フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 札幌市 宮越屋珈琲 パセオ店 ブレンドコーヒー | トップページ | 帯広市 六花亭本店 サクサクパイ、雪こんチーズ »

2011年11月27日 (日)

帯広市 元祖 豚丼のぱんちょう  豚丼、味噌汁

Dsc_1272

Dsc_1274

Dsc_1276

Dscn1954


Dsc_1281


Dsc_1284

Dsc_1285

Dsc_1286

Dsc_1291

Dsc_1294

Dsc_1295

Dsc_1296

面食らう!

麺を食らうのではなく、面食らう。

北海道2日目は天候によりレンタカーは諦め、電車での移動にした。

帯広に行くことは事前に決めていたので、特急で行くことにした。

みどりの窓口で「帯広まで特急往復」を告げる。

「帰りの時間はいかがしますか?無料で座席指定出来ますけど?」

16時の帯広発を選ぶと「はい、では12600円になります」

( Д) ゚ ゚

往復5時間の移動時間であるが、何も知らないとはいえ12600円!

でもレンタカー借りて高速使い、ガソリン代を考えれば・・・安いか?w

あ~~~、でも人生こんなに電車に乗るの何年振りだろう?

もしかしたら、高校の修学旅行以来かもしれない。

とにかく、電車が嫌いな私だが今回はしょうがない。

しかし・・・車内は退屈だ!

ラジオもテレビも無い。

携帯はトンネルの度に切れるし、山間部は範囲外。

長いな~、居眠りしようとしても眠れな~~い。

特急だけど車とそんなに大差ない移動時間じゃないか?

やがて帯広に到着。

帯広に来た目的は2つ、まずは豚丼!

帯広は豚丼が有名だが、その中でも代名詞的存在、ぱんちょうに訪問。

はぁ~、この店も何年振りだろう?

10年以上は間違いなく経過している。

人生3回訪問し、一度目は臨時休業というドアホな展開だったな。w

12時前だったが、店に入ると客は8分位の入り。

相席だったが気にしない。

この店では相席が当たり前!(2度目の訪問で良く言うわ!w)

注文したのは豚丼(梅)1050円とワカメの味噌椀180円。

この店では豚肉の量のランクが多い順に 華・梅・竹・松となる。

松が一番肉の量が少ないのだ。

それはこの店の先代店主の名前が「梅」さんらしいので、そうしたらしい。

前回も梅を注文したので、同じ大きさにした。

味噌汁も他になめこがある。

さほど待たずに豚丼登場!

撮影許可も得ずに一眼レフで撮り続ける。

さあ!ではいただきます!

グリーンピースが散らしてあるが、これはあくまでも彩り。

まずはお肉を頬張る。

んんんんんんんんん!!!!!!!!!!!!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

厚みのある肉だが、全くの抵抗を感じることなく噛み切れる。

それでいて適度な弾力感が肉を食べている事の至福を感じさせる。

肉柔らかく、旨味も十分。

何より肉を生かすタレがいい!!

甘過ぎず、辛過ぎず、香ばしく、芳しく。

あくまでも肉が主役であることを陰ながら支えるタレ。

次に飯をかきこむ。

タレの浸みた飯は美味いな~。

肉と飯を次々に胃におさめる。

味噌汁は普通でした。

ふぃ~~~~・・・満足!いや~~美味しい豚丼です。

去年は新千歳空港にあった花畑牧場のホエー豚丼を食べましたが・・・

やはり、ぱんちょうの方が断然美味い!

帯広というところは簡単に来る事は出来ませんが、満足いたしました。

帯広来たら、豚丼食べなくて、ましてやぱんちょうに行かなくてどうしますか???

ここで一句

      肉食えば

          腹が増すなり

                 メタボ腹w

ここで一言

       豚丼と味噌汁で1230円か・・・

               交通費込みで・・・( ´_ゝ`)フーン

« 札幌市 宮越屋珈琲 パセオ店 ブレンドコーヒー | トップページ | 帯広市 六花亭本店 サクサクパイ、雪こんチーズ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

北海道 グルメ」カテゴリの記事

北海道 肉類」カテゴリの記事