フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

2017年10月23日 (月)

北杜市 仙人小屋 きのこの天ぷら定食

22
Dsc_0493

Dsc_0458

22_2
Dsc_0464


Dsc_0465

22_3
Dsc_0466


Dsc_0467

22_4
Dsc_0470


Dsc_0471


Dsc_0473


Dsc_0474


Dsc_0475

22_6
Dsc_0476


Dsc_0478

22_7
Dsc_0479


Dsc_0487

22_9
Dsc_0488

22_8
Dsc_0490


Dsc_0491

さあ、ハロウィンだ。

私の場合、ハロウィンはヘビーメタルバンドしか思い浮かばないが、

日本の場合、ハロウィンは仮装パーティーである。

思うに、日本人は仮装好きだと思う。

ハロウィンの本来持つ意味合いなど無視し、独自の文化として発展させる。

これは、ラーメン、餃子に通じるものがあると思う。

そんな焼き餃子文化の最終形態と言える、日本でのハロウィン。

ナポリターナがナポリタンになり、タバスコが無いと物足りない味。

ならばオヤジは、どのようにすれば、ジャパンハロウィンを楽しめるのか?

仮装?女装?変装?・・・火葬?

・・・ほうれん草のカレーは美味かった。















日本には四季がある。

しかし、ここ数年の日本の四季は、いきなり寒くなり、いきなり暑くなる傾向があると思う。

いきなりステーキでもあるまいし、移行期間である春と秋の存在が、地球環境の変化で、

微妙な存在になりつつある。

それはいけません!

春は桜を追い求め、秋は紅葉を追いかける私としては、それは困る。

桜を撮影に行き、汗まみれになるのは嫌だし、紅葉を追いかけて、雪が降ったら困る。

まあ、何が言いたいのか、自分でもよく分からないが、せめて食事は、

しっかりと四季を感じる物を食べたい。

そこで仙人小屋である。

毎年、春と秋にお邪魔している。

春は山菜、秋はキノコ、それが食べたくて来ている。

お弟子さんの自然屋は、今年は行ってないな。

筍を食べに行こうと思っていたが、忙しくてタイミングを逸した。

来年は筍を求め、行きます!

この日は、開店ギリギリに到着した。

名前を書くと、10人以上先客がいるな。

いつも、1時間前くらいに到着をし、ポールポジションが多いのだが、今回は渋滞などで、

遅れてしまった。

待たされるのは仕方がないが、仙人小屋も調理や配膳スタッフが増え、待たされる時間が

かなり、減った。

仙人ひとりしかいない時もあったのに。

先客が注文を決めるのに時間がかかり、入口で待たされる。

私は、いろいろあったがきのこ天ぷら定食2000円を選ぶ。

注文後、ボケ~っと待つ。

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!









隣のオババ4人組か?一人やかましいのがいるな。

たまたま通りかかって入ったら、こんなに凄いとは思わなかった。

注文した物が出てくるたびに歓声をあげ、悲鳴をあげる。

見て見て見て~~!凄~い!

他の客にも聞こえる様に叫ぶが、他の客は物の見事にスルー。

今日のオーディエンスは、ジェントルマン&レディースが多い様だ。

食べる前から、タッパーは無いか?アルミホイルは無いか?と騒ぎ立てる。

本当に、七年殺しでもしたろか?w

私は聞こえないふりをして、自分の食事を食べる。

毎度の事ながら、舞茸以外は何という名前か分からないが、椎茸があるね。

椎茸?天然の椎茸?仙人牧場の椎茸?

椎茸に関しては、栽培でしょう?天然で椎茸は松茸より珍しいのでは?

まあ、いい食べましょう。

キノコのホイル焼きや、焼きキノコ定食などがありますが、やはり天ぷら!

ホイル焼きも以前食べて、確かに美味いが、天ぷらですよ。

油を吸ったキノコは最高です。

副菜は、サツマイモ、ひじき、サラダ、漬物が付きます。

何よりキノコ汁ですね。

仙人小屋に来たら、定食に付いてくるキノコ汁を食べないと!

以前に比べ、今回はアレンジが多少変わったかな?

ベースの味付けは、仙人監修で味付けは変わってないが。

天つゆにつけて食べますが、塩で食べても良い。

それにしても、隣のオババのオババ頭みたいなのが、ウルサイ。

若ければ、相手にしてやるが、オババでは話しかける気にもならん。

そう思いつつも、やがて完食。

大変満足いたしました。

自分では毒キノコを食べられると思い、食べてしまいそうですが、ここなら安心。

名前も分からぬキノコ、今年も存分に味わいました。

熊の毛皮40万円?

買おうと思えば買えますが。w

久々にマタギ汁が食べたくなったね。

 

ここで一句

    歓声は

      若い声なら

           萌えますね

2017年10月22日 (日)

伊東市 こうや みそちゃーしゅーめん大盛り

22_9

Dscn0909_2817

22_10
Dscn0910_2818


Dscn0911_2819


Dscn0912_2820


Dscn0913_2821

22_11
Dscn0914_2822

22_12
Dscn0916_2823

22_14
Dscn0917_2824


Dscn0918_2825

22_13
Dscn0919_2826

この日は寒かった。

やはり、ラーメンが食べたいね。

先日、ラーメン店を2軒ハシゴしたが、正直2軒目はつらかった。

腹がいっぱいでつらいのではなく、ラーメンを2杯食べる事がつらい。

体が、ラーメンを食べたら違う物を食べろ!と訴えている。

正直、年齢を感じる近頃の食生活であった。











丁度、店の開店時間だったので、3年ぶりに再訪問をしてみた。

この界隈では人気のあるラーメン店、「こうや」である。

前回はつけ麺を食べたが、さすがに温かいラーメンが食べたい。

それにこの前、つけ麺を選ばなくなった、と書いたばかりでもある。w

駐車場は店からほんの少し離れた場所にある。

中に入ると、カウンター席に3人の客が居るだけ。

私もカウンター席に座る。

他は座敷席になるが、そちらがメインになりますかね。

メニューを見ると、醤油、味噌、魚介の3種類があるが、汁無し坦々麺もあるね。

う~~ん、汁無し坦々麺もいいな~。

でもこの日は寒いし、やはり、ラーメンにしますか!

選んだのは味噌チャーシューメン大盛り1150円。

3年前は行列が出来ており、待たされたが、この日はさほど待たずに登場。

記念撮影をし、いただきま~す!









見た目は一瞬、家系かな?と思わせるキャベツの存在。

チャーシューは厚みがあり、ボリューム感がある。

ではまずはスープを事逗ず図事・・・微かだが、酸味を感じる。

ほんのわずかな酸味だが、この酸味の由来はどこからであろうか?

味噌ダレの酸味かな?

スープの味わいは、味噌の芳醇な味わいを感じながらも、まろやかである。

ガツンと来る塩気なども感じず、いい塩梅です。

上品さを感じる味わいですが、私としては多少アグレッシブな面が欲しい。

そこで卓上の豆板醤とニンニクを投入します。

これで、個人的に好きな味になりました。

麺は中太麺ですが、表面がツルツルのストレート麺。

啜ってみると、のど越しは非常にいいですね。

表面がツルツルなので、スープとの絡みはどうかな?と思いますが、

食べてみると、特に気になりませんね。

加水率はやや高めと思いますが、弾力というか、コシはあると思います。

チャーシューは、厚みがありますが、ホロホロと崩れるほどやわらかい。

ただ、提供時はチャーシューは冷たいもの。

崩れるほどやわらかいので、チャーシューを冷やしてカタメにして、切る時に

切り易い様にするためにしたと思われます。

多分、温かいまま切ると、ボロボロになったのでしょうが、食べるときに冷たいと、

ちょっと残念かな?と思いますね。

メンマは少々業務用の香りというか、味が残る物。

キャベツは、軽く茹でてあるので、食べ易い。

大盛りを注文しましたが、ボリューム的には妥当でしょうか?

結局、スープは完飲。

最後まで、微かな酸味は感じました。

スープもしっかりとダシの旨みを感じ、美味しいと思います。

前回のつけ麺はかなり、高評価をしていますね。

今回も美味しいと思います。

接客もいいと思います。

 

ここで一句

     汁無しは

        辛さで汗が

              吹き出そう

2017年10月21日 (土)

伊東市 桂林 焼肉定食

22_2

Dscn0908_2802

22
Dscn0907_2803

22_3
Dscn0889_2804


Dscn0892_2806


Dscn0893_2805


Dscn0894_2807

22_4
Dscn0895_2808


Dscn0896_2809


Dscn0897_2810


Dscn0899_2811

22_5
Dscn0901_2812

22_6
Dscn0903_2813

22_7
Dscn0904_2814


Dscn0905_2815

22_8
Dscn0906_2816

車で煽る。

いけないことです。

しかし、高齢者の運転が多い昨今、その車の後ろにいたら、イライラしない訳がない?

制限速度が40キロ、50キロの道路で、それ以下の速度で走られたら、

そりゃ~イライラしますよ!

狭い日本、そんなに急いでどこへ行く?なんてのが昔ありましたね。

しかし、時はカネ成りって、いうではあ~りませんか!

料理の世界も時間節約レシピが好評と聞きました。

まあ、カルシュームを沢山取って、イライラしない体質にしましょう。













赤のれんのもつ煮定食狙いで、2度ふられた私。

またも、赤のれんに行くか?と思ったが、近くにボリュームがありそうな店がある。

焼肉定食が有名らしいが、そこに行ってみますか?

定休日とか営業開始時間がよく分からないが、行けばなんとかなる。

為せば成る!なさねばならぬ何事も!

行ってみたら店は開いていた。

11時開店のようだ。

駐車場は店の回りに何台か止められる。

店の前には手書きのメニューなどもあり、本日のお勧めの様である。

やはり、焼肉定食がお勧めの様だが、ニンニク入りや肉の大盛りもある。

中に入ると、先客は無し。

カウンター席とテーブル席、小上がり席がある。

私は3人程座れるカウンター席に座る。

目の前には灰皿がありますね。

それほど広くない店内なので、煙草を吸う客がいたら最悪だな。

私は大体開店直後を狙って入店する。

それは例え、店内が喫煙可であっても、他に客がいなければ、煙害は無い。

それを見越して入店している。

一応、メニューを見るがセットメニューがお勧めみたいね。

それにどのメニューもボリュームがありそう。

一通り、目を通すがやはり焼肉定食にしましょう。

焼肉定食を注文し、ボケ~っと待つ。

やがて焼肉定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










綺麗な表現ではないが、肉にタレがべったりと纏わりついている。

濃厚な味わいが、見た目からもビシビシ伝わってくる。

おや?と思ったのが、千切りキャベツにマヨネーズがない。

別に私はマヨラーではないし、川崎麻世にも興味は無いのだが、この濃厚そうなタレに、

マヨは合うのでは?と思ったし、卓上も一応、マヨ探しをしてみた。

・・・無いね。

しかし、レモンが添えられていたので、それで酸味をプラスせよ!と言う事かな?

では、まずは肉を一切れ、いただきます。

モグモグ・・・う~~ん、やや甘辛いタレがイイね~~~!美味い!!!

肉はやわらかく、十分に噛み切れる。

タレの味わいだが、見た目ほどしょっぱくはない。

レモンを絞り酸味を足すと、コッテリの中に爽やかさを感じる。

白い飯と共に口に入れれば、血沸き肉躍る楽しさがある。

肉は特にブランド豚を使用しているわけではないが、肉は美味いね。

千切りキャベツにタレが浸み込み、それと共に飯を食べても美味い。

定食にはサラダが他に付き、漬物も付く。

汁物は、玉子スープであった。

ご飯の量は多いでしょう。

しかし、おかずのボリュームもあるので、ご飯とおかずのバランスは良いと思います。

スープの味わいは上品で、この店で提供される麺類も、期待が出来そう。

肉はバラ肉で4枚ですね。

価格は980円ですが、内容は価格を上回っているとおもいますが、私としては、

肉の大盛りを注文すれば良かったか?

1280円でどれほどのボリュームか?検証したかった。w

やがて完食。

もう、ガテン系は大喜びの味と内容でしょう。

麺類もおおいに気になるお店でした。

ギャンブルが好きな方は、すぐ近くに伊東競輪があります。

私は、競輪はやりません。

 

ここで一句

    焼肉で

      白飯染めて

           喰らい付く

2017年10月20日 (金)

南足柄市 味の源八郎 ねぎ味噌ラーメン

Dscn0880_2788

22_10
Dscn0887_2789

22_11
Dscn0886_2790

22_12
Dscn0881_2791

22_13
Dscn0883_2792

22_14
Dscn0884_2793

22_15
Dscn0885_2794

以前、どこかに書いたが、つけ麺を食べなくなった。

人間、年齢と共に嗜好が変わるが、つけ麺を選ばなくなった。

それでも、今年だけでも何軒かつけ麺を食べているが、昔はラーメンよりも

つけ麺ばかり食べていた。

昔、つけ麺ばかり食べていた私は、何故あれほど執着していたのか?

・・・不明。








南足柄市内を適当に車を走らせていると、一軒のラーメン店を見つける。

周辺に特に民家などは少なく、田んぼと言うか、畑などが多い。

南足柄で、本場札幌ラーメン?面白そうね。

ええ、連食です。

食べます。

休日は、ブログのネタ探しです。

のんびりと、パチンコなんてやっている暇はあるけど、食べないと!

ああ、そういえば、来年の2月にパチンコの出玉規制が始まりますね。

もう、完全にパチンコの世界から足を洗う日が、来るようです。

どれだけ、パチンコ店が潰れるか分かりません。

5号機規制なんかより、惨事になるでしょう。





ああ・・・ラーメン店に行かなくては・・・w




店の名前は源八郎。

予備知識は何も無し。

駐車場は店の奥に、空き地があるのでそこに止めます。

店に入ると、店主とスタッフが「いらっしゃい」のご挨拶。

入口横に券売機があるので、そこで選びます。

味の種類は、味噌、塩、醤油ですが・・・ネギ味噌にしましょう。

ねぎ味噌ラーメン800円を選び、カウンター席に座ります。

他にもテーブル席があります。

この日は、雨天。

そのためか、店内はやや暗い印象だが、店内の装飾も黒を基調にしているみたい。

厨房内は、私より年上の店主と若いスタッフ、息子さんかな?

店主は、仕事人オーラをビシバシと発してますね。

頑固じゃないかもしれないけど、頑固かもしれませんね。

すいませんね、第一印象です。

仕事も着実、誠実さが伝わりますね。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








こ、これがネギラーメン?

ネギはどこ?

何と!ネギはスープと共に煮てあります。

煮込みネギラーメン?

生の白髪ねぎが麺の上にのっているのを、当然のように想像していました。

何とも意表を付くというか、ラーメンの仏壇返しと言うか・・・

正直、見た目はネギラーメンに見えません。

う~む、ネギを持ってこい!と言って、禰宜を連れてきた様なものだ。

なんか、品川だかに合った「アリアリナシナシラーメン」みたいだな。

(※分かる方だけ分かるが、分かる方はラーメン通というよりラヲタオヤジ世代?)

ねぎ、ナシナシでしょう?ネギアリアリです。

ナシナシにしか見えないが、確かにアリアリだな。

まあいい。

まずはスープを事逗ず図事・・・味濃い目の味噌スープは美味しいね。

味噌の風味が来ますね、味は濃い目だけど美味しい。

麺は俗にいう西山ラーメンみたいな、縮れて捩れた札幌ラーメン特有のもの。

しっかりと茹でられていますが、コシもあって美味しい。

ネギは縦切りのざく切りに近いかな?

ネギの食感は程よく残り、別にこれはこれで悪くはない。

スープと一体化しているので、ネギのボリューム感は無いが、

具としてはちゃんと存在を感じる。

具には他に海苔とチャーシュー。

チャーシューは味がかなり濃いと思った。

もし、チャーシューメンを注文していたら、ショッパイ!と間違いなく思っただろう。

卓上にはニンニクや七味、コショウがあるので、ニンニクと七味を投入した。

やはり、味噌ラーメンにはニンニクは必需品だね。

麺を全部食べ終え、スープを一口、二口飲んで終了。

やはり、スープは少々ショッパイ。

ちゃんとネギが入っているので、ネギラーメンとして成立しておりますが、

煮ちゃうとインスタ映えしませんよ。

 

ここで一句

     ビジュアルは

          地味より派手が

                ウケますよ

2017年10月19日 (木)

南足柄市 桂山 ランチセット(バラ肉丼+ワンタンメン大盛り

22

Dscn0859_2774

22_2
Dscn0860_2775

22_3
Dscn0862_2776


Dscn0863_2777

22_4
Dscn0864_2778


Dscn0865_2779


Dscn0866_2780

22_5
Dscn0868_2781

22_6
Dscn0870_2782

22_7
Dscn0871_2783

22_8
Dscn0873_2784


Dscn0875_2785

22_9
Dscn0878_2786

今回の店の訪問に関して、とあるサラリーマンのつぶやきから始まった。

・・・この店のセットメニューを食べると、腹が一杯になり、身動きが取れず、

午後の仕事のヤル気が起きない。

身動きが取れず、ヤル気が無くなる程腹が一杯になり、尚且つ安い!

ならば、麺大盛りで注文したらどうなるか?

自分で勝手に密命を作り、この店に訪問した。

店の名前は「桂山」。

手打ちラーメンを食べさせる店として、私の中ではいつか、訪問しようと思っていた。

店の前も2~3度通り過ぎている。

もっとも、私としてはこの店の近所にある、もう一軒の店の方が、ネタ的に注目なのだが。

しかし、いざ訪問をしてみると、どこに車を止めればいいのだ?

取り敢えず、とある場所に車を止め、店に入ると、年配の店主が登場。

「すいません、駐車場はどこですか?」

「駐車場?店の前に止めて」

店の前?1台止めたらいっぱいだな。w

中に入ると、客は自分一人。

メニューを見ると、セットメニューがあり、それとは別にレギュラーメニューがある。

レギュラーメニューがなかなか興味深い物がある。

モヤシ坦々麺・・・坦々麺の上にモヤシがてんこ盛り?

焼きそばがあって、炒めやきそばって・・・

スープチャーハンがあって、鶏肉黒味噌丼、エビチリ丼も面白そう。

まだ食べていないけど、リピートを約束されたようなものだな。

それでも、最初の密命通り、セットメニューにする。

中華丼、麻婆丼、チャーハン、レバニラ炒めライス、バラ肉丼が選べる。

それにラーメン、味噌ラーメン、サンラータンつけ麺、ワンタンメンが選べる。

これ、どう考えてもレバニラ炒めライスかバラ肉丼、つけ麺かワンタンメンが

価格的に優位に感じますよね?

注文したのはバラ肉丼プラス、ワンタンメン大盛り800円。

それほど待たずにセット登場、記念撮影をし、いただきま~す!









確かにボリュームがあるが、定食を連食する自分としては、悲観する物ではない。

むしろ、この内容で800円!しかも税込!

貧乏人の味方と言うか、原価率、利益率を考えない内容は、大拍手である。

イオンモール幕張新都心店のレストラン街では、あり得ないことである。w

もう、このセットに背負い投げ~!店主も背負い投げ~!というところだろうか?

ワンタンメンなど、ワンタンがゴロゴロ入っており、大西系なら1000円取るでしょ!

では、まずはスープを事逗ずず・・・アッサリだな。

鶏ガラベースと思われるが、アッサリした味わいである。

醤油ダレが濃い目で、味も濃いか?と思われたが、そうでもない。

麺を引きずり出すと、平たいものである。

きし麺が縮んだような見た目である。

平打ちパスタに似ている!と、言った方がいいか?

手打ちを謳っているが、間違いなく手打ち麺である。

ところどころ、不揃いの部分がある。

啜ってみると、加水率が高く、やややわらかめ。

ぴろぴろしたのど越しと言うか、食感。

大盛りを注文したので、丼ぶりの中は麺だらけ!と言っても言い過ぎではない。

とにかく、この麺を一気に減らすか!と言う事で、啜りに啜る。

途中、ワンタンを食べる。

ワンタンの皮は薄目で、餡の色合いまで分かる。

ワンタンは肉ワンタンで、口に入れると、ワンタンののど越しよりも食感を楽しむもの。

軟骨であろうか?たまに小さな粒が「コリッ!」という食感を感じさせる。

メンマ、チャーシューもある。

チャーシューはやわらかく美味い!メンマはややしなしなした食感。

全体的に優しい味わい。

店主の人柄を感じさせるような、味わいである。


バラ肉丼は炒めたバラ肉と野菜を醤油ベースの味付けをし、片栗粉でまとめたもの。

中華丼の餡に似ているが、主役が肉だと見た目で分かる。

それを一口、口に入れる。

モグモグ・・・美味いわ~~~!

味付けはややコッテリした物。

これはガテン系は好きな味だろうね。

餡の味も濃すぎる物ではなく、白飯と一緒に口に入れれば、踊りたくなる味わい。w

むしろ、飯の量が足りないかも?と思ってしまうほど、餡はたっぷり。

コッテリした中でも、しょっぱいわけではなく、突出した味は無い。

こちらも濃厚ではあるが、優しい味わい。

途中、ラーメンスープを口に含むが、スープの方が塩気を弱く感じるかな?

一人前の丼ぶりとしてみた場合、少し物足りなかな?と思うが、セットでは十分。

一応、漬物も付きますね。

やがて完食。

スープは残しましたが、あとは綺麗に食べました。

800円と言う価格を考えると、十分すぎる内容です。

いいお店に出会えました!

さあ、次の店に行くか!

満腹でやる気が出ない?

ま・さ・かw





やる気満々!w

 

ここで一句

    儲けより

       満たしてあげる

              御客の胃

«富士市 たつみ庵 きのこせいろ大盛り