フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

2018年1月17日 (水)

焼津市 小川港魚河岸食堂 鮪のカマ焼き定食

123_12
Dscn2122

123_13
Dscn2124


Dscn2125

123_14
Dscn2126


Dsc_0293

123_15
Dscn2129


Dscn2132


Dscn2131

123_16
Dsc_0286


Dsc_0287


Dsc_0288


Dsc_0289


Dsc_0291

123_18
Dsc_0292

この日は特に予定が無かった。

どこかで飯を食べよう。

すると、東名高速に乗り、焼津まで来てしまった。

焼津というと、焼津お魚センターが私のブログでは何度も出てくるが、

たまには焼津港の周辺に行ってみましょう。

すると、アクア焼津までやってきた。

隣にお土産や、食事の出来るところがあるが、マグロ丼を一度食べたね。

何というか、活気が無いな。

少し寂しい気がしたので、違う場所に行くことにした。

辿り着いたのは、小川港。

焼津港の隣に小川港があるのだが、ここには活気のある食堂がある。

魚河岸食堂と言うのがあるのだが、漁港直営ということで宜しいですか?

思えば、2010年に訪問をしている。

その時はカツオの刺身か、タタキの定食を食べている。

正直言って、平凡な印象しかないのだが、何故に8年越しの再訪問となったのか?

・・・まあ、いいんじゃない?w

朝ラーを食べようかと思ったが、海鮮でいいんじゃない?

車を止めると、店内へ。

券売機で食券を買うシステムなのだが、その前に壁一面に貼られた料理の画像を見て、

何を選ぶか吟味する。

ラーメンかカレーライスを注文した方がいいかな?と思ったが、マグロのカマがある。

カマは私の中ではご馳走である。

壁の写真では鮪のカマ焼き定食は700円。

鮪の竜田揚げでも食べようかと思ったが、カマ焼き定食にしましょう。

券売機で探すと、無い。

売り切れ表示になっているが、券売機の横にはお勧めとして鮪のカマ焼きがある。

しかし、800円だ。

100円の差額に悩むが、わざわざ東名高速に乗り、ここまで来たまでの金額を考えると、

自分の人生の中では、100円の存在とは小さい物よと思ってしまう。

いつの日か、100円に泣くまでそう思うのであろう。

この店は、セルフスタイル。

食券を買ったら、カウンターの中のおばちゃまに券を渡す。

すると、引き換えの番号札を渡される。

番号は66番だった。

666番だったらオーメンだったかな?

すると、丁度サービスタイムにぶち当たり、カツオの角煮?が提供される。

この場合、遠慮は無用である。

写真を撮ると小皿に盛りつける。

私は佃煮系など味の濃い物は、一口、二口で十分なので、適量を取る。

テーブル席か小上がり席しかないので、適当に座る。

丁度テレビが正面にある位置に座る。

テレビでは吉永小百合主演、夢千代日記が放映されていた。

さすがローカルテレビである。

1980年代の番組を流すとは・・・w

すると、「66番出てこいや~!」というので、カウンターに行く。

定食を受け取り、記念撮影をする。







ボリュームはあるが、インスタ映えのしない定食である。

鮪のカマは結構な大きさなのだが、不細工である。

この場合、皮側から撮影すれば良かったか?

ご飯と味噌汁が付き、奴が付く。

価格的に十分納得できるものであるが、味はどうか?

まずはマグロのカマを一口、モグモグ・・・表面の肉を食べたが、ややかたいかな?

やはり、骨と皮の間の身を食べるべきであろう。

皮を取り、中の身を取り出すと、トロトロの身が出て来た。

これは美味そうである。

実際口に入れると、ジューシーでトロンとした食感がいい!

う~~ん、カマ焼きの醍醐味はやはり、骨と皮の間の身です!

これは美味い!!!

ところで、ご飯が少ないかな?

カマのボリュームと比べると、白飯がやや少ないと思う。

通常であれば、私としては十分なボリュームなのだが、カマの身が多いので、

ご飯がススム。

それと、大根おろしがもっと欲しい。

鮪のカマはやや癖がある。

それを緩和するためにも、大根おろしがもっと欲しい。

普通に考えれば、おろしもたっぷりあるのであろうが、カマが大きいので。

味噌汁はワカメと豆腐。

奴は一般的な美味しさ。

カマは、ひとかけらの肉片も逃さぬように食べました。

やや癖を感じるカマでしたが、美味しくいただきました。

800円と言う価格を考えると、コスパが良いと言えるでしょう。

ただ、全体的に大衆的な味わいだと思います。

実際、大衆食堂ですが過度の期待をせずに、気軽に飯を食うか!

そんな気持ちで良いと思います。

小田原港の魚市場食堂みたいな感覚で。w

 

ここで一句

    おカマなら

       鰤が一番

           ステキだわ

2018年1月16日 (火)

小田原市 土田畑福造 刺身定食

Dscn2098

123_7
Dscn2099


Dscn2107


Dscn2101


Dscn2102


Dscn2104


Dscn2105


Dscn2103

123_8
Dscn2110

123_9
Dscn2112


Dscn2114

123_10
Dscn2115

123_11
Dscn2118


Dscn2120


Dscn2121

前回太刀魚重を注文し、セットで付いて来た天ぷらと刺身の印象がよく、

肝心の太刀魚重が一番、大したことの無かった。

ならば、刺身と天ぷらだけを注文すれば良い!

意外と早く再訪問の機会が来たな。

もっともこの界隈、日常的に走っているから、私の気持ち次第なのだが。w

割と遅めの訪問であった。

時刻は14時近かったが、店は通し営業の様である。

店に入ると、スタッフのお出迎いはなく、空いているテーブルに座る。

この店は、回転寿司店の後をそのまま利用した店。

カウンター席は無いが、1人でもテーブル席が利用できるので、ゆったり感はある。

メニューを見ると・・・パスタが消えたか?

前回はあったパスタが無くなり、釜飯があるのか?

どちらにしても、メニューが豊富で刺身と天ぷらを食べよう!と思ってきても迷う。

ミックスフライ定食もいいかも?と思うが、刺身御膳と刺身定食がある。

この場合、刺身定食で十分でしょう。

価格は1580円とあるが、この店は外税なので1706円になる。

税抜きだと割安だと思うが、税込みだと割高に感じる。

将来消費税が10%になった場合、税抜き表示はやめて欲しいね。

特に食事関連は、税込み価格で表示して欲しい。

会計時に「ええ!!!」と思うでしょう?

注文後、セルフでお茶を飲み暫し待つ。

自分の座った席の正面には何故かドアのインテリアがある。

撮影するか・・・w

やがて刺身定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!














うん!刺身定食を選んで正解!

もう、見ただけで刺身の鮮度と質が良いのが分かる。

刺身がそれぞれキラキラと光沢を放ち、鮮度の良さをアピールしている。

刺身の内容は、鯛、カンパチ、マグロ、カツオ、アジ、イカ、ヤガラである。

更にそれに天ぷらが付く。

天ぷらの内容は、メゴチ、ピーマン、茄子、丸十だったかな?

味噌汁は当然のごとく付くが、味噌汁が豪勢である。

根菜や椎茸などがたっぷりと入っている。

唯一、飯が少ないと思う。

前回はお重だっので気が付かなかったが、定食のご飯は少ないな。

では、まずは天ぷらから行きましょう。

メゴチは衣はカラッとしており、中はフワッとした食感。

天つゆで食べるタイプだが、塩で食べてもいいかもね。

野菜類も美味しい。

次に刺身をいただく。

刺身はやはり、美味い!!!

鯛もタイキックをしてもいいくらい美味いね。w

カンパチも美味しいです。

鮪は平凡かな?アジと鰹は素材が主張しており、これも美味しい。

刺身が美味しいからご飯がススムが、やはりコメが少ない。w

お替りを考えたが、味噌汁もボリュームがあるので我慢する。

味噌汁は七味を入れる。

豚汁ではないが、割と濃厚な味噌汁である。

旨みも十分で出て美味い。

やがて完食。

選んで正解!!!刺身定食は美味しかったです。

天ぷらも美味しかった!

入口に手書きのメニューボードがあり、太刀魚重がお勧めだったが、

お勧めを選ばない方が、お勧めかな?w

素材重視の物を選べば、間違いないと思います。

 

ここで一句

   お勧めを

      敢えて外して

            ストライク!

2018年1月15日 (月)

藤沢市 タマヤ 味噌キムチラーメン大盛り

123_2

Dscn2086

Dscn2087

55_5
Dscn2089

55_6
Dscn2090


Dscn2091


Dscn2092

123_5
Dscn2093

55_7
Dscn2094

55_8
Dscn2096

123_6
Dscn2097

何となく、年跨ぎで江ノ島周辺食べ歩きというか、湘南食べ歩きというか、

その様な傾向がありましたかな?

通常であれば、私の行動範囲は小田原、秦野、伊豆、清水などなど・・・

やはり、ウケの良いネタを仕入れるには、お洒落な観光地に行かないといけない!

そう思っていても、食べるものがオヤジ臭いかな?




片瀬江ノ島駅周辺には全部で駅が3つあるのね。

知ってはいたが、実際にこの目で見るのは初めてだね。

初詣や何やらで江ノ島に何度も何度も来ているが、知らないというか、

いつもどこを歩き回っているのやら?

これからも、知らない道を歩き回り、新しい店に行きましょう。

しかし、妙に気になる店もある。

今回訪問したタマヤであるが、何故にこの地で普通にラーメン?と思った。

知っている方が多いと思うが、この周辺では花みずきが有名であろう。

何故ならシラスラーメンなどを提供している。

しかし、私は未だ訪問をしたことが無い。

今回も花みずきがいいだろうと思ったが、何故かタマヤにした。

外見は明るい感じであるが、メニューは地味というか、奇をてらってない。

有数の観光地であるこの地で、何故にこれほどクラシカルな物を提供するか?

確認しましょう。







店に入ると先客は無し。

12時少し前の訪問だったと思う。

カウンター席とテーブル席がある。

私は当然、カウンター席に座る。

メニューは壁にも、卓上にある。

タンメンもいいかな?と思ったが、セットメニューもあるね。

味は醤油、味噌、塩、豚骨、辛口とある。

どれにしようか迷うが、迷った時はチャーシューメン!

だが今回は、キムチにした。

味噌キムチラーメン大盛り1000円を店主に告げる。

店主は年配であるが、矍鑠としている。

注文後、店内を見渡すがBGMはラジオでございますね。

すると、あっという間にラーメンが完成する。

早い!!!

新型カメラを持っていたが、ここはいつものコンデジでいいでしょう。

記念撮影をし、いただきま~す!












結構地味だと思う。

味噌キムチラーメン大盛りであるが、何気に地味である。

スープの表面には、鶏の脂が多めに浮かんでいる。

何故にこれほど地味に感じるのか?

やはりキムチであろう。

キムチがこじんまりとしている。

もっとキムチを!と思うが、味のバランス的にどうかな?と思う。

いや、モヤシがもっとあればいいのか?

そんな地味目のスープを事逗ずz・・・味噌の風合いは薄目。

味薄目を選ぶ私であるが、こちらの味噌は薄いね。

まあ、血圧や塩分過多を気にする方にはいいだろうが。

ガツンとした味わいは無いが、年配者には好まれるであろう。

ベースのスープも、鶏ガラを中心とした味わいで優しい。

麺は黄色みがやや強い、中太麺でしょうか。

口に入れると、加水率がやや低いかな?

やや小麦粉の存在を感じる様な食感である。

コシが無い訳ではないが、チュルンとしたのど越しではないね。

キムチは市販のキムチですが、当然でしょうね。

辛さなどは特に感じません。

チャーシューは腿肉を使用していて、こちらは結構ハッキリした味付けだがやわらかい。

大盛りを注文したが、丼ぶりの中は麺だらけ状態。

しかし、丼ぶりは大きな物では無いので、圧倒的ではない。

やがて完食。

スープは残しました。

不思議な事に結構、汗をかいています。

辛く無くても、刺激物を胃に入れると、汗が出る体質なんですね。

冬でもこんなに出るのか?w

江ノ島周辺で、普通にラーメンを食べたい方に、お勧めします。

 

ここで一句

    観光地

       地味でも割と

             目立つのね

2018年1月14日 (日)

藤沢市 江ノ島亭 江ノ島丼

123_7
Dsc_0057

123_10
Dsc_0058


Dsc_0059

123_11
Dscn2084


Dscn2085


Dsc_0060


Dsc_0061


Dsc_0063

123_12
Dsc_0066


Dsc_0067


Dsc_0068


Dsc_0069

123
Dsc_0070


Dsc_0072

毎年毎年江ノ島に来ているので、もう行く所なんか無いだろう?と思う方、

その通りでございます。w

しかし、食事に関してはそうでも無いので、未だ訪問のしたことの無い店に、

訪問したいと思います。



江ノ島をウロウロしていると、11時前でも開いている店があった。

2箇所あったのだが、メニューの多彩さで選んだのは「江ノ島亭」。

店の前は何度通り過ぎたか分からないほどだが、入店するのは初めてである。

一度は入ってみたいと思っていた店なので、良い機会です、入ってみましょう!

ところで、今回は少し遅めに江ノ島に来た。

いつもは早すぎて、お土産物屋もやっていない状態が多かった。

早起きは三文の徳と言うが、早起きして初詣に来れば、何か御利益が増えるかも?

そんな邪まな考えで、初詣を毎年していたのだ。w

店の前には本日のお勧めがあるが、江ノ島ラーメンか?気になる。

しかし、この日はラーメンモードではない。

コメ米クラブモードである。

丼物や定食類などから選ぶことにする。

江ノ島に来たら、シラスを食べないといけない様な雰囲気があるが、この時期禁漁。

シラスが獲れないのに、シラスを食べてどうする?

タタミ鰯でも食べた方がマシである。

どれにしようか迷うが、江ノ島丼にしましょう。

サザエの玉子とじ丼ですが、税込みで1100円でお手頃か?

賄い丼も気になったが、ここはネタを重視しましょう。

注文後、窓の外を見る。

この日は生憎の曇り空。

晴れていれば、さぞかし眺望が素晴らしいことであろう。

それほど待たずに江ノ島丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!









正直、見た目はそれほどそそられるものではない。

サザエの黒さが目立ち、ビジュアル系ではない。

味噌汁と漬物が付くが、漬物は市販の漬物。

では一口、いただきましょう。

モグモグ・・・サザエのシコシコ食感がありますね。

肝も入っていますが、肝はメスですね。

メスの肝はやや苦みがあります。

サザエは外見でオスメスの判断は出来ませんが、肝は絶対オスです!

全体的な味付けは、まろやかですね。

味が濃い目が好きな方は、物足りないかもしれません。

ご飯にはおつゆが染み渡り、ややツユダク状態。

肝が無いと、サザエと分からないかもしれませんね。

これがアワビ丼だったらどうなるか?などと考えました。

ボリューム的には一般的なボリュームであろうと思われます。

やがて完食。

サザエの質も問題ないし、味付けも上品でいいと思いますが、

サザエの天丼なども食べましたが、サザエはやはり、つぼ焼きが一番美味しい食べ方。

そんな事を考えました、江ノ島ラーメンという宿題が出来ました。w

 

ここで一句

   江ノ島は

       シラスサザエと

             あとは何?

2018年1月13日 (土)

藤沢市 江ノ島大師~初詣はD610での四十景

123

Dsc_0030


Dsc_0031

123_2
Dsc_0032


Dsc_0033


Dsc_0035


Dsc_0036


Dsc_0037

123_8
Dsc_0039

123_3
Dsc_0040


Dsc_0042


Dsc_0043


Dsc_0045

123_4
Dsc_0046


Dsc_0047


Dsc_0049

123_9
Dsc_0050


Dsc_0051

Dsc_0052


Dsc_0053


Dsc_0054

123_5

Dsc_0055

Dsc_0056


Dsc_0074


Dsc_0075


Dsc_0078


Dsc_0080


Dsc_0082


Dsc_0083


Dsc_0084


Dsc_0086


Dsc_0089


Dsc_0096


Dsc_0098


Dsc_0101


Dsc_0102


Dsc_0104

Dsc_0103


Dsc_0105

Dsc_0108

123_6

Dsc_0110

毎年恒例の江ノ島への初詣です。

しかも江の島大師です。

いいんです、毎年江の島大師でいいんです。

御利益があると思っているからいいんです。

今年は、D610での撮影です。

撮った本人は「違うわ!」と思ってますが、読者の皆さんはどうでせうか?w

それにしても、ようやく2018年のネタになります。

もう、13日です。

さあ、今年も頑張るか!w

 

ここで一句

     おめでとう

         月の半ばで

              場違いに?

«伊勢原市 濃厚家伊勢原店 ネギラーメン大盛り