フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

秦野市 みやこ食堂 冷し中華。

093

090


0950001_2

俺としたことが・・・

カメラを忘れてしまった。

携帯電話を忘れてもなんとも思わないが、カメラはかなり凹む。

せっかく外食しても美しいビジュアルを残せないからだ。

2005年の携帯をいまだに使っているので、携帯画像は期待できない。

やるしかない。

携帯の200万画素の画像で写した冷し中華大盛り1300円。

普通盛りが1000円で大盛りが1300円か・・・高いな。

しかし!

注文したものは予想外のものであった。

麺は2玉使用でその麺の上にのるのはスライス玉葱、

キャベツの千切り、トマト、キュウリ、焼肉!中華クラゲのようなもの、

そしてスクランブルエッグ!!!

前回の次郎長に勝る勢いの盛り付けとボリューム。

とにかく具が多い!

トマトはまるまる一個使用か?

ハムやチャーシューの代わりに焼肉って・・・しかも味付けは

鉄板定食のあの味や!!www

錦糸卵が面倒だからスクランブルエッグとは・・・w

冷し中華なのにアツアツの具を平気でのせるとは・・・w

田舎のドライブインの冷し中華の味は、文句無しに美味い。

また食べるか?といえば食べる。

市販の冷し中華スープであろうが、具が特徴的過ぎて食べていて飽きない。

兎に角腹が膨れる事が大前提であるが、冷し中華の掟を

破った具のラインナップが見事完食させた。

冷し中華の概念を2週連続で吹き飛ばされた。www

ここで一句

     冷し麺

        掟破れば

             衝撃が

2010年7月27日 (火)

横浜市 ラーメン二郎関内店 小ラーメン汁なし。

0790001

0720001

0730001

0750001

暑いね。

こんな暑い時に熱いラーメンなんか食べたくないよ。

でもやや熱いラーメンなら食べられる。

ということで、関内に。

並びは9番目だった。

熱いから行列少ない。

昨日、飲みすぎたせいか間違えて小ラーメンを押す。

いつも小ブタだが・・・ま、いいでしょう。

野菜マシマシニンニク少な目。

隣に遅い奴が居たからのんびり食えた。

ブタも2枚ぐらいが丁度いいかな?

5枚はいつも飽きてくるモンな。

ところで

更に隣はカラカラマシマシだと?

訳分からん呪文だな。

と、思ったら一味唐辛子激振り!!!

なんで?なんで?なんでそんなものが食えるのだ?

と、いうことで私も一味振り振り。

これが限界だな。

あ~素晴らしきラーメンジャンク二郎。。。。

ここで一句

       唐辛子

           かけ過ぎ注意

                 無関係

2010年7月21日 (水)

沼津市 餃子専門店 高千穂  餃子6個。

0690001

0620001

0640001_2

0670001


中央亭の次に行ったのがこの店、高千穂。

事前リサーチではニンニクの効いた餃子らしい。

店内に入ると店主と息子?の2人。

店主は黙々と餃子を焼いている。

 

店内は褒めることが出来ない清潔感。

言い方変えれば「キタナシュラン」。

 

餃子6個の単品注文。

出てきたものはかなりの大きさの餃子。

皮はもちもち、焼き目がしっかりしており、王道焼き餃子。

提供スタイルは浜松餃子だな。

もやし乗っているし。

 

中の餡はキャベツ!!ほとんどキャベツ!!

食べると意外なほどあっさり、さっぱり。

でも、ニンニクが効いています。

このあっさり系の餃子を食べると中央亭の奥の深さが分かるな。

この沼津駅周辺は餃子の美味い店が他にもまだある。

 

いろいろ食べてみましょう!

しかし、ライスかビールが欲しいな。

単品の餃子は主役にはなれないか?

 

ここで一句

        王道だ

           餃子の世界

                決めかねる

沼津市 伊豆家 天丼。

0580001_2

0500001

0510001

0530001

0560001


昔、初めてこの店に来た時、店内は客だらけで相席が

当たり前の店であった。

 

今回訪れたのは12時過ぎ。

食べ終えるまで相席が発生することはなかった。

 

天丼1000円を注文。

味噌汁は別に注文しなければならないが、お茶が土瓶に入って

来るので無くてもいいかと思い、注文しなかった。

 

注文の品がくると飯の上には3品しか天ぷらが乗っていないが、

かなりの迫力、ボリュームを感じさせる。

つまり、ネタがでかいのだ!

海老と魚とイカがそれぞれでかい。

特にイカのでかさは特筆ものだ。 

 

まずは魚を食べる。白身魚であるがキスじゃないな。

魚は時期のものを使うようだ。

次、イカ。

ぷりぷり!!!美味い!

有名店の天丼はゴマ油が結構香るのだが、この店では

ゴマ油は軽く香り、意外とさっぱりと食べさせる。

丼ツユも濃すぎずあくまでネタで勝負か。

 

次、海老。

背中から開いている。寿司ネタの茹で海老と同じスタイル。

この海老もぷりぷりなのだが、ひとつ気になった。

海老の臭いだ。

若干カルキのような臭いがした。

店に文句をいうほどではなかったが、気にする客いるんじゃないか?

なんだろうな?

背ワタかな?

尻尾の方にいくと黒い背ワタが残っていたので、

背ワタで間違いないでしょう。

背ワタはカルキのような臭いがするのか???

 

どちらにしても天ぷらはどれもサクサクぷりぷり。

てんやのようなチェーン店で手軽に安く食べられる天丼もいいが、

こういう専門店の味はやはり魅力大だな。

 

私が店を出るまで相席は発生しなかったが、

お客さんがひっきりなしに来ていたのは間違いない。

 

 

ここで一句

         天丼は

             ネタで勝負は

                  変わりなし

沼津市 餃子の店 中央亭 餃子10個。

0470001


0390001_2

0420001

0430001_2

0450001

前回訪問時、休日だったためさっそくリベンジ。

 

北口亭時代に2度ほど訪れたことがあるが、中央亭になっては初めて。

ブログやってなければ来なかったかもしれないな。

北口亭時代に食べた時、あああ!!すごい!美味いとまでは

思わなかったのだ。

それは焼いた後に茹でるということで焼き面がふにゃふにゃになること。

 

訪問した時は開店の11時前だったが、店内は相席の満席。

開店30分前から店内には入れるのですでにビール飲んでる客もいる。

 

餃子10個の大を注文した。

本来はライスも注文するべきだろうが、梯子予定のため餃子だけ。

開店して15分後に私の注文したものが来た。

 

記念撮影を済ませてから何もつけずに一口。

うん、美味い!けど味濃い!

キャベツと肉がメインだがこの濃い目の味付けが企業秘密だろうな。

でもこれだけ濃いと餃子だけはツライな。

肉汁というかスープというか噛んだ瞬間口から飛び出てズボンに

かかってしまった。W

具はかなりたっぷり入っている。

皮はもっちりしている。

 

小籠包だな。

餃子だと思うから違和感があるのだ。

 

しかし、この店。

開店してもすぐ閉店することでも有名。

常連との話を聞いていると、暖簾を出さずにお土産だけで終わった日も

あるらしい。

13時前に終了することも珍しくない。

 

そんな大人気の餃子だが、個人的には美味いけど・・・

ライスと餃子ではなく、汁ものをくれといいたい。

つまり餃子定食だ。

味が濃いからライスは必要だが、これに味噌汁かスープがあれば

定食として成立する。

ライスと餃子を交互に食べ、水で胃に流すというのも・・・

ビールを飲んでつまみにするのはいいけど、

飯としては・・・・・

 

それと茹でる前の餃子をどうしても食べてみたい。

それには生の餃子を買って自分で焼くしかない。

でもそれが美味かったらそっちにするよな。

あああ!!!でも試したい!!!

 

ここで一句

        噛み締めて

            餃子の基本

                 思い出す

2010年7月19日 (月)

三島市 味の終着駅 次郎長 冷し中華 半チャーハン。

0140001

0160001

0150001

0190001

0170001

0180001

うなぎとラーメン。

ウナギは次回、というか、うなよしすげえ行列。

 

刺激的なものを食べたので、マイルドなもので中和しようと思い、次郎長へ。

冷し中華と半チャーハンを注文。

て、俺はバカ?

この店来ると半チャーハン頼まないと損だと思ってしまう。

先に半チャーハンが来た。

写真では分かりづらいが、半チャーハンと言う名の大盛りチャーハンである。

裏の裏メニューでカレーチャーハンもある。

チャーハンはメニューには無い。

 

そして冷し中華が来た。

麺よりも上に乗ってる具の方が圧倒的に多い店は初めてだ。

そうか・・・いつもラーメン、半チャーハンだったな。

冷し中華と半チャーハンだって。

変な組み合わせだよな。 

 

でも・・・すげええええええええええええええええええ!!!!

なんじゃこりゃ???

大盛り頼まなくて正解。

 

私は覚悟を決めた。

いつもガツガツ食べる事はしないのだが、今回は

飢えた野獣のごとく腹に詰め込む。

むしゃむしゃ、ズルズル、もしゃもしゃ・・・

のんびり食べていたら満腹中枢が満たされてしまう。

満腹中枢が反応する前に胃に入れるのだ。

 

しかし、味も勿論チェック。

ラーメン兼用の麺を冷した麺はありきたりの細麺。

冷した事でつるつるしこしこ感がいい。

スープは胡麻が多いがあくまでも醤油ベース。

そして具!!

ナルト、キュウリ、ほぐし鶏、薄焼き玉子、紅生姜、海苔。

値段は800円であるが、それでも価格以上の価値を感じる。

あとは酢でもラー油でも好きなものかけて食え!

餃子の王将より美味いよ。

半チャーハンもべたつかずほど良い味。

 

味も好印象でボリュームに関しては文句なし!

腹ペコに絶対お勧めの店!!

 

ここで一句

      裏メニュー

           からあげ定食

                 未だ知らず

沼津市 牛骨辛口ラーメン太龍 沼津北口店 炎のつけ麺RED。

0130001_2

0010001_2

0060001

0100001



0040001


0050001



今日は沼津の中央亭にいくつもりだった。

ヨーカドーに車を止め、散策ついでに店まで行くつもりだった。

 

あ、、、、あ!!!!!!!!暑い!!!!!!!!!!!

 

駅まで歩いてすでに上半身汗だく。

仕方が無いのでタクシーを使う。

ワンメーターで到着。

 

月曜定休。

 

「天丼の伊豆屋にいってください!!!!!!!!!!」

 

月曜定休。

 

リサーチ不足とはいえ、祝日に休むとは・・・

さすが静岡。

結局運転手とドライブかよ!

御殿場の太龍の支店を発見し、取り合えず取材。

 

色々考えたが、冷やし中華よりもつけ麺がいいだろうと思い、

辛そうなつけ麺を注文。

サービスで白菜キムチがドンと提供されるが、美味いけど辛い。

しかも本日の一口目がキムチ。

これで、残りのピロリは死ぬだろう。w

 

850円という値段では麺が少ないな。

でもテンコ盛りキムチがサービスだし・・・

 

普通に麺を汁につけ啜る。

ぶっ!!!!!!!!!!!!!!

やべ!!むせる!!!!!!!!!!!!!!

辛い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ひ~~は~~~!!!

 

スープは濃度が濃く、トロミもある。

美味辛味噌味だが、私の限度を超えようとする辛さ。

多分、常人なら大丈夫だが私はややヤバイ!

でも牛角煮美味い!!

麺も中太麺だが、個人的に好みの柔らかさ。

だが、辛い。

辛い故に麺の味など分からん。

麺に辛味ついてるし。

だが、味はついて来る。

牛骨の旨味が辛くてギブアップしたい気持ちを上回る。

 

結局スープ割りして完食。

しかし、塩分、脂分かなりとったな。

 

ここで一句

      ホットな夏

           胃袋内は

              激熱だ   

2010年7月15日 (木)

羽田空港 中華料理 彩鳳  黒ゴマ冷やし坦々麺。

Dsc_5819

Dsc_5821

Dsc_5814

北海道に出かける日、朝から何も食べずに来たので

羽田で物凄く腹が減った。

 

空港内をウロウロ餌を求めて彷徨い、ここに来た。

 

 

名前に反して予想外のものが出てきた。

冷やし麺の上にジュレのようなものが乗っている。

全然辛くない。

 

 

て、いうかこれで850円?

黒ゴマの香ばしさもないし、

 

結果として空弁買えばよかった。

ここで一句

     すきっ腹

        判断力が

            鈍くなる

2010年7月14日 (水)

札幌市 味の時計台 駅前通り店 醤油ラーメン。

Dscn0431

Dscn0418

Dscn0429

Dscn0422

Dscn0426

Dscn0425


呑みに行った〆にここに寄った。

この店に関してはいろいろ評価があるが、私は普通に美味しいと思う。

なんでもそうだが、不味けりゃ潰れているでしょう。

 

今回初めて醤油ラーメンを注文。

にんにくの効いたスープは普通に美味しい。

縮れ麺、モヤシ、札幌ラーメンの基本ですね。

 

どこに行くか迷ったらここでいいでしょう!

 

ここで一句

      迷うなら

          取りあえずここ

                 食べてみな

札幌市 やきとり専門 串鳥 中央店 生ビール、焼き鳥アラカルト

Dscn0417

Dscn0370

Dscn0372

Dscn0379

Dscn0381

Dscn0389

Dscn0397

Dscn0404

Dscn0405

Dscn0406

Dscn0408

Dscn0384


焼き鳥屋だよ。

何年振りだろ?

ここ何年かの憧れの事であった焼き鳥屋で飲むこと。

なんで、こんな普通なことが出来なかったのだろう。

なんで、ぼくの近所には焼き鳥屋が無いのだろう?

いや、あるじゃないか。

贅沢言わなければあの店が・・・

 

とにかく、美味い焼き鳥が食べたい!!

 

 

 

出来たよ。

札幌で。

 

生ビールを注文すると若いお兄ちゃんとお姉ちゃんが

満面の笑顔でサービス。

出てくる品物は明朗会計。

 

焼きたての鳥精肉120円が2本。

美味しい。普通に美味しい。

手羽先、120円が2本。

皮はパリパリ、中はジューシー、美味しい!美味しいよ!

豚のアスパラ巻き、130円が2本。

あ~~これいいな~~。マジうめええよ。

 

ホワイトアスパラのベーコン巻、160円が2本。

うおお!!うめええ美味い!!これいいわ!!

生ビール追加!!

イベリコ豚、280円が2本。

うおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!

これ最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

すげええええ!!!うめええ!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんというジューシーで深い旨み。

これは最高だ!!!!!!!!!!

生ビールもう一杯!!!

 

次、シロ、120円が2本。

モツの部分をカリカリに焼いたもの。

あ~~~いいじゃないですか。

ツクネ梅紫蘇、130円が2本。

あ~~これもいい。

さっぱりしてうめええ!!!!!

生追加!

 

牛ひれ、380円。

大根おろしにつけて食べる。

ふおおおおおお!!!

いいねえ~~~美味いよ。

 

生ビール4杯と15本の串。

ここに来る前に立ち飲みで生ビール3杯飲んでいたから

飲んでいなければもっと楽しめたな。

 

お奨めです。

明朗会計とサービス、味、大満足です。

 

ここで一句

       焼き鳥を

         探していたら

               札幌に

秦野市 夢一文 豚キムチ丼。

Dscn0456

Dscn0452

Dscn0445

Dscn0454


北海道から帰ってきて少々放心状態。

5年ぶりの北海道はとても楽しい旅行であった。

3泊4日ではとてもとても・・・遊びきれない。 

なんとか今年もう一度行きたいな。

 

軽くドライブがてらに秦野まで。

夢一文に久しぶりに行く。

肉野菜炒めもいいが、豚キムチ丼を注文。

これで550円。

花畑牧場のホエー豚丼が1470円で寂しいボリュームだったが、

少なくともあれより1.5倍以上のボリュームで、2品副菜が付き、

それで550円。

 

味は確かにホエー豚の方が美味いが、大絶賛するほどでもない。

それほど味に差が無ければ、断然こっちだな。

 

基本的に飲み屋なのだが、定食が充実していいお店です。

 

ここで一句

      豚キムチ

         ほえ~という名に

                 勝りけり

2010年7月13日 (火)

長万部 三八飯店 本店 あんかけ焼きそば。

Dsc_5971

Dsc_5966

Dscn0358

Dscn0359

Dscn0361


この店の存在は車で行かなければ分からなかっただろう。

自分の車だからこの店を知ることができたと思う。

 

長万部の国道沿いにあるこの店。

とにかくあんかけ焼きそばが美味い。

他にもちゃんぽんなど麺類も美味しいが、私知る限り道内で一番美味い。

 

とにかく餡が美味い!

通常酢を掛けるがここではマスタード。

餡は具も豊富で麺に対して少ないと思うことはない。

私が注文したのはレギュラーサイズの820円。

食べ応え、味、サービス満足です。

 

道内に支店もあるようだが、やはり本店のここで食べて欲しい。

お奨めです!

 

 

ここで一句

     あんかけに

          ほれぼれしたよ

                 おしゃまんべ

札幌市 PASEO内、魚河岸 甚平 生ビール、串揚げ、ほっき貝

Dsc_6014

Dscn0341

Dscn0342

Dscn0344

Dscn0346

Dscn0350

駅ビルの地下にある私が好きそうな居酒屋。

 

勿論、最初は生ビール480円。

お通しは250円。

まずは北奇貝の刺身700円を注文。

まあまあですね。

700円という値段考えたら違うの注文すれば良かったかな?

 

次に道産串揚げ盛り合わせ1000円を注文。

 

 

おおおお!!

これはいいですね。

御頭付きの牡丹エビが迫力あって最高ですよ。

鮭、ホタテ、アスパラ、ジャガイモとつまみながらビールをゴクゴク。

 

ぷは~~~!!

 

生ビールがすすむ!!!

気がつけば3杯飲み干していた。

 

ほろ酔い気分で御勘定。

3390円。

 

美味しいおつまみでございました。

 

店の写真撮り損ねたので、空港に行く日の朝撮りました。

 

ここで一句

       居酒屋で

           一人カメラで

                 盛り上がる

札幌市 札幌駅南口広場サマーフェスタ2010 屋台ビヤガーデン 生ビールとツマミ

Dscn0302

Dscn0304

Dscn0309

Dscn0313

Dscn0310

立ち飲み屋が良かったからもう一軒いこう!

駅でビヤガーデンやってる!

よし!延長!!!!!!!!!

 

 

生ビール大ジョッキ900円。

鶏のから揚げ500円を注文。

まずい!

つまみまずい!!

ああああああああああああ

失敗。

 

でも札幌駅ビルをつまみにする。

 

いいじゃないですか!

駅前広場にドスンと座り、生ビールをやる。

ビヤガーデン自体も何年ぶりだろう?

いいな~~この雰囲気。

 

部屋でチマチマガブガブ飲んでいたことの寂しさ。

 

 

続いて中ジョッキ700円を注文。

 

一人で駅ビルに向かい乾杯を叫んでいる私はアホですか?

 

 

合計2100円とおつまみプライスレス。

 

ここで一句

     一人酒

         札幌駅に

              愛叫ぶ

 

2010年7月12日 (月)

札幌市 立ち呑み百姓一揆 時計台店 生ビール、串揚げ、土手煮

Dscn0301

Dscn0289

Dscn0294

Dscn0291

Dscn0295_2

Dscn0297_2

Dscn0298_2


ぼくはいつも飲み屋に行きたいと思っている。

でも、それはタクシーや代行運転などがないと行けないのだ。

普通のサラリーマンが軽く一杯!を

なかなか出来ない人生であり、環境だった。

 

それが札幌で出来た。

立ち飲み!

生ビールとおつまみ。

これですよ。

これ。

ごく当たり前の飲み屋の風景に憧れていたんだ。

 

しかし・・・

ここのどて焼きうめええええええええええええええ!!

うめえええ!!

どて焼き250円。

串揚げ300円。

生3杯で1050円。

合計で1600円。

 

これだよ・・・

俺の求めていた世界だよ。

静かに一人で飲み、一人静かにつまみに舌鼓を打つ。

 

札幌で

一人静かに生ビールを煽り、思いふける。

そして颯爽と店を後にする。

 

幸せだ・・・

これがサラリーマンの幸せだ。

来て良かった。

 

ここで一句

      立ち飲みや 

           孤独じゃないよ

                  一人でも

北海道積丹郡積丹町入舸町  シララ姫伝説 女郎子岩。

Dsc_5948

Dsc_5942

Dsc_5940

Dsc_5930

Dsc_5919

Dsc_5912

Dsc_5915

Dsc_5911


神威岬は突端まで駐車場から1km足らずを歩くと到着する。

しかし、この女郎子岩は無料駐車場に車を止め、

約1.3kmほど藪に近い遊歩道を歩いて行かなければならない。

今回で3度目であるが、無料駐車場の周囲には民家も何もなく、

往復2.6km、時間にして30~40分の間、誰にも会わない。

誰にも遭遇しない。

雨上がりだったため遊歩道はぐちゃぐちゃでズボンは泥だらけ、

靴もそれなりの靴を履いてきたが、大変だった。

 

歩いている最中、不安がよぎる。

(車をいたずらされたらどうする?猟銃持ってる奴がいたら・・・)

なんとも小心者ではあるが、それぐらい不安に駆られる場所なのだ。

 

だが、この場所に到着したとき、なんとも云えぬ感動がある。

まさしく、海に向かって女が佇む姿なのだ。

いろいろな奇岩を見てきたが、これ以上の情景をしらない。

 

誰もいないこの地で私は思い切り叫ぶ。

「シララ!シララ姫!!!!」

 

この情景感じてもらえますか?

北海道積丹郡積丹町大字  神威岬

Dsc_5840

Dsc_5842

Dsc_5851

Dsc_5861_3

Dsc_5862

Dsc_5881

Dsc_5864

Dsc_5872


今回の北海道旅行では食べること以外にも、どうしても行きたい

場所があった。

それが神威岬(カムイみさき)である。

私がここに訪れるのはじつに約15年ぶり。

気力も体力も有り余る時に、マイカーで北海道まで出かけた。

一度目は岬の遊歩道が工事中で中に入れず、

翌年再チャレンジし、写真に収めてきたのだ。

 

だが、時代は変わりフィルムカメラからデジタルカメラになった。

「大きな画像でもう一度、あの景色を写してみたい」

この旅行で積丹の美しい風景、景色を思う存分撮ってみたい。

 

道中、生憎の雨であったが神威岬に到着したとき、

雨はあがり、曇り空ではあったが撮影にはまったく支障がない。

 

精一杯、撮影してきました。

2010年7月11日 (日)

新千歳 花畑牧場  ホエー豚丼。

Dsc_6021

Dsc_6024

Dsc_6025

Dsc_6032

Dsc_6029

Dsc_6031

Dsc_6035

かつての勢いはどこに消えたのか?

調子に乗って店舗の東京進出や道内に店舗を増やしすぎて

もしかしたら結構危機的状況にあるのでは?

生キャラメルに殺到する人々を見ることは無かった。

そんな斜陽の花畑牧場のホエー豚丼は食べてみたいと思い、

店内へ入ると、メニューはあとホエー豚のカレーだけ。

カレーが1260円で豚丼が1470円。

相当強気の価格設定。

私は生キャラメルにしてもほかの商品にしても、

悪くないと思う。

だが、これらの原点は「お土産」である。

北海道のお土産が東京でも買えるのはおかしいだろう?

なかなか手に入らないお土産だから人にあげる喜びがある。

田中さん、あなたはお土産の社長でっせ!

土産の価値観自分で下げてどうする?

目を覚ませ。

そんな豚肉の味だが・・・美味しいね。

これは素直に美味しいお肉です。

味付け自体もまあまあかな。

一緒についてくる豚汁もまあまあ、具も多い。

しかし、!

やはり帯広の豚丼のぱんちょうの方が肉も厚く柔らかいし、

食べ応えもあるし、味もよかったぞ。

今回は取材のつもりで食べたが、また食べるかと聞かれれば、

「違う店にいくわ」と答えるぞ。

あああああああああああああ・・

斜陽が・・・・・・・・

落日が・・・見える。

ここで一句

       花畑

         行ってみたけど

                枯れかけだ

富士市 大山 つけ太麺。

Dscn0444

Dscn0441

Dscn0439

Dscn0440


前回、太麺が美味しかったので再訪。

今回は時期的に暑いのでつけ麺を選択。

つけ太麺大盛り900円を注文。

熱盛りもオーダー出来るが、ここはやはり冷たい麺で。

 

ニンニクがサービスで付いてくるが、ちと多かったな。

お口がニンニクくさくなっちゃうよ。w

 

何も浸けずに麺だけを食べるとかなり硬い。

しかし、ここの店主は研究熱心だ。

麺の中に小麦粉だけではない穀物が入っている。

噛めば口中に小麦粉以外の甘みを感じる。

それはまるでお米のような・・・雑穀のような・・・

スープは豚骨主体で上に魚粉が乗っているが、

今流行の六厘舎の系列と違うを味わいをかもし出している。

食べても「またこの系統かよ~~~」というものがない。

 

麺はのど越しを味わえない分、よく咀嚼してじっくり味わう。

やはり、二郎だな。

東池袋の二郎のつけ麺に似ている。

私の脳内で似ていると思っているだけで、味は大山の独自性が高い。

高い独自性ながらも根底に二郎を感じさせる。

 

しかし、普通盛りだと少ないと思い、大盛り注文したら麺は2倍?

かなり食べ応えありました。

 

オス!美味しかったです!また行きます!!

 

この店は食券制なのだが、メニューが豊富で悩んでしまう。

研究熱心で美味しいラーメンを富士山見ながら食べよう!

 

ここで一句

        ラーメンに

            男の魂

               溢れ出る

積丹町 中村屋 生うに丼。

Dsc_5909

Dsc_5903

Dsc_5899

Dsc_5901

Dsc_5904


人生初の生うに丼のハシゴ!!!

みさきの目と鼻の先にあるこの店。

敢えて生うに丼を注文し、みさきと比べてみた。

2500円ならうな重は相当満足でいる。

 

で、まずは一口。

おおおおおおおおおお!!!

美味いよ!!!!!!

十分美味い!!!!!

ウニがややどろどろだが、これはミョウバン液につけてない証拠。

何故ミョウバン液に浸すのか?それはウニの形を失わないため。

しかし、それはウニに苦味を植えつける。

 

みさきにしても中村屋にしてもこんな偏狭の地で

本当に頑張っている。

偏狭だからこそ本物を食べさせなければ客など来ない。

 

今回、私は小樽で生うに丼を食べる予定でいたが、

積丹でこれだけハイグレードなものをいただいたら、

もう、大満足というしかない。

 

 

ここで一句

          うに丼が

             値段が高くて

                 文句なし

2010年7月10日 (土)

積丹町  みさき  赤ばふん生うに丼。

Dsc_5891

Dsc_5893

2

Dsc_5884

Dsc_5889


1日先着25名は3200円。

25名超えたら3500円。

何はともあれ、3200円のどんぶり。

相当期待が高まります。

普段、紫ウニのミョウバン液激浸しのウニしか知らない私に

どんな衝撃をくれるのか???

 

提供されたものを見る限り、3200円?うらあああ!!!

と叫びたくなる。

己の全神経を集中し、何も付けずにウニを食べる。

美味い!苦くない!くさくない!甘い!!

 

うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

美味いぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

俺が今まで食っていたのは何だったのだ?????

わざわざ積丹まで来て良かった!!!!!!!

 

これこそうに丼!!!!!!!!!!!

今こそ叫べ!!

ウニ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

馬糞雲丹!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

馬の糞かよ・・・・

 

これは食べていただくしかあるまい!

札幌から約2時間。

カネと暇の行き着く先に桃源郷がある!

 

 

ここで一句

       うに丼に

          愛があるなら

                今が旬!

札幌市  麺処 白樺山荘  涼拌麺。

Dscn0316

Dscn0320

Dscn0327_3

Dscn0323

Dscn0325

Dscn0331


さて、5年ぶりの共和国である。

夜8時ころに行ったが、平日なのにどの店もそこそこ客が入っている。

つまり、どこも美味いということ。

どこに行こうか悩んだが、私の見た目で一番来客数の多い店、

白樺山荘にいってみた。

 

期間限定の涼麺を注文。

麺を茹でるのに7~8分かかると言われたが、

酔っ払っていたのでさほど気にせず。

 

やがて、注文の品が来てみて、涼しそうな外見ではあるが、

基本点に油そばの冷たいものでいいだろう。

香油は限りなく食べるラー油に近いが、確実にラー油と一線をひいている。

良く混ぜて食べてみると、そこそこ美味い!

麺は中太麺でしっかりコシがあるが、硬すぎずほど良い。

そして一緒についてくる冷たい出し汁に麺をくぐらせると、

のど越しもよくていいじゃないですか!

 

これはかなり考えられた涼麺ですね。

感心しました。

 

しかし!なんで

なんで!!

なんで!!!!!!!!

ベーコンなんですか????????????

市販のベーコンぶっとく切って味が台無しですよ。

ベーコンって、火を通さないとおいしくない!

ベーコンを感じる度に不快に感じた。

ベーコン食わなきゃいいのだろうけど、そうするとまったく肉のない

物になるので物足りない。

私だったらカリカリベーコンか悪くてもいったん火を通します。

 

う~~~ん。。。。。

詰めが甘かったな。

 

ここで一句

      王手!と

           いってみたけど

                   負けていた

札幌市琴似 ふくべ 味噌ラーメン

Dscn0284

Dscn0282

Dscn0280

Dscn0281

Dscn0283


10年ぶりか?

本当にお久しぶりである。

先代の顔は無かったが、お亡くなりになったか?

 

相変わらず見た目のインパクトが凄い!

モヤシ炒めがてんこ盛り!

これはまさしく札幌のラーメン二郎!

もやしの中には玉ねぎや白菜も入っている。

チャーシューは2枚。

メンマもなかなか美味い。

 

だが、味はあくまでもマイルドだ。

味噌はりんごやにんにくなどをペースト状にし、味噌に練りこみ

何日か何ヶ月かわからないが、寝かしたものだ。

ラードが表面を覆うスープではない。

マイルドであっさりさっぱりの部類なのは間違いないが、

とにかくボリュームが凄い!

もやしが麺を隠し、まったく見えない。

 

もやしを食べつくし、やっと麺とご対面。

麺は中太というよりは中細の印象だが、

やわらかく伸びた印象は無い。

なかなか食べ終えることのできないラーメンだが、

麺は最後までふにゃふにゃにはならなかった。

 

野菜抜きや塩や醤油もあるが、やはり味噌。

メニューには無いが、チャーシュー麺や大盛りもある。

750円。

 

これ一杯で腹は完全に満たされる。

 

ここで一句

      北海道

          野菜マシマシ

                腹一杯

2010年7月 5日 (月)

熱海市 わんたんや ラーメン、餃子。

2_120001

2_150001


この店のラーメンってこんなにダシが出ていなかったか?

この店に行くときはほとんど冷やしわんたんめん。

ラーメンはかなり久しぶりに食べた。

だが驚いたのはチャーハン消えている!

なんだ?どうした?なにがあった?

 

あまりにもダシを感じないので行列していることが不思議でしょうがない。

メンマも色の割りに水っぽい。

次、餃子。

4個で600円だが十分食べ応えのある大きさだが・・・高い!

ジューシーで皮も焼き加減も具も文句は無い。

でも600円なら当たりまえでしょう?

 

冷やしわんたんめん食べに行くか。

2010年7月 2日 (金)

小田原市 餃子の王将  醤油焼きそば、餃子

0580001

0570001

0550001


最近、王将に有り難味を感じなくなってきている。

あれほど惚れた餃子に飽きてきた。

飽きたので今まで注文しなかったメニューを注文。

それは醤油焼きそば。

 

餃子と焼きそばを交互に口に運ぶと刺激が足りないなと思った。

 

私が行くのは沼津か小田原。

 

味に関しては万人受け、これはこれでいい。

でも今回、何故か刺激が欲しいと思った。

焼きそばに酢やハラペーニョをかけるぐらいなら

初めからそれらが入っているメニューが食べたいと思った。

これは夏のためか?

私が王将に求めるものは軽い刺激。

 

ここで一句

         付き合いが

             長い客に

                刺激くれ

小田原市 つけ麺処 くっちゃいな小田原店 濃厚つけざる。

0740001

0680001

0700001



この店には何度か訪れているのだが、営業形態とメニューが増えたので

訪れてみた。

注文したのは魚介系濃厚豚骨スープと太麺の組み合わせ。

はっきり言って消化不良。

麺は極太までは行かないが、もちもち感があり私としては

好きな麺である。旨味もある。

しかし、スープがこれでは未完成でしょう?

サービスの味玉とメンマが味が濃くてしょっぱく感じた。

スープは表面に浮かんだ油?脂?が訳分からん香りと旨味を

演出するが、バランス悪い。

レギュラーメニューの以前の方が美味い。

ここで一句

        未完成

           シューベルトも

                 たべません

小田原市 まるぼし食堂 夏野菜冷やし中華。

0640001

段々、いや!もうラーメン食べ歩きにはツライ季節になってきた。

つけ麺や冷やしラーメン以外は食べたくない。

そこでラーメン宿場町で冷やしラーメンを食べた。

 

画像・・・・・

黄色・・・・・・・・・・

現場でホワイトバランスやなにやら調整したが、

麺が伸びてしまうため諦める。

白熱灯だけの暗い店内はフラッシュが焚けないとき、ツライ!

 

肝心のお味だが、どうせなら氷水で〆て欲しいな。

具も多いのでヘルシーな感じはする。

 

ま、次回注文するか?ときかれれば・・・・しない。

 

9月まで冷たいラーメン行脚が続く。

 

ここで一句

     デジカメの

          設定試し

           麺伸びる

2010年7月 1日 (木)

東京モーターサイクルショー2010 コンパニオン画像再登場。

G

G_2


私のブログの2大コンテンツのひとつ、コンパニオン画像。

コンパニオン画像とラーメン画像をメインにしているブログも

そんなにあるまい。w

 

今回は愛機D40Xで撮影出来る最高画質RAWを

Nikonの画像修整ソフトであらためて修正したものだ。

今まで、画像修整の都合上、jpegで撮影していたが、

SDカードの容量アップと自分自身の学習により、

撮影した画像が「こんなに変わるのか?」と今更分かったからだ。

 

取りあえず今回は2枚のみ。

RAW撮影はモーターサイクルショーと前回の静岡オートスタイルだけなので

次回、何かのイベントで撮影するまでのツナギとして公開していきます。

 

D40Xを購入して2年と半年が過ぎて、ようやくカメラのいろいろな

ことが分かってきた。

やはり、腕を上げたければオート撮影ではなくマニュアル撮影ですね。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »