フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 沼津市 沼津魚市場食堂 旬さんま炙り丼、太刀魚刺身 | トップページ | ほっともっと ロースカツカレー、特塩から揚げ、豚汁 »

2012年9月 7日 (金)

沼津市 天丼 てんぷら 伊豆家本店 天丼、味噌汁

Photo_8Dsc_5230

Photo_10
Dsc_5219

Photo_11
Dsc_5221

Photo_12
Dsc_5222


Dsc_5223


Dsc_5225


Dsc_5226


Dsc_5228

通常、外食時に使用しているカメラはコンパクトデジカメです。

1万円ちょっとの価格の物を使っています。

そんなカメラでも1600万画素あります。

それでも、5年前に買った一眼レフには敵いません。

外食時、一眼レフを構えるのはまだまだ気恥かしいです。

でもここ一発、この店の料理を美しく撮影したい!と思う時は一眼レフ使います。

今回、伊豆家さんで一眼レフを使用しました。

満員の店内で気恥かしい思いをしながらも撮影しました。

ここの天丼が美味しいのは分かっていました。

だからこそ、綺麗に撮りたい、美味しそうに撮りたいと思い、撮影したのですが、

私の技術ではこれぐらいが限界でしょうか?

それにしても、天丼は中身にもよるが、似たような外見が3点だと撮影するのは難しい。

結局、一番美味そうに撮影出来たのは味噌汁か???w

 

 

沼津港でもう一軒行こうかと思ったが、観光客の多さに辟易し、伊豆家に向かう。

千楽でカツハヤシも良いかと思ったが、炙りサンマがとても好印象だったので、

余韻を消さない様に魚介系にした。

店内に入ると一席空いていた。

そこに座ると天丼と味噌汁を注文。

天丼はいろいろアレンジがあるが、基本の天丼で十分でしょう。

前回は味噌汁無しだったが、やはり味噌汁は欲しいね、100円です。

それにしても忙しそうです。

ほぼ満席とはいえ、なんでこんなに忙しそうなのか?と思えば弁当。

天丼弁当の注文が凄くて、その合間に店内の客の分を作っている。

次から次へとお持ち帰りの客が訪れ、店内は座敷まで客が入っている。

こういうときは時間がかかるのが分かっているので、ビールでも飲みながら待てばいいが、

車なので断じてそれは出来ない。

それでも15分ぐらいで天丼登場。

味噌汁はアサリがたっぷりですね、これで100円ならむしろ割安感があります。

人目も気にせず一眼レフを取り出し撮影。

そしていただきま~す!

 

 

天丼の具は3点盛りです。

魚、海老、イカになります。

まずは魚を、キスですかな?白身の小ぶりの魚です。

衣サクサク、中はホクホク、美味いな~~~。

そしてゴマ油の香りがいい!

当然、良質のゴマ油を使用していると思われるので、もたれ感無し。

次に海老を・・・プリプリですね。

前回は背ワタの取り残しがあり、少々臭みを感じたのですが今回は全くなし。

やっぱ、天丼の主役は海老だよな~~~、美味い!!!

海老を半分食べたところでイカを。

厚みがあり、大きいイカを使用しています。

このイカもプリップリ!イカも天丼の主役だな~~~。ww

丼ツユも適度にご飯に浸み込み美味い。

何よりもご飯がほとんど炊き立て!!!!!!!

炊き立てのアツアツのご飯と揚げ立ての天ぷらは最高!

至福の瞬間ですよ、美味い!

そして味噌汁ですが、アサリのダシがちゃんと出ています。

砂抜きもちゃんとされていて、ジャリジャリした物は無し。

次回も味噌汁注文しようっと。

いや~~~~満足です。

久々の伊豆家さんでしたが、天丼堪能致しました。

やはり、丼ツユの美味さが際立っております。

 

ここで一句

       丼ツユは

          味の要だ

              天丼の

Photo_13        

« 沼津市 沼津魚市場食堂 旬さんま炙り丼、太刀魚刺身 | トップページ | ほっともっと ロースカツカレー、特塩から揚げ、豚汁 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

天ぷら」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事

静岡県 海鮮」カテゴリの記事