フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 雪だるま スタミナラーメン、餃子 | トップページ | 静岡市 用宗漁協直営どんぶりハウス 生しらす丼 »

2011年9月26日 (月)

静岡市清水区 とんかつ五郎十 ロース生姜焼き定食

195

194

196

197

198

199

200

201

205

期待値という言葉がある。

 

私の場合、注文して料理が提供されるまでの時間が私の想定する時間と

合致するか否かが期待値の相違となる。

 

五郎十・・・初訪問にてこれほど期待値を裏切る店はあるまい。

 

五郎十は「ごろうじゅ」と読むらしい。

店名の由来は味に直接関係しないので割愛。w

この店に関しては半年以上気になっていた店でもある。

何しろ裏メニューがある。

今回、私はメニュー表の裏をみたが裏メニューらしいものは無かった。w

この店にはミンチという料理があり、裏メニューとして900gか800gの

ミンチ料理があるという。

 

食えるわけねえだろ!

 

だがレギュラーメニューでも400gあるらしい。

初めての訪問でミンチを注文したかったが、敢えて別メニューを注文。

せっかく静岡まで来たのだ、いくらなんでも五郎十一軒で帰るわけにはいかない。

私はロース生姜焼き定食でこの店の実力を探ることにした。

 

「ニンニク入れる??」

 

唐突にサービス係りのオバハンが尋ねた。

 

「少なめでお願いします」

私は口臭を心配し、ニンニク少な目をオーダーするも、

調理係の方には「ニンニク!」で終わり。w

ニンニク・・・・

 

ここはラーメン二郎か?

ニンニク入れますか?

ニンニクマシマシで!

私は若干ニンニクの恐怖心を感じながらも料理の完成を待つ。

 

待つ。

 

松。

 

ひたすら待つ。

 

おい!!!!!!!!!

生姜焼き定食だぞ!!!

なんぼ遅くても15分ぐらいで出来そうだ!

 

注文して20分後。

「お待ちどうさま~~」

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何じゃこりゃあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

 

生姜焼き定食という名のトンテキじゃねええええか!!!!!!!!!!

 

人類史上最厚の生姜焼き。

なるほど、時間がかかるわけだ。

こんなに分厚いロース肉に中まで火を通すには時間がかかる。

だから20分か?

しかしマスター、こんなに分厚いロース肉1150円でイインデスカ?

 

いいみたいね。

 

肉の迫力に圧倒されながらも私は肉を食べてみた。

 

うおおおおおおおおお大おお大おおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

柔らかい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

こんにゃくよりも柔らかく、はんぺんよりもカタイ。

口に入れると一切の抵抗を排除し、肉は口中にほぐれる。

何という柔らかさ。

ある程度の噛み応えを期待していた私は裏切られた。

良質な肉を使用している証拠。

肉自体も相当美味いと考えられるが、生姜焼きタレが相当甘辛く

ジャンクフードの様相を演出している。

しかし、このタレの存在意義は評価できる。

肉は美味い!

間違いなく美味い!

だが、400g近く有りそうなボリュームは後半、ツライ。

美味い肉の脂身も相当くどく感じる。

胃の許容量を超えた食べ物を胃に収めるには刺激が必要だ。

ニンニクの効いたこのタレは正解だ。

なんとか胃の中に収めることが出来た。

 

ご飯と味噌汁はおかわり無料では無いらしいが、おかずのボリュームが凄いので

米党は「おかず減らせよ!」と抗議したくなるかも?w

三保の松原の近くに天女も呆れる野郎の店、発見しました。

今回を機に、最低3回は通います。

 

ここで一句

       五郎さん?

           きっと貴方は

                   野口さん?w

« 小田原市 雪だるま スタミナラーメン、餃子 | トップページ | 静岡市 用宗漁協直営どんぶりハウス 生しらす丼 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 とんかつ」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事