フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん(大) | トップページ | 中郡 大磯PAフードコーナー 相模豚チャーシューメン »

2013年1月14日 (月)

富士吉田市 美也樹 鍋焼きうどん(大)

Photo_6065

Photo_5059

Photo_7060

Photo_8061

062_2

063

以前、靴下を脱ぐと臭いを嗅いでいた。

時々パンツも嗅いでいたな。

他人から見ればほぼ変態確定の行為であるが、この頃その行為が無くなった。

これはどういう事であろうか?

臭いがしなくなったのか?

それとも以前ほど臭いを気にしなくなったのか?

思えば男とはクサイ生き物である。

汗臭い、タバコ臭い、酒臭い、ニンニク臭い、そして加齢臭。

恐らく、己の臭いを臭いと認識しなくなり、無臭であると思っているのかもしれない。

自分が無臭であると錯覚し、靴下の臭いを気にしなくなったのかもしれない。





それにしても女。

女も男に負けず臭い。

特に自分に臭いが無いと思っている女、アンタは十分、臭い。w







これから鍋焼きうどんの事を書こうとしているのに、食欲を削ぐ書き出し。

まあ、いいでしょう。

何がいいか分からないが・・・w





渡辺うどんで大満足したがまだまだ食える!

久々にうどんを連食しようと思い、入ったのが美也樹。

それにしてもこの店は本当に大人気店だな。

駐車場は止め切れず車が溢れているし、店に入れば待ちがあるし。

確かに前回食べた時美味しかったからね、納得。

カレーうどんでも食べようかと思ったが・・・鍋焼きあるじゃん!!!

前回気がつかなかったが、鍋焼きうどんがありますよ。

吉田うどんで鍋焼きは珍しいのでこれにしましょう!

鍋焼きうどん大盛り700円を注文しました。

それにしても普通盛りなら600円という価格は鍋焼きうどんではかなりお安い。

行列があったので少々待たされましたが、着席してからはそれほど待たず登場。

グツグツいいながら湯気をたてるうどんを撮影し、いただきま~す。






まずは見た目ですが、鍋焼きというと海老天が定番ですがここはかき揚げ。

価格を考えれば十分納得です。

他に細めの削ぎ切りのネギ、キャベツ、生卵です。

鍋焼きうどんということを考えれば見た目はシンプルなものです。

鍋焼き特有の華やかさはありません。

まずはレンゲでおつゆを・・・ホフホフ事厨逗zずず・・・うん!美味い!

この店のダシはカツオ節などの節系が主体。

よ~く滲み出たダシがじんわりと美味い。

ここも味噌と醤油の合わせだと思われますが、おつゆの色合いが関西系ですね。

鍋焼きだとうどんが醤油色にほんのりと色づくのを食べて来ましたが、

ここでは意外なほど上品な色合いをしたおつゆです。

でも、先述したようにダシがしっかり効いているので力強い旨味があります。



この店の鍋焼きのはおつゆが煮立ったらすぐに提供してるようで、

うどん自体は煮込まれた様子はなく、コシは十分に感じます。

ここのうどんも美味いな~、ダシの旨味を纏いながらも小麦粉の旨味、

うどんのコシ、味わい、バランスがいいです。

渡辺うどんを知らなければこの店の虜になっていたかも?w

熱でいい具合に半熟になった生玉子を崩し、うどんに絡めます。

かき揚げもふやけたので崩し、同じく絡めます。

この玉子とかき揚げの崩れたおつゆをうどんと共に食べるのが鍋焼きの醍醐味だよな。

ウマ~~~い!

勿論、すりだねを入れました。

卓上に七味があったけどすりだねですね。

今回大盛りを注文しましたが、女性でも大丈夫でしょう。

吉田うどん初の鍋焼きはおつゆの美味さもあって、完飲完食。

今の時期、アツアツの鍋焼きを食べなくてどうしますか?w

超人気店での鍋焼き、美味しゅうございました!

 

ここで一句

     アツアツは

          汗が止まらぬ

                お約束?

Photo_9

« 南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん(大) | トップページ | 中郡 大磯PAフードコーナー 相模豚チャーシューメン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事

山梨県 うどん」カテゴリの記事