フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

千代田区 東京ラーメンストリート 斑鳩 豚骨魚介東京駅らー麺

Dscn2083

Dscn2080

Dscn2086

Dscn2088

Dscn2089

Dscn2105

怒涛の北海道特集のため、1日に3回も更新したわ。

なんか燃え尽きそうだわ。

くだらない能書きをよくもま~~延々と書けるものだと自分でも感心するわ。

心血注いだ北海道特集を終え、次は東京モーターショー。

これこそ、デー家物語2011年の最重要イベント。

最低でも2回行きます、ビッグサイトへ。

だが、まだ書かなければならないものがある。

北海道から戻り、最初の食事だ。

東京ラーメンストリートで2食食べました。

 

 

丁度昼時だった。

昼飯を求めるサラリーマンや観光客?を尻目に悩んだ末に斑鳩に並んだ。

私が思うに、ラーメン店は集合するとパワーを失うと思う。

例外もあるが、集合体の撤退は数え切れないほど見てきた。

六厘舎以外の店も食べてみましょう。

列に並ぶ前に食券購入。

購入したのは豚骨魚介東京駅らー麺980円。

チャーシューや味付け玉子がのる。

俗に言う特製ラーメンの部類だね。

さほど待たずに着席。

 

 

モダンという表現が適切な店内。

イタリアンの店でもおかしくない雰囲気。

そこへ、ラーメンが登場。

ああ・・・三島の藤堂みたいだな。

バラ巻きチャーシュー、迫力あります。

まずはスープを・・・

んんんんんん????

なんとも取っ付き難いファーストコンタクト。

一口目に旨味を感じない。

第一印象はまとまり切れないライトな豚骨スープ。

濃い、薄いではなく、口の中にケンカ状態で入ってくる。

次に麺を啜る。

麺は細麺ストレート、麺の旨味より喉越し重視とお見受けしました。

特に感動も無く食べ進むが、次第に口の中に幸せが生まれてくる。

あれ?美味しいな。

永谷園のお茶漬けのようなアラレの存在に疑問を感じながらも、

ケンカしていたものが仲直りをし、いつのまにか相乗効果。

なんとも評価のし難いラーメン。

マニア向けか?

ラーメンマニアって何だろう?

ラーメンヲタクって何?

最終的に美味いけど、食べる側の力量を試されているようなラーメンでした。

 

ここで一句

     オタク道

         進むと何故か

                異端児か?

2011年11月29日 (火)

札幌市 炭火居酒屋 炎 札幌駅北3条店 飲み放題、ツマミ色々

Dscn2069

Dscn2039

Dscn2041

Dscn2047

Dscn2050

Dscn2051

Dscn2054

Dscn2055

Dscn2058

Dscn2061

Dscn2064

Dscn2065

Dscn2066

北海道ツアー最後の酒盛り。

翌日、朝起きて空港まで何も食べなかったので、最後の食事。

やはり、ホテルからさほど離れていない開店祝の花が飾ってあるこの店に訪問。

「生つくね」に吸い寄せられてしまった。

店内は基本的に靴を脱いでのお座敷テーブル。

だが、私は一人だったため、奥のカウンターテーブルへ。

カウンターだと椅子席になるので、個人的にはこっちの方がいい。

 

 

メニューを見ると90分飲み放題で750円!!!

これは安い!!!

オーダーストップが20分前らしいが、70分あれば生ビール6杯以上はイケる!

生ビールと白モツ串と豚串を注文する。

焼き物が来る前にお通しだけでまずは空に。w

焼き物が来たところで生ビールを追加。

焼き物はまずまずですね。

串鳥よりもいいかな?兎に角値段が安い!

白モツが2本で190円、豚串が2本で210円、お通しが315円。

次に看板メニューの生つくねを注文、こちらは105円。

生つくねの意味は冷凍物を使ってない!ということらしい。

素材に自信があるのね。

実際、105円とは思えないボリュームと味でした。

次に何かと話題になったユッケを注文。

塩ユッケ609円だが、、、やはり、ちと高いかな?

でも味は悪くなかった、満足。

ここでハイボールを注文し、魚介系を注文。

寒鰤の刺身399円と本〆鯖刺し504円で打ち止めとする。

 

 

寒ブリは値段に似合わず結構なボリューム。

しかし、口に入れると独特の臭みが少々感じる。養殖ものですか?

天然ならこの値段では無理でしょうかね?

でも十分満足できました。

〆鯖は炙ってあったね。

炙り〆鯖と間違えた?でもレシートは炙りじゃないな。w

生ビール4杯とハイボール2杯で終了。

合計3082円は物凄く安いと思いますよ!

お店のスタッフまだ不慣れな面が見受けられますが、一生懸命やっているし

気配りも感じましたが、追加の飲み物が少々待たされますね。

生ビールやハイボールは「ハイ!お待ち!」みたいな調子でどんどん

持ってきてもらいたいな~。

 

 

今回3日間で3件の居酒屋を巡りましたが、北海道らしさは特に無い物の

どの店も安くて、ほどほどに美味しくて、接客も良く私は満足できました。

紹介した3件は私が身体を張って飲んで食べましたので、他の方なら

もっと安くあがると思いますよ。w

そして、安く飲みたい方には自信をもって「安心して飲めます」とお勧めできます。

怒涛の北海道飲み食いツアーはこれにて打ち止め~。

 

ここで一句

      居酒屋で

          澄まして飲むの

                  ツライワね

室蘭市 蘭たん亭 カレーラーメン+チャーシュー

Dscn2018

Dscn2021

Dscn2022

Dscn2023

Dscn2025

Dscn2026

Dscn2027

Dscn2028

Dscn2030

Dscn2029

Dscn2031

Dscn2037

ホッブズの「リヴァイアサン」を読んだ時、

何とも理解しがたく、途中で投げ出した記憶がある。

だが、途中で投げ出したとはいえ、人間の欲望を根底にどうすれば国家が成立し、

人間関係が成立するか?を書いていたと思う。

そのリヴァイアサンだが、飯を食いたい!という欲望と太りたくない!という欲望の

せめぎ合いを当てはめると割と理解し易いのではないかと思った。

人間という欲望の塊は生命体である限り腹が減る。

腹が減れば本能のまま食事をする。

だが、人間は過剰に食べる事が出来る。

本能ではなく、あれが食べたい!これが食べたい!という欲望で食事が出来る。

だが、欲望で食べ続けると体重が増加し、自分の体形に変化がみられる。

その変化が醜く変化することと、体内的に高血圧や中性脂肪の増加などで

痩せたい!痩せなければならない!と考える。

欲望のまま食べ続け、痩せたいという欲望が出る。

欲望のせめぎ合いからどうすれば脱することが出来るのか?

それはアドバイザー、もしくは指導者の存在だ。

優れたアドバイザーの指示により、太らずに食事が出来るかもしれない。

だが、今の私にはそんなアドバイザーも指導者も居ない。

食べ過ぎたら食事を減らすか抜くのが一番の近道だ。

午後2時の朝食兼昼食。

今晩酒を飲むまでは一食だけと誓う。

己の欲望は己で封じ込めなければならない。

 

 

う~~ん・・・今回の前フリは無理があったか?w

地球岬の帰路、室蘭市内で食事をしようとしたらたまたま目についた

「カレーラーメン」ののぼり。

室蘭はカレーラーメンで地域興しをしようとしているのね?

割とお客さんが入っているように見えたので、何の予備知識も持たずに

お邪魔してみました。

お店の名前は「蘭たん亭」。

時刻は2時を回っていましたが、店内はまだまだお客さんが大勢いました。

注文したのはカレーラーメン750円。

大盛りを注文しようと思ったけど、チャーシュートッピング280円にしました。

さほど待たずにラーメン登場。

チャーシューが迫力あるけど、冷たそうなチャーシューですね。

脂肪分が塊っていて残念ですね。

あと、特徴として中央に福神漬がのっています。

では、まずはスープから。

 

 

ずずZZzずず~~。

ん?甘口タイプ?

第一印象は甘口カレー。

そのカレーの味の根源は家庭のカレー。

家庭で食べるカレーライスがラーメンになったら・・・という印象です。

次に麺をいただきます。

ずるずる~~。

ん?珍しくやわらかめ?

北海道にありがちな縮れ麺なんですが、やわらかい。

正直なところ茹で過ぎ?と思いました。

でも、この麺がカレースープを纏うとそのやわらかさは気にならない。

やわらかいと思った麺も食べ進むと、じつはコシがあることに気がつく。

更に食べ進むと甘い!と思ったカレースープの中にしっかりとした

スパイスの骨格があることに気がつく。

なるほど、甘口と思わせながらも大人でも十分味わえるカレーラーメンになっている。

そして、福神漬けが邪魔にならず必要と思える味。

誰でも馴染める家庭のカレーライスを土台にすえて、ラーメンに応用するに於いて、

素朴さと親しみやすさを追求したカレーラーメンとお見受けしました。

母親が一生懸命作ったらこんなカレーラーメンになるかもね。

 

 

カレーラーメンを食べ比べるほど食べ歩いてはいませんが、この味はお勧めできます。

結局、スープは全部飲み干しました。

美味しいカレーラーメンです。

店主の工夫が感じることが出来るカレーラーメンです。

偶然訪れたとはいえ、なかなかです。

室蘭にはなかなか来る事が出来ませんが、味噌カレーラーメンとか

食べてみたいですね。

そして室蘭カレーラーメンを食べてみたい!と思った方にも、まずは第一歩として

ここのラーメンを食べてみてはいかがでしょうか?

他にもセットメニューが充実しており、チャーハン、餃子など

欲張って食べたい方にはお得なものがあります。

ここで一句

    華麗なる

        カレーラーメン

               室蘭で

2011年11月28日 (月)

室蘭市 地球岬

Dsc_1453

Dsc_1454

Dsc_1455

Dsc_1456

Dsc_1457

Dsc_1459

Dsc_1462

Dsc_1464

Dsc_1467

Dsc_1476

Dsc_1481

Dsc_1482

Dsc_1485

Dsc_1488

Dsc_1490

Dsc_1499

Dsc_1503

Dsc_1504

このままでは負け犬になってしまう!

 

 

私は夕張で考えた。

冬期休業の悔しさを払拭するほどの景色は?と。

 

 

地球岬!

昔、車で青森まで来て室蘭行きのフェリーにのり、明け方に室蘭に到着したとき、

早朝まさしく5時ころ、この地球岬に訪れた。

その時の絶景はまさしく感動的であった。

恐らく到着時刻は13時半位になると思うが、快晴のため室蘭に向かった。

今回の北海道特集だが出発から帰りまですべて時系列通りに書いている。

3日目の北海道、まだ飯を食べていない。

しかし、昨日のホルモンがまだ胃に残っている?ので食わずに走る。

レンタカーには当然のごとくナビがついているが、ナビが無くても大丈夫だと思います。

それぐらい室蘭では地球岬は重要な観光拠点です。

特に渋滞などなく、スムーズに地球岬に到着。

車を降りると雪は無いがやはり寒い!

