フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 年越し蕎麦 | トップページ | 鎌倉市 玉子焼き おざわ 玉子焼御膳 »

2011年1月 6日 (木)

鎌倉市 湘南麺屋 海鳴 正油煮干温麺

047

048

049

050

051

052

Dscn7476

055

058

059

初詣は毎年江ノ島の江ノ島太師と決めている。

弁財天ではなく、不動明王に縋っている。

ここに願掛けて、叔父を3年延命させたと思っているからだ。

  

そんな素晴らしいパワースポットの江ノ島だが、

食べ物に関してはしょぼい。

生シラスが禁漁では食べる価値なし。

 

鎌倉に足を伸ばし、初訪問の海鳴に行った。

海鳴と書いてうなりと読ませるらしい。

 

いろいろと多彩なメニューがあり、選ぶのに悩む。

そういえば、美味しいチャーシューメンの店を教えてくれと

リクエストをいただいたので、チャーシューメンにしようとしたら・・・

  

チャーシューメン無いのかよ!!!!!!!!

 

ま、いいわ。

正油煮干温麺大盛りを注文。

いつもは写真撮影時、一言断るがチャーシューメン無いから

無礼講でどんどん撮影。

 

注文の品が来ると・・・

スープは思ったよりも動物系強いスープ。

煮干をうたってはいるが、煮干そのものから煮出してないスープ。

煮干しの粉がたっぷり入っている。

でも、やや白濁したスープは美味い!

基本の動物系スープはやや骨太ながら繊細でパンチがある。

  

麺は基本素麺。

細く、ストレートであるが、博多ラーメンと交わることの出来ない

味わいを提供してくれた。

 

麺は堅めで茹でられてくる。

麺を啜るとぶちぶちした歯ごたえとスル~~と通る喉越し。

美味い!

チャーシューは炙りであるが、分厚く、柔らかいが・・ショッパイヨ!

  

味の濃いチャーシューだ。

チャーシューメンなら間違いなく、スープの味をしょっぱく変える。

しょっぱいチャーシューは薄味にした方がいいでしょう。

 

メンマ、きくらげ、海苔とトッピングがあるが、

基本は麺とスープ。

  

この店はお勧めできる!!!!!

  

ここで一句

    鎌倉で

        麺を啜って

            あけおめだ

« 年越し蕎麦 | トップページ | 鎌倉市 玉子焼き おざわ 玉子焼御膳 »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事