フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 豊島区 熱烈中華食堂 日高屋 池袋東口店 玉子焼き定食+納豆 | トップページ | 小田原市 ひろし食堂 スタミナ麺、半カレーライス »

2012年10月31日 (水)

豊島区 海人酒房 沖縄そばとゴーヤチャンプル定食

Photo_7Dscn5856
Photo_8

Dscn5854


Photo_9
Dscn5835


Photo_10

Dscn5839


Photo_11

Dscn5840


Photo_12

Dscn5843


Dscn5845

Dscn5846

Dscn5847

Dscn5848

Photo_13

Dscn5850


Dscn5853

Dscn5842

気が付けば11月になろうとしている。

今年もあと2か月。

よく、今年やり残した事というが仕事は別にして個人レベルでやり残した事とは何だろう?

今年は新潟グルメを堪能したい!と思っていたが年内達成は無理なようだ。

しかし、年内に新潟グルメを堪能したからと言って、自分に何のプラスがあるのか?

思えば、何歳までに○○をしなければ、が私には常に付きまとっていた。

特に仕事に関しては何歳までに転職とか出世とか、年収何万円とか

脳内妄想で自分を雁字搦めに縛っていた。(がんじがらめって雁字搦めって書くんだ!)

しかし、何の根拠も無いのに何歳までにとか何時までにとか出来ることではない。

だが、自分で期日指定を作らないとだらけた人生になるのも事実。

私は不器用だな。

 

 

サンシャイン広場では私の知らないアイドルグループのミニライブと握手会をやっていた。

彼女たちを一生懸命応援する皆さん、その必死な応援になんか熱い物を感じました。w

その熱い応援に感化されたのか、私は暑い地域の食事が食べたくなった。

するとサンシャインシティのグルメ街に沖縄料理の店があった。

この店は前回、寄るべきかどうか悩んだ店です。

秋真っ盛りではありますが、沖縄料理のランチです。

店内に入るとランチタイムラッシュの時間なのに1割程度の客の入り。

前回は待ちが居たのにね。

訪問したのが土曜日だったためでしょうか?

席に案内されてメニューをみると基本はランチメニューが主体。

あとはお酒のおつまみになりそうな小鉢メニューばかり。

何にしようか迷いましたが、お勧めメニューの沖縄そばとゴーヤチャンプル定食に。

価格は1190円。

ご飯お替り自由とかそういう文言はメニューには書いてないので、そのサービスは無し?

さほど待たずにランチ登場。

う~~む、見た目は少々寂しいかな?チャンプルが寂しい感じです。

兎に角、記念撮影をし、くわっちー、さびら(いただきます)。

 

 

 

まずは沖縄そばを食べてみます。

スープを啜ってみると魚介ベースのあっさりしたものです。

何と無く業務用のような・・・

私は沖縄に行った事が無いので単純に味だけで評価しますと、

あっさりした中にもしっかりしたダシを感じます。

スープの濃淡でいったら濃過ぎず、薄過ぎずマイルドです。

ただ、紅生姜がのっているので、生姜の香りがスープに移っています。

次に麺ですが、太麺でしょうね?若干ピロピロした感じですが、捩れが少々あるものです。

食べてみるとボソボソ感があります。

コシは弱いですね。

啜り難いので喉越しよりも食感かな?と思うほど噛みごたえはありません。

個人的に喉越し食感、どちらか強調されていた方がいいと思うが。

そばの上には角煮が2枚とカマボコ、ネギ、紅生姜。

角煮は自家製ではないでしょう?あ!角煮じゃないですね、ラフティーでしたか?

次にチャンプルを・・・なんかそのまま食べている様な感じだな。

ゴーヤ、モヤシ、豆腐、スパム、炒めてあるけどそのまま食べている感じ。

味があるけど無い様な、味が無いけどあるような感じです。

卓上には島唐辛子の瓶があるので、少々かけてみました。

う~~む、微妙。

中華料理の様に強い火力でパッパッと炒めるのと違い、弱い火力で炒め続けている、

そんな感じですね。

沖縄そばにも島唐辛子を入れてみましたが、味に少々のパンチがあり、

好印象になりました。

因みに沖縄そばの麺は時間経過と共にモチモチ感がでて喉越しが良くなった気がします。

私の気のせいでしょうか???

全体的に1190円と言う価格に対してボリューム不足だと思います。

店員も沖縄の衣装に身を包み、雰囲気を大事にしているのですが、

やはり、味と価格のバランス、ボリューム感なども重要だと思います。

朝ご飯で日高屋の朝定食を食べていなければ間違えなく連食していました。

 

ここで一句

    沖縄は

       〆に肉食う

             地域でしょう?

Photo_6

« 豊島区 熱烈中華食堂 日高屋 池袋東口店 玉子焼き定食+納豆 | トップページ | 小田原市 ひろし食堂 スタミナ麺、半カレーライス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

東京都 グルメ」カテゴリの記事

東京都 ラーメン」カテゴリの記事