フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん

Photo_4279

Photo_5280

Photo_6281

Photo_7283

_01285

結局、結局ここに来たか。

本当に吉田うどんの訪問回数が増えました。

今まで訪れた店、何処も美味い。

美味いからまた行きたくなる。

そんな中で渡辺うどんの肉玉うどんは・・・美味い!

つけうどんも美味かったが、これからの時期は温かいうどんですよ。

ここのお出汁は本当にしっかりとお出汁が出ていて美味しいんです。

パンチがあるというか、旨味感が強いのです。

そしてうどんも剛直で太く、美味い!

ワイルドな吉田うどんというか、吉田うどんのフルボディータイプですね。

 

フルボディー。

 

この前、浜松餃子福みつで使用した表現ですね。

何でもいいからフルボディーなんですよ。

うどんソムリエが存在するかどうか知りませんが、いらっしゃれば同じ表現をするのでは?

昔、讃岐うどんを食べ歩きをした時、やっぱり味が違うんですね、当たり前ですけど。

しかし、見た目の区別はなかなか差別化は難しいですよね、うどんは。

ならばせめて食べた感想を差別化すればいいな、と思ったんですよ。

そんな時、フルボディーっていい表現だな~と思ったんですよ。

 

 

つまり、食べ歩きブログを書いていて、自分も何か決まり文句というか、殺し文句というか、

決め台詞というか、ステータスというか、デー家だろう!みたいな物が欲しい。

そこで、フルボディーはいいんじゃないかしら?と思った訳よ。

頭の悪い私が考えに考え抜いてこれだからたかが知れているが。w

それよりも、美味い!を表現する方法をどうしよう?

私は☆3つです!みたいなことはしてないので、凄く美味い時どうしよう?

やはり、今まで通りでいいか。

 

 

 

私はうどんを引きずりあげると取りあえず啜り込む。

しかし、そのままでは喉を通らないので咀嚼する。

小麦粉の旨味が口に広がった時、お出汁を少し口に含む。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

美味いぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!

次に女将お勧めのすりだねと揚げ玉少々を投入。

饂飩を口に押し込む。

ぬああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

ダシの旨味に奥行きが出た!

美味い!!!!!!!!!!!!!

これこそ吉田うどんのフルボディータイプ、typeFだ!!!!!!!!!!!

そして、なかなか黄身が崩れない卵をうどんに絡める。

うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!

和風カルボナーラまで行かないが、まろやかで美味いぞ!!!!!!!!!!!

キャベツはシャキシャキ、馬肉もいい塩梅。

刻んだ油揚げも良いわき役や!

お出汁も全部飲み干し大満足!

ああああああああああああああああ!!!!!!

美味い吉田うどん、食ったどおおおおおおお!!!!!!!!!!

だ~~~~い満足!!!の肉玉うどん大盛り650円でした。

 

原点に戻り、こんな表現はどうでしょうか?

 

ここで一句

    パンチなら

        腹にするのが

               当たり前

Photo_8

2012年9月29日 (土)

南都留郡 山中湖 花の都公園~向日葵満開

Photo_2Dsc_5639

Dsc_5634

Dsc_5579

Dsc_5581

Dsc_5583

Dsc_5585

Dsc_5591

Dsc_5595

Dsc_5596

Dsc_5599

Dsc_5601

Dsc_5608

Dsc_5610

Dsc_5614

Dsc_5617

Dsc_5624

Dsc_5626

Dsc_5629

吉田うどんを食べに行ったらひまわりが満開でした。

相変わらず天気に恵まれない私ですが、頑張って撮影してきました。w

 

ここで一句

    青い空

       いつも曇りで

             花曇る?

Photo_3

2012年9月28日 (金)

幕張メッセ 2012年 東京ゲームショウ コンパニオン画像

Photo_8Dsc_5402

Dsc_5409

Dsc_5416

Dsc_5428

Dsc_5431

Dsc_5438

Dsc_5444

Dsc_5445

Dsc_5449

Dsc_5452

Dsc_5462

Dsc_5463

Dsc_5467

Dsc_5469

Dsc_5473

Dsc_5477

Dsc_5480

Dsc_5483

Dsc_5484

Dsc_5487

Dsc_5490

Dsc_5495

Dsc_5500

Dsc_5504

Dsc_5546

Dsc_5554

久々の「人の美」。

そして、決心しました。

来年の東京モーターショーでコンパニオン撮影は卒業します。

 

ここで一句

     お姉ちゃん

         ニッコリ笑い

              癒される?

Photo

2012年9月27日 (木)

海老名市 ローゼンハイム コウザグリル (KOZA GRILL)海老名SA店(上り) ホットドッグ(プレーン)

Dscn5535

Photo_2
Dscn5537

Photo_3
Dscn5539

Photo_4
Dscn5540

Photo_5
Dscn5542

Photo_6
Dscn5545

テレビで見ると行きたくなるわな。

その気持ち、よ~~く分かる。

実際、テレビを見てから出掛けた事が数え切れないほどある。

勿論、当り外れがある。

外れの時はやはり、テレビ局に文句を言いたくなる。

しかし、今まで一度もそれをした事は無いが。

だが、今私はブログと言う自分の気持ち、感情、感想を書き綴れる場所があり、

それを不特定多数の方々が閲覧している。

勿論、誹謗中傷はイケない事。

だけど、テレビで見た事と実際に自分が見た事に相違があれば、それに対して

文句や苦情を書いても許されることでしょう?

今のところ、我がブログ内ではそういう苦情などは書いていないようだ。

どちらにしても、自分の発言を書く場所がある、ということは恵まれている反面、

自分の意見、書いた事に関して責任が生じることは重々承知している。

 

 

もしもツアーズのお笑いタレントが不味いという訳も無いが、敢えて食べてみますか?

隣のタコ焼きや焼きそばも食べたかったが、ローゼンハイム コウザグリルの

ホットドッグをザボンの後に食べてみた。

何故ここにしたか?というと、注文を受けてから作っていたから。

なんかすごく当たり前のようだが、SA、PAでは軽食系は作り置きが当たり前。

まして、ホットドッグ。

ほい、ほい、ほいと手渡されるのか?と思いきや、ツーオーダー。

中に入れるソーセージはいろいろ選べるらしいので、スモークを注文すると、

「スモークですか???」と言葉尻に反論を感じた。

どうやらプレーンがお勧めらしいので、プレーンを注文した。

価格は370円。

正確な商品名は「KOZAドッグ」。

勿論、ホットドッグと言って注文しても通じます。w

 

 

しばし待たされたが、5分はかからなかったな。

缶コーヒーを買って、テーブルに座り早速食べた。

ソーセージのボリュームはなかなかですね。

フランクフルトよりも大きいと思います。

添付のケチャップと粒マスタードをなすりつけ、いただきま~す!

ガブリと噛みつくとブツン!という食感が伝わる。

すると、口の中に香草の香りが肉汁とともに広がる。

ん?なんかカレー味みたいだな?

カレーじゃないけど、カレーみたいな感じ。

香草がカレーみたいな香りを醸し出す。w

香草に関する知識が乏しい私にはこの香りをカレーみたい、と表現したが、

断じてカレーではない事は確かです。w

バンズも香ばしく焼かれ、このところパン屋巡りをしている私ですが、

なかなか宜しいのではないでしょうか?

どちらにしてもソーセージのクオリティーはSA、PAでもトップクラスではないでしょうか?

あとは値段との兼ね合いですが、ホットドッグの名所は東京ドーム周辺、

だと思っている私にとって、安くも無く、高くも無くと言った印象です。

観光地だと500円クラスの価格帯、いくらでもあります。

ホットドッグで370円は高い!と思う方はソーセージ単体での購入も可能なので、

フランクフルトのように食べることも良いかと思います。

それでも高い!と思う方は隣で焼きそばでも買ってください。w

 

ここで一句

     熱い犬

        ハンバーガーより

                何故高い?

Photo_7

2012年9月26日 (水)

海老名市 ザボン 海老名SA上り店 とんこつ味噌ラーメン

PhotoDscn5520

Photo_2
Dscn5522

Photo_3
Dscn5523

Photo_4
Dscn5524

Dscn5526

Dscn5527

Dscn5521

2005年頃から私を知っている方々は「ゲームショウは?」と思っているだろう。

今年も行きましたよ。

疲れましたよ。

パチンコはやるけど、ゲームなんか一切やらない私がゲームショウですよ。

何のためにゲームショウに行くのか?

コンパニオン撮影するためですよ。

食べ歩きは遥か昔からやってはいるが、紹介しているのはここ2~3年のもの。

コンパニオン撮影の方がネットの私では先で長いのだ!

そして、オートサロン以来久しぶりの「人の美」。

画像編集していて、胸がときめかなくなったらコンパニオン撮影引退だな。

ま、その前に栄養補給しないとね。

 

 

 

幕張に到着したら水分以外は口にしない。

そうしないと帰路、物凄い睡魔に襲われる。

従って朝飯が重要になる。

そんな朝飯の場所に選んだのは海老名SA。

何処に寄ろうか悩んだ末にザボン。

だいざんではなく、ザボン。

時刻は8時を過ぎていたので、早朝モドキシリーズ?だね。

限定メニューの匠味噌ラーメンが美味そうだったので、それにした。

「味噌ラーメンください」

「味噌ですね、大盛りにしますか?」

「はい」

注文し終えて何かが間違っていることに気が付いた。

匠と言わないと普通の味噌ラーメンになってしまう。

そして、店員の方から大盛りを勧誘してきた。w

とんこつ味噌ラーメン大盛り930円を注文してしまった。w

ブザーを手渡され、しばらくぼけ~~~~っと待つ。

するとブザーが鳴動し、カウンターへ。

銀色のアルミ製のようなどんぶり。

930円か、まあまあの外見だね。

七味をかけていただきま~~す。

 

 

 

麺は細麺ストレート、茹で加減次第だが、割とコシがあり歯応えもある。

スープは背脂が浮かんでいるが、ライトな印象。

ほぼ朝ラーだが、抵抗感なくいただける味。

大盛りにした麺だが、ボリューム的には満足かな?

