フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

豊島区 海人酒房 沖縄そばとゴーヤチャンプル定食

Photo_7Dscn5856
Photo_8

Dscn5854


Photo_9
Dscn5835


Photo_10

Dscn5839


Photo_11

Dscn5840


Photo_12

Dscn5843


Dscn5845

Dscn5846

Dscn5847

Dscn5848

Photo_13

Dscn5850


Dscn5853

Dscn5842

気が付けば11月になろうとしている。

今年もあと2か月。

よく、今年やり残した事というが仕事は別にして個人レベルでやり残した事とは何だろう?

今年は新潟グルメを堪能したい!と思っていたが年内達成は無理なようだ。

しかし、年内に新潟グルメを堪能したからと言って、自分に何のプラスがあるのか?

思えば、何歳までに○○をしなければ、が私には常に付きまとっていた。

特に仕事に関しては何歳までに転職とか出世とか、年収何万円とか

脳内妄想で自分を雁字搦めに縛っていた。(がんじがらめって雁字搦めって書くんだ!)

しかし、何の根拠も無いのに何歳までにとか何時までにとか出来ることではない。

だが、自分で期日指定を作らないとだらけた人生になるのも事実。

私は不器用だな。

 

 

サンシャイン広場では私の知らないアイドルグループのミニライブと握手会をやっていた。

彼女たちを一生懸命応援する皆さん、その必死な応援になんか熱い物を感じました。w

その熱い応援に感化されたのか、私は暑い地域の食事が食べたくなった。

するとサンシャインシティのグルメ街に沖縄料理の店があった。

この店は前回、寄るべきかどうか悩んだ店です。

秋真っ盛りではありますが、沖縄料理のランチです。

店内に入るとランチタイムラッシュの時間なのに1割程度の客の入り。

前回は待ちが居たのにね。

訪問したのが土曜日だったためでしょうか?

席に案内されてメニューをみると基本はランチメニューが主体。

あとはお酒のおつまみになりそうな小鉢メニューばかり。

何にしようか迷いましたが、お勧めメニューの沖縄そばとゴーヤチャンプル定食に。

価格は1190円。

ご飯お替り自由とかそういう文言はメニューには書いてないので、そのサービスは無し?

さほど待たずにランチ登場。

う~~む、見た目は少々寂しいかな?チャンプルが寂しい感じです。

兎に角、記念撮影をし、くわっちー、さびら(いただきます)。

 

 

 

まずは沖縄そばを食べてみます。

スープを啜ってみると魚介ベースのあっさりしたものです。

何と無く業務用のような・・・

私は沖縄に行った事が無いので単純に味だけで評価しますと、

あっさりした中にもしっかりしたダシを感じます。

スープの濃淡でいったら濃過ぎず、薄過ぎずマイルドです。

ただ、紅生姜がのっているので、生姜の香りがスープに移っています。

次に麺ですが、太麺でしょうね?若干ピロピロした感じですが、捩れが少々あるものです。

食べてみるとボソボソ感があります。

コシは弱いですね。

啜り難いので喉越しよりも食感かな?と思うほど噛みごたえはありません。

個人的に喉越し食感、どちらか強調されていた方がいいと思うが。

そばの上には角煮が2枚とカマボコ、ネギ、紅生姜。

角煮は自家製ではないでしょう?あ!角煮じゃないですね、ラフティーでしたか?

次にチャンプルを・・・なんかそのまま食べている様な感じだな。

ゴーヤ、モヤシ、豆腐、スパム、炒めてあるけどそのまま食べている感じ。

味があるけど無い様な、味が無いけどあるような感じです。

卓上には島唐辛子の瓶があるので、少々かけてみました。

う~~む、微妙。

中華料理の様に強い火力でパッパッと炒めるのと違い、弱い火力で炒め続けている、

そんな感じですね。

沖縄そばにも島唐辛子を入れてみましたが、味に少々のパンチがあり、

好印象になりました。

因みに沖縄そばの麺は時間経過と共にモチモチ感がでて喉越しが良くなった気がします。

私の気のせいでしょうか???

全体的に1190円と言う価格に対してボリューム不足だと思います。

店員も沖縄の衣装に身を包み、雰囲気を大事にしているのですが、

やはり、味と価格のバランス、ボリューム感なども重要だと思います。

朝ご飯で日高屋の朝定食を食べていなければ間違えなく連食していました。

 

ここで一句

    沖縄は

       〆に肉食う

             地域でしょう?

Photo_6

2012年10月30日 (火)

豊島区 熱烈中華食堂 日高屋 池袋東口店 玉子焼き定食+納豆

Photo_3Dscn5834
Photo

Dscn5823

Photo_2

Dscn5825


Dscn5826

Dscn5827

Photo_4
Dscn5830


Photo_5

Dscn5831


Dscn5832

Dscn5833

よく「日本一の○○」というのがある。

私が目指すとしたら「日本一のバカ」しかないかな?

目立ちたい気持ちがあるのは確かだが、放っておいてくれ!というのもある。

特にプライベートは干渉されるのが苦手である。

だからと言って放置されるのも不安になる。

従って、放置プレイは嫌いです。w

 

 

また東京に来た。

池袋だね。

もう、朝飯が蕎麦なのは止め。

東京だと日高屋も24時間営業になるのね。

そうなると、朝定食をやっているわけ。

朝ラーもいいけど、普段自分の周辺では絶対に食べられない朝食3種。

それを食べてみましょう。

入店時間は朝の9時。

昼飯が12時からなので3時間の間に消化してしまいそうなものを選ぶ。

私が選んだのは玉子焼き定食380円と納豆90円。

合計470円だが、朝食としては安い方だと思います。

中途半端な時間なので店内は空席だらけ。

注文の品もスムーズに出てきました。

記念撮影をし、いただきま~~~す。

 

 

 

まずはご飯の盛りに驚く。

日高屋で最高の盛り具合ではないでしょうか?

俗に言う、ご飯大盛り状態が朝の定食では普通のようです。

そして、納豆は何処のメーカーか分かりませんが、パックのまま提供されました。

そのパックのままの納豆を小鉢にいれて出すのも面白い提供方法ですね?w

まずは納豆をネリネリ、混ぜ混ぜしてご飯の上にのせます。

う~~む、やはりご飯が多い。

この量、3時間で消化出来るか?

そしてそのまま一口パクリ、、、、お!美味い!

納豆、美味しいですね!

納豆その物よりも添付のタレの美味さが際立ちます。

中華食堂の納豆は美味いぞ~!

次に玉子焼きを。

見た目は中華風オムレツですか?

中華風と言うほど見た目の区別は出来ませんが・・・w

一口大に切るとそのまま食べてみる。

お!少々濃いめの味付けながら美味い。

中はあくまでもプレーンオムレツタイプ。

だが味付けは塩味ベースでそのままでもイケます。

これは白飯が進むね。

 

 

 

味噌汁はラーメンスープかと思いきやしっかりと味噌汁。

中身はワカメとネギ。

漬け物はショボイ。盛り付けもショボイ。

漬け物、香の物類は盛り付けがしっかりしていると定食のグレードが高く見えるのにね。

あとは味付け海苔と玉子焼の横に少々の野菜サラダ。

納豆、玉子焼き、海苔のおかげで大盛りご飯がどんどん胃の中に入っていきます。

私は玉子焼きに少々醤油を垂らしました。

あまりかけるとショッパクなるのでほどほどにかけると、ジャパンテイストですね。w

なんだかんだで完食。

多いと思われたご飯ですが本当に多かった。w

しかし、おかずのおかげで全部、入りました。

お腹一杯です。

このあと、退屈な会議で睡魔に勝てるのでしょうか?w

11時開店の日高屋では味わえない満足感がありました。

出来る事ならバクダン朝定食を・・・w

 

ここで一句

    朝飯は

      麺より飯が

           好みです

Photo_6

2012年10月29日 (月)

三浦市 豚骨ラーメン ずいずい チャーシューメン中盛り

464

Photo_12465

Photo_13468

Photo_14469

Photo_15470

Photo_16472

473

アイアンシェフ、見ました。

そう言えば料理の鉄人を放送している時が食べ歩きの絶頂期だった気がする。

あの頃は美味しい店の情報はテレビやガイドブックで収拾し、

己の脳内で情報を膨らませ、食べ歩いたものだ。

今は溢れる情報に踊らされる時代だな。

何の予備知識も無く、店の雰囲気などでいきなり訪問するのも面白い。

今はハズレを引きたくないから情報を精査し、訪問しているが、

ギャンブル的な感覚で訪問するのもまた魅力。

今回初訪問の「ずいずい」だがくろば亭の帰り際、

店先に行列が出来ていたので訪問してみた。

勿論、この店の情報は何も無い。

調べようと思えば携帯でも情報収集は可能だ。

だが、並んでいる人間の表情だけで入るのも面白い。

入店するまでどんなラーメンが出てくるのか?私の脳内では博多とんこつ風を想像した。

店の前には広めの駐車スペースがあるが、満車ですね。

表で10分ほど待ったでしょうか?ようやく着席です。

 

 

 

注文方式は口頭でします。

メニューは着席して右側の壁に貼ってあります。

この時点で他の客が食べている物を見て「家系」だと気づきます。

メニューのバリエーションはチャーシューと角煮があります。

胃に余裕があったので、チャーシューメン中盛り950円をオーダー。

味の濃淡、茹で加減などは尋ねられませんでしたが、可能の様です。

ご夫婦二人で切り盛りをしているようです。

席はカウンターのみになりますが、10人前後のキャパでしょうか?

食べ終えた食器はカウンターにのせてくれとカウンターに書いてあります。

なんか二郎みたいですね。w

麺揚げ時にご主人は拘りがあるようで、一種のタメがあります。

注文してから更に10分以上待ちました、ようやくラーメンの登場です。

おお!チャーシューがびっしりですよ。

薄目のチャーシューとはいえ、丼全体を覆うチャーシューに見ただけで幸せを感じます。

麺を引き出してみるとやや太めで短めの黄色みが強い麺が登場。

家系ブランドの酒井製麺ではないみたいですね。

まずはスープを・・・ずずず事厨逗ッズずる~~~。

家系を主張する濃厚豚骨スープでがあるが、意外とライトな印象。

口の中にぶわ~~~っと旨味が広がるのではなく、じわりと自嘲気味な感じです。

それが食べ易い家系である半面、家系王道を知る方々にはインパクトが無いと思うかも?

醤油が結構主張しています。

私としては味濃い目なスープです。

完飲するには塩分気にする濃度だな~。

でも、第一印象は受け入れやすい豚骨スープです。

 

 

 

次に麺ですが、家系DNAを引き継いだ麺ですが、麺自体の味わいは普通かな?

昔、酒井製麺の麺を初めて食べた時、「さぬきうどんのような味わいだな~」と

思った事を思い出しました。

今回はそういう何かに例える様なものは浮かびませんでした。

次にメインのチャーシューを食べます。

チャーシューは薄いですが味付けは濃い。w

見た目はそんなにショッパそうな印象は無いのですが、結構味濃い目。

この味付けならスープは味薄目でいいかもしれません。

でもボリュームは大満足ですね。

並盛りチャーシューメンなら850円、納得のボリュームです。

一通り味わったところでカスタマイズ。

卓上にはニンニク、豆板醤、紅ショウガ、ゴマ、胡椒、酢、醤油とあります。

家系ならニンニクと豆板醤を入れなきゃ邪道でしょう?w

あとはゴマを散らし、貪り食べました。

久々の家系ですが、美味いと思います。

ライトヘビー級の家系と言ったところですね。

三浦に来たらまた寄りたい店です。

あ、次回は当然味薄目で注文します。w

それと今回注文したのは中盛りですが、大盛りでも余裕で完食出来たと思われます。

 

 

ところで、今回三浦で3軒食べ歩きましたが、共通して言える事は水が不味い。

水が不味いのはお店のせいではありません。

お冷は当然、水道水であろうからこの地域一帯に言える事です。

東京の水道水もかなり改善されました。

自然に囲まれた地域の水が美味しくないと残念です。

食事の前にお冷を口に含むので、尚更感じました。

 

ここで一句

     豚骨を

        博多と思う

           浅はかさ

Photo_14

2012年10月28日 (日)

三浦市 地元料理 くろば亭 づけトロ天丼

Photo_8Dsc_6142

Photo_6Dsc_6147

Photo_7Dsc_6148

Photo_9Dsc_6149 

Photo_10Dsc_6152

Dsc_6155

Dsc_6157

今振り返ると、俺の人生は期待に沿えない物だった。

期待とは当然、親の期待であるが、結局無能なまま終わりそうだ。

凡人に何を期待するのか?と言われても困るが、少なくと独身で終わる事は間違えない。

せめて歴史に名を残そうと思っているが、大きな犯罪でもしない限り無理。

あ、こんな事書くと警察にマークされるかもしれないけど、その心配は無用。

身内に警察関係がいるので常に監視されています。www

バカな事をするつもりは無いけど、心底バカなら無駄な事考えなくていいかも?

あ~自分は小さい存在だ、態度はデカイけど。

それにしても芸能人、スポーツ関連のみなさんは大変だね。

期待に応えられないとボロクソだからね。

身内だけに貶されるのと、見知らぬ人間やメディアに貶されるのでは、

精神的ダメージの大きさが全然違う。

だから結果を残さず叩かれて、その後一念発起して這い上がって結果を出す!

ということは本当に素晴らしい事なんだね。

一度や二度の失敗は失敗ではないのだ。

 

 

 

失敗ばかりの人生だが、食べる物は失敗したくない。

ぢんげるを後にして向かったのは「くろば亭」。

メディアにもかなり取り上げられ、三浦周辺では超が付くほどの有名店。

存在は知ってはいたが、初訪問になります。

駐車場に車を止めると店内へ。

ん?なんか変?

くろば亭の名物店主がいるが食堂ではない。

なんとお土産物専門に行ってしまった。

食堂は反対方向だという。

改めて食堂の方に行くと店先は無国籍風ながらごちゃごちゃした印象。

店内に入るとほぼ満席ながらもカウンターに空席あり、そこに座ります。

店内も随分とごちゃごちゃした雰囲気です。

カウンターと座敷席があります。

メニューを見ると・・・う~~~む、選ぶのに苦労する。

初訪問であるが、あれもこれも食べてみたい!という欲望に駆られる。

スタッフに売れ線を尋ねると、鮪のカルビ焼き風が一番人気らしい。

それもいいかもしれないが、鮪が売りのこの店、鮪を堪能したいのでお勧めを尋ねる。

すると、づけトロ天丼を勧めて来た。

なるほど、鮪のヅケと天ぷらをひとつの丼で味わえる。

私はづけトロ天丼1575円を注文した。

 

 

 

私はこの店では一眼レフですべて撮影した。

メディアでも有名なので、一眼レフを出しても誰も気にしません?w

そして、さほど待たずに丼が到着。

うほ!見た目のインパクトあるな~。

大きな鮪のヅケと天ぷら、そしてキャベツの千切りを主体としたサラダが

鉢のような丼の中に盛られています。

記念撮影をすると早速ヅケを・・・うん!美味い!!!

なんか久しぶりに赤身の美味いマグロを食べました。

ヅケの具合もなかなか良く、甘からずしょっぱからずで美味しい。

切り身も大きくて食べ応え有ります。

次にトロの天ぷらを食べてみます。

う~~む!美味い!!!

トロの天ぷら美味いですね!

次回、これの天丼があったら食べてみたくなります。

サラダもこんもりと盛られ満足です。

しかし、意外なほどご飯が少ないね~。

大盛りにすればよかったかな?

ヅケと天ぷらのボリュームにご飯の量が負けていますよ。

女性には良いかもしれないけど、それなりの金額を払っているのでご飯ください。w

味噌汁はダシがガツンと効いています。

こんなにダシが強調された味噌汁も珍しい、勿論美味い。

なんだかんだで完食、味に関しては文句なし、美味い!

鮪も拘るだけあって美味しかったです。

他にもいろいろ魅力的なメニューが満載ですが、あれこれ注文すると

一人当り軽く3000円は突破しそうですね。w

でも、また行きます!

 

ここで一句

     店主なら

         お土産店に

              いましたよw

Photo_11

2012年10月27日 (土)

三浦市 ぢんげる 中おち丼

Photo448

Photo_2463

449

Photo_3450

Photo_4451 

453

454

455

460

私は今の日本人の倫理観、道徳観を壊したのは政治家だと思っている。

都合が悪いと黙り、建前の言い訳でその場を繕う。

国民を欺く様な事を平然とやりのける。

言動、行動をすべてマスメディアに晒されているのを承知しての事。

国民の代表がご都合主義では国民も右に倣えになるわな。

 

 

そして、国民の結婚観を悪い意味で壊したのは芸能人だろう。

妊娠しました、入籍します、披露宴はやりません、別れました。

どこの国でも民族でも結婚披露宴はやるのに、やらないとはどうなんでしょう?

それに結婚に至る順番、過程、しかも比較的簡単に別れること。

一番人間性を疑うのは結婚生活の短さをテレビであからさまに語っている事。

バッカじゃねえ?

 

 

私は古い人間なんでしょうかね?

昨年、日本国民は大震災の時、その国民性、民族性を高く評価されました。

その高い国民性が危機的状況以外ではまったく発揮していない様に思いました。

むしろ、平常時は恥ずべき部分が多いような・・・最近の外交、国内の情勢ですね?

ああ・・・独身の私が結婚観をどうのこうのという資格は無いですね。

 

 

秋風がどんどん涼しくなり、サバが美味しい時期ですね。

三浦半島にある松輪で松輪サバを食べたくなりました。

しかし、松輪サバは今年は不漁で、口に入れる事が難しい。

今年はウナギ、サンマ、松茸に続きサバも不漁ですか?

サバが大好きな私としては少々悲しいことであります。

だが、三浦半島には鮪があるじゃないか!

今回はマグロを堪能しましょう。

調べてみるとマグロを食べさせる店は沢山あります。

その中でも一際目立つ店名が!

その名は「ぢんげる」。

インパクト抜群ですよ。

何で今まで気が付かなかったんですか?w

調べると、一日限定10食の中落ち丼が有名らしいです。

中落ちとは当然、鮪の中落ちのことです。

 

 

 

お店に着いたのは11時半ごろ。

店の前の駐車場がいっぱいだったので、少し離れた所に止めました。

店内に入ると意外と静か。

お客は入っているけど、みんな静かに食べています。

一応、メニューを眺めると「中落ち丼ありますよ」との事。

そうなりゃ中落ち丼を食べない訳にはいかないでしょう?w

中おち丼630円を注文するとご飯の量を聞かれました。

敢えて聞かれるということは大盛り無料なんでしょうね?

私は連食予定なので普通盛りにしました。

店内を見渡すと芸能人の色紙が沢山あります。

しかし、静かな店だ、聞こえるのはBGMぐらいか・・・お!BGMザード!

なんて良い店なんでしょう!w

5分少々で中落ち丼登場、おほ!中落ちのタワー状態。

630円と言う価格を考えると、本当にサービス価格ですね。

見た目のインパクトがワンダフルです。

記念撮影をし、タワーを崩した所でいただきま~す。

う~~む!普通に美味い!

中落ちなので素材のインパクトはそれなりだが、素朴な美味さがあります。

成るほど、これならご飯は大盛りの方が中落ちとのバランスがいいでしょうね。

今回私は中落ちのタワーを崩し、ワサビを醤油で溶かし上からかけていただきました。

どのように食べるかは好き好きですが、見た目は悪いけど、

ご飯と混ぜ混ぜしても面白いかな。

それにしてもBGMず~っとザードですね、ワンダフルですね。w

多分、CDをBGMにしていると思いますが、ザードファンですか?

それならば確実に年内再訪問させていただきます。w

魅力的なメニューもあるので、再訪問したいですね。

中落ち丼は確かにお値打ち品です。

 

ここで一句

     中落ちを

         ザードで食べる

               そんな昼

Photo_5

2012年10月25日 (木)

道の駅すばしりにて La Festa Autunno2012(ラ・フェスタ アウトゥンノ)~クラシックカー三十六景


Photo_8
Dsc_6140

Dsc_5912_2

Dsc_5915

Dsc_5924

Dsc_5927

Dsc_5936

Dsc_5940

Dsc_5947

Dsc_5952

Dsc_5957

Dsc_5962

Dsc_5969

Dsc_5974

Dsc_5983

Dsc_5990


Dsc_5998

Dsc_6000

Dsc_6006

Dsc_6012

Dsc_6022

Dsc_6027

Dsc_6030

Dsc_6037

Dsc_6039

Dsc_6048

Dsc_6055

Dsc_6058

Dsc_6068

Dsc_6072

Dsc_6079

Dsc_6088

Dsc_6094_2

Dsc_6108

Dsc_6114

Dsc_6123

Dsc_6134

その日はいつもより遅い出発だった。

休日でも6時に前には目が覚めて、7時ごろには例え目的が無くても出掛けている。

約2時間遅れの出発であったが、向かったのは富士山五合目。

富士山は段々雪化粧をし、来月には五合目までも雪が降りそうだ。

すると山小屋は冬期閉館になる。

その前に味わいたい料理がある。

はやる気持ちで先を急ぐが、山道に入ったところで、バスが先導する。

到着まで前回の倍以上の時間を要し、駐車場に着いたのは11時前。

食事を済ませたところで快晴の富士を撮影しようと思い、小富士までウォーキング。

たっぷり小富士からの景観を楽しんだあとは駐車場まで戻るだけ。

しかし、先ほどのバスの団体のおばちゃまがたの行列が山道を牛歩する。

これもまた行きの倍以上の時間を要し、「今日は無駄な時間が多い」とボヤキ、

山道を下る。

途中、山道途中で富士を撮影していると見知らぬ老夫婦が話しかけてくる。

「タイヤから煙が出たが大丈夫だろうか?」

山道を下る時はエンジンブレーキを使うのが常識。

フットブレーキの多用でブレーキが焼けたのだろう、一応チェックすると

ブレーキは効くには効く。

エンジンブレーキを使い、慎重に下り、すぐにディーラーに点検してもらう様に指示。

不安げな老夫婦をあとに私は下る。

下るうちに急に腹が下って来た。w

行きの時点で立ち寄った道の駅に再度、寄る事にした。

自分としては予定外だったが、我慢できそうも無い。

すると、駐車場まで来ると・・・お!クラシックカーが沢山!

今日のすべての時間の遅れがこのイベントを私に見物させるための物だったのだろうか?

腹痛も忘れ撮影するうちに、腹痛は消えていた。www

 

 

私が確認したのはマチャアキと杉下右京ではない右京。w

ここで一句

   マチャアキと

        叫んでみたら

             手を振った

2012年10月24日 (水)

富士山須走口五合目~小富士 秋の富士山十八景

Photo_6Dsc_5859

Dsc_5897

Dsc_5898

Dsc_5891

Dsc_5896

Photo_9Dsc_5860_5

Dsc_5861

Dsc_5895

Photo_10Dsc_5865

Dsc_5866

Dsc_5867

Dsc_5873

Dsc_5877

Dsc_5881

Dsc_5883

Dsc_5886

Dsc_5887

Dsc_5888

美人は3日で飽きるが、富士山は何度見ても飽きない。

今回初めて訪れた「小富士」。

こんな景色が広がっているとは思いませんでした。

往復のんびり歩いても1時間はかからないハイキングコースだと思います。

雄大な富士山を私のカメラで捉えるのは無理。

私の画像以上の感動が現場にはあります。

 

ここで一句

    小富士でも

        見渡す景色

             雄大だ

Photo_7

2012年10月23日 (火)

駿東郡 山小屋 東富士山荘 きのこクリームパスタ

PhotoDsc_5835

Photo_2Dsc_5841

Photo_3Dsc_5901

Photo_4Dsc_5902

Dsc_5843

Dsc_5845

Dsc_5847

Dsc_5848

Dsc_5850

Dsc_5852

Dsc_5854

Dsc_5856

美人は3日見ると飽きると言うが、ブスは一瞬たりとも見たくない。

ところで女性もイケメンは3日で飽きるのだろうか?

勿論、ブ男は見たくないであろうが・・・w

まあ、外見だけで人間を判断するのはいいことかもしれないが、倫理上悪い。

見た目通りの人間は沢山いるが、そうでないのも多い。

韓国は美容整形が日本とは比較にならないぐらい流行っているらしいが、

やはり、見た目は重要ということですね。

しかし、富士山は何度見ても飽きない。

特に空が青い時、いつ見てもほれぼれする。

前回は生憎の曇り空だったが、今回はまさしく快晴。

富士山5合目からいろいろな景色を撮影しよう!

だがその前に・・・

前回、個人的に好印象だった東富士山荘。

夏山シーズンが終わった今だけの季節の味が楽しめる。

冬期閉館になるので、やって来ましたよ。

丁度、バスに乗った超熟女の団体が居たが、その方々は食事の前にハイキング。

客が少ないうちに入店。w

入店したのは11時前かな?もっと早く到着予定だったが、バスが前を走っていれば

ひたすら我慢、我慢の運転でした。

注文するものは決まっていました、きのこのパスタです。

きのこ料理が沢山あるのですが、きのこと言えば小淵沢の仙人小屋と自然屋。

名店2店で食べられないような物を選びました。

パスタは醤油ベースとクリームソースベースとありますが・・・クリームをチョイス。

その他にキノコご飯も注文しようか悩みましたが、今年もう一回行こうかな?

きのこのクリームパスタは1000円、前払い制になります。

訪れたのが休日だったためかお客が多いです。

ほぼ満席ですね。

満席ではありますが、予約席がキープしてあります。

さっきの団体のためですね。

「お待たせしました~」と言われても全然待たされた気がしないほど早くパスタ登場。

5分かかったかな?

記念撮影をし、いただきます!



パスタは割と細い方でしょう?

食べてみるとファミレスのパスタみたい。

軟らかい訳ではないが、かと言ってアルデンテでも無い。

しかし・・・美味い!!!

なんかこれ美味しいですね!

在り来たりのファミレスパスタ風なんでしょうが、天然キノコの旨味が素晴らしい。

キノコの旨味でパスタの味わいを底上げしています。

今回、クリームパスタですが、キノコとクリームソースは合いますね。

当然と言えば当然だろうけど、美味い!

しかし、少々味付けがマイルドなので卓上のブラックペッパーをふりかけます。

おほほほ!美味い。

ついでに一か所だけ塩をふりかけます。

う~~む、濃厚ウマウマ。

後は全体的にブラックペッパーを散らし、食べ続けます。

いや~~それにしてもボリュームがあります。

富士山5合目とはいえ、1000円支払ってどんなものかと思いましたが、

キノコとパスタがほぼ同量ですね。

キノコご飯を注文しなくても胃袋は満たされますよ。

そして、肝心要のキノコ達ですが、ほぼ名前分からず。w

でも天然キノコの味は素晴らしいですよ。

調理時間の早さからすると、キノコなどは下処理済みでしょうが、

それを差し引いても美味い。

これ、醤油味のキノコパスタも食べてみたいな~。

いや、キノコチャーハンもニンニクの香りがして美味そうだった。

手軽に気軽に天然キノコが楽しめる、そんな所だと思います。

しかし、場所は気軽に来るにはちと、ツライかな?

11月に冬期閉鎖されるので、そのまえに行けるか???

勿論、食事だけではなく景色も楽しめます。

富士山は頂上に登らなくても感動があるのです。

それを明日のブログで披露します。

 

あ!コーヒーはちゃんとついてきました。

 

ここで一句

    山小屋で

        パスタを食べて

              下山する?

Photo_5

2012年10月20日 (土)

静岡市 来勝軒 チャーハン&ら~めん

Photo_11437

Photo_12426

Photo_13427

Photo_14428

429

430

433

434_2

435

一応、ブログは毎日更新を心掛けています。

でもネタが尽きて更新できないこともあります。

そんな時はアメブロを更新しています。

だが、アメブロも更新しないときもあります。

仕事の事とか身の回りの事とか書いてみたいのですが、

どうせ、愚痴になってしまう。w

愚痴なんか書いてる方はいいかもしれないが、見ている方はツライ。

共感を呼ぶ愚痴もあるかもしれないが、愚痴は愚痴。

あ・・・これも愚痴かな?w

 

 

 

用宗港といえば生シラス。

皆さんご存じの生シラスより2倍以上大きい生シラスが用宗では揚がるみたい。

漁港直営の店で2度ほど食べたことがあるが、美味いけどなんかちがう。

生シラス丼ではあるが、白魚丼といってもいいかもしれない。

用宗港まで来て、昼真っ盛りの時間に店さきに一人しか客が居ないのを見て、

ふとそんな事を考えた。

だが、用宗港周辺で生シラス以外に何がある?

あ!大阪王将があったな。

いや、大阪王将よりも中華なら人気の店があった。

私は用宗港に車を止めたままにし、歩いて来勝軒に行った。

 

 

 

初訪問になる来勝軒。

なかなか評判がいいようだが外観は割と年季の入ったもの。

店内に入るとほぼ満席、テーブル席、座敷、カウンターとあるが良く入っています。

メニューを見るとランチメニューがあるものの、通常のレギュラーメニューの多さに

目移りしてしまいます。

隣のオヤジが食べている天津飯も美味そうだな。

随分悩んだが結局ラーメン、チャーハンのセットにした。

価格は950円。

そして注文してから少々待たされます。

待っている間にニンニクのいい香りが・・・隣のオヤジが頼んだ餃子でした。

匂いだけなら結構美味そうだな~、ワイルド系の餃子だな。

餃子の匂いに腹が悲鳴をあげる。w

しかし、隣のオヤジ、焼き餃子とワンタンかよ?自由な発想だな。w

なんだかんだで20分ほど待ちました。

ようやくラーメン、チャーハン登場。

お!なんとセットでシューマイが1個とデザートで杏仁豆腐が付いている。

なんか得した気分。

周囲の視線を気にしながらも記念撮影をし、いただきま~す。

 

 

まずはラーメンですね、スープを事厨逗zzzzず~と・・・お!美味い!

鳥ベースのスープですが割と骨太というかダシがしっかり出ている感じがします。

醤油の輪郭がハッキリし、塩分も少々強めですが美味い。

次に麺ですが細麺ストレート。

食べてみるとプツンとした食感、コシの強さは無く、軟らかめな印象。

しかし、加水率低めでスープを纏い、良い感じです。

具にはチャーシューとメンマですが、メンマは業務用ですね。

市販のメンマと似た様な味がします。

チャーシューは味濃い目。

塩分強めに感じますが、ベースがいいのでどんどんスープを飲みたくなります。

次にチャーハンですが、味わいは至って普通。

パラパラしたご飯がなかなかいいです。

チャーハンスープは勿論ラーメンスープ。

交合に食べると・・・美味いね。

シューマイはふわっとした食感で軽い感じ。

最後に杏仁豆腐ですが嫌みの無い甘さでキレのいいもの。

なんだかんだで完食!

なかなか好感触なお店ですね。

ベースのスープがいいので、他の料理も食べてみたくなりましたよ。

何しろ客が次から次ととやって来て、スタッフもフル回転です。

地元に愛されているのでしょう、他所の者ですが仲間入りしたいですね。w

 

ここで一句

    港町

      魚を食わず

           麺を食う

2012年10月19日 (金)

静岡市 とんかつ宇田川 カツカレー

Photo_5412

Photo_6414

Photo_7415

Photo_8418

419

420

Photo_9422

423

先日、他人の奥さんを綺麗だと思ってしまった。

久々に直視するのも躊躇うほど綺麗だと思ってしまった。

子供も小学生の男の子がひとりいて、立派な主婦であり人妻である。

好きだと思ってしまった。

その女性とは恐らくもう、出会う事はほとんどないと思うが、こんな気持ちも久しぶり。

坂井さんが亡くなってからなかなかそういう気持ちが無かったが、

5年以上経過し、気持ちがリセットされたのか?

ただ、今回は人妻。

人妻を好きになった!と書くとなんてドロドロした雰囲気が醸し出されるのか?w

人生の横道ばかりを歩んできた私だが、恋愛は横道に行きたくないものだ。w

 

 

 

初訪問の好印象から再訪問を心に誓っていた宇田川。

今回、ようやく再訪問をしました。

それにしても新東名の静岡インターから市内へは随分走るね。

静岡の土地勘はある、と思っている私だが、流石に初めてだとここはどこ?だね。w

新東名は便利だがインターチェンジがすべて山側になるので、

市内へのアクセスはあまりよくない。

前回の浜松、そして静岡と利用してみてつくづく思った。

再訪問の宇田川であったが、再訪問したい店といえばミックスがある。

しかし、訪問時は定休日に重なり断念。

何はともあれ、お久しぶりの宇田川。

ほぼ開店と同時に入店すると客は私一人。

カウンターに座り、メニューを眺めていると「お客さん!ランチは壁に書いてあるよ」と

ご主人がやや大き目な声で話しかける。

ジャンボカツとかミックスとか悩んでいたが、ランチメニューを注文する羽目に。www

前回はソースカツ丼だったが、カツカレーを注文してみた。

ランチメニューだと味噌汁付きで780円のカツカレーだが、

ランチメニューで無いと900円ぐらいするみたいね。?

そのうちに客がどんどん入店してくる。

みんなカツカレーを注文している。

カツカレー注文率8割以上じゃないかな?前回は気が付きませんでした。

やがてカツカレー登場、5分少々かかったかな?

揚げ時間はそれほど長いと思いませんね。

記念撮影をし、スプーンを持ち上げいただきま~す。

 

 

 

カレーの匂いはホワ~~ンとしたもの。

見た目は家庭的なカレーですが、カレー自体はルーのみですね。

カツは厚みがだいたい1cmといったところでしょうか?

肉はレアにならないギリギリのところで揚げているようです。

見た目にも肉汁が多そうです。

まずはカレーのかかったカツをがぶり!と。

おほ~~~!!!!美味い!!!!

カツがやわらかい!美味い!!!!

前回のソースカツ丼の時もそうでしたが、ここのカツはやわらかい。

やわらかいが適度な肉への噛みごたえもあり、前回よりも印象がいいぐらい、美味い!

そしてカレーだが・・・じんわりと美味いな~~~。

適度な甘さと適度な辛さが混在し、大人も子供楽しめる味わい。

その分、カレーは辛口派には物足りないだろうね。

しかし、浸み渡る美味さだ。

なんか懐かしささえも感じるこのカレー。

私が食べている間にもご夫婦が次々と注文をこなす。

「はい、カツカレーあがるよ」

「はい、ソースあがるよ」

頑固オヤジを自称するご主人であるが、その言葉尻には愛がある。

阿吽の呼吸であるご夫婦の仕事だが時々、阿吽が乱れるときがある。

そんな時、ご主人の語気が荒くなるが、それはすぐにリセットされる。

宇田川劇場第二幕であるが、そんなご夫婦の遣り取りがカツカレーの美味さに上乗せされ

店の空間と食べ物の美味さの相乗効果で、胸にしみじみとした感情がこみ上げる。

なんか食べていて泣きたくなりそうだった。

アルペジオの旋律が心を癒す様な空間だった。

それにしてもカツカレー、これほど家庭的で美味いカツカレーを私は知らない。

カレー専門店でここより美味いカツカレーは確かに存在するが、

懐かしさと優しさを込めた味はそうそうないであろう。

いい店だ。

 

ここで一句

    カツカレー

       味噌汁つけて

             定食か?

Photo_10

2012年10月18日 (木)

沼津市 新東名 駿河湾沼津SA(下り) 麺屋 道神 つけ麺大盛り

Photo404

Photo_2402

Photo_3406

407

408

409

410

411

Dscn5748

ブログを初めてまるまる5年過ぎました。

ブログの無料スペースが2GBなのですが、丁度使い切りました。

10GBが無料なライブドアへの引っ越しも考えましたが、ドメインが「zard」で

愛着もあるし、このところアクセスも右肩上がりなのでこの場所に残る事にしました。

月々500円までは行きませんが、おカネを払って5GBまで使えるようになりました。

公開画像を大きくしてからどんどんスペースを取るようになりました。

画像を小さくするつもりはありません。

私よりもデカイ画像を載せている人もいるし、1日1000アクセス達成までは頑張る!

現在、アメブロにもブログを書いていますが、使い勝手はどちらも一長一短ですね。

でも、ニフティの方がかゆい所に手が届くようなサービスが多いです。w

 

 

 

東名の集中工事ですが、新東名のおかげで西に行く分には渋滞なし。

静岡に行く途中、沼津のSAに寄ってみました。

いや~~、空いているね。

時間的な事もあるが、一番人気が高かったSAも一段落ですね。

一段落したところで改めて食べてみますか。

どこにするか考えましたが、やはり「道神」ですか?

SAのラーメンとしては意外なほど美味かった「道神」。

再訪問してみました。

時間的に10時前でしたが店の前には客はいない。

前回はラーメンだったので、今回はつけ麺をチョイス。

麺の量は大盛りにしました。

つけ麺が780円で大盛りだと900円。

つけ麺900円だと通常だと大概の店は腹いっぱいになるボリュームですが・・・

呼び鈴の鳴動でカウンターに行くと微妙な盛り付けのつけ麺が。

ていうか、ひさびさに見た目がショボイと思いましたよ。

もしかして上げ底?と思いました。

第一印象はラーメンに比べチープな印象。

気合いの入らない記念撮影をし、いただきます。

 

 

 

つけ汁はラーメン同様、豚骨ベースに魚介の風味が出ています。

つけ汁の中にはチャーシューが1枚、メンマが数本。

麺は中太の縮れ麺、当然、ラーメンと共通の物だと思われます。

つけ汁に麺を浸し啜ってみると、インパクトが無いな~。

ラーメンの印象よりも2ランク位落ちますよ。

ラーメンの時は褒めたけど、つけ麺だと褒める要素が無い。

麺は昔食べた東池袋大勝軒の麺がもっちり感が無く、全体的に硬くなった印象。

麺はこれはこれでいいのだろうが、肝心のつけ汁が微妙。

風味、コクが物足りない。

レシピ、変わって無くてこれですか?

それともつけ麺にするとこんなに頼り無いものになるのですか?

冷たい麺を浸けるとつけ汁の温度が下がるのはつけ麺の宿命ですが、

下がっても最後まで美味しく食べさせるのが名店が名店たる所以。

食べ進むうちに麺へのスープの絡みも悪くなるな~。

メンマは業務用の味がバンバンします。

麺は上げ底ではなかったが、値段の割にはもう少しのボリュームが欲しいな~。

そんな訳で再訪問はありきたりなSA、PAの味でした。

機会があればもう一度ラーメンを食べてみますか?

 

ここで一句

     真実は

        客が決める

             食べ物屋

Photo_4

2012年10月15日 (月)

中郡 くるまやラーメン二宮店 ねぎスタミナラーメン、餃子

386

Photo_9387

Photo_10388

Photo_11389

390

391

392

393

ラーメン屋で優越を感じる瞬間とはチャーシューメンを注文するときであろう。

やはり、チャーシューメンを注文すると「カネ持ってるぞ」みたいな気がする。

それと同じくらい優越を感じるのがネギラーメンを注文するときである。

「カネもあるし、健康も注意してるぞ」みたいな優越を感じる。

初めてのラーメン店に行ったら基本メニューを注文とか言われているが、

私の場合、それはほぼ無い。

低レベルな優越であるが、こんなことでしか優越を感じない私は・・・?

ところで、ネギ味噌チャーシュー麺を注文する時はどんな時だろう?

ギャンブルで勝った時?

なんか嬉しい事があった時?

給料が出た時?

私が考えるにラーメン店でネギ味噌チャーシューは頂点に君臨する物ではないだろうか?

醤油味のネギチャーシューもあるが、通常味噌ダレの方がコストがかかっているので、

ネギ味噌チャーシューメンをラーメンメニューのキングオブキングに認定したい。

しかし、これはあくまでもデー家基準なので、そこんところヨロシク。w

 

 

 

松茸など高級素材を味わった後は、また元の貧乏舌にリセットしなければならない。

私は薄給のサラリーマンである。

日々昼飯に1000円以上かけていたら、昼飯貧乏になってしまう。w

やっぱね、ラーメンよ、ラーメン。

ラーメン食べようよ。

ラーメン大好きだし、気楽に豪華にラーメン食べよう。

 

 

私をラーメン好きにさせたのは今は無き小田原の味一である。

初訪問で注文したのが味噌チャーシュー大盛りだった。

美味しかったのでず~っと同じものばかり注文していたが、そのせいか

私はどの店いっても味噌チャーシューを注文するようになっていた。w

そんな味噌好きな私にとって欠かせないのが「くるまや」。

でもこのブログではまだ2回目なんだよな~。

今回訪問したのは二宮店、前回と同じです。

ほぼ開店と同時に入店するも先客は3名。

今回注文したのはネギスタミナラーメン大盛り1090円と餃子です。

餃子はランチタイムサービスで157円になっていました。

更に半ライスサービスがあり、この前、燕でラーメンライスをやらない掟を破ったので、

今回は少し考えましたが、いただくことにしました。

まずはラーメン登場。

ネギの盛りがいいですね。

ネギの下には炒めたモヤシとニンニク、温泉玉子、バターがあります。

スタミナにはチャーシューは1枚ものらないのね?

ところでスタミナでワカメか・・・ワカメはスタミナの元か・・・?

因みに玉子は生玉子も選べます、好きな方をどうぞ。

従業員の視線を気にしながらも記念撮影をし、いただきます!

 

 

 

まずはスープ。

図事厨逗zずずz~~う~む普通に美味しい。

次に麺を啜り、ムシャムシャと食べ続ける。

餃子も値段を考えると普通に美味しいね。

個人的にニンニクがもっと増量されれば嬉しいけど、その分臭うな。

ネギは豆板醤で味付けされており、スープに溶かすと辛ウマです。

う~~~、汗かいてきた。

ところでライスですが、麺を完食してから食べ始めました。

残ったスープをまさしくスープ代わりにし、ライスを食べます。

スープを少々残しましたが、完食です。

野菜もほどほど補給でき、ボリュームも満足出来るので、ロードサイドに見つけたら

また寄りそうですね。

それにしても、文章が長い割に味の感想が短いですね。

いいんです。

これがデー家物語のブログです。

食べログには登録していないので、これでいいんです。

 

ここで一句

   食べログを

        見てはいるけど

                不参加で

2012年10月14日 (日)

北杜市 ROCK (ロック) マルゲリータ、ビーフカレー

Dsc_5814

Photo_3Dsc_5810

382

Photo_4383

Photo_5Dsc_5815

Dsc_5818

Dsc_5820

Dsc_5821

Photo_6Dsc_5823

Dsc_5824

Photo_7
Dsc_5827

Dsc_5829

いつもならば仙人小屋、自然屋と連食するのであるが、自然屋定休日のため方向転換。

足を伸ばし清里駅へ。

清泉寮の前、往復しているよ。w

駅に車を止めると駅周辺を歩いてみた。

・・・随分と寂れていますな。

過去の栄光はどこに?閉店した店ばかりですよ。

1キロほど歩くと萌木の村なるものが。

あ~~そういえばカレーの美味い店があったな、行ってみるか。

キノコと松茸が充満している腹であったが、所詮はキノコ。

もう一食位はいけます。

周辺散策をして歩きまわり、お腹をこなした所で行ってみました。

店の名前はロック。

訪れたのは平日のランチタイム過ぎでしたが、結構な客の入り。

ほぼ満席、いや順番待ちだよ。

大人気じゃないですか!

