フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 山武郡 漁師料理の店 ばんや ばんや天丼 | トップページ | 静岡市 五郎十 ミンチ ゴマ入り生姜焼き定食 »

2013年1月21日 (月)

勝浦市 お食事処 いしい タンタンメン

Photo_8Dscn6812

Photo_9
Dscn6813
Photo_10

Dscn6806


Dscn6805

Dscn6807
Photo_11

Dscn6808


Dscn6809

Dscn6810

最近新聞もあまり読まなくなった。

ネットで情報を得るので、新聞の必要性がなくなってきたのだが、

それでも見出しぐらいは毎日確認し、どんなニュースがあるか確認する。

それにしてもスポーツ新聞とはオヤジギャグの塊だな。

若い連中に言ったらドン引きされそうなギャグを平気で使う。

オヤジ世代が記事を書き、オヤジ世代が購読しているので、

それも必然的な継承なのかもしれない?

ペーパーレス化の時代、新聞に限らず雑誌も年々発行部数を落とし、

紙媒体のメディアが廃れる時代が近付いているのだろうが、

スマホや携帯、PCで新聞を読む時代が来ても、オヤジギャグ満載の記事では

若い客層などの新規開拓は難しいであろう。w







そういえば、若い女性に迎合するのも廃れて来た気がする。

若い女が騒げば成功する、儲かる!というのも難しいだろう。

一過性のものよりも長期戦略を視野に入れる方が賢明でしょうね。

・・・外食の話ですが。






さすがに胃がもたれた。

あれだけ天ぷらを食べればもたれない方がオカシイ。

しかし、外房まで来て天丼だけで帰るのももったいない話だ。

交通費を考えると、もう一軒行かないと!・・・それよりこの義務感、何?w

なんか食う事に義務感感じて無い?

前は食欲だけだったのだが、妙な義務感があるね?w

どちらにしても胃の中のもっさり感を失くすには刺激路線しかないでしょう!

そこで向かったのは勝浦。

ラグタイムの再訪問でも良かったが、新しい店にも入ってみたい!

私は勝浦漁港に隣接する市営の無料駐車場に車を止めると歩いた。

それにしても、寒い。

行きあたりばったいりで何処かの店にヘッドスライディングするつもりだったが・・・

朝市の通りにありましたね、ヘッドスライディングしたくなる店が。w

店の前には猫がたむろし、入り口には芸能人と店主の2ショット写真がずらり。

こういう店なら料理の写真は何の遠慮も無く撮れる!(と、思っている)

店内に入ると・・・狭いね。

テーブル2席?良く見ると奥に座敷らしきスペースがあるね。

10人は無理じゃないですか?相席当たり前の激狭なお店です。

注文は当然、タンタンメンですが、味のバリエーションが凄いね。

塩、カレー、味噌のタンタンメンだって、、、食べてぇ~~!

まあ、今回は胃の調子もあるので普通のタンタンメン700円を注文。








ラーメンが完成するまでの間は新聞見たり、店内を見渡したりすると・・・

玄関先から猫ちゃんが覗いているよ。w

犬だとムカつくが、猫のなら許すか。w

私は犬が嫌いで猫が好き。

しかし、猫舌ではない。w

店内は本当に港町の食堂、雑多な感じがして清潔感には乏しいが、

ある意味、味のある店内はディープ感がある。

やがてタンタンメン登場、記念撮影をしていただきます!

外見は今回は普通のタンタンメンということもあり、スライスした玉ねぎがのった

シンプルな外見。

何はともあれスープを・・・ズズ頭・・・辛!痛!

ベースのスープはそんなに気合いの入ったダシ感は無いが、辛味は気合い入りまくり!

特に唇を攻撃してくる。

ヒリヒリ、ピリピリした刺激が口の周りを襲い、ひさびさのタラコ唇になりそう。

「辛味が足りなかった足してね」とおばちゃんは卓上の追加ラー油の入れ物を指す。

足りないどころか、辛さを返したいぐらいだよ!w

今回で4軒目の勝浦タンタンであるが、どの店も普通盛りは麺が少な目。

少なくとも、ズルズル、ちゅるちゅると軽快に食べ進む事が出来ない辛さなので、

少な目なのも分かるような気がする?






具には定番の炒め玉ねぎ、挽肉だが、この店はゴマが多い。

それにしてもB-1グランプリに出るのが分かる気がする。

ラーメンという範囲に納まりきらないB級のニオイがプンプンする。

ラーメンマニアがいう所の麺とスープのバランスだとか、ダシの素材とか

あれこれいうよりも、駄菓子屋で気軽に食えるラーメンのような気がする。

スナック菓子ならぬスナックラーメン、そんな気軽さと肩ひじ張らぬ庶民感がある。

勝浦という地で生まれ、地元で愛され続けて来たラーメンはB-1に出る価値がある。






それにしても辛い。w






私の発汗量に見かねて店の方がストーブを消してくれた。w

私としてはこの店はタラコ唇型勝浦タンタンと命名したい。w

辛いよ~、でもチープに美味いよ~。

麺を食べ終えた後、スープを完飲までは行かなかったが、9割ほど飲み干す。

勘定をして、外に出るとあれほど寒気を感じた風が心地よい。w

余談だが、食後15分以上唇がヒリヒリしていた。w

 

ここで一句

      女なら

        タラコ唇

           歓迎か?

Photo_12

« 山武郡 漁師料理の店 ばんや ばんや天丼 | トップページ | 静岡市 五郎十 ミンチ ゴマ入り生姜焼き定食 »

ラーメン」カテゴリの記事

千葉県 ラーメン」カテゴリの記事