フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

2017年3月31日 (金)

沼津市 にし与 ぶりかま定食さしみ付

22_3

Dscn0288

Dscn0289
22_4
Dscn0299


Dscn0290
22_5
Dscn0292
22_6
Dscn0293
22_7
Dscn0294

Dscn0296


Dscn0297


Dscn0298




3度の飯より朝飯が好きな私であるが、たまには朝飯を豪華に食べたい。






そうなると、港の食堂に行くしかない。






清水港は早朝営業は基本的に2軒ですかね?






小田原港は2軒かな?沼津港は・・・5軒ほどあるかな。







朝飯を豪華にしたければ、沼津港!ということで、私の定番、にし与へ。






にし与は朝からとんかつ定食やハンバーグ、カツサンドなど、







肉系のメニューが充実している。






しかし、この店では未だに肉系は未食である。







何しろ、海鮮メニューが豊富で、毎回何を食べようか迷う。(基本、魚河岸定食が多いが)







今回は、入口の前に貼ってある、手書きのメニューに着目した。







煮魚に黒むつや金目鯛、鯖味噌などがある。








この店ではまだ、煮魚系を食べた事が無いので、それもいいかな?と思い、店内へ。







店内は、朝の8時過ぎだと言うのに、賑わっていた。








世間一般は春休みである。

子供が多いのも頷ける。

カウンター席が空いていたので、一番奥に座る。


一応、店内のメニューを見渡すと、ぶりかまの文字を発見!

そうだ!前回魚河岸定食を注文した後、ぶりかまの存在に気が付いた。


私は3度の飯より、ブリカマが好きである。
1430円という、朝飯としてはいい値段だが、ぶりかま定食を注文する。

何より、刺身付きというのがイイね。

注文後、暫し待たされる。


そういえば、入口にはアルバイト募集の貼り紙があったな。

店主はこの日、大忙しで、レジ打ちまでやっていた。

サービス業の人手不足はどこも大変などだと思いつつも、客が多いのも影響か?


やがてぶりかま定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!



ぶりかまがデカイ。



いいサイズである。


カマを半分にして出す店もあるが、間違いなく、1匹の半カマ分である。(表現難しい?)


まあ、写真を見て頂戴!わかるでしょう!(ボキャブラ不足)





小付けとして、キャラブキの煮物が付き、漬物が付く。





味噌汁は、大定番のシジミの味噌汁。






刺身はマグロ、サヨリ、イナダかな?

では、まだ温かい、ブリカマから行きましょう。


レモンを絞り、大根おろしに少し、醤油をたらします。


ブリカマ自体に醤油をかけるのもいいが、味が濃くなるでしょう?





では一口、モグモグ・・・ウメ~~~~~!!!!美味いよ!!!





脂がのって美味しい!!う~~ん、満足!!!





鮮度がいいので、クセや匂いも無く、美味い!!!





何故に前回、これを見落としたのか?後悔しきりである。




時期的にも、鮮度がいいブリカマもそろそろ終わりであろうから、まさしくラストチャンス?




肉厚で食べ応えもあり、美味いな~。



でも皮は食べないよ。



骨はしゃぶる様に食べて、身を残さないように食べる。



ご飯も多く、白飯とブリカマのコラボレーションは、至福の世界へ誘う。




味噌汁は大量のシジミから出た出汁で、旨み十分。




刺身も合間にいただき、満足。





あ~、それにしてもブリカマが美味いね、私はカマの中でも骨の内側の肉が好き。




ゼラチン質もあり、ねっとりした食感と、脂の濃厚さを感じる。




大根おろしも勿論、食べました。




カマの肉と大根おろしを和え、飯の上にのせる。




おほ~、美味いね~、しあわせ。




やがて完食。




何しろ大好きなブリカマを沢山食べられたので、大満足です。




1430円と言う価格も納得。




皆さんも、にし与に行ったら、目の前のメニューボードだけではなく。








店内の貼り紙をよく見てね。







期間限定や、お勧め品など、旬のものがありますよ。
 
ここで一句
     食べ過ぎて
         おカマになりそう?
                嘘ですよw

2017年3月30日 (木)

江東区 プロント ワンザ有明店 鉄板ナポリタン

Dsc_5096

22
Dscn0282


Dscn0284_2


Dscn0285

22_2
Dscn0286

Dscn0287

ビッグサイトまで来て、何も食べずに帰るのか?

山田うどんを昼に食べているので、それほど腹は減っていない。

しかし、軽く食べましょう。

大塚家具の入っているビルには、レストラン街がある。

そちらに向かうと、午後3時を過ぎている為か、ほとんどが休憩中。

そんな中で、入口近くのプロントが、通常営業。

プロントは未訪問なので、入ってみましょう。

中に入ると、「ん?」と思う。

テーブル席が空いているが、座ればいいものでは無い様だ。

まずはレジで注文する物を決め、前払いの様だ。

ビュッフェスタイルの様だが、丸亀製麺的ともいえる。

ケーキなどは、自分で持ってきて、ドリンクを注文し、その場で貰い金を払う。

私はナポリタンが食べたかったので、ナポリタン690円を注文する。

トレーにスプーンとフォーク、お絞りが入れられ、お冷も渡される。

ナポリタンは出来たら、席まで運ぶという。

店内はすべてテーブル席で、禁煙席と喫煙席とある。

勿論、私は禁煙席である。

飲食店すべて、禁煙が望ましい。

大衆的なみせであろうが、なんであろうが、スナックや居酒屋以外は、禁煙歓迎。

煙草の臭いを嗅いで、飯が美味い訳がない。

やがてナポリタン登場、記念撮影をし、いただきま~す!



正式名称は「鉄板ナポリタン」である。

見た目は、ナポリタンの下に、薄焼き玉子があることぐらいで、特に特徴は無い。

さあ、食べるか!と思ったところで、タバスコと粉チーズが無いことに気付く。

Ohマイガ!!!どこ?どこかにあるはずだろう?

すると、少し離れたところに粉チーズやタバスコがまとめて置いてある。

それを取りに行き、粉チーズをドバドバかける。

タバスコも刺激を感じる位、かける。

そして食う!

う~~~む、実に在り来たりというか、一般的な美味さである。

私でも同じ味が出せそうだ。

ケチャップの酸味は飛び、甘さを感じるが、コクが欲しいね。

パスタは太目であるが、モチモチ感を感じない。

昔給食で食べたソフト麺みたいな食感だが、今の給食でソフト麺は出るのだろうか?

何しろ、未婚の私。

子供がいないので、ソフト麺どうよ?と聞く相手がいない。

甥っ子姪っ子に聞いてもいいが、また気味悪がられる。w

そんな事を考えながら食べ進む。

やがて完食。

690円か、ボリュームも味もその通りと言うしかない。

食後にコーヒーを飲みたくなったが、コンビニのコーヒーが美味いので、それにしましょう。

私の隣にお姉さんが座ったが、何故かどぶろっくの唄が脳内でリフレインされた。

そして帰路、水素ステーションを見かけ、時代を感じたソフト麺世代であった。w

 

ここで一句

    あと2時間

        晩飯時刻

             なりますよ

2017年3月29日 (水)

江東区東京ビッグサイト 東京モーターサイクルショー 2年ぶりの三十四景

22

Dsc_5094


Dsc_4845

22_2
Dsc_4848_2

22_3
Dsc_4850


Dsc_4852


Dsc_4862


Dsc_4879


Dsc_4882

22
Dsc_4887


Dsc_4892

Dsc_4995_399


Dsc_4897

Dsc_4908


Dsc_4912


Dsc_4924

22_2
Dsc_4931

Dsc_4941_400


Dsc_4958


Dsc_4961

Dsc_4978_401


Dsc_4983

Dsc_4985_402


Dsc_5022

Dsc_5016_403

22_3
Dsc_5027


Dsc_4894_2


Dsc_5036

Dsc_5042


Dsc_5067

Dsc_5074_404


Dsc_5077


Dsc_5084

Dsc_5086


Dsc_5092

すでに東京は桜の開花宣言がされ、桜前線本番の突入である。

そんな時期に、モーターサイクルショーが開催された。

この日は金曜日、お昼まではプレス用で、13時から一般公開。

私は一般人なので、13時から会場内を駆け回る。

私の休みの都合で、この日になったが、13時からはさすがに時間的に厳しい。

車でビッグサイトまで来たので、開場時間に少し遅れた。

時間的に余裕がないので、パッパッパッ!と撮影して終了と思ったが、

今回はお姉さんが多いね。w

モーターサイクルショーって、こんなに多かった?

早く切り上げるつもりが、2時間以上滞在。

CP+よりも撮影枚数は多かったし、お蔵入りのお姉さんも数名。w

ええ、そうですよ。

綺麗なお姉さんを撮りたいですよ。

良いカメラで撮りたいですよ。

やはり、スーツは1着にすれば良かったか?w

ところで、とあるブースに、フェフさんにそっくりなお姉さんがいました。

「ええ!!!うそ~~!!!マジ||!!かわいい!!!」と思ったのですが、

私以外は気がついていないのかな?

思い切って声をかけてみました。

「あの~フェフさんですか?」

「よく言われますけど、違います」

「失礼しました」

私は写真を撮らず退散。

すると、ほかのカメラマンは普通に撮影をしていた。

ああ・・・あの方はコンパニオン、撮ればよかった。w

フェフ姉さんで検索してください。w

 

ここで一句

      仕事より

         趣味におカネは

               あたりまえ

2017年3月28日 (火)

平塚市 山田うどん 日替わりセット(煮込みソースかつ丼セット、ラーメン)

Dscn0281_398

1_5

Dscn0272_391

1_6
Dscn0274_392

1_7
Dscn0276_393


Dscn0277_394


Dscn0278_395


Dscn0279_396


Dscn0280_397

この日はお出かけ、朝飯食べたら昼飯よ!

なかなか先に進まない。

どこに出掛けたのか?

その答えは明日だが、朝飯と昼飯をその前に食べた。

時系列重視のこのブログ、文章を書くのは面倒だが、書くしかない!w










じつは、目的の店があったのだが、お休み。

いったい、いつ営業しているのだ?

平日も土日も休みか?

ええ~~~い!ならばあそこだ!

と、いうことで選んだのが「山田うどん」。

この前、反対側のラーメン案山子に入りましたが、味はそこそこでボリューム満点。

少なくとも、コスパと言う事であれば、合格でしょう。

ならば山田うどんはどうよ?と言う事で入った。

決して、他に店が無いから入ったわけではない。w

そういえば、山田うどんに入るのは、何十年ぶりだろう。

私の記憶が正しければ、20年ぶりかもしれない。

小田原にあった山田うどんに入ったのだが、カレーうどんの印象が良く無かった。

あれからは、山田うどんを敬遠する日々。

しかし、山田うどんは小田原からは無くなったが、平塚にはあった。

私は、山田うどん平塚店に、ヘッドスライディングをした。(ブログの演出上の表現です)




中に入ると、割とこじんまりとしている。

テーブル席と、カウンター席とあるが、1人だからカウンターに座れと言われる。

メニューを見ると、うどん、そば、ラーメン、丼物と多岐に渡るが、日替わりもある。

日替わりメニューがお得感があるので、それを選ぶ。

この日は金曜日だったので、煮込みソースかつ丼とうどんもしくは蕎麦が付いて690円。

煮込みソースかつ丼か・・・いかにもだな。

恐らく、人生初になるであろう煮込みソースかつ丼。

私はプラス100円で、ラーメンセットにした。

つまり、煮込みソースかつ丼、醤油ラーメンである。

ラーメンは塩も選べるらしい。

やがてセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!












卓上には無料の漬物があるが、柴漬けである。

何というか、煮込みソースかつ丼のビジュアルは、ブルゾンちえみである。

微妙にブチャイクなビジュアルである。

ラーメンは一般的なビジュアルだが、チャーシューの存在がデカイね。

まずはラーメンから行きましょう。

スープを事逗ずずz・・・アッサリした中にも旨みがありますね。

どこかのパーキングエリアで食べたような味ですが、悪くは無い、美味い。

何か特徴のあるスープではないが、オーソドックスにまとめていると思う。

元々がうどん屋さんなので、和風の趣を感じる味わいです。

麺はプリンとした食感があります。

やや中太麺で縮れや捩れがあります。

踊る様な食感やのど越しと言えば、ほめ過ぎかもしれませんが、これもいいですね。

チャーシューはやわらかく美味いね。

何で、チャーシューメンが無いのだろうね、コスト削減のためだろうね。

ワカメがのっているが、ワカメラーメンではない。

しかし、ワカメ好き好き人間には、ウエルカムであろう。

メンマは味付けが薄いが、歯応えはいい。

では煮込みカツ丼を食べよう。









丼ぶりを口の近くに持ってくると、ソースの香りがするが、見た目は味噌煮込カツ?

では肉を一口、モグモグ・・・酸味が効いていて、ソースの香りと味わいが強い。

肉の味で勝負というよりも、ソースの味で食べさせる感じですね。

ソースの酸味が、好き嫌いの分岐点になると思いますが、個人的にこれは有り。

酸味がきつく感じるが、マスタードが丼ぶりの縁にあるので、それをカツに付けて食べる。

酸味と辛味が合わさり、いい塩梅。

無料柴漬けで、口中をリセット出来るので、面白い味ですね。

ご飯にもたっぷり、ソースが浸み込んでいるが、しょっぱさはさほど感じない。

やはり、ソースという調味料は醤油などに比べ、塩気は感じない。

カツはすでに揚げてあるものだろうが、冷たくは無い。

煮込んでいるのは、それを温める意味合いもあるのかもしれない。

長野でソースかつ丼を食べたりしたし、宇田川でも食べたね。

どの店のソースかつ丼よりも、酸味を感じる。

時折、ラーメンスープを啜ると、酸味が消えますね。

マスタード、柴漬け、ラーメンスープ、これらが、良い具合に酸味を消します。

ところで、ボリュームに関しては、文句なし。

ラーメンはきっちり1人前だし、煮込みカツ丼のボリュームもある。

コスパに関しては、ラーメン案山子と同じで、腹いっぱいになりますね。

やがて完食。

腹がいっぱいです。

煮込みソースかつ丼は好き嫌いが分かれそうですが、味のリセット方法を、

自分なりに工夫すると、いいかもしれません。

もっとも、この店に関しては、金曜日だけが煮込みソースかつ丼で、他の曜日は違います。

個人的には火曜か水曜日当たりのメニューがいいかな??

 

ここで一句

    煮込むなら

        味噌で煮込んで

               かつやさん

2017年3月27日 (月)

小田原市 すき家小田原西店 黒毛和牛ビーフカレー

Dscn0267
1
Dscn0255

1_2
Dscn0256



Dscn0258


Dscn0261

1_3
Dscn0263

1_4
Dscn0264



Dscn0265


Dscn0266

さあ、休みだ!

お出かけだ!

朝飯だ!

と、言うわけで、すき家に。

お邪魔したのは小田原西店。

本来であれば、またもや魚市場食堂で食べればいいのだが、すき家が期間限定で、

カレーを販売している。

カレーといえば、ポークカレーがすき家にはあるが、黒毛和牛だと。

ポークカレーを贔屓して、何度か食べているので、気になりました。

朝の9時ころにお邪魔しましたが、先客は数名ほど。

カウンター席に座り、メニューを見ると、キムチ牛丼が気になるが、こちらのメニューは、

他の方にお任せしましょう。

私は、牛丼はあまり食べません。

ハンバーグ、牛丼は私が意識的に食べないものです。

いつの日か、私がお勧めする牛丼やハンバーグをご紹介出来たら、そう思っております。








ビーフカレーは税込で890円。

辛さは1種類。

何故かワカメスープが付く。

リケンとのタイアップですか?

リケンのワカメス~ぷ!

並盛と大盛りがあるが、並で十分でしょう。

すぐにビーフカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!










カイエンペッパーかチリペッパーがかけてある。

香りは特に特徴がある香りは感じない。

見た目は欧風カレーである。

これと同じような物を吉野家で提供しているね。

ボリューム感は並でも十分と思えるが、これは890円の食いものである。

すこし、寂しくないかい?

もっと食べたくないかい?

アンちゃんは、そう、思ったよ。w(分る方だけ分る)

まずは一口、もぐもぐ・・・

モグモグ・・・

も~ぐたん(分る方だけわかる)

濃厚なルーであるが、旨味がトギャザーしない。(分る方だけ分る)

味自体は悪くは無いが、旨味不足と思う。

ルーの中には、肉のみが存在する。

スジ肉というか、旨味が出そうな部位を使い、味を構築しようとしているが、

ポークカレーに比べ、気合いが空回りしている気がする。

思うに、高価格路線を狙っていると思うが、ならば選択肢を多くしてほしい。

つまり、辛さである。

私は辛い物が苦手だが、このカレーを食べて思ったのが、辛さが欲しいと思った。

脂肪分が多く、コラーゲン等も多いゆえに、口当たりはまったりである。

それ故に、刺激を求めたい。

むしろ、辛口濃厚黒毛和牛カレーライスで良いと思う。

ガキは食べないでしょう!これは。

辛さと濃厚のバランスを求めては?

ポークカレーと同じ辛さでは、差別化は難しい。

むしろ、刺激と旨味の絶妙なバランス、この方向性が良いかと。

ワカメスープ、完飲しました。w

期間限定で試すのはいいけど、チャレンジ精神を感じないものを客は求めるかね?

何を提供し、何を得ようとしているのか?

何を客に食べさせたいのか?

その結果、何がプラスになるのか?

違いますかね???





ここで一句

     味よりも

        何かを感じ

            快感を

 

«伊東市 花月嵐伊東店 藤崎家