フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

足柄下郡湯河原町 国味ラーメン カツ丼

246

247

248

249

250

251

人間だもの・・・

人間だから・・・

たまには違う道を進みたい。

 

 

別にあいだみつお大先生が言った訳ではない。

しかし、何故あいだみつお大先生の名言をトイレに飾ろうと思ったのだ?

いや、むしろトイレに飾ってくれたおかげであいだみつおを知った、と言ってもいい。

私が知ったのは某カー用品店なのだが、勿論そこのトイレにあった。

あいだ先生には申し訳ないが、ある意味、トイレの神様=あいだ先生といえないか?

トイレで人生を学ぶ、素晴らしい。

思えば、一番妄想できるのがトイレの中ではないか?

そんな妄想を重ねていると、やはり違う方向に歩んでみたいと思う。

湯河原の国味、ここではいつも麺を食べていた。

一度たりともご飯ものを・・・食べた。w

生姜焼き定食を食べたぞ!w

思いだした。

ならば、カツ丼を食べてみましょう。

 

 

私はかつやに時々行くが、注文するのはカツ丼の松892円。

それに豚汁の小をつけると997円。

豚汁大だと1000円オーバー。

カツ丼の松は80gの肉が2枚、つまり160g。

今まで食べて来たトンカツとしてはよくよく考えれば普通といえるグラム数。

ならば、ボリュームのあることで有名な国味で普通にカツ丼を頼んだらどうなる?

メニューをみるとカツ丼は840円。

かつやの松より安いぞ。

揚げ上りに時間がかかるが注文してみた。

 

 

麺類の注文が次々と提供される中、ようやくカツ丼登場。

「おまちどうさま」

湯気がほんわかと立ち上る中、撮影させていただき、まずはカツを。

おお!!!結構、肉に厚みがありますね。

計って無いので正確には分かりませんが、200gぐらいありそうですよ。

一口かぶりつくと衣のサクサク感が伝わり、そして肉がにゅわ~とちぎれる。

うん!肉がやわらかく、美味い!

て、いうか、ここのカツ丼結構美味いよ!

へ~~、知らない人生を少なくとも10年は過ごしてしまった。w

この店を知って約10年。

初めて食べたカツ丼がこんなに美味いとは!

やわらかく、旨味のあるロース肉をこれまた美味い割り下と玉子で包み、

かつやには申し訳ないが、次回カツ丼が食べたい時、国味に行きたいと思える物。

甘からず、辛からず、カツ丼として丁度いい塩梅。

割り下のベース、何だろう?もしかしてラーメンに使っているスープ?

肉の良さと味付けの良さが見事に相乗効果。

美味しいので当然完食なのだが、食後の満足感も相当な物。

ご飯もたっぷり詰め込まれ、割り下が浸み込み満足満足。

味、ボリューム、文句無し。

価格は妥当・・・いや、やはり安い方でしょう。

大西系、もしくはそこで修行された店のカツ物はやはり美味い!

 

ここで一句

      負け犬も

         食べて納得

               カツ丼だ!

2012年2月27日 (月)

北杜市 キープファームショップ、清泉寮 パンいろいろ、ソフトクリーム

Dsc_3337

2度目のキープファームショップ。

Dsc_3338

雪が・・・

牛が・・・

Dsc_3340

かわいい顔しているよ。w

Dsc_3344

店内の様子。

勿論、撮影許可を得ました。

Dsc_3351

なかなかお洒落な店内。

Dsc_3352

冬の方が景色が素晴らしい。

Dsc_3357

キープファームショップ。

ここでパンを買いました。

Dsc_3358

右からセサミカンパーニュ、五穀パン、カレーシャンピニオン、胡桃レーズンパン。

Dsc_3359

こんな辺鄙な(失礼)ところで手作り感満載のパンたち。

ハッキリ言って、不味い訳が無い!

美味い!!!

ここのパン、美味い!!!!!!

胡桃レーズンパン、食べ始めたら止められない!

香ばしさと小麦のそのものの美味さ、それは後を引く美味さとなり、

いつの間にか全部食べてしまう。

Dsc_3363

Dsc_3360

パンがずしり、と重い!!!!!

Dsc_3361

これ、カレーパン。

焼きカレーパン。

大人のカレーパン。

辛さ、味わい、美味い!!!!!!!

おかげで、揚げたカレーパン、もう食えん!!!!!!www

Dsc_3364

Dsc_3368

次にソフトクリーム350円を食べる。

350円か????????

高い!!!!!!!!

 

 

でも

 

 

美味い!!!!!!!!!!!!

なんじゃこりゃ!!!!!!!!!!!!

濃厚、ひたすら濃厚!!!!!!!!!!!!!!!!

生乳100%ではなく、練乳、生クリームの結晶とみた。

ソフトクリームとしては結構、コシがあるというか、しっかり感がある。

滑らかさよりも食べ応え?

真冬におかわりしたくなるソフトクリーム。

うおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Dsc_3370

Dsc_3374

Dsc_3356

撮影許可ありがとうございます!!!!!!

美味い!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!!

そして、その美味さを八ヶ岳を見ながら食べられる幸せ。

今まで清里周辺しか知らなかったが、やはりいろいろありますね。

行くまで時間がかかるが、また行くぞ!

 

ここで一句

      雪残る

         今が見ごろだ

                八ヶ岳

2012年2月26日 (日)

北杜市 仙人小屋 川魚イクラ丼、鹿肉しゃぶしゃぶ

Dsc_3317

Dsc_3321

Dsc_3323

Dsc_3324

Dsc_3325

Dsc_3326

Dsc_3327

Dsc_3328

Dsc_3329

Dsc_3330

Dsc_3331

Dsc_3332

Dsc_3334

Dsc_3335

たまに情報をいただきます。

「あのお店は美味い」

「あそこもいいですよ」

物凄く嬉しく思います。

そしてありがたく思います。

その中で、「富士吉田の渡なべうどん店はいいですよ!」という情報をいただいてから、

やっと本日行く気になり、カーナビを設定し出発しました。

早起きが得意な私は忍野近辺に9時半に着いてしまいました。

「山梨まで行くか」

私は時間つぶしのつもりで更に中央道を進む。

意外と雪が少ない。

私は急に仙人小屋に行こうと思った。

なんとかなるのでは?と思った。

標高1350mにノーマルタイヤで挑戦することにした。

冬の仙人小屋の料理、熊が食べたい!!!

いつの間にかうどんから熊肉に対象がシフトしていた。w

 

 

道路脇に積雪があるものの、道路自体はまったく不自由なし。

ノーマルタイヤでもまったくの不安なしに、到着することが出来た。

仙人小屋周辺を撮影し、開店を待つ。

さすがに今回は私しかいないようだ。

入店し、メニューに目を凝らす。

一番食べてみたかったまたぎ汁定食は無い。

初春の山菜もいいが、イクラ丼があったのでまずはそれに決める。

次に鹿肉メニューのラインナップの中で興味深いメニューが。

「しゃぶしゃぶ」。

単品で鹿肉しゃぶしゃぶ2000円をオーダー。

合計3800円。

高くつくけど仕方ない!

自分で同じものなんか作れない。

 

 

「お茶飲んで待っててね」

店主が言う前に飲んでます。w

しかし、、、     

盛り付けするだけで済むメニューなのに結構、待たされる。

しかし、それは提供された品物で納得することになる。

まずはしゃぶしゃぶ用の鍋がセットされ、イクラ丼と鹿肉登場。

おおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんじゃこりゃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

鹿肉、ディープインパクトじゃああああああああああ!!!!!!!!!

この店の最大の欠点は目の前に料理が来るまで、想像ができないこと。

鮮やかな鹿肉が大量に盛り付けられたそれは圧倒的迫力とボリューム。

このボリュームなら2000円でも安い!と思えるもの。

どこかのチェーンのしゃぶしゃぶ食べ放題が愚かに思えるぞ。

だが、鹿肉しゃぶしゃぶ定食で十分なボリュームなのにイクラ丼?

注文に関して、今回は失敗だな。

欲張りすぎた。w

まずはイクラ丼を食べることに専念する。

すると、店主が話しかけてきた。

今回で3度目だが初めて話しかけてきた。

私の車のナンバープレートを見て、私の出身地を尋ねてきた。

すると、店主は気さくに話し込む。

店主の話に相槌を打ちながら、イクラ丼を掻き込む。

イクラ丼を半分ほど食べたところでしゃぶしゃぶを食べる。

 

 

鹿肉をしゃぶしゃぶせずに、まずはしっかり茹でる。

あああああああ!!!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!

これだけ脂身の多い鹿肉、初めて食べる。

淡白な肉の旨味と、脂身のほんわかとした甘さとコクを感じる。

鹿肉もオスがあり、メスがある。

老いた肉もあり、若い肉もある。

ロースもあり、バラもある。

この肉は若いメスの肉だという。

若いメスしか脂身が付かないという。

処女の鹿肉の脂身は、人間が牛に求めてきた脂身を否定している。

鹿肉を口に運ぶたびに蓮華の畑を歩く自分を想像する。

蓮華の花を口にするとほのかに甘味が・・・

蓮華の花の蜜の味、それが鹿肉にシンクロした。

あああ・・・美味い。

このしゃぶしゃぶは牛や豚、そして新たに鹿という分野を構築した。

蓮華の花の美味さを纏った儚き生命の味。

命をいただいているのだ。

ありがたい。

 

 

私はサニーレタスもしゃぶしゃぶし、肉と一緒に食べた。

しゃぶしゃぶのツユは甘さを感じるもので、私は店主に尋ねた。

「この出汁はキノコなどからも取っているですか?」

すると店主は首を横にふる。

「カツオと昆布だよ、肉の味を殺したくないから」

 

 

キノコ汁のベースとしゃぶしゃぶの出汁は一緒だと思います。

やはり、出汁の味付けか?

出汁に鹿肉の旨味が加わり、一緒に付いてきた野菜やキノコ、山菜の旨味が加わり、

何とも奥深く、真似の出来ない味が構築される。

日本の四季を味わうについて、感動を与える店だ。

しゃぶしゃぶを食べるポン酢とゴマダレは間違いなく市販の既製品。

だが、それを払拭する素材の美味さ。

何よりも、素材を味わい尽くし、出汁を飲む私がいた。

今回で3回目だが(1回目は臨時休業w)、4回目の訪問も決定。

店主と語るうちに私は汗をかいていた。

イクラ丼を頼まないで、単純に鹿肉しゃぶしゃぶ定食を頼み、〆に残った出汁で

おじやも良かっただろう。

とにかく、美味くて、美味くて、感動を与える店。

「5月においで」

5月、デー家物語はまた行きます。

 

ここで一句

     感動は

         犠牲の上に

               成り立つか?

2012年2月25日 (土)

富津市竹岡  鈴屋 チャーシューメン大盛り

201

195

196

197

199

200

このところ、千葉に良く行く。

特に意味は無い。

意味は無いが無意味だと言う訳ではない。

一応、食べ歩きのブログだから千葉なら「行った!出掛けた!」という気になるじゃない?

横浜まで行って、アクアライン通れば千葉なんだし、内房なら近いじゃん。

水が不味いけど、美味しい物結構あるし。

それに梅乃家ばかりじゃ、ワンパタ~~ン!て言われちゃうじゃん。

ワンパターンと言われない様に鈴屋に行ったよ。

鈴屋?このブログでは4回目の登場。

・・・多い方だな。w

千葉で行きたいラーメン屋は沢山あるが、前回臨時休業を喰らった「江ざわ」に

再アタックをした。

営業開始10分前に到着すると、駐車場にはすでにお客が待っている。

日曜日だし、さすがに臨時休業は無いだろうと思いながらも、

勘が鋭いが故に嫌な予感が・・・

一応、店から離れたところに車を止め、遠くから様子を伺う事に。

やがて開店時間になると、駐車場から車が次々と去っていく。

「ちっ!」私は思わず舌打ちをした。

嫌な予感は当たってしまった。

本日臨時休業の張り紙も無かったのだろう、張り紙があれば駐車場で待たないよ。

なんという店!理由が何かしらあるにしても臨時休業を連荘で喰らうとは!

「もう、江ざわには来ない!」

今回は勝浦タンタンを諦め、内房に向かう。

それが昨日更新した「さすけ食堂」である。

江ぐちがどんなラーメンを食べさせてくれるか分からないが、黄金鯵は

臨時休業を喰らったショックを払拭してくれた。

だが、やはり麺を食べたい。

ラーメンを食べ損ねたからラーメン!なんてラヲタ的な考えは持ちたくないが・・・

結局、鈴屋に来ちゃった。w

日曜日なので店内は満員御礼。

しかも4回目にして初めての空席待ち。

15分ほど待って、ようやく席が空いた。

当然、合席だね。

注文したのはチャーシューメン大盛り850円。

注文さえしてしまえば割と早く出来るのがこのお店。

5分少々でチャーシューメン登場。

相変わらず醤油ラーメンの中では屈指のビジュアル系だな。

これ見て食欲わかない人はいないでしょう?

ネギもプチネギラーメン程入っている。

そして分厚いチャーシュー。

まずはスープ。

うん!美味い!

化学調味料が入ってはいるが、だからどうしたと言わんばかりのダシ加減。

次に麺を啜る。

ズルズル~ツルツル~・・・

細く直線的な麺は気持ちよく喉元を過ぎて行く。

本当にこの店は麺とスープのバランスがいいな。

バランスの妙が生み出す美味しい醤油ラーメン。

メンマも細く刻まれ、麺とのバランスを保つ。

だが、そのバランスを崩さんとしているのがチャーシュー。

チャーシューは厚く、デカイ。

ムシャムシャと喰らいつく感じになる。

だが、いいのだ。

肉をたっぷり食わせてやりたい!というお店の粋なのだ。

千葉だけど江戸っ子の心意気があるね、てやんで~!素晴らしいぞ!

麺を食べ終えると大量にネギの浮いたスープが残る。

それをレンゲでネギを掬いながらスープを楽しむ。

スープは大量にあるので、さすがに全部飲み干したいと思わないが、

ネギはもったいないので残さず掬いましょう。w

本来、この店ではライスが定番というか必須注文メニューらしい。

当然だろうね、スープを飲みながらライス食べたら最高だと思うよ。

しかし、注文する気は無かったがライスはすでに売り切れ。

個人的にチャーハンがあれば最高なのだが・・・

ここで一句

       ライスより

           焼き飯恋し

                 富津にて

2012年2月24日 (金)

富津市 さすけ食堂 さすけ定食

193

183

185

187

189

190

191

192

Dscn2900

怒涛の千葉グルメ旅。

千葉グルメ強化月間。

内房のばんやと外房のばんやの食べ比べで目覚めた千葉グルメ。

労力と時間とカネをかけて、千葉を食べ歩きたいと思う。

しかし、外房よりも内房の方がはるかに行き易いのは確か。

外房は片道5時間覚悟しないと無理だ。w

そこで、今回は通い慣れた?内房の国道沿いにある「さすけ食堂」にお邪魔した。

ここにお邪魔する理由があるけど・・・明日に持ち越します。w

この店に関して予備知識はアジフライが美味い!ぐらいしかなかった。

当然、アジフライ目的で行った。

場所は金谷のフェリー乗り場のすぐ近く。

国道沿いに「黄金アジ さすけ食堂」と黄色い看板が出ている。

隣接して大き目の駐車スペースがあるが、すでに満車。

フェリー乗り場の駐車場に車を止め、徒歩で3分か?

お店の外見は正直に言いまして、とても繁盛店に見えません。

パッとしない店構え、小さなお店。

ところが店内に入ると、ほぼ満席。

訪れたのが日曜の昼時とはいえ、外観からは想像も出来ない客の入り、いや!

私が入店後には数人の待ちと諦めて帰る客が・・・!

「これは期待できる!!!」

メニューを見るとなるほど、アジが売りの店らしくアジがメインのメニューばかり。

ところが、お勧めとして麺類がある。

特にカジメという海藻類を練りこんだ塩ラーメンが人気というが・・・

みんなアジフライばかり食べているやんけ!!!www

悩みに悩み考えに考えた末に、鯵フライと鯵の刺身がセットのさすけ定食1500円にした。

しかし・・・厨房内には3人の女性が役割分担で頑張っているが、

俺みたいにデカイ目標物がのっそりと店内に入って来て、着席して、

それから次の客が入ってくるまでの間、俺の存在に気が付かないって・・・

いい意味で言えば、わき目も振らずお仕事だが・・・w

このお店では引っ込み思案はダメだな。

客が一言二言アピールしないと。

「こんちわ~~!」とか初訪問でも声をかけないとダメ??

気が付いてくれない!とか言う前に自分から声をかける必要性もあると思う。

何よりも忙しいせいか、お会計&片付け担当が小学生らしい女の子。

尚更客が黙っていてはいけない店。

そうです、美味しくてお店の人が慌ただしい店は

客もいろいろと気を使わないとダメなんです。

でも過剰なサービスは期待していないが、

客が入ったかどうかぐらいは気が付いて欲しいな~。

個人的にはそれが一番悲しい。

10分以上待って、さすけ定食登場。

先にフライが登場し、2~3分遅れで刺身登場。

さすけ定食の場合、何も言わないと鯵は刺身で来る。

刺身とタタキと選べるので好きな方を頼めばいい。

記念撮影をすると、まずはアジフライをガブリ!!!

おおおお!!!!!!!!!

おおおおおお!!!!!!!!!!

何て分厚い鯵!そして肉厚の鯵からシミ出る旨味!!!

ここのアジフライ、美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何よりも身の厚さが凄い。

ここまで肉厚のアジフライ、食べた事が無い!

なるほど、これなら客が押し寄せるわけだ。

アジフライなので、当然のごとく卓上のソースをかけて食べたが、

鯵が素晴らしいので、大根のおろしポン酢とか醤油でもいいかもしれない。

う~~~む、、、、これは素晴らしく美味い!!!

次に刺身を食べる。

大きな切り身であるが、仕事内容は漁師飯みたい。

包丁に繊細な仕事ぶりは感じられないが、美味いよ!!!!

去年、三浦半島で松輪サバを食べたが、ここの鯵は同等かそれ以上だな。

いやはや、凄い店を見つけました。

鯵って旬は冬場じゃないんだよな。

夏場とか春から秋にかけてが美味しい時期なんだよな。

季節外れでこんなに美味しいの???

凄いね。

調べてみると、黄金鯵の旬は11月らしい。

今年の11月はこの店に3回は来たいね。w

アジフライはふわふわのじゅわ~~、刺身はプリプリのじわ~~。

美味い!!!

味噌汁を口にすると、何やらネバ~っとしたものが。

食感はヌルヌルネバ~~だけで特に歯応えなし。

これが「カジメ」か??!!

この店の売り物である麺の中に練りこんである物。

麺類は次回の楽しみにしますか?

このお店、フライは当然としても、刺身も小付の冷や奴も、すべて注文を受けてから

刺身を切り、豆腐を盛りつけます。

ラーメンのチャーシューも注文を受けてからチャーシューを切っていました。

少々待たされるのも納得ですね。

サービス面では多少、欠点はありますが、こういう店なのだ!ということが分かったので、

次回からは何の不満も無く利用する事が出来ると思います。

待ってちゃダメ、辛子が欲しければ「カラシ!」、マヨネーズが欲しければ「マヨ!」、

などと言う必要性があるし、言えばちゃんといただけるので言いましょう。

内房のお勧め店です。

ここで一句

     遠慮は

        してはいけない

                繁盛店

2012年2月23日 (木)

小田原市 ひろし食堂 スタミナ麺

Dscn2878

Dscn2879

Dscn2880

Dscn2881

Dscn2882

Dscn2883

Dscn2885

Dscn2886

4度目の訪問になる「ひろし食堂」。

味噌チャーシューが2回、生姜焼き定食が1回か。

今回は麺にしましょう。

前回訪問時に気になっていた「スタミナ麺」を食べてみましょう。

丁度、開店時間に入店したので、店内にお客は私一人。

迷わず「スタミナ麺大盛り」を注文するが、麺を熱くすることも出来ると書いてある。

私は「麺熱で」と注文すると店主が「麺熱?本当に熱いですよ、茹で立ての麺に

アツアツの野菜餡をかけるので、めちゃくちゃ熱いですよ」と言う。

店主が言うには麺を冷した状態のスタミナ麺で通常のラーメンの熱さだという。

私は汗っかきなので食べてみたかったが、通常のスタミナ麺にした。

大盛りで800円になる。

注文が出来るのを待っている間、出前の電話やお客がぞろぞろとくる。

そして、スタミナ麺登場!

うひょ~~表面張力の決壊寸前や~~。w

 

 

野菜餡ではなく、スープ全体がとろみのついたもの。

たっぷりの野菜と肉が炒められ、名前に恥じない?ボリューム。

まずはとろみのついたスープを一口・・・熱い!!!

なるほど、アッツアツ!

そして決壊しない様に注意しながら麺を掘り起こす。

麺には熱い餡がたっぷりと絡みついている。

ずるずるずる~~と慎重に麺を啜る。

麺は確かに冷水で〆られたものだが、熱い餡が絡み確かに普通のラーメンの温度。

麺熱は確かに相当手強そうですね。w

肝心のお味ですが、ニンニクがほのかに効いて醤油ベースのスープです。

炒めた野菜や肉の旨味が滲み出て、ほんわかと美味しいスープです。

スタミナ!というよりもサンマーメンや広東麺のチョイ悪系?な感じです。

突出したインパクトは無く、野菜も沢山食べられる食堂のラーメンです。

 

 

卓上にあるお酢を少々垂らしてみましたが、酢は合わないね。

あんかけ焼きそばとはやはり違う。

次に黒コショウをたっぷりとかけてみました。

お!

黒コショウいいね!

粗挽き黒コショウがキリリと味を引き締め、あんかけにありがちな平坦な味の印象を

大きく変化させました。

勿論好みの問題もありますが、私はこのスタミナ麺に関しては是非、

黒コショウをどうぞ、と言わせていただきます。

結構ボリュームがありましたが、美味しくいただきました。

食堂のラーメンとして、栄養バランスなども考えると大変満足の出来るお食事です。

ただ、ニンニクが少々効いていますので、気になる方はニンニク抜きを頼んでください。

店主はニンニク抜きの注文も気軽に応じていました。

 

 

あ、それと一言。

        おトイレのお香、やり過ぎですよ。

 

ここで一句

      スタミナを

          求めてみたが

                 腹いっぱい

 

2012年2月22日 (水)

銚子市 犬若食堂 ミックスフライ定食

Dsc_3242

Dsc_3238

Dsc_3229

Dsc_3231

Dsc_3232

Dsc_3233

Dsc_3234

Dsc_3236

Dsc_3237

外川駅の看板を見つけた時、「ここまで来たか」と感慨深くなった。

約16年ぶりの犬吠埼周辺。

回転寿司の島武を見つけた時、入りそうになったが堪えた。

昔、島武で寿司を40皿食べた。

会計も1万円近かった。

逆に言えば「40皿食べても1万円にならない」と思った方がいいのか?

40皿、当然80貫近くの寿司を食べたわけだが、

美味いからそれだけ食べる事が出来た訳で、不味かったらそこまで入らない。

・・・あれから16年。w

回転寿司で食べた皿の数を誇る年齢では無くなった。w

島武を通り過ぎ、外川港周辺を散策していた。

(たしかこの辺だと思ったが・・・)

うろ覚えだが、このあたりにテレビに出た店があったと思った。

店の名前も正確には分からず、車でうろつくと・・・

あった!

潰れたように見える店の中に人がいる。

朽ち果てた漁師小屋のような店頭に看板がある。

「犬若食堂」。

・・・ここにあったか。。。w

 

 

午後の1時前だったが店内はほぼ満席。

店内に入ると客席から「いらっしゃい!」の声。

店の主と思われる女将は客と一緒に歓談していた。

私は店の奥の座敷に鎮座し、店内を見渡す。

一角にキタナシュランの人形と証明書?が。

とんねるずのおかげで一躍有名になったこの店、

とんねるず以外の芸能人の色紙も多数ある。

さる海老のかき揚げが有名らしいが、私は敢えてミックスフライ定食1100円を注文。

ミックスフライ修行中の我が身ゆえに、メニューにあるならそれを注文しなければ。

それにしても、賑やかな店内である。

当然ながら圧倒的に地元ピープルのお客が多い。

その地元ピープルと店主であろう女将がワイワイやっている。

その中に他所者の私が入っても、賑やかさは全く衰えず。

この店はたまたまテレビなどで有名になったが、実態としては超地元密着型の店だ。

観光客などはあてにしていない、と言い切ってもいいだろう。

 

 

暫くしてミックスフライ登場。

おおお!!!

外見的にかなり迫力あり!

豪快に盛られた千切りキャベツとカキフライが1個、イワシが2尾、海老フライ1尾、

それとメンダイという魚の半身。

メンダイ?目鯛じゃないの?

一応、聞きなおしたがメンダイと確かに言った。

まずはカキフライを・・・うん!ジューシーで濃厚、美味い!!

次にメンダイを食べる。

白身魚で淡白なのだが、なかなか美味しい魚です。

しかも半身なのだが結構、大きい。

身が厚く、鮮度もよく、美味しくいただきました。

次に海老。

これ、今までミックスフライで食べて来た海老の中で最強じゃないですか!

大きく、プリップリの身が歯を押し返すほどの弾力、そして鮮度の良さ、旨味。

いや~~、この海老フライは最高だ!!!

次にイワシ。

何故かこれだけ下味がしっかりついており、むしろ下味つけ過ぎ?と思いました。

勿論、美味しいイワシフライなのですが、少々ショッパイものでした。

味噌汁はごく普通のワカメの味噌汁でしたが、これも味噌が濃く、ショッパク感じました。

小付の鯖の味噌煮は軟らかく煮られて美味しかったですが、もしかして鯖缶?。

 

 

久々に大満足なミックスフライです。

先日食べた伊東市の波魚波のフライ定食よりも200円安く、小田原の魚市場食堂より

100円高いが、この店の味とボリュームとロケーションは最高です!

他にも麺類もあるし、また行きたいお店です。

観光で、一人で訪れるにはかなり勇気のいる店ですが、そんなことは気にせず、

堂々とお食事をしましょう。

地元ピープルと仲良くなれるかも?w

あ、でも若い女性客やセレブの方々はやはり、こういうお店は苦手ですか???

 

ここで一句

     潰れたの?

          潰れてないよ

                 営業中

2012年2月21日 (火)

千葉県銚子市 犬吠埼周辺

寒いけど、いい天気でした。

まずは外川漁港周辺から。

1_5

銚子電鉄外川駅。

1_1

1_3

1_4

1_2

1_6

1_7

1_8

1

1_9

とても寒く、寒く、寒い日でした。

2012年2月20日 (月)

銚子市 丼ぶり、定食屋 久六 きんめ鯛づけ丼

Dsc_3209

Dsc_3194

Dsc_3197

Dsc_3199

Dsc_3202

Dsc_3204

Dsc_3206

Dsc_3195

Dsc_3210

日帰りでどこまで行けるかで、伊勢神宮、喜多方、岐阜多治見、長野県上田市など

片道5時間ぐらいかけて行って来たが、とにかく疲れる。

伊勢神宮はともかく、あとは基本的に食べる目的で行って来た。

往復10時間以上かかったこともあった。

だが、それでも昔、たこ焼きを食べに京都まで行って、帰ってきた事に比べれば、

観光を楽しんだりと随分と私も大人になったと思う。

博多まで1泊2日のドライブで、何を食べたか思い出せないような事に比べれば、

今は出来るだけ行った先で楽しもうとしている。

そして今回約16年ぶりの銚子、犬吠埼である。

片道4時間半以上5時間未満。

高速道路が一番近いインターが潮来。

潮来から一般道を1時間以上走る。

アクアライン経由だとどうなっていたか?

ま、そんな事どうでもいい。

自称、日本一の暇人「デーさん」の日帰り銚子ドライブだ。




 

 

金目鯛、これを食べに銚子まで来たのだが、東伊豆の稲取でも金目が取れる。

所要時間考えたら稲取の方がいいのだが、どうにも煮付けと寿司がメインで、

金目の美味そうなお店が見当たらない。

私は魚の煮付けは嫌いではないが、作り置きが多いので敬遠している。

なかなか注文を受けてから煮付けを作る店もないからね。

焼きたて、揚げたてはあっても煮たてはないね。w

さて、16年ぶりの銚子だが訪れたのは「久六」。

金目鯛の漬けがあるそうなので、お邪魔してみた。

外見は随分と歴史あるお店に見えます。

看板なんか相当、年季が入っています。

訪問したときは11時半ぐらいかな?

店内に先客はおらず、私一人。

カウンターとお座敷があるが、カウンターに座ろうとしたら「お座敷にどうぞ」と。

一応メニューを見ると金目鯛とマグロの2本立てで勝負しています。

金目のコースメニューみたいなのもあり、金目のフライとか美味そうなものが・・・

しかし、この店一軒で満腹にするわけにはいかないので、予定通り

金目鯛のづけ丼1880円を注文する。

すると、ご飯の量を聞かれる。

小、中、大とご飯の量が選べて料金一緒。

小にしようとしたら、接客の奥様が私の体格を見て心配してくれて、

小以上をお勧めしてくれた。

こちらの奥様、接客が非常に丁寧で気配りが素晴らしい。

やがて、お通しが出されて漬け丼登場。


 

 

食べる前にいろいろと食べ方を指南された。

特に金目はまずはそれだけを味わって欲しいと。

まずは軽く漬かった刺身をいただきます。

うん!美味い!!!!!!!

脂の乗り具合はそうでもないが、結構味わい深い金目鯛。

特性の漬けダレもちょうどいい。

最高にちょうどいい金目!!!!!w

ご飯にはたっぷりと漬けダレがかかっているが、味のしょっぱさを感じさせないもの。

上品なタレで美味しいです!

次に一味を少々かけてみましたが・・・一味はかけない方が良いかな?

それよりも、わさび!

わさびと金目、ご飯を同時に口に入れると至福のとき!

「わさびは醤油に溶かさないでください」と言われたが、まさしくそのとおり。

結局、ガツガツと食らい続ける私。

金目を食べ尽くすと、あとには味の滲みたご飯が少々。

これに一緒についてきたマグロで作ったというフリカケ、というか珍味というか

それをかけて食べる。

「白いご飯お持ちしましょうか?」

なるほど、確かに白いご飯にかけたらいくらでもいけそうだ!

て、いうか追加で白いご飯もサービスなの???

しかし、何度も言うがここで満腹にするわけにはいかないので、丁重に断る。

味噌汁もシンプルだが美味しかった。

味、サービス、雰囲気、わざわざ来た甲斐がありました。

美味しかったです!ごちそうさま!

 

ここで一句

      金目鯛

         土地が変われば

                 味変わる

いました!

 

銚子の皆さんとかけて

         ベイスターズの中畑監督と説きます。

 

              その心は?

 

 

        やっぱり「おちょうし者」と言われますか?

2012年2月15日 (水)

静岡市 手打ち蕎麦 神楽 天せいろ、追加せいろ

172

169

161

162

164

165

166

168

気になるのに通り過ぎる。

そんな日常、送っていませんか?

今回訪問の神楽、何度その前を通った事か・・・

何しろ、東名静岡インターを降りて、山側に進めば必ず視界に入るこの店。

とにかく、気になって、気になって、気になって仕方がなかった。

だって、蕎麦屋なのに駐車場びっしり、お客もびっしりだから。

しかし、とうとう訪問出来ました。w

第2駐車場まである蕎麦屋、店内に入ると順番待ち!

順番待ちの用紙に名前を書き込むと、5人待ち。

店内は広々とした印象、カウンター席とテーブル席と別れているが、

テーブル席は余裕の空間、しかし、カウンター席は隣同志が割と狭く感じるスペース。

勿論、私はカウンター席に案内される。

蕎麦とうどんを提供しているが、蕎麦屋らしからぬ店内、内装。

落ち着く様な落ち着かないような、デザイン優先の印象。

メニューを一応見るが、注文するのはとっくに決まっていた。

注文したのは天せいろ1420円、大盛りにしようと思ったが追加のせいろが400円なので

1枚追加した。

合計1820円か・・・ソースカツ丼が780円なのに、毎度の事ながら蕎麦は高くつく。w

ほんと、宇田川だとソースカツ丼とカツカレーを食べてもお釣りが来る。w

 

 

10分ほど待って天せいろ登場。

追加は私の食べ具合を見て提供との事。

まずは何もつけずに蕎麦だけ味わう。

喉越し、コシの強さは良い方でしょう。

でも、香りや味わいは弱いというか、普通かな?

蕎麦つゆは私としては普通かな。

蕎麦をつゆにちょこん、と浸けて味わうには丁度いい濃さだと思う反面、

どっぷり浸けて食べるのがお好きな方には少々辛いつゆ。

1分もたたずにせいろを空けると、天ぷらを味わう。

天ぷらは専用の天つゆが別にある。

竹の子、海老、菜の花、丸十、茸、そして豆腐。

揚げの技術はなかなかいいと思うけど、素材は普通に美味しかった。

豆腐も面白いけど、結局揚げ出し豆腐の印象になった。

天ぷらを味わっている時に追加のせいろ登場。

菜の花の香りが口の中に漂う中、蕎麦を啜りこむ。

う~~ん、春の香りが蕎麦を包み込む~。

あっという間に食べ終えて、蕎麦湯を飲む。

蕎麦湯、全部飲んだ。w

若いスタッフが多く、店の中も外もきびきびした感じ、接客も好印象。

全体的に蕎麦のレストラン?

蕎麦のウンチクよりも、今日は蕎麦で腹を膨らませようぜ!この店美味いから!

と言う感じでしょうか?

気軽に蕎麦を楽しみ、味わい、満腹になる、そう思いました。

 

ここで一句

     ドコにある?

         美味い蕎麦屋は

                 インターに

2012年2月14日 (火)

静岡市 とんかつ宇田川 ソースカツ丼

158

147

149

150

151

153

155

157

ドストエフスキーの罪と罰。

優秀な人間は世の為なら非道徳的な行動をしても許される。

しかし、そんな狂った屁理屈を持った主人公を改心させたのが、娼婦の自己犠牲愛。

今の日本の政治、増税をする為なら国民が理解、納得しなくても許される。

私にはどうにもそんな風にしか受けとめられない。

そんな政治に変換をもたらすのは、やはり日本独自の自己犠牲愛しかないのか?

ではそれはどんなものなのか?

やはり、それは政治家が身を切る事。

国民が苦しむ分、政治家も身銭を切れ!ということ。

不平等感があるから納得できないのだ。

そして高級官僚などという言葉が相応しくないようなシステムを望む。

誰だって自分がかわいい、身内がかわいい。

確かにユーロ圏での出来事は対岸の火事ではない。

・・・自己犠牲愛か。

そんなものあるのか?

 

 

私は前回、臨時休業のカウンターパンチを食らった静岡の宇田川に再訪問した。

今回はちゃんと暖簾もかかり営業していた。

11時から開店だが、時間は15分ほど過ぎていた。

店内に客は5人ほど。

カウンターとテーブル席、座敷とあるが当然、カウンター席に。

厨房内は老夫婦二人が忙しそうに切り盛りしている。

メニューを見るといろいろとあったが、ランチメニューとしてソースカツ丼780円が

あったので、それを注文した。

それにしてもメニューには「店主が耳が悪いので大きい声で注文してくれ」というような

但し書きがあった。

なんて正直で奥ゆかしい店だ。

その後、客がぞろぞろと入って来て、店内はほぼ満席に近くなってきた。

すると、厨房内では一種のショータイムが始まった。

店主が奥さんに文句を言いながら注文をこなす。

それに対して小言を言い返す奥さん。

一瞬、緊張状態になるが、「はい、ソースカツ丼あがるよ」 「はい」という

阿吽の呼吸で料理が提供されると何事も無かったような・・・。

この店では料理だけでは無く、厨房内の御夫婦のやり取りも重要な演出だ。

ボヤキ、怒る、愚痴る店主を宥める、賺す、返す奥さん。

そのオチは料理の提供によりリセットされる。

 

 

ここは宇田川劇場と言う名のトンカツ屋だ!

 

 

食事をしながら御夫婦のやり取りを観覧する。

一種のディナーショー、いやランチタイムショーや~~!

ところで、肝心のソースカツ丼だが、画像を見て欲しい。

基本、どんぶりからはみ出ている。

肉類の食事に於いて、はみ出ている事は歓迎事項である。

この時点で拍手を送らなければ罰が当たる。w

隣の席の客も同じ物を注文し、蓋にカツを取り分けていたが、私は構わずそのまま喰らう。

カツに関しては特別良い肉を使っているようではないが、軟らかくなかなか美味い。

ソースも突出した物ではないが、普通に美味い。

カツの下には千切りキャベツがぎっしり詰まり、

そのキャベツにもソースが行きわたっている。

そして、ご飯にも程よくソースが浸み渡り、ランチメニューとしては十分のボリューム。

勿論、香の物、味噌汁が付く。

味噌汁は豚汁では無い物の、具だくさんでたっぷりな分量。

香の物は大根とキュウリの浅漬けかな?サッパリしています。

780円としては納得のボリュームと味です。

実際、お客さんがどんどん来るので、御近所界隈で愛されているお店だと思います。

忙しくなればなるほど御主人、絶口調!!!w

そして受けて立つ奥さんも絶口調!!!!!

そのうち、息子さん?もヘルプで入場。

い~~な~~この雰囲気。

勿論、鬱陶しく思う客もいるだろうが、私は殺伐とならず、思わずニヤけてしまう

やり取りに隠し味を感じました。

また行きます!臨時休業勘弁してね!w

 

ここで一句

      トンカツに

           フリカケたのは

                   夫婦愛?w

2012年2月13日 (月)

小田原市 丸亀製麺 小田原店 釜玉うどん、かしわ天、イカ天

145

139

140

142

143

144

釜玉うどんにおろし生姜を入れ過ぎてはダメだな。

むしろ、うどんと玉子と醤油、これだけでいい。

シンプルに味わう食べ物に過剰なトッピングは不要。

貧乏症なボクは生姜とネギをドバッと釜玉に入れたんだな。

すると美味しくないんだな。

完全に入れ過ぎで、ネギと生姜の風味が勝って、うどんと玉子のハーモニーが

消えてしまったのだな。

ただ、この失敗も注文した時に「釜玉の大!」と言ったのを、「釜揚げの大」と係の人が

間違えたのだが、釜揚げに生姜なら物凄く合うので、「釜玉!」と、

ボクが言い直さなければ良かったのかもしれない。

係の人はボクが生姜を沢山食べそうな顔をしていたから、釜揚げだと思ったんだ。

係の人が正しかったんだ。

ボクは間違っていたのだ。

 

 

富士吉田うどんを知ってから、丸亀製麺所も物足りなく思える今日この頃。

花まるうどんに比べればはるかに美味い、丸亀製麺所。

ところが、富士吉田うどんの名店を一軒、一軒、また一軒と知る毎に

どうにも丸亀製麺所が縁遠くなってきた。

一時、嵌ったんだけどね。

そこで考えたのが、丸亀製麺で合体シリーズが出来ないか考えてみた。

天丼なんか客が考えたものだし、私も何か考えてみた。

 

1、肉うどんにかしわ天を入れてダブル肉うどんとか。

 

2、かけうどんにおにぎりを乗せて茶漬けうどんとか。

 

3、釜揚げうどんのつけ汁にカレーを入れて貰ってカレー釜揚げとか。

 

4、カレーうどんにチーズを入れて貰ってチーズカレーうどんとか。

 

5、トンカツでカツカレーうどんとか。

 

いや~~~無責任なメニューがどんどん出てきます。

丸亀製麺さんに迷惑なので、これ以上の妄想はやめましょう。

ただ、店内で販売されているものをどういう食べ方をしようが客の勝手なので、

これ以上の合体、コラボメニューはあると思います!

 

ここで一句

      思います!

          うどんの世界

                 無限大

2012年2月12日 (日)

秦野市 中華 昌隆 麻婆豆腐定食

135

127

128

129

131

132

133

バレンタイン・デーか。

デーだな。

もう、義理チョコの数なんか気にする年齢でもないな。

当然、負け惜しみだが。

特に今年は友チョコだの、絆チョコだの、自分チョコだの、チョコメーカーの戦略に

どっぷりと浸かっておるワイ!

テレビの特集でみたが、有名メーカーのチョコの詰め合わせが一口サイズで

8~9個で4000円ぐらいする。

ドアホ!!このドアホ!!!!

4000円と言ったら小田原の友栄で上うな重と肝焼きが食える!

山梨の仙人小屋で腹がハチ切れるほど食える!

生バフンウニ丼が3200円だったぞ!

 

 

・・・やはり、私は嗜好よりも満足度を優先するようだ。w

だいたい、チョコなんか食べないし。

ブログでもチョコを御紹介していなし。

そりゃあ~、スイーツと言うカテゴリーはありますよ。

でも、チョコは食べないの、アタシ。

生クリームのたっぷり詰まったロールケーキは好きだけど、チョコは食べません。

食べないと言ったら食べないのだ!!

 

 

さあ、今年もバレンタインでチョコがゼロだった時の言い訳を書きこんだところで、

秦野の昌隆さんに来ました。

千葉へ遠征もいいが、秦野周辺も良いお店が多いので、やってきました。

夢一文も良かったが、このところ坦々麺ばかり食べていたので、

少々辛味慣れしていたこともあり、マーボー豆腐定食880円にした。

この店の坦々麺も美味しいけど、今回はマーボー。

この店のマーボーは2回目かな?

開店と同時に店内に入ったため、先客は一人。

辛さは突出していないので、普通に注文。

いつもは餃子も注文するが、もう一軒行きたいので無し。

5分少々で登場。

見た目は豆腐よりも挽肉餡の方が多い印象。

ご飯とスープ、ザーサイがセット。

勝手に記念撮影をし、まずはマーボーちゃんを食べる。

うん!香辛料の突出していない誰でも食べ易いマーボー。

店の看板には本場中国の味、とあるが、万人向けにアレンジしてある様子。

特に中国山椒のビシビシしたシビレる辛さは控えめ。

味付けはやや濃いめだが、その分白いご飯に合う!合う!!似合う!!!

食べているうちにジワジワと汗が出てくる。

攻撃型の辛さは無いが、ボディーブローのように徐々にくる。

口の中は悲鳴をあげないが、結構汗が出る。

やはり、身体は香辛料を感じている。

ご飯は結構、しっかりと詰まっている。

マーボー豆腐もたっぷりあり、ご飯が足りなくなるような事は無いでしょう。

ず~っと、ミニマーボー豆腐丼の状態で食べる事が出来ました。

これで餃子を頼んでいたら、この日の食事はこれで十分と思えるボリューム。

う~む、満足!

手軽に麻婆豆腐を楽しみたい方にお勧め!

店内はテーブル席しかないので、混雑時は相席を覚悟しましょう。

 

ここで一句

     辛さより

          美味さ優先

                四川かな?

2012年2月11日 (土)

伊東市 いとう漁協直営 漁師めしや 波魚波 地魚フライ定食

Dscn2809


Dscn2800


Dscn2801


Dscn2802


Dscn2803


Dscn2807


Dscn2808

さて、10周年記念も内輪でひっそりとやったところで、どうしましょう?

○○記念とか●●周年とか普段は「ふん、なにそれ」みたいな感じの私だが、

結局、自分がかわいいので、やってしまったな。

10周年と言っても継ぎ接ぎでやってきたわけだし。

とにかく、現状を磨く事!それだけ。

 

 

フライはやっぱり、シーフード。

トンカツよりもシーフード。

魚とかイカのフライは美味しいよ。

だけど、肉はカツで魚介だとフライ、なんでやろ?

なんでだろう~~なんでだろう~~ななな、なんでだろう~~♪

ブタフライとかポークフライとか言わないね~。

イカカツとか鯵カツとか言わないね~。

なんでだろう~~♪

ヤフーの知恵袋で質問してみようかな?

でも、どうでもいいかな?

そんな事を調べてどうなるの?

 

でもでもでもでも・・・・そこがバカと秀才の境目何だろうね。

疑問に思った事は調べて納得するのと、知らないままで済ませるのが人間の器の

大きさにつながるのだろうね。

俺は浅いね、人間的に。

でもでもでもでも・・・そんなの関係ねぇ~!そんなの関係ねぇ~!はい、おっぱぴ~~。

 

 

盛り付けのせいかもしれないが、今回の地魚フライ定食は寂しく感じた。

やはり・・・やはり、にし与に行かなければダメか?

伊東漁協直営の波魚波も4回目か。

味噌汁はアラ汁からワカメの味噌汁になっていた。

小田原では1000円でフライのみだったが、ここでは300円プラスで

刺身2点と塩辛がついてくる。

しかし!前回はタルタルソースが付いていたが、今回は無し。

ソースがあればタルタルはいらない。

アラ汁よりもワカメの方が万人に受け入れやすい。

なるほど、そうですか。

 

 

でも、個人的には残念だな~。

この店でフライ盛り定食に開眼したのに・・・

勿論、不味くは無い。

美味しいのだが・・・去年と同じ月にお邪魔していて、絶賛の記事を書いたのに

今回は侘びしさと寂しさを感じたな。

同じ5点盛りなのにね、何でだろう。

やはり、昨年はどど~んと魚の開きのフライが2点あるだけで違うのだね。

あとはイカと小さな切り身2点なんだけどね。

今回は半身が3点のイカ、丸の開きが1点か。

少し、フライ盛りの修行の旅に出るか?

俺の人生、フライ盛りの追求でもいいじゃないか?

少しでも深い人生が送れるように、努力をしよう!

ついでに体重もフライ級にしたいものだ?

 

 

最初と2回目は好印象だったが、3回目と今回は印象良くないな~。

この店もこれで最後かな・・・

 

ここで一句

      外見も

          味のうちとは

                 良く言った

2012年2月10日 (金)

デー家物語 10周年記念 旅の美 十景

十景などと言う割にはろくな画像が無い。

私にとって風景撮影は課題だな。

下は伊豆の河津桜の画像です。

かなり前の画像です。

河津桜が好きで、毎年行っております。

今年もそろそろ行く準備をしないと。

6_2

去年の北海道旅行での女郎子岩。

3

江ノ島にて。

151_01 

柿田川です。

5_2

鎌倉にて紅葉。

193_01

去年の忍野八海にて、猫がいい味出しています。

Dsc_8802

伊豆にて、桜のトンネル。

Dsc_0047_01 

北海道にて幸福駅。

K

やはり、奥大井湖上駅は良かった!素晴らしい。

5

またもや忍野八海。

Dsc_8720 

2012年2月 9日 (木)

デー家物語 10周年記念 食の美 十食

随分出掛けました。

一番出掛けた時にはカメラが無かった。

印象に残ったお店を、ブログで公開した範囲内でのご紹介。

富士吉田うどんの名店しんたく。

この店に行き、吉田うどんに目覚めました。

7_2

ラーメン二郎。

本店を御紹介するのが筋でありましょうが、ここは敢えて関内店。

ラーメンは勿論、汁なしも最高!

7_3 

積丹町のバフンウニの丼。

美味しかったし、幸せになれたし。

Dsc_5886

山梨の自然屋にて竹の子定食。

竹の子だけでこんなにも美味しく、満足出来るものなのか?

目からうろこが落ちた瞬間でした。

15_2

山梨の仙人小屋。

キノコのホイル焼きと桜マスのイクラ丼。

天然キノコの旨味は筆舌に尽くし難いもの。

川魚のイクラ丼も幸せにさせてくれました。

15

高田馬場の名店、べんてん。

嵌りました。

051

浜松の名店、幸楽。

トンカツを塩で食べる。

美味しかったです。

7

小田原のうなぎ屋友栄。

間違いなく、ウナギの美味さは№1

また行きたいけど、待ちます。

Dscn0661

静岡でチェーン展開のさわやか。

このハンバーグの美味さに驚きました。

オージービーフでもこんなに美味しいハンバーグが出来るのだ!

Dsc_1220

静岡の見月茶屋の山女。

これも美味しかった。

鮎だけが特別美味いのではないことを再認識。

Dsc_2373

2012年2月 8日 (水)

デー家物語 10周年記念 人の美 十色

今日でHPデビューから10年経ちました。

今までに消えた掲示板数知れず、HPは作り直しの連続から放置。

特にビジュアル館の喪失は痛かった。w

画像掲示板の可能性を持った物の喪失。

もっと、早くブログを始めていれば・・・

10周年企画。

デー家物語と言ったら「コンパニオン」。

2003年にデジカメになってから現在まで、膨大な画像の中から10枚選んでみました。

ブログでは初登場の画像もあります。

144_01_2

2003年の三菱ブースのお姉さんたち。

Photo

下の画僧は完全に個人的好みです。

妄想全開!w

2

これも2003年、自分では綺麗に撮れたと思っています。

1

CEATECにて、ブログでは初登場。

134_01 

これも綺麗に撮れたと思っています。

131_01   

下は昨年のモーターショー、後ろの照明がいい具合。

6

2003年のものです。

9

やはり、この方は外せないな。

汐見吏沙さんです。

カメラの性能は劣っていますが、綺麗に撮れたと思います。

7

これも汐見さんです。

いい表情が撮れたと思っています。

8

2012年2月 7日 (火)

静岡市 らーめん矢吹 魚介豚骨チャーシュー醤油

Dscn2770


Dscn2769


Dscn2757


Dscn2762


Dscn2763


Dscn2764


Dscn2765


Dscn2766


Dscn2767


Dscn2768


Dscn2758

車好きとしては今度、トヨタより販売される「86」は大いに気になるし、欲しいとも思う。

やはり、峠道をかっ飛ばすのは気持ちいい。

だが、現実問題として、私にとって車の存在とは現在、移動手段でしかない。

いかに快適に移動できるか?

それ以外、何物でもない。

車の免許を取って数年間は「マニュアルシフトじゃなきゃ、2ドアで十分」などと思っていた。

しかし、時代は変わり、マニュアルシフトの車なんか全滅に等しい。

燃費向上、リサイクル、快適空間、スポーツカーの時代は終わった。

峠道をタイヤを鳴らしながら走る事に何の意味があるのか?と思いつつも、

今の車でも結構、鳴らしながら走ったりもする。

やはり、刺激が欲しい。

五感を奮い立たせる刺激が欲しい。

胸がワクワクするような刺激が欲しい。

車をシチュエーションに応じて使い分ける身分になりたいものだ。

今、私に許される使い分けはラーメンの味位かもしれない。

 

 

私はラーメン矢吹に入り、食券販売機の前で悩んでしまった。

濃厚豚骨(塩、醤油)、魚介豚骨(塩、醤油)、つけ麺(塩、醤油)、まぐろづけ小丼、

チャーシュー小丼、ツナマヨガーリック小丼、更に新メニューの釜揚げつけ麺。

シチュエーションに応じて使い分けるには、余りに多い選択肢。

藤枝の朝ラーのように温と冷を同時に注文したくなる物でもない。

チャーシュー麺は決定として、選んだのは魚介豚骨チャーシューの醤油、900円にした。

結構人気店で、店内に入った時は5~6人程待ちの状態であった。

10分ほど待った所で着席。

店内はダークな内装で、白熱灯の明りが温かみを感じる。

シックでお洒落なカフェバーの雰囲気。

ラーメン屋らしからぬ内装が本当に増えたね、時代と共にラーメン屋もラーメン店になり、

女性一人でも気楽に入れる店が本当に増えた。

 

 

着席してから5分ほどで注文の品、登場。

今回は大盛りを注文しなかったが、外見的には900円に見合うボリューム。

因みにこのお店、大盛りはございません。

替え玉になります。

勝手に記念撮影をすると、まずはスープを・・・

ずずず乙乙乙ZZZzzz~~ずずず・・・

お!美味い!

まとまりのいい魚介系豚骨スープです。

近頃濃厚豚骨魚介系に飽きていたが、これはこれでなかなか上等、美味しい。

次に麺をずるずる・・・都留釣る鶴吊る~~。

 

 

ん?

麺、軟らかい?

中太のやや細麺、ストレートと言うには適切ではないウエーブがかかっている。

しかし、噛みしめると・・・ふくよかな弾力が!

この麺は凄い!奥深いポテンシャルを持っている。

かなり、玄人好みの麺。

軟らかいなんて最初に表現したが失礼だ!

女性の乳房に歯を当てた様な弾力・・・(卑猥ですかね???)

歯に心地よい弾力と喉越し、広がる旨味。

素晴らしい麺です。

チャーシューは勿論軟らかく美味いが、麺とスープのバランス、出来具合がいいので、

チャーシューなんかいらない!つけ麺食べたい!と思いました。

替え玉をしたくなりましたが、普通盛りで取りあえず、満足。

初めての訪問でしたが、行列が出来るのも納得の味。

静岡市内、探せばまだまだ美味しい店が沢山あります。

 

ここで一句

      麺食らい

          私の味覚

              面食らう

2012年2月 6日 (月)

静岡市 かさねとんかつ かつ銀 静岡SBS通り店 かさねかつランチ

臨時休業2連発。

先日、千葉で「江ざわ」が臨時休業。

そして今回、静岡のとんかつ宇田川を目指すも臨時休業。

 

 

俺は呪われているのか?

だが、宇田川から歩いて行ける場所にとんかつ屋があった。

かさねとんかつ かつ銀である。

宇田川の代わりと言っては失礼だが、本当にそうなので、期待せずに入店。

Dscn2754

かさねとんかつね、知っていますよ。

薄切りの豚肉を何枚も重ねて揚げた物でしょう?

Dscn2718

このお店、チェーン展開なのですね?

知りませんでした。

Dscn2721

注文したのはランチのかさねかつ。

オリジナルメニューとどこが違うの?と聞いたら同じだって。

ランチだから安くしているのだと。

しかもランチタイム5時までだと。

だったらず~っと、ランチの値段にしちゃえばいいのにね。

Dscn2722

でもこのお店、バイキング形式でサラダ、ご飯、デザート、ドリンク、漬けもの、

味噌汁、お茶漬け、副采と食べ放題!

へ~~知らなかった。


Dscn2723

それなら遠慮なく、てんこ盛りのお替りしましょう!

Dscn2724

ご飯も3種類、白米、混ぜご飯、雑穀米。

Dscn2726

取りあえず、サラダ、茶碗蒸し、黒米、明太子混ぜご飯、赤だし、お漬物。

Dscn2727

雑穀米と書いたが、黒米なかなか美味しい。

そしてヘルシー感たっぷり。


Dscn2728

サラダは葉物が多いが、ドレッシングの種類も多い。

私がかけたのは野菜ドレッシング。

これ、いいです!

Dscn2730

副采の茶碗蒸し。

薄味でこれもなかなかイケます。

Dscn2731

卓上にはソースとゴマ。

Dscn2734

かさねかつ登場!

Dscn2737

見た目は美味そう!

Dscn2739

食べてみると、ボソボソした食感があるが悪くない。

むしろ、味はいいですよ。

ジューシー感は無くても肉自体がなかなか美味しい。

Dscn2742

見た目よりもボリュームあります。

Dscn2743

ゴマをすり、その中にソースを入れ、つけて食べました。

Dscn2744

食後にぶどう酢のドリンクとコーヒー。

Dscn2746

デザートに寒天3種。

黒蜜かけたらうま~~~い!

Dscn2750

次回、下のメニューを注文してみたい。

Dscn2735

まったく、期待せずに入ったのですが、なかなかの実力派とんかつ店だと思います。

フロアー係の接客も丁寧で好感が持てました。

メインのトンカツがメインで無くても十分満足出来る内容なので、

むしろ女性の皆さんが気軽に入れるとんかつ屋さん、ではないでしょうか?

私はもう一軒、行きたい店があったので控えめにしましたが、

このお店だけでお腹いっぱいにしたい衝動にかられましたし、内容考えたら

自分次第でヘルシーな内容に献立の組み立ても出来るので、お勧めできます。

今度、どこかで見つけたら迷うことなく再訪問します。w

 

ここで一句

      期待せず

          見事裏切り

               いぶし銀

2012年2月 5日 (日)

長生郡長柄町  八平(八平の食堂) アリランチャーシュー

Dscn2712


Dscn2711


Dscn2704


Dscn2705


Dscn2706


Dscn2707


Dscn2710


Dscn2716

前回行った勝浦タンタンメンの名店、はらだは辛い物が苦手な私には苦痛でもあり、

快感でもあった。w

どこが快感か?

それはやはり、美味かった!の一言に尽きる。

美味いから辛くても満足できた。

と、なると。

そろそろ蒙古タンメン中本にチャレンジしてもいいかな?

昔、テレビで汗だくになって蒙古タンメンを食べている客の姿を見て、

「絶対に自分には無理!」と思ってから、一度も行こうと思った事が無い。

でも、そろそろ行ってみるか・・・

 

 

しかし、その前に辛口ラーメンで興味深い店がある。

それは2010年9月に訪れたアリランラーメン八平と同じ屋号を持つ店だ。

かたや長南町、こちらは長柄町、って境目分からんって。

先日、ら~めんくいしんぼに寄ってこの店の存在を知り、間髪入れず千葉に再上陸と

なった次第だ。

はらだから1時間近くのドライブ。

房総半島縦断だよ、大変だな~。

到着した時は1時半。

のれんが掲げて無かったが、道路沿いに営業中の看板があったので、遠慮なく店内へ。

店内に先客は3名。

去年、店内を改装されたようで、古民家風でありながら清潔感もあり、

なかなか明るい店内だと思った。

メニューを見ると割と少ないメニュー構成。

だが、注文は勿論、アリランラーメン。

アリランチャーシューメン大盛り1150円にした。

注文時に辛さの強弱などは聞かれなかった。

調理に時間が割とかかり、10分少々待った。

提供と同時に、「あとで、もうひと玉茹でますので」と。

なんと大盛りを注文したら、まさかの替え玉方式。

取りあえず、まずは目の前のアリランチャーシューメンを食べる。

長南町のアリランチャーシューと比べると、少々見た目は迫力不足。

ニンニクも細かく刻んであり、以外と食べ易そう。

早速、スープを口に含むとニンニク臭が広がる。

醤油ベースのスープもはらだの後だとマイルドに感じる。

続いて麺を啜るが普通に食べ易い。

 

 

 

長南町のお婆様の作った物に比べると、10倍食べ易い。

しかし、

10倍食べ易い分、100倍物足りなく感じる。

 

 

長南町のアリランは超攻撃型ラーメンであった。

物凄く辛くて、物凄くショッパクて、物凄くニンニク臭くて、物凄く美味かった。

食べ終えた時、放心状態に陥る程のものだった。

それと比べると、初心者向けのアリランラーメンと言える。

まずはアリランラーメンとはなんぞや?というのをこの店で経験し、

その後、長南町のお婆様のお店に行くといいだろう。

今回の私のように逆のパターンはお勧めしない。

人間、強い刺激を受けたらそれ以下はやはり、物足りなく感じる。

 

 

どんぶりの中の麺が減ったところで、替え玉を投入された。

アリランのスープの浸み込んだ麺と茹で立ての白い麺と2色麺や~。w

麺に関しては中太麺といったところ。

特に可もなく不可も無く、と言う感じ。

卓上に辛味の入った瓶があったが、それは使用しなかった。

チャーシューは軟らかく美味いが、アリランのスープを纏っているので、

チャーシュー本来の味は少々分かり難い。

刻んだ玉ねぎの浮かんだスープはショッパ過ぎず、結構飲めます。

何だかんだで悪くは無いのですが、刺激を期待して行った者としてはやはり、

少々物足りないアリランです。

アリランの他にもトロロ飯と味噌ラーメンなどメニューは少ないですね。

アリランラーメン初心者入り口としてお勧めのお店です。

 

ここで一句

       初めての

           アリラン食べて

                  次に行く

2012年2月 3日 (金)

勝浦市 はらだ(原田商店) タンタンチャーシュウ

018

008

009

010

011

012

013

014

016

017

020

♪たんたんタヌキの・・・♪

 

 

私は辛い物が苦手である。

それを具体的に説明すると。

 

1、グリコのレトルトカレー、LEEの20倍が食えない。

  無理、アホみたいな辛さ。

 

2、ハウス、ジャワカレーの辛口は無理!

 

3、辛ラーメン、無理。

   何とか食べることが出来るが、翌日お尻が悲鳴をあげる。w

 

4、カラムーチョ、完食無理。

 

5、唐辛子系のキツイ物はまず無理!

   キムチも辛いものは無理、下痢のもと。

 

以上の結果、「おこちゃまの舌」といわれる私。

 

 

でも、その方がいいんじゃない?

味覚は繊細な方がいいんじゃない?

刺激を受けつつ、美味い不味いなんか分かる訳無いよ。

刺激の強い味なんか、美味いわけが無い!

濃い味の物なんか、美味いけど健康にいいわけない!

そんな訳で、私は過去、海鮮中心に食べ歩きを実施してきましたが、

何故か麺類の多い昨今。

ブログでは麺類が多いけど、私自身は「食べ歩きは引退しようかと思ったが、

ブログのためにもう一度、出来る範囲で食べ歩くか?」というものなので、

麺類、特にラーメンが多いです。

HPは10周年だが、食べ歩きは20年。(をい、歳がばれるwww)

小学生の時、カウンターで寿司を食べてから。

オヤジが炭火で牛タンを食わせてから。

冬の食事がアンコウ鍋の日々が続いてから。

 

 

私の味覚は変わった。

 

 

大学時代、大手デパートのレストランでアルバイト。

職人の作る賄いで味覚を鍛え、プライベートでも食事をご馳走になる。

貧乏学生ゆえに、美味く、安く、満腹を求める。

車の免許を取ってから、友人と食べ歩く日々。

これが食べ歩きの原点だろうね。

ファミレス、地方グルメ、地元の食べ歩き。

そして、28歳の時、初めて北海道に行く。

北海の地での食道楽に感動を受ける。

刺身、生食こそ味覚の原点。

まずは素材の生の味を知り、素材の調理バリエーションを知る。

しかし、味覚は体調に左右される。

「空腹時以外の印象は妄想」

その信念の下、食べ歩きを続ける。

だが、今までの食べ歩き人生で、辛ウマは常に試練であった。w

 

 

勝浦タンタンメン。

いつかは食べてみたいと思いつつ、辛いのが鬼門ゆえに及び腰の勝浦タンタン。

兎に角、一度食べてみようと思い訪れたのが「江ざわ」。

しかし、2月2日臨時休業のため、速攻で次の店を選ぶ。

(はらだしかない!!!!!!!!!!!!!!!)

江ざわからはらだまで1時間の運転をナビが求める。

とにかく!!!勝浦タンタンを食べるのじゃ!!!!

はらだに到着した時は、12時を15分ほど過ぎていた。

少々分かり難場所だが、勘で見つけたぜ!

店内に入り、タンタンチャーシュウ大盛り900円を注文。

つけ麺も魅力があったが、次に八平を行くことにしていたのであきらめる。

注文時、辛さの濃淡を聞かれるが「普通」にした。

 

お店のお姉さん、「辛いよ」

一瞬、にやりと笑った気がした。w

 

 

普通で辛いの?

いいでしょう!!!!!

受けてやります!!!!!!!!!!

日本男児として生まれたからは、切なくも辛い人生を乗り越えなければならない!

私は介錯人を待たずに切腹を覚悟する武人のようになった。(妄想)

そして、タンタンチャーシュウ登場。

ラー油の上に色白のチャーシューが浮かび、なんか貧しい感じ。

刻んだ玉ねぎがラー油を纏い、浮かんでいる以外特に何も感じない。

「いただきます!!!!」

私はスープをレンゲですくい、飲んでみた。

(ああ・・・ラー油?まずまずだな)

次に麺を啜り、またスープへ。

ん?

ん??????????

んんんんん????????????????????????

辛い!!!!!!!!!!!!!!!

をい!!!!!!!

をい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

辛いぞ!!!!!!!!!!!!!

バカヤロウ!!!!!!!!!!!!!!!!!

辛い!!!!!!!!!

私としては完全に許容限度を超える辛さ。

でも・・・美味い!!!!!!!!!!!!!!

スープ美味い!!!!!!!!!!!!!

辛いけど食べたくないけど、スープが美味くて止められない!

これは・・・

これは・・・ドSラーメン!!!!!!!!!!!!!

何たる諸行。

マルキ・ド・サドが大喜びしそうなラーメン。

いつの間にか、私は貧乏ゆすりをしていた。

辛くて辛くて、どうしようもない。

だが、美味い!!!

麺は細麺やや縮れ。

茹で加減やや硬め。

だが、しっかりと抽出された骨格のしっかりしたスープが、貧乏ゆすりを強要する辛さを

しっかりと受け止める。

何よりも、刻んだ玉ねぎが、箸休めを演出する。

チャーシューは淡白な味付けだが、これだけ辛いとチャーシューが箸休めになりそうな

危険を感じた。 

 

 

美味い!!!!!!!!

兎に角、美味いラー油ラーメン。

今回注文したのは大盛り、辛さ普通の900円。

具は刻んだ玉ねぎとチャーシュー。

普通の辛さであるが、我が辛味メーターのレッドゾーン振り切りの辛さ。

貧乏ゆすりと多量の発汗を強要するラーメン。

頭のてっぺんから汗が滴り落ち、スープの中に落下しそうな程出てくる。

目は充血し、唇はタラコ明太子状態、顔面はシャワーでも浴びたのか?という具合。

だけど、美味いよ。

イライラするけど辛くて美味いよ。

胃、小腸、大腸、その後悲鳴を・・・www 

 

 

ここで一句

      辛ウマの

          基本はラー油か?

                  勝浦で

2012年2月 1日 (水)

山武郡九十九里町 漁師料理の店 ばんや  お刺身四点盛り合わせ定食、いわし天ぷら

Dsc_3159

Dsc_3157

Dsc_3152

Dsc_3135

Dsc_3137

Dsc_3139

Dsc_3140

Dsc_3141

Dsc_3142

Dsc_3144

Dsc_3145

Dsc_3146

Dsc_3149

Dsc_3150

Dsc_3151 

同姓同名なんか珍しくないよね。

同じ名前のお店も珍しくないよね。

内房と外房だから間違えようがないよね。

でも内房から外房に行くのは物凄く大変だね。

房総半島横断はこんなにも大変なのか?

日帰りで外房まで行くのは大変だ~。w

房総半島の店、どんどん制覇してやる~!

これが本当の暴走モード!いや房総モードや~~!!!

 

 

くいしんぼで食べた後、向かったのは外房の「ばんや」。

このお店もなかなか評判がいいので、行ってみました。

3回ほど訪問した保田漁港の「ばんや」とは全く無関係。

さて、こちらのばんやはどんな感動を与えてくれますか?

訪問時、1時を過ぎたところでしたが、店内はほぼ満席。

座敷のテーブルが一卓空いていたので、そこに案内される。

早速メニューを眺めるが、他の客の多くが食べていたのが天丼。

その天丼の迫力が凄い!

しかし、私はお勧めの刺身4点盛り定食1820円とイワシの天ぷら740円にした。

やはり外房に来たらイワシでしょう!

昔、銚子でイワシの刺身を堪能したが、生のイワシの魅力はマグロにも負けない。w

だが、刺身4点で1820円?6点盛りなら分かるが4点?大丈夫かよ?

私は少々不安になった。

「おまたせしました~」

私の目の前に料理が運ばれてきた。

ぶは!!!!刺身デカイ!!!

それぞれの刺身がデカイ!

特にマグロ!1.5cmはありそうだ!

マグロの他に金目、サワラ、平目と言う内容。

金目は炙ってあった。

 

 

まずはそれぞれ一切れづつ食べてみた。

マグロは赤身独特の歯に纏わりつく感触があり、なかなか美味しい。

金目は軽く炙り目があるが、脂の乗りはさほど感じないが、美味い。

次にサワラ、これが一番美味いと思った。

適度に脂が乗り、旨味も十分でご飯がすすむ。

最後に平目、これもなかなかイケる。

味噌汁が玉ねぎと玉子の味噌汁なんだけど・・・ま、いいか。w

ほぼ同時に出て来たイワシの天ぷらだが、美味い!!!

740円で7匹分のイワシの天ぷら、結構ボリュームあります。

揚げたてを早速いただきます。

サクっという歯応えと共にイワシの旨味が口に溢れます。

そして、この天ぷら、大葉をイワシに撒いて揚げています。

イワシの癖を消すためでしょうか?

しかしこの一工夫、なかなかの好印象です。

揚げると大葉の香りはほぼ消えますが、残った香りがほんのり香り、天ぷらを

上品な物に感じさせます。

天つゆでいただきましたが、塩でもいいね。

このイワシの天ぷらはお勧めです。

7匹分なんかあっという間に食べてしまいました。

食べ切れるかどうか不安でしたが、完食です。

他にも焼きハマグリやアワビ、伊勢海老など割と安く食べる事が出来ます。

お店は海岸に隣接しており、食後は砂浜で戯れるのもいいでしょう。w

この界隈、まだまだ実力のありそうなお店がありそうなので、房総半島暴走モードに

しばらくなりそうです。

交通費が高くつくな~。w

 

ここで一句

      燃料費

          イワシの値段

                 高くする

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »