フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 北杜市 仙人小屋 山菜天ざるそば | トップページ | 豊島区南池袋 ほんのり屋 池袋東口店 朝定食Aセット »

2012年4月28日 (土)

北杜市 八ヶ岳 自然屋 山菜天ぷら定食

Photo_7Dsc_3900

仙人小屋に行ったら自然屋に行く。

自然屋に行ったら仙人小屋に行く。

わざわざここまで来たのだ。

2件制覇しなければ交通費がもったいない!

私は自分自身は大食いだと思ってはいないが、一般の方々よりは入るようだ。

今回は天ぷらとはいえ山菜。

まして仙人小屋で食べたのは天ざる。

葉っぱの天ぷらなら2件楽勝だよ!w(結局葉っぱか?)

余裕で自然屋に訪問する。

今回で3回目の訪問です。

Dsc_3901

こちらのお店は基本的にお肉は無し。

鹿肉、熊肉のメニューは見た事無いね。

山菜や竹の子、川魚がメインです。

Dsc_3903

注文したのは山菜天ぷら定食1800円。

仙人小屋で注文すれば良かったのに!と思うかもしれない。

あちらとこちらと違う部分があるから注文したのです。

まずはメインの天ぷらの前に先付け?前菜?登場。

左は川魚のハンバーグ。

右は山菜のアレンジになります。

Dsc_3907

記憶に残っている範囲だと、右上のツクシ、上段真ん中のクレソン、下段真ん中のセリ、

下段右の味噌はフキノトウとエゴマでした。

セリの歯応えがシャキシャキで美味しかったな~。

そしてフキノトウとエゴマの味噌をのせた豆腐は、春の香りを感じる逸品。

私自身、エゴマというと福島でエゴマのドレッシングを買った事があり、

それが美味しかったのは当然として、エゴマとは福島地方の名産と勝手に思っていた。

脱線したが、山菜をそれぞれ味わえ美味しかった。

天然のクレソンは香りも味も段違いだね~。

Dsc_3909

でも、川魚のハンバーグは生姜などで臭み消しをしているが、ボソボソした感じでした。

ツナギの工夫でもっとしっとりした感じが出るかもしれません。

Dsc_3910

メインの山菜の天ぷらが登場!

Dsc_3911

店主曰、10種類近くの山菜使用とのこと。

ツクシの天ぷらが目立ちます。

そして、この天ぷらが仙人小屋と違うんですよ。

薄衣なんです。

もう、見た目にも天ぷらの衣が薄いのが分かりますよね?

この衣の薄さが天ぷらだけど、いくらでもお腹に入るのです。

前回はキノコの天ぷら定食だけど、ぺロリでした。w

勿論、店主の調理技術の高さも重要な要素。

天ぷらは簡単そうで、そうじゃないのです。

天つゆは辛目、濃い目。

つけ過ぎ厳禁ですね。

このお店では塩は試しませんでした。

Dsc_3915

Dsc_3914

店内に客は私一人だったので、店主といろいろと話をしているうちに店主が、

「もしかしたら、ネット上にうちの料理の写真載せた事がないですか?」と尋ねた。

私は一瞬、ドキンとしたが「ええ、そうです。載せました」。

すると、その時の画像と紹介内容を気に入っていただいたのか、

サービスで山菜サラダをいただいた。

サラダの中身は勿論、山菜が主体。

クレソンのシャキシャキ感がたまりませんでした。

ごちそうさま!

Dsc_3917

Photo_8

店をあとにしようとすると名前を教えてくれと言われた。

自分の本名を教えようか悩んだが、匿名ブログ運営の都合上

「ブログをやっているので、デーさんと覚えてください」と言った。

今まで食べ歩きをしてきたが、初めて「デー」を名乗ったし、特定された。w

自然屋の御主人、本名をお教えしなくて申し訳ない。

デー家物語のデーさんを貫きたいので勘弁してください。

勿論、また訪問させていただきます。

 

ここで一句

     味わいは

          自然と共に

               訪れる

Photo_9

« 北杜市 仙人小屋 山菜天ざるそば | トップページ | 豊島区南池袋 ほんのり屋 池袋東口店 朝定食Aセット »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事