店内は解放感溢れる高い天井でウッドタイプのテーブル席がずらり。

スタッフに一人だと伝えると好きな所に座れと。

6人掛けに座っちゃったぜ~、態度がデカイだろう~?

それにしても本当に忙しそうですね。

メニューを見るといろいろありますが、カレーを食べるつもりだったがピザに興味が。

マルゲリータにするか・・・いやでもカレーも食べてみたいな。

ええ~~~~い面倒くさい!両方食う!

注文したのはマルゲリータ1100円とカレーライス960円。

俺の外食はいつも高く付くな~。w

まずはピザが登場、時間差でカレーも到着。

入念に撮影をし、いただきま~~す!

 

 

 

まずはマルゲリータ。

生地は薄くて周囲はカリカリしたもの。

自分でカットしてまずはそのまま・・・うん!松茸の香りがするね、

マルゲリータなのに松茸入れてるんだ?

違う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

指に付いた松茸の香りが全然消えていない、それが松茸風味にしている。wwww

なんかピザに味が無いな~、塩気も何も感じないな~。

違う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

天然キノコの旨味がピザの味を邪魔している。

卓上を見渡すよタバスコと岩塩がある。

私はピザにタバスコをかけるのが好きではないが、かけて食べてみた。

タバスコと共にようやくモッツアレアチーズの味がする。

でもこの食べ方は邪道だよな。

どちらにしてもボリューム的にオヤツ感覚で食べました。

外側がクリスピーですが、生地全体はモチモチまではいかないが、軽い食感です。

 

 

 

次にカレーを食べます。

このスタイル、八ヶ岳PAの上りで食べましたね。

清里カレーとかいうもので、カレーの上のレーズンバターが特徴です。

前回はPAでしたが、本家本元はどうでしょうか?

まずは一口。

ほぉ~~~~カレーなのに松茸の香りがするね。

清里カレーとは松茸入りなんだ?

違う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

胃の中の松茸の香りが口に戻ってくる。www

カレーのルーは牛肉が繊維状になるまで煮込まれた物。

肉は食感として分かるが、他の具材はすべてルーに溶け込んでいるようです。

多分、このカレーは濃厚な味わいだと思いますが、濃厚さを感じません。

キノコがカレーの味を邪魔して、このカレー本来の味が良く分かりません。

このカレーは一緒にサラダも盛られていて、葉物中心のサラダはドレッシングもすでに

かけられていて、カレーと交合に食べるのがお勧めの様です。

お腹が一杯になってきたとはいえ、天然キノコの旨味や香りが、

こんなにも凄い物であるとは思いませんでした。

昨年は仙人小屋でキノコのホイル焼き、自然屋でキノコの天ぷらを食べたので、

キノコ、キノコで分かりませんでしたが、天然キノコの後には通常のレストランで

食べない方がいいようです。

天然キノコの旨味成分に勝つにはジビエ料理しかないと思います。

ピザもカレーも間違い無く美味しいはずでしたが、本当の味が分かりませんでした。

因みに松茸の香りは風呂あがりでも指から匂い、1日中口の中は松茸でした。ww

幸せなんだろうか???w

 

最後にサービスという、焼きマシュマロですがじっくり焼くと良いと思います。

慌てるとみんな焦がしてました。w

 

ここで一句

    ピザ、カレー

       どちらも美味い!

              と、思うよ

Photo_8

2012年10月13日 (土)

北杜市 仙人小屋 焼き松茸定食、キノコの天ぷら

1Dsc_5766

1_2

Dsc_5767

1_3

Dsc_5773

Dsc_5774

1_4

Dsc_5775

Dsc_5777

Dsc_5778

1_5

Dsc_5780

Dsc_5781

1_6

Dsc_5782_2

Dsc_5784

Dsc_5791

1_7

Dsc_5793

Dsc_5794 

Dsc_5799

Dsc_5800

1_8

Dsc_5802

Dsc_5805

読め無い名前が多いね。

読め無いだけではなくて、どういう意図で命名したのですか?というのもある。

ネット上は「DQNネーム」とか言われているが、でもそれって今更ではなく、

昔も女性の名前に動物の名前をつけたり、割と色気を感じさせない名前が多い。

具体的に書くと当然、実在する方が居る訳だから控えるが、

私は「悪魔くん」を思い出したよ。

昔、姓名判断に興味を持ち、自分の名前から友人知人、家族と占ったりした。

まあ、占いと言う物は当るし外れるしで何事も自分次第なのは間違い無い。

世の中渡っていくのは自分次第なのだが、人間関係構築する中で、

読め無い名前というのはどうなんでしょうかねぇ?

私の名前ですか?

自分自身は気に入っていますよ。

姓名判断上は良くない部分もありますが。w

 

 

 

さて、久々に仙人小屋に行きますか。

イベントもいいけど、やはり秋の味覚を満喫したい。

秋といえばキノコですよ。

キノコを食べましょう。

去年は長野まで松茸を食べに行ったけど、それよりも仙人小屋と自然屋で食べた

キノコ料理の方が何倍も良かった。

朝6時半に出発し、途中休憩を挟み10時過ぎくらいに着きましたが、

まだ開店してないのでそのまま清里方面へ。

パンの美味しい清泉寮でパンをまとめ買いする。

丁度コスモスが咲いていました。

青空もなかなか綺麗で今が一番、いい時期じゃないかな?

時間を潰したあとは仙人小屋へ。

今日は自然屋は定休日なのね?

開店と同時に入店するも先客は1名。

おお!!!なんと焼き松茸定食の文字が!

熊とか鹿シャブとかあるけど、松茸食べない訳には行かないでしょう?

去年もだいたい同じ時期に来ているが、松茸は無かったね。

焼き松茸定食3000円と、キノコの天ぷら1500円を注文した。

総額4500円だが、焼き松茸に期待が膨らむ。

 

 

 

やがて、炭火の入った焜炉登場。

やはり、このスタイルで来ましたか。

仙人小屋の提供スタイルは目も気持ちも楽しませてくれます。

そして、松茸登場。

おおおお!!!!!!!!!!!!!立派!!!!!!!!!

15cm以上の大きさがあります、デカイ!!!!!

これ、1本1万円でも通用するんじゃない?

しかも今年は松茸が不作なので1.5万円以上でもいいんじゃないですか?

それが3000円で食べられる!!!!!

す、素晴らしい!!!!素晴らしいぞ~~~!!!!!!!

仙人のことだから当然、朝採れのはずだから・・・ワンダフル!!!!!

私は松茸を割かずに丸のまま炭火の上に置いた。

個人的に割くよりもこの方がいいと思います。

松茸が焼けるまでの間に・・・天ぷら登場!

このボリューム、凄いな。

天つゆにつけていただきま~~す!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

うまあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!

名前も知らないキノコが美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

旨味成分が口の中に溢れているぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

もう、私は野獣の如く貪り食った。

舞茸以外名前の分からんキノコが本当に美味い!!!!!!!!!!!!!!

去年のホイル焼きもワンダフルだったが、天ぷらもブラボーだ!

松茸定食には塩がついていたので、それで天ぷらも食べた。

ぐふふふふふふふふふ!!!!!!!!!!うま!うま!うま!

さあ、そして松茸が焼き上がりました。

あ~~~香りが素晴らしい!!!!瑞々しい香りが!!!!

まずは酢橘をしぼり、それだけでいただく。

ぬあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Photo

お母さん、ジャパン人に産んでくれてありがとう!!!!!

ああああジャパン人で良かった!!!!!!!!!!!!

去年、長野まで行き松茸尽くしを食べたが、去年の思い出が完全にぶっ飛んだ!

当然松茸は山梨産ということになるだろうが、香りが素晴らしい。

鼻腔から脳下垂体まで行き渡りそうだ。w

そして瑞々し食感、シャキシャキした松茸本来の味わい。

キノコの天ぷらで旨味成分が口の中に溢れているのに、さすがは松茸、キノコの王様。

それらを押しのけて十分に王たる存在を味わせてくれる。

じつは私の実家は青果業を営み、子供のころは松茸なんか当たり前のように

食べていたのだが、いつのころからか食卓から松茸が遠のき、

なかなか口にする事が出来なくなった。

それでも近年、ブログネタになればと思い松茸を食べて来たが、

今回は松茸が何故高価なのか?納得出来る出会いであった。

松茸には感動があるのだ。

残りは塩を少々つけたり、ポン酢で食べたりしたが、どれも美味い。

焼き松茸定食は副菜も充実しており、焼き松茸定食だけでも十分満足出来るでしょう。

そして仙人自慢のキノコ汁、やはり美味い!!!

おカネに余裕があるなら焼き松茸定食+焼き松茸でもいいかも?

多分、予想価格は5500円だと思いますが、松茸そばもあるので、

ご自分の予算に合った組み合わせをどうぞ。

すべてを食べ終えるとかなり満腹になりましたが、そこはキノコ、

低カロリーなのでそんなに気にする事は無いと思います。

いや~~それにしても松茸を割いた指から松茸の匂いが消えないよ。w

体中に松茸の香りが染みついちゃいましたよ。www

本当に、本当に満足出来ました!

 

 

PS  この松茸の香りがこの次の店での味を変えてしまう。www

 

ここで一句

     松茸を

        毎日食べて

              異臭かな?

Photo_2

2012年10月10日 (水)

海老名市 ザボン 海老名SA上り店  匠とんこつ味噌ラーメン

Dscn5702

Photo_16
Dscn5705

Photo_17
Dscn5706

Photo_18
Dscn5707

Photo_19
Dscn5708

Photo_20
Dscn5709

Photo_21
Dscn5710

自分の人生にスマホが必要かどうか考えた時に、月に通信料が幾らになるかが重要。

私は昔から通話料の出費が多くなるほど無駄な事は無い、と思っている。

当然ながらPCは定額である。

昔のように電話回線でインターネットにつないでいた時は、

会社の回線でつなぎ、楽しんでいた。(とんでもない奴!)

しかし、ネットは会社でやるより、自分の部屋に戻った時の方がやはり長い。

そんな時、夜間定額みたいなものがあり、その時間帯を利用してネットをやった。

だが、時代はどんどん進み、ADSLの安くて早くて定額が当たり前になり、

光でなければネットではない時代まで来た。

そんなPCの変革だけを見て来た私にとって、スマホやタブレット型などは未知なる物。

他人がやっているのを横目に見ながら「俺には必要無い」と思って来た。

それにアプリにカネを払うなど、PCをやって来た者にとって理解不能。

ソフトでカネを払うのアンチウイルスソフトだけ、あとは無料。

しかし、時代は徐々にクラウドをPCの世界に導入しようとしている。

クラウドの理論は分かるし、新しいPCを購入しようとした時に安くなる良さもある。

ただ、それってPCのスマホ化?などと思ってもいる。

スマホもクラウドも理屈だけで未経験の私。

XPが良かったよな~!とこの先言わない様に勉強しないと。w

 

 

人間、一度失敗した事はすぐに修正しないといけない。

私の目的地は幕張だが、大磯PAで休憩したのにまたもや海老名SAに寄る。

前回、匠を言い損ねた失敗を修正しに来た。

私はどこにしようか店を選ぶ姑息な芝居をしながらザボンのまえに。

「匠とんこつ味噌をください」

「並盛りでいいですか?」

「はい」

匠とんこつ味噌ラーメン890円。

ショバ代の高いSAとはいえ、なかなかいい値段だ。

今回も9時前という中途半端な時間な為、テーブル席はガラガラ。

注文してブザーが渡されるとほど無く鳴動。

ニンニクは頼むと入れてくれるようだが、やめた。

七味をふりかけテーブルへ。

あ、勿論セルフサービスです。

記念撮影をし、いただきます。

 

 

麺の上にはチャーシューが1枚、極太メンマが数本、半熟玉子が半分、あと野菜少々。

ん?黒い油が浮かんでいる・・・マー油だね。

見た目は890円という価格には疑問がある。

まあいい、食べてみよう。

麺をずるずる~~、細麺カタメ、喉越しいいよ~。

スープをずるずる~~、マー油が浮いている分、味噌より香りとコクがプラスだね。

今回は並盛だけど、麺のボリュームは良い方じゃない?

前回大盛りだったけど、大盛りと大差がないボリュームだと思うよ。

ん?それじゃ大盛りの頼むと損じゃん?

ん?それぐらい並盛りの麺が多く感じるってこと?

でも、これ食べる前にカレー食べてるじゃん。

俺の胃袋の錯覚じゃねえ?

なんか一人でブツブツいいながらラーメン食べてるね?アホだね。

ああ、結局完食だよ。

いいんじゃね、ザボン。

隣のたいざんには悪いけど、次回もザボンかもしれないね。

そういえばたいざん、夜限定の太麺やめた?メニューに無いようだけど?

どうでもいいけど満腹だよ。

幕張つく前に居眠りしそうだな。

 

ここで一句

    匠とは

       匠に味を

           変える事?

Photo_22

2012年10月 9日 (火)

幕張メッセ CEATEC JAPAN 2012 コンパニオン画像少し

PhotoDsc_5678

Photo_2Dsc_5683

Photo_3
Dsc_5690_2

Photo_4
Dsc_5692_3

Photo_5
Dsc_5694

Photo_6
Dsc_5699

Photo_7
Dsc_5701

Dsc_5710

Dsc_5709

Dsc_5713

Photo_10
Dsc_5716

Dsc_5719

Dsc_5726

Dsc_5739

Dsc_5746

Photo_8
Dsc_5747

Dsc_5757

Photo_9
Dsc_5557

Dsc_5568

Dsc_5576

最先端技術とはなんぞや?

そんなイベントなんです。

そんなイベントにも綺麗なお姉さんがいるのですが、このイベントほど

一眼レフカメラを持ち歩いてうろうろしていると、場違いな雰囲気のイベントは無い。w

何しろみんな頭良さそうな顔しているよ。

でも、バカな私でも結構、楽しめるんですよ。

来場者が少ないのでゆっくり見られるし、体験も出来る。

スーパーハイビジョンとか音響とか。

 

 

でも、コンパニオン撮影は・・・今回は不出来。w

 

ここで一句

    理工系

       コンパニオンより

               新技術

1

中郡 大磯パーキングエリア(上り線)フードコーナー  カレーライス(辛口)

Dscn5701

Photo_11
Dscn5697

Photo_12
Dscn5698

Photo_13
Dscn5699

今更ながら公務員になっていれば、リストラや会社存続の心配をしなくて済んだか?

若い時は怖いもの知らずでイキがってきた私だが、だんだん体力的な衰えを

自覚する事により、将来に不安が出て来た。

今の会社に年金貰えるまでいられるなんて、まるっきり思っていない。

サラリーマンは消耗品とか部品とか言われるが、うちの会社は燃料だよ。w

減ったら補充すればいい、そんな会社だよ。

燃料補給する時は安い店探すでしょう?それと同じ。

人件費の安い人間をどんどん補充すれば、ランニングコストは減らせる。

そして、そんな会社に縋りついていなければ生活できない自分が嫌だ。

辞めてバイト生活?今更出来るか!

ヘッドハンティングされるような脳味噌は持ち合わせていない。

スキルアップ!などと世の中のたまうが、上には上が居る。

努力をして、才能を開花させなければ人間的価値など半分以下だ。

それを考えると、己に落ち度が無ければ安泰な公務員が羨ましく思える。

親が公務員になれ!と随分言っていたが、それを蹴ってまで

俺は何をしたかったのだろう?

東京ゲームショウのコンパニオン画像を眺めていて、そんな事を考えた。

 

 

 

人間、何事も下準備が必要である。

私が大磯PAを利用する時は99%、イベントに行く前の腹ごしらえである。

麺を食べ、そば、うどんを食べ、あとはご飯ものである。

肉野菜炒め大盛りに今度こそ!と思ったが・・・カレーライスにした。

甘口、辛口と選べるので辛口にした。

ざる蕎麦とセットにしようかと思ったが、やめた。

カレーは少々辛かったが普通に美味かった。

ただ、ルーの中に具が何も無い状態のカレーは寂しい。

ならばカツカレーなどを注文すればいいのだろうが、やめた。

私はたかがPAで食事をするのに、何を悩み、苦しみ、やめた!と思うのだろうか?

何故、欲望のままに券売機のボタンを押せないのだろうか?

何故、朝定食のメニューがあるのに、それを押さなかったのか?

 

わからない。

 

私には分からない。

 

ここで一句

    書けないの?

         誤魔化すならば

                上手にね

Photo_14

2012年10月 8日 (月)

甲府市 とんかつ力 特ロースかつ定食

Dscn5681

Photo_2Dscn5666

Photo_3Dscn5668

Photo_4Dscn5670

Dscn5677

Dscn5678

会いたい人がいない。

これは人間として寂しい事なのだろうか?

会いたくない連中に囲まれているから、会いたい人がいてもおかしく無いと思うのだが。

会ってみたい人はいる。

芸能人、スポーツ選手、タレント、政治家・・・会ってみたいが必然性はない。

必然性を感じる出会い。

それが無いのは私の人間関係の浅さを表しているのかもしれない。

人間、孤独でいいわけがない。

だがある日、訃報を聞いた時、「会いたかった」と必然性を感じた。

失って感じる自分の鈍感さに情けなく思う。

 

 

 

そういえば、とんかつ力では鳥モツしか食べてないな。

3度目の訪問になるが、とんかつを食べてみよう。

ちよだを後にした私は甲府駅前の武田信玄公の銅像の真正面にある、

とんかつ力に入った。

Bー1で鳥モツ煮が優勝してから2度訪れている。

鳥モツ煮はこことあと一軒しか知らないが、この店のレベルは相当高いですよ。

鳥モツ煮が食べたければこの店を絶対、お勧めします。

しかし、メインはあくまでもとんかつ。

今回は、そのとんかつを食べます。

店内に入ると半分位の客の入り、鳥モツ煮効果は一段落したようですね?

カウンターに座り、メニューを見ると・・・安いね。

価格帯は1000円を切る物が多く、とんかつ店でありながら財布に優しい。

どれにしようか迷うが、一番高い特ロースかつ定食1300円にした。

1300円が一番高い?あとは鳥モツ煮をセットにした価格ですよ、安いね。

 

 

特ロースカツは当然、肉質がいいのでしょう、大きさならジャンボカツがあります。

さほど待たずに特ロースかつ定食登場。

それにしても奥さま、相変わらず素晴らしい接客で。

このブログを始めて接客が素晴らしいと思った店が3軒ある。

・銚子の久六

・静岡のラーメン ミックス

そしてここ、とんかつ力。

日常的なホスピタリティー、庶民感覚の中でのもてなし、そういう意味で高評価したい。

それはさておき、やはり味も大切。

記念撮影をし、肉にかぶりつきます。

おほ!やわらかい。

箸で切れるとんかつと書いてあったが、なるほどホロホロした食感である。

肉の厚さは1cm強といったところでしょうか?

ロースですが、脂の存在感は少なく、むしろアッサリした味です。

ヒレです、といっても分からない人は信じてしまうかも?

肉の匂いが割としますが、それは何も付けないで食べた場合です。

むしろ、下味はしっかり付いていてソースが不要かもしれません。

私は千切りキャベツにソースをかけて、肉と一緒に食べました。

ソースは卓上の壺にたっぷり入っています。

ソースの味わいは甘さ控えめですかね?キレ味のあるソースだと思います。

ご飯はお替り自由ではありませんが、たっぷり入っています。

赤出汁は普通かな?

全体的に普通に美味しいと思います。

1000円しない価格で色々なメニューがあるので、この周辺の皆様には

気軽に入り易いとんかつ店だと思います。

そして何よりも味のアクセントに接客が貢献しているのは間違い無い。

 

ここで一句

     信玄が

        毎日見てる

             とんかつ屋

Photo_15

2012年10月 7日 (日)

甲府市 ちよだ おざら

Dscn5652

Photo_6Dscn5655

Photo_7Dscn5656

Photo_8Dscn5657

Dscn5659

Dscn5660

毎日酒を飲んでいる。

だいたいビールでいったら1.5リットル前後、2リットルは超えない様にしている。

しかし、毎日休みなく飲んでいると、1.5リットルでも翌日キツイことがある。

酒を抜けばいいのだろうが、なかなかそれが難しい。

なんで毎日飲んでしまうのか?

ところで酒のツマミと言えば、柿ピー。

ツマミ無しでも酒は飲めるのだが、やはり無いと口寂しい。

コンビニのフライドポテトをツマミにする日が続いているが、体重気をつけないと。w

 

 

夏も終わり、秋とはいえ暑い日々が続いていたが、ようやく無用な発汗が出ない日々が

続くようになった。

台風の影響もあるが、寝苦しい夜も無くなり、寝やすい日々。

今まで外食時は3食たべることにしていたが、これから春先までは2食で十分。

場合によっては1食でもいい。

そうなると、食べる所を厳選しなければいけないが、食べたい物を栄養バランスを

考えながら食べるのが建前なので、なるべく野菜の多い物を選んで行きたい。

野菜炒め定食とか、野菜ラーメンとか、野菜カレーとか野菜鍋などを選びたい。

でも、そんな菜食主義に入る前に今一度、食べたい物を食べよう。

何故か私は甲府駅前に来ていた。

甲府駅前にはなかなか美味しい店が揃っているが、やはり「ちよだ」に行こう!

ほうとうもいいけどやはり、完全に寒くなる前におざらを食べよう。

開店と同時店内にはいると私だけ。

これは完全に拍子抜けしました。

前回は満席の相席だったので、自分だけと言うのにびっくり。

壁の張り紙には夜限定で馬肉丼とかカレーとかあるけど、なんで夜カレーなんでしょうか?

て、いうか夜来てみたいけど・・・無理!

つまり、昼はおざらだけ食え!と。www

ま、おざら目的なので特に問題は無し。

おざら普通盛り690円を注文する。

 

 

完成まで15分少々かかるらしいが、前回は5分ほどで完成したな。

やがて、客がぽつりぽつりと入店してくる。

みんなおざらを注文する。

やがて15分過ぎた。

まだみたいね?

今回は20分以上過ぎてようやく完成。

て、俺より遅く来た客も同時提供。

う~~む・・・茹で置きをしない代わりにロット待ちか?

つまり、客が5~6人集まるまで作らないとか?

そうでないと、今回と前回の待ち時間の差が説明つかない。

開店入店は待つ!ということでしょうか?

美味しいので3回目の訪問は当然ありですが、次回はその辺の駆け引きも重要ですね?

ところで、肝心の味はというと、麺がもちもち、つるん!とした食感喉越しは変わらず。

手打ち感満載の不揃いな麺は小麦のナチュラルな白さを醸し出し、

まるで博多人形の肌みたいや~。

そしてつけ汁はあっさりながらもコクのある美味しい味わい。

個人的にはもっと野菜が入っていれば嬉しいが、具沢山の印象はある。

ラーメンのつけ麺みたいに、食べ終えたあと、つけ汁割が出来るといいね。

どちらにしても満足満足。

真冬でも湯盛りがあるようなので、次回はそれにチャレンジしようかな?

 

ここで一句

     寒くても

        つるっ!といきたい

                 喉越しだ

Photo

2012年10月 6日 (土)

足柄下郡 バーミヤン湯河原店 辛辡刀削麺、餃子

359

Photo_2344

348

350_3

Photo_4351

352

354

Photo_3356

人生2回目のバーミヤン。

初回はこのブログを始める前の話。

刀削麺の幟をみて、どうにも興味をそそられ入った次第。

刀削麺といえば、過去に関内二郎に行った時、臨休をくらい、

その時道路の反対側にある店で食べて以来だね。

美味かったけど、辛かったんだよね。

帰り際「美味しいけど、辛かった」と言ったら「ドモ、スイマセン」だと。w

バーミヤンは当然、削っていないのは分かっていたが、どんな物を食べさせてくれるか?

 

 

訪問したのは湯河原店、10時から営業しているが、10時半ごろですかね?

当たり前のように誰も客はおらず、私一人。

当然、刀削麺を注文するが大盛りが出来るかどうか確認をする。

出来ないと言うので、餃子を注文。

麺類を提供するチェーン店が多いのに、大盛り出来ないの?

刀削麺733円、餃子199円。

注文して5分ほどで同時に提供される。

ふ~~ん、見た目はなかなか美味しそうね?

徐々に客が入って来て、隣にじいちゃん、ばあちゃんが座るも気にせず記念撮影。

ではいただきま~~す!

 

 

まずはスープ。

図事厨逗zっずずずz~~・・・甘いな~~少々の酸味と甘みかな?

しゃぶしゃぶのゴマダレベースのような印象・・・だが辛い!

スープは普通、辛いと2種類あるが、辛い方を選んだ。

甘いスープに辛いラー油?がかけられ、甘いのに辛い。

悲鳴をあげるほどの辛さではないが、徐々に汗ばむね、辛い。

麺の上には大量のモヤシと揚げネギ?

麺を引きずり出すと・・・ほうとうじゃないか!

実際に削って無いのでどんなものかと思ったが、山梨のほうとうだよ。

食感もほうとう!中華ほうとう!しかも茹で方がおかしいのか、

麺同志がくっ付き、団子状のものがゴロゴロと出てくる。

いやはや、大体想像はしていたが、かなりお粗末ですね。

麺揚げの時、確認してないのかな?

生煮えだったら作り直させようと思ったが、そうではなかったので、我慢して食べました。

餃子は初めて食べましたが至って普通。

価格相応の味だと思います。

さて、麺が団子状のものがあるとはいえ、なんだかんだで食べちゃいましたね。

中華ほうとうだと思えばいいか?山梨は随分食べ歩いているが、

未だに中華ほうとうには出会っていないね。w

企画段階からあれこれ考えて試作を重ねたのでしょうが、

同様の価格で刀削麺を提供する店を知っているので、2度目は無いですね。

ランチ食べれば良かったな~。

 

またつまらないもので腹を膨らませてしまった。。。

 

ここで一句

     モノマネで

        満足しない

             麺世界

Photo_5

2012年10月 5日 (金)

豊島区 馳走麺 狸穴 肉盛つけ蕎麦

Photo_2Dscn5614

Photo_3
Dscn5615

Photo_4
Dscn5618

Photo_5
Dscn5619

Photo_6
Dscn5620
Photo_7
Dscn5621

Photo_8
Dscn5622

Photo_9
Dscn5624

私は仕事を教える時にメモを取らない奴には2度教えない事にしている。

私は仕事を教える時にメモを取って忘れたり、間違える奴をバカと言う。

教わった事を忘れ、教わっていない!と言い張る奴は見捨てる。

学生時代、予習復習は大事だと教わった。

しかし、復讐は理解できるが、予習は習ってもいないことが何故出来るのか不思議だ。

特に数学!物理!化学!予め習わないと出来ませんよ。

まして、私バカですから。

だが、今回予習の必要性を痛感させられる自体が私の身に起きた。w

池袋の帰り道、もう一軒寄ろうと思い、池袋でも屈指の名店「狸穴」に行った。

丁度、午後の部の営業が始まり、客もまばらだったので店内へ。

食券制なのだが、その前に店頭にあったメニューボードを見た。

つけ麺、肉盛り蕎麦、辛つけ麺、特製つけ麺、中華蕎麦と右から並ぶ。

初訪問でも基本メニューを注文しないのが私のいいところなので、

つけ麺は飛ばし、肉盛りか特製つけ麺が選択肢になった。

肉盛り蕎麦?チャーシューつけ麺かな?これにするか?

あとは麺の量だが、並盛りから特盛りまで同一料金。

ならば特盛りを選ぶのが当然であろうが、今回は大盛りで様子を見ることにした。

カウンターに座り、気長に待つ。

つけ麺は茹で時間に10分位で蕎麦だと3分位で出来るらしい。

ふ~~ん、随分格差があるね?何ででしょう?

やがて、他の客のつけ麺が次々に出来あがる。

「特盛りおまたせしまた~」

ほげ~~、どんぶりに麺がてんこ盛りじゃないか?大盛りで良かった。

つけ麺は780円だが、特盛りだとお得感がありますね?w

やがて私の肉盛りが完成した。

何故か私の前に紅ショウガと揚げ玉の丼が置かれる。

私は一瞬考えたが、つけ汁が来て何と無く理解する。

つけ汁が冷たいタイプなので、冷たいつけ汁は紅ショウガと揚げ玉がつくのね?

しかし、麺の登場で面喰う。

蕎麦??????????????????????

蕎麦粉が入っていると書いているが、蕎麦???????????

これと似たような物、2回ほど食べたけど、他の客と違うぜ?

なんで蕎麦なの?????????

御品書きの順番としてつけ麺と辛つけ麺の間に肉盛り蕎麦があったので、

完全に勘違いしてしまった。www

て、いうか何で蕎麦メニューがあるのですか?

いやはや、つけ麺を目的に来たのに蕎麦を注文してしまった。

食べログで調べてここに来たが、蕎麦の存在は知らなかった。

しかし、もう完製品が目の前にあるのだ、これを食うしかない!!!!!!!

いつものように記念撮影をし、手と手のしわを合わせていただきマンモス!w

まずは蕎麦のみを引きずり出し、啜ってみる。

田舎蕎麦ですかね?若干蕎麦の風味が物足りませんね。

蕎麦は太く、力強い物がありますが、至って普通だと思います。

つけ汁は冷たく、たっぷり入っていますが、私にはショッパイ。

温泉玉子が付いてきますが、つけ汁の中に入れると蕎麦に絡みますが、

ショッパイつけ汁も絡むのでマイルド感は無いですね。

次に肉を食べます。

肉は甘辛く煮付けられた豚バラ肉です。

見た目は美味しそうなのですが、これも食べてみると少々ショッパイ。

食べ方としてはネギと肉と蕎麦を絡ませて、つけ汁につけ食べる!が王道でしょうが、

肉とつけ汁が味濃い目、ショッパめなので蕎麦の味わいが損なわれると思います。

折角なので、紅ショウガ、揚げ玉も投入しましたが、段々方向性が違ってくる気が・・・

しかし、不味い訳ではない。

だが、間違って注文したがその代役になったかといえば、否。

スープ割が出来るようでしたが、スープ割を頼まず店をあとにしました。

こうなると、なんとしてもつけ麺を食べたいので再訪問決定です。

今月も出張があるので訪問するしかないでしょう?!w

ところで、メニューに中華蕎麦がありますが、それは蕎麦ですか?

それともつけ麺と同じ麺ですか?w

それと、目的を持って店を訪問する時はちゃんと下調べはしましょう。

外食の予習も大事です。w

ここで一句

    初めての

        お使いならば

              先、学べ!

Photo

2012年10月 4日 (木)

豊島区 築地食堂 源ちゃん 本日のお刺身定食

Photo_16Dscn5613

Photo_17
Dscn5600

Dscn5601

Photo_18
Dscn5603

Photo_19
Dscn5604

Photo_20
Dscn5605

Dscn5606

Dscn5608

Dscn5610

昔、我が部隊の会議は部長がひたすら喋るだけで発言の機会が無かった。

2時間でも3時間でも喋り続ける部長の〆は「予算達成しろよ!」だった。

会議は月に一回だったが、私の役割は部長の話の合間にボケを入れる事だった。

たまに研修もあり、全社的な研修でもほとんど一歩通行。

講師役の方が喋り続けるだけ。

話を聞くだけだったらyoutubeかニコ動で流したら?w

会議と言いながら発言の機会が無いなら会議じゃないだろう?

よその会議なんか上司の一方通行じゃないよ。

交通費払ってお話を聞いて、会議終了後に酒を飲む。

そんな退屈な出張も、楽しみは東京で飯を食べる事だけ。

出張利用してブログネタを探す。

私は物凄くずる賢いサラリーマンです。w

 

 

さあ、ランチタイムだ。

何を食べましょうか?と考えている暇など無い。

多少高くても、美味い物が食べたい!

サンシャイン方面にいくとレストラン街がある。

私としては無難な海鮮物を選んだ。

選んだ店は築地食堂 源ちゃん。

おしいね、源さんだったらパチンコネタが使えたのに。w

それにしても池袋で築地食堂か?種類が豊富なので入ってみた。

メニューを見ると本当に目移りするほど豊富。

あれも食べたい、これも食べたいと欲望がめまぐるしく沸き起こる。

結局、お勧めの刺身定食1290円。

一番、無難ですね?w

刺身なのでさほど待たされず、登場。

おおおおおおおおお!!!!!!!!

この盛り付けはインパクト大!ですよ。

ディープインパクトですよ!

ランチで祭り状態の盛り付けですが、冷静に見つめると沢山のかき氷が。

でもなんだかんだで7点盛り、この価格では頑張っていると思います。

近い価格で3点盛りなんて店がありましたからね。

では、記念撮影をし、いただきま~す。

 

 

肝心のお刺身の味ですが、普通に美味いと思います。

海鮮を食べ歩いている私ですが、鮮度が悪いとか質が良くないとか感じません。

ランチであると言う事を考えればどれも美味しくいただけました。

ボタン海老もミソまで食べましたが、満足です。

カツオも美味しくいただけました。

一番良かったのはネギトロでた。

白飯の上にのせて食べたら濃厚な味わい。

ご飯と味噌汁はお替り自由ですが、味噌汁の中は岩海苔ですかね?

ご飯は普通でした。

あとは小さい奴が付き、香の物が付きますが、香の物がお粗末でしたね。

香の物がお粗末な店が割と多いですが、盛り付けが雑で残念です。

何故書いたかと言うと、刺身の盛り付けにこれだけの拘りを見せていたので、

どうせ拘るなら全部拘った方がいいと思います。

和食は目でも楽しむものですから。

今回は出張でのランチタイムで利用しましたが、また来る?と言われれば「来ます」。

勿論、ランチタイムですけどね。w

 

ここで一句

    刺身とは

       舌と見た目で

             味わって

Photo

2012年10月 3日 (水)

豊島区 JR池袋駅 お馴染み 田舎そば 池袋店 五郎島金時のかき揚げそば

Photo_10308

Photo_11305

Photo_13307

ああ・・・東京に出張だよ。

またブクロに出張だよ。

新幹線で上りで来た時に、品川駅で降りるのと、東京駅で降りるのとどちらが早いか?

品川だったね。

東京から池袋まで山手線で25分。

品川からだと27分だったかな?。

しかし、新幹線で品川から東京まで5分少々かかるので品川の方が早い。

だが実際問題、どっちでもいい。

30分近くかかるのは間違い無いし。

ただ、一番の問題なのは何故、また立ち食い蕎麦に入ったのか?ということ。

そして何故大盛りにしたか?ということ。

その日一日、ず~~っと眠気との戦いだった。

 

ここで一句

   発言を

      させてくれない

            会議室

Photo_14

2012年10月 2日 (火)

駿東郡 山小屋 東富士山荘 きのこ汁

Dsc_5643

Photo_6
Dsc_5649

Photo_7
Dsc_5650

Photo_8
Dsc_5653

Dsc_5655

Dsc_5656

Dsc_5658

Dsc_5672

Photo_9Dsc_5671

Dsc_5659

Dsc_5661

Dsc_5662

Dsc_5665

Photo_12
Dsc_5666

Dsc_5669

Dsc_5670

富士山には2回、登山経験がある。

富士山の頂上から下界を見渡すと、羽田空港着陸前の景色みたい。w

つまり、余りにも高いので山から見る景色ではなく、

飛行機から見た景色みたいだと思った。

私は登山が趣味ではないが、それでも日帰りクラスなら随分と行っている。

お勧めは立山の雄山。

3000メートルをちょっと超える山だが、黒部立山アルペンルートで行ける。

この景色、富士山よりも感動的でした。

10月中旬まで紅葉が楽しめると思うので、是非ご自分の目で確かめて欲しい。

 

 

いつも富士吉田うどんを食べに行って、肝心の富士山を楽しんでいない事に気づく。

富士山5合目といえば、富士スバルラインからの方が有名で賑わっているが、

今回は東富士五湖有料道路の須走インター脇から上っていくルートへ。

一般道なのでお金はかかりません。

途中、自衛隊演習地の中を走るので、演習中だと様々な銃声が聞こえます。

私が行った時も機関銃らしき銃声が響き渡っていました。

5合目に近づいてくると、道路はくねくね、くねくねとしてきますが、

過剰にアクセルを踏むのはやめましょう、オーバーヒートの原因になります。

途中、キノコ狩りに夢中な皆さんが沢山いました。

富士山はド素人でも買い物袋一杯にキノコが採れる名所なんですね。

物凄く沢山キノコが採れますが、毒キノコも当然あります。

訳のわからないキノコは食べない方が無難です。

 

 

5合目に到着すると、スバルラインの方と比べると何とも殺風景

目の前に富士山がそびえるも、曇り空が感動を半減させる。

下界を見渡すも雲海が邪魔をし、景色が楽しめない。

目で楽しめないなら舌で楽しむしかない。

須走5合目には山小屋が2軒ある。

食事が出来るので東富士山荘にお邪魔してみた。

しかし!すでに渡辺うどん、白須うどんを食べ歩き、お腹はほぼ満腹。

食べ過ぎてもカロリーオーバーにならないキノコ料理を探す。

「きのこ汁800円」、これにしよう!

店内に私の他に3名ほど客がいたが、予約席が準備されていた。

団体が来るみたいね。

閑散とした雰囲気の場所だが、どこかに客が隠れているのか?

やがて、きのこ汁登場。

 

 

 

お!これは仙人小屋、自然屋で食べた物に激似!

800円と言う価格のため、小ぶりな丼にたっぷり入っている。

記念撮影をし、さっそくいただく。

ズルズル~~・・・おお!煮てます!いや似てます!方向性が一緒、味も一緒。

とろみの付いたお出汁に野生のキノコがたっぷり!

一応、確認しましたがすべて富士山で収穫した野生のキノコだそうです。

味その物はやはり、仙人小屋が一枚、二枚上手ですが、美味しい!

これにキノコご飯でもあれば物凄く満足出来ると思いますが、今回は我慢。w

名前も分からないキノコの中に、舞茸とか誰でも知っているキノコなどもあります。

味付けも濃過ぎず、薄過ぎず。

食べ終えて店を後にしようとすると、なんともれなくコーヒーが!

しかもちゃんとドリップした物ですよ。

いや~~、満足です。

11月ごろに冬期閉館になるそうですが、大至急再訪問したいと思います。

仙人小屋、自然屋のように自然のキノコが楽しめる場所がありました!

しかも松茸も運が良ければ食べられるらしいです。(予約でほぼ消えるそうですが)

去年、長野まで松茸を求め行きましたが、今年は富士山で食べてみたい!

今度は空腹で訪問じゃ!!w

 

ここで一句

     キノコ狩り

         富士山5合目

                豊作だ

Photo_15

2012年10月 1日 (月)

富士吉田市 白須うどん かけうどん、味付け玉子

Photo298

Photo_2

1_01

Photo_3
290

Photo_4291

293

296

297

288

女性を一番最初に見るのは「顔」である。

次に脚である。

胸を見る事は無い。

胸が大きい、小さいは私にしてみればどうでもいいこと。

胸の谷間も見るけど、どうでもいいこと。

胸に目が行かないということは、顔と脚ばかり見てしまうということ。

顔が気に入れば顔ばかり見てしまう。

脚が綺麗なら脚ばかり見てしまう。

しかし、脚が綺麗だからと言って恋愛感情はわかない。

恋愛感情がわくのは顔だね。

だが、その綺麗な顔でタバコ吸ってるとガッカリするね。

自分はタバコ吸わないからね。

それと同じで外食で気に入った店が禁煙で無いと悲しいね。

分煙している店もあるが、その意味をなさぬ店もある。

料理の大事な要素、香り。

それを邪魔されたくないな~。

あ!勿論香水のキツイのもダメね。

 

 

 

吉田うどん巡りをしてから随分経つが、さすがに紫煙が立ち込める店は無かった。

灰皿が無い店ばかりだったね。

営業時間が短い店ばかりなので、客にのんびりされても困るからね。

食後の一服をさせずに、店をあとにしてもらう、そういうことでしょう?

さて、渡辺うどんをあとにした私は、もうひとつの名店、白須うどんに行った。

前回はつけうどんだったが、美味かった。

是非、かけうどんを食べてみたい!

ところが前回は凄い客だったな、今回はどうじゃ?

ん?割と余裕がありそうだな。

注文カウンターに行くと待ち無し。

かけうどんと煮玉子を注文する。

何故か今回も煮玉子だけ先払い、60円。

かけうどんは千切りキャベツがのっただけのシンプルな物、350円。

大盛りが出来ない店だが、猛者は2杯注文するね。

例えばつけうどんを2杯注文して、皿にうどんが2杯分盛られ、つけ汁が2杯分。

なんか面白いね。

 

 

今回はテレビの真正面。

恐らく、この店のベストポジションだと思うが、客によっては縁側かもしれないし、

仏壇前かもしれない。w

記念撮影をし、仏壇方向に手と手のしわを合わせて、南無~~ではなくいただきます!w

うどんを啜り込むと意外と細いと思った。

渡辺うどんの半分位の太さかな?

渡辺うどんの後だと、細く感じます。

そして、お出汁。

前回は醤油ベースと書いたが、今回も吉田うどんの特徴である醤油味噌の合わせダシ、

というよりも醤油の味わいが前面に出ている感じ。

しかし、それはあくまでもまろやかで優しい味わい。

吉田うどんのフルボディー代表渡辺うどんと比べ、誰にでも優しさを感じ取れる味。

これはまるで吉田うどんの弁天様や~~!(またヒコマロ?)

吉田うどんの剛直なカタイうどんなのだが、食べ易い。

若干、まろやかすぎて物足り無い印象もあるが、それはすりだねの投入で変化する。

この店のすりだねもまろやかである。

辛さは控えめで、かなり入れても大丈夫。

すりだね自体も魚介風味が感じられ、美味いですね。

それでも物足りない方は私のように煮玉子投入をお勧めする。

動物タンパクの投入はコクを生む。

まだ試していないが、キンピラ牛蒡も面白いと思う。

渡辺うどんのようなパンチのある味も良いが、この店の包みこむ様な美味さも素晴らしい。

あとは個人の好みです。

 

ここで一句

    玄関で

       ただいま!と言って

               うどん食う

Photo_5

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »