フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 旭川市 生姜ラーメン みづの しょうがチャーシューメン | トップページ | 札幌市 福鳥本店 牛さがり、煮込み »

2012年11月13日 (火)

旭川市 バオバブの木にバナナがなった。 黒味噌生姜らーめん+野菜大盛

Dscn5997
Photo_7

Dscn5995

Photo_9
Dscn5984

Photo_10

Dscn5986

Photo_11

Dscn5987


Photo_12

Dscn5988



Dscn5989


Dscn5991


Dscn5992

カニはやはり真冬だよね。

雪降る時期で無いとカニって美味そうに思えない。

昔、毛ガニの刺身を食べたけど美味しかったね。

あまりにも美味かったのでその翌年の北海道でも同じ店で毛ガニの刺身を食べた。

しかし、同じ感動が無かった。

何でだろうと思ったら6月だった。

その時は思わなかったが、何年か過ぎて「6月に毛ガニは美味くない」と分かった。w

北海道に来たからと言って、ウニやイクラ、カニが1年中美味い訳ではない。

そんな若かりし頃の思い出であった。w

生姜ラーメンみづのに向かう途中、異色な看板を発見した。

「バオバブの木にバナナがなった。」だと!

ラーメン店らしいが、店の前の10台位止められる駐車場はいっぱい。

しかも道路の反対側には旭川では有名なラーメン店、橙本店がある。

この場合、橙に行くのが無難であろうが、駐車場の満車を信じてみづのの後、

訪問する事に決めた。

私が訪れたのは13時を少し過ぎていたが、店内は座敷、カウンターとあり、

かなりなキャパシティーを誇る。

そのキャパは客に埋め尽くされ、ほぼ満席。

私はカウンターが空いていたのですぐ座れたが、その後も客がどんどん来て

待ち状態になっていた。

店主は私からすると若い、実際若手。

スタッフも若いね。

活気がある方もいれば、少々元気の無い方もいる。

客層は家族連れ、カップル、夫婦、野郎一人wと多様。

客層を選ばないラーメンを提供しているようですね。

次にメニューを眺めてみるとお勧めがあり、「黒味噌生姜ラーメン」がお勧めらしい。

他にも塩、醤油、通常の味噌とあるがお勧めをいただきますか。

ただ、その前にスープの種類と味の濃淡を決めなければならない。

スープには2種類あり、オリジナルの豚骨魚介系とスペシャルとして、

豚骨じゃがいもスープがある。

豚骨魚介は何と無く分かるとしても、豚骨じゃがいもスープですか?

これは面白そうですね。

しかし、ここは豚骨魚介スープにしました。

次に味の濃淡を決めます。

こってりとあっさり、当然こってりでしょう!

そして最後に辛さが選べますが・・・普通にしました。

メニューが決まったところでトッピングに目が行きます。

チャーシューもいいけど、野菜大盛りがある。

月見?当然生卵でしょう?

結局、黒味噌生姜ラーメン野菜大盛り800円にしました。

賑わっているので少々待たされましたが許容範囲でラーメン登場。

記念撮影をし、いただきます!





見た目は野菜大盛りのためかテンコ盛り状態です。

スープは黒味噌を謳うだけあり、焦げ茶色を更に濃くしたような感じです。

まずはスープを一口・・・ずる・・・お!美味い!

見た目濃厚で、確かにコクのあるスープですが、キレ味がいいです。

味噌の香り、甘味も感じますがまずは濃厚な味噌スープ。

塩加減は私には丁度いいものでした。

多分このキレが生姜によるものなのでしょうが、みづのの後のためか、

それほど生姜を感じません。

いや、生姜は効かせてはいるのですが、味噌の邪魔をしない程度にしています。

スープの表面を油膜が多いますが、これはこってりを選んだためでしょう。

辛味ですが、普通を選びましたがピリ辛程でもないと思います。

辛いのが好きな方なら初訪問でも辛口でいいでしょう。

ダシについては豚骨魚介のベースよりも味噌が強調されている印象です。

黒味噌なのでクセがあるかな?と思いましたが、いい意味でこれも個性でしょう。



次に麺ですが、やや細めの縮れの強い麺です。

加水率も低く、茹で加減はカタメで歯応えを感じます。

麺自体の味わいは縮れが強いためスープをよく纏いますが、美味しい。

美味しい麺です。

麺のボリュームは野菜大盛りにしたためかもしれませんが、

普通でもボリュームがあると思いました。

野菜はもやしですね。もやし大盛りです。

他にチャーシュー、メンマとありますが、こちらは至って普通。

食べている途中でニンニクを入れたくなりましたが、無料トッピングのニンニクは

注文時に言わないとダメなようですね?

無料なら卓上に置いていただけたらと思います。

全体的に店名の面白さに惹かれ入店しましたが、なかなか美味しいと思います。

ボリュームもあるし、チョイスシステムを導入した事により、同じメニューでも

次回は違う組み合わせで!という楽しみが存在します。

店内も活気があるし、オープンしてからそれ程経過していないためか、綺麗な店内。

旭川に有名店は沢山あるし、ラーメン村も近い距離にありますが、

この店で食べてみるのも旅の想い出になるかもしれませんね?

 

ここで一句

     ラーメンに

         バナナを入れる?

               勘違いw

Photo_2

« 旭川市 生姜ラーメン みづの しょうがチャーシューメン | トップページ | 札幌市 福鳥本店 牛さがり、煮込み »

ラーメン」カテゴリの記事

北海道 ラーメン」カテゴリの記事