フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

足柄上郡 拉麺屋 日昇亭  もやしラーメン

PhotoDscn5195

Photo_2
Dscn5185
Photo_3
Dscn5188

Photo_4
Dscn5189

Photo_5
Dscn5190

Photo_6
Dscn5191


Dscn5192


Dscn5193

食べ歩きをしていて、店が変わり、作り手が代わり、自分が変わった場合、

味はどれだけ変わるのだろうか?

そんな店に実に10年以上の時を経て、訪れた。

このブログを書き始めて、一番間隔を空けて訪れたのは下田市のとんかつ一である。

なんと17年ぶりであった。

自分でも未確認で15年前後の間隔が空いたと思われるのが、

千葉の上総屋京兵衛、北海道の三八食堂、栃木の出流屋などがある。

今回の日昇亭も散々店の前を通過しながら、10年以上の年月が経過していた。

何でそんなに間隔が空いたかというと、しょっぱいからである。

メンマラーメンを贔屓にしていたのだが、スープがしょっぱくて・・・

チャーシューも味は良いほうだがしょっぱい。

そして、その当時から「いい値段だな~」と思っていた。

何度か通い、店主に顔を覚えられて、声もかけられるようになったが、

何故か行かなくなった。

そのうちお店は改装され、そのうちに再訪問を!と思いつつ月日は流れ、

やっと、再訪問となった次第である。

再訪問で一番気になったのはやはり、味の濃さ、しょっぱさである。

さて、どうでしょうか?

 

 

まだまだくそ暑い中、日昇亭に訪れると結構な客の入り。

確かに味が良かった店だが、昔より確実に繁盛していると思われる。

味が良いのは間違いないからね。

店内に入りカウンターに座る。

メニューを見ると、構成は昔と変化は無いように思われる。

メニューがカラフルになったのは間違いない!w

面白いもので、価格がほとんど変わっていない。

確か10年前もメンマラーメンは900円だと思った。

小麦の価格上昇考えたら1000円でもおかしくないのにね。

昔は高いラーメン屋だな~と思っていたが、価格変動があまり無い様なので、

経営努力もしているのですね、脱帽。

注文したのはもやしラーメン900円。

本当は昔と同じメンマラーメンを食べてみたかったが、敢えてもやしを選択。

隣の客が食べていたチャーシューメンらしきものを見ると変化なさそうね?

やがて、いや割と待たされてラーメン登場。

また、注文飛ばされたようだな?15分近く待ったぞ。

少々イラついた気持ちを持ちながらも、スープを啜る、図図ZZずるずる~~。

お!美味いじゃん!イケルじゃん!ふんわりと出汁のまとまった味わい。

次に麺を啜る。

ピロピロ麺であるような、そうでないような・・・昔と印象違いますね。

昔はピロピロはせずに、今よりも細く、硬めだった気がします。

麺の印象が弱かった昔と比べ、今は随分改良しましたね?

しかし、食べ進むうちにチャーシューを食べて・・・ショッパ!

チャーシュー、変わってない。

昔とほぼ同じショッパさ。

そしてそれが呼び水となったのか、スープがしょっぱく感じる。

いや、実際しょっぱい。

食べ終えた結論として、美味しいけどショッパイ。

昔と変わらずショッパイ。

ただ、メニューを見ると味の濃淡などわがままを聞いてもらえるようなので、

次回は「味薄め」で注文したい。

メンマは濃い味付けで甘目だけどやはり、美味しかった。

 

ここで一句

    待たされて

        塩分多く

            健康が・・・

Photo_7

2012年8月30日 (木)

小田原市 ひぐま軒 辛味噌つけ麺+味つけ玉子

Photo_2Dscn5176

Photo_3
Dscn5177

Photo_4
Dscn5178

Photo_5
Dscn5179


Dscn5180


Dscn5182


Dscn5184

お久しぶりですね、ひぐま軒。

思えば鳴り物入りで完成したラーメン宿場町も、オープン当初の店は一軒も無く、

現在残っている3軒がず~っと頑張っている。

つまり、オープン当初から今の3軒が入っていればあまり、

紆余曲折をあまりせずに済んだかもしれない。

 

 

今回、久々に訪れて辛味噌つけ麺に触手が動く。

やはり夏、少し刺激のある食べ物が欲しくなる。

ほぼ開店時刻に行ったが、先客は2人。

この店は食券制なのでスタッフに渡すと同時に、味玉サービスのお願いをする。

何故味玉サービスになるのかは・・・分かる方だけ分かる。www

やがて、つけ麺登場。

見た目はつけ汁がかなりたっぷりな印象。

つけ汁の中には炒めた野菜が少々入る。

麺の方にはチャーシュー1枚と味玉、ネギ、海苔とつく。

記念撮影をし、いただきま~~す!

麺は中太ストレート麺、麺の肌もツヤツヤし、喉越しが良さそう。

その反面、つけ汁に麺が絡むのか?と思うが、つけ汁がどろどろ、ねちょねちょ。

糸を引くほどではないが、ドロリとした関西のお好み焼きソースに負けない粘度。

そして、この高粘度のつけ汁が麺にしっかりと纏わりつく。

麺大盛りが無料だが、麺は1.5玉、2玉と選べる。

当然、2玉を注文しましたが、個人的には十分なボリュームです。

ところが高粘度のつけ汁のため、麺はスープにやや負けてしまっています。

つけ汁の豆板醤の効いた風味が口の中を支配しますが、

それなら麺につけ汁がたっぷりつかない様に工夫すればいいのですね。

つまり、蕎麦の要領です。

でも、不思議ですね、つけ麺だと麺をつけ汁にどっぷりと浸けたくなるのですよ。w

結局、分かっていながらどっぷり浸けのおかげで、スープ割不可能なほど

つけ汁が無くなりました。

あ、そういえばこの店でスープ割は一度も頼んだことはありません。

なんだかんだでごちそうさまでした。

また、日を改めて行きます。

 

ここで一句

    ワイルドな

         つけ汁纏い

              喉渇く

Photo_6

2012年8月29日 (水)

小田原市 Caféレストラン ガスト 目玉焼き&ソーセージセット(モーニングセット)

Dscn5159

Photo_2
Dscn5161

Photo_3
Dscn5163

Photo_4
Dscn5165

Photo_5
Dscn5167

Photo_6
Dscn5168


Dscn5170_2


Dscn5171


Dscn5172


Dscn5175

24時間テレビのマラソン、北斗晶には申し訳ないが俳優の布施博に似ていると思った。

さすがにパワーウォーリアーには私も勝てないので、これぐらいにしておこう。w

今回のマラソンで分かったことは、息子たちはもう少し走らせても良かったかも?と、

やはり、走るなら痩せろよ!ということ。

私も過去に箱根で10km、小田原で20km、上総一ノ宮で10kmマラソンに出た。

自分でもランナー向きではない体格でよくぞ3回も出場したと思った。

成績は下位だが日課でやっていたジョギングの成果を知りたかった。

今、ジョギングがウォーキングになり、日々腰痛と戦っている。w

健康維持の為には日々、身体を動かし、正しい食生活が大切。

休日でもやはり、朝飯をちゃんと食べないとね。

そんな訳で、こんな訳で、ガストでモーニング!

 

 

文句を言いながらもガストは利用しているね、特に朝。

今回は私が日常食べている朝ご飯に近いものを選んだ。

目玉焼き&ソーセージセット523円。

日常と違うのはパンとご飯、玉子が1個多いぐらいか?

因みに私は目玉焼きには醤油派である。

別にソースしかなければ全く構わないが、醤油があれば醤油をかける。

バターを塗りたくったトーストには、醤油味の目玉焼きが合うと思いますが?

ソーセージもせいぜい2本ですね。

スーパーなどで皮つきウインナーは10本入りぐらいで販売していますが、

一袋分だと多いね。

意外とウインナーは沢山食べられないものです。

ジャムは・・・基本的に塗らないな~。

それにしても、パンを食べると納豆が食べたくなるな~~。w

 

ここで一句

    朝飯に

       卵があれば

            満足ね?

Photo

2012年8月28日 (火)

小田原市 餃子屋 餃子セット

Photo_14266

Photo_15257

Photo_16259

Photo_17260

Photo_18261

Photo_19263

265

ラーメン屋に餃子があれば注文したくなる。

私の場合、ラーメンライスをしないので、尚更餃子が欲しくなる。

だが、餃子専門店でラーメンを欲しい!と思わないのは何故だろう?w

メニューに無いのならしょうがないが、あっても欲しいと思わない。

餃子専門店でラーメンが美味い店、行ってみたいと思います。

因みにラーメン店で餃子が美味しいな~と私が初めて思ったのは「えぞ菊」でした。

 

 

昨年、この店を見つけてからやっと訪問する事が出来ました。

山竹の後だったので餃子だけにしようかと思ったのですが、

お店の外観が喫茶店のような雰囲気だったので、それほどボリュームはないだろう!

と思い、餃子セット1000円にしました。

このお店では定食、セット、ランチとバリエーションがあり、

定食はご飯、味噌汁、香の物。

セットはご飯、サラダ、スープ。

ランチは餃子が7個から10個になるのですが、3個分の上乗せが150円何です。

当然ランチがお得ですね。

セットを注文してからランチの存在に気付き、失敗したな~と思いつつも、

餃子の登場でその思いは払拭されます。w

餃子が大きいですよ!

浜松餃子の2倍以上の大きさ、といっても過言ではないでしょう?

逆に食べ切れるのか、俺?と心配になりました。w

ところで手作り餃子とありますが、皮が自家製かどうかは確認しませんでした。

やはり、自家製でしょうね?

お店の方々の視線を感じながらも記念撮影をし、いただきま~す。 

 

 

当然ながら焼き立てですが、アツアツで口の中を火傷しそう!

焼き面はパリッ!とし、餃子の皮自体はそれほどモチモチ感を感じず、

むしろさらっとした食感の印象です。

この餃子の皮、箱根の餃子センターやちゃいなハウスに似ているような・・・

あくまでも私の個人的見解ですが、中の餡も含め似ていると思いました。

中の餡ですが、野菜主体のサッパリした物。

だが、浜松餃子ほどのサッパリ感ではなく、割と重量感を感じます。

そういえば、最初の一口で鶏の脂の臭いを微かに感じました。

気のせいかな?

どちらにしても、アツアツの焼き立て餃子が不味い訳が無く、

ご飯の上にのせて、ガツガツと喰らいます。w

ご飯、ワカメスープは至って普通、サラダも普通。

接客は娘さん?が感じの良い接客でなかなか好印象。

餃子にはいろいろトッピングメニューがありますが、ノーマルで十分ではないでしょうか?

その他にも雑炊などサイドメニューも充実しており、車で無ければビールを飲みたい!w

餃子をツマミにビールを飲みたい!www

箱根の餃子センターよりも安くて大きい餃子はまた食べたいですね!

浜松餃子や沼津餃子(?)のように静岡には餃子の名店が多いですが、

小田原に美味しい店、見つけました。

 

ここで一句

    アツアツで

       汗が出てくる

            焼き餃子

Photo

2012年8月27日 (月)

小田原市 札幌ラーメン 山竹 ネギチャーシューメン

255

Photo_8249

Photo_9250

Photo_10251

Photo_11252

Photo_12253

254

高校時代、10万円は憧れの金額であった。

大学時代、バイトをしてもなかなか10万円は稼げなかった。

社会人になり、一気に10万円以上の給料を貰い、貯金をするようになると、

あっという間に10万円以上の貯金が出来るようになった。

それでも100万円の貯金はなかなか出来ず、社会人はカネが出て行く物だと感じる。

ところが、仕事が忙しくなるとあっという間に100万円貯まった。

忙しくてカネを使う暇が無いからだ。

だが、カネを使わない反動は仕事が暇になったり、休日に出た。

特に旅行。

北海道に自分の車で行き、4泊5日で20万円使った。

今、飛行機とレンタカー使っても3泊4日で10万円かからない。w

昔よりも経済力に余裕がある今の方が旅費が安いとは・・・皮肉な物よ。w

 

 

2日続けての己の金銭感覚を御披露しましたかな?

残暑厳しき中、次に行ったのが山竹。

この周辺には結構、いいお店が多かったりしますが、道が狭く、駐車にも困ったりします。

でも、山竹なら安心してください!

広々とした駐車場があるので、駐車に困る!ということはあり得ないと思います。

本当は千家を目的で行ったのですが、営業してないし。w

この前、桃太郎商店に行った時、営業していたので余裕で出掛けたのにやってない。

本当に不思議な店だ。w

そして山竹は外観が綺麗になっていたので、寄ってみました。

中に入ると食券方式かと思いきや、伝票方式。

その方がじっくり選べるので個人的には好印象。

そして、リニューアルしたので内装も綺麗。

座席はすべてカウンターです。

スタミナラーメンにしようかと思ったけど、デー家の定番、ネギチャーシューに。w

価格は1100円ですが、ネギチャーシューだとそんなものでしょう。

大盛りにはしませんでした。

5分以上待ちましたが、ラーメン登場!

記念撮影をし、いただきま~~す!

 

 

パッと見の印象、ネギに迫力が無い、チャーシューこじんまりしている。

くるまやや、どさんこに比べて迫力は無いです。

スタミナにすればよかったかな?

でも、何はともあれ味です。

スープを事厨逗ずずz乙乙ZZずる~といただきます。

お!美味しい!!!

結構美味しい味噌スープ!

味噌の香り、味わいが十分満喫できるものです。

次に麺ですが、定番の中太縮れ麺はやや軟らかい印象。

でも、スープを纏い、これはこれでいいんじゃないですか?

そして、麺の上にネギを特製ダレで和えた様なものが。

私、ネギチャーシューのネギは白髪ネギだけかと思っていたのですが、

どうやらこのタレで和えたネギもネギメニューのようです。

つまり、2種類のネギが味わえる、ということでしょうか?

何しろ初訪問なので、隣の客のメニューを盗み見て違いを見つけるしかありません。w

そして、この和えたネギをスープに溶し込むといいね~~。

味に深みが出ました。

次にチャーシューですが、こじんまりとしたものが6枚。

見た目はチャーシュー食え!!!というものではありませんが、

これはこれで普通に美味しい。

スープに負けず、勝たず美味しくいただきました。

あとは味噌には定番の炒めたもやしがのります。

全体的に初訪問ですが、良く出来た美味しい味噌ラーメンだと思います。

何しろお客も良く入っています。

店内には待ちスペースもあり、そこにお客が数名常にいました。

駅のすぐ側の店なので地域密着型ですね。

次回は是非、スタミナラーメンを食べてみたいです!

 

ここで一句

     車より

       徒歩で来る客

             目立つ気が・・・

Photo_13

2012年8月26日 (日)

小田原市 名代 箱根そば 豚肉天おろしそば

Photo

239

Photo_2

240

Photo_3

241

Photo_4

242

Photo_5

243

Photo_6

244

246

近頃、周囲の連中と金銭感覚が100円~1000円違うようだ。

サラリーマンの平均ランチ金額は600円だそうだ。

つまり、600円以下に抑えようとする方々が多いらしい。

私のランチは自腹では1000円前後である。

だが、それは休日の話であって、日々は会社負担でかなり安く食べている。

だからたまに出張で東京でランチなどで、「牛タン定食食べた」などと言うと、

「贅沢だぜ~~」と言われたりする。

私に言わせればランチでは5000円以上が贅沢であり、3000円以下なら

「そんな日もあるでしょう?」みたいな感覚である。

第一、庶民の味方と思われるラーメンもチャーシューをのせれば1000円前後になる。

むしろ600円以下に抑える方が相当大変だと思われる。

600円以下の昼飯って何よ?

多分その答えは私が結婚をし、女房に毎日1000円札一枚を持たされる生活か、

給料が極端に減り、生活費の遣り繰りに苦労するようになれば分かるだろう。

取りあえず、今の私は普通に幸せなのだ。w

 

 

私は普通の幸せの休日、どこに行こうか考えた。

6月、北海道に行き損ねたので、新潟か山形を狙っている。

特に新潟はB級グルメの宝庫である。

人生、今まで新潟には3度お邪魔して、グルメを楽しんでいない。

酒ばかりだ。w

そんな計画を考えながら何故か小田原駅に。

ブログのネタ切れなので3食食べようと思い、まずは軽く蕎麦を。

蕎麦ならPAよりも駅の蕎麦の方が良い気がする。

特に箱根そばなら満足する気がする。

何しろ大盛りが出来るのがいい。

勿論、ここ以外でも大盛り可能な店は多いが、大盛り不可の立ち食いが多いのも事実。

今回注文したのは期間限定の豚肉天おろしそば大盛り温泉玉子入り670円。

温かい蕎麦を食べるつもりでいたが、相変わらずの優柔不断でいい加減ぶり。w

券売機で食券を購入し、スタッフに渡せば1分以内で登場。

でも、流石に食券3枚は何度か確認していたな?w

記念撮影をし、手と手のしわとしわを合わせていただきま~す。

 

 

ここの蕎麦はコシがある方だよな?

喉越しも良い方だと思う。

何しろ、基本の味が良い方でしょう?

さて、肝心の豚肉天は?・・・かき揚げの中に小さな棒状の豚肉が入っている。

あ!肉が入っている、と思うだけで味に特に影響なし。

ま、こういうメニューは基本的にぐちゃぐちゃにして、丼の中をカオス状にして、

5分以内に食べ終わり店を後にすればいいのよ。w

結局、何が言いたいかというと、29日出張だけど今食べておけば寄らずに済むかな?

と自分でも訳のわからないことを考えていた残暑厳しきある日でした。www

 

ここで一句

    海苔弁は

        蕎麦よりカロリー

              高いよね

Photo_7

2012年8月22日 (水)

南都留郡 Slow Garden 砧(スローガーデン) 熟成パン、ドライフルーツブレッド、げんこつパン

1Dsc_5176

1_2Dsc_5179

1_3

Dsc_5180

Dsc_5181

Dsc_5182

Dsc_5184

Dsc_5185

Dsc_5187

Dsc_5188

Dsc_5190

Dsc_5193

Dsc_5195

Dsc_5196

近頃の平均的な晩酌の酒量は缶ビール500CC×3本。

つまり、ビール1.5リットルである。

3年前は夏場は毎日2リットル飲んでいたが、減らした。

本当は1リットルが一番爽快な酒量だが、私の場合、飲んでいる最中が幸せなので、

1.5リットルにしている。

これが明日休みで皆で宴会になると、4リットルオーバーまで行く。

最近はハイボールとビールのチャンポンなので良く分からないが、

もう一人の自分が発生するまで飲むので、相当な量だと思う。w

私は酒を飲んでいる時は極力仕事の話はしないし、周囲にもそれは求めない。

酒を飲んで解決しない職場の愚痴など癌と同等。

酒とは有料なのだ。

有料ならば、愚痴るより楽しめ!一瞬でもいいから楽しめ!

人生を楽しめ、何でもいいから楽しめ!!!!!!

でも、酒ばかり飲んでいては体がおかしくなる。

酒以外の楽しみは食べる事。

美味しい物を食べて人生を楽しもう!

そうだ!パンを楽しもう!

週に3日しか基本的に営業しない砧に行こう!

でも夏休み期間中は週4日営業になっているようです。

どちらにしても、ハードルの高いパン屋です。

今回は前回初めて買ったドライフルーツブレッドを購入すべく、行きました。

定番の熟成パンとげんこつパンも購入。

価格はドライフルーツが430円、熟成が500円、げんこつが260円。

今回もイートインは利用せず、テイクアウトのみ。

だけど、ドライフルーツが焼き立てなのだ~!

激アツですよ!

店を後にすると、すぐ近くにある河口湖自然館の駐車場へ。

湖を眺めながらパンを食べようと思った訳。

前回ラベンダーが咲き誇っていた場所だが、葉っぱだけだね~当然だね~。

いろいろアングルを考えてパンを撮影し、ドライフルーツブレッドを食べる。

う~~~む!焼き立てはアツアツ当然として、小麦の香りが素晴らしい。

焼き立てはパン生地を十分堪能できる反面、ドライフルーツの甘味が際立たない。

でも、美味しい。

実はドライフルーツを3本買ったので、1本は焼き立て、1本はお土産、1本は夜食に。

パンの温度が下がって、生地とドライフルーツが落ち着いたら・・・ブラボー!

品のある甘さが口の中に広がり、美味いよ~~~。

そんなにパンは食べ歩いていないけど、パン好きにもお勧めできるよ。

本当に美味い。

次にげんこつパンを食べる。

茹で上げた黒豆を生地に包みこんだ物。

いや~~~、これも美味いな~~。

品のある甘味の丹波の黒豆とパン生地のコラボレーションがいいね~~。

営業日に河口湖に訪問出来たら今度こそホットドッグを!!!w

ここで一句

   ご飯より

      腹に入るね

          美味いパンw

2012年8月21日 (火)

南都留郡 支那そば 成屋 チャーシュー支那そば

Dsc_5165

Photo_12Dsc_5173

Photo_8Dsc_5168

Photo_9Dsc_5170

Photo_10Dsc_5171

Photo_11Dsc_5172

河口湖周辺では「かっぱめし」というものが流行っているらしい。

流行りといっても、俗にいうB級グルメの類らしいので、流行る流行らないは

味とB-1グランプリでの結果次第。

B級グルメを追い続けるのも面白いと思う反面、何故に焼きそばがB級グルメでは

頭角を現すのか?どうにも不思議でしょうがない。

勿論、美味しいのでしょう。

でもB-1グランプリの開催方法を考えると、

焼きそばが一番無難で美味しいのかもしれない。

屋台で作ることを考えると、鉄板ひとつで完成出来る食べ物が有利でしょう?

ラーメンの場合、麺を茹でる寸胴とスープ用の寸胴が必要で、尚且つ完成形は

丼の中で完成する。

焼きそばは鉄板の上で完成する。

そういえば、せんべい汁も鍋の中で完成する。

完成までにいくつかの行程を経るものは、屋台での大人数提供は不利なんでしょうね?

 

 

不利といえば、観光地ではなかなかラーメンを食べたいと思わない。

喜多方や佐野などは別格として、吉田うどんが有名なら、

敢えてラーメンを食べようと思わない。

河口湖周辺でうどんばかり食べ続けたが、有名店を一巡した今、

ラーメンを食べるのもいいかも?

すると以前から支那そば、ネギ餃子の看板が気になっていた店に行ってみた。

車は周辺に大きな無料駐車スペースがあるので、そこに止めると入店。

店内はカウンターとテーブル席があるが、結構狭い。

ラジカセから大音量で流れるAMラジオ、年季の入った店内。

客のスペースに置かれた荷物。w

厨房では年配の女性が一人で切り盛りしている様子。

ん???

それよりも、奥のテーブル席でツマミを食べながら酒飲んでいる年配の御ネイサン。

アナタ客?それとも店員?お冷をくれたり、注文聞いたりしているが、

店の関係者ではないでしょうね?w

なんかこっちは店員扱いしたけど、酒飲んで仕事ならデーさん、許さないよ。w

注文したのは支那そば600円+チャーシュー250円で850円。

やがて、注文の品登場。

記念撮影をし、お手てのしわとしわを合わせ、いただきま~~す。

 

 

まずはスープ。

ダシの抽出感は少ないですが、じんわりと優しいい味です。

私が頼んだのは醤油味ですが、塩や味噌味もあります。

塩加減は少々強く感じますが、スープにマイルド感があるため気にならず。

次に麺を引き出します。

細麺のかなり、チリチリ感のある麺です。

なるほど、この麺なら確かに支那そばですね。

麺を啜るとコシが弱く感じる。

茹で過ぎの気がしないでもないが、茹でるお湯の温度が低いのでは?

沸騰したお湯で茹でましたかね?

でも喉越しはいいし、強い縮れがスープを纏います。

今回は普通盛りを注文しましたが、麺のボリュームはある方だと思います。

割と食べ応えがありました。

チャーシューは厚めで大きい物ですが、非常に軟らかく、箸で持つと崩れます。

ホロホロした食感のチャーシューですが、味つけは割としっかりしています。

おつまみチャーシューがあるせいかもしれませんね?

あとはメンマにナルト、モヤシに海苔がつきます。

全体的な印象ですが、このラーメンを食べる前に御ネイサンと酒盛りしたかったね。www

程よくお酒を飲んで、お開きにしましょうか?〆にしましょうか?という味ですね。

瓶ビール3本くらい空けて食べたい味だな~。w

次回、絶対ネギ餃子食べます!!!!!!

 

ここで一句

    昼間から

        飲めるアナタは

              お客でしょ?

Photo_13

2012年8月20日 (月)

南都留郡 益美や 冷し肉天うどん

PhotoDsc_5163

Photo_2Dsc_5162

Photo_3Dsc_5152

Photo_4Dsc_5153

Dsc_5155

Dsc_5157

Dsc_5158

Dsc_5161

夏休み真っ盛り。

私は仕事真っ盛り。

 

 

皆さん、皆さんは夏休み何処に行きましたか?

海外ですか?国内ですか?

何処かに書きましたが私、海外旅行未経験です。

竹島に行きたい気がしますが、行ったが為に国際問題になりそうなので諦めます。

尖閣諸島に行きたい気がしますが、これも色々と揉めそうなので諦めます。

北方領土は・・・多分、命が無いですね。

自国の領土であるのに、

海外旅行気分どころか命の危うさを考慮しなければならないとは。

今の野田政権の腰砕け外交を批判よりも、長年その場凌ぎにしてきた自民党政権。

ツケは溜まると取り返しのつかないことになってしまうのですね。

そして、これからも何処が与党になろうが、誰が総理になろうが、

日本人は歯痒さを感じながら外交を見守るしかないのですね?

あ~~~歯痒い。

 

 

私はオリンピックが終わってからの歯痒さを解消するため、富士吉田に行った。

当然、富士吉田うどんを食べる為にである。

カタイうどんを食べて、歯痒い外交気分から抜け出したかった。

そこで吉田うどんの中でもトップレベルの硬度を誇る、益美やに行った。

訪れたのは土曜日であったが、丁度開店と同時に入った。

当然、客は私一人。

注文したのは冷し肉天うどん大盛り600円。

前回が肉天玉うどんだったが、冷しでは玉子はいらないと思い注文しなかった。

注文を終えると次々に車が入って来た。

私は前回同様、河口湖駅の駐車場に車を止め、歩いてきた。

さすがに土曜日は客が多い!

やがて、注文の品登場。

それにしても、天かす揚げ玉があるのに、天ぷら注文しなくてもいいんじゃない?

ましてここの店、かき揚げだし。

なんかワンタンメン頼んで餃子を注文したような気分だな。w

次回は肉玉にしようっと!w

記念撮影をし、いただきま~~す!

Photo_5

おおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

ここのうどん、やはり冷しはかなりな硬度を発揮するな。

硬くてごめんね~硬くてごう~めんね~~硬くて郷ひろみ!

と、言う訳でひたすら麺を咀嚼することに徹する。

う~~~む、美味しい。

冷しには大根おろしとワサビが付くが、この店のすりだねはさほど辛くないので、

たっぷりと入れて食べてみる。

・・・入れ過ぎはさすがに辛いわ。w

それにしても小麦の美味さが口に広がり美味いな~、お汁も控えめな美味さです。

もともとエッジが90度を維持しているような剛直な麺ですが、

噛んで剛直な麺を粉々にすることにより、優しい味わいが広がります。

結局食べ終えるまでに10分以上かかりました。

たいして咀嚼しない方なら5分で終えるでしょうが?

吉田うどん屈指の硬度、あなたも冷しで味わってみませんか???

 

ここで一句

    噛み応え

       虫歯の方は

            無理かもね?

Photo_6

2012年8月18日 (土)

秦野市 みや古食堂 タンタンメン

Photo_2Dscn5082

Photo_3
Dscn5074

Photo
Dscn5075

Photo_4
Dscn5076


Dscn5077


Dscn5078


Dscn5081

Photo_5
Dscn5079

元々中国神話の想像上の生き物だった麒麟。

ところが、実物のキリンが似ていた、ということでキリンと言う名が付いたらしい。

しかし、キリンと呼ぶのは日本と韓国だけらしい。

想像上の動物に似ているから命名か、なるほど一理ある。

だが、これが食べ物になるとどうなるだろう?

ビーフシチューを初めて食べた日本人が真似したら肉じゃがが出来たとか、

様々な逸話がある。

つまり、何でもそうだが受け取る側のインパクトで命名も出来れば、

亜流が立派な食文化にもなる!ということですね。

 

 

ところで、大好きなみや古食堂さん。

この店の冷やし中華のインパクトは凄かった。

冷やし中華らしからぬ具材のオンパレードで、食べる方のインパクトは凄かった。

夏真っ盛りにこの店に来たのだから、当然冷やし中華を頼もうと思った。

しかし、タンタンメンを食べていなかったので注文してみた。

タンタンメンは700円だが、大盛りだと1000円になる。

300円アップは蕎麦並みだが、300円分の価値は十分にあるボリュームになる。

だが、出て来た物は・・・

 

 

 

これは何と言う食べ物ですか?w

見た目は野菜たっぷりタンメンですね。

どこがタンタンですか?w

分厚く切られた茄子の切り身?が数枚、良く炒められた獅子唐辛子が5本以上。

野菜が本当にたっぷりで、物凄くヘルシーな印象。

スープは味噌風味というか、ラー油風味というか、ほぼ何処かの賄いですね?w

私が思うに店主がタンタンメンというものを全く知らず、客の要請で想像力で

作り上げたものであると、ほぼ思われます。

あ、そうだ!

ラーメンマニアの方にはお勧めしません。

あくまでも食堂のラーメンです。

お腹も気持ちも満足出来るかどうか?それが重要だと思うラーメンです。

 

 

この店の麺の大盛りは間違い無く2玉ですね。

凄いボリュームです。

この店で大盛り食べたら連食する気にはなりません。

さて、肝心の味ですがスープには炒めた肉や野菜の旨味が出て普通に美味い。

まるで少々風変わりなタンメンを食べているみたい。

ただ、獅子唐辛子多過ぎます。w

茄子も少々油を吸い過ぎだと思います。

でも、食べちゃいました。

スープもほとんど残さず食べちゃいました。

汗が凄いです!w

やはり、冷やし中華を食べればいい、と思いました。

あと麺類で食べていないのはラーメン、焼きそば、焼きうどん、鍋焼きうどんです。

あ!五目ラーメンも食べていない。

ここに初めて来てから10年以上経っているのに、それほど沢山のメニューを食べていない

自分に驚いたりもします。

メニューが多過ぎるのは当然として、鉄板定食とトンテキ定食が圧倒的に多い。

また行きますので、宜しくお願いします。w

 

ここで一句

    やってみたい!

        端から全部

             食べる事

2012年8月17日 (金)

南足柄市 桃太郎商店 チャーシュー中華そば

Photo_6191_01

Photo_7192

Photo_8194

195

196

197

Photo_9198

199

女子バレーの大友愛が気になって・・・

結婚する前から気になっていたのだが、今回銅メダルを獲得し、

閉会式などで髪を下ろした表情とか見てたら・・・

なんかイイ女だな~~とか思ったりして。

しかし、バツ1で、子持ちで、自分よりもデカイのだ。

一時の妄想はすぐに消えて欲しい。

 

 

ああ、でもこのところ胸ときめく思い、というものが全く無いので、

この思い、大事にしたい気持ちもある。

人間、いくつまで恋愛感情を持つ事が許されるのだろう?

当然、死ぬまで一生!と言われるだろうが、少年のころの切なく淡い思いはあるのか?

いや、大人には大人の恋愛観がある。

でも、リアルで夢が無い気がするな・・・?

 

 

 

金太郎伝説の地にある桃太郎。

久々ですが、ついにラーメンを食べることにしました。

昨日は暑いからラーメンなんか食べたくないと書きましたが、

今更なんですが、私はいい加減な男なんです。

ウソつきなんです。

詐欺師なんです。

そんないい加減な男のブログ、適当に流して読んでください。

実際、駄文が多いから。。。

 

 

開店時間から10分ほどでしょうか?店内に入ると、割とお客さんが入っています。

麺類のメニューを確認すると、大盛り無料の文字が。

チャーシュー中華そば大盛り850円を注文しました。

ここのカレーが家庭的で好きな味だったので、2回食べましたが麺は初めて。

ホルモン焼きの中華そば、大いに期待します。

それ程待たずに中華そば登場。

こりゃまた美味そうな外見だ事!

まさしくラーメンではなく、中華そばですね。

記念撮影をしていただきます!

まずはスープ・・・おおおおおおお!!!!!!美味い!!!!!!!

なかなかコク深く、美味しいスープです。

豚ガラ、鶏ガラからしっかり抽出されたダシですが、ふんわりとしたやわらかい口当たり

ですが、しっかりと旨味とコクを感じます。

そして、濃い目の醤油ベースですが、味は濃過ぎずいい塩梅です。

ラーメン専門店とは違う、誰にでも分かり易い味とコクです。

中に入る麺は縮れた手もみ風中太麺です。

これはチュルチュル感があり、喉越しもいいです。

コシは少々弱い気がするが、これも万人受けする麺だと思います。

そして、チャーシュー。

肉汁感があり、なかなか美味しいチャーシューです。

さすが、ホルモン店!

他に茹で玉子、ほうれん草など入っていますが、基本のスープがいいので、

ペロリと食べてしまいました。

この近辺ではラーメンショップがありますが、これはこれで美味しいですよ。

シンプルで、分かり易い味で、ボリュームがあり、ラーメン好きにもお勧めです。

 

ここで一句

    4回目

       次はカレーと

             セットでも?

2012年8月16日 (木)

静岡市清水区 宮本商店2号店 海鮮丼

Photo_2188

Photo_3176

Photo_4178

186

180

181

183

184

187

前も書いたけど、寿司を食べたいと思っているわけよ。

回転寿司に行こうと思っているわけよ。

でも、行きたい回転寿司が無いのよ。

かっぱ寿司?スシロー?いやいや、もっとマニアックな回転寿司店ないかな~?

清水の鮨横丁は外れが怖くて入れん!w

結局ね、海鮮丼なわけね。

なんか急に海鮮丼が食べたくなったから清水に行ったのよ。

そうしたら早く着き過ぎて河岸の市はまだやってないのよ。

そんな事は百も承知で実は宮本商店2号店を目指したのよ。

2号店は何故か朝8時からやっているから、9時ころに行っても食べられる訳ね。

そんな訳で本店は散々お邪魔しておりながらの2号店初訪問となりました。

 

 

入店時、店内には客は私一人。

みやもとで一度も海鮮丼を食べた事が無かったので、2号店で海鮮丼にチャレンジ。

5分もかからずに海鮮丼登場!記念撮影をし、いただき摩周湖(オヤジくさ~~)

見た目のボリュームは値段相応という感じでしょうか?

この店は鮪が売りですが、他のネタも美味しそうです。

通常、海鮮丼は1500円なのですが、今回はウニが高い!ということで100円アップ。

個人的には高ければのせなくてもいいのに、と思いましたが、そこは店の拘りですか?

とにかく食べてみましょう。

海鮮丼の反則技であるワサビの醤油溶かしを回しかけて食べます。

う~~~~~~~~~~~~む!!!!!!

どのネタもネタに味や旨味があり美味い!!

マグロは当然のことながら、エビも味噌までいただけるし、他のネタ、ウマ!!!

さて、本店と比較してみると同じ物を食べ比べしていないので何とも言えませんが、

名物女将の存在と、本店のあの雰囲気が一味上乗せになっているかな?

穴子の天ぷらも今回は注文していないので、揚げ物の技量も分かりませんでした。

本店のDNAが楽しめる、そんな2号店でした。

 

ここで一句

    雰囲気は

         味に上乗せ

             されるのね?

Photo_5

2012年8月15日 (水)

安房郡 住吉飯店 えびそば

172

Photo_7
161

Photo_8
164

Photo_9
166

Photo_10
168

Photo_11
170

ロンドンオリンピックの各テレビ局のキャスターで、私が一番注目していたのは山岸舞彩。

しかし、今回パッとしないな~。

あまり映らなかったというか、深夜帯に多かったような。

やっと見かけてもらしくないというか・・・

民放各局も美人を揃えて来たが、記憶に残らないな~。

つまり、私のスケベオヤジ目線も霞むほど、日本選手の活躍が素晴らしかった、という事。

特に女子サッカーは良かった。

男子よりも燃えたよ。

そういえば、今月東京ビッグサイトで東京オートスタイル2012が開催された。

私のブログの「人の美」であるコンパニオン画像。

開催日に公休だったので、行こうと思えば行けた。

むしろ、行くのが当然だと思うのだが、行かなかった。

行くわけ無いでしょう!このクソ暑いのに!w

汗まみれになって熱中症になっちゃうよ。w

汗でカメラがおかしくなっちゃうよ。

私のスケベ根性も真剣勝負の迫力と真夏の暑さには負けてしまった。

あ、でも9月にゲームショーがあるな。

ゲームショーは行くと思います。www

夏は温かいラーメンは食べない様にしている。

何しろ発汗が凄いので、着替えを持ち合わせていない限り食べたくない。

去年の8月、ラーメン二郎三田本店に行った。

快晴で暑い日だった。

クーラーがあってもほとんど効いていない三田本店、よりによって着席したのが

スープ寸胴の前の席。

食べる前から熱に襲われ、食べ終える頃には服を着たままシャワーを浴びた状態。

当然、着替えなどもっておらず、服が乾くまで駅周辺でうろつく羽目に。

だからね、夏は熱いラーメンは敬遠したくなるわけよ。

しかし!今回はえびそばを注文した。

なぶらを後にした私が向かった先は住吉飯店、じつに17年ぶりの訪問です。

以前、千葉に転勤し、その時訪問以来ですので、本当に久しぶり!

前回食べたのはモヤシ麺の大盛り。

この店、じつは隠れたデカ盛り店なんです。

デカ盛りと言っても何とか食べ切れる量ですが、その時も餡かけモヤシがたっぷりのった

麺はかなり大きなどんぶりに入れられて出てきました。

今回、この店がテレビで紹介されたのを見て、懐かしさと共に再訪問となりました。

えびそばが美味そうだったのよ。w

だが、訪問当日は激アツな天気、冷やし中華でも頼もうかと思ったが、

店内は冷房も効いていたので、普通盛りでえびそば950円を注文しました。

店内はテーブル席、カウンター席とありますが、少々変則スタイル。

カウンター席に座るとテーブル席の方が見えません。

待つ事5分少々でえびそば登場。

店内、お客さんでいっぱいですが、料理は早いです。

記念撮影をし、いただきま~~~~~す!

見た目のインパクトは普通盛りとはいえ、なかなかの迫力。

海老がどんぶりの縁に飾られているのは愛嬌!

スープは塩味で、海老と野菜の餡が麺の上にのります。

麺を丼の中から引きずり出すと、麺は細麺縮れ状態。

マルちゃんの昔懐かしい中華そばの麺に似ていますね。

支那そばみたい、といえば分かり易いでしょうか?

麺を啜ると割とカタメに茹でられています。

コシもそこそこあり、普通に美味しい麺です。

次にスープを飲んでみますが、すでに餡が溶け込んでいるので、

あっさり目の基本スープの中に野菜などの旨味も感じます。

それにしても海老が多い!単品の海老チリソースが出来るのでは?と思う位、

プリプリの小海老が沢山入っています。

野菜もたっぷりで、餡かけ状態でなかったら海老タンメン、と言ってもいいぐらいです。

いや~~本当に価格は950円ですが、ボリュームは文句無しです。

ただ、麺はそんなに入っているわけではなく。麺を凌ぐトッピングの量です。

これ、大盛りだったら絶対食べ切れないだろうな~?w

途中でブラックペッパーや酢を入れて味の変化を楽しみました。

食べ終える頃には汗、止まらないし。w

スープが飲み易かったので、レンゲですくって飲んでいると汗が・・・

スープは完飲せずに残しました。

内房の小さな港町の中華料理店ですが、味もボリュームも満足です。

ランチメニュー、その他メニューも充実し、地元密着型のお店ですね。

近所にこんな店があれば常連になりたいです。w

内房は良く出かけるので、出来る限り早く、再訪問したいと思いました。

駐車場は店の裏手になるので、注意してください。

ここで一句

    この時期は

         着替えがいるよ

               日帰りも

Photo

2012年8月14日 (火)

安房郡 勝山漁協直営 なぶら なぶら海鮮丼

157

Photo
156

Photo_2
132

Photo_3
136


137


139


142

Photo_4
146


144


143


147


149

Photo_5
150

私はお盆期間中、仕事。

一流企業の皆さんのように長期休暇は無い。

どこに行っても混んでいるし、仕事をしている方が楽だよ!(負け惜しみ)

だが、お盆休み前に3連休をもらったので、長野、浜松と行き、最後に千葉。

予想していたとはいえ、保土ヶ谷バイパスの渋滞はキツかった。

おかげで車内で日焼けしてしまった。

両手は真っ黒だよ。w

UVカットガラスなのに・・・

それでも首都高に入り、アクアラインから千葉はスイスイ。

今回の目的地、鋸南町方面に向かう。

目的の店は住吉飯店。

実に17年ぶりの訪問・・・のまえに、勝山漁協直営なぶらだって。

漁協直営と聞いて、海の男デーさん素通り出来ません(いつから海の男?)

丁度開店時間の11時だったので、お邪魔しました。

 

 

漁協直営の店は随分とお世話になっています。

だいたい期待を裏切らないお店が多いですね、中には尻下がりの店もありましたが。

お店の外観はお食事処に見えませんね、町の公民館みたいです。

食堂は2階になるので、階段を上ります。

券売機があるので、メニューを選びますがポップにもメニューがあり、

どういうシステムになっているのでしょう?

係の方がいるので、尋ねればいいのでしょうが、初めから海鮮丼狙いだったので

浮気はせずに、なぶら海鮮丼1260円をチョイス。

食券を係の方に渡すと「お茶や水はセルフになります」と教えられる。

随分水分を喪失していたので、お冷をガブ飲みする。

相変わらず千葉の水は美味くない。

やがて、海鮮丼登場。

おおお!!!見た目のボリューム、豪華さはなかなかいいんじゃないですか?

お椀はツミレ汁だし、サラダ、小鉢、香の物が付く。

肝心の海鮮丼ですが、6点盛り?いや違う、8点盛りだ!

鯵の刺身の下になめろうらしきものがあり、イカの刺身も現れた。

記念撮影をし、お手手のしわとしわを合わせて、いただきま~す。

 

 

刺身の素材はおのおの特筆するものはなく、俗にいう普通に美味しい。

見た目のボリューム感、内容の豊富さと比較すると本当に普通の海鮮丼。

イカは地物?冷凍物のような気がします、イクラも漁協直営ならいらないでしょう?

その他の刺身類は美味しかったです。

ツミレ汁もダシ感は少なかったが普通に美味しかった。

ひじきの煮物は港の香りがしたな~。w

全体的に悪くは無いけどお勧めポイントが分かりづらいですね。

私が海鮮丼だけの注文だったので、本日のお勧め等を注文しなかったせいかも。

本日のお薦めの中にはなめろう料理が充実しており、地の物食べるならお勧めに注目!

そういうわけで、ここに来たら是非、本日のお勧めをチェックしてください。

場所は少々分かりづらいかもしれませんが、目指せ!勝山漁港です。

 

ここで一句

    お勧めを

       食べずに何を

             語るのか

Photo_6

2012年8月13日 (月)

藤枝市 マルナカ 冷やし(大)

Photo115

Photo_2
116
Photo_3
119

Photo_4
120


121


124


125


126

浜松まで来て1軒だけか、交通費がもったいないな。w

むつぎくに寄ろうかと思ったが、少々腹がこなれる時間が欲しい。

そこで考えたのが、島田の燕かマルナカに寄ろうと考えた。

特に燕は静岡県内でも屈指の名店、寄れば3回目になるがその価値はある!

しかし、久しぶりに藤枝の朝ラー、特に冷やしが食べたくなった。

今、夏真っ盛りですよ。

夏に冷やし食べれば最高じゃないですか!

私はどんどん新しい店、知らない店に行く、ということはしてないので、

気に入れば何度でも、飽きるまで行きます。w

よし!マルナカに決定!

 

 

もう、カーナビ無くても店まで到着出来るワイ。w

しかし、到着時刻は13時前、あとから気が付いたが、13時半が営業終了時間。

何故か15時位?と勘違いしていた。

店内に入ると、券売機が。

この店、以前はPOSシステムみたいなので、注文を受けていたが、

今は券売機、メニューが少ないので券売機の前で悩む奴もいないでしょう?w

今回注文したのは冷やし大盛り650円。

いつも、温かい中華そばと冷やしのセットを食べていたが、夏なので冷やし!

それにしても面白い文化だよね。

量が少ないとはいえ、一度に温かいラーメンと冷やしラーメンを食べるなんて。

でも、不思議と違和感が無いというか、2杯食べられるし、食べ終えてもまた次回も同じ、

と思ってしまう。

サービスエリアなどで、お土産用の藤枝朝ラーを買って、家で作っても両方食べてしまう。

では、初めての単体注文はどうなりますやら???

 

 

店内はカウンター席は無く、すべてテーブル席。

相席は当たり前なので、カップルには向かないかもね?

店内はそろそろ営業時間終了なのに満席、次から次へと客が来る。

それでも10分ほどで冷やし登場。

人目もはばからず記念撮影をし、いただきま~~す!

ガラスの器になみなみと注がれたスープ、そして麺。

今回はさすがに大盛りなので、麺も納得のボリューム。

具はチャーシュー、メンマ、海苔、紅ショウガ、ワサビ、ネギ。

この独特な外見が志田系とかいわれているが、味には関係ないので割愛。w

レンゲがついてないので、早速麺を。

つるつるシコシコ、ウマウマ~~~。

麺の太さは冷麦よりも太く、稲庭うどんに近い物があります。

しかし、稲庭うどんと違い、中華そばなのでシコシコした食感があります。

そして、喉越しがいい!するりとした喉越しが気持ちイイ!

この店の麺は中華そばでも麺の美味しさが際立っているので、

麺を楽しむ!といっても過言ではないと思います。

スープはインパクト系ではなく、優しい味わいのスープです。

基本的に甘口ですが、酢が際立ったものではなく、甘さが気にならなければ、

山形の冷やしラーメンとは方向性の違う、

朝ラー文化の一端を担う冷やしを楽しめると思います。

 

 

具のチャーシューはもも肉と思われます。

マルナカでのチャーシューの存在は控えめです。

メンマも甘口ですが、食感を楽しむ存在です。

やはり、紅ショウガとワサビの存在が最大の味の特徴でしょうね。

博多ラーメンでは定番の紅ショウガがサッパリ感を演出し、ワサビが味を引き締めます。

甘めのスープに私の場合、ワサビを溶かすのではなく、少量を麺と共に啜ります。

この方が、ワサビのツン!とした辛味や清涼感を楽しめると思います。

全体的に異文化冷やしラーメン、のような印象ですが、食べれば納得の美味さです。

初めて夏真っ盛りにお邪魔して冷やしだけをいただきましたが、

冷やしと言うには少々温いかな?

割と近所にある池田みたいに、寒くてもキンキンに冷やして食べさせるのが、

本当の冷やしだよな~~。w

 

ここで一句

    ビールはね

         冷たい方が

               美味しいよ

Photo_5

2012年8月12日 (日)

浜松市 石松本店  餃子定食(大)

Photo_2092

Photo_3
095

Photo_4
099


100


101


102


103


104


105

Photo_5
106

Photo_6
107


109


110


111

オリンピックももう、終わりか。

書き込んでいるのは9日だが・・・w

今回のオリンピックは良く頑張りました!感動をありがとう!(9日の書き込みだが)

睡眠不足ですよ!(9日の書き込みだが)

いや~、バレーもサッカーもよくやった!(9日の昼に書き込んでいるが)

私の人生目標は嬉しくて泣く事。

今までの人生、間違いなく一度も嬉しくて泣いたことがない。

感動の無い人生なんか、チャーシューののっていないラーメンと同じだ!

コンパニオンの居ない東京モーターショーと同じだ!

怠惰な日々を送っていると、感動とは無縁なんだな。

小さな感動、ささやかな感動は確かにある。

だが、ガッポーズをしながら「嬉しい!」と雄叫びをあげて泣いてみたい。

人生、火葬場ではなく完全燃焼してみたい!

 

 

PAで食べなきゃ良かったな。

少々早い時間に食べたのだが、美味しくなかったので残念です。

そうなると、今日の本当の目的である「石松」には大いに期待します。

それにしても新東名、走り易いなあ~。

何しろ最初から最後まで3車線分の道幅があるから広々感が違います。

そして、道も緩やかなカーブはあるものの、直線を走っているのと同じ感じ。

走り易さからか、あっというまに浜松に着いた気がしました。

しかし、インター降りてから私のナビには入っていない道が多いね。w

でも何だかんだで見つけましたよ。

開店15分前に店を発見したので、御近所で時間を潰す。

店構えは結構大きくて、駐車場スペースも大き目に取ってあります。

店内に入ると、カウンタースペースと座敷スペースがあります。

私は当然、カウンタースペースだが、カウンターも数か所に分散してあり、

写真撮影を考慮して、窓際を選びました。

注文したのは餃子定食(大)1365円、餃子は20個入りです。

王将でも餃子は2人前、12個以上は食べた事がありません。

それが20個。

でも、食べられちゃうんですね~、浜松餃子は。

15分少々待ちましたが、円盤型の餃子が登場!

記念撮影を入念にし、いただきま~す。

 

 

まずは何も付けずに半分ほどパクリ。

あっさり、さっぱりした味です。

野菜の甘味を中心に構成されたものですが、餡の味付けは控えめ。

以前食べたむつぎくの方が、餡の味付けがしっかりしていました。

次に特製のタレを浸けて食べてみます。

ん!甘い!

専用のタレは甘めです、しかし、この甘さが味つけ控えめな餡とシンクロし、

野菜の甘味を引き出しているように思われます。

これはなかなか美味い!餃子は焼き目がパリッ!とし、食感も楽しい。

ただ、甘めのタレは個人的に少々キレが悪く感じるので、私としては珍しくラー油を投入。

ラー油を入れた事により、味にキレが出てきました。

これならもう、20個だろうが30個だろうが食べられそうな気がします。w

今回は定食で注文しましたが、餃子単品での注文も可能なので、好みでどうぞ。

ご飯、味噌汁、漬物は特に可もなく不可も無くですが、ご飯がホカホカなのがグッド!

口当たりが軽いし、味も軽いし、焼き目はパリパリだし、あっという間に完食。

定食では無くて、餃子20個+10個で30個でも良かったな。w

ところで、浜松餃子の副采ともいうべきモヤシ。

このモヤシ、箸休めの意味があるらしいが、モヤシを食べると箸が止まります。w

単純に茹でただけのモヤシはそのまま食べても味気ない物だし、

タレをつけて食べるしかないでしょう?

個人的にはむつぎくの時と同様、もやしはいらないと思うけどな~。

甘めのタレが好みで無い方は、スタッフに頼めば醤油と酢をいただけるようですが、

私は特製タレだけですべて食べました。

 

 

浜松と宇都宮で餃子消費量日本一戦争が起きているようですが、

浜松餃子は数を食べる事が出来る!ということが強みではないでしょうか?

宇都宮餃子を20個食べろ!と言われたら勿論、大きさにもよりますが、

かなりキツイものになると思います。

食べ切れないかもしれません。

ところが、浜松餃子は中の餡が野菜中心で、やや小ぶりで、食べ易いので、

誰でも20個は食べられると思います。

浜松の名店、2軒をまわり、そんな事を考えました。

 

ここで一句

    戦争も

       食べ比べなら

             大歓迎?

Photo_7

2012年8月11日 (土)

藤枝市 新東名 藤枝PA下り線 麺屋大黒 チャーシューつけ麺

Photo_7072

Photo_12
056

Photo_15
068

Photo_16
055

Photo_17
059


060


061


063

Photo_14

067

浜松で餃子を食べる前に、軽く腹ごしらえ。

新東名のPA、SA全部制覇じゃ!

そう言う事で、静岡を通り過ぎ藤枝PA下りに寄りました。

平日とはいえ、夏休み真っ盛り。

でも車少ないな~、車も止まってないな~。

フードコートもまだ9時過ぎとはいえ、人がほとんどいないし。

ま、いいや。

つけ麺専門店があるので、軽くいただきましょう。

注文したのはチャーシューつけ麺880円。

いつものごとく、ブザーを渡され待つ。

太麺なのに3分位でブザーが鳴る。

受け取りに行くと・・・おおお!!!なんだ!結構な盛りじゃないか!

腹いっぱいになりそうだな!

見た目のインパクトに少々驚くも、記念撮影。

ん?

Photo_18


かなり、露骨な上げ底、こりゃ~やられたわい!

とにかく、食べてみましょう。

つけ汁は濃厚豚骨魚介系ですね、麺は極太麺といってもいいでしょう。

麺を絡ませいただきます。

う~~~~~~~~~~~~~~む!!!!!

つけ汁は悪くは無いが、麺に全然コシが無い。

昔給食で食べたソフト麺よりコシが無い。

うにゃうにゃですよ。

これでいいんですか?

・・・いいみたいね?

高速道路グルメは口コミも少ないし、食べてみなけりゃわからん!

分かった時点で後悔する事が多い。

そんな訳で、相変わらず私のお勧めは駒門PA上りです。w

 

ここで一句

   氏んでいる

      何が氏んだの?

             面ですよ

Photo

2012年8月10日 (金)

都留市 谷村PA下り線 手打ち吉田の天ぷらうどん

Photo_4053

Photo_5
045

046

047

050

051

052

Photo_6

Photo_8


Photo_9


Photo_10

Photo_11

Photo_13

2012年8月 9日 (木)

諏訪市 諏訪湖SA上り線 ブライトンフードコート 冷やし中華サラダ仕立て

PhotoDsc_5114

Photo_2
Dsc_5125


Dsc_5117


Dsc_5118


Dsc_5120


Dsc_5124

諏訪湖周辺には蕎麦やうなぎの名店があり、他にも美味そうな店が多い。

ドライブに出掛けて、しかも長野まで出掛けて、サービスエリアで冷やし中華?

何しとんねん!

いや~~~~、日曜日だからどこも混んでいて・・・

あんまり待ち時間が長いと、笹子トンネルが渋滞するし、渋滞の超名所が

たくさんある中央道、中央道を降りても国道が混む事もざら。

時間節約のために高速に乗り、高速で食事!と思ったが、

正直なところ、普通より野菜が多いだけで普通の冷やし中華。

フードコートなので、セルフサービス。

峠の釜飯が売っていたので、それを食べれば良かったと後悔しました。

今回は珍しく短い文章で終わり。

 

読み易い?w

 

ここで一句

     時間無い

        ならば起きろよ

              もっと早く

Photo_3

2012年8月 8日 (水)

信州 美ヶ原高原美術館~十八景

Dsc_5016

Dsc_5019

Dsc_5029

Dsc_5038

Dsc_5042

Dsc_5046

Dsc_5047

Dsc_5048

Dsc_5065

Dsc_5074

Dsc_5077

Dsc_5080

Dsc_5084

Dsc_5086

Dsc_5091

Dsc_5092

Dsc_5097

Dsc_5103

ここで一句

       遅すぎる

        何でそんなに

              亀走り?   

1

2012年8月 7日 (火)

甲府市 ちよだ おざら

PhotoDscn4880

Photo_2
Dscn4882
Photo_3
Dscn4883
Photo_4
Dscn4884
Photo_5
Dscn4885

Dscn4886

Dscn4888

アナログ放送が終了し、愛車のテレビが見れなくなって一年以上。

ラジオ中心のドライブになって一年以上。

ニッポン放送かFM横浜ばかりです。

バッコ~~~ン!

聴いているうちに馴染んでくるものです。

バッコ~~ン!

コン、バッコ~~~ン!!!!!!

それにしても、山梨方面に行くとニッポン放送聴こえませんね?

伊勢神宮に行った時、丁度WBCのニッポン対キューバ戦でした。

ニッポン放送で伊勢まで無事、最後まで実況聴けました。

携帯電話の電波の死角がどんどん解消されて行くのに、

ラジオの死角は当然のように存在し、その分、ローカル放送を楽しむようになっている。

NHKしか入らないとかなり、キツイですね。www

 

 

少々ムカついたが、結局味に満足した蓬来軒をあとにすると、

ようやく今回の目的の店、ちよだに到着。

さすがに腹がいっぱいではあるが、まだ入る!

入店するとなんとほぼ満席、人気ありますね。

当然おざらを注文しましたが、なんとその時居た客すべてがおざら。

御品書きには沢山あるのに、全員おざら。

これは人生で最高のおざらが味わえそうだわい!

しかし、注文してから提供されるまで15分ほどかかるらしい。

ところが、タイミングかどうかわからないが、10分位で登場。

手打ち感満載の麺は見ただけで美味そう!

普通盛りで注文したが、割とボリューム感はあります。

記念撮影をして、いただきま~~す!

 

 

う~~~む!ムチムチ、モニュモニュ、で美味い!

幅広の独特の麺はきしめんよりも見た目は荒々しい感じ。

しかし、この麺、噛み続けると小麦の旨味が溢れだし、啜っても独特の喉越しが楽しめる。

そして、つけ汁だが、まろやかでコクがあり美味い!

刻んだ油揚げが浮かんでいるが、油分も多い。

しかし、油分の多さは嫌味にならず、ギトギトした感じが逆に好印象。

野菜類も当然、中に入っており、野菜の旨味、ダシの良さ、味付けの妙が良いですね。

全員おざらなのも納得!美味い!

麺も、つけ汁も美味ければいうことなし。

て、いうか再訪問決定でしょう?

通年でおざらを提供しているようなので、また来ます!

あ~~~~~~~~~~~~~~腹いっぱい!w

 

ここで一句

     義務感は

        持ってないけど

              連食だ

1

2012年8月 6日 (月)

甲府市 蓬来軒 本店 チャーシュー麺

Photo_6Dscn4869

Photo_7
Dscn4870

Photo_8
Dscn4871

Photo_9
Dscn4872


Dscn4874

Photo_10
Dscn4875


Dscn4876

ラーメン、好きなんですよ。

好きだからラーメン専門ブログにしようかな~と当初は思っていた。

 

 

すぐに挫折したね。w

店も違い、味も違い、全く同じものを食べる訳ではないのに、挫折したね。w

ラーメンを食べ続けるとうどんや蕎麦が食べたくなり、

うどんや蕎麦を食べると肉が食べたくなり、肉を食べると魚が食べたくなる。

時々、親の言いつけを思い出し、野菜の入ったバランスの良い食事をしなければ!

と思い、野菜炒め定食や和食の店に行ったりもする。

昔からそうなんだが、食べたい!と思った物を食べるようにしているが、

体の事を考え、栄養バランスが良い!と思われる物を食べるようにもしている。

別にラーメンに限らず、同じような物を食べ続ける他の方のブログなどを拝見すると、

凄いよな~と思う反面、身体大丈夫かな?と少々心配もしたりする。

そんな心配をしていた2人の方のブログの更新が止まり、2カ月以上経った。

 

 

またもや前回好印象だった蓬来軒に行った。

車を駅の近くに止めたので、歩いて行った訳だが・・・あぢ~~~、日焼けしちゃうよ。w

おざらは普通盛りだったので、ラーメンも普通盛りなら余裕で胃に入ります。

店内に入ると、昼時であったが満席まではいかず、余裕で着席。

冷やし中華も面白そうだな~、と思ったが前回同様チャーシュー麺900円を選ぶ。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

俺より後から来た客5人に次々と提供され、完全に私は忘れられている。

少々イラつき顔で接客担当に「ラーメンまだ?」と聞く。

待たされたと言っても10分少々かな?15分まではいかなかった。

それでも、後から来た客にどんどん運ばれていくのを見れば面白くは無いね。

お詫びでネギと肉の和え物みたいなのが出されたが、トッピングに使用した。

肝心のチャーシュー麺ですが、前回同様好印象。

麺とスープのじんわりした美味さはさすが!

何よりもチャーシューのボリューム!

大きなチャーシューが数では4枚のる。

大きさは大き目のものと小ぶりのものとあるが、価格を考えるとよくぞここまで!

と思う位、チャーシューのボリュームは素晴らしい。

正直言いまして、食べる前に久々に不機嫌メーターが上昇しまして、

イラついた感情で食べた訳なんですが、食べ終える頃には平常心に戻りました。w

味は間違いなく良いんですから。

 

ここで一句

   人間は

      忘れられると

            アツくなる

Photo_11

2012年8月 5日 (日)

甲府市 小作 甲府駅前店 おざら

PhotoDscn4868

Photo_2
Dscn4857

Photo_3
Dscn4859

Photo_4
Dscn4860


Dscn4861


Dscn4862


Dscn4863


Dscn4865

いや~オリンピック、頑張っているね。

あまりにもメダリストが多いから覚えきれないよ。w

そんな中で水泳女性陣はいいね~。

個人的に潮田が好みのタイプなのだが、鈴木ちゃんいいね!

鈴木ちゃんだね、爽やかだね、銀メダルだね。

メダル取る前は意識してなかったが、メダル取った途端、気になってしょうがないね。

所詮、私も長い物に巻かれ、流行りものに踊らされるタイプなんだ。

あ~~なんだかんだで・・・寝不足。w

 

 

久々に甲府駅に来た。

今回は鳥モツではなく、おざらが食べたくて来た。

前回、小作で食べた天ぷらおざらがなかなか良かったので再訪問。

ただ、今回はこの店の近所にある「ちよだ」狙いで行ったのだが、

開店時間が11時半ということで、11時丁度に駅前を徘徊していた私は、

熱波に負け、小作に入った。

前の印象が良かったので、安心して入った。

11時丁度に入ったつもりであったが、すでに店内には数組の客がいる。

天ぷら無しでも十分美味しいと思っていたので、おざら700円を注文。

おざらとはほうとうの麺を冷やし、温かいつけ汁につけて食べる、と思っている。

5分少々でおざらの登場。

記念撮影を済まし、いただきま~す。

 

 

ん?

私の他にも記念撮影をしている方々が居る。

女性2人組は一眼レフで撮影しているぞ!本格的だな~。

なんか妙なライバル心が沸き起こりますよ。w

私も一眼レフは持っていたのですが、もういいや。

食べよ。w

きしめんのような麺をたくしあげ、つけ汁につけて啜ります。

麺はツルツル感が良く、麺の幅広さをものともせず、喉越しがいい。

しかし・・・つけ汁、こんなに角のある味だったかな?

前回の画像と比べると、中の野菜類が少ないね。

まろやかで野菜の甘味も出ているつけ汁だと思ったが、

今回はとげとげしいというか、やはり角があるというか。

勿論、不味くは無いけど少々残念。

それと、天ぷらがあるのとないのではつけ汁の味も変わってくるよな~。

そんな訳で、残念ながら前回と同じ感動は味わえなかった。

 

 

因みに小作さんにはいろいろ支店があるようですが、おざらを取り扱っていない

お店もあるので食べたい方は注意してください。

 

ここで一句

    揚げ物は

       味を良くする

             調味料

Photo_5

2012年8月 4日 (土)

北杜市 自然屋 キノコ天プラ定食(ミックス)

PhotoDsc_4998

Photo_2
Dsc_5000

Photo_3
Dsc_5001


Dsc_5002


Dsc_5003


Dsc_5005

Photo_4
Dsc_5006

Photo_5
Dsc_5008


Dsc_5009


Dsc_5011


Dsc_5012


Dsc_5014

また高速道路の料金、安くならないかな~?

ガソリン代はしょうがないにしても、高速料金が安くなれば遠出が楽になるのに。

そう言いながらもこのところ、遠出件数が増えている。

清里方面に向かうのが増えている。

あ、そうだ!清里に別荘買えばいいんだ。

そうすれば山梨、長野、それに新潟も食べ歩き圏内になるぞ!

・・・そんなカネ、どこにある?w

それにしても、仙人小屋と自然屋を知ってから私の人生の中で今が一番、

山梨に来ている回数が多い。

あ、吉田うどんの影響も勿論あるね。w

去年から今年にかけてから山梨グルメの充実度は凄い!www

雪が降るまで通うぞ!w

野辺山周辺を散策し、腹を落ち着かせたところで自然屋へ。

夏真っ盛りであるが、キノコが出始めたということで、お邪魔してみた。

店の前に手書きのメニューボードがあり、キノコがメインらしいが、

イワナとかニジマスとか魅力的なメニューもあるな~。

毎度のことながら肉類なら仙人小屋、魚、山菜類なら自然屋だと思っている。

特に揚げ物類は是非、自然屋でどうぞ。

本当なら竹の子の時期に訪れたかったのだが、残念。

焼き竹の子や天ぷらの味、忘れられませ~ん。

しかし、天然のキノコの味も忘れられません。

秋の本格シーズンまで、食べまくってやる!w

「ひとりですけどいいですか?」

店内に入ると先客は御夫婦2名、すると店主はもう、すべて分かったようにどうぞと。w

キノコの天ぷら定食1800円を注文するも、店主から「ミックスどうですか?」と。

つまり、キノコだけではなく時期の野菜や魚の稚魚を盛り合わせた物を勧められた。

当然、お願いします!とそちらを注文。

先客が店をあとにすると、店主と会話をする時間が出来た。

そのつど「デーさん」といわれるのだが、嬉しい様な、恥ずかしい様な、照れくさい様な。w

私は食べ歩きをしていて、このようにブログなどで批評をする限り、

自分の正体は明かすべきではない、と思っている。

自分の気持ちに嘘をつきたくないし、自分の感じたままを書きたいのでそうしている。

そのため、記事の削除依頼が来たこともある。

実際にその記事は削除した。

カネを払う限り、それに見合う満足感が欲しい。

ならば満足感が得られない、と思われる店には行かなければいいのだ。

だが、払った対価以上の満足を与えてくれる店には足繁く通いたい。

足繁く通った結果、正体がバレたか?www

一番最初にバレるのはみや古食堂だと思っていた。www

話が脱線した。

メインの天ぷらの前にご飯とキノコ汁、前菜?小鉢?小付け?5点セットが来た。

茄子の含め煮、美味い!

そして天ぷら登場。

大き目のキノコをスライスして揚げた物をメインに、季節の野菜と新子(稚魚)が付く。

当然、最初にキノコを・・・天ツユと塩と選べるが、まずは天ツユをチョイス。

・・・なんて名前か知らないが美味い!!!!!!!!!

本当に、天然キノコの天ぷらほど美味いものは無い!!!!!!!

しかもキノコといえば秋!だが夏でも美味しい。

秋ほどの攻撃的なコクや旨味はさすがに無いが、病み付きになりそうな味わいはある。

そして、地元の農家から仕入れるという、季節の野菜、稚魚の天ぷら、

美味しいな~、来て良かったな~、満足!!!!!!

すべてを食べ終える頃、おまけでお刺身いただきました。

今、夏ですよね?それなのに旨味の濃さ、濃厚感、素材の存在感、

魚は冬だから美味い!訳ではないようです。

これで、丼物やったらいいのでは?

いつもながらサプライズと感動を与えてくれます。

天然素材の持つ美味さ、命をいただく感動、

私のブログの固定ファンがどれだけいるか分かりませんが、

デー家物語をご贔屓されているならば、是非、仙人小屋、自然屋の2店に行って下さい。

素材の意義、感じてください。

今回も感動をありがとうございます。

ここで一句

  実名を

    教えぬ罪を

         許してね

Photo_6

2012年8月 3日 (金)

北杜市 仙人小屋 くま焼肉定食

Photo_3Dsc_4937

Dsc_4940

Photo_5
Dsc_4942


Dsc_4943


Dsc_4944


Dsc_4945


Dsc_4946


Dsc_4947


Dsc_4949


Dsc_4950


Dsc_4951


Dsc_4954

Photo_7
Dsc_4956


Dsc_4958


Dsc_4959

私の人生初の熊肉体験は北海道羅臼町にある「熊の穴」という店だった。

昨年、店主が亡くなり廃業したらしいが、私が訪れたのは・・・15年以上前。w

若かりし頃、カネも無いに本当にあっちこっち行って、食べた。w

その熊の穴は知床半島の道道か国道か分からないが87号線の終点、

行き止まり地点にあった。

つまり、そこから先は世界遺産の世界なのだ。

勿論、当時は世界遺産では無かったが。

そんな秘境にある食堂で、熊肉チャーシューメンを提供していると言うので行った。

熊ラーメンを注文したのだが、他にもトドとか鹿とかあったけど、旅費の関係もあり、

熊ラーメンしか注文しなかったな~。

その熊ラーメンだけど、800円かな?900円かな?それで熊肉のチャーシューが

1枚ペロンと入っているだけだった。w

その1枚も直径5cm位の丸くて薄い物。

この1枚のチャーシューで熊の味を感じろと?当時は笑えたね。

るるぶか何かの旅雑誌で外見は分かっていたが、その通りだったよ。w

私の当時の印象はラーメンはありふれた味で、チャーシューは獣っぽいな~と思った。

お土産にトドとか鹿の缶詰を買って帰りましたよ。w

あれから15年以上の月日が流れ、熊肉を提供する店を発見しました。

それが仙人小屋です。

でも、なかなかメニューボードにのる機会がなかったのですが、

ついにメニューボードに熊肉のメニューがのりました。

当初はキノコの天ぷらでも食べようかと思っていたが、予定変更。

熊焼肉定食3500円を注文しました。

日曜日に伺ったので行列が心配であったが、到着してみるとそんなことはなく、

すんなりと注文でき、すんなりと提供されました。

まずは目の前にカセットコンロと鉄板プレートが登場。

ええ??提供スタイルを見てビックリ!自分で焼くの???w

焼いたものが出てくる焼肉定食スタイルを想像していたが、プレートで焼くタイプ。

さすがだね、3500円払っているから素材の原価の影響か?と思ったが、

ちゃんと提供方法も演出してくれるね。w

次にメインの生の熊肉と野菜、定食セットの登場。

う~~~ん!!!!ワンダホ~~!ビューテホ~!

何とも彩り鮮やかな盛り付けです。

何よりも熊肉の鮮やかさ、どんな肉にも似ていない、これが熊肉か?!

私は手と手のしわを合わせて、「しあわせ、なむ~~」と心の中で言い、肉を焼いた。

      

       

そういえば、この肉はどこの部位に当たるのだろう?

見た目はバラとモモのようだが。。。不明。

野菜も一緒に焼き始めるが、味付けは塩と胡椒のみ。

素材の味を味わうために他に調味料、タレ等は無い。

焼き始めると、今まで嗅いだことの無い香ばしい香りが漂う。

そして、ついに熊焼肉を食べる!

いただきま~す!

口の中に入れると、今まで感じたことの無い獣臭が漂う。

しかし、この獣臭は嫌味ではない、素材が本来持つ臭いである。

肉は硬い、噛み締めて、咀嚼して味わうものだ。

う~~~む!!!臭くて硬くて美味い!

そして、命をいただくという事を教えてくれる素材のパワー感。

鹿肉や猪肉よりも食べた意義を感じる存在感。

そして肉の合間に食べる野菜類の美味いこと!

定食なので、キノコ汁の付いたご飯には塩漬けの桜がのっている。

肉の放つパワーに負けぬようにご飯まで一工夫されている。

焼いて食べ進むうちに、七味醤油で肉を食べてみた。

恐らく、熊肉には焼いて食べる限り、塩以外会わないのかもしれない。

どんなタレも味噌も醤油も熊肉を生かせないのかもしれない。

     

       

すべてを食べ終えた時、私は少々放心状態になった。

私の中に刻み込まれた熊肉の味、これは受け入れる者の心次第だが、

肉を喰らうとはこういうことか?という人類の起源まで遡るインパクトを教えてくれた。

相手は場合によっては人間を食うのだ!

人間が食うか?熊が食うか?

この事は、食料を食わずに捨てる現代社会に間違いなく異議を唱えている、と思う。

   

ここで一句

    食べないで

         捨てる社会は

              間違いだ

1

2012年8月 2日 (木)

野辺山高原周辺、清泉寮パン&ジャム工房~十八景

Dsc_4973

Dsc_4978

Dsc_4979

Dsc_4980

Dsc_4983

Dsc_4986

Dsc_4989

Dsc_4990

Dsc_4991

Dsc_4995

Dsc_4996

Dsc_4961

Dsc_4963

Dsc_4967

Dscn4828

Dscn4829

Dscn4834

Dscn4838

ここで一句

    SLに

       乗ってみたいな

              オヤジでも

Photo_2

2012年8月 1日 (水)

足柄下郡湯河原町 らぁ麺屋 飯田商店 秘伝豆乳と山葵の冷やし中華風

Photo_13357

Photo_14345

Photo_15348

350

Photo_16351

353

354

355

356

私はマッサージは極力男性にお願いしている。

女性だとどうにも物足りなくて・・・

しかし、たまに女性でも上手な方がいる。

上手な方はやはり、ツボを物の見事に捉えている。

非力でもツボに入れば気持ちがいい、コリがほぐれる。

力任せにグイグイ揉まれるとどうしても揉み返しが来る。

その揉み返しを覚悟しても、通常は男性にお願いしている。

多少ツボがずれても、やってもらった感があるのでね。

だが、本当に上手な方は男女問わず、少ないね。w

食べ歩きもそうなんだが、なかなかツボに嵌る店は少ないね。

俺のツボを捉えた店、それを3軒連続御紹介しましょう。

 

 

醤太の時から何回目でしょうか?

そろそろ10回位訪問しているのではないでしょうか?

10回を超えているかもしれません。

私にしてみればここ数年の間では一番、御贔屓のラーメン店ですね。

とにかく美味い!それに尽きます。

何よりも並ばなくてもいい!のが魅力です。

美味しいラーメンが並ばなくて食べられる、これは大いに魅力です。

9時、10時、と坦々焼きそばを食べ、本日の〆?として11時に飯田商店に来ました。

3軒ハシゴ?と思われるかもしれませんが、最初の2軒の盛りが軽かったので、

十分、対応可能です。w

ラーメンマニア向けに言えば、べんてんと大勝軒をハシゴしたこともあります。

さすがに苦しかったですが・・・w

 

 

ん?店前に行列が・・・さすがに名前が知れ渡り、行列店になっていたか?

この店に来て初めて行列待ちだよ。w

あ~~~でも今日は暑いな~~~、丁度日陰で良かった。

あ~~~でも汗がじわじわと出てくる~~、それにしても待つな~。w

なんだかんだで30分近く待ったかな?

注文したのは限定の秘伝豆乳と山葵の冷やし中華風950円。

大盛りは不可です。

つけ麺にしようかと思ったが、この店の限定麺はいろいろと魅力的なんですよ。

注文したそれですが、いろいろと蘊蓄が書いてあります。

内容は画像をご覧ください。w

さて、待ちに待った限定麺の登場。

豆乳を使用と言う事で、白色のタレが特徴的です。

トマトや三つ葉をあしらった盛り付けはいつもの事ながら見事!

記念撮影をし、いただきま~~す!

・・・ところで、他の客も負けずに撮影しているね。w

 

 

まずは麺をひと啜り・・・う~~む!爽やか~~~!!!Refreshing breeze!

第一印象は酢橘が思いっきり効いた酸味が口の中を駆け抜けるのだが、

それが何とも清々しく、爽やかなもの。

当然、柑橘系や酸味が苦手な方にはお勧めしません。

それ位極端に効いています。

全体的な味の印象ですが、酢橘の酸味の中に豆乳のやんわりとした甘味があります。

甘味の中に山葵のツン!とした辛味、があるのですが、個人的にはそんなにツンツンした

辛さはなかったです。

山葵は相当効かせているようですが、その山葵の辛さを豆乳、枝豆ペーストが

押さえている、と言ってもいいかもしれません。

麺は細麺ストレートでしょうか?喉越しがいいです。

恐らくつけ麺の麺と同じだと思いますが、タレの味がかなり強調されているので、

麺自体の味わいはそれほど感じられませんでした。

それにしても見事な味の構築です。

酸味が消えてくると、使用素材の持つ本来の味の甘さが広がり、旨味を感じます。

具には小さい海老天が添えられ、これがいい具合にコクを演出します。

この海老天、当然のように揚げ立て!拘っています。w

トビウオの卵であるとびっこも彩りだけではなく、この小さい魚卵を噛みつぶす事により、

甘味が出現します。

その他にも鶏チャーシューも全体の味を壊さない様に淡白に仕上げられています。

それにしても美味い!

インパクトな印象のある坦々焼きそばが清涼感に吹き飛ばされたわ!w

最後は器を口元まで運び、タレまで全部飲み干しました。

まさしくREFRESHING BREEZE!!!

大満足の一杯でした。

 

ここで一句

    駆け抜ける

        酢橘の酸味

             涼を呼ぶ

Photo

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »