フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

2018年8月15日 (水)

静岡市 蒲原館 チャーシューメン大盛り

328_8
Dscn4496

328_9
Dscn4498


Dscn4499

328_10
Dscn4500


Dscn4502

328_11
Dscn4503

328_12
Dscn4505

そういえば、クリムゾンにはレイクエム(鎮魂歌)があったな。

私は、見守るだけ。






気が付けば、終戦記念日か。

そしてお盆である。

終戦記念日も、お盆も仕事である。

私は、毎日かき氷を作るのに忙しいし、国立競技場の建設現場で汗を流す。

プールの監視員をやり、東京ドームで生ビールの売り子をしている。

新宿でキャッチをやり、競馬場で予想屋をやっている。

勿論、すべてウソである。

何らかの仕事をしていることは確かだが、お盆は仕事である。

だが、オバンに・・・いやお盆に仕事をしていて良かったと思う。

渋滞に巻き込まれなくて済むからである。

そして長い行列に並ぶ必要もない。

例え、負け犬の遠吠えと言われても、盆と正月は仕事をしていた方がいい!!!

お!なんじゃあれは?

食堂らしき店があるが、店の回りは車でいっぱいだぞ!

これはもしかしたしたら、隠れた名店の悪寒!いや予感!!!

これは入るしかねぇ~べ!しかし、車を止められないぞ!困ったぞ!!!

しゃ~ない!空きが出来るまで、どこかに潜んでいましょう。

すると、空きが出来た!

しゃーーーー!!!(オレは勝俣邦和か?)

私は駐車スペースにワープをして、車を止めた。

ところで、外観からは何を売っているのかさっぱりわからん。

店の名前は「蒲原館」。

旅館か割烹か?と思わせる物がある。

ここでスマホがあれば、スマホでサクサク検索が出来て、グーグルのCMみたいな、

シチュエーションが生まれるのだが、OKガラ携ではどうしようもない。

入店すると、いらっしゃいませと女性スタッフ。

「OK、おやじひとり、よろしく」(我がブログ常套手段の過剰演出)

すると、テーブル席に案内される。

他の客を見ると、ほとんどが麺をズルズルしている。

なるほど、ここは麺をズルズル店か。

注文が決まったら呼べというので、メニューを見る。

う~ん、ラリホーなメニューがあるな。

揚げ餃子ラーメンって、めちゃくちゃ気になりますがな!

定番メニューのオンパレードと思いきや、まさかの揚げ餃子ラーメン。

しかも、単品メニューで焼き餃子も揚げ餃子も無い。

これは揚げ餃子ラーメンで決まりではないのか?

しかし、かかし、細川たかしレーザーラモンRG。

個人的にはカレーラーメンが気になる。

多分、カレールーがかけられたものであろうが、カレーラーメン気になる!!

そうなると、カツカレーもいいか?この店には半カレー、半チャーハンなどは無いのか?

壁には冷やし中華が貼ってあるよ。

うが~!この店が一軒目であれば、揚げ餃子ラーメン+カレーライスも可能だが、

さすがにこの日は3軒目。w(ほんと、おやじのくせによく食べるわ!おほほほほ)

悩んだ時はチャーシューメン。

他の客もクソ暑いのに、ラーメン類を食べているし、チャーシューメンにしましょう。

私は大盛りで860円のそれを注文する。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!






チャーシューとネギだけのビジュアルで、メンマや海苔や玉子は無し。

しかし、チャーシューは丼ぶり全体を覆いつくすほどあるね。

まずはスープを事逗ずずz・・・妊婦で言ったら安定期に入った様な状態だな。

何というか、初めて食べる店だが、じつに安定感のある味だと思う。

鶏ガラがメインのスープであるが、しっかりとダシが出ている。

スープの上に浮かんだ油膜もいいね、美味い!

ナルホド、駐車場がいっぱいな理由が分かる。

恐らく、この界隈では人気店でしょう!

醤油味のスープであるが、淡麗な味わい。

しょっぱくはないよね。

麺は中細縮れ麺。

まったく同じ味ではないが、この麺を口に入れた時、今は無き小田原の味一を思い出す。

スープの味も何もかも違うが、なんででしょうか?

麺は口の中で踊る様な食感を感じる。

チャーシューはやわらかく美味い!

肉の美味さは勿論だが、1000円以内でこの肉の内容なら、満足。

メンマなどはないが、価格を考えれば納得でしょう。

やがて完食。

スープは殆ど完飲。

美味しかったです!汗ダクダクですが。w

アッサリした中にも、しっかりした旨み。

誰でも好きな味!

まさしくラーメンの安定期!

次は絶対、揚げ餃子ラーメン!

 

ここで一句

     ネタよりも

         安定狙い

            満足だ!

2018年8月14日 (火)

静岡市 入船鮨エスパルスドリームプラザ店 海鮮たっぷりまかない丼

Dsc_7352

328_5
Dsc_7350


Dsc_7353


Dsc_7354

328_6
Dsc_7355


Dsc_7356


Dsc_7359

328_7
Dsc_7361


Dsc_7364

ああ・・だめだ・・・ネタ切れだ。

カメラの不調というアクシデントに見舞われ、ネタ取集が出来なかった。

ところで、一眼があるのだから、それでいいだろう!と思うであろう。

私は大衆食堂では、極力一眼は使いたくない。

観光地の食堂などは遠慮なく一眼だが、普段はコンデジでこっそり撮りたい。

そして、いまだにスマホが無い現実。

ガラ携ではなく、スマホならコンデジ代わりになる。

私もSNSをもっと活用しないと!

Facebook、アカウントを削除しました・・・w

Facebook、大きなお世話なことが多すぎるんだよ!















河岸の市からエスパルスドリームプラザまで歩く。

・・・暑い!!!汗が噴き出てくる。

汗をかいてもかいても、汗は出てくる。

ドリームプラザに到着すると、鮨横丁へ・・・チャーハン専門店?

らーめん燕の近くにチャーハン専門店が出来たのか?

いや、以前来た時にもあったよね。

う~ん、チャーハンか・・・食べてみたいね。

しかし、海鮮が食べたいな。

横丁に来ると、あちらこちらの店で呼び込みをしている。

私が来る前日、祭りがあったようでさぞかし賑わったことでろうが、

さすがに夏休みとはいえ、平日。

お客は少ない様だ。

何処にするか迷うが、横丁の一番奥の入船寿司ですが、敷居が高そうではあるが、

賄い丼なるリーズナブルな物もある。

ここにすっぺ!(どこの方言じゃ!)

中に入ると、テーブル席に案内される。

一応メニューを見る。

そう言えば、ここ数年回転寿司ばかりだな。

別に、回転寿司が悪い訳ではない。

寿司を食うなら海鮮丼!みたいなものが私の中にあり、海鮮と言えば海鮮丼か?

私は賄い丼1274円を注文した。

注文後、店内を観察。

店構えは敷居が高そうだが、中に入るとそうでもない。

何処の誰か知らない方のサイン色紙も飾ってあり、肩ひじ張る様な様相ではない。

カウンターで、一貫一貫注文するタイプの店では無いようですね?

特にランチ時は。

やがて丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!









細かく刻まれた魚介が散りばめられ、その上に温泉玉子がのる。

こちらのワサビは、生おろしタイプ。

チューブ入りのものでしょうが、好印象。

目に見える具材は、鮪の剥き身、海老、鯖、サーモン、イカなどなど。

ワサビを醤油に溶かし、かけ過ぎない様に回しかける。

そして、玉子を崩しいただく。

御飯は酢飯であるが、かなり軽いですね。

ていうか、上品。

具材は細かく小さいが、それぞれがしっかりと素材の美味さを放つ。

う~ん、美味い!!!!!

温泉玉子があるので、全体的にまろやかで終わるのかと思いきや、さすがですね。

賄いではあるが、食べた者が勉強になる様な味わいです。

海老も小さいながらもプリっとした食感も健在。

これは美味しい!!!!

お椀は吸い物であるが、こちらは一般的な美味しさ。

丼には、〆鯖など味が濃い目の具材も入っている。

しかし、玉子のおかげで具材の味が突出する事が無く、全体的にバランスよく食べられる。

丼ぶり全体に一体感が生まれ、これはいいですね!

ご飯の量は私としては丁度いいかな?

小さめの丼ぶりで、量が少ないかな?と思いましたが、食べ応えはあります。

やがて完食。

少なくとも今回いただいた丼ぶりに関しては、技と工夫を感じました。

品のある味わいで美味しかったです。

そうなると、他のメニューも気になりますね。

財布に余裕がある時に、再訪問します。w

 

ここで一句

    人の世も

           温泉玉子で

            丸くなる?

2018年8月13日 (月)

静岡市 岸家 天然本まぐろ丼 特上

328
Dsc_7337

Dsc_7335


Dsc_7336

328_2
Dsc_7338


Dsc_7340


Dsc_7341


Dsc_7343

328_3
Dsc_7345


Dsc_7346

328_4
Dsc_7348

今月、2回目の休日。

まさかのコンデジの操作不良。

何年ぶりだ?ガラ携での撮影。

一眼レフ?当然持ち歩いていた。

しかし、ラーメン店なので車内に放置。

ネタ切れ必至の今月。

カウントダウンの音色が聞こえるこの頃。

これでいいのか?












近頃、清水区周辺の出現率が、非常に高い私である。

別に、清水周辺を盛り上げようとか、この界隈が好きだとか、特に感慨深い物は無し。

行き易い。

それだけかもしれない。

東名も富士川サービスエリアのスマートETCを利用し、それからはストレスなく、

清水港や清水駅周辺まで到着する事が出来る。

何より、清水港河岸の市に行けば、まだ訪問をした事が無い店がある。

全店制覇をする気は無いが、まだ入った事の無い店に入りましょう。

う~ん、やはり「みやもと」が気になるな。

大トロ丼が税抜き1600円?う~ん、う~ん、う~ん。。。食べたいけどパス!

マグロ館の方に行くと、すでに客で賑わっている店がある。

「岸家」か、まだ入った事はないね。

店の前にはメニュー画像が大きく貼り出されている。

天然本鮪丼か・・・これにするか。

私は店内へ。

窓側のテーブル席を案内される。

・・・暑いね。

ロケーションはいいが、直射日光が暑いですよ。

私は、店内側に座る。

メニューを見ると、いろいろあるが天然本鮪丼でいいでしょう!

「本鮪丼の特上を所望いたす候」

「本鮪丼特上で候?」

「候、候、さぶらうで候」

「ですですとクドイで候」

やがて、丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!










恐らく、この店のハイエンド的な位置づけであろうこの丼ぶり、視覚から訴える物は、

それほどインパクトは感じない。

山葵は粉ワサビですね。

価格的に粉ワサビではなく、チューブ入りでもいいので、生おろし山葵が欲しいですね。

では醤油をかけていただきます。

うん、美味しい。

赤身と中トロみたいな部分がありますが、赤身はヘモグロビンの香りが漂い、

中トロみたいな部分は、味が濃厚で美味い。

御飯は酢飯。

酢の効き方は、鮪を使用のためかやや効いているな?と思わせる。

この酢飯を食べて、むせる方はいないでしょう。

ご飯の量は多いとは思えませんね。

私としては、物足りない量です。

味噌汁はワカメですか、一般的な美味しさです。

漬物は桜漬けと、魚の佃煮でしょうか?鮪かな?

天然本鮪ですが、美味しい鮪丼であることは間違いない。

やがて完食。

税込2646円の丼ぶりではありますが、ボリューム的には物足りない。

やはり、みやもとに・・・

 

ここで一句

     天然は

        養殖よりも

             スリムかな?

2018年8月12日 (日)

秦野市 なんつッ亭 なんつッ亭スペシャル大盛り

652
Dscn4494

652_3
Dscn4480


Dscn4481


Dscn4482


Dscn4483


Dscn4484


Dscn4485

652_4
Dscn4486


Dscn4487


Dscn4489


Dscn4491

652_2
Dscn4492


Dscn4493

気が付けば、アクセスカウンターは170万を超えていた。

200万超えを狙っての、第2部再始動であったが、無理であったか。

予想より早く、上限に到達するでやむを得ない。

忙しい毎日でありますが、ネタ切れの危険がまたもや!

約1か月以内で、2度のネタ切れはそうそうない。

激熱すぎるセ!この夏!











暑いぜべいび~!

いったいこの暑さはいつまで続くのだい?

暑いながらも苦しい我が家。

ところで最近、秦野市内を走っていると、ちらほらとなんつッ亭のオーナーのポスターを

見かける。

これは何なんだい?べいび~!

何か政界進出を狙っているらしい。

まあ、何処の誰が立候補をしようが、どうでもいいことですが。

政治はカネがかかるぜべいび~!

ではその志に敬意を表し、久しぶりになんつに食べて、売上協力をしましょう。

多分、2時前だったと思う。

店内に入ると、先客は一人。

遅いランチタイムとはいえ、寂しいぜべいび~!

人気店のはずでしょう?

まあ、訪れた時間が遅いので、こんな事もあるのでしょう。

メニューを見ると、何か増えましたかな?

個人的には青海苔つけ麺が食べたかったですね。

何にしようか迷いますが、基本の豚骨ラーメンにしましょう。

いろいろな具材がのった、スペシャル1150円を選びました。

この日は、カメラを持った女性が、ラーメンを撮影していましたね。

雑誌か何かに載せるのかね?

私もこの日、一眼レフを持っていたが、コンデジで撮影です。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただくぜべいび~!








ああ・・・久々のビジュアルだな。

マー油の浮かんだなんつのビジュアルである。

では、まずはスープを事逗ずず図・・・美味しいね。

いつもと変わらない、なんつの豚骨スープは、エグミや豚骨臭さなど皆無。

女性でも受け入れられる、スッキリしながらも、コクのあるスープです。

ところで先日、四日市で博多ラーメンを食べた。

あのスープ、ニンニクありきのスープであったが、あちらも美味しいスープであった。

あちらは直球ストレートで、なんつは私としては、変化球的。

やはり、マー油多めにすれば良かったか?

麺は自家製麺のストレート麺。

コシもあるし、美味しい。

チャーシューはやわらかく、味付け玉子も美味い。

う~ん、なんだろうな?

私の味の好みが変わったのか?

直球ストレートの味が、恋しいな~と思ってしまった。

ニンニクはフライドガーリックがのっていたが、生ではなかったのね。

生がのっていると思い、少な目をお願いしたが、フライドガーリックなら、

話は別でございますね。

間違いなく、美味しいラーメンでございますが、女心の様に、私の味覚というか、

好みは変化したようです。

ごめんね、べいび~!

 

ここで一句

    赤ちゃんも

       味の好みが

           あるのかな?

2018年8月11日 (土)

小田原市 なか卯小田原鴨宮店 冷やし豚しゃぶキムチ担々うどん

9657
Dscn4471

9657_2
Dscn4474


Dscn4476

9657_3
Dscn4478


Dscn4479

山根

といえば・・アンガールズ。

田中!

といえば、爆笑問題。

アンガールズと爆笑問題がコラボ!

やまね~!たなか~!

そしてもりかけ!

不正入試!

今の時代、逃げ切れるかどうか?

マスコミ次第!w











気が付けば、そろそろお盆の時期。

忙しいですね。

忙しい事は良い事です。

しかし、ブログを書く時間まで無くなる。

困りましたね。

だが、ゴールまでもう少し! さあインドまで走り抜けて!(分かる方だけ・・・ボキャ天)



またなか卯である。

なか卯大好きの私に思われても、仕方がない位なか卯を紹介している。

何故なか卯か?

毎度の事ながら、多彩な商品ラインナップに他ならない。

しかし、注文するのは偏っている。

今回は、度々食べていた担々うどんに、エクストラバージョンが出来たので、

速攻で再訪問という事になった。

何しろ、坦々うどんの上に、キムチ、豚しゃぶがのるのである。

これはなか卯としては、相当ジャンクでは無いかと思われる。

これに刻み生ニンニクでも投入したら、なか卯二郎とも言えそうだ。w

そうだ!なか卯でニンニク臭い料理が食べたい!

その様な妄想を抱きながらも、うどん登場!記念撮影をし、いただきま~す!













まあ…この様な物でしょう。

私としてはこのうどん、過去に大盛りがあったのだが、今は無い。

なか卯に関しては、大盛り商品が少ないのだが、ボリュームを求めるのであれば、

すき家に行け!という戦略なのでしょう。

食べる前に、よ~く混ぜ混ぜする。

キムチも豚しゃぶも坦々味噌とよ~く混ぜる。

そして食う!

喰うべし!

キムチの若干のジャンクさが、今まで食べて来た物との違いを感じる。

うどんはやややわらかめ、いつものことでございます。

今回は肉味噌の味わいが、濃い目に感じます。

なか卯としては少々しょっぱいと思われます。

キムチの塩分が追加されるので、当然といえば当然でしょう。

豚肉は下味無しのものなので、味噌やキムチの味に染まります。

うどんを食べ終えると、いつもより多めの坦々味噌が残ります。

それを、小さなレンゲで掬い、口に運びます。

これにライスを投入して、食べるのもいいでしょう。

ざるうどんを追加して、混ぜてもいいかもしれません。

このうどんを楽しむのは・・・アナタ次第!!!

 

ここで一句

    腹いっぱい

        叫んでみたい

              なか卯でね

«静岡市 八木春 もつカレーライス