フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

豊島区 元祖一条流 がんこ総本家 醤油ラーメン全部のせ

Photo_5

Dscn3668

Photo_6

Dscn3669

Dscn3670

Dscn3671

Dscn3672

Dscn3673

Dscn3674

知る人ぞ知る私のハンドルネームの由来。

それはデーモン。

正確にはデーモン明太子なんですが、長いからデーモンになり、

さらに省略されてデーになり、現在に至る、という具合です。

なんでデーモンにしたのかな?

すべてはチャットから始まったのですが・・・

もう、デーで10年以上経っているからどうでもいいか?w

そんな悪魔的要素のある私ですが、ラーメン界にも悪魔的要素を持つ物がある。

それはラーメン界では教祖的存在の一条安雪さんが生み出したがんこラーメンに於いて、

月に一度、週に一度、半年に一度、年に一度など提供される限定ラーメンを指す。

しかし昨今、悪魔ラーメンを常時ラインナップされているお店もあるようで、

悪魔ラーメンの意味合いも昔ほどのインパクトは無いようです。

 

 

池袋に来てのお昼は1時間という規定時間内に食べ終えなければならない。

行列店は絶対に無理!ということで二郎東池袋店は消えた。

毎月出張だが、初回の今回はどうしてもラーメンが食べたかった。

蒙古タンメンの池袋店もあるが、5時まで拘束されるので刺激の少ない方が良い。w

すると、チェーンにぶら下がった牛骨発見。

がんこラーメンと店名もがんこにしては書いてあったので、ここにした。

がんこか・・・本当に久しぶりである。

がんこラーメンの系統で食べるのは秋葉原のがんこ以来。

へたすりゃ10年以上前の話になってしまう。

そんな感慨深げに選んだのは醤油ラーメン全部のせ1100円。

店内に入ると・・・随分狭いのね?w

5人座ったら満席?お冷グラスは頭上にあり、割り箸はカウンターの引き出しに。

まるで、劇的ビフォーアフターの匠の手に寄りデザインされたみたいや~~!

食券をカウンターに出すと店主からいきなり100円の返金。

「味つけ玉子、今品切れ」と、いうことらしい。

ま、いいか。

中盛りが無料なので中盛りでお願いする。

5分ほど待ったでしょうか?白いどんぶりに盛られ登場です。

 

 

ほほ~~、結構チャーシューのボリュームが素晴らしいですね。

4枚のバラ巻きチャーシューの花弁が美しく開き、刻んだネギが中央に鎮座する。

ネギは所謂白髪ねぎとは違いますね。

そして、メンマも景気良く盛られています。

そして、どんぶりの淵に海苔が3枚。

1000円ですが、ビジュアル的には納得ですね。

まずはスープを一口、ちゅちゅちゅ~~と。(卑猥?)

あ!あっさりした中にもしっかりとしたコクがある。

ん?ショッパク無いぞ!むしろマイルドだぜ~~。

がんこと言えばスープがショッパイが大前提のはずだが、全然そんなことはない。

秋葉原の時もそうだったがショッパイなんて思わなかった。

あ!今書いていて思い出した。

池袋には昔、ラーメン集合体があってそこでがんこが伊勢海老ラーメン出していたな。

あ~思い出した、思い出した。

ブログ書いていて思い出すようじゃ印象薄かった証拠だよな。w

でも、そこでもショッパイ記憶は無いな。

私が思うショッパイラーメンは家系ですね。

初めて吉村屋のラーメン食べた時、ショッパイな~とおもいそれ以来味薄目です。

小田原にあった味一もショッパクて、味薄目で注文していた。

Photo

脱線しましたね。

スープに関してはまろやかな旨味の集合体、と言う感じで美味しいです!

次に麺を啜ると中太麺の分類でしょうか?ストレート麺です。

カタメに茹でられた麺は歯応え、コシ、旨味、申し分なし。

チャーシューは軟らかく茹でられ、食べ応え、旨味ともに満足です。

メンマですが、これいいな~。

これだけでビールが飲めますよ。

味付けは濃過ぎず、薄過ぎず、ラーメン全体のバランスを崩さずという位置で、

食感も楽しめ美味しいです!

メンマだけバラ売りしてくれないかな?w

ネギと海苔は普通です。

すると、食べている最中に突然店主が「味付いてないけど」と言って、

茹で立ての半熟玉子をサービスで丼に入れてくれました。

どうやら、ペアのお客が来た時に食べている最中でしたが、私が率先して座席移動を

して、ペアが座れるようにしたためと思われますが・・・店主もニクイね。w

遠慮なくいただきました。

全体的にさすががんこ!という内容です。

根底には昔懐かしい醤油ラーメンの面影を残しながら、丁寧に抽出した旨味が

バランス良く誰でも受け入れられる美味しいラーメンです。

また来るか?と言われれば当然!となりますが、この界隈リピートする前に

訪問したい店が沢山あり過ぎて・・・困ります。

 

ここで一句

    頑固者

       しかし店主は

             粋な方

Photo_2

2012年4月29日 (日)

豊島区南池袋 ほんのり屋 池袋東口店 朝定食Aセット

Photo

Dscn3666

Dscn3660

Dscn3662

Dscn3664

Dscn3665

Photo_2

Dscn3667

そろそろブログのカテゴリーも増やさないといけないね。

リニューアルをして、99%画像の修正が完了したのだが、

あれも食べたり、これも食べたりしているので、

一括りにグルメというのも無理が出て来た。

そうすると、また2009年ぐらいから総点検だな。w

本当に!本当~に!最初のコンセプトは重要だね。

 

 

ところで、毎月東京に行く事になった。

つまり、会社のカネ(交通費)で東京に行ける。

東京で飯が食える!

すんばらしいじゃないですか!

いや、何も池袋に行かなくてもいい、ドコに行こうか迷いますよ!

さ~~初日はドコに?

東京まで新幹線の切符を買ったが、品川で降りて池袋を目指した。

しかし、東京で降りても、品川で降りても池袋までは25分前後かかるのね。

池袋に到着すると9時15分。

あ~、思ったよりも移動時間がかかるな。

東口に出ると目の前に油そばの看板。

う~む、10時集合なのでそんなに時間をかけられない。

そんな時、おむすびを食べているサラリーマンの姿をウインドー越しに発見。

「ここでいいや!」

 

 

駅ビル内にあるほんのり屋に入る。

持ち帰りとイートインコーナーがあるが、今回はイートインで。

おにぎり2個で味噌汁と小さい惣菜がついて390円。

500円のもあるらしいが、500円のを注文したつもりが、390円の内容だった。w

注文したのは明太子とカリカリ梅とちりめんじゃこ。

それに鳥の唐揚げと1個と厚焼き卵が申し訳程度につく。

味噌汁は刻んだ油揚げがたっぷりと、豆腐とねぎ。

まずは明太子おにぎり。

しっとりした海苔、個人的にやわらかく感じたご飯、結構美味しいと思う。

そして味噌汁を飲む。

おほ!味噌汁美味い!

具だくさんで食べ応えもあり。

基本的にダシが効いた美味しいシンプルで美味しい味噌汁です。

次にカリカリ梅とじゃこのおにぎりを食べる。

食感が面白いが、これもなかなか美味しい。

やはり、お江戸は生存競争が激しいので、こんなシンプルなメニュー構成でも

満足出来る完成度ですね。

しかし、唐揚げと厚焼き卵は特筆する部分はないですが・・・w

食べた時間が朝ご飯としては遅い物でしたが、私の早朝シリーズに入れたいですね。

シンプルに美味い!そんな印象でした。

 

ここで一句

     おにぎりを

          おむすびという

                訳は何?w

 

Photo_4

2012年4月28日 (土)

北杜市 八ヶ岳 自然屋 山菜天ぷら定食

Photo_7Dsc_3900

仙人小屋に行ったら自然屋に行く。

自然屋に行ったら仙人小屋に行く。

わざわざここまで来たのだ。

2件制覇しなければ交通費がもったいない!

私は自分自身は大食いだと思ってはいないが、一般の方々よりは入るようだ。

今回は天ぷらとはいえ山菜。

まして仙人小屋で食べたのは天ざる。

葉っぱの天ぷらなら2件楽勝だよ!w(結局葉っぱか?)

余裕で自然屋に訪問する。

今回で3回目の訪問です。

Dsc_3901

こちらのお店は基本的にお肉は無し。

鹿肉、熊肉のメニューは見た事無いね。

山菜や竹の子、川魚がメインです。

Dsc_3903

注文したのは山菜天ぷら定食1800円。

仙人小屋で注文すれば良かったのに!と思うかもしれない。

あちらとこちらと違う部分があるから注文したのです。

まずはメインの天ぷらの前に先付け?前菜?登場。

左は川魚のハンバーグ。

右は山菜のアレンジになります。

Dsc_3907

記憶に残っている範囲だと、右上のツクシ、上段真ん中のクレソン、下段真ん中のセリ、

下段右の味噌はフキノトウとエゴマでした。

セリの歯応えがシャキシャキで美味しかったな~。

そしてフキノトウとエゴマの味噌をのせた豆腐は、春の香りを感じる逸品。

私自身、エゴマというと福島でエゴマのドレッシングを買った事があり、

それが美味しかったのは当然として、エゴマとは福島地方の名産と勝手に思っていた。

脱線したが、山菜をそれぞれ味わえ美味しかった。

天然のクレソンは香りも味も段違いだね~。

Dsc_3909

でも、川魚のハンバーグは生姜などで臭み消しをしているが、ボソボソした感じでした。

ツナギの工夫でもっとしっとりした感じが出るかもしれません。

Dsc_3910

メインの山菜の天ぷらが登場!

Dsc_3911

店主曰、10種類近くの山菜使用とのこと。

ツクシの天ぷらが目立ちます。

そして、この天ぷらが仙人小屋と違うんですよ。

薄衣なんです。

もう、見た目にも天ぷらの衣が薄いのが分かりますよね?

この衣の薄さが天ぷらだけど、いくらでもお腹に入るのです。

前回はキノコの天ぷら定食だけど、ぺロリでした。w

勿論、店主の調理技術の高さも重要な要素。

天ぷらは簡単そうで、そうじゃないのです。

天つゆは辛目、濃い目。

つけ過ぎ厳禁ですね。

このお店では塩は試しませんでした。

Dsc_3915

Dsc_3914

店内に客は私一人だったので、店主といろいろと話をしているうちに店主が、

「もしかしたら、ネット上にうちの料理の写真載せた事がないですか?」と尋ねた。

私は一瞬、ドキンとしたが「ええ、そうです。載せました」。

すると、その時の画像と紹介内容を気に入っていただいたのか、

サービスで山菜サラダをいただいた。

サラダの中身は勿論、山菜が主体。

クレソンのシャキシャキ感がたまりませんでした。

ごちそうさま!

Dsc_3917

Photo_8

店をあとにしようとすると名前を教えてくれと言われた。

自分の本名を教えようか悩んだが、匿名ブログ運営の都合上

「ブログをやっているので、デーさんと覚えてください」と言った。

今まで食べ歩きをしてきたが、初めて「デー」を名乗ったし、特定された。w

自然屋の御主人、本名をお教えしなくて申し訳ない。

デー家物語のデーさんを貫きたいので勘弁してください。

勿論、また訪問させていただきます。

 

ここで一句

     味わいは

          自然と共に

               訪れる

Photo_9

2012年4月27日 (金)

北杜市 仙人小屋 山菜天ざるそば

PhotoDsc_3899
GDsc_3884

Dsc_3888

Dsc_3890

Dsc_3891

Dsc_3893

Dsc_3896

Photo_4

Dsc_3898

これで4回目か?すっかり仙人小屋マニア、ヲタク、ツウな私。

前回、鹿肉しゃぶしゃぶを食べた時は店内に客は私一人だったため、仙人と

いろいろ会話が出来て、次回は5月の中旬G・W過ぎたらおいでよ、という話をしたが

山菜が食べたくて、食べたくてしょうがないので、来てしまいましたよ。w

私の周辺でもタラの芽やウドなど簡単に手に入りますが、世の中にはもっと

いろいろな種類の山菜があるわけなんですよ。

世の中には「葉っぱじゃねえか!」と思う方々もいるでしょう。

そういう方々には別に理解されなくてもいいんです。

今の時期しか味わえない「旬の味」これを楽しみたいのです。

朝5時半起床。

富士吉田うどん巡りにしようか悩みましたが、結局小淵沢まで来ました。

到着した時はまだまだ開店まで時間があるので、清里のキープファームに行きました。

キープファームで時間を潰し、仙人小屋に訪れると先客が3人。

注文したのは山菜天ざるそば1500円。

普通に蕎麦屋で天ざる注文すると大体1500円前後の価格だね。

でも、仙人小屋だからね。

蕎麦は期待しないで、天ぷらに期待しましょう。

 

 

先客3人の注文をこなしてから私の番なので、30分以上待ちましたかな?

その間に今日は次々と客が押し寄せる。

混雑すると1時間~2時間待ちらしいがしょうがないでしょうね、手間暇かかっているし。

やがて天ざる登場。

うひょ~~~!期待通りのボリュームです。

山菜の天ぷらてんこ盛り!

蕎麦は市販の乾麺でしょうね?蕎麦汁も。

流石に手打ち蕎麦を出す余裕は無いようです。w

市販ゆえに味に破綻は無く、普通にずるずる啜ります。

そして天ぷらを蕎麦汁につけて食べます。

おほ!ウマ!!!

蕎麦汁が辛目でつけ過ぎるとしょっぱいので微妙に調整。

塩で食べてもいいかもね。

しかし、山菜美味いな~!

名前が分かるのは、蕗、タラの芽、フキノトウ、ウド、野蒜か?あとは食べても何だか

分からないものが・・・もしかしてクレソンも天ぷらに?セリも?

Photo_5

本当に美味しいな~。

何で天ぷらにすると、山菜って美味しくなるのだろう?

山菜は茹でても美味しいけど、茹でただけでは灰汁が抜けきれない物もある。

ところが、天ぷらにすると何故か灰汁が抜け美味しく食べる事が出来る。

仙人小屋では天ぷらはサラダ油で揚げているようなので、くどさも無く、

軽くサクサク感のある天ぷらになっている。

今回は天ざるなので天つゆではなく、蕎麦汁になったが、山菜天ぷら定食なら

天つゆになると思います。

ツウを自称するなら当然、塩で召し上がってもいいけど、私は天つゆの方が好きかな。

山盛りの天ぷらでしたが、完食です。

普通でしたら私は蕎麦は必ず大盛りを注文しますが、今回は普通盛り。

蕎麦は普通盛りでも天ぷらが大盛りなのでその必要は無いと思います。

野蒜も何度か食べた事があるけど、天ぷらは初めてだった。w

勿論、天ぷら以外にも山菜しゃぶしゃぶなど変わった食べ方もあるので、

それは次回ですね。

5月、また行くぞ!(交通費含めまたカネが消える・・・)

 

ここで一句

     遠くまで

        葉っぱ食べても

               悔いは無し

Photo_6






2012年4月26日 (木)

伊豆市 ラーメン大学 石松 辛口こってりみそラーメン

Photo_5

Dscn3646

Dscn3639

Dscn3642

Dscn3643

Dscn3644

Dscn3645

Dscn3640



女性に「付き合ってください!」と告白するのは学生であろうが、

社会人であろうが勇気がいる。

学生時代3連敗の私が社会人になり、初めて交際をお願いしたが・・・

ものの見事に撃沈!

だが、告白のシチュエーションが良くなかった。

社員旅行で修善寺に行き、酔っぱらった勢いで先輩に促され電話で告白。

そりゃあ~~ふられるわな。w

心の傷付いた俺を先輩やら後輩やらが慰める為に外に飲みに行った。

その時期、確か修善寺温泉の入り口近くにこの「ラーメン大学」があったと思った。

記憶がうろ覚えだが、ニンニクラーメンのニンニクマシを注文したら、

ニンニクラーメン、ニンニクなしだった。

それはただのラーメンだろう?

でもアタシはね、黙って食べたんだ。

その後、数回この店には行ったが、移転をし、それから間違いなく10年以上経過した。

この店の看板見つけた時、失恋とニンニクを想い出したよ。w

Photo_6

まあ、そんなハートブレイクな事よりも、腹を膨らませ無ければ。

店の前が駐車場だが、一台分のスペースを見つけ止める。

店内に入ると、カウンター席は無いようですね?

テーブル席の椅子と座敷席があり、座敷に案内された。

テーブルの上に注文票があり、自分で記入して渡すらしいが、お冷を持ってくるまでの

間に注文を決め、口頭で注文した。

すると、接客担当の方が書いた。

富士吉田うどんでもそうだが、その店独自のルールや注文方法がある場合が多い。

この場合、私はこの店のルールを知らなかったのだが、接客のお姉さんは

特に何も言わずに書いてくれた。

注文したのは辛口こってり味噌ラーメンと餃子。

辛さは4段階あり、私は1番マイルドなものを注文した。

刺激は何でもそうだが、過剰な刺激は人間崩壊の元ですよ。w

味噌ラーメンが800円で、餃子が400円。

本当は麺大盛りにしようと思ったが、大盛りは不可で替え玉200円になるらしい。

味噌ラーメンの替え玉?やってみたかったな~。w

他のお客のラーメンを見ると、大き目の丼にこんもりと盛られている。

やがて、餃子が登場。

 

 

やや大き目で5個で1人前。

食べてみるとニンニクが少々効いている。

男はこういう餃子、好きな奴多いんじゃない?

手作り感たっぷりで、ガサツな感じだけどいいんじゃない?

これでビールあったら・・・黄金コンビやね!

そしてラーメン登場。

うひょ~~!油膜いや脂膜が凄いぞ!

メタボってしまうわい!w

具は炒めたモヤシ、コーン、海苔、メンマ、ネギ・・・チャーシュー無いのね?

ま、いいや。

まずはそのメタボなスープをずずず~~いと・・・

おほ!美味い!

こってりと言う名に恥じぬコッテリ感。

辛さは私としては割とピリピリ来ますね。

でも、この上の中辛でもなんとか大丈夫そうです。

スープはキチンとダシが取られ、脂だけのコッテリではないです。

次に麺を引きずり出すと中太のピロピロしたもの。

麺自体は軟らかい感じだが、茹で過ぎ!と言う訳ではなく、これはこれでいいでしょう。

今回はコッテリですが、普通の味噌や醤油ラーメンで本領発揮!と思われる麺です。

麺がピロピロの為、まあ~~脂を良く絡め、纏う事。w

スープが無ければ油そばだね。w

辛さは食べ進むと舌の表面をチクチク攻撃してくるが、それが食欲増しますね。

 

 

全体的な味の印象はガサツではあるが、この味、好きな人タマランでしょう?!

味噌ラーメンとしては味が尖がったり、引っ込んだりする部分があるが、美味いんですよ。

ラーメン大学応援団、もしくは格闘技部?w

そんなワイルド(スギちゃんだぜ~)な味は草食系やスイーツ男子など、そんな存在

許さないような物です。(私の妄想です)

具にチャーシューが無かったが、無くても不満無し。

少なくともこってり味噌ならこれでいいや。

他にも日本の土台を支える男たちの胃袋を満たすようなメニューが多く、

私としては是非、次回も訪れたいお店でもあります。

失恋?食べている最中、そんな事一切忘れていた。w

 

ここで一句

     大学も

        やり直せれば

               もう一度

 

さ~て、次回のデー家物語は?

 

          春ですね~、山菜の季節です。

          仙人に会いにまた行きました。

 

          次回、仙人、忙しくて会話無し?です。

2012年4月25日 (水)

小田原市 栄華軒 半チャンラーメン

Photo_2

三島の次郎長以外では滅多にやらない「ラーメンチャーハン」。

別に、次郎長が特別それが美味い訳ではないが、半チャーハンといいながら

他店の1人前を圧倒するボリュームに感動し、たまに行くという行動。

今回、ボリュームならここも負けてはいない!ということで訪問。

Dscn3632

半チャンラーメン850円。

安いか?高いか?それは来てのお楽しみ。

Dscn3622

まずはラーメンが来た。

さっぱり醤油味のスープにやや細めのピロピロした麺。

麺は軟らかく感じるな~。

カタメマンセー!ではないが、軟らかめ。

年配者には好まれる味ですね。

私には少々物足りないが、飲み過ぎた翌日ならウエルカム!な味。

Dscn3623

ラーメンを食べている最中に半チャン登場。

Dscn3627

おお!これで半チャン?

他の店では1人前でも通用するね?

結構ボリュームあります。

Dscn3628

しかも香の物付き。

Dscn3630

ラーメンと交互に食べてみましょう。

Dscn3631

おお!チャーハンですが、油ギトギトではなく割とサッパリした印象。

ラーメンがサッパリ系なので、チャーハンも当然、そうなんでしょうね?

具の刻んだチャーシューの味も程よく、私としてはこのチャーハン美味しいと思います。

むしろ、チャーハンだけ食べに来てもいいくらい。

サッパリ目のチャーハンが好きな方にはお勧めします。

ところで、ラーメンとチャーハンのコンビネーションですが、

ラーメンスープがサッパリなので、肉体派には物足りない物です。

この店なら肉そば、半チャーハンでもいいかも?

でも、ボリュームがあるので食べているうちに満足!ということで・・・

Photo_3

ここで一句

     食べ合わせ

          淡淡だけじゃ

                物足りない?

Photo_4

2012年4月24日 (火)

沼津市 新東名 駿河湾沼津SA(下り) 麺屋 道神 チャーシューンメン

Photo
Dsc_3832

Dsc_3834

Dsc_3837

Dsc_3838

Dsc_3839

Dsc_3842

Dsc_3843

Dsc_3840

Photo_4

ラーメン評論家がプロデュースするラーメン店。

ラヲタが聞いたら大挙して押し寄せそうな話題であるが、その場所が新東名の

サービスエリア内となると話は別かもしれない。

「サービスエリア?誰がプロデュースしてもたかが知れている!」

私もそう思う。

営業時間の長さ、年中無休、作り手のローテーションなどで、開発時とは

違った味になるか、そうならない様に最大公約数的な味を狙う。

そう思う。

従って、この場合「新東名に行ってラーメン食べてきたよ!」で終わりそう。

この場合、新東名を走る事とサービスエリアに立ち寄ることで満足を得、

そこで食べる食事に特別な感情を抱いてもしょうがない。

でも、10年以上前になるのか?

東北道を青森に向かって走っていて、ドコのサービスエリアかパーキングエリアか

忘れたが、目の前で網焼きの牛タンを焼いていて、それを食べた時は

「次回も絶対!ここに寄る!」と誓ったが、無かった。

今はどこかにあるかもしれないが、あのときは無かった。

 

 

また脱線したか?

平日の11時前だと言うのに、駐車場は満車!

止める所が無いので、大型車の駐車スペースへ。

一見したところ、随分と広大な駐車スペースだが、車がひっきりなしに流入してきて

車に埋め尽くされている。

更に、一般道からも客が来れるように一般車用の駐車場も隣接しているので、

まるでモーターショーの幕張メッセ状態や~~!(他に表現方法が無いのか?)

駐車場と比較するとサービスエリアの建物はそれほど大きいとは思わない。

海老名よりは小さいだろうね。

物珍しさも手伝い、あっちに行き、こっちに行き、徘徊するうちに腹が減る。

フードコートもそろそろ混み始めて来たので、座るスペースが無くなる前に食事に。

ま、この場合ラーメンだろうな。

石神プロデュースというのも面白いし。

佐野実、富士の大山とかいろいろ食べたが、評論家はどんなラーメンに仕上げたかな?

 

 

メニューはつけ麺もあるが、そんなに種類は多くないね。

チャーシューメン980円を選んでみた。

当然、大盛りなどは出来ない。

注文してから3分位で完成した。

結構早かったな!

周囲の視線も気にせずに一眼レフで撮影。

まずはスープをずずずい~~~と。

あらま!結構魚介の強い風味。

動物系のダシよりも魚介を前面に押し出したもの。

しかもまとまりがいい。

これは好印象!

でも少々油ギッシュなオイリーなスープ。

次に麺ですが、支那そばのような細麺縮れの強い物。

コシが強く、喉越しも良く、スープを良く纏います。

茹で加減も硬めなんでしょうが、なかなか研究された麺です。

しかし、このスープにこの麺で本当にベストかなあ~?と言う物もなきにしもあらず。

次にチャーシューをいただきます。

割と厚みもあり、大き目のバラ巻きタイプのものが4枚。

軟らかく煮込まれ、お店でカットしているようです。

味つけはやや薄目かな?スープの味を壊さない様に配慮されていると思います。

価格とのバランスは納得です。

チャーシューメンだ!というボリューム感があります。

次にメンマですが、穂先メンマと通常タイプの2種類が乗っています。

食感の違いなどを楽しんでもらおう、という主旨は理解できますが、

どちらか1種類で十分でしょう?

青菜のトッピングもありますが、特に可もなく不可も無く。

 

 

店先には拘りの蘊蓄がありますが、それらは一切無視し、私自身の意見としては

流行りの濃厚豚骨魚介系から濃厚豚骨を外し、濃厚魚介系豚骨ラーメンの印象。

魚粉(煮干し主体?)を使用しているとはいえ、エグミ、雑味もなく、まとまりのいい物。

セルフサービスなので、あらかじめ胡椒をかけて食べましたが、

ホワイトペッパーもなかなか合うと思います。

次も食べるか?と聞かれれば「食べます!」ですね。

あと、営業時間が長いのでやはり、昼前後のスープがベスト!と思われるので、

その時間帯を狙うのも美味しく食べるコツかと・・・w

あと、ラーメン評論家として当然、これが一番いい!と思ってはいないでしょうから、

プロデューサーとして改善してくるし、追加メニューも出すでしょう。

その辺の期待も含め、サービスエリアでは美味しいラーメン!と言わせてもらいます。

 

ここで一句

     神の味?

        いいえ私は

              道神だ

次回予告

      黄金騎士と銀牙騎士の組み合わせ?

      半チャンラーメンに「覚醒」

                            see  you!