SAやPAのラーメンは大盛り不可の店が圧倒的に多いが、

大盛りが出来る!ということではプラス要因ではないでしょうか?

このところ、SA、PAで「氏んでる麺」を食べる事が多かったが、

さすがに海老名では「氏んでいなかった」。

そう意味では隣のたいざんも食べてみたかったが、前回の印象が良くなかったからな~。

具としては野菜が少々とチャーシューが少々。

トッピングも自由に選べるが、そうすると、あっという間に千円オーバー。

結構、高い食べ物になってしまいます。

今回の私のように言葉足らずで違う物を食べる反面、あれやこれやで言い足すと

千五百円前後の物になってしまいますね。

券売機で買う物ではないので、じっくりと考えましょう。

普通に美味しい味噌ラーメンでした。

 

ここで一句

    匠味噌

       言い辛いから

             味噌にした?

Photo

2012年9月25日 (火)

小田原市 北海道らーめん小林屋 小田原インター店  つけ麺

Photo_11Dscn5507

Photo_12
Dscn5508

Photo_13
Dscn5509


Dscn5510


Dscn5511


Dscn5512


Dscn5513

最近、好きなタイプがいない。

例える芸能人、女子アナ、モデルがいない。

先日、バレーの大友愛がいいかな~と書いたが、すぐ飽きた。w

これは非常に困った事だと思う。

それとも、まだ出会っていないのかもしれない。

町コンにでも参加してみるか?

でも、合コンとかコンがつくとどうにも下世話な感じを持つ私。

食わず嫌いはダメだ!参加してから文句を言え!

そうだ!参加してみればいいのだ!撃沈して再起不能にならなければ!www

あ、日テレの朝の情報番組おは4(よん)に出ている青木愛がいいな。

なんか愛という名の女性がいいのかな?

そうか、俺は愛を欲しているのだ。

俺に愛を!愛をくれ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

小林屋が500円政策を実施してから訪問頻度は増えたよな?

500円と言うお値打ち価格なのに、どんぶりのなかに広がる世界は愛に溢れている。

今回注文したのはまたもやつけ麺。

画像は大盛りなので600円だが、小林屋自慢の大ぶりなチャーシューが入り、

メンマ、半熟玉子半分が入っている。

麺も大盛りのボリュームは納得。

そして味は全粒粉使用と思われる麺は噛み応えのある中太麺。

捩れ縮れ、スープを纏い、胃の中に落ちて行く。

そしてスープは脂のギタギタした印象はあるものの、その味わいは魚粉の香りが

口に広がり、やや甘めのながら濃厚さだけではない物を感じさせてくれる。

卓上にニンニクや豆板醤などがあるが、基本的にそのままが一番美味いでしょう?

500円の愛に感謝。

 

ここで一句

   安いほど

       愛を感じる

            食文化

2012年9月24日 (月)

セブンイレブン ソース沢山海老トマトクリームパスタ

Photo_8Dscn5481

Photo_9
Dscn5482

Photo_10
Dscn5483

Dscn5485

食わず嫌いは卑怯と考える。

食って嫌いならやむをえぬと考える。

一番卑怯なのが「見た目」で食べない食わず嫌いである。

身内の恥だが、我が妹も昔は偏食の塊であった。

しかし、両親が病を患い、両親と一緒に生活しているうちに、偏食が無くなり

何でも食べるようになった。

だがある日、その妹が天丼を食べることになった時、飯を残すだけならまだしも、

天ぷらの衣をはがし、中だけ食べるということをした。

両親がたしなめると妹曰、「太るから」。

 

 

バッカじゃねえぇ~~~の?!

我が妹ながらダイエットって、そういうことかよ!と突っ込みたくなった。

兄貴はいかに残さず食べるか?その中でいかにダイエットするか?に尽力しているのに。

そんな食生活を送る中で、偏見だがコンビニ弁当は食べない事にしている。

栄養のバランスが悪そう、と言う事と美味しくない、それだけである。

サンドイッチはたまに食べるが、弁当、特にご飯ものは食べない。

食べて嫌いではなく、なんとなく食べたくない。

そんな中で「コンビニのパスタもここまで来た!」とポップが出ていたので、

何処まで来たのか確かめてやろう!と思い、買った。

丁度、おやつの時間に休憩時間が重なったので、食べてみた。

 

 

最初の一口目だが、なかなか香りがよくまるでファミレスのパスタ並である。

次にソースを絡め、パスタを口に運ぶ。

うん!濃厚なソース!そして、アルデンテみたいなパスタ。

しかし、2口目、3口目と食べ進むうちに味が単調であることと、

パスタの味と歯応えがなんか違うよな、という気持ちにさせる。

パスタソースにナチュラル感がなく、味を探す楽しみが無い。

パスタ自体もアルデンテではなく全体的にカタメなパスタ。

スパ王とかと比べれば断然、いいのでしょうが、やはりこれだけでご飯となるとツライ。

朝、昼、夕のそれぞれの間に食べるのがいいのでしょうね。

私のように変なウンチク語るより、カップ麺のように気軽に食べれば異論は無し。

肩肘張らず、小腹が空いたら食べましょう。

 

ここで一句

     アルデンテ

         歯応えよりも

               口応え

Photo_15

2012年9月23日 (日)

伊東市 ふしみ食堂 三色丼

Photo_3Dscn5506

Photo_4
Dscn5486

Photo_5


Dscn5488

Photo_6
Dscn5495

Dscn5497

Dscn5499

Dscn5501

Photo_7
Dscn5502

やはり、民主党政権最初の総理が鳩山さんだったことが間違いだった。

何故ならその前の自民党から「お坊ちゃん総理シリーズ」だったからだ。

小泉さん以降、お坊ちゃん育ちばかりが総理になり、総理という激務にみんな音をあげ、

1年ごとのタスキリレーになった。

今更ながら民主党政権最初の総理が小沢さんだったら・・・もっと早く分裂していたかも?

どちらにしても選挙の時の甘言に国民が振り回されることは少なくなるだろう。

だからと言って「さらなる増税宣言」などいう候補者に誰が票を入れるものか?

餡と鞭、やはりこれが大事だろうね?

それと共に実感するのは真の意味での指導者の欠落。

リーダーシップとは何だろうね?

国民としては夜警国家を実現してくれることかな?

 

 

国民の一人として、私にできる事と言えば安心して朝飯を食べられる場所を、

御紹介することぐらい。

朝飯といえば、先日ドタキャンくらったふしみ食堂に再訪問してみた。

到着したのは7時半前だったが、やってましたね。

店内に客のいる様子も無く、「おはようございます!」といって入った。

お勧めボードを見ると、前回と同じく三色丼がお勧めになっていた。

焼きサバも食べてみたいが、サバの旬はもう少し先だね。

ブリカマ塩焼き定食1700円か・・・内容が違うから三色丼でいいか?

マグロ以外は違うので前回同様、三色丼1300円を注文した。

待っている間はテレビを見ながら過ごす。

やがて、三色丼登場!小鉢が多く、お得感のある外見。

ワサビを醤油で溶かし、回しかけいただきま~~す!

 

 

釜揚げシラス美味い!マグロも美味い!いなだも美味い!

なんか朝から嬉しくなっちゃうね。

刺身の鮮度や味が重要なのは間違いないけど、素朴な美味さがあるね。

素材の味プラス、店主のおっかさんの味だね。

私にはしては珍しく、ガツガツといただきましたよ。

味噌汁も少々味濃い目に感じたけど、なんかいいんだよな。

冷や奴、南瓜の煮付け、鮪の角煮、漬物、デザートのわらびもち。

美味しい海鮮の合間に、海の方をみるとキラキラ光っているよ。

今回二度目の訪問だが、店存在は昔から知ってはいた。

何しろ場所が片側二車線の国道の通り沿いにある。

「あの店に寄るぞ!」という気が無ければ通り過ぎますわな。w

特に下田方面から右折して入ろう、などと考えるなら十分注意して欲しい。

夏が終わった今、落ち着いて食べる事が出来ました。

 

ここで一句

    本マグロ

        今朝は無いから

              メジマグロ

Photo_14

2012年9月22日 (土)

浜松市 幸楽 ロースかつ定食(竹)

Photo_21Dscn5470

Photo_22
Dscn5454

Photo
Dscn5462

Photo_24
Dscn5456

Dscn5460

Dscn5461

Photo_19
Dscn5464

Dscn5467

Photo_18
Dscn5466

Dscn5468

Photo_20
Dscn5469

私、パチンコをやるのですが、パチンコは良く当たる台が好きな台であって、

当らなければダメな台、クソ台なんですよ。w

でも、演出が素晴らしくて好きになる場合も多々あるわけなんです。

そのひとつがブログやHPのデザインモチーフになっているCR平家物語です。

しかし、その台も10年前の話になってしまいました。

最近、負けてもいいから打ちたい!と思う台はというと・・・CRベルサイユのばらです。

演出がスピーディーになって間の悪さを感じなくなりましたが、設置している店が少ない。

見つければ打つ!みたいな感じですね。

ただ、見つけてもオヤジが打つには少々恥ずかしさを感じます。

やはり、パチンコを打っていて「愛している!」とか男女の愛を表現したのは

オヤジは打ち辛いですね。

どちらにしても深追いをしないように注意して打っています。w

 

 

さて、浜松まで来たわけですが浜松と言うとウナギ!と思う方が多いと思いますが、

浜松は餃子、スッポン、フグと思った方がいいかもしれません。

スッポンの養殖はかなり知れ渡っているようですし、天然トラフグは遠州灘で

沢山捕れるようです。

ウナギは小田原の友栄より美味いウナギが浜松にありますかね?

三島の有名どころよりも友栄の方が断然、美味しかったですよ。

だから浜松ではウナギでは無い物を食べましょう。

ウナギに負けず劣らず食べ応えのあるもの、それはトンカツです。

一時は食べログのトンカツ部門で全国1位のお店が浜松にあるのです。

全国1位の座は譲渡しましたが、それでも静岡ではダントツの1位です。

前回、初訪問でしたが待ち時間の長さに心が折れそうになった幸楽に行きました。

むつぎくに再訪問しようと思いましたが、肉にしました。w

ある程度の行列は覚悟していました。

だが、待ち時間は餃子の消化時間だと思い、行ってみました。

ん?本日休業?行列無い。

ん?暖簾出ている、営業中。

店内に入ると先客3人。

ほとんど奇跡に近いですね、すんなりと入店出来ました。

メニューが前回と比べてシンプルになっていました。

ヒレを注文しようか考えましたが、やはりロース!

ロースカツ定食の松・・・いや、竹にしよう。

前回は1900円であったが、2800円、900円の値上げですか?

ウナギも稚魚の不漁により、値上げしたが、この店の豚肉も生産農家が少なく、

希少ゆえの値上げらしい。

仕方が無いですね。

お客が少ないおかげかじっくりと調理され、トンカツ登場。

記念撮影をし、お手手のしわとしわを合わせ、いただきま~す。

 

 

前回同様、卓上の塩をガリガリと挽きカツをいただきます。

う~~~む!美味い!!!

隣の客と店主が「この豚肉はウナギの稚魚よりも希少だ」などと語りあっていますが、

なるほどと思います。

肉の旨味が段違いです。

口に入れて噛みしめるとジュワ~っと旨味が広がります。

そして、旨味の9割以上を占めると思われる脂。

脂が美味い!!!

肉の香りもいいな~、通常の豚肉よりも良い匂いがする半面、

個性的な豚肉が嫌いな方にはちと、クドイかな?

私は目を瞑り、肉を何度も何度も噛みしめます。

美味い!美味い!!美味い!!!

ロース肉という、豚肉最大のエンターテイメントを味わい尽くします。

カツの添え物として定番の千切りキャベツ、ポテトサラダ、トマトが添えられます。

キャベツを食べる時にソースをかけました。

ポテトサラダは素朴な味わい。

味噌汁は赤出汁ですが、具のなめこは缶詰。

奥さん、缶詰からお椀に入れてましたから。w

前回は一切れだけソースで食べましたが、今回はすべて塩で食べました。

900円の値上げとなった訳ですが、どうせガソリン、高速代とかなりつぎ込んで

ここまで来ているので、高いけどしょうがない!という気持ちです。

店主も「地元の人なんかうちの店、知らないよ。来るのは他所の人ばかりw」と

苦笑いしていました。w

そんな訳で、観光で浜松まで来たら是非、トンカツをどうぞ。

 

ここで一句

    肉食えば

       カネが減るなり

              舘山寺?

Photo_2

2012年9月21日 (金)

浜松市 福みつ 餃子定食(大)

Dscn5451

Photo_12
Dscn5436

Photo_13
Dscn5437

Photo_14
Dscn5440
Photo_15
Dscn5443

Photo_16

Dscn5444

Dscn5446

Dscn5447

Dscn5449

また浜松に来ちゃいましたね。

一度垣根を超えると俺はイケイケだね。

イケイケと言う表現もなんだが、イクイクじゃなんか卑猥だし。W

ある晴れた日の土曜日、浜松に向かったのだ。

途中面倒くさいので藤枝あたりで朝ラーか海鮮でも、と思ったが来たね、浜松。

私のカーナビだと新東名降りてから全然道案内してくれないのだ。

浜松駅周辺なら新東名より、旧東名の浜松インターの方がいいかもね?

今回向かったのは福みつ。

むつ菊に行きたかったが諦めた。

11時ちょい過ぎに到着したが、すでに店内は7割以上の客で埋まっている。

空いている処にどうぞ、というので窓側の席に座る。

窓側は日当たりがいいのだが、醤油と酢、ラー油が日光浴しているね、大丈夫?

メニューは壁に貼ってある物を見る。

餃子の個数と定食、そして飲み物だけのメニュー。

まさしく、餃子で勝負の店ですね、大いに期待が出来ます。

その期待を込めて、注文したのは餃子定食の大1400円。

餃子が20個になるが、浜松餃子は20個ぐらい楽勝でしょう?

注文してから焼き上がりまで10分少々過ぎて定食登場!

おわあああああああああ!!!!!!!!!!!!見た目のインパクト大!!!

これ食うの?食い切れるかな?それぐらいボリュームのある外見ですよ。

何はともあれ記念撮影をし、いただきま~す!

 

 

そういえば、モヤシが無い。

浜松餃子特有の茹でたモヤシが無い。

個人的にブラボーなことですね。

箸休めのモヤシらしいですが、私の場合箸が止まるから。w

まずはそのままガブリと。

お!!!口から鼻腔にかけてニンニクの香りが広がります。

むつぎく、石松と食べてきましたが、ニンニクを最初に感じる味わいは初めてですね。

そして、野菜主体の餃子の餡ですが、なんというか、町の中華屋の味わいですね。

むつぎく、石松は女性にお勧めできるお洒落な味わいだとしたら、福みつの餃子は、

男が待っていた味!と言ってもいいかもしれません。

ニンニクが香り、野菜餡の中にしっかり肉の味が行き渡った味は

餃子のフルボディータイプと私は言いたい。

ただ、この場合のフルボディーは浜松餃子の中でのフルボディーであって、

沼津の中央亭や北口亭の味わいに比べればライトな味わいである。

 

 

この店の餃子のタレは醤油、酢、ラー油で好みの味にアレンジするタイプである。

私の基本は醤油と酢だけなのでまずはそれだけで味わう。

焼き目がパリッとした食感が楽しいね。

でもこの店の餃子は半焼き半揚げ餃子ですね。

焼き目が底辺だけではなく、餃子全体の4分の1から5分の1が揚げ餃子状態。

千葉のホワイト餃子のような焼き方だと思います。

次にタレにラー油を入れます。

私は油の部分ではなく、下に沈んだ材料を掬って入れました。

やや辛めのタレになりましたが、この餃子にピッタリだな!美味い!

ボリューム満点の見た目でしたが、美味いからどんどん胃に入ります。

それと、ビールが飲めないのが悔しいな~~。w

これ、ビールに合うでしょう!

餃子がビールに合うのは当たり前ですが、当たり前を通り越し、ビールが無いと

非常識に近い物がありますよ。w

ラー油を入れたことでご飯も進む!味噌汁はダシがしっかり出ていて美味い!

なんだかんだで完食!

いや~~~~~満足!!!!!

個人的にワイルド系な味わい、モヤシの無いところが好印象!

前にも書きましたが、宇都宮よりも浜松の方が餃子消費量が多いのは、

一度に沢山食べられるから!これしかないでしょう!?

餃子はニンニクの香りが不可欠!という方にお勧めです。

これで3軒目の浜松餃子ですが、4軒目、5軒目も当然、ありですね。

 

ここで一句

    静岡の

       端から端を

           走りぬく

Photo

2012年9月20日 (木)

静岡市 新東名高速 下り線 アンデルセン 新東名静岡サービスエリア店 塩マカダミア、フィグナッツ

Photo_7Dscn5425

Photo_8
Dscn5422

Photo_9
Dscn5424


Dscn5427


Dscn5428

Photo_10
Dscn5429


Dscn5433

Photo_11
Dscn5434


Dscn5435

新東名が出来てから、土日であろうが祝日だろうが渋滞に巻き込まれる事が無くなった。

今まで土日は間違っても西方面には行こう、など思わなかったが、

新東名完成後、渋滞の危惧が無いので安心して行けるようになった。

このところ、何の因果か土日の休みが多い私。

今回も土曜日休日でしたが、西方面に向かってみました。

新東名に入り、渋滞の無い高速をスイスイ飛ばすと静岡で休憩。

久々にデニッシュハートが食べたくなりました。

アンデルセンの前のに行くと数人が並んでいる。

今回購入したのはフィグナッツと塩マカダミア。

買ってそのままテーブル席に行き、撮影&実食。

初めて買ったフィグナッツだが、フィグとはイチジクのことらしい。

でも食べれば大体の方はわかるでしょう?イチジク食べた事があれば。

このフィグナッツ、押さえ目の甘さが美味い!

2個買ったけど、あっという間に食べてしまった。

塩マカダミアも相変わらずの美味さだが、フィグナッツ美味しかったです。

また寄ります。

 

ここで一句

     いちじくは

        何故かあちらを

               想い出す

Photo_25

2012年9月19日 (水)

田方郡 伊豆弁 おにぎり各種(うなぎ、葉唐辛子、昆布)、豚汁

PhotoDscn5421

Photo_2
Dscn5406

Photo_3
Dscn5397

Photo_4
Dscn5400

Photo_5
Dscn5401

Dscn5403


Dscn5410


Dscn5417

Photo_6
Dscn5412


Dscn5419

早朝シリーズ第22話。

 

この日も朝5時半に起きましたよ。w

普段5時半起床なので別に苦ではないですけどね。

でも、休日にわざわざ早起きして朝飯食いに行く俺ってなんなんだろうね?w

当然、ブログのネタの為の早起きだからね。

そんな早朝シリーズだが、俺の早朝早起きシリーズだね。

ほんと、以前も何処かに書いたが早起きのは三文の得、というが、

「ああ!得した!」と思ってみたいよ。w

 

 

目覚めスッキリで目指したのは前回好印象だった伊東市のふしみ食堂。

到着したのが7時過ぎだったが・・・開いてない。

7時から営業のはずがその気配がない。

・・・早朝シリーズ初めてのドタキャン?

私はず~っと食べ歩きのブログを書いていて、定休日や営業時間を書いた事が無い。

ブログを始める前にラーメン二郎関内店でよく、臨時休業のメールをもらったので、

営業時間や定休日はあてにならない!と思い書いていない。

御贔屓にしている仙人小屋でさえ、一番最初は臨時休業だった。w

おかげで自然屋に出会えたが。w

帯広の豚丼のぱんちょうも初訪問時は臨時休業だったのだ!w

 

 

・・・・あ、いけねぇ~、アツくなっちまった。w

ふしみ食堂がダメなら・・・私は亀石峠を越えて大仁側に抜けた。

そこから三島方面に走らせる。

目指す店は・・・開いていた!

私は駐車場に車を止めると店内へ。

店の名前は「伊豆弁」、おにぎりと豚汁を販売している。

この店の存在は随分昔から知ってはいたが、詳しい営業時間や定休日などが

良く分からないし、行ったが開いてないなどがあったため、10年以上素通りしてきた。

昔、友人と深夜ドライブで通った時営業していて、豚汁とおにぎりを食べた思い出が・・・

豚汁は間違いなく美味かったので、行ってみたが・・・開いてて良かった。(古い)

 

 

店内に入るとショーケースの中におにぎりが各種並ぶ。

私以外に先客が4人いたが、年配の方々。

注文したのは昆布130円、葉唐辛子130円、うなぎ160円、豚汁110円。

おにぎりはコンビニに比べて小さい。

コスパの悪さを感じるが、ここのメインは豚汁なんですよ。

昔は豚汁の寸胴からセルフで給仕していたが、今はおばちゃんがやってくれる。

テイクアウト、イートインとどちらでも可能だが、勿論イートインで食べる。

どんどん撮影し、いただきま~す!

昆布、葉唐辛子ともに至って普通、でもコンビニおにぎりよりも、食感はいいかも。

味も手作り感満載でどこか懐かしい感じもする。

この店がコンビニのおにぎりに負けず、昔から営業していられるのは、

この手作り感だろうな~、でもこの形、どう考えてもおにぎりの型に入れて作っているね。

美味しいから気にしない気にしない。w

うなぎは昔と変わらず、うなぎのタレとうなぎと思われる小さいものが混ぜられている。

 

 

そして豚汁!

豚汁には二つの味があるんですよ。

出来たてと時間が経った物。

当たり前のような話ですが、出来たては当然ながら味噌の香りも際立ち、美味しい。

でも、時間が経過した物は詰まって味が濃くなるが、具材に味が浸みて美味い。

個人的には出来たてが食べたかったが、今回は経過した物。

でも、久々の豚汁は美味かったな~、お替りしちゃいましたよ。

ネギは自分でトッピング出来るので、好きな方はたっぷりどうぞ。

総額640円ですが、満足です。

朝ご飯としてはおにぎり2個と豚汁1杯でもいいかもしれませんね。

「ごちそうさま~」と言って店をあとにしましたが、店の奥に引っ込んだおばちゃんたち、

無反応でしたが、詳しい営業時間などが聴けませんでしたね、残念。www

 

ここで一句

     おにぎりは

        握らず型に

             押し込める?

Photo_17

2012年9月18日 (火)

鴨川市 江ざわ 冷し坦々麺

Photo_2

Dscn5371

Photo_11

Dscn5374

Photo_12

Dscn5375

Photo_13

Dscn5380

Photo_14

Dscn5383

Photo_15

Dscn5385

Photo_16

Dscn5388

Photo_17

Dscn5389

Photo_18

Dscn5387

私のブログのテーマは「食の美 人の美 旅の美」である。

つまり、美しさを表現できたらいいな、と思い撮影している。

コンパニオンのお姉さんはエロにならない様に撮影しているつもりだし、

旅行先ではとにかく美しい撮影ポイントはどこじゃ?と言う具合である。

そして料理については食べる前までを撮影し、食べている最中、

食後は撮影しないことにしている。

料理は完成し、口に入れるまでが眼で楽しむ美だと思っているので、

その美を求め日々精進ですね。

今回、再訪問した江ざわですが、前回はテーブルで今回は座敷。

この座敷が少々暗くて、じつにカメラ泣かせ。

絶対にフラッシュは光らせないことにしているので、シャッターの開放時間が長くなり、

手ぶれに悩まされた画像になりました。

まあ、シャッターの開放時間が少々長くても、達人の皆さんはぶれさせずに

撮影するのでしょうが、私は己の未熟さ、修行不足を再認識する画像になりました。

そんな訳で次回は一眼レフカメラで撮影しますよ。

この日も持ってきたのですが、車の中に置いてきました。

美味しい料理を綺麗に撮影出来ないのは屈辱だよな~。

 

 

 

梅乃家でかなり満腹になってしまった。

ただ、梅乃家を後にしたのが11時前、次はどこにするか決めて無かったが、

館山方面を目指し、ドライブに行った。

まだ訪問した事の無い海鮮料理の店でも無いかと思い運転する。

無いね~、ばんやは余程刺身を沢山食べたい!と思わない限りもう、行かないし、

名店さすけ食堂は定休日。

いろいろ考えあぐねながら進むも胃の中が刺身類を求めていない。

肉と麺で支配された胃袋はそれらを消化するために刺激が欲しいと訴える。

「勝浦タンタンメンしかないか?いや、刺激ならアリランが最高でしょう?」

はらだ、ラグタイム、江ざわと訪問したがもう一度、江ざわに行きたくなった。

アリランは超攻撃型ラーメンなので胃が破壊されてしまう。w

臨時休業で何度もふられた江ざわだが、とにかく行ってみた。

ダメなら近所に海鮮丼を食べさせる店があったので、そこに行く第2案も準備した。

 

 

 

12時半ごろ江ざわに到着するも駐車場は満杯!

しかし、第3駐車場らしき場所があったのでそこに止める。

店の外に客が溢れていたので行列の最後尾を探し、見知らぬオヤジに話しかける。

すると的を得ない返事がかえってきた。

すると、店の前の並んでいたカップルが親切に教えてくれた。

店の中に入り、名前を書くボードがあるのでそれに名前を書かなければならないと。

前回は1時を過ぎていたかな?すんなりと店内に入って注文したが、

混雑時はそういうシステムとはまったく知らなかった。

まるで富士吉田うどんの店のように、暗黙のルールが存在していた。w

カップルに礼を言うと今度はどこで待てばいいのか場所探しになった。

日差しが強かったので、日蔭のある場所で(´ρ`)ボケ~~っと待つ。

20分以上待ったでしょうか?ようやく店内へ。

見知らぬおじ様と座敷席で相席。

相席は合い席でもいいらしいが、私は相席表現。

着席しても待たされますな~、昼時はこんなに賑わうのか?

やがて、注文の品到着!冷し坦々麺大盛り900円の登場!

なんとつけ麺スタイルで出てきました。

麺もつけ汁も冷たいタイプです。

辛さに対しては普通です。

料理撮影に難儀しましたが、とにかく味じゃ!いただきま~~す!

 

 

 

温かいラーメンの時と同じ、細麺です。

麺の上に白髪ネギと刻んだキュウリ、海苔がのります。

つけ汁は照明の関係でハッキリしませんでしたが、醤油ベースのつけ汁にラー油が浮き、

玉ねぎがぷかぷか浮かぶ、いわゆる勝浦タンタンメンのつけ汁です。

麺を浸し、啜ります。

うん!!!!!!!!!!!!!!美味い!!!!!!!!!!!!

甘さと辛さが同居していますが、これがなかなかいい!!!!!

辛さは第一印象はそれほど感じませんが、喉の周辺に割と刺激を感じます。

辛さが好きな方にはどう考えてもマイルド路線ですが、刺激に弱い私にすれば、

食べ易いけど、後から来るな、という感じです。

実際、翌朝のトイレでおしりがヒリヒリしました。(御贔屓筋の皆さん、失礼!w)

しかし、食べている最中は非常に食べ易い冷し坦々麺です。

細麺なので喉越しも良く、辛くてむせることも無く、美味しい。

つけ汁ですが、冷たいけどベースのダシに坦々の元?というべき玉ねぎとラー油が

美味く混ざり合い、コクも感じ、麺を食べ終えた後、スープ割もしないで飲み干しました。

(スープ割が出来るかどうか確認しませんでしたが、多分スープ割は無いと思います)

千切りと言うには少々太いキュウリが箸休めと言うか、食感のアクセントになり美味い!

つけ汁の中には肉らしい肉は存在していませんでしたが、いいコクでした。

いや~~大満足です。

普通の坦々麺も美味しかったけど、今の時期ならではの冷し坦々麺の醍醐味も楽しい!

他にもとんとん麺とか上坦々麺などもあり、大いに興味をそそります。

臨時休業に怯えながらも千葉に再上陸決定!!!!!

(本当に俺は暇人だねw)

 

ここで一句

    辛くない

      実は隠れた

          辛味あり?w

2012年9月17日 (月)

富津市竹岡 梅乃家 大チャーシュー、やくみ

PhotoDscn5370

Dscn5363

Dscn5364

Photo_4
Dscn5365

Photo_5Dscn5366

Photo_6
Dscn5367

Photo_7
Dscn5369

人間、些細な事がなかなか実現しない事が多々ある。

自分でも「簡単じゃないか!」と思われる事が出来ない事がある。

今年も北海道に行きたい!と思っているのに、連休が取れずもんもんとする日々。

しかし、1泊2日ならば行けない事も無い。

北海道まで行って、1泊2日で何が面白い?

やはり、3泊以上は欲しい。

無能なサラリーマンはなかなか連休が取れないものなのか?

仕方がないので、いつも日帰りドライブだな。

久々に梅乃家に行った。

夏休みも終わり、平日に行ったので空いてると思いきや、10時ちょいと過ぎで

満席の5人順番待ち。

しかし、暑い!

快晴の青空から微笑む太陽の日差しは、人間バーベキューでも楽しんでいるかの様だ。

お肌の曲がり角を過ぎ、お肌の崖っぷちを落下中の肌にはキツイ日差しだ。w

それでも10分くらいで店内にin!

待つ事さらに10分以上でラーメン登場!

Photo_8

初めてレンゲを忘れられた。

でもいいよ、無くても、食べ始めはむしろレンゲは邪魔。w

でも、このところ被害妄想に成りそうなことが続くな。

注文忘れられ事件が2件たて続けに起きたし。w

周囲の視線も気にせず、記念撮影をし、いただきま~~~す!

まずは麺、いつも味だ。

そして肉、いつもの味だ。

すると、梅割りおかわりコールを他の客がした。

そういえば、このラーメンを食べる前に梅割りが飲めたらどんなに幸せなんだろうか?

私の場合、梅割りよりもビールの方がいいが、ここのチャーシューをツマミに酒を飲み、

〆にラーメンを食べて店を後にしたらどれだけ幸せなんだろうか?

この幸せは物凄く簡単なことなのだ。

ラーメンを注文し、出来るまでの間酒を飲んでいればいいのだ。

「ビール頂戴~!」と何故言えないのだろうか?

誰も飲んではダメ、と言う訳がない。

でもダメなんだ。

ボクは車で来ているんだ、お酒を飲んじゃダメなんだ。

前日飲み過ぎて翌朝酒臭い日があっても、出掛けたら飲んじゃダメ。

 

 

飲んでいいのは北海道旅行の時、ホテルの近くのでの話。

ラーメン屋で酒を飲む、こんな些細な事が出来ないボクのドライブ。

ルールを守れば些細な幸せはなかなか達成できないものなんだな~。

ところで、このブログで随分と梅乃家を紹介してきましたが、注文はすべて1種類。

大チャーシュー、やくみです。

ブログをやる前に訪れた時、一度だけヤクミダブルを注文しました。

刻んだ玉ねぎが別皿でてんこ盛りで出てきました。

その大量の玉ねぎを見た時、何故か健康的な食生活を送っているな、と思いました。

ヤクミも無料から30円になり、今は50円。

次の来店は多分、来年になるだろうが、次回こそお抱え運転手に帰路のハンドルを

握らせたいと思ったのでした。

 

 

ところで、今回常連らしきジイさんのために乾麺ではなく、生麺を出す様な感じでした。

生麺提供を確認せずに帰ったので、想像になりますが、お勘定時に袋入り生麺を

確認したからです。

このラーメン、乾麺が売りであるのに生麺を使いますか?

それならば少し先に鈴屋があるので、そこに行けばいいと思いました。

梅乃家と鈴屋の連食、1度やったことがあります。

なんか人生の無駄遣いをしたような気になりました。w

 

ここで一句

    レンゲ無し

       要るのは麺が

             消えてからw

Photo_10

2012年9月16日 (日)

乙女峠~石仏群~箱根神社~関所跡 箱根二十八景

Photo_25Dsc_5281

Dsc_5284

Dsc_5285

Dsc_5291
Photo_26
Dsc_5295

Dsc_5298

Dsc_5300

Dsc_5301

Photo_27
Dsc_5305

Dsc_5307

Dsc_5310

Dsc_5314

Dsc_5316

Dsc_5317

Photo_28
Dsc_5319

Dsc_5329

Dsc_5331

Dsc_5333

Dsc_5343

Photo_29
Dsc_5352

Dsc_5356

Dsc_5358

Dsc_5362

Dsc_5368

Dsc_5378

Dsc_5382

Dsc_5388

Dsc_5391

ここで一句

    快晴で

       鼻の頭が

           真っ赤っか

2012年9月15日 (土)

沼津市 新東名 駿河湾沼津SA(上り) 横浜ボンバドウル 沼津SA店 横須賀海軍カレーパン、アーモンドチーズカレー


Photo_21
Dscn5360

Photo_20
Dscn5357

Photo_22
Dscn5343

Photo_23

Dscn5341

Dscn5345


Dscn5347


Dscn5348


Dscn5349


Dscn5351


Dscn5353


Dscn5355

新東名も20回位、走りましたかね?

その中で沼津の上下のSAが空いているのを見た事が無かった。

しかし、今回はガラガラですね~~~。

時間的に中途半端な時間とはいえ、お客さん少ないですよ~。

まあ、夏休み終わりましたからね、一段落といったところでしょうか?

空いている御蔭でのんびりとサービスエリア内を散策しました。

そんな時、パンの香ばしい香りが・・・

ポンパドールですね、正確には横浜ボンバドウルと書くようですが。w

お腹が朝ラーでいっぱいだったので、カレーパン2個買いました。

ひとつは一番人気らしい横須賀海軍カレーパン、もうひとつはアーモンドチーズカレー。

2つで388円。

混雑時はまったくの余裕の無かったテーブルも、どこに座ろうか迷うほど空いている。w

無料の水を持ってきて、いただきます。

まずはカレーパンを・・・サクサクですね。

外側は揚げ立てではないけど、サクサクとクリスピーです。

パン自体はさすが名店、もっちり、しっとりと美味しい。

そして肝心のカレーですが、美味いですね。

クリスピーな食感を楽しんだ後はカレーのオーソドックスな旨味とパンの甘さが交錯し、

口の中が幸せいっぱい、と言う感じです。

さすがお勧めするだけはあります、美味い!

 

 

次にアーモンドチーズカレー。

これは焼きカレーパンですね。

表面にアーモンドスライスがトッピングされ、香ばしさを見た目にもアピールします。

ところが食べてみると、海軍カレーパンほど美味しさが無いな~。

中のカレーもチーズが入っている割には濃厚さがなく、逆にさっぱりした感じ。

カレーパンを食べる時はある程度の重量感というか食べ応えを求めると思うので、

チーズとアーモンドという香ばしさとコクを与えた割には肩透かしな印象。

と、いうことで横須賀海軍カレーパンを断然、お勧めします。

 

ここで一句

    海軍は

        カレーパンより

               ライスかな?

Photo_24

2012年9月14日 (金)

島田市 麺屋 燕 燕京カレーラーメン

Photo_14
Dscn5323

Photo_15Dscn5324

Photo_16Dscn5338

Dscn5328


Dscn5330
Photo_17
Dscn5331


Dscn5332


Dscn5333


Dscn5335


Dscn5336

Photo_18
Dscn5337

Dscn5339

頭が悪いから良く分からないのだが、日本の領土なのに何故買わなければならない?

昔から領土であるなら買う必要が無い、と思うのだが?

それなら竹島も買っちゃえよ。

北方4島は流石に買う、買わないで解決するとは思わないが・・・

どちらにしても、領土問題って、カネで解決することなの?と思った今日この頃。

 

 

池田屋で満足したが、ここまで来たなら前回寄り損ねた?燕に行きたくなった。

何しろ静岡でも屈指の美味さを誇る店が朝からやっている。

私の個人的意見として、朝の9時~10時の間でラーメンや定食が食べられれば

これほど助かることはない。

だが、現実問題としてファミレス以外は非常に少ないし、ファミレスは10時まで

モーニングメニューがほとんどである。

その為か漁港直営店が朝から色々食べさせてくれるので、

自然と漁港に向かう様になった。

そんな時、藤枝の朝ラー文化を知った時は喜んだ物です。w

だけど静岡で学生時代、藤枝で朝からラーメンが食べられるなんて全然知らなかった。

 

 

燕で初めて食べたのが味噌。

前回が醤油。

今回は塩にしようかと思ったが、カレーラーメンに興味が行く。

それと朝9時までなら小ライスが無料である。

いつもは例えサービスでも、どこの店でもライスは断るが、カレーなのでいただく。

燕京カレーラーメン700円、+小ライス。

訪問時間が中途半端なためか、店内ガラガラ。

注文もスムーズに通り、ラーメン登場。

小ぶりの丼の中に味噌の時と似たようなビジュアルが展開される。

カレーの香りがほんのりと香り、食欲をそそる。

記念撮影をし、いただきま~~す!

まずはスープを事厨逗zずず~~・・・う~~む、美味い!!!

魚介の香りと味わいの中にやんわりとカレーの風味が漂う。

非常に上品なカレーラーメンですね、蕎麦のカレー南蛮の方向性かな?

次に麺を啜ります。

いつもの細麺ストレートです。

この麺、スープの味が何であろうが美味いな~、喉越しもいいし。

具には大き目なチャーシューが1枚、メンマ等ありますが、スープの味を壊さず美味い。

味噌の時と同じく揚げネギのようなものがありますね。

これがスープにコクを与えます。

麺を食べ終えたところで、ライスを投入。

私、随分とラーメンを食べ歩きましたが、スープにライス投入は初めてかも?

やった記憶が無いし、ラーメン・チャーハンはあっても、ライスは注文しないし。

高校時代バイト先でラーメンライスを食べて以来かも?

え~~と何年ぶりかな?10年…20年・・・wwwww

 

 

ベースがカレー味なのでライスに合わない訳がないですね、美味い。

結局完食でお腹いっぱい!

もう一軒行きたかったけど諦めました。w

 

ここで一句

   昼ならば

      客が群れる

          お店です

Photo_19

2012年9月13日 (木)

藤枝市 池田屋 並、冷し並

Photo_8Dscn5310

Photo_9

Dscn5321

Photo_10
Dscn5311

Photo_11
Dscn5312


Dscn5314


Dscn5316

Photo_12
Dscn5317


Dscn5318


Dscn5319

早朝シリーズ第21回目。

朝、4時半に目が覚める。

自分の気持ちとしては新潟に遠征したかった。

新潟のラーメン、B級グルメを堪能したかった。

だが、新潟までは何時に起きようが日帰りはキツイ。

昔、夜中の2時に起きて、北陸をまわったがキツかった。

やはり、新潟に1泊しないと無理がある。

と、いうことで新潟遠征は却下、雪が降るまでに再挑戦ということにしよう。

無理なく行けるのは・・・静岡だね、この前マルナカ行ってまた朝ラーしたくなった。

マルナカに近い池田屋に再訪問です。

 

 

今回は朝ラーなので、何が何でも8時前に到着したかった。

すると、なんと7時50分だよ。w

店に入ると先客は3名。

店内はカウンター席のみですが、朝ラーの店は混雑時は相席上等なのね?

一応、メニューに目を通すが、メニューには「並」「大盛り」というような記述。

メニューは2種類しかないので、藤枝朝ラーの基本であるラーメンと冷しを注文する。

朝からラーメン2杯?と思う人が当然いらっしゃるが「過去ログ見れ!」「ググれ!」

などという事は言いません!w

俗に言う藤枝志太系ラーメンは名店マルナカを筆頭に、朝から温かいラーメンと

冷たいラーメンを食べるのが至って普通なのです。

この場合、「セット」と注文するとどこの店でもだいたい、温かいラーメンが先に出てきて、

食べ終えると冷しを持ってきてくれます。

勿論、逆のパターンでも構いませんが、冷しを先に、と言わなければなりません。

この店でも当たり前のように温かいラーメンが先に出てきました。

記念撮影をしますが、ここの店は照明が撮影向きなのか前回同様ラーメンが

綺麗に撮影出来ます。

 

 

レンゲはありませんので、まずは麺を啜ります。

う~~む、少々軟らかめと思いながらも滑らかなコシがあり、尚且つ歯応えもいい。

中太ストレート麺ですが、スルスルと入っていきます。

スープは前回と比較し、動物系の香りが少ない気がします。

前回は中華そばの印象が強いスープでしたが、今回はそうでもない。

醤油のキリリとした味わいです。

味の濃さは少々強いですね。

美味しいスープですが、飲み干すにはちと、ショッパイ。

メンマ、チャーシューはスープと一体感があり、味を邪魔せず壊さずいい塩梅です。

ラーメンを食べ終えると冷しが登場です。

マルナカの冷しは「冷たい、いうより温い」印象でしたが、この店は麺もスープも

キンキンに冷えています。

冷しはこうでなくちゃね、この冷しの冷え具合が素晴らしい。

キンキンに冷えた麺は喉越し最高!冷すことでコシも倍増され歯応えも楽しい。

ベースのスープはマルナカの甘めな味と比べると、甘さを排除し、キリリとしたもの。

まったく甘さが無いわけではないが、キレを求める方にはこちらがお勧め。

ワサビはスープに溶かさず、麺に絡ませ香りを楽しむ。

チャーシューも存在を強調せず美味い。

久々にセットで食べましたが、美味しい!

志太系ではキレ味鋭い味、と言った方がいいでしょうか?

マルナカに負けないくらいお勧めです。

 

 

それにしても、店を出て気が付いたのですが、池田屋のほぼ両隣にラーメン店があり、

その2軒とも朝ラーをやっているんですね。

さすがに伊駄天はやってなかったが、この場所ラーメン激戦地ですよ!w

藤枝駅周辺は朝ラー戦国地帯ですね、早朝シリーズのためにまた来るぞ!www

 

ここで一句

   朝ご飯

      茶漬け冷や飯

           やってみる?

Photo_13

2012年9月12日 (水)

南都留郡 おおもり ラーメン

Photo043

Photo_2045

Photo_3046

Photo_4048

Photo_5050

053

054

世の中、不景気である。

日々、リストラや失業の波がいつ、自分に押し寄せるか分からない。

いざ!という時の為に蓄えは必要だ。

しかし、中性脂肪を蓄えるのは得意でも、カネはなかなか貯まらない。

・・・貯まるわけが無い、使っている。

食べ歩きでガソリン代と高速代で出費がデカイ。

ところで、ガソリン代と高速代以外での出費はというと・・・水光熱費が月額約1万円。

電話、ネット関連で月額約9000円。

ん?これだけ?

ならばもっと貯金が出来てもいいよな?

いや、貯金が出来るだけまだいい方かも?持ち出し、赤字は避けたい物だ。w

 

 

今回2度目の訪問となった「おおもり」。

訪問したのは日曜日なのだが、訪れた時間は1時半ころ。

天丼は売り切れ、ご飯ものは牛丼かカレーしか出来ない、と言われた。

肉汁うどんで腹に余裕の少なかった私は、ラーメンを注文した。

一度この店のラーメンを食べてみたい、と思っていたので日曜限定の天丼が無いのは

残念であるが、胃の具合も考えラーメンを選ぶ。

それにしてもラーメンが400円か・・・安いな~~~。

この店、普通盛りでも食べ応えがあるので、400円でどれだけ満足させてくれるのか?

5分ほどでラーメン登場。

見た目は俗に言う東京ラーメン風ですね。

山梨だけど、ナルト、チャーシュー、海苔と東京ラーメンの王道スタイルです。

記念撮影をし、いただきま~~す!

う~~~む!スープに煮干しの風味が漂っている。

あっさり目のスープですが味は濃い目です。

私としてはショッパイ方ですね。

麺は細麺ストレート、細麺ですが中太に近いかも?

麺は噛むとブッツリとした食感があります。

なかなかコシがあり、好印象です。

そして、肝心のボリュームですが、たっぷりですね。

市販の中華麺の1.3~1.5玉分はありそうです。

チャーシューは普通の味わい。

裏メニューでチャーシューメン、あるのかな?

麺はしっかり全部食べましたが、スープは残しました。

本当に町の食堂のオーソドックスなラーメンです。

マニア、オタク向けではないラーメンです。

珍しく、ラーメンライスにしても良かったかな?と思えるものでした。

次回は日替わり定食か他の客が食べていた牛丼だな。

 

ここで一句

    幸せは

       腹が膨れると

             やってくる?

Photo_6

2012年9月10日 (月)

南都留郡 うどんの駅 西桂店 つけ肉汁うどん

1

040

1_2

023

1_3

024

1_4025

1_5

029

1_6

030

1_7

031

1_8

032

034

035

036

037

今日は渡辺うどんに行くはずだった。

だが、曲がる所を曲がらずに「湖沿いに左折すれば忍野だろ?」と思い、走る。

結局道志までの遠回り。

意外と裏道が存在しないのね?

私はこれは神の招きだと思い、空きっ腹を我慢しつつ運転する。

神の招きの信じながら運転する。

富士吉田うどんの名店を10軒以上食べながら更なる名店があるのか?

有るのは間違いないが、違いなど感じるのか?

画期的なうどん店があるのか?

 

 

もし、富士吉田うどんのお勧めを尋ねられたら・・・

1、渡辺うどん

2、しんたく

3、玉喜

以上の3店である。

基本、王道、初心者を考えたら上記3店になった。

特に初心者は食べやすさ、店の雰囲気、店のレイアウトを考えたら、

私の脳内では玉喜亭しかない。

だが、玉喜亭には申し訳ないが、富士吉田うどん初心者、家族連れ、カップル、

馬肉嫌い、観光客にふさわしい店を見つけた。

その名は吉田名物うどんの駅という名の店。

私としては吉田うどんの店としてまったくのノーマークの店であった。

だが、何の因果か道志から富士吉田に向かう途中で、何かがひらめき立ち寄った

まだ開店してそれほどの年月の経過を感じない外観。

個人の店をうどん店とする王道の吉田うどん店と違い、一見ファミレスのような、

ドライブインのような・・・

店内に入るとまるで丸亀製麺に入ったような錯覚。

客席はカウンター、テーブル、座敷とあるが基本的にセルフサービス。

清潔感があり、本当に家族向きですね?

カウンターの先頭で基本メニューを注文し、あとは好みで稲荷寿司や天ぷらを選ぶ。

この流れは間違いなく丸亀、いや讃岐スタイル。

そして、お勧めメニューが肉汁うどん。

メニューは肉汁うどんのかけスタイルであったが、訪問日は気温30度を超えていたため、

つけ麺タイプを選ぶ、大盛りにしたので780円。

吉田うどんとしてはVIP待遇並な価格だ。wW

ただし、肉汁うどんだけはツーオーダースタイルなため、待たされる。

注文を受けてからつけ汁に肉やネギなど具を入れ温める。

5分ほど待たされ呼ばれるとカウンターで商品を受け取る。

つけ汁にネギと天かすが無料なのでぶち込み、席に行く。

記念撮影をし、いただきま~す。

 

 

まずは基本のつけ汁にうどんをつけ、啜る。

・・・これ、武蔵野うどんの人気スタイル、肉汁うどんじゃない???

馬肉を使わず、豚バラ使用のつけ汁は刻んだ油揚げ、ネギが混在しながらも美味い。

ベースの味付けは少々甘めとお見受けしました。

だが、卓上のすりダネを入れれば甘さは控えめ、パンチのある味になります。

味噌でも醤油でもない両方の旨味を掛け合わす吉田うどんのツユ。

その中に入れた豚バラが馬肉よりもウエルカムな味わいを醸し出す。

うどんは一見、手打ち風だが・・・違うでしょう?

だが、味わい、食感は間違いなく吉田うどん。

吉田うどんと豚肉との出会い、これはこれでいいと思います。

普段食べ慣れた肉の味わいとうどんの絡みは美味いと思います。

天カスのコクも相乗効果で美味しいと思います。

名店多き吉田うどん、その中で10軒以上の名店を食べましたが、

受け入れ易さで間違いなくお勧めできます。

味の基本線から足りないものは確かにありますが、気安さ、食べやすさ、

入り易さは間違いなく、名店を凌ぎます。

そして私自身、またこの店に来るか?といわれれば、肉汁うどんならまた食べます!

なんかこの味、待ってた気がします。w

 

ここで一句

   馬と豚

     食べ易さなら

           豚だよな

1_9

2012年9月 8日 (土)

ほっともっと ロースカツカレー、特塩から揚げ、豚汁

PhotoDscn5268

Photo_2
Dscn5269

Photo_3
Dscn5270


Dscn5271


Dscn5273


Dscn5274

学生時代、貧乏だった。

カネが無くていつも困っていた。

そんな時、バイト先の社員のアニキが時々飯を奢ってくれて、非常に助かった。

アニキと言っても勿論、実のアニキではなく、アニキ分と言うやつね。

「今日は割り勘にしよう」とか「少しは出せよ」とか一切言わない人だった。

そんなアニキに奢って貰えない時は学食か大学周辺の安い定食屋、

またはラーメン屋、そしてホカ弁だった。

学食は当時でも激安な価格であったが、価格と味が一緒だった。w

一番無難なのがカレーライスであったが、毎日食べるには悲しい味だった。w

同じ貧乏学生の仲間たちはカレーに生卵を落とし、食べていた。

私はその真似がどうしても出来なかった。

そして、我が人生の中で一番、海苔弁比率が高い時代が過ぎて、

社会人になり、ホカ弁は我が人生の卒業証書授与扱いになり、弁当は買わなくなった。

ところが、昨年からどういうことか持ち帰り弁当購入比率が高くなった。

その割合の増加と共に、私の奢る金額も急上昇した。

最高が鉄板焼き屋とカラオケで8万円。w

全部で8人に奢ってやったのか?w

ホカ弁を買う様になって、貧しき学生時代を思い出し、奢ってもらった事を想い出し、

部下や仲間に奢ってやる事が増えた。

「悪いから・・・」といって1万円や5000円を渡された時、素直に受け取る自分が居た。w

 

 

前回、から揚げ弁当を購入しながら、カレーのルーを購入する自分が居た。

安いホカ弁で高く付く事ばかりしたので、今回は最初からカツカレーにした。

しかし、私を含め3人分を購入しなければならなかったので、生姜焼き弁当、

塩から揚げ弁当、豚汁3人前を注文した。

「あ!あと特塩から揚げだけを追加して」

何故かカツカレーだけでは足りない、と思い追加。

カツカレー500円、特塩から揚げ380円、豚汁120円、合計1000円。

つくづくバカじゃないかと思う。

単純にカレーのご飯を大盛りにすれば満腹になるのに、この出費。w

やはり、最近金銭感覚がおかしくなっている。

ま、もともと人間的に欠陥のある私なので気にしてもしょうがないか?w

休日出勤の職場には私を含め3人。

弁当を撮影する私を訝しげに見る2人を気にせず、いただきま~す。

なんかチープに美味いな~。

私はコンビニの弁当だけは食べない主義なので、食べ比べは出来ないが、

これでいいでしょう!と言う味ですね。

ご飯も弁当専門店だから普通に美味しいし、ボリュームもあるし。

そして、カレーと豚汁の組み合わせも超自己満足!w

あ~、たいして仕事も無いのに腹ばかりが満たされていく。

そんな学生時代出来なかったホカ弁での一時の贅沢でした。w

 

ここで一句

    豚と鶏

       カレーに合わない

              訳が無い

2012年9月 7日 (金)

沼津市 天丼 てんぷら 伊豆家本店 天丼、味噌汁

Photo_8Dsc_5230

Photo_10
Dsc_5219

Photo_11
Dsc_5221

Photo_12
Dsc_5222


Dsc_5223


Dsc_5225


Dsc_5226


Dsc_5228

通常、外食時に使用しているカメラはコンパクトデジカメです。

1万円ちょっとの価格の物を使っています。

そんなカメラでも1600万画素あります。

それでも、5年前に買った一眼レフには敵いません。

外食時、一眼レフを構えるのはまだまだ気恥かしいです。

でもここ一発、この店の料理を美しく撮影したい!と思う時は一眼レフ使います。

今回、伊豆家さんで一眼レフを使用しました。

満員の店内で気恥かしい思いをしながらも撮影しました。

ここの天丼が美味しいのは分かっていました。

だからこそ、綺麗に撮りたい、美味しそうに撮りたいと思い、撮影したのですが、

私の技術ではこれぐらいが限界でしょうか?

それにしても、天丼は中身にもよるが、似たような外見が3点だと撮影するのは難しい。

結局、一番美味そうに撮影出来たのは味噌汁か???w

 

 

沼津港でもう一軒行こうかと思ったが、観光客の多さに辟易し、伊豆家に向かう。

千楽でカツハヤシも良いかと思ったが、炙りサンマがとても好印象だったので、

余韻を消さない様に魚介系にした。

店内に入ると一席空いていた。

そこに座ると天丼と味噌汁を注文。

天丼はいろいろアレンジがあるが、基本の天丼で十分でしょう。

前回は味噌汁無しだったが、やはり味噌汁は欲しいね、100円です。

それにしても忙しそうです。

ほぼ満席とはいえ、なんでこんなに忙しそうなのか?と思えば弁当。

天丼弁当の注文が凄くて、その合間に店内の客の分を作っている。

次から次へとお持ち帰りの客が訪れ、店内は座敷まで客が入っている。

こういうときは時間がかかるのが分かっているので、ビールでも飲みながら待てばいいが、

車なので断じてそれは出来ない。

それでも15分ぐらいで天丼登場。

味噌汁はアサリがたっぷりですね、これで100円ならむしろ割安感があります。

人目も気にせず一眼レフを取り出し撮影。

そしていただきま~す!

 

 

天丼の具は3点盛りです。

魚、海老、イカになります。

まずは魚を、キスですかな?白身の小ぶりの魚です。

衣サクサク、中はホクホク、美味いな~~~。

そしてゴマ油の香りがいい!

当然、良質のゴマ油を使用していると思われるので、もたれ感無し。

次に海老を・・・プリプリですね。

前回は背ワタの取り残しがあり、少々臭みを感じたのですが今回は全くなし。

やっぱ、天丼の主役は海老だよな~~~、美味い!!!

海老を半分食べたところでイカを。

厚みがあり、大きいイカを使用しています。

このイカもプリップリ!イカも天丼の主役だな~~~。ww

丼ツユも適度にご飯に浸み込み美味い。

何よりもご飯がほとんど炊き立て!!!!!!!

炊き立てのアツアツのご飯と揚げ立ての天ぷらは最高!

至福の瞬間ですよ、美味い!

そして味噌汁ですが、アサリのダシがちゃんと出ています。

砂抜きもちゃんとされていて、ジャリジャリした物は無し。

次回も味噌汁注文しようっと。

いや~~~~満足です。

久々の伊豆家さんでしたが、天丼堪能致しました。

やはり、丼ツユの美味さが際立っております。

 

ここで一句

       丼ツユは

          味の要だ

              天丼の

Photo_13        

2012年9月 6日 (木)

沼津市 沼津魚市場食堂 旬さんま炙り丼、太刀魚刺身

Photo_2Dsc_5199

Photo_3
Dsc_5201

Photo_4
Dsc_5202

Photo_5
Dsc_5203


Dsc_5206


Dsc_5208


Dsc_5209


Dsc_5211


Dsc_5214

Photo_6
Dsc_5215

キリンの秋味が好き。

このビール、販売されてから毎年必ずこの時期、飲む。

アルコール度数が少々高いのと、麦芽を1.3倍通常より使用しているので、美味い。

ところで、皆さんはビールはどれぐらい冷しますかね?

私の場合、飲む約1時間前に製氷室にビールを移します。

凍る一歩手前のキンキンに冷えたビールが好きです。

ましてやこの時期、キンキンに冷えたビールの美味さは極上です。

私、昔からこの方法で飲んでいますが、近頃アイスビールとかフローズンビールとか、

とにかく、つめた~く冷して飲むビールが目立ちます。

私の方法が一番安上がりで美味しいと思いますよ。w

そのかわり、缶ビールがお勧めになりますが。w

 

 

ところで、秋の味覚といえば松茸!

去年、長野まで行きましたね。

今年はどうでしょうか?松茸が豊作なら行くと思いますが、天然キノコの美味しさは、

仙人小屋や自然屋の方が一歩も二歩も上手です。

キノコ以外なら、海の幸、サンマ、鮭、戻り鰹ですね。

今年は現時点ではサンマは豊漁ではなく、少々お高いものになっているようです。

サンマ目的では無かったのですが、前回なかなかの好印象だった沼津魚市場食堂へ。

すると、本日の限定メニューにサンマの炙り丼があったので、太刀魚の刺身と共に注文。

サンマの炙り丼が1200円、太刀魚の刺身が600円。

訪問日が日曜だったためか、10時半に行きましたが店内は結構なお客が。

注文をし、間髪いれずに太刀魚の刺身登場。

銀色の皮が美しいですね、6切れなので一切れ100円ですか?w

記念撮影をし、いただきま~す!

皮のコリコリ感と言うか弾力感というか、しっかり噛まないと味わえない味。

身の方は白身で上品、淡白ですが美味しい。

太刀魚は焼きでは良く食べるけど、皮は焼くのと刺身では味わいが全然違う。

刺身では皮が主役ですね、美味い!

太刀魚を味わっている時に炙り丼登場。

 

 

こちらも念入りに記念撮影をし、手と手の皺を合わせていただきま~す!

まずは何も付けずにそのままパクリ。

Photo_7

炙る事により、見た目はギラギラ、ヌラヌラのサンマの脂だが、これが美味い!

私はサンマ、イワシ、サバは刺身が一番美味いと思っているが、

サンマも刺身ではなく、軽く炙る事により、香ばしさと美味さが格段にアップするな。

刺身で食べられるほど鮮度のいいサンマは是非、軽く炙って、と言いたくなる。

サバの炙りは珍しくないが、サンマ最高!

次に醤油を少々垂らし、食べてみる。

脂が凄いので醤油を弾いてしまいますね。w

炙り丼には大根おろしが少々のるだけで、ワサビなどはなし。

ワサビはこの脂だと、ほとんど辛味が消えてしまいますね。

鮪の大トロと同じで、ワサビの辛味が脂でかき消されてしまいます。

この場合、アクセントを求めるなら七味でしょうか?

でも、醤油を垂らすだけで十分でしょう。

久々に美味い物を食べた!という印象です。

庶民の味方、秋の味覚のサンマですが、あらためてサンマの美味さを再認識しました。

 

ここで一句

    焼くよりも

        炙って食べたい

              生サンマ


Photo_9

2012年9月 5日 (水)

小田原市 栄華軒 ブタバラミソつけめん

Photo_6Dscn5245

Photo_7Dscn5238

Photo_8Dscn5239

つけ汁は具がたっぷり入っていますね。

注文したのは中盛りですが、氷はいらないと思うな。

Dscn5240

味噌ベースのスープは基本的にはライトな味わい。

この店はあっさり、さっぱりがすべてのメニューに共通していると思います。

Dscn5241

麺は中太縮れ麺ですが、かなり縮れが強いです。

加水率が高く、あまりコシは感じません。

Dscn5244

つけ汁は生姜が効いていて、むしろ効き過ぎな感じ。

生姜の効いた豚汁につけて食べているみたい。

生姜以外になにかパンチが欲しいな~。

豆板醤とかラー油とか。

Dscn5242

むしろこのつけ汁こそ、塩麹を使ったら一味変わるのでは?

個人的にはお店の賄いのような感じですね。

でもなんだかんだで麺はじゅるじゅると全部食べちゃいました。

確かに不思議と麺が胃に入って行きます。

大盛りでも楽勝だったかも?

Dscn5243

この店で冷し中華を食べてみよう!と思いつつ、いつも違う物を頼み、

今年の夏も終わったな。

また、来年???

 

ここで一句

       つけ麺は

           麺が多いと

                嬉しいね

Photo

2012年9月 4日 (火)

小田原市 小田原魚市場食堂 イカフライご飯セット、いなだ刺身

PhotoDscn5237

Photo_2Dscn5236

Photo_3Dscn5235

Photo_4Dscn5225

Dscn5227

Dscn5228

Dscn5229

Dscn5230

Dscn5231

Dscn5234

もしかしたら近頃、ブログを手抜きをしているのではないか?と思った方が居れば正解。

あっちこっちに出没し、さすがに少々疲れがたまった。

小田原近辺で食べ歩き、とりあえず更新しておきました。

面白い物で、「あれ食べたい!」と思う日が無い時もある。

つまり、食べに行くのがメンドクサイ時もある。

もともと人間的に屈折している私。

まだメンドクサイと言う気持ちがあるので、しばらく遠出は無しで食べ歩きだ。

それに最近、ガソリン代が高いからね。

移動費は当然ながら自己負担。

うどんや餃子など庶民的な食べ物にアホくさいほど交通費をかけて良く行くよ。w

でも、それが私のとりえなんでしょう?

がむしゃらに出掛けまくった夏が終わり、今年も水着美女との出会いが無かったな。w

 

 

早朝シリーズの更新をしようと思い、出掛けたのが小田原漁港。

しかし、時刻は8時を20分ほど過ぎ、早朝シリーズではなくなった。

フォークリフトが右往左往する漁港内、関係者かそうでないかは足元で分かる。

長靴をはいているかどうかである。

長靴を履いているかいないかで存在が浮いて見える。

だけど、4回目ならなんのためらいも無く、魚市場食堂まで行ける。

店内に入ると中途半端な時間ながら割と多い客。

商品受け渡しカウンターのポップを見ると、イナダの刺身200円とある。

200円という価格に惹かれ、今回はアレンジメニューにした。

注文したのはイカフライ450円、ご飯セット300円、イナダの刺身200円、合計950円。

この食堂は単品メニューも多く存在するので、アレンジも楽しめる。

この場合、イカフライとご飯セットは食券で購入し、イナダの刺身は口頭で注文し、

現金払いとなる。

フライものであるがさほど待たずにアレンジ定食完成。

950円と言う価格であるが、内容は自分ではなかなか満足。

まずはイカフライから・・・思ったよりもイカがカタイね?

揚げ過ぎな気もしないではないが、まあ普通に美味しいですよ。

毎度のことながらもう少し、ボリュームが欲しいな~。

次にイナダの刺身ですが、これはいい!鮮度も味もなかなかいいですよ。

200円でこれなら満足でしょう?

ご飯は大盛り無料なので、大食漢は遠慮なく注文しましょう。

初めてのアレンジメニューでしたが、このパターン次回の楽しみでもあります。

当然、5回目もありますね。

 

ここで一句

    組み合わせ

         闇鍋みたい

             楽しみが

Photo_5

2012年9月 3日 (月)

東洋水産㈱ マルちゃん正麺 醤油味

嘘だと思うなら試してください、というので、

嘘だと思ったので試してみた。

Dscn5214

だってインスタントじゃん!

何を期待するの?

Dscn5215

茹で時間は3分だし、スープも茹でたお湯だし。

Dscn5216

本当に美味しいの?

Dscn5217

具無し。

Dscn5218

つくづく、具のないラーメンは寂しい。

Dscn5220

まず最初の一口目はインスタントスープの化学調味料が来ます。

あ~マルちゃんの味だな~、と久しく食べていないマルちゃんの商品を思い出します。

お湯で伸ばしたスープは特に何が良くて何が悪いかわかりません。

インスタントだからこんなものでしょう?というものはあります。

そして、麺ですが・・・口の中で踊るような・・・モチっとした感じはありますね。

ただ、麺を食べ始めても、スープが麺の味わいを邪魔してわかりにくいな。

だが、スープの味に舌が慣れたころに俄然、麺の味わいがわかるようになった。

麺に小麦の甘さをほんのりと感じ、その甘さが続く。

麺の旨味が口に広がるが、その広がりがすぐに消えず、キープされる。

そして、麺をすべて食べ終えたとき、麺の余韻が残る。

インスタント麺で余韻を楽しめるとは!!!

口の中に麺の美味さが残留することにより、美味いラーメンを食べた!という実感が沸く。

なるほど、CMの通りだ。

ただ、スープは残しました。

面倒でも昆布やカツオ節などで簡単に出汁を取り、

それで作ったらグレードアップしますね。

このラーメンはラーメン好きが楽しむラーメンとお見受けしましたが、

麺とスープにグレードの差があるように感じました。

 

ここで一句

    嘘ならば

        引き受けないよ

              役所さん

次回予告

    どうも、久々の青字での予告です。

    次回、小田原魚市場です!

 

2012年9月 2日 (日)

小田原市 熱烈中華食堂 日高屋 小田原店 塩麹つけ麺、ピリ辛とんこつ

Dscn5206
Photo_12
Dscn5207

Photo_13
Dscn5209

Photo_14
Dscn5210
Photo_16
Dscn5211


Dscn5212


Dscn5213

私のブログで日高屋といったら、バクダン炒め定食だよ。

個人的にお勧めできる味だと思っているし、汁無しラーメンとコラボしたことがあった。w

今回も当然、脳内はバクダン炒めな訳よ。

他にもメニューは沢山あるけど、バクダン炒めでいいじゃん!

でもね、塩麹つけ麺が物凄く気になったのよ。

俺って流行りものに弱いじゃん?w

カネがかかる流行りものは無視するけど、お手頃価格の流行り物は飛び付くじゃん?w

今、塩麹がブームじゃん。

塩麹使っていれば、食べなきゃおかしいじゃん?

そんな訳で、塩麹料理をジャンジャン食べようじゃん!

 

 

私、塩麹その物を口にしたことはありません。

従って塩麹の味は知りません。

何も知らない私にどんなインパクトを与えてくれるのか?

注文時、つけ汁が2種類あるので選択を余儀なくされるが、

可能であれば2種類で味わってみたいね。

今回はバクダン炒めの伏線があったので、ピリ辛にしました。

注文してから5分かからなかったかな?つけ麺登場。

見た目はラー油の浮いた辛そうなつけ汁。

麺はいつもの定番の麺、通常で1.5玉使用しているそうですが、

大盛りにしてもらいました、全部で550円、安いね。

早速麺をつけ汁に浸し、いただきま~す。

Photo_17
つけ汁の味を語る前に、なんでこんなに麺が啜り難いのでしょうか?

簡単に言えば麺が締まって無いようなんですが。

〆る水が温いのか?それとも単純に〆が甘いのか?

ま、いいか。

肝心のつけ汁ですが、複雑な味わいですね。

甘さと辛さがまろやかに調和をし、物足りなさを感じません。

スープのダシの物足りない部分を補うというかいい塩梅です。

つけ汁の中には大きな具材は無く、ゴマとネギぐらいですか?

麺が啜り難いけど、つけ汁いいんじゃない?

次回も食べてもいいんじゃない?

前置きがやたらと長く、味の総評がやたらと短くなる傾向のある私のブログだが、

単純に「美味いじゃん」と言えます。

あとは大盛りにしなければワンコインで食べられるので御自分の舌で確認してください。

私も白の豚骨つけ汁を試したくなりました。

 

ここで一句

     塩麹

       名前にしたら

             塩 浩司?

Photo_18

2012年9月 1日 (土)

小田原市 海鮮丼屋 海舟 地魚刺身定食

Photo_8Dscn5204

Photo_9
Dscn5198

Photo_10

Dscn5201

Dscn5200

Dscn5202

昨年新しい海鮮丼の店が出来た。

この店、夜は8時まで営業らしいが、いつも早めに売り切れ終了しているので、

大いに興味があった。

海鮮を食べ歩く私が素通りをするわけにはいかないでしょう!w

小田原市内短期集中食べ歩き中なので、行ってみましょう!w

 

 

お店の外観は随分と賑やかで華やかもの。

外観だけで見ると、食欲が増します。

しかし、メニュー画像だけだと地物よりも回転鮨のチェーン店みたいね?

入店すると海の雰囲気バッチリの店内。

どこぞの居酒屋チェーンにも負けない内装ですね。

テーブル中心の店内は広々としていますが、テーブルそのものはこじんまりとした印象。

メニューを眺めると丼物が中心ですが、A4サイズの単体で地魚刺身定食1280円が

お勧めとしてあったのでそれを注文しました。

私自身は海鮮を売りにしている店ではなるべく、甘エビ、イクラ、ウニ類は

食べない様にしています。

それらが食べたきゃ回転寿司に行けばいいと思っているので。

お勧めしている位だから期待しますよ。

やがて注文の品、登場!

おおお!味噌汁のお椀、デカイ!たっぷり!

ご飯もなかなか盛りが良いぞ!!

・・・刺身、盛りが寂しい。

お勧めの割には肝心の刺身が迫力不足。

あとは茶碗蒸し、練り物、小付、香の物。

何はともあれ記念撮影をし、お手手の皺と皺を合わせていただきま~す!

 

 

刺身の種類は三種類、名前を聞いたけど忘れたな、赤身は無し。

まずは一切れ口に運ぶ。

んんんんん!!!!美味い!!!!

お勧めするだけはあるね、鮮度と味は良いです。

三種類ともしっかりと味わい深いお刺身です。

刺身が美味ければご飯がすすむ。

ご飯は結構、たっぷり入っています。

ご飯その物は悪くないですね、さすが海鮮丼屋。w

そして味噌汁ですが、表面に海苔がたっぷり浮かび、その海苔の香りがいいね~。

でも中は海苔だけですね、アラ汁では無かったです。

茶碗蒸しはユルユル、あまりにもユルユルで未完成?と思いました。w

全体的にコスパが悪い気がします。

味は良いんだけど、お勧めしているのに「これですか?」という物足りなさがあります。

むしろ、1500円でいいからもっと刺身を食わせてくれ!と思いました。

接客、オペレーション等は悪くないと思います。

小田原丼があるので、次回訪問する事があればそれにチャレンジしたいと思います。

 

ここで一句

    お刺身は

        見た目が大事

              目で食べる

Photo_11

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »