フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

秦野市 白笹うどん多奈加 特製肉味噌うどん(冷)。

0500001

0420001

0490001

0450001

0460001_2


名前は知ってはいたが、知ってから10年かけての初訪問。

この店にはゐなかうどんと白笹うどんの2種類が有る。

今回は白笹うどんの季節限定冷やし特性肉味噌うどんを注文。

大盛りを頼んだが・・・

美味い!!!!!!!!!!!!!!

これは美味いうどんだ!!!!!!!!!

旨味と歯応えの良い麺が肉味噌と合い、かなりの高評価。

今日はラーメンもうどんもハイレベルだ!

白味噌ベースのスープに肉味噌を溶かして全体的に

良く混ぜて食べるといい。

あああ・・・久しぶりに味わい深いうどんだ。

普通に注文してうどんのおかわりが100円というのもいいね!

腹減っていたら5人前ぐらいいけそうだよW。

 

店の外観はご覧の通り、古民家スタイルでクーラーは無く、扇風機。

おでんは1年中あり、1串120円だが今回は食べなかった。

特製の辛味噌はかなり辛いが、

これを入れることにより味が締まり、切れのいいうどんになる。

 

この店は私から丸亀製麺所の存在を消した。

次回は当然、ゐなかうどん。

 

この店に辿り着くまで迷路のような道順だが、

行って後悔することはないだろう。

春、もしくは秋がお勧めと考える。

 

ここで一句

          うどんとは

               客に媚びない

                  食べ物だ

湯河原町 ツケ麺醤太  チャーシューニボッっちゃん。

0350001

0390001

0370001

0380001


前回、ツケ麺としてのバランスは悪かったが、味としては高評価の

湯河原ツケ麺醤太に再び訪れた。

今回は迷わず1日限定12食のニボッっちゃんを注文。

メニューにそう書いてあるのでそのまま表記した。

大盛り無しの950円である。

まずはスープ。

一口飲んで思わず美味い!!!!!!

おおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

うめええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!

鶏の脂と煮干ダシがいい調和をみせている。

これはかなりのハイレベル!!!!

次、麺。

中太ストレートだが、ツケ麺の麺より細い。

啜ると滑らかな喉越し。

麺はあくまでも滑らかさを強調しながらもスープを纏い、

麺とスープの調和を奏でる。

次、チャーシュー。

豚と鶏の混合タイプ。

しかし、鶏は一枚だったが。

やや厚切りのチャーシューだが、これは意外にも平凡。

柔らかく美味しいが、スープと麺が主役らしく肉はあくまで脇役。

食べ進むうちにほのかに柑橘系の味と香りを感じる。

これは恐らく隠し味であろう。

鶏の脂も上品で美味かった。

総合評価として、湯河原市内のラーメン屋も真っ青な味だと思う。

しかし、湯河原には大西の血脈が流れている。

上品で美味くても、下品だがチャーシューやワンタンをガツガツ

食べる方がメシとしてはその方が成立する。

あえて、趣味の食べ物としてその存在を示すか?

化学調味料を感じないその味は食後もスッキリとした

後味を感じ、好印象である。

私は勝手に命名したい。

ラーメン実験工房と。

大西の牙城を崩せるか?

頑張れ!

従業員の接客もなかなかいいが、接客担当のお姉さん、

やはり、接客時には真っ赤なマニキュアは印象良くないよ。

ここで一句

         ラーメンは

            趣味か飯か

                 悩むかな

2010年6月25日 (金)

横浜市 ラーメン二郎関内店 小ぶた汁なし。

0320001

0330001

0340001


結局ラーメン二郎に行ってしまった。

暑いので汁なしを注文。

画像はニンニク少し、野菜マシマシ。

近頃行列が短いようだ。

暑いのにラーメンを食べるのは結構なんだし、

この店、入り口開放なのでエアコンの効き悪いし。

やはり、関内、桜木町周辺では一番美味いかな?

他のラーメン屋で行列できているの見たことないし。

やはりカロリーの高いものは美味い!

