0393_530


Dscn0394_532

22_2
Dscn0395_533


Dscn0397_534


Dscn0399_535

22_3
Dscn0401_536


Dscn0402_537


Dscn0404_538


Dscn0407_539

22_4
Dscn0410_540


Dscn0411_541


Dscn0413_542

22_5
Dscn0415_543


Dscn0416_544


Dscn0417_546

22_6
Dscn0418_545

富士霊園で花見をした後は、御殿場方面に向かう。

時間的に丁度、昼の時間だったし、久しぶりに行きたい店がある。

太龍に開店10分前に行ったら、客がたむろしていた。

行列らしい行列ではなく、暗黙の行列というか、そんな感じである。

昔、昔、箱根からここまで、焼き肉を食べに何度も来た。

1度、ここの社長と話をし、美味いから来てま~す!みたいな話をしたことがある。

思えば、この店を教えてくれたのは、富士霊園勤務の方であった。

もう、定年退職でいないだろうね。

その焼肉屋でラーメンを始めた、というので、食べたのが太龍ラーメン。

美味しかったね。

それ以来、機会があれば食べている。

だが、御殿場に泊まる機会が何度かあったので、その時焼肉利用をしたかったね。

もっとも、もっと良い店を御殿場駅前に見つけたけど。w

とにかく、汗をかいたので、スタミナをつけましょう!

中に入ると、カウンター席があるね。

そこに座り、太龍ラーメンの味噌を注文する。

この店では、味噌以外注文したことが無い。

塩とか醤油とかあるが、太龍ラーメンに関しては、味噌でしょう!

辛さは辛口を選ぶ。

辛口の上にはまだ、2段階の辛さがあるのだが、無理。w

それと、餃子を注文してみた。

餃子は500円なのだが、少し高く感じる。

手作りらしいが、400円台なら気軽に注文できるのに。

ところで店内は、カウンター席が出来たこと以外は、初めて来た時と変わらない。

テーブル席がメインで、焼肉が出来る様になっている。

まずは餃子が登場、記念撮影をし、いただきま~す!










500円と言う価格だが、餃子のサイズは普通ですね。

卓上に酢があるので、酢を垂らし、コショウを散らし、醤油を数滴垂らす。

私は、現在このタレで食べる事が多い。

餃子の味が良く分かり、醤油メインよりも味が良く分かると思う。

では一口、モグモグ・・・美味いな~~~!!!

ワイルドな味わいの餃子です。

野菜と肉のバランスが良く、コク深い味わいです。

ニンニクなどの香草類も効いていて、好きな味だな~。

しかし、焼き目のパリパリ感は無いです。

皮はやや厚めの印象です。

少し、もっちりした食感と、ムチとした歯ごたえが印象です。

その後、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











1030円と言う価格であるが、野菜たっぷりでボリューム感がある。

昔、大盛りを注文したことがあるが、私でも大盛り少し、苦しいくらいボリュームがある。

まずはスープを事逗ず・・・辛美味い!!!!!!

スープは牛骨ベースと思われる濃厚スープ。

それにチゲ鍋みたいな辛味噌風味で、これがコッテリ濃厚である。

スープは白菜キムチの素でも溶け込んだかのように、ドロッとした印象である。

麺を引きずり出すと、太麺ストレート。

気のせいかもしれないが、以前よりも更に麺が太くなった気がする。

麺は濃厚スープに負けない位、むっちりした食感と、存在がある。

具には炒めたモヤシなどが、スープの色に染まっている。

何故か、ナルトが付き、固ゆで玉子が半分。

チャーシューは無く、肉の塊が1個ある。

牛のバラ肉を煮込んだものらしいが、これがやわらかく美味い!

方向性は違うが、蒙古タンメンよりもこちらの方が好みの味である。

具にはキムチも添えられており、それをスープに混ぜ込み、麺と共に啜る。

途中ですりごまをトッピングし、香りを楽しむ。

味、ボリューム共に満足である。

やがて完食。

スープは完飲しましたが、ライスを注文して、おじやみたいな食べ方もいいでしょう。

勿論、汗も大量に噴き出てきました。

スタミナラーメン的な意味合いで、この界隈では絶対的にお勧めのラーメンです。

 

ここで一句

    焼肉は

       次の機会に

            いつ来るの?

2017年4月20日 (木)

駿東郡 富士霊園~墓参りと桜見物が出来る三十八景

22_20

Dsc_6034_492

22_21
Dsc_6035_493


Dsc_6039_494

22_22
Dsc_6041_495


Dsc_6043_496


Dsc_6044_497

22_23
Dsc_6045_498

22_24
Dsc_6051_499

22_25
Dsc_6054_500


Dsc_6057_501

22_26
Dsc_6059_502


Dsc_6060_503


Dsc_6061_504

22_27
Dsc_6069_505


Dsc_6077_506


Dsc_6085_507


Dsc_6092_508

22_28
Dsc_6095_509


Dsc_6099_510


Dsc_6102_511

22_29
Dsc_6103_512


Dsc_6104_513


Dsc_6106_514


Dsc_6107_515


Dsc_6109_516


Dsc_6112_517


Dsc_6116_518


Dsc_6122_519


Dsc_6125_520


Dsc_6127_521


Dsc_6143_522


Dsc_6147_523


Dsc_6148_524


Dsc_6153_525

22_30
Dsc_6164_526


Dsc_6168_527


Dsc_6169_528


Dsc_6176_529

桜前線初登場の富士霊園。

静岡では有名な桜の名所なのですが、霊園なんですよね。

私、霊感が強くて、時々写真に余計な物が写るので、敬遠していた部分があります。

今回撮影を終えて、写真を見て不思議に思ったのが、天気が良かったのに明るくない。

特に桜が艶やかに写っていない。

何か影が出来るというか、暗いというか・・・

それとも、私の気のせいか?カメラがおかしいのか?それとも・・・ひぇええ~~~!!!

しかし、見晴らし台からの桜並木は最高でしたね。

喪服に身をかためた方々と、ブルーシートの上で家族で寝転んで、桜を楽しむ姿。

さすがに酒を飲んで、どんちゃん騒ぎの方はいませんでした。

だが、近所には富士スピードウェイがあり、遠くからカーレースの爆音が聞こえました。

霊園であるということを、忘れさせる雰囲気があります。



それと、また上り坂ですよ。

天気が良かったから、汗びっしょりですよ!

帰りはひざが少し、笑い気味でしたよ。w

今年の桜はもう、終わりですが、来年の花見に、皆さんも加えてみては?

 

ここで一句

     また上り

       桜見るには

            試練だね

«足柄上郡 寄しだれ桜まつり~土佐原のしだれ桜を知ってましたか?の四十七景