フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 足柄上郡 椿ラーメンショップ ネギ味噌チャーシューメン、餃子 | トップページ | 北杜市 八ヶ岳 自然屋 キノコの天プラ定食、イワナの刺身 »

2011年10月15日 (土)

北杜市 仙人小屋 サクラマスのイクラ丼、キノコのホイル焼き

Dsc_0564

Dsc_0573

Dsc_0576

Dsc_0571

Dsc_0578

Dsc_0581

Dsc_0584

Dsc_0585

Dsc_0587

Dsc_0588

Dsc_0590

時計を見ると6時半だった。

少し遅いような気がしたが、車にキーを差し込み目覚めさせる。

カーナビは必要の無いルートだが、一応小淵沢インターまで入力する。

今日は朝飯抜き。

あの2店を連食するのだ。

 

 

~たった一日だけの休日~

 

 

たった一日にどれだけ満足できるか?

今日の休日の命題は決まっていた。

だが、それを満たす条件の場所は・・・

仙人小屋と自然屋のハシゴ。

これしかない!

何よりも季節は秋!

キノコを食って食って食いまくる!!!

 

東名の集中工事で若干の時間ロスを生じたが、中央道はスイスイ。

開店時間前に仙人小屋に到着。

私の他に客は2組、さほど待たずに済みそうだ。

注文したのは川魚のイクラ丼2000円とキノコのホイル焼き単品1300円。

 

「今年はキノコが少ないよ~」

店主はボヤクも返す言葉が無い。

何故なら私の目の前には、本日の食材として名前も知らぬキノコが

かごの中に溢れんばかりに置いてある。

つまり、通常はかごから溢れる出るほどキノコがあるのね?

 

やがて注文の品が来た。

キノコのホイル焼きは固形燃料でじっくりと煮る物。

キノコが出来るまでの間、イクラ丼を食べる。

山葵に醤油を少々たらし、食べてみた。

 

 

うおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!

美味い!

人生初めての川魚のイクラ丼。

プチプチとした歯応え、そして弾け飛ぶ旨味。

鮭のイクラ丼と違い、磯の香りの一切しないそれは小粒なイクラ丼であった。

だが川魚の魚卵が生み出す旨味は荒々しい海原ではなく、

清流が醸し出す品のある旨味。

美味い!!

美味い!!!

美味い!!!!!!!!!

後から聞いたのだがサクラマスの卵だという。

今まで知らなかった美味さというものは、感動すら与えてくれた。

しかも、イクラは飯より多いぞ!w

堪能、感動。

噛み締める美味さ、命をいただく感動。

まさしくジャパンでしか味わえないもの!

ジャパン人で良かった!!(また同じ表現w)

 

やがてキノコが煮えた。

名前も知らぬ天然のキノコ達が生み出すものは???

 

 

おりゃああああああああああ!!!!!!!!!!

美味い!!!!!!!!

何という旨味成分の波状攻撃!

天然のキノコの持つ旨味は・・・指先まで到達しそうな感じだ。

つまり、口の中ではなく体全体で溢れる旨味を受け止めないといけない。

さまざまキノコから抽出された旨味は、じわじわと染み渡りその感動にじっくりと浸れる。

そして食べた事の無いキノコたちが演出する歯応えと味も

それぞれ特徴があり、じつにおもしろい!

 

美味かった。

ホイル焼きの出汁も飲み干し、キノコ汁の美味さに敬礼をした。

合計3300円。

イクラ丼が2000円、キノコが1300円。

松茸以上の感動をいただきました。

満足!

それ以外言葉がありません。

旨味はいつまでもいつまでも消えず余韻も楽しめました。

年内にもう一度行きたい!

 

ここで一句

     仙人が

        くれた感動

             千人過?

« 足柄上郡 椿ラーメンショップ ネギ味噌チャーシューメン、餃子 | トップページ | 北杜市 八ヶ岳 自然屋 キノコの天プラ定食、イワナの刺身 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事