フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南都留郡 たけ川 肉うどん | トップページ | 小田原市 小田原魚市場食堂 市場の海鮮丼 »

2012年5月20日 (日)

静岡市 清水魚市場「河岸の市」内 みやもと 本マグロ丼、穴子天

1_2Dsc_4183
1_3Dsc_41851_4Dsc_4187

Dsc_4188

Dsc_4190

Dsc_4191
1_5Dsc_4192

Dsc_4193

Dsc_4194

Dsc_4195
1_6Dsc_4198

4月から始まった番組が軒並み面白くないのだけれど・・・

ブログを書く、ということにしても話しのネタとしてテレビからの情報は大きい。

何しろ、全く見る気も起きない番組がゴールデンタイム前後に多すぎる。

ドラマなんか全滅!

平清盛なんか見ていてなんかなじめない。

時代背景と役者、演出がマッチしていない。

現代劇みたいだよ。

この際だから、平(たいら)ではなく平(ヘイ!)清盛にしたらどうだ?w

主題歌は当然、Hey! Say! JUMP でタイトルはHey! kiyomori!。

・・・俺は天才だな・・・w

・・・同じ事を考えている奴が多そう・・・w

 

 

沼津のせきので穴子天丼を食べたら、急に清水のみやもとに行きたくなった。

何しろ、穴子天だけで500円。

2本のった天丼が1000円。

せきのさんには申し訳ないが、コストパフォーマンスで差があり過ぎる。

と、いうわけで久しぶりに旧東名?を走り、清水へ。

いや~~~~日曜日なのに東名の走り易いこと!

新東名のおかげで旧東名はガラガラだよ~~。

サービスエリアやパーキングエリアは死活問題だな。

東名はガラガラだが、清水河岸の市は満車だな。

久しぶりに来たけど、止める所が無いくらい車がいっぱい!

それでも何とか駐車スペースを見つけ、みやもとへ!

現在時刻は1時半。

みやもと2号店、行列が出来ています。

私、2号店には一度も入った事が無いな。

みやもとはこれで3回目だが、河岸の市内の本店だけだね。

何と無く入り難い雰囲気の本店だが、何の気兼ねもいりません。

遠慮なく入りましょう。

2号店は行列でも本店は席が空いてました。

これも本店の魅力だね。w

 

 

いざ、注文しようとして急に悩みました。

穴子天丼にするか?本マグロ丼と穴子天にするか?

えええ~い!!!!2度目だが本マグロ丼と穴子天じゃ!!!

ふたつ合わせても1700円じゃ!!!

まずは先に本マグロ丼登場。

冷凍物の本マグロ使用だが、品質、味、ボリューム文句なし。

1200円でここよりボリュームのある店、教えてくれ!明日行くわ!

赤身、中トロ、すき身、ほぼ大トロ?と盛り付けられている。

冷凍物は解凍技術もそれなりに求められるが、ここはいいと思いますよ。

食べている最中に穴子天登場。

塩とタレと選べるが、今回もタレにしました。

理由はご飯と一緒に食べるつもりだからです。w

このカラリと揚がった穴子天が500円。

そして、何よりも調理技術がいいんですよ。

天ぷらは揚げ手の技術が物凄く求められるものなんですよ。

本店の天ぷら職人は結構、いい腕だと思います。

それは見た目の仕上がりは勿論、中はふんわり、外はサク!なんですよ。

それが500円。

ここより安くて美味い穴子天、知っていたら教えてくれ!明日行くわ!(また同じ事を)

そんな訳で満足です。

河岸の市ではおがわが圧倒的ボリュームで物凄い行列ですが、

かつては私もおがわに並んでいました。

でも、みやもとを知ってからおがわは卒業しました。

私はボリュームも大事ですが、味も大事です。

次回は100%穴子天丼です。

 

ここで一句

     交通費

        無視して選ぶ

              お得感

Photo_9

« 南都留郡 たけ川 肉うどん | トップページ | 小田原市 小田原魚市場食堂 市場の海鮮丼 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

天ぷら」カテゴリの記事

静岡県 海鮮」カテゴリの記事