フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 足柄下郡湯河原町 餃子ショップ 坦々やきそば | トップページ | 足柄下郡湯河原町 らぁ麺屋 飯田商店 秘伝豆乳と山葵の冷やし中華風 »

2012年7月31日 (火)

熱海市 食事処 山ごや 坦々焼きそば

Photo_4

344

Photo

341

Photo_5

329

Photo_6

330

Photo_7

332

Photo_8

334

Photo_9

335

Photo_10

336

Photo_11

337

Photo_2

339

Photo_3

340

人生の分水嶺。

俺の分水嶺はいつだったのだろう?

高校受験の時、合格必勝のためワンランク高校のランクを落とした事?

中学時代、塾に行かなくなった事?

いくつもの分水嶺が存在し、ことごとく悪い方に進んだとしか言いようが無い。

いや、悪い方に進んだのではない。

悪い方にしか選択できない環境を作った自分が悪い。

私は餃子ショップを後にすると、次なる目的地「山ごや」を目指した。

場所はすぐに分かった。

川を渡ったところにある。

しかし、この川を渡ったところで静岡市になるのだ。

なんと、この川が静岡と神奈川の県境になるのだ。

もう、この環境がすでにワイルドな印象を与える。

初訪問であるが、「山ごや」という名前、県境というイメージが

私が贔屓にしている山梨の仙人小屋の仙人以上のイメージを膨らませる。

どんなワイルドな料理を出すのか?

10時開店であったが、10時15分ごろに到着。

すると、店の前の看板にはクローズが・・・

ところが初老の店の者と思われる方が「どうぞ、どうぞ」とニコやかに案内する。

店内に入ると、まさしく山小屋のイメージそのものだが、小奇麗で荒々しい雰囲気は無し。

他に客の姿は無く、接客には慎ましき女性が応対する。

雰囲気はますます山小屋から離れ、カフェバーに来たような・・・w

メニューは手描きと思われるようなお洒落な物。

鰻が名物らしいが、3000円近いのでパス。

もともと坦々焼きそばを食べるつもりだったので、坦々焼きそば840円を注文。

辛いけど大丈夫ですか?と尋ねられるが、ピリ辛ぐらいなら問題無し。

やがて、注文の品が登場し、記念撮影をし、いただきま~す!

 

 

外見は焼きそばのイメージと少々かけ離れたもの。

一言で言ってお洒落ね。

お洒落以外の表現、何か無いかな?

和風パスタでも通用するような外見ですね。

そして何よりも、ここの坦々焼きそば、汁ありなんですね。

私はまだスープ焼きそばは食べた事が無いのですが、どんなものでしょうか?

温泉玉子がのり、白髪ねぎをトッピングしたそれは、先ほどの餃子ショップの真逆ですね。

まずは一口。

優しい味わいの坦々焼きそばです。

ピリ辛よりもマイルドな辛さ、と表現した方がいいかもしれません。

食べ易い味付けです。

そして味わい自体も上品で、ビールを飲みながら食べたいとは思いません。w

具材も豊富で、840円に見合った内容だと思います。

しかし、ボリューム感はそれほど感じません。

大盛りも可能なので、ガッツリ系の方は最初から大盛りをどうぞ。

温泉玉子を崩し、麺と絡めることにより味わいは更にマイルドになります。

全然、辛くありません。

辛さの調節が可能かどうかは分かりませんが、

私はこの味付けでも十分有りだと思います。

そして肝心の汁ですが、すべてを食べ終えた後、レンゲで汁を飲んでみました。

なかなかいいと思います。

坦々焼きそばのスープ割?といったところでしょうか?

皆さんも、是非飲んでください。

 

 

坦々焼きそばデートでも可能な店内、そして味、接客。

山小屋のイメージに合わない、お洒落な食事処でした。

 

ここで一句

    山小屋は

        あなたの知らない

               世界かな?

Photo_12

« 足柄下郡湯河原町 餃子ショップ 坦々やきそば | トップページ | 足柄下郡湯河原町 らぁ麺屋 飯田商店 秘伝豆乳と山葵の冷やし中華風 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

やきそば」カテゴリの記事