2012年4月23日 (月)

足柄下郡箱根町 木のぴーHouse ジャンボハンバーグセット

Photo

Dscn3619

Dscn3602

Dscn3603

Dscn3604

Dscn3606

Dscn3607

Photo_2

Dscn3608

Dscn3611

Dscn3612

Dscn3615

Dscn3617

Dscn3618

Photo_3

少し、野菜不足かな?と思っている。

外食でも野菜を意識して食べていたのだが、近頃はそうでもない。

むしろ、肉食が増えた。

野菜不足を解消するために、青汁を飲めば・・・と思わない。

特に、今の時期。

春の山野草が沢山芽を出している。

その中で、定番のタラの芽や山独活は調理をしないと食べられない。

猪や熊ではないので、そのまま食べたら灰汁地獄になる。

しかし、イタドリや菜の花、場所により明日葉などはそのまま食べられる。

明日葉は新芽で無ければつらいが、イタドリは皮を剥き少々酸味を感じる

茎の部分を味わう。

地方によってはイタドリをジャムにするところもあるが、個人的にはそのままどうぞ。

次に菜の花だが、これは文句なしに美味い!

菜の花畑を見ると私は「天然のサラダ畑や~!」となる。

何しろ食べ始めると止まらないくらい美味しい。

何事もし過ぎてはいけないが、皆さんも胃腸に自身がある方は試してみては?

神経質な方はやはり、一度洗ってから食べることをお勧めします。

 

 

春先はその辺に生えているもので野菜補給ができる安心感からか、

私は箱根湯本の木のぴーHouseに行った。

お隣には私のブログでは2度お邪魔している「箱根かれー心」がある。

以前から一度は木のぴーHouseにはお邪魔したいと思っていたが、

やっと訪問できました。

お店に到着時は13時前ぐらい。

店内に先客は1組2名。

しかし、なんとも変わったテーブルレイアウト。

基本的にテーブルが3つで、大きなテーブルは相席用?

混雑時はどうしても相席覚悟の様相です。

観光客ばかりだと、少々狭苦しく落ち着かない雰囲気になりそうです。

メニューボードにはどれも魅力的な品名が書いてある。

ハヤシライスとタンの煮込みが魅力的だったが、ここはジャンボハンバーグを注文。

ただ、注意しなければいけないのはメニューボードの品名は基本的に単品。

これにセットというとライス、サラダ、スープ、ドリンクとつく。

ライスだけでも注文できて300円。

ジャンボハンバーグセット1475円を注文した。

 

 

ハンバーグが焼けるまで時間がかかるで、テレビを眺めていると、スープとサラダが来た。

まずはスープをいただく。

クラムチャウダーのようなスープ。

これは特に可もなく不可もなくというところ。

次にサラダだが・・・ほほぉ!これは珍しい!

アイスプラント(塩菜)が入っています。

アイスプラントの詳細は、、、ぐぐれ~~~!!!w

ドレッシングは自家製ですがなかなか美味しい。

やがて、ハンバーグの登場!

「ご飯足りなかったら言ってください」って言われたが、ハンバーグがデカイのに、

ライスも結構盛りがいいですよ。

正直、食べきれるか俺?状態。

ところが、ナイフをハンバーグに刺し込むとふんわりした感触。

これはナイフなんかいらない!フォークだけで十分。

手作り感いっぱいのハンバーグはとてもやわらかい食感です。

豚と牛の合い挽きでしょうが、それ以外にもつなぎに工夫されているのでしょう。

ハンバーグの上には目玉焼きが乗りますが、目玉焼きは玉ねぎで枠を作っています。

付け合せはポテト、揚げたブロッコリー、花豆かな?

味の決め手のデミグラスは家庭的な味わい。

奥深い味わいというよりも、軽くてサラッとした感じ。

でも、これが美味しい。

ハンバーグにたっぷりソースを絡め、白飯と交互に口に入れる。

ご飯は当然、本日炊きたて。

結局、美味しくて完食!

おなかがいっぱいです!

次回も是非、違うメニューを食べたいです。

当然、ゴールデンウィークは外しますが・・・w

 

ここで一句

     座るなら

         相席覚悟

             混雑時

さ~て、次回のデー家物語は?

 

      どうも、暇人です。

       あまりにも暇なので、第2東名走ってみました。

       走り易くてびっくりしました。

      次回、デーさんサービスエリアで麺啜るです。

                       お楽しみに!

2012年4月22日 (日)

足柄下郡箱根町 富士屋ホテルベーカリー&スイーツ ピコット(PICOT) カレーパン、クロワッサン

1

桜を撮影した後、食事を!と思ったが、時間的にまだ10時にもなっていなかった。

そこで、8時半から営業をしている富士屋ホテル経営のパン屋にお邪魔した。

Dsc_3797

私自身、ここを利用するのは10年ぶり?15年?

昔、チーズケーキをホールで買って、一人で食べるという暴挙をやった。w

それ以来だね。

Dsc_3796

プレミアム食パンがあるらしいが、焼き上がりまで1時間以上あるわい。

適当に見繕って、遅い朝食としましょう。

Dsc_3785

店内の様子ですが、勿論、撮影許可を得ました。

しかし、レトルトのカレーが700円!

美味しいとはいえ、なかなか買うのに勇気がいる価格です。

ハッシュドビーフは950円!

Photo

Dsc_3789

その中でも比較的価格の安い、カレーパンに目がいきました。

カレーパン一個300円を購入。

Dsc_3790

ケーキ類も美味そうやな~~。

Dsc_3791

クロワッサン、5個入りで650円。

これはまあまあ安いほうかな?

Dsc_3792

正直言いまして欲しいものが高い。

500円ぐらいかな?とうものが900円近くします。

観光地価格というよりも、プライド価格。

富士屋ホテルというブランド価格でしょうが、当然それに見合う味を期待します。

Dsc_3793

買ったのは下の3点。

クロワッサン、カレーパン、ハッシュドビーフ。

合計1900円。

Dsc_3801

まずはカレーパンを食べてみたいと思います。

裏面を見ると、レンジやトースターで温めると美味しいと書いてあるけど・・・無い。

Dsc_3803

形、大きさは至って普通。

Dsc_3804

中はこんな具合です。

特に目立った特徴無し。

Dsc_3807

とにかく食べてみましょう!

いただきま~す!

Dsc_3808

Photo_2

おおお!!!!

パンがモチモチ~~!

こんなモチモチなカレーパン、食べたこと無いぞ!

そして小麦の甘さ、風味が口に広がる~!

決め細やかなパン生地がまさしく餅のような食感を生み出す。

次に中身のカレーだが、基本的に甘口。

しかし、それは「甘い!」のではなく、素材から滲み出た甘さ。

たぶん、温めると何ともいえない香ばしさもあるのでは?と思われる。

クラシカルでオーソドックスなカレーパンであるが、それを構成する素材、

調理技術、さすが富士屋ホテル!と思わせるもの。

しかも食べ終えてからも口の中にはカレーパンの心地よい余韻が残る。

胃に収まっても美味さが感じられる。

これは是非、次回は温めて食べてみたい!と思った。

基本、揚げパンだが胃もたれ感ほとんど無し。

箱根土産にカレーパンはいかがでしょうか?

次にクロワッサンを食べた。

見た目はいびつであるが、袋の下にあったためこんな感じに。

Dscn3634
しかし、味はこれもなかなか美味しい。

焼き立てではなかったので、食感に香ばしさは無かったが、

これも素材と調理技術の高さを感じるもの。

Dscn3636_2

ハッシュドビーフは次回にしますが、

今回のカレーパンとクロワッサン、味と内容、価格を考えると、

自分が食べてもいいし、お土産でもいいと思います。

チャンスがあれば昔食べたチーズケーキを食べたいと思います。w

 

ここで一句

     箱根路は

         パンの生地も

               ご一緒に

Photo_3

2012年4月21日 (土)

足柄下郡箱根町宮城野 早川沿い桜満開

Photo

Dsc_3723

Dsc_3726

Dsc_3727

Dsc_3733

Dsc_3736

Dsc_3741

Dsc_3742

1

Dsc_3746

Dsc_3749

Dsc_3763

Dsc_3766

Dsc_3768

Dsc_3771

Dsc_3778

Dsc_3783

Photo_3

1_2 

2012年4月17日 (火)

秦野市 県道62号線 桜通り 桜満開

Photo_2

Dsc_3655

Dsc_3657

Dsc_3658

Dsc_3661

Dsc_3665

Photo

Dsc_3669

Dsc_3671

Dsc_3672

Dsc_3676

Dsc_3683

秦野市内、桜の名所は数あれど、私が選んだのは県道62号線の桜並木。

7km以上はあるといわれています。

このズラ~~と並んだ桜が圧巻ですが、写真撮っているの私だけ?

確かに秦野には水無し川とか桜の名所がありますが、天気が悪かったとはいえ、

この見事な桜通りに観光客が居ないというのも寂しいな~。

それとも私が他所の者だから珍しいと思っているだけ?w

あ!道路沿いで花見の宴が出来ない為かもね!?w

 

ここで一句

      花見酒

         出来ない桜

               人居ない?

2012年4月16日 (月)

伊勢原市 らーめんの円熟屋 板戸店 特、野菜豚骨つけ麺

Photo

130

125

126

127

128

129

人間として、男として、円熟度が増したかどうか?

 

 

全然増してない。

私自身「円熟度が増しましたね」と言われたら嬉しく無い。

常に変化を求め、常に攻撃型でありたい。

しかし、ある意味それは人間として未完成状態が続いており、

いつまで経っても、自分のオリジナリティーを構築出来ない事を自分で証明している。

学生時代から具体的な人生目標を持たないと、何年経っても試行錯誤の連続。

人生試行錯誤ばかりしていたら、結局何がやりたいか分からなくなる。

試行錯誤のスパイラルで上に昇るのは年齢だけ。

1年に1度年齢が増えるだけ。

自分の行動、言動、その他が社会に求められる人間にならなければ。

社会が求めてくれるから価値が生まれ、利益を得る事が出来る。

今以上の収入を得たいなら、自分の価値を構築し、社会が求める人間になること。

最近ようやく、そういう事を思うようになりました。w

 

 

 

円熟屋の前は何だっけ?

私の知る限り2~3回店名変わっているね?

楽の時に一度利用した事があるが、何でこの味でこんなに人気があるのだろう?と

思ってから変わっているので、やはり、味が原因ですか?

他にも理由があるかもしれないが、少なくても求められる味を作って無かった、

ということは否定できないと思うな。

 

 

真っ黒な外装に惹かれ店内に入ると、内装も真っ黒、店員さんも真っ黒。

そして客の私は腹黒い。w

食券制なので、券売機の前に行くと・・・何やら種類が多い。

券売機の上にはそれぞれのラーメンの画像があり、券売機にはつけ麺は無いが、

口頭で注文すればつけ麺に可能との事。

どれにしようか悩む・・・券売機の縦の列、横の列・・・をい!!!

この券売機の配列はランダムですか?(個人の印象です)

塩、豚骨、豚骨魚介、醤油、こがし醤油、みそ、こがし味噌、ブラック、煮干し塩、海塩・・・

え~と、これで全部だったかな?多分抜けているでしょう。

餃子もあり、チャーハンもあり、ビールもある。

それらが整然と並べられていない。(個人の感想です)

私の後ろに待ちが居なくて良かった。w

画像と券売機を交互に眺めながら、つけ麺が食べたかったので、

お店がお勧めの豚骨味の特、野菜豚骨790円を押した。

正直なところ、特、野菜豚骨つけ麺という名称が正しいのか自分でも分からない。w

商品名に関しては店のメニュー通りに表記する事を心掛けているが、

券売機だけの表示だと正確かどうか分かりません。(個人的感想です)

Photo_6      

麺も細麺、中太麺、極太麺と3種類があるが、注文した物が何かは分からなかった。w

食券を渡すと、味の好み、野菜増し、ニンニク入れる?と聞かれた。

味は普通にし、ニンニクと野菜増しを頼む。

私の注文を作っている間に、男性客2名が入店するも割と簡単に注文を決めていた。w

5分ほど経ってつけ麺登場。

麺の上にモヤシが乗り、味付け玉子とチャーシューが2枚乗っていた。

麺の量もまあまあかな?790円の価格に見合った内容だと思います。

何はともあれ、やはり味!多くの客が求める味でしょうか?

つけ汁に麺を浸し、啜りこみます。

うん!美味しいよ。

つけ汁は濃厚とまではいかないけど、良くダシが出ていると思う。

豚骨の臭みなどは感じられず、女性でも抵抗無いと思います。

味は醤油ベースだけど、麺に絡み、纏わりつき、それなりに味わえます。

そして麺ですが、極太麺、ではないね。

ストレート中太麺だと思います。

しっかり水で〆られ、シコシコしたコシとつるつるした喉越しでいいと思う。

麺自体もなかなか美味しいよ。

チャーシューは軟らかく、薄目の味付けですが美味しい。

味つけ玉子もいいと思います。

野菜と言う名のモヤシ9、キャベツ1の割合の物もしっかり盛られ、

野菜を食べた!という健康ヲタクの安堵感を充足する量があると思います。

最後にスープ割りを頼むと・・・あれ?豚骨スープがやや魚介風味に・・・w

全体的に普通に良くまとまったつけ麺だと思います。

美味しいですよ、接客も好印象だし。

ただ、味の特徴とか印象とか店の内外装以外薄いので、

ラーメン店の多いこの界隈ではもっと個性を頑張って欲しい!

というのが素直な印象です。

ただ、メニューの多いこの店で、つけ麺一杯食べただけで、

言う言葉でもないかもしれませんが、お店のお勧めメニューだったので、

敢えて言わせてもらいました。

一度来た客が何度も求める特徴が必要だと思うが、その前に券売機ですね。

ランチタイム時に客が集中する時間に、

券売機の前でもたもたするお客が多いと思います。

いろいろな味が楽しめるのもいいけど、

客が求めやすい方法を今一度、考えてはどうでしょうか?

それ以外、大きな欠点もないのだから。

 

ここで一句

     券売機

        腕組悩む

            ところでない

5

2012年4月15日 (日)

伊勢原市 なまらうまいっしょ R246伊勢原店 特上国産本ロース味噌汁セット

Photo_4

246を厚木に向かって走っていたら見つけた看板。

豚丼専門店?珍しい。

丁度開店時間の11時だったので、お邪魔しました。

121

確か、以前この場所は吉野家だったよな。

吉野家時代、1度訪問した事があるが。

メニューを見ると確かに豚丼ばかり。

一番安い豚丼が国産バラ豚丼680円。

牛丼店にへヴィーローテーションしている方々には少々お高い価格設定。

しかし、テイクアウトやらなんやらでお客がどんどん来る。

113

どうせ食べるなら美味しい物を食べましょう!ということで注文したのは

特上国産本ロース味噌汁セット960円。

帯広で食べた時は1050円プラス味噌汁180円で1230円。

あ、交通費は・・・無視。w

さて、どんなお味でしょうか?

卓上には色々な調味料があります。

114

さほど、待たずに豚丼登場。

炭火焼きらしいが、厨房内では煙が立ち込めていました。

なかなか良いビジュアルです。

115

まずは肉だけを食べてみました。

特上メニューだけあって、肉は軟らかく美味い!

肉自体に旨味があり、肉汁が溢れる!とまではいきませんが、拘りを感じる味です。

美味い!!!

チェーン展開でこの味はさすがだと思います。

しかも肉には厚みもあり、価格に差があるので比べるのは可哀想ですが、

吉野家の豚丼が寂しく感じるほどです。

116

肝心の味付けも甘からず、しょっぱからず、辛からず、なかなかいい味付けです。

香ばしい香りが食欲をそそり、白髪ねぎのビジュアルもグッドです。

卓上の調味料の中で、お店お勧めの山椒味噌とニンニク醤油漬けを使用しました。

山椒味噌、いいですね。

味にアクセントが付きます。

ニンニクは悪くは無いけど、少々臭いが気になりますね。

七味や山椒も使ってみたかったな。

 

 

帯広に行かなくても十分満足です。

お昼ご飯に1000円まで出せる余裕のある方なら、ここどうでしょう?

ご飯の大盛りが77円増し。

その他に大盛りメニューがあるので、肉の大盛りということでしょう。

117

味噌汁は普通です。

118

香の物も普通かな。

119

正直なところ、全く期待しないで入ったのですが、満足です。

かつやでダブルカツ丼が食べたい時にこの店に来るかも?w

ワンコインでランチを済ませたい方はランチメニューで豚バラ焼き定食690円があるので、

少々奮発してそちらもいいかもしれません。

私の場合、いきなり特上肉なので次回も同じ肉ですね。

かなり本格的な味です。

テイクアウトも出来るので、色々利用勝手がありそうです。

120

この店を知ったので、次回北海道に行った時、豚丼食べなくてもいいや!www

 

ここで一句

      帯広で

         食べた思い出

               薄らいだw

4


7

2012年4月14日 (土)

熱海市 ジョナサン 熱海サンビーチ店 ホットサンドイッチモーニング(ドリンクバー付き)

091

Photo_3

105

086

087

094

088

103


096

101

100

104

早朝シリーズ18回目。
   

 

ボクは早起きだな~。

毎日5時半に起きているよ。

休日も勝手に5時半に起きちゃうよ。

身体が老化すると何で早起きが得意になるのだろう?

もっともサラリーマンになってからず~っと早起き。

桜前線を追い求める途中で、熱海のジョナサンに入ってみました。

ジョナサン自体、私は人生初の訪問になります。

初めてなのに注文したのはホットサンド。

ドリンクバー付きで514円。

コーヒー2杯、野菜ジュース3杯飲みました。

ガストの時もそうでしたが、ドリンクでお腹を膨らましているような気がします。

勿論、和食メニューなどもあるので、ガッツリ行きたければそっちを注文すればいい。

 

 

まずコーヒーですが、薄い。

アメリカンではないのに薄い。

アメリカンだとどうなってしまうのでしょう?

野菜ジュースも薄い。

薄いのでガブガブ飲みました。

メインのホットサンドですが、味がない?

それとも寝ぼけていて味覚がボケていますか?

初ジョナサンは何とも印象の薄いものでした。

 

おあとがよろしいようで・・・

 

ここで一句

    立地良し

        景観良いが

              味薄し

さ~て、次回のデー家物語は

 

       どうも、暇人です。

       国道246号を走っていたら、

       なまら美味そうな店見つけました。

       次回、豚丼食べてうまいっしょ!です。

2012年4月13日 (金)

小田原市 小田原おでん本店 牛すじ煮込みうどんランチ

Dscn3504

Dscn3506

Dscn3508

Dscn3509

Photo

Dscn3512

Dscn3514

Dscn3515

Dscn3516

Dscn3517

Dscn3520

Dscn3521

Dscn3522

Dscn3525

Dscn3526

Dscn3528

おでんという食べ物は酒のツマミにはなっても、ご飯のおかずにはならないと思っている。

だからたま~におでんがおかずだったりすると、非常にがっかりしたりする。

それにおでん自体が美味くない場合が多く、尚更がっかりする。

それでもセブンイレブンのおでんは割と満足しているが、この冬は一度も食べていない。

静岡の天神屋のおでんは美味かったが、また食べたい気がしない。

ご飯のおかずとして成立するおでんを求めて、小田原おでんさんにお邪魔しました。

このお店は以前から知ってはいたのですが、私が先述のようにおでんに偏見を

持っているため、なかなか訪れる事が無かった。

今回は小田原城に桜を見に来た時、全国おでん祭りみたいな事をしていたので、

小田原おでんの有名店に是非、行こうと決めたわけです。

 

 

場所は国道1号線の裏側?になります。

店のある道路は良く分かるけど、お店自体は車だと気が付き難いかも?

私も1回目は素通りしました。

駐車場が分かり難い、尚且つ満車だったので近くの有料駐車場に止めました。

有料駐車場からでも徒歩で5分ぐらいです。

店先に大きな小田原提灯が飾られ、小田原おでんの文字が書かれています。

暖簾をくぐると、先客とお店の方が何やらお話を。

どうやら満席で30~40分ほど待つことになるらしい。

先客は3名だったが、私は1人なのでそれを告げると店内に案内された。

繁盛店では1人の方がこういう時に有利なんです。w

店内はカウンター席とテーブル席がある。

奥にはお座敷もあるのかな?未確認ですが。

カウンターに座ると皆さん、結構生活に余裕のあるような方々ばかり。

スーツ姿の年配グループやマダムのグループがいらしてましたね。

昼間からビールやお酒を飲んでいます。

ある意味、羨ましい。

メニューを眺めると、牛すじ煮込み丼のセットを注文した。

おでんは5品をチョイス出来るシステム。

私は玉子、大根、厚揚げ、小田原すじ、鯵はんぺんを選んだ。

おでんの素材はそれぞれどこで入手したか明記してある。

気に入ったおでん種があったらそのお店に行けばいい、ということね?

大根は地元の農家に依頼し、おでん大根を栽培してもらっているとのこと。

太さが均一で重宝しているとの事。

 

 

まずは前菜が提供された。

隠元の胡麻和えなど4点盛りだが特に可も無く不可も無く。

ただ、キュウリと大根の浅漬けらしきものは随分と手間暇を感じました。

仕事の丁寧さを感じるのと、複雑な味わいを感じました。

次におでんのつけダレが出てきました。

左からから梅味噌、山葵醤油、練り辛子です。

そしていよいよおでんの登場です。

おでんを盛る器をあらかじめ、お湯で温めてます。

白い器に盛られたおでんはこれだけだと、殺風景ですね?

まずは大根を箸で切り、そのまま食べてみます。

う~~む!美味しい!!!

おでんのおダシは昆布や魚介ベースでしょうが、品良く美味い。

ベースのおダシにおでん種から滲み出る旨味も加わり、繊細でありながら奥深い味です。

次に梅味噌をつけて大根を食べました。

ああああ!!!!この梅味噌、美味い!!!大根に合う!!!

なんか、この梅味噌のファンになりそう。

爽やかな梅の味と味噌が物の見事に相乗効果、美味い!

次に山葵醤油で大根を・・・辛い!

少ししかつけていないのにかなり、ワサビ特有の辛味を感じます。

これは大根には合わないな~。

結局、残りの大根はすべて梅味噌でいただきました。

 

 

次に厚揚げをいただきましたが、こちらも梅味噌で。

美味しい!!

練り物のすじとはんぺんは普通かな。

最後は勿論、玉子。

玉子は半分に割り、梅味噌をつけました。

う~~~~~む!中まで完璧にダシの浸みた玉子、濃厚で美味い!!!

次に山葵醤油でいただきました。

おおお!!!玉子に山葵醤油合いますよ。

濃厚な味には山葵醤油がピッタリ!!!ピタッとハウスですよ!w

結局、練り辛子をほとんど使わなかった。

おでんを食べ終えたところで、牛すじ丼の登場!

「お待たせしました~牛すじうどんです」

へ?私が注文したの牛すじ丼だけど・・・

ま、いいか。

うどんと丼とどちらにしようか悩んだのも事実だし。w

Photo_2

あ、でもこのうどん美味しいな~。

おダシは味噌ベース、さっぱりでありながらコクが十分な物。

うどんはエッジの立った讃岐うどんのような感じ。

しっかりしたコシがありました。

牛すじはトロットロに煮込まれていますが、変なイヤミや臭いもなく、美味しい。

これなら年配者でも全く抵抗なくいけますよ。

ただ、私としては何かアクセントが欲しい。

卓上に七味などは無く、まろやかで美味しいうどんだが何か欲しい。

あ、あった。w

おでんのつけダレとしてほとんど使わなかった練り辛子を牛すじになすりつけた。

そのままうどんと一緒に口の中へ。

おほ!ウマ!

余った山葵醤油もつけてみた。

七味が無くても許せました。w

最後にデザートとして梅ジャムののったアイスクリームがでて終了。

着席してからすべて食べ終えるまで40分以上かかったかな?

とにかく、仕事が丁寧でスタッフが男女1名づついますが、忙し過ぎて可哀想なくらい。

忙し過ぎる中でも接客、料理の提供に抜かりは無く、お冷のおかわりを頼んだら、

なんと新たにグラスを替えて提供しました。

お冷も水道水をペットボトルに入れ冷蔵庫で冷していました。

営業時間が11時半から14時までで、

私が店を後にする頃には13時半を過ぎていましたが、お客は玄関の外に数名いました。

平日なのに凄い人気店です。

この店でゆっくり味わうには、開店前に並ぶしかないかな?予約が可能なので

あらかじめ予約をお勧めします。

それと、ランチタイムに1時間以上の余裕のある方でないと無理かもね。w

小田原で上品で美味しいおでんを味わえました。

次回は是非、牛すじ丼を食べたいと思います。w

 

 

余談ですが、このお店(有)ご縁満開本舗というらしいです。

 

ここで一句

      おでん屋で

           品良く食べる

                 時代かな?

2012年4月12日 (木)

小田原市 餃子の王将 小田原店 辛玉ラーメン、餃子(良く焼き)

Dscn3495

Dscn3496

Photo

Dscn3498 

Dscn3500

Dscn3501

Dscn3502

Dscn3503

G

辛玉ラーメン399円。

餃子231円。

合計630円。

このラーメンは賄いだな。

賄いだが美味い!

日高屋のチゲ味噌よりマイルドだが辛い。

今回、初めて良く焼きを注文してみた。

なるほど、焼き目がパリパリして美味い。

個人的にもこの焼き加減が一番いいと思うが、

焦げていると言うクレーマーがいるからその一歩手前の焼き加減?

完全に個人の好みの問題だが、焼き餃子が日本だけでメジャーになったのなら

焼き目の美学はパリパリでしょう?

630円で満足できました。

  

ここで一句

   パリパリと

        音が出なけりゃ

              意味が無い

1

Photo_2

2012年4月11日 (水)

秦野市 三憩園 チャーシューワンタンメン

Pg

Dscn3487

Dscn3488

Dscn3489

Dscn3490

Dscn3491

Photo


桜前線と大口叩いておきながら、まだ伊豆と小田原だけだったりする。

夜桜の桜は近所の桜を撮影しただけだし。

秦野にも結構、桜がずら~っと立ち並ぶところがあるのだが、訪れた時は早かった。

見た目5分咲きか6分咲き。

撮影しても映えないのでやめました。

私の休日との兼ね合いもあるので、秦野はこのまま通り過ぎ、箱根か山梨方面かな?

とにかく、桜前線第十陣まで頑張るぞ!w

 

 

しかし、桜を眺めながら酒を飲んだり、バーベキューをしたいと思うが、

ラーメンを食べたい!と思わないのは何故だろう?

花見ラーメン。

あるようで無い、無いようである?

秦野駅周辺を歩いていると川沿いに数本の桜を発見。

その桜の先には黄色い看板で、「三憩園」が。

桜を見たラーメンということで、お邪魔した。

この近辺にはラーメン店が数件あるが、次回訪れてみましょう。

11時半開店で到着したのが11時40分ごろ。

ところがなんと!すでに2人待ち。

店内満席。

日曜日とはいえ、人気店ですね~。

店の外で待っている間に注文を尋ねられ、チャーシューワンタンメン1150円を注文。

注文を済ませた後、周辺の桜を撮影したりして、時間を潰す。

やがて、入店するが・・・入店してからも待つ、待つ。

途中でカツ丼などの注文があると、肉を切る所から始まるので待ちます。

なんだかんだで20分以上待ちました。

人気店ということと、丁寧な仕事を考えると仕方ありません。

それと御主人、ラーメンを作るたびにスープの味をチェックします。

勿論、口に含んだスープは飲まずに出してますが・・・大変ですね。w

 

 

ラーメンが出来あがり、撮影をするとまずはスープチェックされたスープをチェック。

うん!美味しい!

しっかりした動物系のダシだが、そのなかにほんわかとした優しさも感じる。

醤油ベースのスープは当然化学調味料が「入ってま~す!」という位入っているが、

不思議と嫌味は感じず、いい塩梅です。w

次に麺ですが、手打ち麺です。

大西系のピロピロした麺ですが、軟らかめですね。

麺を投入し、揚げるまで1分少々でしょうか?

博多ラーメン並の早さで麺揚げをします。

それで軟らかく感じるのだから、硬め注文したお客さんには何秒で提供しているのかな?

私としては軟らかく感じますが、別にこれはこれでいいと思われる物。

それにしても麺がたっぷり入ってますね!

今回2度目だけど、こんなに麺が入っていましたっけ?

私のレベルとして、大盛りとして十分通用するぐらい麺が詰まっています。

大量の麺をじゅるじゅる~と啜り続けます。

喉越し、いいな~。

次にチャーシューですが、もも肉ですね。

食べ応え有ります。

次にワンタン。

大西系の特徴的な餃子みたいなワンタンです。

でも、大西系としてはやや、中身の餡が少ないかな?

いつも行く、大西小田原店や国味と比較しての話ですが、どうでもいい話題でしたね。

でも、ワンタンは食べ応え、味、文句無しです。

三つ葉の茎がやたらと目立つスープをレンゲで掬い、三つ葉を拾い集めて食べます。

スープは残しました。

久々に来ましたが、このお店は美味しいし、満腹になるし言う事無し!

秦野で食べる大西系の名店です。

ところで、大西系って、小田原系ということでいいんですよね?w

 

ここで一句

     大西は

        小田原以外

              割と居る

次回、デー家物語は・・・

         私の人生、王将と呼ばれる日が来るのか?

         次回、餃子の王将で「ヨクヤキ」を叫ぶ!

                デー家物語・・・ご期待ください

2012年4月10日 (火)

足柄下郡 すき家 ジョイスクエア湯河原店 納豆朝食

Dscn3475

Photo

Dscn3481

Dscn3474

Dscn3477

Dscn3478

Dscn3479

Dscn3480

Photo_2

納豆には玉子の白身を入れないほうがいいらしい。

つまり、黄身だけを入れた方が美味い!とうこと。

確かに、全卵を入れるとボケた味になる。

しかし・・・もったいない!!

そこで考えたのが玉子かけご飯に納豆ならいいのではないか?

それを試す時がついにきた!w

 

 

私は基本的にすき家で牛丼は食べません。

でも、ここの朝食シリーズは・・・いいね~~!

前回はとん汁つきだったが、今回は350円の基本線で。

納豆、玉子、海苔。

それに香の物、味噌汁がつく。

ご飯がたっぷりなんだよ。

しかも大盛りは朝食に於いて無料だと。

だが、大盛りを頼む必要も無いほどご飯たっぷり。

納豆をご飯の上に乗せ、玉子をかき混ぜご飯にドバ~~!とかける。

そしてそれを混ぜ混ぜすると納豆丼じゃ~!w

海苔をそのまま散らし、飯を掻き込む。

ピザトーストセットより満足!

 

 

しかし・・・湯河原で2週続けて朝飯?

早朝シリーズの本当の目的は「早朝に何が食えるか?」だろう?

納豆ご飯ではありふれているぞ~~。

でも、すき家の朝食シリーズはお勧めです。

 

ここで一句

      朝だから

          腹を満たして

                お出かけを

さ~て、次回のデー家物語は?

 

      どうも、デーです。

         桜前線シリーズが好評なんですが、

         次の名所、どこにしようか悩んでいます。

         次回は三憩園でをいをいをい!です。

2012年4月 9日 (月)

小田原市 小田原城 桜満開

Photo

1

Dsc_3535

Dsc_3542

Dsc_3549

Dsc_3559

Dsc_3567

Dsc_3568

Dsc_3573

Dsc_3578

Dsc_3581 

Dsc_3585_2 

Dsc_3589

Dsc_3591 

Dsc_3594_2

Dsc_3600

Dsc_3613

Dsc_3619

Dsc_3650

Photo_2

G

ここで一句

     伊豆よりも

         見所多し

              城下町

2012年4月 8日 (日)

桜前線第四陣 夜桜撮影に挑戦

20万アクセス突破しました。

感謝感謝!

しかし、1日1000アクセスはまだ・・・

頑張ります!

 

 

Photo

桜の群生を撮影出来れば一番いいのだが、

桜の木、一本一本で夜桜撮影に挑戦しました。

名所に行かなくても何とかなる物です。

Dsc_3519

思いっきりシャッターを開放し、露出をあげました。

Dsc_3520

露出や開放は手さぐりです。

まるっきり勘です。

Dsc_3521

月が出ていたので良いコントラストになったと・・・

思っています。

Dsc_3522

あとは風の問題。

無風状態が幸い長く続いた。

Dsc_3523

今度は群生地を撮影してみたい。

Dsc_3525

それには深夜?一番苦手。

Dsc_3527

あ!陽が昇る前の早朝なら!!

日の出前の暗闇で夜桜!

いいアイディアだ!

Dsc_3528

何時に起きればいいのかな?

4時?

3時?

Dsc_3531


ここで一句

     日の出前

         朝桜とは

              言わせない?w

2012年4月 6日 (金)

伊東市 伊豆高原桜並木 桜のトンネル

Photo

今年の桜は河津桜から始まり、徐々に北上し、行けるところまで行ってみます。

2回目として、伊豆高原の桜のトンネルが有名なので、

早朝ではないですが行ってきました。

Dsc_3465

桜のトンネルを撮影するために。

Dsc_3511

時間的制約があり、あまり多く撮影出来ませんでしたが、

厳選した6枚をお送りします。

Dsc_3506

快晴だったが、風が強く桜が揺れる揺れる。

Dsc_3453

揺れる~♪思い~♪

・・・また同じネタを。。。

Dsc_3458

やはり、桜の撮影は早朝だね。

車の往来は多いし、観光客はお邪魔だし。

日の出と共に撮影するのが一番宜しいかと。

Dsc_3486

こら~!道路の真ん中で撮影するな!邪魔だ!

と、いいながら私も真ん中で撮影している。w

Photo_2

ここで一句

     花見なら

        夜明け前には

               出掛けよう

2012年4月 4日 (水)

秦野市 みや古食堂 ホルモン鉄板定食

Photo_4

027

024

023

020

021

022

Photo

026

私はアニメは見ない。

全く見ない。

従って、新世紀エヴァンゲリオンも見た事は無い。

本放送も再放送も見てないが、内容は割と知っている。

パチンコのタイアップになってからエヴァは好きで良く打つ。

特に現在のEVA7はお気に入りである。

儲けさせていただいております。

パチンコの演出で誇張されたエヴァを見るうちに、自分のブログに取り入れてみたい!と

思い、このところあの手この手の演出をしています。

ぺヤングの日記を書いている時に閃いたんだけどね。

今は更に演出のアイディアがわき出てきて、自分でも楽しみになって来た。

そのうち、役物(パチンコに詳しい方は理解できるw)でも使うか?

 

 

さて、去年の冷し中華以来、お久しぶりのみや古食堂さん。

10時過ぎくらいに通ったら営業していたので、入っちゃいました。

ガストのピザトーストだけでは当然、お腹はいっぱいになりません。

久々にみや古食堂さんでがっつり!いきたいと思います。

店内に入ると先客は一人。

壁のメニューを眺めると書き変えたり、減らしたりしてスッキリした印象。

スッキリといっても以前に比べればの話で、初心者は圧倒される事間違いなし。w

その中で、新メニューのホルモン鉄板定食900円が気になる。

私的定番のトンテキも食べたかったが、ここは敢えてホルモン鉄板定食をいってみよう!

いつもは生野菜も注文するが、今日はいいや!w

そして、さほど待たずに定食登場。

う~~ん、やはり通常の鉄板定食のお肉がホルモンになっただけね。w

いつものおろしニンニクがついて、生卵が頂上にトッピング。

まずは野菜とホルモンを同時につまんで食べてみる。

おほほほほ!!!熱い!美味い!ただこのままだと味に一体感がないので、

ジュージューいっているうちにニンニクも含め、混ぜ混ぜする。

すると、外見はホルモン野菜炒め定食になる。

野菜炒めの部分は味が薄目で、ホルモンは醤油ベースのタレで煮込まれたもの。

結構、しっかりした味付けですが臭みも無く、軟らかく美味しいものです。

 

 

ああ!今、書いていて思い出した!

ご飯の上にのせた画像を撮影するの忘れた!

ま~~~白飯に合うおかずだ事!

味噌汁はシンプルに豆腐だったが、普通に美味い。

肝心のご飯は・・・炊き立てではないが悪くは無い。満足。

野菜はモヤシ主体であるが、モヤシは肉類と出会う事により、その味は化学反応でも

起こしているのでは?と思えるほど激変する。

そして、そのモヤシはたっぷりと盛られている。

しかし、食欲を呼び起され、箸が止まらず完食。

鉄板の上に残った汁をご飯にかけたかったな~。

満足です。

完全に「漢(おとこ)の飯」です。

女性の方々にはお勧めしない、まさしくがっつり好きな漢の定食。

もう一軒、ラーメン食べようと思ったけど、お腹一杯になっちゃったよ。w

お腹をさすりながら表に出ると駐車場の横に梅がまだ咲き誇っていた。

桜、撮影しないと。

 

ここで一句

     男では

        ホルモニストと

               呼びますか?

2012年4月 3日 (火)

足柄下郡 ガスト湯河原店 ピザトーストセット

1

早朝シリーズ第16章。

001

文句も言うがガストに行った。

002

当然、ピザトースト。

004

ドリンクバー、飲むのはミックスジュースとコーヒーのみ。

013

日替わりスープ、日替わっていない気がする。

005

俺にピザを切れと?

007

しかし・・・

008

微妙だな。

009

焼いて干からびた印象。

010

半分に切った。

012

アンパンマンのカップに珈琲いれた。w

015

2杯目。

017

コーヒーは美味かった。

挽きたて、いれたてのコーヒーだが、美味い。

ガストのコーヒーが美味いことを発見できたことが収穫だな。w

400円しない価格を考えると、次の朝食はすき家の朝ごはん!

ピザトースト自体は不満足。

でも、ドリンクバーで満足。

あと、50円アップでトーストの厚みを1cmアップしてもらいたい。

Photo

ここで一句

     パンと飯

         日本人なら

               厚切りで?www

Photo_2

2012年4月 2日 (月)

ZARD What a beautiful memory 2009 DVD購入

Photo_3

DVDを見れば絶対悲しくなるから、どんなに見たくても買うのは止そう、と

心に誓っていた。

しかし、先日たまたま立ち寄ったブックオフで見つけたDVD。

2008年と2009年のがあったのだが、2008年は私も行っているので、

2009年のを購入した。2950円であった。

本当は2011年の武道館のがライブとしての完成度も高く欲しかったが、

それはまた次の機会にということで・・・

 

 

一度買っちゃえば、もう止まらないね。w

Dscn3350

しかし、どうせ撮影するならもっと綺麗に撮影すればいいのにね。

よりによって、薄汚れた段ボールかよ?

撮影時は良い味でるかな?と思ったが、出てないな。

撮り直せばいいのにね。

変だね。

Dscn3351

しかし、これを買った前オーナーは・・・

汚れ等、一切無し。

新品同様。

Dscn3352

パソコンで再生し見ました。

次回はテレビに繋げ、大画面で見ます。

あ!会社のプロジェクターで更に大画面で見るか?

Dscn3353

しかし、ラストの負けないで、泣けます。

涙は流さないけど、泣けます。

こみ上げます。

2

あ、でもこれだけじゃ物足りないですか?

やはり食べ物画像必要?

たまにはこんな日記も書かせてくださいよ。w

 

ここで一句

     ウソならば

          昨日言わねば

                 詐欺になる?w

 









2012年4月 1日 (日)

秦野市 麺や 阿闍梨 阿闍梨一番だしラーメン

294

293

284

Kw

285

286

Photo

288

289

290

292

Jpg

なんかね。

ジャニーズファンには申し訳ないが、ここ数年でデビューした方々は名前が覚えにくいね。

勿論、グループ名だが。

アタシがオヤジだから仕方が無いのかもしれないが。

アラシ!とかトキオ!とかスマップ!とかオヤジでも簡単に覚えられるグループ名で、

では個人名を言え!と言われ、悩むのがお決まりのパターンだったのが、

今はグループ名が出て来ない。w

ジャニーさん、オヤジが覚えられる名前をつけてよ。w

居酒屋でオヤジの口から出てくるネーミングにしてよ。w

ああ、でもラーメン店でも覚えにくい名前があるね。

阿闍梨(あじゃり)ね。

弟子たちの軌範となる師匠という意味があるらしいね。

検索して初めて意味が分かったよ。

聞いた事はあるが、何の事だが知らない人生を送って来たね。

漢字で書くのも少々難儀やね。(あくまでもデー家基準)w

そんなラーメン界の軌範になるかもしれないお店に行ってきたよ。

渋沢駅のすぐ近くにお店があります。

これは探すのがとても簡単です。

店内に入るとカウンターのみの席、ほぼ9割埋まってました。

食券制ですが・・・券売機の前でしばし硬直。

メニューが豊富です。

醤油に味噌、坦々麺に一番だし。

この店の一番の売りと思われる阿闍梨一番だしラーメン、930円を選ぶ。

何しろラーメンに天ぷら(かき揚げ)がのっている。

私の知る範囲では池袋の麺屋武蔵の二天以来だね。

でも二天ではつけ麺だけで、天ぷら入りは食べてない。

どんなお味でしょうか?楽しみです。

混雑時とはいえ、割と待たされます。

理由は注文を受けてから天ぷらを揚げるのと、味によってスープのアレンジが違うため、

その都度スープをブレンドし、小鍋で温めているためでもあります。

店主は女性のようです。

麺とスープを担当していました。

実直で丁寧な仕事ぶりがカウンター越しでも拝見できます。

サービス券やポイントシステムも導入し、顧客を逃さない工夫もされています。w

しかし、天ぷらがのっているとはいえ、930円か。

いい値段だね、お腹一杯になるかな?

だが、そんな考えはラーメンの登場と共に消えた。

比較的小さめなどんぶりだが、ま~~~結構な盛り付け!

かき揚げ、厚めのチャーシューが2枚、味玉、魚粉でなくて削り節。

麺を掘り起こすと細麺捩れ気味の弱縮れ麺。

まずはスープをずズ乙Z~~いと。

スープは醤油と塩の中間のような感じですね。

おおお!!!魚介系のさっぱりスープ!

いや!!豚骨鶏ガラの骨太な濃厚さもある。

繊細さとコクを合わせ持つ、なかなか美味しいスープです。

次に麺をズルズルちゅる~~~といただきます。

細いけどしっかりした歯応え、コシがあります。

美味しい麺です。

メインのかき揚げは桜エビよりも小さい小エビと玉ねぎが主体な物。

私はこれをスープに浸し、崩れたところで麺と一緒に口に運びます。

揚げ油の香りが香ばしく、その中から小エビの香りが漂います。

当然だが研究したのでしょう、味に破綻など微塵も感じず心地よい美味さを感じます。

次に厚さ1cm前後はあろうかというチャーシューを食べます。

チャーシュー自体の味付けは特徴のあるものではないですが、

スープに浸すと美味しいなあ~。

軟らかく煮込まれ美味しい。

味付け玉子も絶妙な半熟加減で美味しい。

削り節はスープに溶け込むと更なるダシを抽出し、香りも演出。

メンマは・・・これが一番、印象が薄かった。w

結局スープに溶け込んだかき揚げの残骸をレンゲで拾い集めるうちに完食。

揚げものが苦手な方はともかくとして、胃もたれ感もほとんどなく、

美味しくいただきました。

本当に良く研究し、丁寧な仕事で生み出された味は次回、

醤油や味噌を是非食べてみたい!と思わせる物です。

今まで散々この周辺には来ていたのに、行ってなかった事を後悔するほどの味です。

サービス券をいただいたので、近いうちに訪問すると思います。w

ここで一句

      あちらかな?

          あちらでないよ

                  阿闍梨だよ

       Photo

Photo_2

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »