フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 中央区 銀座 萬福 チャシュウメン | トップページ | 台東区 スパゲティーのパンチョ 御徒町店 ナポリタン »

2011年8月 9日 (火)

港区 ラーメン二郎 三田本店 ぶた入りラーメン

054

056

057

058

059

060

061

063

「この人形に二郎と名前をつけてもイイデスカ?」

私は博多人形を持って三田本店の店主、山田さんにニコリと微笑み

伺っている妄想をした。

 

もしかしたら・・・

日本のラーメン界は二郎に始まり二郎に終わるのか?

 

バカ野郎!

二郎はラーメンではない!

 

しかし店主はラーメンと表記している。

つまり二郎はラーメンなのだ。

外野がギャーギャー騒いでも、店主がラーメンならラーメン。

「うちのラーメン食べておでかけか?」

店主は常連らしき客と楽しそうに話すも、

それに対し意義を唱えるものは皆無であった。

 

私は二郎という解明不可能な定理を研究しているつもりであったが、

ただの二郎信者の一人にすぎないのかもしれない。

だって、店主のラーメンに対する姿勢は満腹だから・・・

 

初めて行列の無い三田本店を見た。

大学は夏休み、お盆休みも近いので近隣の二郎信者は減ったようだ。

しかし・・・

今日は9:45分に訪問したが・・・近頃9時半、もしくは9時開店ですか?

もしかして、朝ラーやってますか?

だって、食べ終えて帰る客がいたし。。。w

行列が無いので余裕を持って着席。

店主から見てカウンター右側の一番奥、13番席に座った。

(しまった!!!!!!!)

目の前のスープ寸胴の熱が私を襲う。

ラーメンを食べる前から熱気を浴び、汗がじわじわと出てくる。

「ニンニクいれますか?」

「野菜、ニンニクで」

本店ではマシマシコールは無意味。

 

いつものごとく撮影を済ますと貪り食った。

ああ・・・美味い。

豚は脂身が多いが柔らかく旨味たっぷり。

いつもはショッパク感じる豚ちゃんは今日はいい塩梅。

くたくたのお野菜たちは天地返しをすると麺とほぼ同化し、

麺を啜りこむ時の妨げにならずとも存在感はある。

ニンニクは少ないと思いながらも手拭いで口を拭うとほのかにニンニク臭。

臭い!と思われないギリギリの存在感。

ギャバンの胡椒をたっぷりかけても味に破綻は無い。

美味い!

美味いよ!

5月からこれで3回目だけど美味いよ!

さすが本店。

 

だが、完食目前で私の体に緊急事態が起きていた。

汗が止まらないのだ。

拭っても、拭っても拭いきれない汗。

頭から、腕から、いや全身から熱中症を防ぐべく大量の汗が滴り落ちる。

(スープ美味い!飲み干したい!)

しかし吹き出る汗を抑えるためにはスープは飲み干せない。

私はスープを半分残し、店をあとにした。

 

美味い!兎に角今日は美味かった。

だが、その代償として私の上半身はずぶぬれ状態。

なるほど、冷房装置の効果の期待できない本店で、

尚且つストーブ前という悪条件。

例え私でなくても汗まみれ間違いなし。

行列が無いのも納得出来る。

夏場の本店は着替えが必要だ。

 

このあと私は己を冷却すべく駅に急いだ。

 

ヒ~ヒッヒヒヒヒヒヒ・・・

 

ヒッヒヒヒ!!

 

ヒッヒッヒッヒッヒ・・・

 

常連と話す店主の笑い声が一服の清涼剤だった。

店主も暑いが客も暑い。

ラーメン二郎、それを引き継いでいる弟子、多いよ。w

 

世の中、日本の世の中おかしいけど・・・

ニンニクいれますか?

 

ここで一句

      三田本店

           通えば分かる

               ヒ~ヒッヒッヒッ・・・

« 中央区 銀座 萬福 チャシュウメン | トップページ | 台東区 スパゲティーのパンチョ 御徒町店 ナポリタン »

ラーメン」カテゴリの記事

東京都 ラーメン」カテゴリの記事