あ~~相変わらずうめえなあぁぁぁぁ。

また食べたいな~~~。

二郎のつけ麺食べたいな~。

相模大野に行くか・・・

ここで一句

         カロリーを

           計算しても

                欲が勝つ

2010年6月24日 (木)

横浜市 モスバーガー横浜桜木町店  テリー伊藤のざくざくラー油バーガー

0260001

私が自分のカネでハンバーガーを買うのは何年ぶりだろう?

私はマクドナルドやロッテリアは不味いと思うし、

チェーン店ではモス以外買わない。

しかし、それでも何年前に買ったか思い出せない位ハンバーガーを買ってないし、

食べてもいない。

そんな私がテレビに釣られ買った。

 

まずは味だが・・・

美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これは美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ざくざくした食感とラー油の旨味が混ざり、かなり美味い!

 

パティとトマト、ラー油、チーズ、サルサソース・・・

渾然一体となり、いままで感じたことの無い美味さを感じた。

若干、辛いが私の許容範囲。

多分、マヨラーが相当カルチャーショックを受けていると思う。

食べるラー油はマヨラーの脳を破壊しているだろう。

冷やし中華にマヨネーズをかけることを許さなかった私も、

食べるラー油なら進んでかけるだろう。

 

今回、このラー油バーガーは俗世間のマヨラーの勢力分布図を

相当変えるに間違いない。

 

販売期間終了までわずか・・

いそげ!

モスへ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ところで

私はラー油バーガーを注文したが、ラー油チーズバーガーが

間違ってきていたようだ。

全然分からなかった。

お金は間違いなく390円だった。

画像が証拠か。

ここで一句

      マヨラーも

          真っ赤に染まる

                勢いだ

横浜市 三幸苑 たんめん。

0200001

0210001


0250001


人生2度目の三幸苑。

タンメンを注文。

サンマー麺かチャーメンにするか悩んだがタンメンにした。

 

注文して5分ぐらいでタンメンが来た。

これ、絶対美味くない!

スープ味無い!

塩気がまったくない。

麺くたくた、

モヤシも白菜もくたくた・・・

でも入ってくる客がどんどんタンメンを注文する。

これはもしかしたら・・・俺がバカ舌の証拠ですか?

俺の味覚が異常ですか?

 

卓上の塩をほんの少し、耳かき10分の1ほど入れてみた。

・・・しょっぱい。

ダメだ!

分からない!

このタンメンは評価できない!!!!!!!

 

私は店をあとにすると、汗をぬぐった。

何気に口の周りをぬぐうとニンニク臭い。

「これは・・・さっきのタンメン」

これほどニンニクの臭いが口からするのに、

食べている最中はまったく気が付かなかった。

 

そうか・・・私の修行不足か?

つまり、この店は何度も訪問し修行を重ねないとわからないのだ。

2度目の訪問ぐらいでこの味を評価すること事態が喝!!なのだ。

 

すいません。

私の完全な修行不足です。

 

この店を1度や2度で語るなかれか・・・

ここで一句

         汚いが

            味は修行の

                賜物だ

横浜市 日の出らぁめん 剛つけ麺。

0190001

0110001

0150001

0170001

0140001_2


日の出町駅からすぐだな。

看板が目立つから分かりやすい。

ラーメン二郎関内店より歩いて10分ぐらいか?

いや、10分もかからないだろう。

いかし、この界隈、風俗店も多いがラーメン屋も多い。

ラーメン二郎にいくつもりが、3軒梯子になった・・・w

今流行の豚骨魚介系濃厚スープだが、味に関しては

ありきたりの味、でも悪くはない。

麺、この店の売り物の麺。

ほぼうどんである。

私の知る限り富士吉田うどん並みの堅さである。いや硬さか?

この太さで尚且つアルデンテの茹で加減。

剛を売り物にしている店なので、この麺に文句があるなら

行く必要はない。

でもつけ麺なのにアルデンテの茹で加減はどうかな?

芯が有るか無いか?では相当つけ麺は印象が違うと思う。

芯が有る故に非常に食べ難いつけ麺だった。

従業員の皆さんの接客態度は満点です。

素晴らしいです。

でも店内、特にカスター類の手入れが気になりますね。

総合評価としては美味しいけど、麺の茹で加減のわがままを

聞いていただけたらいいかも?

それともあくまでも剛を貫くか?

ここで一句

       郷に入り

          郷に従え

             できません

2010年6月22日 (火)

小田原市のラーメン鳥取が閉店するらしい。

Dscn1688 Dscn1687  

 

 

 

 

 

 

 

なんと、今月いっぱいをもって小田原の老舗、鳥取が閉店するらしい。

理由は「高齢」のためである。

残念である。

 

この近くにあった名店「味一」のご主人が亡くなり、

そして次は鳥取が閉店か。

 

この店のラーメンは絶賛されるラーメンではない。

しかし、時々なぜか食べたくなる。

それは味が優しいからだ。

基本味は濃い目だが薄めで作ってもらうと、

ほっとするラーメンなのだ。

昔懐かしい味とは違う。

店の雰囲気、店主の人柄、そして味。

三位一体から生まれる優しい味。

 

閉店まで時間がない。

行くしかあるまい。

私のもう一つのラーメン原器として。

2010年6月21日 (月)

ニコン s570 インプレ。

p60からS570に替えてみて思ったのは

詳細な設定のやり易さである。

p60はダイヤル式だったが、ダイヤル式は目が悪いものにはツライ。

今、何に設定しているか分からないのだ。

しかし、s570はモニターでチェックでき、

分かりやすい。

 

ホワイトバランス、ISOすべて分かりやすく、

私の撮影手法に革命を起こしそうだ。

 

期待せよ。

2010年6月18日 (金)

富津市竹岡 梅の家 大チャーシューメン、やくみ。

Dscn01030001

Dscn01010001

ニコンS570を購入して初めてのお出かけ。

ラーメン食べ歩きをしていると何故か無性にここに行きたくなる。

 

現在、創意工夫に溢れラーメン業界は進化とサプライズが

繰り返され続けている。

ラーメンの固定観念も既成概念も覆され、

意表と意外性も味の決め手となる。

だが、人々の話題から忘れられると味が良くとも

客が来なくなる現象が起きている。

 

自身のHPで薀蓄や拘りを書き連ね、ならば期待を持って

訪問してみれば、どうしても揉める事の出来ないラーメンを出す店が

少なからずあった。

 

そんな群雄割拠のラーメンを食べ歩いていると、ラーメンの

味の原器が自分自身に必要だと思わされる。

 

私のラーメンの味原器は梅の家である。

昔は東池袋大勝軒だったが、山岸氏引退の今、

ここしかないだろう。

 

今日もここのラーメンは美味かった。

行って良かったと思った。

 

ここのラーメンを美味いと思っている限り、

ひたすらラーメンを食べ続けて行きたいと思う。

 

 

話は変わるがP60からS570に替えてみて思ったのは

細かい設定が楽に出来ること。

 

その成果が上の画像。

アグレッシブに撮影します。

 

 

ここで一句

          ラーメンに

              基準があれば

                    迷わない

2010年6月15日 (火)

Nikon COOLPIX S570を購入。

Dscn2166 Dscn2167  

 

 

 

 

 

 

Nikonからメールが来て「S5701万円!!!!!!!」と

お知らせが来たので速攻で購入。

価格ドットコムでも10700円が底値なので、

まったくなんのためらいもなし。

1200万画素!

ラーメン綺麗に撮れるよ!

さっそく一枚。

今日の晩飯。

Dscn0020 Dscn0021

やはり違う。

解像度が違う。

2010年6月14日 (月)

湯河原町 ツケ麺醤太 醤油香り、ツケ麺大盛り。

0220001

通常はラーメンガキ大将。

しかし、ツケ麺醤太として

毎週月曜の午前11時から食材終了までの4~5時間ほどの営業。

月曜日以外は食べることができないラーメン。

本日月曜日、公休を得てやっと訪問。

そのこだわりを知るべく、ツケ麺を注文。

麺の食べ方として、まずは塩で食べてくれという。

麺は2種類混合タイプ。

通常の小麦粉とやや茶色がかった麺が混ざっていた。

茶色の麺の正体は分からなかったが、麦の殻や黒小麦使用かと思います。

麺を粒子の細かい塩に付けて食べてみると、もちもちでつるつるの

食感の麺の旨味が広がる。

この麺は美味い!!!!!!!!!!

しこしこもちもちつるつる、なんて理想的な麺!さすが!

そしてつけ汁につけて麺をすする。

うん?

塩の方が美味いぞ。

このつけ汁、味濃すぎない?

つけ汁に少しだけ麺をつけて啜ろうとしたが・・・

麺が長い!!!!!!!!!!!!!

麺が長すぎてコントロールし難い。

麺を盛ってる器も浅くて不便。

もり蕎麦のイメージでつけ麺を盛ってみたが、どうにも食べ難いものだ。

特に最初に塩で食べる時、麺2~3本でも長すぎて手を添えて

食べるようにしなければならない。

改善の余地あり。

そして肝心のつけ汁だが、味(醤油、塩味)が強く、

出汁の旨味はさほど感じることが出来ない。

これを例えるならば、鴨汁蕎麦のつけ汁のような(勿論鴨は使っていない)

感じである。

この店は比内地鶏を使用しているが、その有り難味は感じない。

つけ汁をさっぱりさせるために柑橘類の搾り汁があるが、

私としてはこの搾り汁に麺をつけ、そしてつけ汁に浸し啜ることが

このつけ麺の正しい食べ方ではないかと思う。

麺が大拍手ものだけにこのつけ汁は惜しいな。

蕎麦感覚なら麺の長さまで考えて欲しかったし、

具材もつけ汁の中の肉以外は良かった。

今回私が注文したのは大盛りで900円。

大盛りは結構食べ応えがあり、最後は割と苦しいぐらいだった。

他にも塩つけ麺や煮干しラーメンなどがあり、

次回は是非ラーメンを食べてみたい。

私が訪問時、店内はほぼガラガラ。

頑張れ!!!!!!!!!!!!!!!

    ここで一句

        心意気

           頼もしいから

               期待する

小田原市 四川  担々麺B。

0310001

0250001

噂では知ってはいたが、初めての訪問。

胡散臭いバカップルの隣に座らされる。

気が付けば正面にはトイレのドア。

 

勘弁してくれよ~~。

 

またトイレの前かよ!!

 

注文してから5分少々でラーメン来た!早いな。

スタイルとしてはあんかけ担々麺。値段は800円。

秦野の昌隆と同じだが、どっちが先かは分からない。

昌隆はザーサイたっぷりだったが、ここはひき肉たっぷり。

麺は看板によると自家製手打ちらしいが、中太縮れ麺の加水率やや低め。

この麺が餡を絡めて美味い!

餡はニンニクが効いている。

 

美味い!!

なるほど行列が出来るわけだ。

誰にでも出来そうな担々麺だが、基本の餡の味の良さが際立つ。

今回私は辛味Bだったが次回は余裕でCに行けそう。

普通に注文して麺が足りないと思っても替え麺がある。

麺はもっと香りがいいと思ったが、これはこれでいいでしょう。

このスタイルを真似た店も幾つかあるようだし。

 

胡麻とラー油の香り漂う担々麺ではありません。

でも美味いよ!!

  ここで一句

      あんかけで 

         坦々麺が

             混ぜ蕎麦に

2010年6月11日 (金)

財宝  焼酎 紅財宝。

Dsc_5642 Dsc_5640 Dscn2132

 

 

 

 

買っちまったよ。

焼酎紅財宝大量購入。

原酒は前回買ったものだけど、今回新たに一升瓶。

 

ところで原酒と一升瓶、アルコール度数だけではない違いがある。

一升瓶は温泉水で割っているのだ。

原酒も割る水で味が違ってくるが、一升瓶の方は芋焼酎が苦手だという

者たちが全員美味い!と言い、いつも焼酎をレモンやお茶で

割る連中もこれだけは水や氷だけで楽しんでいる。

 

もちろん、これより美味い焼酎はいくらでもある。

だが、みんなで集まり、わいわいやるときに、誰にでも受け入れられ

好評なのと、私自身も大変気に入ったので一括購入に

及んだしだい。

 

しかし、俺の部屋の畳古いな・・・。

 

ここで一句

      赤い酒

         ほろ酔い超えて

                青い顔

2010年6月 9日 (水)

小田原市 十勝屋 特製味噌ラーメン

0140001

前回食べて美味しかったのと、メガメニューがあったので

挑戦してみようと思い再訪となった。

メガメニューねええよ!

一時的な企画メニューか?

ま、いいか普通に大盛り800円を注文する。

今回は豚丼は注文しなかった。

うん、相変わらずニンニクやゴマの効いた味噌は美味しい。

サイドメニューに餃子やザンギなどもあるので

また近いうちに行くかも。

しかし、ここのBGMデスメタルかよ・・・・

ここで一句

      また来たら

         聞こえてくるのは

             デスメタル

2010年6月 8日 (火)

横浜市 ラーメン博物館 頑者 つけめん、辛つけめん。

Dsc_56120001_2

Dsc_56140001_2

Dsc_56200001_2

Dsc_56230001_2


埼玉県川越市の超有名店「頑者」。

その有名すぎるつけ麺が新横浜にやってきた。

レギュラーメニューの麺の量が少ないので、

つけ麺と辛つけ麺を注文した。

麺は極太ストレート麺。

スープとの絡みは悪い。

麺はあくまでも噛む事を主張し、スープを啜りながら麺も啜るスタイルが

正しいようだ。

具材はチャーシュー、半熟玉子と入っているが、魚粉はすでに

溶け込んでいた。

魚粉のザラザラした舌触りがあまり好ましくない。

現在の濃厚豚骨魚介系極太麺の先駆者であるこの店。

美味い!

美味いが感動が無い!

先駆者の感動が無い!

後発亜流、インスパイア系の影響か?

先駆者が霞んでしまっている。

二郎や大勝軒ではそんな事が無いと思ったが、

頑者は先駆者の後光が無い。

それは新横浜だからか?

川越本店は凄いのか?

この答えは夏休みが終わる頃に分かるだろう。

まだ開店したばかりで

働いている者達が落ち着くまで。

ここで一句

     頑固者

        麺も頑固で

           ハードだな

横浜市 ラーメン博物館 龍上海本店  赤湯からみそラーメン。

Dsc_56270001
   

新横浜のラーメン博物館の中にあるこのお店は、

山形に本店があるらしい。

山形にはまだ行った事が無いな。

そのうち冷やしラーメンでも食べに行くか。

外見は赤い味噌玉が乗っているだけで普通の味噌ラーメン。

辛味噌を溶く前は甘口のさっぱり味噌かな?

物足りない印象の基本の味。

しかし、辛味噌を溶くとニンニクと辛味が強烈な個性を醸し出す。

辛い!美味い!

味噌を溶けば溶くほどワイルドなラーメンに変貌し、

刺激的な味になった。

だが・・・私には辛すぎる!!

こんなに辛いのにまだ上には中辛と大辛がある。信じられん!!

完全に私の上限を超えている!

まるで罰ゲームだ!汗が吹き出て止まらない。

辛いが美味い!

味がキチンと出ていてスープを飲みたいが飲めない。

麺はもちもちの中太幅広麺。

スープの辛さに紛れているが、チャーシュー、メンマも程よい美味さ。

私好みのワイルドな味のラーメンだが、辛すぎてダメだ。

店員曰く、徐々に溶かせというが辛味噌をレンゲですくって

どこかに置けというのか?

具材は味噌には珍しくモヤシなどの炒め野菜なし。

あくまでも麺とスープで勝負の様子。

博物館価格の入場料プラス850円。

私には罰ゲームであったこのラーメン。

辛いもの好きにはお勧め出来る味のあるラーメンです。

ここで一句

    無理をして

        食べてみるも

              尻地獄

2010年6月 2日 (水)

秦野市 ドライブインみやこ食堂 味噌ラーメン、キムチ。

3_10001

3_40001_2


次回是非やってみようと思った、味噌ラーメンとキムチ。

冷し中華が食べたかったが、まだなかったので味噌にした。

まずはキムチが運ばれてきた。

げ!このキムチ!想定外!

キュウリ、大根、白菜にキムチの元を混ぜたようなもの。

つまり普通の塩漬けの野菜に混ぜたので本格的から

かなりかけ離れている。

値段は350円。

そして味噌ラーメンが来た。

味噌ラーメンとキュウリのキムチもどきか?

どんな味になるやら・・・

とにかく躊躇せずに麺の上にキムチをのせて食べた。

もともとダシのでたスープではないので、キムチが溶け込むことで

ややワイルドな味になった。

キュウリもメンマだと思えば・・・シャキシャキしてよし!

普通、普通。

総額1150円ではあったが、野菜の非常に多い味噌ラーメン。

次回は坦々麺か冷し中華だな。

ここで一句

     トッピング

        自己満足で

             美味いもの

2010年6月 1日 (火)

南足柄市 足柄古道万葉うどん  つけカレーうどん、猪汁。

2_610001

2_42

2_430001

2_460001

2_530001

2_590001_2

2_580001

本日のメインとも言うべき万葉うどん。

この店を知ったのは多分10年前。

最低でも8年ぶりの訪問である。

うどんは手打ちなのだが、滑らかさ、コシ、ウマミ、少々物足りず。

今回注文のつけカレーうどんは通常のつけ汁にカレーの玉を溶かして

食べるタイプ。

ゆるいか?と思ったがスパイスが効いて後から来る。

う~~ん。

工夫は感じるが、最初からガツンときて欲しいな。

やはりざるうどんか?

次、猪汁。

いいですね。

本物の猪ですよ。

味噌と合いますね。

これで定食作りましょうよ。

店構えも古風で穴場的の店です。

夕日の滝、もしくは最乗寺に行ったら是非寄ってください。

お勧めはざるうどんとおでんと猪汁です。

ところで、私が座った席はトイレの前じゃないですか!

全然気がつかなかった。

しかもトイレの横におでんのケースが置いてある。

どおりでなんかにおいが微妙だと・・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

値段はつけカレーうどんが900円。

猪汁560円。

おでんは一串130円。

うどんの替え玉100円。

うどんの替え玉100円は魅力的だが、うどんメニューの

初期設定価格が高めなのでどうかな?

ここで一句

    店構え

      味もそれに

         合わせなさい

鮎沢PA 溶かし味噌ラーメン。

2_290001

2_340001


う~ん、このラーメンが1位?

高速道路のPAやSAの中で1位?

困ったもんだよ。

おいしくないじゃん!

650円でこの具材でこの麺の量でこのスープで

ほかのラーメンどうなっとんねん?

ここで一句

 

     競争も

         レベル低いと

               平凡だ

 

沼津市 餃子の王将 餃子定食、鶏のからあげ。

2_240001

2_270001

2_280001


今日は久しぶりに餃子の王将に行った。

行ったのは沼津インター店。

王将もさすがに客足が落ち着いてきたかな?

12時前なのに空席多し。

今日は前からやってみたかった餃子定食とからあげのセットを注文。

この内容でビールを飲めないなんて・・・

まるで罰ゲームのような・・・

からあげはジューシー感無し。

早く揚げるために肉を薄くしてるためかりかり感はあるが

からあげ特有のジューシーさはまったく無い。

でもこれはこれで良し。

カリカリの衣を胡椒と塩を混ぜたようなスパイスにつけると

これはこれで良し。

餃子はやはり沼津より小田原のほうがいい。

餃子を焼くということはウナギに匹敵するものがあるのだ。

以前からやってみたかったとはいえ、餃子とから揚げだと

結構ヘビーだね。

あああ・・・

生ビール片手に食べたかった。w

 

ここで一句

   王将も

      磨かなければ

          歩にもなる

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »