フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 伊那市 うしお ローメン | トップページ | 厚木市 横濱一品香 本厚木ミロード店 冷しそば »

2012年6月17日 (日)

厚木市 壱七家 厚木店 壱七ねぎつけ麺

PhotoDscn4325

Photo_2
Dscn4326

Photo_3Dscn4327

Dscn4328

Photo_4Dscn4329

Dscn4330

私はブログではエロ禁止にしている。

エロネタで笑いを取ったり、興味を惹いたりするのは容易い。

だが、それは自分の本意ではない。

人間、喜怒哀楽があるのだ、そういつもいつも欲情を持っているわけではない。

 

 

しかし・・・

たまにはそういうことを書いてみたい気もする。

ブログ内にコンパニオンの画像コンテンツがあるので、そこで書けばいいのだろうが、

違うんだよな~。w

「この表情はエロい!」とか「胸元たまらん!」とか撮影する時に考えては無く、

むしろかっこ良く写すことを考えている。

コッテリした食べ物、肉類などは卑猥な表現が似合う様に思う。

 

 

昨年3月に訪れた壱七家。

1年以上の間を空けての再訪問となった。

10時半から開店のこの店だが、私が入店したのは11時前。

店内に客はまばらであった。

食券の販売機の前で暫し悩む。

メニューが豊富なのと、トッピングが豊富なので脳内で組み合わせをしてみる。

つけ麺に目が行き、つけ麺に決めた。

しかし、つけ麺も2種類あるようだ。

店名を冠した壱七ねぎつけ麺900円にした。

思えば人生、家系ラーメンで初めてのつけ麺。

昔は家系にはつけ麺は皆無だったんだよね。

確か、1軒か2軒しかないと思った。

それがいつの間にかつけ麺も当たり前になった頃から食べて無いね~、家系。w

昔は吉村家が新杉田にある頃、朝6時前に食べに行ったこともあるんだけどね~。

本牧家も移転前に随分通ったよな~。

なんだかんだで家系は好きでしたね~。

 

 

そんな想い出にふけっていると、つけ麺が完成。

ビジュアル的にはなかなかイケてますね。

ネギもたっぷりのっているし、麺の量も260gほどあるとのこと。

極太のメンマ3本の存在感が凄いですね~。

さっそく麺をたくしあげ、浸して食べます。

ん~~~!美味しい!!!

家系独特の豚骨鳥ガラ一番搾りダシは良い濃度です。

この店は鳥ガラの風味を割と感じますね、個人的に好きな味です。

一応、つけ汁にニンニクと豆板醤を少々投入します。

そして麺ですが、中太麺です。

全粒粉タイプに見えますね?もっちり、ツルツルと言った印象です。

麺自体も美味しい物です。

次にネギと麺を絡めて食べます。

ネギは千切りと言うには少々粗めです。

ザクザクした食感がワイルドです。

豆板醤で下味をつけてあるようです。

そのネギも900円出しただけあり、なかなかのボリュームです。

次にメンマ。

極太のメンマが3本、鎮座しております。w

一本を食べてみます。

コリコリシャキシャキとした食感がいいですね、味つけは少々控えめです。

チャーシューは1枚だけのっていました。

チャーシューは普通!w

スープ割はしませんでしたが、そんなに味の濃さを感じなかったので、

ほぼそのまま飲んでしまいました。

クリーミーな感じで美味しかったです。

人生初の家系のつけ麺でしたが、満足です。

美味しいと思ったし、ボリュームも納得です。

ランチタイムはライス、半ライスがサービスですが、私は頼みませんでした。

また行きます!

 

ここで一句

    本厚木

       偽厚木でも

            あるのかな?w

Photo_5

« 伊那市 うしお ローメン | トップページ | 厚木市 横濱一品香 本厚木ミロード店 冷しそば »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事