フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南都留郡 益美や 肉天玉うどん | トップページ | 静岡市 NEOPASA 静岡 下り 炙ラーメン 明  三種炙りチャーシューメン »

2012年5月 6日 (日)

南都留郡河口湖町 きじ亭 きじ鍋Bコース

1_10

Dscn3714

Dscn3715

Dscn3716

Dscn3717

Dscn3719

Dscn3721

Dscn3726

Dscn3730

Dsc_3992
1_11
Dscn3733

Dscn3734

Dscn3738

Dscn3739

1_12

きじ亭。

静岡市内に同じ名前のつけ麺店がある。

確か店主の名前が店名の由来だと思った。

美味かったけど、再訪するにはなかなか決意が起きない店構えだったな。w

山梨のきじ亭は訪問すること自体は2度目。

初回は暖簾が出ているのに店内真っ暗。

声をかけても誰も出てこない。

まさしく開店休業状態。

あれから1年以上経過しての再訪問。

11時半頃店の前に来ても客らしき姿は見えず。

しかし、前回と違い店内に明かりが点いていたので、思い切って店内へ。

すると、奥からいらっしゃいませの声が。

一人であることを告げると、奥の座敷に案内された。

他の座敷席に器などセットをしてあったので、予約の団体客がいるようだ。

座敷のテーブルはコンロ付きのタイプ。

お品書きを見ると一番人気がきじほうとうであるらしい。

本来ならきじ鍋Aコース3100円がいいのであろうが、ここに来る前に吉田うどんを

食べている胃にはきじ鍋Bコース2100円で十分だろう。

きじの刺身やいろいろ食べてみたかったが、まずはきじ鍋で実力拝見。

 

 

すると、ちょうど店内に団体客が押し寄せてきた。

わいわいがやがやしてきたが、団体客をこなしながらも私のところに前菜の山菜と

マスの甘露煮がやってきた。

山菜は・・・既製品ですね。

どこにでも販売している山菜の水煮みたいなものです。

マスの甘露煮も・・・これも自家製じゃないですよね?可もなく不可もなく。

そしてメインのきじ鍋登場。

割と大き目の鉄鍋にたっぷりと入っています。

すでに食べられる状態なのでどうぞ、という説明。

ではまずはきじ肉を。

団体客の説明を聞いていると、きじは天然ではなく、養殖しているとのこと。

天然だと入手が大変でしょう?

仕留めるのが散弾銃だと鉛玉の心配もあります。

肉は脂身もなく見た目も淡白な感じ。

口に入れるとそれほど歯ごたえもなく、まさしく鶏のような食感。

しかし!噛み締めるとじんわりと鶏と違う旨味が広がります。

次にお出汁をいただきました。

お出汁はやや薄目の味噌仕立てです。

う~~~む!!!!!美味い!!!!!!!!!!

このダシ美味い!!!!!!!

もっとショッパイかと思ったが、私としては塩加減が丁度いい。

口に入れるとさらりと上品な感じなのですが、その後口の中でふわ~~~と

いやらしさのない濃厚な旨味が広がります。

後で確認しましたが、きじのガラで丁寧にダシを抽出しているそうです。

そしてその旨味は胃の中に納まっても余韻の残る旨味。

私自身。きじ鍋は初体験ですがこれは美味い!

ヘルシー志向の女性にもいいと思います。

次に鍋の中の具を食べます。

ほうとうが半人前ほど入っていて、お餅も1個入っています。

ほうとうと餅がこの上等なダシを含み美味いな~。

野菜もたっぷり入っています。

きじの肉もぶつ切りが入っていて満足です。

鍋と一緒にご飯がきましたが、もう箸がとまらない!

結局、お出汁を一滴も残らず完食。

今回はコース料理でしたが、次回はきじほうとうときじ刺身でもいいかも?

もう、お腹パンパンになるほど食べました。

きじ肉がヘルシーでも食いすぎたらだめだね~w

他にもタラの芽の天ぷらなどサイドメニューもあるので、また来たいな~。

意外と言っては失礼かもしれませんが、この店に訪問して良かったと思います。

 

ここで一句

      きじ鍋を

         初夏に食べたら

                 汗まみれ?w

1_13

« 南都留郡 益美や 肉天玉うどん | トップページ | 静岡市 NEOPASA 静岡 下り 炙ラーメン 明  三種炙りチャーシューメン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事