コートを着込み、景勝ポイントまで歩く。

 

 

いや~~~~素晴らしい!!

晴天が味方をし、昔と同じ感動をくれた。

私の拙い撮影技術でどこまでこの景色が伝わるかわかりませんが、

持てるセンスを全部注ぎました。

通りかかった船が演出に一役かってくれました。

 

ここで一句

     地球に

         生まれて良かった

                  織田さんへ

夕張市 幸せの黄色いハンカチ広場、石炭博物館

Dsc_1405

雪だね~。

雪が積もっているね~。

流石北海道。

Dsc_1406

冬の間は入れないんだ?

知らなかったよ。

自分の認識の甘さを悔いたよ。

Dsc_1412

でもせめて、黄色いハンカチぐらいあってもいいんじゃない?

そうすれば多分、満足できたと思うよ。

Dsc_1413
場所を変えて石炭博物館へ。

人生2度目の博物館は黒い石炭は見られず、一面銀世界。

ここも冬期休業なんだ。
Dsc_1425
ああ・・虚しいね。

Dsc_1426

でもこの景気もなかなかいいんじゃない?

Dsc_1429

本当に石炭掘っていた時代は冬も掘っていたでしょう?

Dsc_1432

石炭掘るのに寒いとか言ってられないもんね。

Dsc_1435

いや~北海道らしい景色だ。

Dsc_1440

おい、最近経営苦しんじゃないの?

冬期休業でいいの?

Dsc_1443

それとも閉鎖?w

Dsc_1446

道の駅じゃなくてスーパーだよ。↓

Dsc_1447

ここで一句

      冬なのに

          何も知らずに

                デーが出た!w

ここで一言

      出掛ける時は下調べを十分にしましょう。

整いました!

      夕張と掛けて人気子役の芦田愛菜と説きます

             その心は?

 

 

             もう、メロンメロンです♪

札幌市 ホルモン酒場 風土 札幌駅前店 ホルモンアラカルト

Dscn1956

Dscn1962

Dscn1964

Dscn1967

Dscn1968

Dscn1973

Dscn1974

Dscn1975_01

Dscn1978

Dscn1979

Dscn1982

Dscn1983

Dscn1984

Dscn1986

Dscn1987

Dscn1990

Dscn1994

Dscn1998

Dscn2008

Dscn2012

Dscn2015

我がブログ初のホルモンのご紹介。

プライベートでは焼き肉も食べてはいるのだが、画像を撮るのが面倒だったり

仲間との飲み会で写真どころではない!という状況だったり。

結局、一人で話す相手も居ない場合でないと落ち着いて撮影出来ない!という事。

私自身、じっくりと七輪の前でホルモンを焼いて飲み食いしたかった。

本当に、こんな些細な飲み方が出来ないなんて、アタシの日常どうなってるの?w

 

 

またもや寒いのでホテルからそれ程離れていない、

居酒屋の集まっているビルに入りこむ。

何件かあるが、やはりホルモン!ホルモンと生ビール!

店内に入ると満席の案内、私一人店の外で待つ。

10分ほどで案内されテーブルへ。

飲み放題が1280円(外税)から。

プレミアム飲み放題もあるね、その分高くなるな。

生ビールとハイボールしか飲まないので90分、1344円(内税)をチョイス。

焼き物で特上ミノ、マルホルモン、厚切りホルモン、レアジンギスカン、

センマイ刺し、レバーと次々にオーダー。

お通しだけでまずは生ビールを飲み干す。

短期決戦型の私にとって、飲み放題の元を取る飲み方は得意中の得意。w

生ビールを追加しながら肉を焼いていく。

まずは特上ミノだが、504円という価格の為か盛りつけは貧弱。

肉自体もサイコロステーキ以下の大きさ。

塩味で食べてみるが・・・普通だな。

504円ならこんなもんでしょう!という感じ、でも悪くは無いです。

次にマルホルモンだが・・・厚木のシロコロホルモンですね。w

炭火でじっくり焼くと脂が香ばしい匂いを放ち、口にいれると火傷しそうなほど熱い。

これはいいですね!シロコロホルモンそのまんまです。

これがまたビールと合うな~。

次に厚切りホルモンだが、在り来たりのホルモンですね。

でもビールに合いますよ~。

 

 

ここで生モノとしてセンマイ刺しを注文。

久しぶりだな~センマイは。

酢味噌風味だね~、歯応えコリコリで良いですよ。

この辺でハイボールに変更です。

そしてレアジンギスカン、レバーと注文。

レアジンギスカンはラム肉ですが、これはいいですね。

火を通し過ぎないぐらいがなるほど、良かった。

最後にレバー。

レバーの刺身はなかなか食べられなくなりましたが、このレバーは

軽く炙る程度でいただきました。

マルホルモン609円、特上ミノ504円、お通し315円、厚切りホルモン399円、

センマイ刺し609円、レアジンギスカン609円、炙りレバー399円

多分、生ビール4杯のハイボール2杯で4788円でした。

焼肉屋に行くよりかなり安く抑えられましたが、次またこの店に行くかと言えば微妙だな。

だって、ホテルに戻ってから煙臭い事!www

ちゃんと、換気扇の煙突がついているけど結構、ニオイがついちゃいましたね。

でも、そんなこと気にしなければ安く飲めて大満足です。

お店のスタッフもジョッキが空になったり、皿が空になると「追加お持ちしましょうか?」と

声をかけてくれるけど、同じ事を違うスタッフが繰り返し聞くのでちと、しつこいかな?

それと、追加してからの飲み物が少々待たされました。

肉類はしょうがないとしても、生ビールやハイボールはすぐ持ってきてよ。

どちらにしても、明朗会計で観光客も安心して入れるお店です。

 

ここで一句

     ホルモンは

           炭火で焼くと

                 誤魔化せる?w

2011年11月27日 (日)

帯広市 愛国から幸福駅へ

Dsc_1328

Dsc_1329

Dsc_1331

Dsc_1333

Dsc_1335

Dsc_1337

Dsc_1338

Dsc_1343

Dsc_1348

Dsc_1366

Dsc_1368

Dsc_1369

Dsc_1374

Dsc_1380

Dsc_1382

早く幸福になりたい!

 

 

今更、愛国から幸福行きなんて・・・俺は負け犬か?

しかも画像の順番は幸福駅から愛国駅だし。

 

俺は完全に負けている!

俺は敗北者だ!

幸福駅はカップルばかりぢゃねえか!

オッサン俺一人で何してんねん?

売店のオッサン、オバハン、カップルが来るたびに記念撮影のサービス。

しかし、俺はシカト。

負けてますか?俺は?

俺に何が足りない?

愛か?

愛が足りないのか?

ならば叫べ愛を!

 

 

愛!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

結局何を叫んでも男ひとり旅の限界。

人生2度目の幸福駅であるが、恋人の聖地という看板に、

人間なかなか幸福になれるものではない!と痛感する。

だが、東北地方の皆さんに比べれば例え一人であろうと、物見遊山で旅行が出来る

自分の環境を幸福と言わなければならない。

愛を求めるのではなく、愛を差し出す方にならなければならない。

俺の愛、欲しいですか?

 

 

やっぱり、いらないよな~~。www

 

ここで一言

     止まっている電車、汽車は

         どこにも連れてってくれないのですね。

帯広市 六花亭本店 サクサクパイ、雪こんチーズ

Dsc_1298

Dsc_1299

Dsc_1300

Dsc_1301

Dsc_1311

Dsc_1304

Dsc_1313

Dsc_1307

Dsc_1309

Dsc_1310

Dsc_1316

Dsc_1317

Dsc_1324

Dsc_1325

忘れられない味。

それは私にとって「もう一度」が非常に困難な地にあった。

あの時もぱんちょうで豚丼を食べ、近辺をうろうろしている時に見つけたこの店。

六花亭の本店であるが、本店で当たり前のようにお土産を買う予定だけだった。

しかし、店内を見渡すとコーヒーを飲んでいる客の姿が見えた。

店内で購入したものを食べている。

私も食べてみたくなり、覗いてみると「サクサクパイ」という本店限定商品があった。

なんと賞味期限が3時間!

私は3本購入すると早速食べてみた。

美味い!

名前の通りサクサクしたパイ生地の食感が素晴らしい。

そして中のクリームの美味さ!

はるばる帯広まで来て、感動的な出会いであった。

その後、東京や横浜、静岡などで同じような商品を見かけると買ってみるも、

あの感動には遠く及ばない。

「もう一度、帯広に行くしかない!」

そして10年以上の時を経て、私は帯広に来た!

 

 

帯広はぱんちょうの所でも書いたが、3回目である。

しかし、この店はぱんちょうと同じく2回目である。

ぱんちょうから5分もかからずに到着。

早速、お目当てのサクサクパイを発見。

ん???

なんと、サクサクパイと同じく本店限定の雪こんチーズなる物が・・・

なんと雪こんチーズの賞味期限は2時間!!!

両方食べるしかないでしょう!w

サクサクパイ2本と雪こんチーズを1個購入。

サクサクパイが140円×2で280円、雪こんチーズが150円、合計430円。

今回は店内の撮影をすることにおいて、キチンと撮影許可をいただきました。

許可をいただいた限りは遠慮なく撮影させていただきました。w

無料のコーヒーをカップに注ぎ、まずはパイを。

 

うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!

サクサクして美味い!!!!!!!!!!!!!!

あの時と同じ美味さだ!!!!!!!!!!!!!

俺の中で№1スイーツじゃあああああああ!!!!!!!!!!

中のクリームも甘過ぎず品のある甘さと濃厚さだ!!!!!!!!!

ブラボー!!!!!!!!!!!!

ああ、本当に美味い。

賞味期限3時間なのはクリームによるパイの食感を失わないための物。

しかし、食感だけではなくパイ生地の元々の美味しさ。

何よりもクリームがいい!

滑らかで、上品で、アッサリした中にもコクを感じ、食感と食べ応えを感じる。

あ~~~帯広まで来てよかった。

 

 

次に雪こんチーズを食べてみた。

昔来た時は無かったよな?

ブラックココアの入ったビスケットにべイクドチーズケーキを挟んだもの。

これと同じようなお土産があるね?雪やこんこだって。

あちらはホワイトチョコを挟んである。

ま、いいや食べてみましょう。

 

 

ぬあああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!

美味い!!美味いぞ!!!!!!!

トレビアン!!!!!!!!!!!!!

豚丼の余韻が吹っ飛んだ!!!!

 

 

何よりも中のべイクドチーズケーキが濃厚で美味い!

ルタオのドゥーブルフロマージュを食べた事が2度ほどあるが、

あれよりもいいかもしれない!!!

いや、あれよりもいい!!!と断言しちゃうよ。

雪こんチーズの場合、外のビスケットはそれほど重要ではないかもしれない。

だが、挟んであるチーズケーキはそれだけではチーズケーキの暴走モードに

なり得るかもしれないインパクトがある。

その強烈なチーズケーキの個性をビスケットが濃厚過ぎない一歩手前で抑え、

手軽なスナックタイプのチーズケーキとして成功していると思う。

実際食べてみると、ビスケットのサクサク感とチーズケーキのねっとりした食感が

口の中で混ざり合うと超高級スーパーハイグレード・コンビニスイーツの

延長線上にあるような気がする。(どんなコンビニスイーツじゃ?)

しかし、本当に濃厚で美味いチーズケーキだ。

豚丼の動物性脂肪の上を行くインパクトだ。

 

 

雪こんチーズを食べ終えコーヒーをおかわりし、もう一本のパイを食べた。

引き続き店内を撮影させてもらい、本店をあとにした。

本店で使った金額は430円であったが、その430円のためにどれだけの

お金が・・・www

でも満足です!

帯広に行く予定のアナタ!

六花亭本店、絶対に立ち寄ってください!

 

ここで一句

      菓子と豚

          そのためだけに

                  諭吉消え

帯広市 元祖 豚丼のぱんちょう  豚丼、味噌汁

Dsc_1272

Dsc_1274

Dsc_1276

Dscn1954


Dsc_1281


Dsc_1284

Dsc_1285

Dsc_1286

Dsc_1291

Dsc_1294

Dsc_1295

Dsc_1296

面食らう!

麺を食らうのではなく、面食らう。

北海道2日目は天候によりレンタカーは諦め、電車での移動にした。

帯広に行くことは事前に決めていたので、特急で行くことにした。

みどりの窓口で「帯広まで特急往復」を告げる。

「帰りの時間はいかがしますか?無料で座席指定出来ますけど?」

16時の帯広発を選ぶと「はい、では12600円になります」

( Д) ゚ ゚

往復5時間の移動時間であるが、何も知らないとはいえ12600円!

でもレンタカー借りて高速使い、ガソリン代を考えれば・・・安いか?w

あ~~~、でも人生こんなに電車に乗るの何年振りだろう?

もしかしたら、高校の修学旅行以来かもしれない。

とにかく、電車が嫌いな私だが今回はしょうがない。

しかし・・・車内は退屈だ!

ラジオもテレビも無い。

携帯はトンネルの度に切れるし、山間部は範囲外。

長いな~、居眠りしようとしても眠れな~~い。

特急だけど車とそんなに大差ない移動時間じゃないか?

やがて帯広に到着。

帯広に来た目的は2つ、まずは豚丼!

帯広は豚丼が有名だが、その中でも代名詞的存在、ぱんちょうに訪問。

はぁ~、この店も何年振りだろう?

10年以上は間違いなく経過している。

人生3回訪問し、一度目は臨時休業というドアホな展開だったな。w

12時前だったが、店に入ると客は8分位の入り。

相席だったが気にしない。

この店では相席が当たり前!(2度目の訪問で良く言うわ!w)

注文したのは豚丼(梅)1050円とワカメの味噌椀180円。

この店では豚肉の量のランクが多い順に 華・梅・竹・松となる。

松が一番肉の量が少ないのだ。

それはこの店の先代店主の名前が「梅」さんらしいので、そうしたらしい。

前回も梅を注文したので、同じ大きさにした。

味噌汁も他になめこがある。

さほど待たずに豚丼登場!

撮影許可も得ずに一眼レフで撮り続ける。

さあ!ではいただきます!

グリーンピースが散らしてあるが、これはあくまでも彩り。

まずはお肉を頬張る。

んんんんんんんんん!!!!!!!!!!!!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

厚みのある肉だが、全くの抵抗を感じることなく噛み切れる。

それでいて適度な弾力感が肉を食べている事の至福を感じさせる。

肉柔らかく、旨味も十分。

何より肉を生かすタレがいい!!

甘過ぎず、辛過ぎず、香ばしく、芳しく。

あくまでも肉が主役であることを陰ながら支えるタレ。

次に飯をかきこむ。

タレの浸みた飯は美味いな~。

肉と飯を次々に胃におさめる。

味噌汁は普通でした。

ふぃ~~~~・・・満足!いや~~美味しい豚丼です。

去年は新千歳空港にあった花畑牧場のホエー豚丼を食べましたが・・・

やはり、ぱんちょうの方が断然美味い!

帯広というところは簡単に来る事は出来ませんが、満足いたしました。

帯広来たら、豚丼食べなくて、ましてやぱんちょうに行かなくてどうしますか???

ここで一句

      肉食えば

          腹が増すなり

                 メタボ腹w

ここで一言

       豚丼と味噌汁で1230円か・・・

               交通費込みで・・・( ´_ゝ`)フーン

2011年11月26日 (土)

札幌市 宮越屋珈琲 パセオ店 ブレンドコーヒー

Dscn1953

Dscn1947

Dscn1946

Dscn1948

Dscn1949

Dscn1950

Dscn1952

世の中、カネを払いたくない物がある。

それはいつもタダだと思っているものが、ちょっとした出先や旅行で

カネを払わなければ手にすることが出来ない場合だ。

私の場合、コーヒーがそれにあたる。

 

 

会社ではコーヒーはタダで飲める。

タダ!という表現は適切ではないね、カネを払わずに飲める。

コーヒーマシーンが設置してあり、ボタン一つで挽き立ての豆から抽出された

コーヒーがいつでも飲める。

勿論、原材料費は会社持ち。

食事代は一部会社負担だが、飲み物は全額だね。

そんな環境で日々を送って来た私が、旅先とはいえコーヒーに500円も支払うとは。

いや、500円も出さなければコーヒーが飲めないとは。

その500円で駅のホームでソバが食える。

ソバよりも価値のあるコーヒー。

朝早く札幌駅に来た私は乗車予定の電車を待つ間、構内にある

「宮越屋コーヒー店」にお邪魔した。

ダークな色彩の店内だが、照明が眩く暗い店内だとは思わない。

スタッフにホットコーヒーと告げると、スポーツ新聞に目を通す。

ああ・・・でもコーヒーを飲みながら新聞を見るなんて、普通のサラリーマンですよ!w

いつもいつも朝の5時半に起きて慌ただしい毎日を送る者として、

こんなシチュエーションにも憧れていたのかもしれない。

 

 

いや、本当は札幌まで来て早朝シリーズのネタを探しているうちに、

ネタに困りこのコーヒー店に入ってしまった!というのが本音かもしれない。

そしてコーヒーしか注文していないので、早朝シリーズに使えない!と

後悔している自分がいるのかもしれない。

 

ここで一句

      モーニング

           コーヒーだけでは

                    ネタ不足

札幌市 やきとり専門 串鳥 中央店 焼き鳥アラカルト

Dscn1907_2

Dscn1944

Dscn1910

Dscn1911

Dscn1914

Dscn1915

Dscn1916

Dscn1923

Dscn1935

Dscn1928

Dscn1926

Dscn1938

Dscn1939

Dscn1945

みんな俺と酒が飲みたいか~!!

 

 

・・・・

・・・・

 

 

今回、居酒屋親不幸に行こうと思っていた。

いや、行きたかった。

あそこの店主、話好きで世話好きでお客を盛り上げてくれるし。

そんなサービス業のカガミのような店に何故行かなかったのか?

 

 

だって寒くて・・・

今回は宿泊したホテルから遠くに行きたいと思わなかった。

タクシー使うほどの距離でもないし。

とりあえず。

とりあえず。

一発目は鶏にしよう!

去年行ってなかなか良かった「串鳥」に行こう。

ホテルから10分ほどで「串鳥 中央店」に到着。

別にここで無くても市内に支店が沢山あるので、ここに拘る必要は無い。

でも、何故か同じ店~。

冒険出来ないな~。w

しかし、この店に来る前に風呂に入ったので、余りの寒さに湯冷めをしてしまう。

(この寒いのに生ビールを飲むのか?)

湯冷めしそうなのに胃を冷して大丈夫かな?

 

 

なんとかなるだろ!!!!!!!

自分の不死身の肉体を信じて生ビールを飲むぞ!

店内に入ると相変わらず盛況。

カウンターに座ると串物を何品か注文し、生ビールを頼む。

ツマミが来る前に生ビール登場。

「乾杯!!!!!!!!!!!!」と心の中で叫ぶ。w

ぐび!ぐび!ぐびっ!・・・・ぷは~~~~~~~~~!!!

寒いけど美味いぞ!!!

そして憧れていた居酒屋でのカウンターでの一人の宴開始!

やがて、豚肉のアスパラ巻きとタンが来た。

串を口と平行にしてかぶりつき、右手をスッと移動する。

ムシャムシャ咀嚼すると生ビールで流しこむ。

あ~~~~~~美味いな~!

サラリーマンなら当たり前の光景が1年振りに実現している。w

こんな当たり前のことが当たり前にならない人生なんて・・・

次に黒生ビールを注文。

手羽先と花畑牧場とタイアップのカチョカヴァロを注文。

手羽先は香ばしく美味い!

カチョカヴァロはモッツァレラみたい、まあまあかな。

またもや生ビールを追加し、エビマヨ、ホルモン、紫蘇巻きを追加。

更にハイボールを追加し、更に呑む。

ハイボール追加!

またハイボール!

ここでヒレ肉を追加!

ヒレ肉ウマ~~~~~!

いい加減酔いが回って来たところで、そろそろ〆に。

〆に選んだのは舞茸。

そして最後に生ビール。

生ビール340え~ん!

豚アスパラ巻き130え~ん!

手羽先120え~ん!

牛タン280え~ん!

カチョカヴァロ180え~ん!

黒生390え~ん!

味噌ホルモン120え~ん!

豚紫蘇巻き120え~ん!

海老マヨ160え~ん!

ハイボール300え~ん!

舞茸120え~ん!

牛ひれ380え~ん!

串物14本、生ビール4杯、ハイボール3杯で4790円。

安いよね?安いよ!

1時間半ぐらいかな?2時間は居ませんでした。

私は常々3時間以上の酒宴はしない!と言っていますので、

ツマミも酒も楽しめたので十分満足です。

そして明朗会計なので安心です。

札幌で安く満足したい方にお勧めします。

 

ここで一句

      焼き鶏は

          明朗会計

              当たり前

整いました!

      旅先の居酒屋と掛けてボクシングと説きます。

             その心は?

 

 

              カウンターで喰らいます

 

札幌市 さっぽろ純連 札幌本店 味噌ラーメン

Dscn1905

Dscn1891

Dscn1894

Dscn1895

Dscn1896

Dscn1900

Dscn1901

Dscn1903

Dscn1892

Dscn1904

Dscn1890

えぞ菊の先代、大西さんが憧れていたこの店。

大西さんが札幌のこの店まで来て、店主とがっちり握手をしていたのをテレビで見たな~。

 

 

私がまだ純連のラーメンを知らなかった頃、私にとって美味しい味噌ラーメンとは

小田原の早川にある味一か、えぞ菊の味噌ラーメンだった。

やがて、新横浜ラーメン博物館に純連(すみれ)がオープンし、初めて

そのラーメンを食べた時、味噌ラーメンの概念が吹っ飛んだ。

濃厚でワイルドな味は一回で魅了され、新横浜に通う日々が続く。

そして今から10年以上前、北海道旅行で初めて訪問することが出来た。

 

元々は母親が生み出した濃厚味噌ラーメンを2人の息子が継承し、

純連と記述しながら「じゅんれん」と「すみれ」と読ませることにより、札幌市内にて

独立して営業を続けて来た。

私が初めて訪れたのは「じゅんれん」、御長男のお店である。

そして札幌で食べた衝撃は新横浜以上のものがあった。

北海道旅行を重ねるうちに「すみれ」に訪れるのは勿論の事、「じゅんれん」も

何度も訪問した。

最初、確か味噌ラーメンは600円だったと思う。

時は流れ、5年以上は経過したか?

味噌ラーメンは800円になっていた。w

 

 

しかし、スープカレーの木多郎から純連まで普通に歩いて来れる距離。

次回札幌に来た時も、この2件ハシゴ決定ですね♪

久しぶりの味噌ラーメンですが・・・

まずはスープを。

分厚いラードに保護されたスープをレンゲで掬いあげ啜る。

美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

生姜とニンニクが交互に鼻腔を突き抜ける。

そして芳醇な味噌が強めの塩加減と共に胃まで下る。

食べる相手に攻撃を仕掛ける味噌ラーメン。

攻撃に耐えられない者は一口でギブアップ。

寒さに耐え忍ぶ道産子達に活力を生み出すラーメンは、

軟弱な者には受け入れられない。

麺はまさしく札幌ラーメンを象徴する縮れ具合とかたさと太さ。

その麺に絡み、纏わりつく濃厚スープ。

そして舌を火傷しそうなほど熱せられたラード。

この日は北海道の寒さを象徴するような天候と気温。

だが、このラーメンを一口、又一口と食べ進むとノックアウト寸前だった身体に

燃焼系のエネルギーを注入したような元気がわき出る。

私の右隣は味噌、左隣は醤油ラーメンだったが、2人ともスープを残し席を立った。

ラーメン二郎でもそうだが、飲み干すと身体に良くないであろう高カロリーと高塩分。

敢えて、スープを飲み干すことによりどんぶりの底までこのラーメンを味わいたい。

途中、卓上の一味や辛味を入れることにより、味の変化を楽しむ。

しかし、メニューが増えたね。

昔は味噌、塩、醤油にチャーシューをのせるか?だったが、ワンタンとか坦々麺とか。

辛味噌もあるし。

いや~~、本当に久しぶりに訪れましたが、寒ければ寒いほどこの味噌ラーメンを

全身で味わえ、堪能できます。

札幌にお越しの際は是非、このお店に!

新横浜ラーメン博物館の「駅」は純連の兄弟のお母さんがプロデュースです。

新横浜も美味しかったですよ。

 

店を後にした私だが、澄川の駅まで震えずに歩けたことを書き忘れてはならない。w

 

ここで一句

      寒いから

          塩も脂も

             気にしない(゚ε゚ )

2011年11月25日 (金)

札幌市 木多郎 澄川本店 チキン野菜カレー

Dsc_1247_2

Dsc_1248_2

Dsc_1249_2

Dsc_1250_2

Dsc_1252_2

Dsc_1254_2

Dsc_1255_2

Dsc_1256_2

Dsc_1258_2

キタロウ。

 

 

アニメ、音楽家、役者・・・あと誰がいたかな?

レトルトでは何度かお世話になっているスープカレー。

そのスープカレーの名店「木多郎」。

スープカレーブームから何年経過したであろうか?

私にとって人生初めてのスープカレー専門店に今回の旅行の口火を切りたい。

 

 

新千歳から快速エアポートで札幌に到着。

ホテルには向かわずに地下鉄東西線に乗り換え、澄川駅へ。

荷物が少ないので移動が楽。

しかし!澄川駅を降りると猛烈な寒気が!

「し、しばれる!寒い!!!」

出発時とここ澄川では寒暖差が20℃!氷点下以下だよ!

駅から徒歩で700mぐらいの所に店があるが、あまりの寒さにタクシーの誘惑に

負けそうになる。

何よりも、コートの保温効果が弱く、寒さが身に凍みる。

自分の身体も寒さ慣れしておらず、これはキツイ!

足元も積雪しており、一部アイスバーン。

新千歳は雪は皆無であったが、札幌に近づくにつれ雪が降り出し積雪している。

そんな辛辣な環境の中、お店に到着。

店の前で雪を払い、中に入ると4~5名の先客。

お勧めのチキン野菜カレーの辛さゼロを注文した。

辛さゼロは通常の店の中辛に匹敵するらしい。

 

 

店内はカウンターとテーブル席に分かれている。

やがて注文の品が来た。

店主がカレー、奥さま?がライスを運んできた。

記念撮影を済ますとまずはカレーをずずずず~~~っと啜る。

んんんん!!!!!!!!!!!

美味い!!!!!!!

コクの中にスパイシーな味と香りが口に広がる。

口の中に広がるカレーの風味だが、それはカレーだぞ!という強調するものではなく、

じんわりとカレーの存在を感じるものだ。

何よりもチキンベースと思われるベースのブイヨンが良いダシ出てます。

カレーの風味をガッチリと受け止めています。

今回私は中辛を注文したが、もうワンランク上の辛さでも大丈夫です。

次にライスをスープに浸すのですが、このライスが一工夫されています。

「とうきびこざね」という、とうきびを細かく砕いたものをライスに混ぜてある。

そのせいか、若干お米と違う甘さと香りを感じるが、スープカレーに浸すと

その存在はかなり薄れる。

中に入っている野菜類は素揚げしてあるだけみたいですね。

カレーの味の邪魔をせず、いい具合です。

そしてチキン。

長時間煮込まれ非常にやわらかい。

 

 

昔、この店のレトルトカレーを食べた事があるが味に違いは無いですね。

だが野菜類が新鮮な分、当然こちらが美味い!!!

チキン野菜カレー980円。

この一皿でスープカレーの世界、十分堪能できると思います。

美味しかったです!

ごちそうさま!

 

ここで一句

       おい!キタロウ!

             福神漬は

                 必要無い!

東京都 肉の万世 万かつサンド、北海道 とんかつ井泉 かつサンド

Dscn1880

Dscn1881

Dscn1884

Dscn1886

Dscn2070

Dscn2071

Dscn2072

Dscn2073

Dscn2074

今回、北海道旅行の出発と到着において空港での食べ比べとなったカツサンド。

東京では御存じ万世のかつサンド650円。

1年ぶりですね。

去年も北海道に行く時に購入しました。

 

 

やっぱ、美味しいよね。

カツの美味さは当然として、パンもなかなかいいし、ソースの味もいいし。

機内でいただきましたが、小腹を満たすには丁度いい!

 

 

さて、帰路で北海道最後の食事となったのが、井泉のかつサンド450円。

3切れで450円か?いい値段するね。

大きいのだと700円超えていたな。

本当は空港のレストランで食事をしたかったのだが、フライトが9時半のため

レストラン街は全部準備中。

喫茶店みたいなのがあったが、井泉にしました。

ついでに缶コーヒーも購入。

缶コーヒーは近頃御贔屓のタリーズにしました。

通常より10円高いがその分の価値はあると思います。

この缶コーヒーは美味い!

 

 

さて、ロビーでかつサンドを食べましたが・・・だめだこりゃ!

東京にも井泉はあるが、暖簾分けかどうかわからないが美味しくないですね。

不味い!とまでは行きませんが、万世と比較すると話にならない。

カツのボリュームのなさ、味、パンのランクダウン。

圧倒的に万世の勝ち!

画像みても分かると思います。

 

ますます万世のかつサンドが大好きになったよ。w

 

ここで一句

      旅立ちの

         始めと終わり

               カツで〆

2011年11月19日 (土)

静岡市 炭火焼きレストランさわやか 新静岡セノバ店 げんこつハンバーグランチ

Dsc_1236

Dsc_1214

Dsc_1220

Dsc_1218

Dsc_1222


Dsc_1217


Dsc_1229

Dsc_1231

Dsc_1233


Dsc_1216


Dsc_1235

早く妖怪になりたい!

 

 

いや、爽快になりたい!

 

 

人間、やはり外見は重要である。

妖怪のような外見より、爽快な外見の方が良いに決まっている。

しかし、爽快な外見でありながら豪快な奴もいる。

私はどこからどう見ても爽快ではない。

クールと言われることはある。

クールと言われても、クルクルパーの省略ではないか?と猜疑心を持つこともある。

そんな自分も外見で人の良し悪しを判断することが多い。

だが、外見だけではなく言葉や表現でも良し悪しを判断してしまう。

それらは俗に先入観とか思い込みにより、実際に見たり触ったり食べたりしなくても

「どうせ○○だから・・」で終わってしまう事になる。

炭火焼きレストランさわやかもそうであった。

「オージービーフの塊なんか・・・」ということで、行きたいが行かなかった。

しかし、今回新静岡セノバに赴き初めて食べることになった。

 

 

さわやかって、挨拶が「さわやかで~す」とやっていなかったかな?

なんか、それやられたら恥ずかしいな。w

開店と同時に店内へ、女性スタッフに案内されて隅の席へ。

メニューを手渡され、隅々まで見渡す。

注文する物は決まっていた。

げんこつハンバーグである。

メニューをパシャリ!と撮影し、注文を伝える。

げんこつハンバーグランチのオニオンソース、ライスで924円。

1000円しないのか?和牛使ってないと安いね。

価格でも味に対して期待はしていない。

注文の品が来るまでの間、あっちこっちを撮影。

本当に最近ずうずうしくなった。w

近頃はコンパクトデジカメではなく、一眼レフで撮影するほうが多い。w

ファミリーレストランに一人で来て、一眼レフで撮影している俺って・・・負け組??

 

 

まずはスープが登場。

細かく刻んだ野菜類が沢山入っていて、ヘルシー感たっぷり。

実際、あっさりしているが旨味に溢れ美味しかった。

スープを飲み干したところでいよいよメインのげんこつハンバーグの登場。

熱く焼かれた鉄板の上で丸い塊のハンバーグがジュージュー音をたてている。

それを女性スタッフが半分に切り分け、まだ生焼けの断面を鉄板に押しつける。

じゅわ~~~と湯気と音が五感を刺激し、食欲を否が応でも掻き立てる。

オニオンソースをかけると香ばしい匂いがいいですね。

パフォーマンスを兼ねた食べる演出はスタッフの教育が徹底していますね。

入ったばかりのアルバイトでは無理なサービスです。

 

 

さあ、では早速ハンバーグをいただきましょう。

ハンバーグを切ると中はレア、いや生!ナマですよ!生焼けですよ!www

気にせず口に入れると・・・

んんんんんんん!!!!!!!!!!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!!

何だよこれ、美味い!!!!!!!!!!

オージービーフ100%なのは間違いない。

しかし、肉の部位の配合とか味付けの妙で美味しいハンバーグになっている。

肉にボソボソ感がなく、肉汁じゅわ~~~~までは行かないが、

ジューシーで美味しいハンバーグです。

こりゃあ、おったまげた!ここ何年かで食べた中で一番美味いかも?

もっとも、職場で月に2~3度以上はハンバーグを食べているので、

ハンバーグが嫌いな私ですが、ここはいい!美味しい!また食べたい。

外側が香ばしく焼かれ、中は牛肉100%にありがちなボソボソした食感は

ほとんどなく、噛みしめると肉の旨味とオニオンソースが見事にマッチし、

どこぞの和牛100%のハンバーグより間違いなく美味い。

何よりもオニオンソース!

ニンニクがほんのり際立つこのソースが、オージービーフの肉の粒粒感が

あるこのハンバーグを物の見事に極上に仕上げている。

添え物のかぼちゃ、ジャガイモ、人参もこのソースに絡めると美味い!

 

 

いや~、これは参りました。

オージービーフの塊なんか・・ってバカにしていましたが、美味しかったです。

そしてスタッフのサービスも良かった。

お冷も減るとすぐに継ぎ足しに来てくれるし、いろいろと細かい気使いが良かった。

「さわやかで~す!」は無かったけど、教育の行き届いた接客は

ホスピタリティーに溢れ、好印象!

最後に卓上にあったチリソースをかけて食べてみましたが、これがいい!

辛いには辛いが味が引き締まりお勧めできます。

ああ~~ええわ~~~さわやか。

1000円もしないのにこんなにハンバーグに満足出来るなんて。

しかも肉は250gあり、結構食べ応えあります。

腹持ちがよく、いつまでも満腹感が続きました。

静岡を中心にチェーン展開していますが、神奈川にも出店してもらいたいですね。

 

 

ここで一句

      肉汁が

         充満しても

              爽やかだ

整いました!

    ハンバーグとかけて恨み節と説きます

              その心は?

 

 

             肉勝ったのよ~

2011年11月18日 (金)

静岡市 パスタ屋一丁目 新静岡セノバ店 ミートソース

Dsc_1200

Dsc_1206

Dsc_1207

Dsc_1208

Dsc_1210

女はモチモチな肌に憧れる。

 

 

だが、今の時代男もスキンケアに勤しむ。

私もこの時期、スキンクリームは欠かせない。

つまり、人間の価値観は潤っているか?そうでないか?の2極ではないか?

私が思うに、男のスキンケアは大切だ。

何しろ髭剃りという、最大の負荷習慣がある。

 

 

私は髭は剃刀派である。

いまだかつて電気シェーバーを使ったことが無い。

入浴時に髭を剃る。

それを日課にしてきた。

だが無精ひげが高評価を得る時代、髭を剃るなら剃り残しはいやだ。

私は2枚刃から5枚刃、現在4枚刃と変更している。

私が思うに、2枚刃も5枚刃も差は感じられない。

2枚で剃れ切れないから5枚刃?

2枚刃がいいような気がする。

しかし、髭ほど個人差のあるものはない!!!!!!!!

個人差の激しい髭剃り。

 

 

私は髭剃りの爽快よりも、肌荒れ防止を選んだ。

サプリメントをたくになりそう。

 

 

ここのパスタ、もちもちです。

本当にモチモチ。

でもね、それだけ。

インパクトを求めないが、味を求めて欲しいな。

680円の価値を生むことが出来るか否か?

 

 

アナタ次第。www

 

 

ここで一句

      パスタには

            かなり五月蝿い

                   秋のハエ

2011年11月17日 (木)

沼津市 丸亀製麺所 沼津店 ざる(大)かしわ、野菜かき揚げ天

132

126

128

129

131

130

ボクは確か「カレーうどん」と言った。

しかし・・・

「ざるうどんですか?」

  

  

「はい」

   

  

「ざるうどんの小ですか?」

「はい」

  

   

「やっぱり大盛りにしてください!」

  

  

「はい」

  

   

ボクはそんなに滑舌の悪い男なのか?

ボクの声は・・・シュール?

ボクの声は・・・セクシー?

  

  

私には営業の声、というものがある。

営業の声は自分ではかなりハリを意識して喋っている。

キーも高い。

しかし、プライベートではボソボソ、うにゃうにゃ。

   

   

カレーうどんと言っただろう!!!!!!!!!!!

   

   

切れやすいキャラで有名なボク。

でも切れてな~~い。

合計610円の幸せを噛み締め、店をあとにする。

しゃぶ葉のしゃぶしゃぶ気になるな~。

  

  

うどんが美味い丸亀だが、ここのかしわ天と玉子天は2トップだな。

生姜てんこ盛りでどこが悪い!!??

   

   

ここで一句

     しょうがない

          カレーがざるでも

                  生姜無い?

2011年11月16日 (水)

沼津市 大勝軒○秀 特製ラーメン

122

115_2

116

117

118

120

114

刑法をカタカナ表記で教わった者として、

1995年から平仮名表記になった刑法は見てない。

自分としては今の自分の生活にしても仕事にしても、刑法の知識は

なんの役にもたっていない。

だが、たまに乏しい蘊蓄をひけらかすときに、「ふる~~い」と言われると

知識に古いも新しいもあるか!と思う前に本当に古いんだな?と

納得してしまう自分が悲しい。

自分が教わった刑法が古ければ、新しい刑法を学びなおせばいい。

簡単な事だ。

しかし、学びなおすことは大変だ。

鎌倉幕府が1192年ではなく、1185年だったと訂正され、

「1185(イイハコ)作ろう鎌倉幕府」ぐらいなら頭に入る。

だが、カタカナで延々と綴られたものを必死になって覚えたものを10年以上経過して

全部改正訂正加筆修正されたものを覚えるのは至難の業。

それを考えると、法律関連で働いている方々の脳味噌は凄い!

裁判官も凄い!弁護士も凄い!検察官も凄い!

あなた達の脳味噌なら日本を変えられるだろう!

私にはとても出来ることではない。

日本を変えることが出来るスーパー頭脳の皆さんに期待をしつつ、

私はせめてラーメン界の伝説を変える事が出来得るのを目撃したいと思う。

 

 

ラーメン界の伝説といえば大勝軒の山岸さん、ラーメン二郎の山田さん、

がんこラーメンの一条さんを私は思い浮かべる。

その中でも東池袋の大勝軒は本当に通いました。

後藤兄弟が麺屋ごとうを始める前、

弟子の頃から山岸さんが表立って作らなくなるまで通いました。

ある日、ラーメンに餃子が1個のっている時、「ああ・・・常連までは行かないが、

顔を覚えてもらったな」と嬉しくなったものです。

そんな大勝軒の弟子や暖簾分けを名乗る店があれば気になります。

 

 

沼津の○秀はこれで3回目。

つけ麺に関しては新しく、進化した大勝軒として十分有りだと思いますし、

実際、美味しくいただきました。

しかし、今回はラーメンを食べてみようと思いました。

東池袋に通っていた時、もりそばとラーメンは半々ぐらいで注文されていました。

開店してすぐの時間帯は圧倒的にラーメンが多かった気がします。

俗に言う「大勝軒友の会」のみなさんは圧倒的にラーメンが多かった。

ラーメンが提供されるまでの間に瓶ビールを1本飲み、お通しのツマミメンマを食べ、

〆にラーメンなんですね。

つまり、大勝軒はラーメンの存在はつけ麺以上に大事なんですね。

大勝軒を名乗るならやはり、ラーメンの味が大切です。

注文したのは特製ラーメン900円。

大盛り無料なので大盛りにしました。

今回訪れた時には店内は半分もお客さんはいませんでした。

少々拍子抜けですね。

サービスもいいし、スタッフみんな元気だし、清潔感のある店内です。

やがて注文の品が来ました。

味付け玉子、チャーシューが盛られています。

まずはスープを・・・うん!美味しい!

濃厚豚骨魚介系のスープは濃度が高く、コクもあり美味しい。

麺はストレート中太麺、シコシコでコシがあります。

しかし、濃厚だな~。

だが、食べ進むうちになんか違和感が。

特にチャーシューを食べた時に違和感が。

スープが濃厚でチャーシューも濃厚。

クドイ!

美味しいけどクドイ!

スープにコクを出すために挽肉を使用しているのは本店と一緒。

コクの波状攻撃でラーメンとしてはかなりクドイ。

ビールを飲んだ後に食べる気にはならないな~。

もっとも車で来るからビールは無理だけど・・・w

 

 

面白いな~。

つけ麺食べた時は大勝軒の進化型として十分、納得できたのに、

ラーメンになると、どうにも昔のあの味が恋しくなるな~。

多分、10代、20代の皆さんはこのパンチ力が受け入れられるのかもしれないが、

私には重すぎるパンチ力だな。

骨格は間違いなく大勝軒なんだけど、なんでこんなに暑苦しい奴になっちゃったの?

と言う感じでしょうか?

でも美味しいのは間違いないので、私の好みやその日のコンディションの

影響のせいでしょうか?

麺屋ごとうに初めて行った時、「ああ、似てるけど違うな~、でも良く似せたな~」と

思った事を思い出しました。

 

 

ここで一句

       続編は

          どんどんコッテリ

                  映画界

 

ここで一言

          是非に及ばず

2011年11月15日 (火)

沼津市 餃子の王将沼津店 味噌ラーメン、豚キムチ

096

097

098

101

103

104

合体シリーズ№2。

 

 

王将で合体したい・・・

 

 

餃子の王将で合体してみた。

王将のメニューの中には豚キムチがある。

これを味噌ラーメンと合体させてみようと思った。

誰がどう考えても味噌ラーメンとキムチが合わないわけがない!

しかも豚キムチである。

豚キムチラーメンが無いのが不思議なくらいだ。w

だが、豚キムチは白いご飯で食べたいな~。

餃子定食に豚キムチをつけたほうが幸せになれる気がするが・・・

 

 

(`Д´)うりゃあああああああ!!!!!

 

 

 

       デー家物語奥義( ゚д゚)!!!!!!!!

 

 

 

 

 

          韓流魅祖奇夢地麺(゚∀゚)!!!!!!!

 

 

ちゅど~~ん!と完成。

105

108

109

110

111

正直いいまして、合わない訳は無いけど日高屋ほどの美味さが無いな~。

味が濃くなっちゃったし。

野菜類が多くて麺が少なく感じるし。

食べ終えた後のスープにご飯を入れたら最高だろうな~。

この奥義には白飯が必要ですね。

だったら豚キムチ定食にしてしまえばいいのにね~。

合体したけど、やや微妙でした。w

以前、ここで味噌ラーメン食べた時に別売りで辛味噌が売っていて

それをトッピングして食べた時、「いいじゃん!」と思い、

それを極端にしてみて、豚キムチにしてみたが豚キムチが多すぎたね。w

半分だけ入れて残り半分はご飯でたべるとか・・・

 

 

結局、メシがキーポイントか???

 

 

ここで一句

      第2弾

         考え甘く

             汁は濃く

2011年11月14日 (月)

河口湖周辺紅葉まつり~2

Dsc_1162

Dsc_1163

Dsc_1164

Dsc_1167

Dsc_1169

Dsc_1171

Dsc_1173

Dsc_1178

Dsc_1186

Dsc_1189

Dsc_1197

Dsc_1198

葉っぱだけでは面白くない。

河口湖には黄金の七福神がある。

そのうちのひとつ、布袋様を撮影。

おじいちゃん、おばちゃんがキミマロ七福神を巡っていますね。

私は今回たまたま見たこれだけでいいや。w

 

 

今回はうどんだけだったけど、グルメをもっと楽しみたかったな~。

 

 

ここで一句

      紅葉狩り

          幾ら狩っても

                 食えないねw

2011年11月13日 (日)

河口湖周辺紅葉まつり

Dsc_1124

Dsc_1126

Dsc_1127

Dsc_1128

Dsc_1133

Dsc_1138

Dsc_1141

Dsc_1152

Dsc_1158

Dsc_1109

紅葉を観に行ってきたぞ!

 

 

下吉田駅周辺でうどんを食べ、その後河口湖へ赴く。

なんと!予備知識無しで行ったのだが、紅葉祭りをやっていた。

つまり、丁度紅葉真っ盛りなわけですね。

ラッキー!

河口湖の周遊道路?をのんびりと走り、撮影スポットを探す。

場所を探したらあとは私の撮影技術とカメラの性能任せ。w

少しでも楽しんでもらえたら、と思います。

 

 

河口湖も今年は2度目?

来れば来るほど魅力的な場所ですね。

桜も楽しめ、紅葉も楽しめ、周囲にグルメな店も多い。

雪が降る前にもう一回来ましょう!

 

 

整いました!

       モミジとかけて自分の感情と説きます。

 

 

               その心は?

 

 

            どちらも高揚(紅葉)します。

2011年11月12日 (土)

富士吉田市 くれちうどん 肉つけうどん(温)

088

079

081

080

083

078

077

085

うどん屋も5件目なら少しは上手に啜りたい。

 

 

何かの替え歌だが、分かる方だけ分かればいい。

今年も残すところ2か月を切った。

その中で2つビッグイベントが私には残っている。

ひとつは来月から開催される東京モーターショー。

そして、今月の後半に行く事になった北海道一人旅である。

去年は暑い時期だったが、今年は11月。

11月に行くのも2度目かな?

レンタカーを借りるかどうか悩む時期でもある。

気をつけて運転すればいいのだろうが、自分が気をつけても巻き添えを

食い易いのが雪道である。

本当に巻き添えを食い易いので、せめて吉田うどんの食い易い店でも無いかな?

 

 

ありましたな。

そんな訳で吉田うどんの中でもやわらかいうどんになると思われるこの店へ。

店の名前は「くれちうどん」。

「くれち」って何の意味だろね~?

分かりませんね~。w

11時を過ぎた時間であったが、店内は私の他4名。

客席はお座敷タイプのみ。

吉田うどんのお店はお座敷タイプが本当に多いね。

肉つけうどん大の麺温かいタイプ600円を注文。

注文は伝票に客が記入するタイプであったが、初めてだったので分からず

口頭で注文するも、すんなりと受けてくれた。

水もセルフだが、持ってきてくれた。

注文に品は1分ぐらいで来た。

当然だが茹で置きしてあるのね。

注文入ってから茹でていたらどれだけ待たされるか分からないものね?w

 

 

結構、大盛りとはいえ盛りがいい店ですね。

2件目なので食べきれるか心配になりました。

それよりも何で大盛りを注文したのか?

普通でいいじゃねえか???

卓上のスリダネを入れ、麺を啜る、いや噛む。

おおおお!!!

麺が柔らかい。

吉田うどんにしてはかなりやわらかいうどんですね。

歯応えはぐにょぐにょですね。

麺温かいで注文したためかもしれませんが、ソフトな歯応えです。

味に関してはこの店も吉田うどんのスタンダード的な味です。

誰にでもお勧めできる味です。おいしい!

天ぷらがあったら天ぷらうどんにしようと思ったけど、この店に天ぷらは無し。

肉とわかめと玉子だけのトッピング。

元のうどんが美味しいからそれだけでいいのだね。

寿駅の近くで国道139号沿いにあります。

やわらかい吉田うどんがお好みの方は是非!

 

 

ここで一句

      寿が

        近くにあるぞ

             何かくれっち!

2011年11月11日 (金)

富士吉田市 みうらうどん 肉つけうどん

075

068

069

070

071

072

073

076

富士吉田うどんを知ってから、喉越しとは別な味わい方があることを知った。

特にしんたくは胃に納めてから美味い!と思えるものであった。

胃の中で味わえるうどん!

これこそ富士吉田うどんの真骨頂であろう。

その快感を知ってから無性に富士吉田うどんが食べたい!と思う時が常々。

そこで久しぶりに富士吉田富士急周辺をうどんを求め彷徨う。

 

 

今回訪問したのは「みうらうどん」。

下吉田駅に近い場所にあるが、うどん屋探しも楽しみのひとつだな。w

昭和通りを見つければこの店を簡単に見つけることが出来ると思う。

11時前に訪問したが店内に客はまばら。

注文したのは肉つけうどん大盛り。

 

肉つけうどん!

肉つけ大?

ん?

肉つけ大!!!!!!

俺の様相みて大!なんて言うな!

しかし、注文の品はあっと言う間に来た。

ハッキリ言う。

現在、富士吉田で営業しているうどん屋は美味い!

美味いから営業を続けることが出来る。

そんな中で特筆して美味い店を見つけるのは楽しみでもあるが

好みとはまた違う店があるのも否めない。

個人的には天ぷらうどんは外せないよな~。

でもこの店、天ぷらがないんだね?

時期的に温かいうどんに天ぷらがのっているのが食べたいね。

鍋焼きうどんも吉田うどんではかなり珍しい方かな?

でも、ほうとうがあるからね。

 

 

ところでみうらは美味い!

小麦の味、歯応え、つけ汁の味。

これらは富士吉田うどんのスタンダードとして自信をもって紹介できる。

自信を持って紹介できる反面、スタンダード故の特徴の無さ。

美味しいのは間違いないけどね。w

 

 

みうらにしか無い物を求めます!というのはこの先この地域を

食べ歩けば他の店で何度も言わなければならないかもね。

 

 

ここで一句

     美味いから

          言いたくなります

                  独自性

 

ここで一言 

 

 富士吉田最強のカレーうどんを探すか?

 

 

2011年11月10日 (木)

小田原市 中華食堂 日高屋 小田原店 汁なしラーメン、バクダン炒め

Dscn1779

Dscn1780

Dscn1781

Dscn1782

Dscn1783

Dscn1784

Dscn1785

Dscn1788

Dscn1789

Dscn1790

新シリーズ、合体シリーズ№1

世間では、コラボやフューチャリング、トリビュート、オマージュ、インスパアなど

A+Bと単純に意味するのではなく、Aを際立たせたり、Bを引き立たせたり、

Aを尊敬したり、Bを崇めたりして相乗効果を意味するような表現が音楽業界を中心に

使われているようである。

だが、それは私の認識不足のようであり、食べ物の世界、取り分けラーメン業界では

それが顕著に使われている。

実際、東京ラーメンショーではそれが多かったようだ。

私はラーメンショーには行ってはいないが、もし私がラーメンショーに出店するなら

是非、提供してみたいメニューを思いついた。

それが日高屋の汁なしラーメンのアレンジメニューである。

私は日高屋のバクダン炒め定食が好きである。

キムチと野菜の炒めものだが、日高屋の中で一番美味いのではないか?

全メニュー食べた訳ではないので、結論付けるのも失礼かもしれないが、

とにかく白い飯に合う!美味い!

そんなある時、日高屋で汁なしラーメンを食べた私は「これもまあまあじゃん」と思った。

まあまあなのはまあまあであると事あるたびに書いているが、このまあまあを

もしかしたらバクダン炒めとのコラボレーションで美味い!

に変える事が出来るのでは?と思いついた。

そこで私はデー家物語合体シリーズを思いつき、今回初披露となった訳だ。

見るがよい!

 

 

 

(`Д´)ほああああああああ!!!!!!!!!

 

 

デー家物語奥義(゚д゚)!!!!!!!

 

 

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

 

 

 

      合体爆裂無汁麺(゚∀゚)!!!!!!!!!

 

 

完成!

Dscn1791

Dscn1792

Dscn1793

汁なしラーメンの上にバクダン炒めをのせて、ひたすら混ぜる。

関内二郎の汁なしラーメンのニラキムチのせをヒントに思いついたのだが、

日高屋でラーメン二郎に負けないビジュアルを構築することに成功した。w

汁なしラーメンが540円、注文したのは大盛りだが、

サービス券があったため大盛り代は無し。

バクダン炒めは単品で490円。

合わせて1030円。

さあ!食べてみよう!

麺とバクダン炒めの具材が絡み合った物を口に入れ込む。

んんんんんん!!!!!!!

美味いぞ!!!!!

期待通り、期待以上の味!

やはり、バクダン炒めは麺にも合う!!!

半熟玉子が絡み、辛さは和らぐ。

ラーメン二郎で汁なしキムチラーメン、野菜マシマシといったところか?

ボリューム満点!

自画自賛ですが満足満足!

日高屋さんでもレギュラーメニューにしていいくらい。

ジャンク度溢れるこのメニュー、バクダン炒めの量を半分にして800円ぐらいの

価格でも味とボリュームは満足出来ると思います。

この日はこれだけでお腹がいっぱいになり、夕食抜きにしました。w

この合体シリーズ、日高屋だけではなく、王将でも使えそうね。

いや、思いつくならばどこでもやりますよ!合体!!!!!www

ここで一句

     コラボかな?

           コラボじゃないよ

                   合体だ!

2011年11月 9日 (水)

栃木市 出流山満願寺 坂東第十七番札所周辺

Dsc_1054

Dsc_1056

Dsc_1058

Dsc_1060

Dsc_1061

Dsc_1062

Dsc_1065

Dsc_1069

Dsc_1071

Dsc_1074

Dsc_1075

せっかく栃木の山奥まで来て、蕎麦だけ食べて帰るのももったいない。

前回来た時に存在だけは知っていた満願寺に行ってみた。

ここは私としては初訪問になる。

もしかしたら紅葉が楽しめるかもしれない。

しかし、残念ながら紅葉にはまだまだ早かったようですが、

ここ満願寺はなかなか画になる光景が多いですよ。

霊感の強い私が感じるにはここはパワースポットではないですか?

いや~~紅葉真っ盛りならさぞかし美しい光景だろうな~。

蕎麦と共に、画になる光景も味わってみてはいかがでしょうか?

 

ここで一句

      満願寺

         蕎麦を食わずに

                 画を食らう

2011年11月 8日 (火)

栃木市出流町 元祖手打ち蕎麦 いづるや 名代盆ざるそば5合盛り,天麩羅盛り合わせ

Dsc_1050

Dsc_1039

Dsc_1034

Dsc_1040

Dsc_1042

Dsc_1021

Dsc_1028

どうも秋になってから過ごし易い気候が続き、カロリー消費が落ちている。

人間痩せる為には身体を動かし、汗をかかなければならない。

だが、涼しい気候は汗が出ない。

ならばしょうがない。

食べるもので調整しなければならない。

低カロリー食品で腹を膨らませればよい。

先月、仙人小屋と自然屋とハシゴをしたがキノコ主体の食事なため、

満腹にはなったが体重は増えず、良かったのだが・・・最近へヴィー。

このところ肉が多く、自分で設定しているボダーラインを超えそうだ。

それはマズイ!

ドライブを兼ねてヘルシーな食事を腹いっぱい食べたい!

そこで思いついたのが、栃木県出流町である。

ここは東北道の栃木インターを降りてそれほど時間がかからない山奥に、

蕎麦処がいくつもあり各店が味を競い合っている。

10年以上前に一度訪れた事があり、ブログに載せるにもいい所だと思う。

人生2回目の出流町、土曜だがスムーズに到着できるか?

朝7時前に部屋を出ると一年ぶりの東北道を目指した。

首都高用賀入り口から渋滞をしていたが、大渋滞には嵌らず川口インターに到着。

しかし、東北道に入ってから佐野藤岡から10km近い渋滞。(;´Д`A ```

前もって分かっていたのでここは辛抱。

渋滞を抜け、栃木インターを降りるとナビが教える通りに進む。

ナビが無くても迷い難いと思います。

昔来た時はナビ無しでスイスイでしたから。

しかし、出流町に向かう道路の途上で何が大変かというと、ダンプの往来の多さ。

何故なら道路周辺には石灰岩などを掘り出すプラントが数多く点在する。

道路も出流町に近づくにつれ狭くなり、気をつけないとすれ違いが出来ない所もある。

そこを抜けると出流町である。

私が訪れたのは昔と同じ店、元祖手打ち蕎麦のいづるやである。

到着したのは11時15分くらいであったが、駐車場はほぼ満車。

他県ナンバーの車が多い、すれ違うのはダンプばかりだったがいつの間に・・・w

店内に入ると、一組待ちだったがすぐに案内された。

注文するのは決まっていた。

5合蕎麦である。

5合とは蕎麦粉を5合使っていると意味。

名物は一升蕎麦である。

蕎麦粉を一升使っているもり蕎麦の事です。

この地域独特なものかは分かりませんが、蕎麦を腹いっぱい食べるには最適?

正式には盆ざる蕎麦といい、蕎麦は6合でも7合でも出来る。

前回も5合盛りだったので、どれくらいの量かは分かっている。

付け合わせは当然天ぷらだが・・・舞茸、野菜、海老盛りとあるが、

いろいろなものが入っている盛り合わせにした。

蕎麦が1500円で天ぷらが750円、合計2250円。

しかし、客が引きも切らず入ってくる。

土曜日とはいえ、大繁盛ですね。

数組の待ちのお客が居ますよ。

やがて注文の品が来た。

まずは天ぷらだが、値段の割に寂しいような。

遅れて蕎麦登場。

圧巻ですね。

見た目のハッタリとボリュームは物の見事にシンクロしている。w

改めてこれ、俺一人で食うのかよ?という見た目だが、蕎麦だからね。

5合蕎麦は2~3人前となっているが、私にしてみれば蕎麦の2~3人前なんか楽勝。

まずは蕎麦だけをそのまま啜る。

お!!!

昔より美味くないかい?

昔はボソボソな感じだったが、今回は強いコシと風味を感じる。

見た目は典型的な田舎そばで蕎麦殻の黒い点々が目立つ。

香りもいいね、打ち立て、茹で立てだね。

うん!ここの蕎麦は美味い!!!!!!

ツユは薄目。

薄目だが、蕎麦にはツユを半分くらい漬けて啜りこむ。

いいね~~、美味しいです!

しかし、量が多いため普段は絶対やらないツユにネギとワサビを入れる。

これに天ぷらをつけて食べ、その後蕎麦を啜る。

天ぷらは海老、人参、舞茸、茄子、インゲンの盛り合わせ。

勿論揚げたて。

食べ終える頃に蕎麦湯が登場。

蕎麦湯も全部飲み干しました。

う~~~~~~~~~~~~む!満足!

久々に美味しい蕎麦を腹いっぱい食べた。

このいづるやの他にもお蕎麦屋さんは沢山ありますが、

私としてはここだけでいいと思えるほどクオリティーが高いと思います。

蕎麦好きな方、特に田舎蕎麦ファンの方にはお勧めです!

だいたい2度目に訪れると「味落ちたな?」と思うのが人の常ですが、

間違いなく、昔より美味しいと思いました。

何より客がどんどん来ていました。

他のお店は・・・半分くらいの入りかな?w

栃木インターに割と近い場所に蕎麦の名店あり!

ここで一句

     美味い蕎麦

         蕎麦は側にて

                食べたいね

ここで一言

     ダンプと土埃を抜けるとホッとするね

2011年11月 7日 (月)

沼津市 カレーハウスJIB(ジブ)足高店 ロースカツカレー

Dscn1754

Dscn1744

Dscn1745

Dscn1746

Dscn1743

Dscn1748

Dscn1750

Dscn1751

沼津インターに入らず裏道を走ると通称モーテル街が続く。

インターの近くには何故かモーテルが多いが、ここ沼津インター近くより

多いところも無いのではないか?

それ程この通りには両側にモーテルが続く。

 

ん?いや、モーテルと言う表現は古い。

ブティックホテルとかファッションホテルという露骨ではない表現が

いいみたいだが・・・ラブホはラブホぢゃねえか!

ラブホテルでいいぢゃねえか!

昔、母親に「モーテルって何?」と質問した事があるが、聞こえないふりしてた。w

ま、私も学生の頃5歳下の妹に「4畳半襖の下張りって何だ?」と質問され

「自分で調べろ!」と言った記憶がある。

兄妹揃って世間知らずなため、おバカな記憶として残っている。w

 

北海道に車で一人旅を初めてしたとき、泊まる場所が無くラブホに泊まったな。

その時泊まったところが普通にホテルのような部屋で、

違和感が無かったのを覚えている。

その時度胸が付いたのか、車で一人旅の時泊まる場所が無い時はラブホに

泊まるようになった。

しかし、四国に行ったときゴンドラ型のベットにミラーボールの鏡張りの部屋だった時、

それ以来、事前にビジネスホテルを予約し時間に余裕を持ち、

計画的に旅行をするようになった。

やはり、寝るときは過度の装飾演出は必要ない。www

 

 

昔話になってしまったが、沼津のラブホ通り(モーテル街じゃねえのか?)を

抜けるとカレーハウスJIB(ジブ)がある。

JIBは静岡県内に何店か支店がある。

本店は中伊豆らしいが、接客最低だって。

JIBって本店を含め支店も接客が悪いのが伝統らしい?w

そんな中で足高店は接客がいいらしい。

そんな訳で、ラブホの想い出なんかどうでもいい。

静岡でも屈指の評判を得るJIB足高店にお邪魔しました。

 

 

入り口を抜けると和を思わせる庭園の中に落ち着いた雰囲気の店構え。

暖簾をくぐり店内に入るとその様相は更に強くなる。

店内は木造の洋食屋さんのですね。

いい感じです。

カウンター席は無いようで、テーブル席に案内されました。

メニューを手渡されると、分厚いこと!

まあ~~本当にどれにしようか悩むほどメニューが豊富!

ランチメニューもあるし、いやはやどれにしようか?

ここは私としては約1年ぶりになるカツカレーを注文。

辛さは7段階あるが私が選んだのは2番目の中辛。

3番目の辛口にしようかと思ったがやめた。w

ところで、1年前に食べたカツカレーは箱根湯本にある「箱根かれー心」であった。

非常にヘルシー志向の強いカレーで食後に爽快感のあるカレーであったが、

果たしてここJIBではどんなカレーが出てくるか?

 

しかし、ロースカツカレー1890円か・・・いい値段ですね。

値段に見合ったものが出てくるのか?

最初にサラダが来た。

小さい皿に盛られたサラダにドレッシングのボトルが2本ついてくる。

フレンチとゴマであった。

まずはゴマで半分食べてみた。

ゴマがえぐい位入っていて、かなりゴマが強調されたドレッシングであるが、悪くは無い。

次にフレンチドレッシングをかけてみた。

お!こっちの方が好印象!美味しいよ!

そしてメインのカツカレー登場!

 

 

うお!!!皿がデカイ!

デカイ皿に平たくライスが盛られ、大きいカツが乗り、ルーがたっぷりかけられている。

その他にインゲンと小さいパンが乗っている。

パンは最後に更に残ったルーを拭って食べるものだ!と思った。

まずはカレーライスで食べてみる。

んんんんんん!!!!!!!!

美味い!

うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!

物凄く濃厚でスパイシーで美味いカレーだ!!!!!!!

次にカツを食べる。

ぬおおおおお!!!!!揚げたてサクサク美味い!!!!!

1890円という価格に見合う味とボリュームだ!

だが、半分ほど食べ終えたところで私にしては珍しく満腹星人が早くも登場。

ここのカレー、物凄く腹にたまる。

箱根かれー心と真逆のカレー。

食べ応えと腹持ちを優先させ、満足感最優先のカレー。

これはこれで素晴らしいが、空きっ腹でないと無理だな。

私もここまで腹が苦しくなるのも珍しい。

美味しいカレーですが、同じボリュームを女性で食べ切れる方など居るのでしょうか?

多分、女性はカツカレー注文しないよな?w

 

 

いや~~満足満足。

味とボリュームに満足です。

次は揚げもの無しのカレーにします。w

 

 

ここで一句

      カツ食べて

           どこに行くのか?

                 ラブホ街w         

2011年11月 6日 (日)

沼津市 豚珍館 生姜焼き定食

Dscn1737

Dscn1730

Dscn1732

Dscn1734

Dscn1736

Dscn1731

昔、360年ぶりにフェルマーの最終定理が証明されたとしてニュースになった。

バカな私はフェルマーの最終定理というものが存在することをその時初めて知った。

 

 

3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない、

自然数 (x, y, z) の組み合わせがない。ということだが・・・(゚ε゚)ワカラン。

そんな時、国営放送の教育枠であの数学者、秋山仁先生がフェルマーの最終定理に

ついて語る番組が放送される事を知り、テレビの前に正座をして番組を見た。

私としては当然、フェルマーの最終定理の証明を解説してくれるものだと思っていた。

しかし、証明については語られず、最終定理物語みたいなものであった。

当然私はテレビに向かって突っ込んだ。

「をいをい!結局証明の解説は無いのかよ!」と。

あれから約15年経った。

未だに最終定理の証明は理解していない。

ただ言えることは最終定理の証明は論文であって、論文を理解し得るだけの

学力が自分にあるかと言えば・・・無い!!!

つまり、自分はフェルマーの最終定理の証明を知る権利が無い!と言える。

人間分相応とは良く言ったものだ。

幾ら背伸びをしてもしょうがない。

メッキもいつかは剥がれる。

自分の脳の許容範囲以上の知識が理解できるわけが無い。

そして、それは自分の胃袋にも言える。

胃袋の許容限度以上、食べ物が入る訳が無い!

 

 

壮大な前フリにお付き合いいただき、感謝いたします。w

今回はこの地域では大盛りで有名な店、豚珍館にお邪魔しました。

このお店ではおかずの大盛りが出来るそうです。

生姜焼きとか野菜炒めとか本来ならご飯大盛りなんですが、

おかずを大盛りにしちゃうという、さすが力士出身の店主の考え方。

特にカツカレーの大盛りが有名らしいが・・・私は確かに食べる方ですが、

フードファイターほどの胃の容積は持ち得ていないので遠慮します。w

 

店内は居酒屋風こじんまりとしたお店です。

入店時は11時を15分ほど過ぎていましたが客は私だけ。

メニューは壁に貼ってありいろいろあります。

何にしようか悩みましたが、悩んだ時の生姜焼き!wということで

生姜焼き定食650円を注文しました。

大盛りは注文しないで、普通盛りにしました。

しかし、この店の雰囲気はどこかで???桃太郎商店!!

居酒屋兼務は賑やかな内装になるのね?w

やがて注文の品が来ました。

ご飯と味噌汁とおかずの3品です。

普通盛りはあくまでも普通ですね。

でも、ご飯は見た目より多いぞ。

おかずも千切りキャベツはこんもりと盛られているし。

普通盛りでも十分食べごたえはあると思います。

何しろ価格も安いし。

味は生姜焼きについては生姜がかなり効いています。

味は自分としては濃すぎず薄すぎずで良かったです。

おかずとご飯のバランスも良く、どちらか物足りない感じも無かったです。

お椀も普通でした。

次回は自慢のカレーライスを食べてみたいですね。

場所は原駅の近くです。

 

大盛りは他の方の画像を見る限り自分の許容限度越えている。w

特にカツカレーの大盛りは・・・凄い!!!

 

 

ここで一句

      大盛りは

         美しくもあり

              苦しみも

 

整いました!

      生姜焼き定食とかけてお参りと説きます

             そのこころは?

           ジンジャー(神社)が必要です

2011年11月 5日 (土)

静岡市 大井川鉄道井川線 奥大井湖上駅周辺

Dsc_1010

Dsc_0967

Dsc_0972

Dsc_0975

Dsc_0992

Dsc_0994

Dsc_0998

Dsc_1001

Dsc_1006

Dsc_1008

去年、ここに訪れた時は紅葉真っ盛りであった。

だが、それ以上に眼下に広がる湖の上に浮かんでいるように見える駅。

この光景は久々に感動できるものであった。

その時は生憎の天候で、空には灰色の雲が太陽を遮っていた。

だが、そんな天気を差し引いてもその光景は素晴らしかった。

そして今まで知らない人生を送って来た事を後悔した。

昔、井川ダムまで来ていたのにここを知らなかった。

まだインターネットも無い時代の事、準備不足だった。

それから10年以上が経過し、とある小冊子の表紙に湖上駅が掲載されていた。

「こんなところが日本にあるのか?」

調べてみると静岡市の山奥。

昔、静岡に学生として生活していたのに・・・知らなかった。

 

 

若き日の無知、無関心を悔いる為にも私は出掛けた。

そして、そこは感動をくれた。

 

 

今年も奥大井湖上駅に行くことは決めていた。

天気予報で雲もほとんどない快晴を予報していたのと私の休日が重なった。

前日は酒も飲まず就寝。

翌朝は5時半起床、6時過ぎ出発。

静岡市内で出勤ラッシュに巻き込まれるものの、順調に到着した。

今年は青空が良いスパイスになりました。

時間調整したわけでもないのに丁度列車がやってきました。

去年もそうだったが、ついている!運行本数少ないのに。

今年は平日なのと紅葉前なので人が本当に少なかった。

湖上駅のホームに佇み周囲を見渡すと最高な気分!

北海道も日本らしくない景色が多いが、静岡でこんな景色が見られるとは。

 

 

爽快な気分に浸り、車を止めてある場所まで戻る。

~あああ・・・あの階段を上らなければならないのか・・・

帰路が大変なんだよね。w

汗だくになったが、もう一度湖上駅を撮影し本当に帰路につく。

本当に、本当に来るのも帰るのも大変だよ。w

 

ここで一句

      また来たよ

          叫んでみても

               人、居ないw

2011年11月 4日 (金)

静岡市 井川五郎ダム、大井川鉄道井川線 井川駅周辺

Dsc_0935

Dsc_0937

Dsc_0939

Dsc_0941

Dsc_0943

Dsc_0946

Dsc_0950

Dsc_0957

Dsc_0959

Dsc_0961

Dsc_0962

Dsc_0964

紅葉には早かったけど、青空が広がって良い天気。

天気が良ければ写真も映える。

前回は奥大井湖上駅までだったが、今回は食事の関係で井川ダムまでやってきた。

正式には井川五郎ダムと言うのだが、理由は割愛。

自分で調べてください。w

この井川ダム、私が訪れるのは2度目。

前回来たのは・・・え?10年以上前?

やはり、若い時は勢いがあるから秘境を秘境と思わなかったね。w

 

ところでダムといえばやはり黒部。

行きたいですね。

今年はもう無理かな?

黒部ダムまで行くと室堂まで行きたくなるし。

お金もかかるし。w

 

井川ダムは遊覧船もあるけど、今回はやっているのか?

やっていないのか?分からなかった。

紅葉真っ盛りなら本当に綺麗だと思います。

それと、もう少し足を延ばすと寸又峡もあります。

寸又峡は入り口までは行きましたが・・・

いつかトライしたいですね。

 

 

ここで一言

     紅葉、観に行こうよう

2011年11月 3日 (木)

静岡市 じんきち本店 から味噌ラーメン

Dsc_0932

Dsc_0929

Dsc_0927_3

Dsc_0911_2

Dsc_0919

Dsc_0920

Dsc_0921

Dsc_0923

Dsc_0924

Dsc_0926



食を楽しめなかった・・・

 

 

去年、奥大井湖上駅に来て紅葉を満喫し、何よりも日本とは思えない景色に感動したが、

この周辺には素晴らしい景色の代償として食べるところが無い。

私は胸いっぱいの感動をもらったが、腹は朝から何も食べない状態だったので、

去年は帰路の途上、3時ころでようやく食事が出来た状態だった。

 

 

どこか、、、どこかにお食事処はないのか?

 

 

再度、奥大井湖上駅に行くことを決めた私は周辺をネットでリサーチした。

あった!

じんきち!

井川ダムより3kmほど離れている。

だが、良く調べると不定休に近いらしい。

木曜定休だが不定休か。。。

行ってみるしかない!

人生ギャンブル!

 

奥大井湖上駅を通り過ぎ、狭くてうねうねカーブの続く道をひたすら走る。

3kmとはこんなにも遠いものか?

スピードが出せないので時間がかかる。

しかし、道の途上で看板を見つけると私のテンションは上がった。

(頼む!営業していてくれ!)

11時過ぎに到着した。

やった!営業している!無駄足にならなくてよかった!

店内は先客が1名いた。

あ~~いいお店だ!

雰囲気最高!

囲炉裏があるよ!

 

 

静岡の山奥にメニュー豊富なお食事処があった!

それは店に入ると何ともいえない素朴な雰囲気。

表で食べようと思えば食べることが出来る。

豊富なメニューの中から私は店主お勧めの「から味噌ラーメン900円」を注文。

一応、お約束の大盛りを注文した。

店内を撮影しているうちに注文の品が到着。

なんとサラダ付き!

意外ね。w

撮影を済ますと・・・いただきま~~す!

まずはスープ。

辛味噌だが私としては許容限度の範囲。

しかし、唐辛子が一本まるまるあるね。

これをカジッたら・・・死ぬね。www

麺は細麺ストレート、茹で加減柔らかめ。

う~~ん・・・ラーメンとしての完成度は疑問だな。

 

 

でもね。

 

 

この自家製味噌、美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!

スープも何でダシを取っているかわからないほど薄いが、

味噌がナチュラルで美味い!!!!!!!

薄いと思わせるスープが味噌の美味さでぐいぐい飲ませる。

スープの浸みた麺が美味い!!!!!!!!

具にはチャーシュー、ネギ、竹の子、玉ねぎ、何故かニンニクの茎などなど。

味噌ラーメンとしても具がたっぷりで食べ応えあり!

そして麺も大盛りとして納得以上の量が入っていた。

味噌は赤味噌か?豆味噌か?

コクがあるがキレがいい。

キレがいいから飲みたくなる。

そして辛味がそれに拍車をかける。

味噌の美味さで食わせるラーメン。

ラーメンマニアはこのラーメンを褒めることはないだろう。

しかし、食堂のラーメンとしては創意工夫に溢れ、尚且つ独創性を構築する味噌。

食べる価値あり!

食べに来る価値あり!

結局、唐辛子1本を残しスープまで完飲。

自然の力に満ちたオーガニックラーメン。

素材の持つ力を味わえるラーメン。

この店に来るのは本当に大変ですが、私は大変満足できました。

定食メニューも充実しているし、次回はそちらにもチャンレンジしたい!

(次回って・・・いつになるやら?w)

 

 

ここで一句

     辛(から)くない

         辛(つら)くないのと

               間違えた?

 

 

整いました!

      じんきちとかけて剣道と解きます

 

           そのこころは?

 

                   メン食らいました

2011年11月 2日 (水)

富士市 東名高速 富士川SA下り 豚丼

006

004

007

008

009

010

013

早朝シリーズ第13回目。

 

 

私にとって何が悲しいかといえばアクセス数の減少である。

ここ3日、異常なほどアクセスが少ない。

この少なさは私の人生にとって、恐ろしいほどの危機なのだ。

私は一日1000アクセスを目指している。

だが、通常三分の一で推移している。

 

 

私が求めるアクセスとは・・・

本当に思ってくれている方の増加。

訪問者の増加である。

 

 

今の自分はまだまだつまらない人間だ。

 

そんなつまらない人間のレポート。

 

 

しかし恐ろしいほどチープな豚丼。

この場合、精神的にチープ。

850円出してセルフサービス。

電子レンジで温められたご飯。

旨味の無い豚肉。

セルフサービス。

それで850円!

 

 

修行が足りません。

 

 

ここで一句

     超えてやる

         千と言う名の

              紙テープ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »