フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

浜松市 餃子 むつ菊 餃子(特大)

Photo230

Photo_2217

Photo_3218

219

221

Photo_4226

坂井泉水さんの七回忌も終わった。

献花には行けなかったな。

私が坂井さんから貰った元気、癒し。

自分でも同じような事が出来たら・・・

例え僅かでも人に力を与えられたら。

そんな事を考え、ブログを更新しています。






しかし!私は結構おバカさん。

勇気や元気もいいけど、笑いも提供したい。

何か一発ギャグを考え、商標登録?著作権?を設定したいね。w









前回初訪問を果たし、美味かったので、出来る限り早く再訪問をしたかった店。

平日は15時から営業で、金土日は12時から営業ということで、なかなか行けなかった。

しかし、金曜日に休日を貰ったので、再訪問がやっとできました。

しかし、しかし!!!

訪問後に分かったのですが、営業時間変わっているじゃん!

定休日以外は12時営業になったようです。

食べログの情報が変更になっていたので、間違いないとは思いますが、

丁度、初訪問後に変更になったようね?

12時営業で行き易いのは確かですが、浜松までの距離が縮まった訳ではない。w

加茂で大満足をしましたが、更なる満足を求め、むつ菊へ。

ほぼ12時に到着し、店内へ入ると満席じゃん!

いや、ひとつ空いていた。

カウンターの曲がり角が空いていたので、そこに座るとテレビの真下。

テレビが見えんがな。w

前回と違い、今日はどうしたことやら?それともこれが当たり前?

カウンターに座っているお客はまだ、誰も餃子を食べていない。

今、焼いているのはお持ち帰り分。

それが焼き上がるとお冷が出て、注文を聞かれた。

「特大!」

餃子26個で1050円の特大だが、食べ切れます。

前回と同じパターンですが、食べ切れます。

今日は親子3人総出で餃子を包んだり、焼いたりしています。

息子さんとご主人が餃子を包んでいますが、さすがだねご主人。

包むスピード、正確さ、巧みさ、見事です。

この前はたまたま暇だったんだろうな?

餃子は多かろうが、少なかろうが焼き上がるまで15分前後、時間を要します。

その間、スマホを持っている客はゲームをやったり、夫婦で来た2人はお話をしたり、

一人で来た私は、のけ反りながらテレビを見たり。w

おのおのが時間を潰します。

やがて、カウンターに座った客のすべての餃子が焼き上がります。

順番に手渡され、最後に私。

他の客が「特大一人で食うのかよ?w」と言う視線をくれますが、無視。w

記念撮影をし、いただきま~~す!













今回はご主人が焼きあげてくれましたが、良い色です。

こんがりキツネ色とは良く言った。

こんがりキツネを焼いた事は無いが、きっとこんな色なんだろう!(意味が違う)

もやしは前回より少ないね。

では早速一口・・・モグモグ・・・ウマ!!!

あああああああああ!!!!!焼き目がカリカリでウマ~~~~~~!!!!!!!!

息子さんには申し訳ないが、さすがオヤジ!!!完璧な焼き加減!!!!!!!!!!

この食感というかアルデンテはクセになる!!!

餡は前回同様、野菜中心ではあるが、クセのある野菜は排除し、旨味が溢れるもの。

軽い味わいではあるが、サッパリし過ぎず、コクも感じる餃子。

まさしく、濃淡合わせ持つ絶妙な味わい。

そこへ、前回以上の焼き加減が食感のリズムを生みだす。

タレの味わいは分かっているので、最初からラー油を入れます。

ラー油は油部分では無く、沈澱している部分を投入します。

あ~~美味いよ~、やめられない、とまらないよ~~。








もやしはナムル状にして食べた。

これしか方法が無い?w

やがて、先客が食べ終え、店を後にすると「大将!そこだと食べ難いだろう」と

席の移動を促してくれた。

だが、半分以上食べ終えていたので「大丈夫ですよ」とお断りしたが、

私の後ろには洗面台があったのね、気が付かなかった。

その後、またもや他の客がやってくる頃完食。

いや~~~満足!!!

浜松餃子はまだ4店しか訪問していないが、間違いなくここが一番でしょう!

本当に美味い!!!

お土産に持ち帰りたいが、やはり確かな技術で焼かれた焼き立てが最高でしょう!

宇都宮餃子みんみんもそうでしたが、焼き加減も味のうち。

職人技で焼かれた餃子は家庭では出せない。

3回目の訪問は来月かもしれない。。。w

 

ここで一句

     焼き加減

         真似が出来ない

                ワザがある

Photo_5

2013年5月30日 (木)

浜松市 炭焼き 加茂 うな重(特上)

Photo_6Dsc_9949

Photo_7Dsc_9937

Photo_8Dsc_9938

Photo_9Dsc_9940

Dsc_9943

Dsc_9944

「美人は3日見ると飽きる」というが、3日間見続けてみたいものだ。w

何しろ美人と出会う機会が無く、話をする機会も無く、遠くから眺めるだけの我が人生。

「もう、アンタの顔なんか見たくない!」と思うほど美人を見てみたい。

オレなんか美人で白飯か素うどん、かけそば3杯はいけるぜ。

おかずいらないぜ。

富士山の頂上に美人が居て、登り切ったらハグしてくれる、といえば明日でも行くぜ。

司法試験を合格したら美人を3日間貸し切りできるのなら、来年合格してやるぜ。






ああ・・・虚しい。。。












私は食べ歩きをしていて、気に入れば何度でも訪問する事にしている。

その中で、浜松の「むつ菊」は是非とも再訪問したい。

金曜日に休みが取れたので、伺う事にしました。

だが、むつ菊の営業は12時から。

11時から営業している店も多いので、むつ菊の前に何処へ行こうか???

加茂しかないだろう!w







2月に初訪問し、3月に再訪問。

3回訪問する価値は十分にある!そして、もう一度食べたい!!!

私の人生初の同じ鰻屋に3度訪問です。

しかも4か月と言う短いスパンでの訪問。

加茂でうな重を食べてからむつ菊で餃子、なんか自分でもワクワクしてきたわ。w

デー家物語浜松ゴールドグルメコースや!!!(なんか規模の狭い気が・・・)

コースが決まったら、小学生が翌日の遠足に行く気分やで。w









東名をかっ飛ばし(安全運転です)三ケ日インターで降りる。

余裕を持って出発をしたため、開店40分前に着いた。w

ミネラルウォーターと缶コーヒーを買って戻ると、1組が居た。

一応、店前に並ぶと約30分前の時点でお店の方が名前を聞きに来た。

私は順番的に3番目だったが、確か5番目か6番目まではファーストロットなんだよね。

名前を告げた時点で車に籠り、ラジオを聞き、水分補給。

因みに私は3度目ですが、店前の駐車場に止めた事がありません。

いつも道路の反対側の第二駐車場?に止めます。

ここならエンジン掛けていても誰にも迷惑がかかりません。

開店時間間際になるとちらほらとお客が訪れます。

私も店の前に並ぶ事にしました。

そして開店五分前に店内に案内されます。

事前に名前を控えてあると、すでに席の準備がされていました。

注文したのは当然、うな重特上3500円。

鰻が1尾半使用の物ですが、昨今の鰻を取り巻く環境はさらに悪化し、

今年の土用丑の日前後は更に鰻が高騰するといわれています。

今のうちに食べられるだけ、食べておけ!!!w











注文を受けてから鰻を捌くので、少々時間はかかります。

私が座ったのはカウンター席なので、今回も店主の職人技を見る事が出来ます。

手際良く鰻を捌き、串打ちをする。

そして炭火の上に鰻を並べ焼いていく。

鰻を焼いている間に次の鰻を捌き、串打ち。

更にその合間に肝吸いの準備。

その一連の流れ作業の様な仕事ぶりに感心していると、更に感心する出来事が。

新規でお客が入って来て、店主に御品書きの質問をしました。

すると店主は作業を続けながらも、「特上は鰻を1尾半使用し、ボリュームがあります」

「上でも鰻1尾なので、普通の方なら十分かと・・・」と丁寧に説明をしました。

職人さんは仕事に集中し、接客は担当者にお任せとかが多いのですが、

目配り、気配り、接客応対もこなすマルチぶりに感心しました。

私当りだと、焼き加減が気になって、接客応対はぶっきらぼうになりそうですが・・・

静岡のとんかつ屋、宇田川を私は宇田川劇場と評しましたが、

ここ、加茂も劇場といっても良いかも・・・良い加茂・・・w

入店し20分ほどでうな重完成。

記念撮影をし、いただきま~す!!!

因みに記念撮影ですが、料理の撮影は構わないという事です。

店内や、スタッフの皆さん、他のお客の撮影はNGです。

お店の外観は当然、OKです。

お店からのお願いなので、皆さん厳守でお願いします。












それにしても美しい焼き色である。

重箱という小さな世界の中で、鰻がエアーズロックのような存在にみえる。

いや、そんな大袈裟な表現をしなくても、濃琥珀色をしたそれは

海原を照らす夕陽のようでもある。

まずは鰻を一口大にし、ご飯と共に口の中へ。

・・・美味い。

表面の香ばしさはわずかな歯応えを与えるが、すぐに身に到達し、ほぐれる様な

やわらかさを感じさせる。

香ばしさとやわらかさだけではなく、皮と身の間にあるゼラチン質のような食感も存在。

タレは甘さを感じさせる。

甘いのではなく、甘さをほんのり感じるのだ。

タレにより醸された鰻は鰻本来の味の上に旨さを纏う。

鰻の下のご飯は私としては丁度いい炊き加減。

タレの浸みたご飯も醸された味わいを纏う。

前回、あまりにも美味かったため、ガツガツ食べ進み、早食いしてしまった反省がある。

今回はゆっくりと噛み締めるように食べるが・・・

ああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!

うめええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!

頭の中にうめ~~~~とか、ウマ~~~~~~~とか、どんどん湧いてくるぜ!!!!w

箸が止まらないとはよく言った物だ。

3分の2ほど食べたところで、山椒を振りかける。

ここの山椒は刺激控えめの市販の山椒である。

かける必要も無いと思うが、定番の食べ方もいいだろう。

最初からかける必要は無いと思うが。

合間に肝吸いをいただくが、私としては塩気が強め。

この塩加減が店主のデフォルトなんだろうな~、最初の時と同じ感想だよ。

しかし、すべてを食べ終えると素晴らしい充実感。

本当に美味いうな重を食べた!という満足感。

重箱の隅を突っつく様な指摘をするとすれば、香の物と肝吸いの塩加減。

だが、重箱の隅まで舐めるように食べ終えた事を考えれば、どうでもいいこと。

蒸さない鰻との出会いは、浜松遠征も苦では無い。

是非、もう一度来たい。

ここで一句

     遠距離は

          恋愛だけで

                無いのだよw

Photo_10

2013年5月29日 (水)

小田原市 味の大西 小田原店 チャーシューワンタンメン

Photo_2203

Photo_3205

Photo_4207

Photo_5210

Dscn7917

213

今まで、いろいろなダイエット方が紹介されてきたが、間違いなく現時点では

ロングブレスダイエットであろう。

私も見様見真似でやったが・・・挫折。w

私の場合は「食べない!」これしかない。

腹がグーグ~鳴るほど空腹感が無いと痩せない。

何しろ、何を食べても太る!

自分の腸内ではわずかな食糧を過大な栄養に変換させる腸内細菌がいて、

痩せる為にはこの腸内細菌を餓死させるしかない。www

一度落とせばキープする自信はあるので、とにかくあと5kg落としたい。

新陳代謝がもっと上がってくれれば苦労はしないのであろうが、

酒ばかり飲んでいる身はなかなかそうならない。

運動はしているけど、毎日運動すると休日を求めるような体になった。

痩せない言い訳は結局、自分次第な訳ね?











床屋に行き、さっぱりしたところで小田原大西の前を通ると営業中。

夕方4時近かったが、晩飯だと思い入店。

誰も客がおらず、奥様が庭いじりをしていたので、営業を確認すると、やっていると。

注文したのはチャーシューワンタンメン1050円。

この店ではず~~っと大盛りを言い続けて来たので、お久しぶりだが「大盛りは?」と

聞かれる。

オレの胃袋を心配してくれるのは嬉しいが、今日は普通盛りで。

暫し待ったのち、ラーメン登場。

記念撮影をし、いただきま~す。










本当に久々だな。

まずはスープを図事厨逗ッズ・・・美味いね。

他に客が居ないので、私だけに一杯入魂してくれたそれは美味い。

胡椒をバンバンふりかけ、お酢をまわしかけ、ジャンクな感じでいただく。

麺の茹で加減もいいし、今日は美味いよ~。

久々だからそう思うのかもしれないが、美味いよ~。

餃子みたいなワンタン、短めのメンマ、柚子の香り、三つ葉、そしてチャーシュー。

10年間通っていますが、変わらず美味い。

大西の味を新しく継承する店も増えた様だが、私はこの店を通い続けたいな。

何しろ、焼肉定食とかカツ物を食べた事が無いし、食べさせてくれないし。www

五目とタンメンと冷しは食べたけどね。

また、折をみて、伺いますよ。

大盛りが注文できるように腹を減らしていきます。w

 

ここで一句

      御品書き

          あっても出来ない

                  物があるw

Photo

2013年5月28日 (火)

ほっともっと 焼肉ビビンバ(卵付き)、特製豚汁、肉野菜炒め

Photo_2Dscn7892

Photo_3
Dscn7894
Photo_4

Dscn7895


Dscn7896
Photo_5

Dscn7898


Photo_6

Dscn7903


Dscn7905

仕事だが今日はほっともっとの弁当。

丁度、コマーシャル中の焼肉ビビンバを買ってみた。

今回は焼肉ビビンバ(玉子付き)520円、肉野菜炒めのみ380円、豚汁120円。

辛さはタレの量で調整出来、全部入れると激辛になる。

最初は半分ほど入れて、混ぜ混ぜしてみた。

ピリッとするけどまだ大丈夫。

そこで、中辛レベルまで入れてみた。

うん、私としては丁度いい辛さかな?

いや、少し辛いな。

このビビンバのタレ、直接舐めて見るとそれほど辛いとは思わないが、

混ぜ混ぜすると、辛さを発揮しますね。

こういう、グレードアップする辛味は苦手だな~~~。w







とにかく、混ぜ混ぜしたのち、記念撮影・・・したけど掲載はやめた。w

いただきま~~す!!!

まずは一口・・・もぐもぐ・・・美味いね。

何て言うか、焼き肉屋の定番、石焼きビビンバには叶わないが、テイクアウトとして

美味しいのでは?

やまり、基本のタレがいいから美味しいのでしょう。

私としては少々入れ過ぎ感のあるタレですが、辛くて美味い。

この辛さを中和するために肉野菜炒めを買いましたが、味が濃いね。w

ビビンバが味濃い目だから、白飯に合う様な味付けなので、濃く感じるわな。w

豚汁を飲むと辛味が増すな、当然かもしれないが。

なんかオレ、いやな汗をかいてるね。

辛いのかな?辛いのだろうな、汗をかくということは。

やがて完食。

うん、美味しい。

辛さ調整に失敗したが、まろやか路線のほっともっとのメニューの中で、

辛さを調整でき、激辛まで到達できるメニューは無いので、

刺激路線の方にはお勧め出来るし、味も普通に美味しい。

それにしても総額1020円のホカ弁か・・・

なんというか、買い物が下手と言うか、客としては鴨タイプというか・・・

 

ここで一句

      のり弁を

          ひとつだけ食べ

                 満たしたい

Photo

2013年5月27日 (月)

5月27日は坂井泉水さんの命日です

Zarddvd_1280_800

忘れる必要はないが、想い出す必要も無い。


2013年5月26日 (日)

北杜市 中村農場 甲斐路軍鶏の親子丼御膳+八ヶ岳たまごプリン

Photo_7Dsc_9902
Photo_8

Dsc_9904

Photo_9

Dsc_9911


Dsc_9912

Dsc_9913

Dsc_9916

Dsc_9918

Dsc_9919

Dsc_9923
Photo_10

Dsc_9924


Dsc_9927

Dsc_9928

人間、調子が良い時もあれば悪い時もある。

才能がある奴もいれば、無い奴もいる。

チャンスを生かせる者もいれば、生かせぬ者もいる。

外貨預金で50万円ほどユーロに替えていたのだが、アベノミクスのおかげで

51万円近くになった。

株価があがり、景気上昇の気配濃厚の日本経済であるが、1万円近い利息を得るのに、

一体幾ら銀行に預金すればいいのだろう?

その意味合いからいえば私は勝利者と言えるが、機会喪失もあった。

ユーロが底値の時に、有り金全部替えておけば・・・いや、100万でも200万でも・・・

しかし、ユーロが崩壊したら・・・もっと下がったら・・・円安に何年もならなかったら・・・

私の脳内を「たられば」「もしも」がぐるぐるかけ廻り、結局チャレンジしなかった。

私には濡れ手に粟、という諺はありえないのかもしれない。

それと共に、チキンなハートでは人の上に立つのも無理。

小さな事からコツコツとか・・・きよし師匠!アンタはエライ!!!w













さて、自然屋を後にし、パン屋でテイクアウトしたのち、もう一軒を目指す。

小淵沢で焼肉ランチもいいが、ここは是非とも中村農場へ!

以前から評判は知ってはいたし、何度か店の前を通り過ぎている。

ただ、その時は「ああ、ここが中村農場か?」というのは無く、知らずに通り過ぎていた。w

カーナビに住所を入力し、いざ向かうとまたもや到着できず。

何だよ!どうなっているんじゃ!このナビ!

電話をして確認するとまたもや1~2km先に目的地がある。

いざ到着してみると、行列では無く、客が群れている。

順番表に名前を書き、呼ばれるまで待機する方法のようです。

「デー、一人」と書き込み周辺を徘徊します。

順番的には5番目位でしたが、人数は10名ほど待ち状態でした。

カメラを持ってウロウロして15分ぐらい経過したでしょうか?

「おひとりのデー様」と呼ばれ店内へ。

テーブル席とカウンター席があるが、テーブルがメイン。

カウンターは4席ほどだが、隣席とはかなりの余裕がある。

カウンターに座るとメニューを眺める。

1日限定5食とかあるが、完全に売り切れ、無いならハズしておきなさい。w

ここは親子丼をいただきましょう。

親子丼も単品、御膳とあるが、ここは当然親子丼御膳1365円を注文。

それとテイクアウト不可能というプリン350円も注文。

プリンは食前、食後ときかれるが、食後を選択。

さほど待たずに親子丼登場、他人の視線も気にせず、一眼レフで撮影。

いただきま~~~す!

まずは親子丼。

オレンジ色に輝く黄身が美しいですね。

以前もどこかに書きましたが、黄身の色の違いと言うのは与える餌により、変化します。

お米中心の餌を与えると黄身は白っぽい色になり、ケーキ作りなどに利用されます。

何よりも黄身の色が濃くても薄くても栄養的には変わりが無い、ということですが、

やはり、鮮やかな黄身の色は食欲の増す色だと思いますし、

先入観として、濃厚な味わいを想像します。

玉子は2度掛けをしているようですね。

表面は仕上げでほとんど生ですからね。

親子丼にはすき家で使われるような小さいレンゲが付いてきますが、

私はお箸でいただきます。

ご飯と一緒に持ちあげ、口に入れます。

パクリ、モグモグ・・・美味い!!!

なんて弾力のあるお肉なんでしょうか!

弾力のある肉からは旨味が滲み出て、咀嚼すると口いっぱいに広がります。

玉子も見た目通り、濃厚な味わいです。

これはなかなか美味いですね。












素材の肉と玉子が突出しており、素材の力で食べさせるタイプですね。

親子丼としては日本橋の玉ひでなど、職人技の光る親子丼がありますが、

割り下などはあまり、職人気質を感じさせない、むしろ素人ぽさを感じます。

だが、それがいい!!!と思います。

店のロケーションなどを考えれば、肩肘張らない、大人も子供楽しめる味だと思います。

都会で食べる1500円前後の親子丼と違い、八ヶ岳連峰を望むドライブイン的な所で、

軍鶏肉を使った親子丼が単品なら900円台。

気取らず美味しく食べられる、それがいい!!!

さて、私が注文したのは親子丼御膳、スープと香の物、サラダと小鉢が付いてきました。

サラダは刻んだキャベツに鶏肉が散りばめられ、ドレッシングがかかっていました。

このサラダも、肉が美味くてバクバク食べちゃいました。

筍の煮物は普通でしたね。

香の物は桜漬けみたいなものが付いていましたが、野沢菜の方がいいのでは?

そして、味噌汁替わりのチキンスープですが、特に強い旨味や個性は感じず。

ここでは親子丼以外にもラーメンなど、割と選択肢の多い、メニュー構成です。

私自身もラーメンを注文しようかどうか悩みました。

もし、このスープがラーメンスープと同じであれば、アッサリ、さっぱりタイプでしょうか?


親子丼御膳を完食すると、玉子プリンが登場です。

1個350円で、コンビニのプレミアム系より高いね。

このプリン、お持ち帰りは出来ません。

店内で食べる事が大前提です。

ま~~~それにしても鮮やかなオレンジ色。

オレンジジュースでも混ぜたのか?と思うくらい鮮やかです。w

まずは一口、底の方にカラメルシロップがあるので底から掬います。

モグモグ・・・カスタードプリンですかね?割としっかり感のあるプリンです。

原料は玉子は勿論、牛乳と砂糖ぐらいでしょうか?

これも素材の味を楽しめるものです。

カラメルは薄口タイプです。

あくまでも素材重視の考え方だと思います。

さて、全部を食べ終えての感想ですが、家庭の主婦がプロ並に頑張った!という印象。

つまり、先述したように親子丼もそうですが、職人技が光る!というものはありません。

素晴らしい素材をあまり弄らず、シンプルに味わってもらいたい!と感じました。

1年365日、養鶏に携わり、この素材を手塩にかけて育て上げ、

このロケーションと環境の中、美味しい親子丼をいただく。

自然の恵みをいただく感動を仙人小屋や自然屋で得ましたが、

拘りぬいて育て上げた素材と言うのも、また有りがたい物です。

ラーメンはともかく、焼き鳥や限定品もあるので、是非再訪問したいと思います。

ここで一句

    養鶏は

       休日なんか

            ありません

Photo

2013年5月25日 (土)

北杜市 バックハウス インノ 八ヶ岳店  パンいろいろ

Photo_2Dscn7891
Photo_3

Dscn7888

Photo_4

Dscn7882


Dscn7883

Dscn7885

Dscn7887

Dsc_9929
Photo_5

Dsc_9935

今回、このパン屋に到達するまで迷いました。

カーナビに住所と番地まで入力し、ピッタリ!とまでは行きませんが、

周辺までは案内されるだろうと思い、運転したのだが、全然着かない。

カーナビと実際の場所までは2kmぐらい違ったぞ。

なんか、太陽フレアの影響でGPSに誤差が生じるとかニュースでみたが、それか?

結局、お店に電話して場所を確認し、到着したが、30分近くロスをした。

私が入力した時に番地を間違えたのか?それとネットから得た住所が違うのか?

久々に迷いましたね。

それと、長距離ドライブをして来ているので、思考力が落ちているのかね?

元々思考するほど頭は良くないが・・・w








訪れたのはバックハウス インノ八ヶ岳店。

八ヶ岳店と言う事は他にもお店があるのかな?

遠出をした時、テイクアウトが出来るパンはその場で無理して食べる必要が無いので、

機会があれば立ち寄る事にしている。

ここ、バックハウスも食べログで評判が良いので、寄ってみた。

県道から細い道を進み、左折するとこの店がある。

しかし!道が狭い!!!

すれ違うにはかなり厳しい道です。

駐車場は余裕がありますけどね。

店内に入ると・・・狭!!!

表から見る建物の大きさからすると、販売スペースは畳4~5畳?6畳?

丁度、子供を数名含む先客がいて、私が入ると狭い、狭い。w

パンを載せるトレーとトングを持ち、パンを選びます。

・・・結構、売り切れ多いじゃん。

11時開店で13時頃にお邪魔しましたが、半分近く売り切れ。

18時まで営業しているらしいが、そこまで商品持たないでしょう?

売り切れ御免の人気店らしいですね。

訪問日が日曜日なのでそれも影響あるだろうな。











それでも数種類のパンを購入し、記念撮影ののち、自分の部屋で食べました。

買ったのはカレーパン、チーズパン、クロワッサン、あと名前不明。www

一応、レシートもいただいているので、名前と価格の確認をしようとしたら、

パンしか書いてないや!w

カレーパンは結構、スパイシー。

揚げていない焼きカレーパンですが、水分の少ないカレーが大人の味。

肉も挽肉主体のものですが、キーマのようで美味い!

次にクロワッサンですが・・・美味いわ!!!

久々に美味いクロワッサンを食べたわ。

薄く重ねられた生地から溢れるバターのコク!(少し言い過ぎかも?w)

そして名前を忘れたデニッシュ!

ダークチェリーと思われるそれがのったデニッシュは美味いの一言。

その他にもスティック状のハード系のパンも美味いよ~~。

なんか全部美味い!!!

苦労して訪れた甲斐があるというもの。

売り切れ連発も納得のお店でした。

 

ここで一句

     ナビだけを

         頼りにすると

               行き止まり

Photo_6

2013年5月24日 (金)

北杜市 自然屋 天ぷら定食

Dsc_9893
Photo_9

Dsc_9872

Photo_10

Dsc_9875

Dsc_9873
Photo_11

Dsc_9876


Dsc_9878

Dsc_9881

Dsc_9884

Dsc_9886

Dsc_9887
Photo_12

Dsc_9891

最近、「この番組は見逃せないな!」というものがない。

ドラマであろうが、バラエティーであろうが、「見られないなら録画じゃ!」というのがない。

毎朝、ZIPを見ているが、時計かわりなだけ。w

ほんと、VHSからDVD、ハードディスクに媒体は変わったが、録画をしなくなった。

多分、見れば夢中になるであろう番組はあるにはあるだろうが、それがどれか不明。

それと同じ意味で、マンガも買わない、読まなくなった。

ワンピースなど、ルフィーしか知らん。w

だが、進撃の巨人は読んでみようと思う。

ブックオフで中古を購入し、読んでみるつもり。

なんでこんな事を書くかというと、書かないといつまでも買わないし、読まない気がする。

何事も切っ掛けは自分で作らないと。

読んだら感想書きます。。。多分ね。














冬眠開けの自然屋に今年、初訪問。

いつもは仙人小屋と二軒ハシゴしますが、今回はここだけ。

日曜日の仙人小屋は・・・何時間待ちやら?

ほぼ開店時間にお邪魔すると先客無し。

ご主人に挨拶をすると、天ぷら定食1800円を注文。

自然屋も去年きのこを食べに来た時以来ですね。

もしかしたら筍があるのでは?と思いましたが、まだ早いみたい。

筍は旬がピンポイントなので、来月来る事が出来るかな?

多分、暇なので大丈夫だろうな~。w

そんな事を思いつつも、天ぷら定食完成。

記念撮影をし、いただきま~す!









こちらの天ぷら定食はミックスタイプ。

旬の山菜と新子の天ぷらと、小付として山菜の酢の物や和え物が付きます。

天ぷらは山椒塩と天つゆ。

まずは新子を山椒塩で一口、もぐもぐ・・・ウマ。

あああああ!!!新子ウマ!!!!!

当然のことながら頭から尻尾、骨まで全部食べられます。

衣の部分がカリッとする以外はホクホクの食感でいただけます。

次に山菜をいただきます。

こちらは天つゆでいただきました。

相変わらず薄衣で、素材を堪能できます。

山菜って、自分で採って来て、自分で天ぷらにすれば安上がりなんだろうけど、

割と下処理が大変なんですよね。

スーパーに並んだ野菜と違い、木の枝や地面から直接収穫するので、

掃除をしたり、余分な部分を取ったりとかしなければならない。

不精な私は、食べに行くのが一番!なわけね。w




山菜の酢の物など、自分で作れば破滅的な味になるであろうが、

このお店では美味しくいただけます。

お椀にも山菜が散りばめられていますが、お吸い物ですね。

このお椀、最後の方ではやや酸味を感じ、爽やかな後味なんです。

なかなか美味しかったです。

山菜のオムレツも面白いですね。

最後にお刺身をサービスでいただきました。

気をお使いにならず、普通に扱ってください。w

すべてを食べ終えると満足満足。

山菜はこれで満足出来ました。

次はいよいよ筍だな。

焼き筍の感動をもう一度!

 

ここで一句

     梅雨の前

         あの感動を

             もう一度

Photo

2013年5月23日 (木)

長野県南佐久郡 野辺山駅周辺~八ヶ岳高原ライン、マラソンもある十八景

Photo_2Dsc_9765

Dsc_9767

Dsc_9769

Dsc_9770

Dsc_9771

Dsc_9773
Photo_3

Dsc_9774

Photo_4

Dsc_9780

Photo_5

Dsc_9787

Photo_6

Dsc_9791

Photo_7

Dsc_9794


Dsc_9807

Dsc_9810

Dsc_9814

Dsc_9853

Dsc_9849

Dsc_9859

Dsc_9862

このところ、私のブログ全体で山梨比率が高い。

食事は勿論のことだが、富士五湖は山梨県に所属するし、観光目的でも

新たな発見が多く、結構山梨を楽しんでいる。

まだ勝沼周辺のワイナリーなど、行ってみたい所も多いし、魅力の多い県でもある。

そんな山梨の八ヶ岳高原ラインは長野に隣接している。

高原ラインを過ぎ、少し走ったところで野辺山駅がある。

JRなど普通鉄道の駅の中で、最高標高地点にある駅だという。

昨年、線路の最高標高地点まで行き、駅には行ってなかったので、行ってみた。

すると、丁度マラソン大会の開催中。

その名も「ウルトラマラソン」。

100kmが最高で71km、42kmとある。

どちらにしても今から10年若返っても参加する気にはならない。w

そんなマラソン風景を撮影し、八ヶ岳高原ラインに戻ると富士山が見えた。

この富士山をカメラに収めるべく、撮影しまくったのだが・・・

これ以上、上手に撮影出来ん!!!w

自分の腕もそうだが、性能的にもこれが限界。

そんな十八景、楽しんでいただけますかね?

 

ここで一句

     マラソンを

          やるにはさらに

                 減量を

Photo_8

2013年5月22日 (水)

賀茂郡 中華 長太 チャーシューメン

Dscn7880
Photo_11

Dscn7878

Photo_12

Dscn7879

Photo_13

Dscn7876

Photo_14

Dscn7869

Photo_15

Dscn7870


Dscn7872

Dscn7873

Dscn7875

稲取といえば、町長を公募して話題になった気がする。

その後、どうなったのだろうか?

だが、町長以外にも割とディープな文化があるんだよね。

男のシンボルそのものの御神体を女性が担ぐ「どんつく祭り」とか。

写真を撮って載せようかと思ったが、やめた。w

一応、お祭りだからね、からかうのは良くない。w

その他にも吊るし雛があるが、吊るしというのは言葉的に良くないね。

どうしても首吊りを連想するよ。

あと、食文化がいろいろあるんだよね。

その中でやはり注目は「肉チャーハン」だよね。

伊東の蕎麦を諦めて、肉チャーハンを食べよう!

稲取りに着いて肉チャーハンの元祖といわれる「かっぱ」を発見。

外観は肉チャーハンらしからぬモダンなお店。

私はかっぱの前を素通りして、「長太」に入った。w

メニューを眺めると、チャーシューメン850円を注文した。

先客は一人ですぐにラーメン登場。

記念撮影をし、いただきま~~す!!!






人間、予定外、予想外の行動は多々ある事。

なんか長太のディープな外観に惹かれたのだ。

それに下調べ段階では長太の評価がすこぶる良い。

そして、開いているとラッキーみたいな事も書いてあったので、行ってみた。

肉チャーハンなんかいつでも食える!(一度も食べた事が無いが・・・)

まあ、とにかくラーメンが食べたくなった訳よ。w

比較的大ぶりなどんぶりであるが、量としては普通だと思う。

チャーシューはバラ巻きタイプで3枚。

3枚というと少ないイメージだが、なかなか厚みもあり、大きなチャーシューである。

そして、味付け玉子が標準装備である。

だいたい、どこの店でも100円での追加トッピングが定番であるが、標準装備は珍しい。

あとは海苔とメンマとネギ少々。

まずはスープをズズ頭図事厨逗zずずずず・・・あっさりめの仕上がりですが、

丁寧に抽出された鶏ガラなどの旨味を感じます。

醤油の色が強めのスープですが、私はショッパクは感じませんでした。

次に麺ですが、細麺では無いですね?

やや中太麺といった印象。

縮れも捩れも非常に弱く、ストレート麺といってもいいかもしれない。

啜ってみると、割とカタメの仕上がり。

食感も喉越しも楽しめる麺です。

噛み締めると、むにゅむにゅした弾力のある麺です。








チャーシューはやわらかめの仕上がり。

味付けは薄く、ラーメンとのバランスはいい。

メンマもコリコリの食感でなかなか美味しい。

ビールのお通しであれば最高だろうね。

毎度の事ながら車なのでビールは断念。

そして完食。

ありふれた味の醤油ラーメンですが、なかなか好ましい味わいです。

醤油が前面に出たスープは誰にでも受け容れられる味だと思います。

メニューを見ると、麺が3玉入った特盛りメニューもあるようです。

肉チャーハンは勿論、肉丼などもあり、これは是非とも再訪問をしたいお店です。

何より嬉しいのはハンドタオル並のおしぼりが出る事です。

紙タオルみたいなお絞りが多い中、このサービスは嬉しい。

ハンドタオル持参が当たり前の私ですが、汗っかきには有りがたい。w

ここで一句

     焼き飯は

         シンプルなのが

               好まれる?

Photo

2013年5月21日 (火)

秦野市 マハトマ秦野店 ランチCセット(野菜、チキンカレー+プレーンナン)

Photo_5Dscn7858
Photo_6

Dscn7842

Photo_7Dscn7844
Photo_8

Dscn7848


Dscn7849

Dscn7850

Dscn7851

Dscn7853

Dscn7854
Photo_9

Dscn7855

ガキの頃からアレルギー性鼻炎で苦しんでいる。

中学の時に、あまりにも鼻タレだった私は鼻の手術をした。

それは意識のある私の鼻の骨を削り、鼻の通りを良くしようというもの。

その削り方が凄い、物理的にノミのようなもので金づちで叩く要領で削った。

痛いのは当たり前だが、鼻の骨が動いた気がした。w

取りあえず右側だけ削り、左はまた今度、ということになった。

完治するまでに数週間を要したが、その後暫く私のあだ名は「蓄膿デーちゃん」。w

ところで、左側だがまだ手術はしていない。

する気もない。w

成長期途上で鼻骨を削った代償は、鼻筋は通ってはいるが、触ると左右形が違う。w

あの当時、あんな治療法しか無かったのかな?

例え、片側だけとはいえ、鼻タレから卒業した事は大きな収穫だが・・・w










国道246を走っていると、新しくインド料理店が出来ていた。

この店の前は何だったかな?

何だった?

え~~~以前、何の店だったかな~?

ああ・・・急にナンが食べたくなった。

話のタネに入ってみましょう。w

丁度、開店したばかりの時間でしたが、店内には5人ほどの客が。

スタッフはすべてインド人?らしいですが、日本語の会話に不自由は無い。

ランチメニューを眺めて見ると、いろいろバリエーションが豊富なようです。

まず、カレーが日替わりを含め5種類。

そして、ナンかターメリックライスが選べ、ハーフナンとターメリックライスのセットもある。

辛さも選ぶ事が出来、プラスアルファーでドリンクバーもある。

更に選択肢があるが、ここはCセット750円にした。

内容はナンで野菜とチキンの2種類のカレーで中辛、チキンティッカとサラダ付き。

注文時、最初はマトンと野菜にしたが、チキンに変更。

インド人?のスタッフはそんな変更にも対応でき、5分もかからずカレー登場。

記念撮影をし、いただきま~~す!











まあ~~~それにしてもナンの大きい、いやデカイこと!

カレールーは少ないなと思うが、ナンの存在に圧倒されます。

そして当然のことながら焼き立てで、香ばしいニオイがたまりません!

早速、アツアツのナンを適当な大きさにちぎり、カレーに浸します。

モグモグ・・・美味い!!!!!

久々の焼き立てのナンだが、こんなに美味かった?

この店のナンは仕上げに表面に油でも塗っているのかツヤツヤ、テカテカ。

そして噛み締めると、ほんのりと甘みが広がり、至福の瞬間。

ナンはモチモチ、カリカリ、ふんわりと場所により、食感が違います。

肝心のカレーですが、中辛を選択しましたが、辛くない。

辛いのが苦手な私ですが、この上の辛口でも恐らく余裕で食べられると思います。

カレー自体はランチタイム提供ということもあり、事前に仕込んでおいたものでしょうが、

美味いね。

チキンカレーはコクと旨味を感じられ、突出したスパイスのクセも無く食べ易い。

野菜カレーもアッサリ、サッパリ目のカレーではあるが、これも美味い。

日本人に合わせてあるのかな?

クセの有る日本人である私だが、食べ易く美味いカレーだと思います。

チキンテイッカはタンドリーチキンみたいな・・・と思ったら骨無し、骨有りの違いだけ?

サラダは申し訳程度のボリュームですが、素材は悪くない。

結局、美味しいからナンをお替りしました。

「お替り!」といって数分で焼き立てナンが登場。

うひょ~~~~更にアツアツでニオイがたまらん!!!

途中、お冷が無くなると補充してくれたりと、インド人?スタッフは日本人の琴線に響く

サービスを習得しているようです。

さすがにナンを2つ食べるとお腹がいっぱいです。

カレーも量は少ないかな?と思いましたが、ナンで食べる分には足りない事も無く、

ナン2つで丁度良い位でした。

いや~~~~満足です。

店内は変則的なテーブル席しかありませんが、カウンター席があってもいいかもね?

私の様なお一人様はその方が再訪問し易い様な・・・

どちらにしても味は良いと思います。

とにかくナンが美味しかった。

ナンとしてでも再訪問しますよ。w

 

ここで一句

    何と無く

        ナンが食べたい

               今の時期?

Photo_10

2013年5月20日 (月)

秦野市 ガスト秦野中井インター店 ミートース+サラダ&日替わりスープセット

PhotoDscn7840
Photo_2

Dscn7841

Photo_3

Dscn7825

Dscn7826

Dscn7829

Dscn7832

Dscn7834

Dscn7837

Dscn7838

最近、霊感が冴えているかな?と思っている。

宿直で私一人しかいないのに、夜中に話声が一言、二言聞こえた。

間違いなく、自分しかいないはずなのに聞こえた。

だが、その時私は「隣人が帰って来たか?」と自室と勘違いし、また寝た。

何と言うか、神経が図太いというか、アホというか・・・

昇仙峡で水晶の玉に触れたせいか?

どうせ霊感が冴えるなら、宝くじとか大金が入るように冴えて欲しいね。

カネに不自由はしていないが、大金には不自由している。w

人生、カネと地位と名誉は、手中にしたい!!!










丁度、10時になったので、ガストで食事をすることにした。

すると、まだモーニングメニューだと。

ランチは10時半からだと。

ええ?10時からじゃないの?

昔からそう?オレの勘違い?

フライング禁止らしく、10時半までは出来ないとの事。

オペレーション、マニュアルを破るのは御法度らしいので、ランチメニューを眺めながら

ランチタイムまで待つ事にした。

ん?冷し坦々麺が無いな?

一応、聞いてみると「当店では扱っておりません」とのこと。

どうも、静岡県では実施しており、神奈川ではやってないらしい。

静岡と神奈川の県境を行ったり来たりしている私には迷惑なフェアだ。

仕方が無いので、ミートソースとサラダと日替わりスープのセットにした。

パスタが523円、サラダセットが199円、合計722円。

相変わらずセットをつけると割高感がある。

さほど待たずにパスタ登場。

記念撮影をし、いただきま~す!















ガストのミートソースは混ぜ混ぜしてあるタイプだね。

いや、パスタに若干のソースを絡め、上にはしっかり、ミートソースがある。

まずは一口、ちゅるりんこ、と。

うん、パスタ自体は美味い!

ファミレスのパスタをすべて食べ歩いた訳ではないが、ガストのパスタそのものは美味い。

あとは味の決め手のソースになるが、さすが定番だけあって、美味い。

肉から滲み出るコクと旨味、更にチーズが混ぜ込まれており、相乗効果がある。

パスタに予め、下味用にソースを絡めているので、ソースが足りないとか感じない。

タバスコをアクセントで少々たらし、粉チーズを更にふりかけるとジャンクさが出る。

パスタの合間にサラダを食べ、スープを飲む。

スープは相変わらずコンソメベースのものだが、今回は油揚げ?が入っていたな。

そして完食。

ああ~~物足りない~、食い足りない。w

パスタ単体では安いには安いがボリュームも比例する。

物足りないボリュームも単体注文なら諦めも付くが、セットで700円を超えると、

腹を満たされぬ不満が沸き起こる。

分かっているが入ってしまう。

それがファミレスなんだな???w

 

ここで一句

     大盛りが

        出来ぬ代りに

              デカ盛りを

Photo_4

2013年5月19日 (日)

大月市 初狩PA(上り) 峠のめしや 肉うどん(大)

Photo_2Dscn7819

Photo_3
Dscn7809

Photo_4Dscn7810

Dscn7812

Dscn7813

Dscn7814

Dscn7815
Photo_5

Dscn7808

思えば昨年の12月2日。

長野のまたぎ亭で食事をしようと思い、前日に予約をし、向かったまでは良かった。

だが、河口湖インターから大月ジャンクションに向かう途中、笹子トンネルの事故を知る。

しかし、その時の情報は車両火災による通行止め。

この時私は大月で降りるかどうか迷った。

だが、車両火災なら消火かが終われば通れる!と判断した。

これがあとあと判断の誤りであると同時に、人生に於いて悲惨な事故現場の寸前まで

接近し、その現場状況の混乱を目の当たりにするという貴重な経験をした。

それと共に、上り線と下り線の違いがあるとはいえ、本当に20~30分の差で

事故発生現場に直面したかもしれない人生の悪戯。

何よりも11月の末に私は仙人小屋に行ったばかり。

自分が巻き込まれていても全く不思議ではなかった。

拾った命に感謝をしつつ、亡くなられた方々に改めてお悔み申し上げます。











最近、高速道路のSAやPAは変わった、変わったと良く言われる。

つまり、PAやSAに訪れる事が目的になるようになった、と言われる。

日本全国高速道路の90%以上を走った、と自負している自分にしてみれば、

以前があまりにも悪過ぎて、ようやく文句を言えずに食える物が出せるようになった。

それが私の感想でもある。

つまり、道路公団側から利用者側にやっと、顔を向けたか?ということ。





ここ、初狩PAの食事利用は初めてである。

いつも満腹に近い状態で通過するので、なかなか食事をする機会が無かったが、

その前に食べたのが蕎麦のおかげでやっと食事利用出来る。w

おむすびというかおにぎりが売り物のようであるが、ここはカタイと書いてあるうどんを。

あれほど嵌っていた吉田うどんですが、最近食べてないな~。

天めんで食べたけど、あれは吉田うどんのカテゴリーに入らないでしょう?

PAで食べる吉田うどん、期待しないで肉うどん600円を券売機で購入。

さほど待たずにお呼び出し。

カウンターのすりだねを投入し、記念撮影、いただきます。







どこだったかな?

以前何処かで食べたPAの吉田うどんと比べ、カタイにはカタイ。

カタイが故に吉田うどんを食べている気にはなる。w

肉うどんの肉は豚肉。

少々豚臭い豚肉。

国産豚らしいが、下処理が良くないためか、気になりますね。

すりだねを溶かすと、かなり辛味が強い。

この辛味が肉の臭みを消してくれ、その後普通に食べ進む。

メニューには豚丼がお勧めであったが、この肉を使用しているのであれば、

評価はさらに下がったであろう。

初訪問のPA、SAでは相変わらず冒険心がわくね???

 

ここで一句

   もう一度

      食べてみるなら

            おむすびを

Photo_6

2013年5月18日 (土)

甲府市 そば処 轟家 セイロそば、旬の天ぷら

Photo_4Dsc_9714

Dsc_9718

Photo_5Dsc_9752

Dsc_9753
Photo_6

Dsc_9754


Dsc_9722

Dsc_9731_2

Dsc_9723


Dsc_9724Photo_7

Dsc_9728


Dsc_9732

Dsc_9734

Dsc_9737

Dsc_9739

Dsc_9741

Dsc_9743

Dsc_9747

Dsc_9750

結論から言って、私は夏が好きではない。

汗をかくには最高だが、四六時中汗をかきたい訳ではない。

汗をかくことは私にとって最高のストレス解消方なのだが、汗をかき過ぎておかしくなる。w

寝ていても汗まみれで不快だし、夏はイヤだな~。

私は高校時代、柔道部に所属していた。

乱取りといって立ってワザをかけあうのはいいが、寝技は最悪だったね。

特に自分が下になったとき、寝技をかけられた時。

相手の汗が滴り落ちてくる。

あの気持ち悪さと言ったら・・・w

まだ道着を着ているからいいけど、レスリングとか相撲とかの夏場の練習って・・・

柔道部の隣は剣道部だったが、良く熱中症にならなかったな?

思いっきり汗をかき、部室にびしょびしょの柔道着を干し、翌日またそれを着る。

夏場の部室は最高に香ばしい香りに溢れていました。w





昇仙峡を何も食べずに歩きまわり、さすがに腹が減った。

何を食べようか迷うが、周囲はほうとうを売りにしている店ばかり。

冷しほうとうといえるおざらも有る店もあるようだが、ここは周辺を散策し、

違う物を食べてみよう。

私は少し山の方に行ってみた。

するとダムがある。

昇仙峡から車で数分の距離である。

ダムまで行ってみるとほうとう等を食べさせる店がある。

しかし!さらに奥に蕎麦を食べさせる店がある。

これは面白い!

周辺のロケーションが最高の中にぽつんとある一軒家。

店の名前は「轟家」くるまやと読ませる。

暖簾が出ているので営業中なのは分かるが、駐車場に車が無い。

昼時に客のいない蕎麦屋か?ええ~~い!!!かまわん!入る!!!



店内に入ると薄暗いが古民家風の広い店内。

座敷とカウンターがある。

店内には奥様がひとりでテレビを眺めていた。

「こんちわ~」と声をかけると私に気が付く。

カウンター席にお邪魔すると何を注文するか悩む。

鶏そばが美味そうだが、いざ注文すると「それ、温かい蕎麦だよ」と言われる。

なるほど、確かにこの日は夏日並の暑さだった。

ネズミ大根そばもいいかな?1500円?高いな~。w

悩んでいると奥様が助言する。

結局、セイロ蕎麦と天ぷらの盛り合わせを注文。

それぞれ1000円なので、合計2000円。

単純に天ざるそばと考えてもいい値段だな。

連食予定のつもりだったので、大盛りにしないでそのままにした。

・・・いや、大盛りと言ったらやめとけ、みたいな感じだった。w

「天ぷらは時間かかるけど?」と言われたが、待ちますと答える。

すると、まずは小皿にのった3点セット登場。

漬物や蕗味噌がのっている。

次に山菜の小付が登場。

シャキシャキして美味いね。

そして蕎麦粥登場。

蕎麦の実にダシが浸み込み、青海苔の香りと共にいただく。

うん、これは美味い!

なんか蕎麦に期待出来そうですね。





それにしても・・・広い店内に客一人。

その店内に大型テレビが設置されている。

客席によってはまったく見えない位置にそれはあるが、私の席だと正面になる。

料理が出来るまでの間、テレビを見る事にした。

アメリカのドラマの様だな、途中から見たから内容は良く分からんが、

「女なのに女が好きか?」とか「女も男も好き」とか言っているな。

そのうち、女が黒い下着姿になって、相手の男を誘惑しはじめたぞ。

をいをい。。。昼間なのにラブシーンかい?女の吐息が妖しいぞ。

厨房には店主の爺さまがいて、ばあさんがいて、オレしかいない状態でラブシーンか?

バツが悪いとはさすがに思わないが、このままヌードになって・・・

と、思った瞬間、女に男はぶっ叩かれた。www

あ~、そういう展開になって助かったわ。w

このままベッドインだと、親の前でそういうのを見ている子供の心境だぜ。www

そのまま番組が終了し、次の他愛も無い番組に変わったところで蕎麦登場。

うほ~~~~!蕎麦山盛りといっても良いくらい大盛りですよ。

1000円払った分、盛りの良さと小付などでプラスアルファーを出しているのかね?

そして天ぷら登場。

山菜と椎茸、南瓜、海老、茄子などが揚げられている。

これも1000円と言う価格に納得出来るボリュームだね。

天ぷらは塩で食べてくれとの事。

記念撮影をし、いただきま~~す。












まずは蕎麦。

それにしても見た目は不揃いで手打ちというより手作りといった印象。

そばつゆにちょこんとつけて食べてみる。

ずず・・ずずずず・・。・

うん、コシはそれほど強く無く、むしろボソッとした食感。

昔、茨城のジイちゃんのうちで食べた手打ちそばみたい。

そばつゆは薄目ですね。

蕎麦通が食べる様な食べ方じゃダメですね、どっぷりつけて食べてみます。

蕎麦全体にそばつゆを行き渡らせた食べ方だと、喉越しが良くなります。(当たり前)

特筆すべき蕎麦ではありませんが、蕎麦の風味は楽しめます。

半分ほど蕎麦を食べたところで、天ぷらを食べます。

まずは大き目の椎茸をがぶり!もぐもぐ・・・美味いね。

ご主人、天ぷらを揚げる技術の方が優れているんじゃない?

次に海老。

これ、良い海老じゃない。

プリプリで美味いですよ。

こんな場所でこんな美味い海老天が食べられるんだ?凄いね。w

あとはフキノトウとか山菜も美味しいよ。

揚げる技術と素材がいいから、塩でもバクバク食べちゃうよ。

そばつゆに天ぷらを浸けようかと思ったが、塩で満足出来る。

天ぷらを半分ほど食べたところで蕎麦を完食。

蕎麦湯を作り、天ぷらを食べながら蕎麦湯を飲む。

うん、口の中がリセットされる。

飽きずに天ぷらを食べ続ける事が出来る。

そしてすべて完食!!!





なんだこの満足感。w

蕎麦に関しては蕎麦通向きの蕎麦では無いです。

むしろ、もう少し頑張れよ、と言った感じでしょうか?

だが、ロケーションと店内の雰囲気が蕎麦を盛り上げます。

蕎麦自体の風味は悪くないので、この店お勧めのおろしそばが良いかもしれません。

セイロそばだけだと、ボリュームはあるけど、物足りなく感じます。

何よりも私の場合、天ぷらが美味しかったのが満足の要因です。

外はサクッとして、中はふんわり美味い。

合計2000円の天ぷらセイロそばはお腹も気持ちも満たされました。

 

ここで一句

    景色まで

        味わうのなら

              満足か?

Photo

2013年5月17日 (金)

山梨県甲府市 昇仙峡~新緑の三十五景

PhotoDsc_9757

Dsc_9763

Dsc_9585

Dsc_9587_2

Dsc_9596

Dsc_9598

Dsc_9600

Dsc_9605

Dsc_9609

Dsc_9618

Dsc_9620

Dsc_9622

Dsc_9627

Dsc_9629

Dsc_9633

Dsc_9637

Dsc_9642

Dsc_9643

Dsc_9648

Dsc_9658

Dsc_9655_3

Dsc_9661

Dsc_9663

Dsc_9675

Photo_2

Dsc_9698

Dsc_9686

Dsc_9687

Dsc_9689

Dsc_9690

Dsc_9691

Dsc_9708

Dsc_9703

Dsc_9709

Dsc_9701

Dsc_9711

昇仙峡といったら「紅葉」。

いつも紅葉時に行こう、行こうと思っているのですが、なかなか行けない。

今回、初訪問になりますが、観光客の少ない新緑時に行ってみました。

昇仙峡は昇仙峡ラインがあり、長いエリアが該当し、尚且つロープウエイもあり、

半日がかりで無いと、全貌を楽しむには厳しいようです。

その中でも私はメインの滝と覚円峰周辺を散策しました。

紅葉時、再訪問決定ですね。w

 

ここで一句

     ハイキング

        かなり体力

              使いますw

Photo_3

2013年5月13日 (月)

北杜市 成駒屋 焼きそば(大)

Dscn7786
Photo_6

Dscn7785

Photo_7

Dscn7787


Dscn7788

Dscn7790
Photo_8

Dscn7791

私は全身ユニクロなのだが、そろそろ他のメーカーとのハイブリッドファッションを

楽しもうか?と考えてはいる。

何しろ最大デブ時に比べ、10kg以上落としたのだ。

サイズが無い!と言う事が無くなった。

だが、最大デブ時にお世話になったユニクロさんからなかなか脱却できない。

男とは、調髪もそうだが、なかなか店を替える事が出来ない。

高校時代からヘアースタイルの変わらない連中の多い事!w

男とはなかなか変化を受け入れられない生き物なんだね?w













昨年、北海道に行った時、3夜連続の痛飲、飲み放題。

戻って来た時、1週間ぐらい酒を飲みたくなかった。

今年に入り、翌日おかしくなるほど痛飲はしていない。

飲み会は嫌いではないが、オレのペースで飲ませろ!というのと、

翌朝の後悔と不調が消えないので、飲み過ぎはしないようにしている。

本当は日常の休日で、出掛けた先でビールを1本空けて帰ってくるのが一番楽しい。

しかし、電車で出かけるならそれは可能だろうが、車移動がメインの私では、

絶対に出来ないし、やってはいけない事。

でも、無性に飲みたくなる時があるよな~。w





仙人小屋でビールを飲みながら山菜天ぷらを食べたら、さぞかし至福だと思う。

だが、お茶と水で食べ終えた今、何故か中華を食べたい。

灰汁でやられた口の中をリセットしたい。

そこで向かったのが、成駒屋。

衝撃的な出会いと言うは大袈裟だが、激ウマでは無いが、何故か食べたくなる味。

あの汁だく?ツユだく?な焼きそばをまた食べたい!

カーナビの履歴を掘り起こし、成駒屋をロックオン。

到着し、入店すると丁度満席。

表で待ってくれというので、待つ事に。

3分もたたずに空席が出来、焼きそば大盛り800円を注文。

焼きそばは1人前ずつ作っているのね?

なかなか職人気質と言うか、拘りがあるようです。

テレビで紹介された時はさぞかし、待たされたことでしょう???

少々待ったのち、焼きそば登場。

記念撮影をし、いただきま~す!!!









ライスを頼んでも良かったかもしれないが、焼きそばのみ。

まずは麺を・・・ずず・・ずるずる・・・うん、ぺヤングじゃない!!!!!

さすがに2回目なので、オリジナリティー溢れるこのツユだく焼きそばを普通に味わえる。

とにかくまろやか、これ以外味の表現がないね。

ベースのソースの味だけではなく、中華スープとの相性、キャベツと肉の旨味。

茹で上げた中華麺を投入することによる、香ばしさとは無縁の優しい味わい。

山菜天ぷらの灰汁が消えていく~~。ww

にゅるんとした麺の食感が面白いね。

ソース=鉄板。

ソース=香ばしさ。

そんな私の人生の食に対する常識が、熱で溶けるアイスのように崩壊する。

自分でも簡単に作れそうなのだが、作るよりも食べに来る味。

最後に残ったスープを愛しげにながめ、皿を持ち上げ一口、二口啜る。

スープ完飲もいいだろうが、ここは二口ぐらいがちょうどいいかと思う。

私のブログ内で、同じ店で焼きそばを二度食べた事があっただろうか?

食べ歩きは一度は引退した身であるが、この頃その魅力に唆されている私であった。






ところで、今回非常に残念だったのが他の客の喫煙率の高さ。

喫煙可の店ですが、なんとかならないものですかね~。

せめてランチタイムだけとか。

 

ここで一句

     ツユだくの

        汁を飲んだら

            汁だくか?

2013年5月12日 (日)

北杜市 仙人小屋 山菜天ぷら定食

Dsc_9576
Photo

Dsc_9579

Photo_2

Dsc_9584

Photo_3

Dsc_9573

Photo_4

Dsc_9563


Dsc_9565
Photo_5

Dsc_9567


Dsc_9568

Dsc_9569

Dsc_9572

人間100歳まで生きる事は素晴らしこと。

しかし、人間長く生きればいいものなのか?と考えもする。

五感が衰え、歩くこともままならないような人間になってまで、生きる事は良い事なのか?

さらに寝たきりになってまでも長生きする意義がどこにあるか?

死ぬことは怖い。

死にたくは無い。

私の両親も高齢になり、オヤジ!おふくろ!というよりも、

ジジイとババアと呼ぶ方が相応しい。

親孝行をしてやったか?と考えれば全く、していない。

親孝行とはなんだろうか?と考えると、普通に家庭を持ち、孫の顔を見せればいいか?

普通、平凡が親孝行なのだろうか?










しばらく、仙人小屋には来ないつもりでいたが来てしまった。w

この前来てから、テレビの露出が増えていない?

丁度、山菜の美味しい時期。

G・Wも終わったので行ってみました。

周辺の散策も兼ね、10時過ぎに取りあえず仙人小屋前を通過。

なんと、先客が一組2名。w

やはり、テレビの効果は凄いね。

通り過ぎると美しの森など出掛けてみるが、特に見るべき物は無し。

清泉寮に行き、お土産用のパンを購入。

そして開店5分前に仙人小屋に到着。

7人待ちかよ。

今まで随分来たが、この待ちは初めて。

やがて開店し、店内へ。

今日は3人態勢で営業らしく、スムーズに注文。

注文したのは山菜天ぷら定食2000円。

いつもは何か付け加えるが、連食予定なのでそれだけ。

一応、「1時間待ち?」と確認すると、そこまではかからないとのこと。

メニューボードは山菜料理がメインで、むしろ品数が少ないかな?

約45分ほどで山菜天ぷら定食登場。

記念撮影をし、いただきま~す!










その日はお茶コーナーに麦茶が無かったな。

杜中茶とかカラマツ茶を飲んだが・・・もういいわ。w

それにしても凄い天ぷらの量。

昨年、山菜天ざるそばを食べましたが、それよりも多くない?w

副菜も相変わらず充実していますね、では早速、山菜からいただきます。

う~~む、旬の山菜は美味い!!!!!

内容は世の中の山菜と呼ばれるもの、すべてが入っているね?w

中でも面白いのが行者ニンニクの天ぷら。

天ぷらにしても独特のニオイは消えないね。

旬の山菜は本当にどれも美味い!!!

独特の苦みも深い味になっています。

「山菜ってどうやって調理したら一番美味いのかしら?」とお悩みの奥さん!

迷ったら揚げちゃいなさい!

天ぷらにして不味い山菜に出会った事が無い。

あ、でも蕗の茎の部分だけは無理かな?

後は茹でて水に晒し、マヨネーズでサラダ感覚もいいですよ。







相変わらずキノコ汁も美味いし、満足満足。

だが今回、少々辛くなってきた。

どうも、私の体調が万全では無いらしく、天ぷらの油と、山菜の灰汁にやられてきた。

くそ!まさか、まさかだな。

私は仙人小屋のあと、自然屋で連食をするつもりでいた。

私の胃袋は定食2人前は普通にこなせる。

昨年もそうだった。

仙人小屋の後、自然屋で普通に山菜天ぷら定食を食べている。w

灰汁にやられた可能性が高いな。

一応、すべて美味しく完食したところで、少々放心状態。

まだまだ食べられるが、山菜はもう、勘弁状態。

コゴミかな?苦みが強かったし、やはり量もあるか?

何て言うか、ラーメンとか焼きそばが無性に食べたくなった。w

体内のアクを中和したい!!!

そんな訳で自然屋を断念。

久しぶりの訪問になるはずが、アクを中和するために撤収。

山菜の天ぷらは灰汁が完全に消える訳ではないので、その辺は御存知かと思うが。。。

竹の子シーズンもこれからので、早々と再訪問しそうですね?

 

ここで一句

     ワルたちも

         灰汁を抜けば

               穏やかに?
Photo_9

2013年5月11日 (土)

広尾郡 夢がいっぱい牧場 ビフトロ

Photo_2Dscn7767
Photo_3

Dscn7770

Photo_4

Dscn7771

Photo_5

Dscn7772

Photo_6

Dscn7774

Photo_7

Dscn7775

Photo_8

Dscn7776

Photo_9

Dscn7780

Photo_10

Dscn7778

Photo_11

Dscn7781

料理は出来るけど極力やらない。

台所が汚れるからね。

部屋もニオイが充満するし。

私は「使わなければ汚れないじゃん!」というタイプである。

ズボラといえばそうかもしれないが、掃除洗濯はキチンとこなす。

ゴミを捨てられない人間が話題になるが、私は何でも捨ててしまう。

一度も着ないで服を捨てたこともあった。w

とにかく何でも捨てる。

女も捨てる、友人も捨てる、家族も捨てる、地位も名誉も捨てる。

唯一拾うのはカネだけである。

そんな私の部屋は、まるで空室のようである。w









テレビでヒコマロが「美味い、美味い」と宣伝するから、ず~っと品切れ状態。

先日、ネットでたまたまHPを見たら掲載されていたので、即、購入!

今回、ビフトロ10人前と送料込みで8000円オーバー。w

代引き手数料や箱台も含まれる。

高いな~と当然思うが、人間が北海道往復したら2~3万円。

宇都宮まで餃子を食べに行った時は・・・お取り寄せは安い!!!!!www



さっそく蓋を開けると・・・保冷剤が沢山!

保冷剤がかっちかちやぞ!かっちかちやぞ!   冷たいです!!!

そして中身を確認すると、随分と薄っぺらいのね?w

一人前630円ですが、見た目と価格が釣り合わない。

しかし!!!!!!!

このビフトロにはいろいろと苦労話があるのです。

まずは完成までに30日かかる熟成期間。

まあ、これはいいとして、一番大変だったのが某、焼肉チェーン店が起こした食中毒事件。

あの事件のおかげでレバ刺しはおろか、生肉全般が規制され、ビフトロは消滅の危機に!

だが、夢いっぱい牧場の皆さんは考えた。

「どないしたらビフトロを安全、安心に提供出来るのやろう?」と。(何故関西弁?)

「そうや!ローストビーフや!あの要領や!」(ここで中島みゆきの地上の星流れる)

つまり、焼いてあれば中がレア状態でも提供は可能。

そして、ローストビーフのレアの部分を使用してビフトロを作るんや!(何故関西弁?)

苦心の末に新食品安全基準に適合したビフトロが完成した。

それを夢いっぱい牧場に訪れたお客に提供した。

食べたお客が言った。

「以前と変わらんで」

夢いっぱい牧場の従業員は喜んだ、そして自信を持った。

「第2世代のビフトロを販売するんや!!!」

夢いっぱい牧場には中島みゆきのヘッドライト、テールライトが流れていた。

Photo_12

さて、食べてみるか。

一応、説明書を読むと、ご飯は酢飯がお勧めらしい。

ホカホカご飯も良いらしいが、今回はホカホカご飯で。

凍ったままのビフトロを包丁で短冊状に刻めと書いてあるが、省略。

ご飯をレンジでアツアツ状態にし、そのままご飯の上に乗せた。

すると、ご飯の熱でシナシナになる。

そこに添付のタレをかけるのだが、まずは軽くかけてみて、あとは食べてから調整。

まずはお肉の部分をパクリ。

うん、美味い!!!

結構、牛だぞ!というぐらい獣臭というか、熟成期間を感じる肉肉した感じがある。

次にご飯と混ぜ混ぜして食べてみる。

う~~~む、ご飯をアツアツにして正解だな、旨味を感じる。

タレは甘めの醤油ダレ。

これはこれでいいかもしれないが、山葵醤油も良さそうだし、黒コショウも面白いかな。

まだ9人前残っているので、色々とアレンジが楽しめそうだ。

アツアツの麺と絡めてもいいかもしれない。

ヒコマロが大騒ぎし過ぎだと思うが、食べ方次第で満足出来そうです。

取りあえず、お試しの1食ということで、続編はアメブロで紹介かな?w

ここで一句

     ヒコマロは

         人間ドックで

               再検査

1

2013年5月10日 (金)

セブンイレブン モンブランプリン、ピリ辛ドレで食べるラーメンサラダ

Photo_11Dscn7753
Photo_10

Dscn7755


Dscn7758

Dscn7759

Dscn7760


Dscn7761


Dscn7764

さて、コンビニですよ。

スイーツとラーメンサラダ。

ローソンのスイーツは美味いよね。

コンビニではトップだと思う。

セブンイレブンは美味いけど、ローソンには負けているよね。

しかし、ローソンはスイーツ以外は全部、セブンイレブンに負けているね。

個人的感想だが、そう思う。




今回買ったモンブランプリン。

美味いけど語れませんね。

なんででしょうか?

語るべきポイントが無いんですよ。

そこが欠点と言えば欠点か?

ラーメンサラダは確かにピリ辛。

小腹が空いた時にいいんじゃない?









それだけかよ!

と思われても書くこと無いし。

残りの余白はどうしよう?









やはり、何も無い。

 

ここで一句

     ネタ尽きて

          言葉の壁に

              ぶち当たる???

Photo

2013年5月 9日 (木)

吉野家 牛丼弁当特盛+けんちん汁+カレールー旨辛

Photo_5Dscn7742
Photo_6

Dscn7743

Photo_7

Dscn7744
Photo_8

Dscn7745


Dscn7749

Dscn7751
Photo_9

Dscn7752

今回、3人分の持ち帰り合計が2270円。

並盛り一杯280円の吉野家で一人700円以上の買い物。

コスパがどうのこうのと言っていながら、何たる無駄遣い?

ところで、CMでは吉野家至上最高の美味さ!と謳っているが、

私自身、吉野家の牛丼を食べるのは何年振りだろう?

ブログ上では2011年8月以来である。

約2年ぶりの吉牛。。。w

本当に牛丼食べないな~。

焼味豚丼とか食べているし。w

仕事の関係上、店では食べずに持ち帰りにし、職場で食べる。

買ってから約45分後に記念撮影をし、いただきま~す!











私の弁当は特盛りです。

なんか紅生姜と七味がそれぞれ10個近く入っていたぞ!w

そういえば、吉野家で紅生姜を食べ過ぎてブラックリストに載ったとか?

私は適量で十分ですが。

まずは牛丼をそのままいただきます。

パクリ、モグモグ・・・うん、美味い。

2年ぶりの吉牛ですが、普通に美味い。

ところで、弁当なのでツユダクにはしなかったが、弁当のツユダクも有りかな?

少し食べたところでカレールーをかけて、合いがけ状態に。

モグモグ・・・うめええええなあああ!!!!

カレー、美味くなったね。

旨辛カレーを選択しましたが、初めて食べた時より間違いなく美味い。

辛味とコクが増しました。

前回は辛さが足りない、と思いましたが、今回は適度な辛味というか、

スパイシーさがアップし、程よい辛さが食欲を刺激する。

何よりもコクがアップし、重厚な味わいを感じる。

やるじゃん!吉野家。(上からマリコだな~~)

そして、カレーと肉とご飯を少々まぜまぜし、いただきます。

うほほ~~い!美味い!










いや~~前回の合いがけと比較して、完全に進化しましたね。

満足ですよ。

そして初めてけんちん汁を食べましたが、これも具だくさんで美味い。

久々の吉野家はCMに偽りなし!と言っていいのでは?

次回はお店で合いがけを食べたいですね。

ところで、全部を食べ終えてから喉が凄く渇くのですが?

結構、塩分というか化学調味料濃度が高いですね。

 

ここで一句

     お店なら

        もっと安くて

             済んだはず?

Photo_13

2013年5月 8日 (水)

小田原市 ひろし食堂 カツカレー

Photo
Dscn7739
Photo_2

Dscn7733

Photo_3

Dscn7734

Photo_4

Dscn7736


Dscn7737

Dscn7738

Dscn7740

G・W期間中に2日休日をもらった。

ハッキリ言ってドコにも行かなかった。

渋滞しているのにわざわざ出掛けるのもバカバカしい。

家族サービスなどする必要の無い私は、近場でまったりと過ごした。

まったりと言ってもパチンコ、ネカフェ、サウナ以上である。

パチンコは調子が良いのか悪いのか分からないが、今年に入りプラス3万円である。

ギャンブルは負けなければいい。

負けない程度に楽しんでおります。

ネカフェはブログをまとめて更新する時など、利用します。

サウナは汗をかく事がストレス解消なので、私には欠かせない。

まあ、オヤジ一人、普段の休日はおもいっきりオヤジライフです。w











久しぶりにひろし食堂へ。

入り口には冷し中華の文字が。

暖かいからね、なんか注文したくなったよ。

でも今日はカツカレー950円にした。

それほど待たずにカツカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!

まずはカレーの部分のみを・・・

モグモグ・・・美味いね。

家庭的な味わいです。

豚肉と玉ねぎが主役の様ですが、私としては好きな味です。

前回、半カレーを食べたので知ってはいるつもりでしたが、美味い。

次にカツと食べます。

カツは揚げたて。

厚みはそれほど有りませんが、揚げ時間短縮のため、叩いて伸ばしている様子。

その分、大きさがあります。

普通盛りで注文しましたが、ご飯は景気良く盛られ、食べ応えあり。

そして、何故かチャーハンのように中華スープが付いてきます。

う~~~む、満足!!!

お腹一杯になりました。

連食するつもりが、結局この日はここだけでお腹一杯。

ああ!!!オムライスを注文するつもりだったんだ!!!w

早川周辺では屈指の満腹食堂。

また行くぞ!!!

 

ここで一句

 

     満腹で

 

              ブログのネタを

               逃したか?

Photo_12

2013年5月 7日 (火)

足柄上郡 かつ栄 大井松田店 とろロース豚テキ定食

Photo_11Dscn7727

Photo_12Dscn7702

Dscn7703

Photo_13Dscn7716

Dscn7717

Dscn7719

Photo_14Dscn7723

Dscn7724

Dscn7725

伊勢神宮に行きたいと思っている。

過去に2度ほど行ってはいるが、今年は式年遷宮ということで行く価値はある。

しかし、過去の経験として美味い物が無い様な気がする。

伊勢うどんならもういらない。w

赤福もいらない。

食べログで調べてみますか?w








私は人間とは・・・



まずは真面目に思われよ!



次に面白いと思われよ!




次にもう一度会いたいと思われよ!







それが大事だと思う。




真面目は信用。


面白さは魅力。


そしてもう一度会いたいということは、友達であり、ファンであり、後援者でしょ?




言葉で言うのは本当に簡単だ。w








楽器が弾けなくても音楽が作れる時代だが、電子音ばかりというのはどうにも味気ない。

シンセサイザー奏者の冨田勲氏は「雷は地球上初の電子音である」と言ったそうだが、

なるほど、確かに雷鳴を聞いて癒されない。w

心癒される音とは物体と物体がこすれ合い、ぶつかりあう音の方が多い。

勿論、不快な音も多い。

川のせせらぎは心地よいが、就寝時に常に聞こえると不快になる。

楽器も無く、歌手も居ない、大型モニターとスピーカーだけでライブが成立する時代。

電子音を心地よく思える人間にならないと、カラオケボックスでジジイ扱いか???w





このところラーメンが多いな。

たまには肉でも食べましょうか?

大井松田インター近くまで車を走らせると、かつ栄があることを思い出した。

かつ栄は確か御殿場が本店だったかな?

とんかつの美味しいお店をいろいろと食べ歩きましたが、焼肉を食べないね~。w

焼肉は嫌いではないが、どうしても夕食のイメージが強く、朝食と昼食がメインの

私にとって、食べる機会が無い!と言う方が正しいかもしれない。

それに夜食べると太るからね。

せっかく落とした体重をリバウンドさせたくないし、今しばらく節制です。w




丁度お昼時にお邪魔しましたが、割と空席がありますね。

休日のお昼なのに満席になりませんか?

テーブル席を案内され、メニューを眺めますと・・・どれもいい値段です。

家族4人~5人で好きな物を注文したら1万円飛ぶでしょう?

ジャンボ海老フライとか食べてみたいが、4000円に近いですね~。

どれにしようか迷いましたが、豚テキにしました。

とろロース豚テキ定食1890円。

ご飯がお替り自由で、キャベツがお替り自由らしいです。

暫し待ちますとジュージューいいながら豚テキ登場です。

記念撮影をし、いただきま~す!









味噌汁は普通の味噌汁と豚汁が選べ、ご飯は麦飯と白飯が選べます。

私は白飯と豚汁を選びました。

他に香の物が付きます。

メインの豚テキは肉の下にキャベツと玉ねぎが敷かれ、鉄板の余熱で加熱されます。

見た目のボリュームは私としては普通かな?

値段の割に少々寂しい気もします。

まずはお肉を一口、モグモグ・・・やわらかくて美味い!

醤油ベースのタレは上品な味付けです。

その分、肉の旨味がよ~く分かります。

ガーリックチップを肉と共に食べると、香ばしく美味い。

次に下に敷いたキャベツを食べると、適度に加熱されシナシナになります。

タレと絡めて白飯に乗せ、掻き込むと美味いな~~。

ご飯の盛りは少な目、当然お替りします。









ご飯は普通ですね。

お替りした時、麦ご飯に変更すれば良かったかな?

豚汁は具もたっぷりで美味しい。

ところで、この店から数キロ走った所に「みや古食堂」があります。

そこの豚テキ定食は1000円で、野菜サラダを別に注文したりします。

それでも1500円にはなりません。

この店の豚テキは確実にみや古食堂より良いお肉ですし、美味いと思います。

でも、満足度の高さ、コスパの良さは圧倒的にみや古食堂です。

接客も良いし、値段が高い!と思う以外はケチをつける部分が無いのですが、

みや古食堂で鉄板焼肉定食が2食、食べられる価格でこの内容は寂しい。

ならば「みや古食堂に行けばいいだろう!」と思われるでしょうが、

こだわりと謳っているので、そのこだわりを確認したかったのですが・・・

豚汁お替り1杯無料とかあると、また評価は変わると思いますが、

やはり、休日のランチタイムに空席があるのはその辺りだと思いますよ。

ここで一句

     元を取る

         せこい思いで

               肉を食う

2013年5月 6日 (月)

横浜市 崎陽軒 シウマイ御弁当

Photo_6Dscn7686

Photo_7Dscn7687

Photo_8Dscn7688

Dscn7690

Dscn7691

Dscn7692

Dscn7696

Dscn7698

Photo_9Dscn7700

唇を奪われた夢を見た。

相手はAV女優。

俗に言う熟女カテゴリーの方なのだが。

唇を奪われ、抱きつかれたところで目覚ましが鳴った。

ま~、これほど続きが見たい!と思った事は無いな。w

それにしても、熟女のAV女優か。。。

お姉ちゃんじゃなくて、オバちゃまか。

ある意味、自分の年齢に合わせた方が出て来たのかね?

なんかそれもある意味、残念と言うか寂しい思いがあるぞ!w

昔、中山美穂とか坂井泉水とか出て来たけど。

でもなんか複雑だよな。

欲求不満なのか?w

まあ、確かにいろいろと不満があるが、夢の中でも発散しきれない場合、

それらはどこで発散すればいいのか?

犯罪に繋がらないように注意しますが。。。www











空弁はほぼ毎年食べているが、駅弁は食べていない。

電車に乗らないし、乗っても駅弁を必要とする旅でもないし。

自分の記憶を掘り起こしてみて、いつ駅弁を食べたか?など一切無い。

サンドイッチは買った記憶があるが、ご飯ものは無い。

それぐらい、私の中では駅弁は無縁な食べ物であった。

ある日、テレビでタレント達が崎陽軒のシウマイ弁当を絶賛していた。

移動で鉄道を利用することの多いタレント達にとって、駅弁は不可欠な存在なんだろう。

そんな駅弁グルメな方々が褒めるシウマイ弁当とは?

俄然興味がわいたが、私にとって崎陽軒と言えば「シウマイ」のみ。

弁当を食べるのなら、特製シウマイの15個入り全部を食べた方がいい!

私にとって崎陽軒のお気に入りは「特製シウマイ」と「海老シウマイ」と「カニシウマイ」。

酒のおつまみには最高ですよ!w

情報を仕入れたのはいいが、なかなか買う機会のなかった弁当。

今回、箱根そばを後にし、駅の売店でたまたま見つけたので買ってみました。







お弁当の値段は750円。

高いか?安いか?と聞かれれば高い。

ほかほか弁当愛好者にしてみれば高いですね。

ほっともっとのスペシャルステーキ弁当よりも60円高い。

何よりも肝心なのは出来たてではない。

そして、ドリンクなどを購入すれば900円近くなる。

そんな弁当としてアウェーな要素が満載の駅弁だが、何はともあれ食べましょう。

食べるのであれば電車の中が一番、美味しいシチュエーションでしょうが、

用も無いのに電車に乗っても仕方が無い。w

取りあえず、青空の下で食べてみる事にしました。






今回購入したのは普段とパッケージングが異なる物。

横浜みなと祭りがあるので、そのフロートの画がプリントされていました。

ある意味、限定品だね?

包みをほどくとお箸と爪楊枝、お手拭きセットが登場。

そして、蓋を開けると・・・中身がこんにちわ!

見た目の派手さは無いが、美味そうじゃん!

おかずの内容はシウマイが5個、鶏のから揚げ、カマボコ、鮪の照り焼き、厚焼き玉子、

筍煮、切り昆布、千切り生姜、そしてあんず。

ご飯は俵型に成型されており、全部で8ブロック。

中央に青梅がのり、黒ゴマがかけられている。

美味そうだが、栄養バランス的には完全に野菜不足ですね。

でも、やむをえないか?








さて、どのようにいただきましょうか?

私は添付の醤油と辛子に注目をした。

これらはどう考えてもシウマイ専用である。

まずは辛子をシウマイの上にチョン、チョンとのせていき、次に醤油を同様にかけた。

ところで、弁当の醤油入れは崎陽軒伝統の「ひょうちゃん」ではない。

ありふれた透明な醤油入れである。

その醤油であるが、私は半分ほどしか使用しなかった。

これで準備完了。

記念撮影を済まし、いただきま~~す!








まずはご飯を1ブロックいただく。

ご飯はカタメかな?駅弁なので保存時間も考えると妥当なのでしょう。

若干、粘り気を感じるものの、普通に美味しい。

次にメインのシウマイを1個。

冷めても美味いシウマイはいつもの味、美味い!美味い!!

この後はおかずをそれぞれ味わってみましょう。

鶏のから揚げですが、これも至って普通。

ジューシー感は多少はあるものの、味付けも平凡で美味い。

次に鮪の照り焼き。

口に入れた瞬間、鮪だ!と思う反面、味付けの濃さに戸惑う。

かなりショッパイ味付けがしてあるが、これのおかげでご飯を2ブロック消費。

鮪の臭みなどは抑えられ、悪くは無いが、ショッパイ物はショッパイ。

次に筍煮。

小さく刻まれた筍は味付けの良さに加え、シャキシャキした食感が楽しい。

この存在は弁当の中でも高位置をキープしていると思う、美味い!

次にかまぼこと玉子焼きを食べる。

この2品を食べる事により、この弁当が幕の内弁当なのだと思わせる。

平平凡凡たる存在の2品だが、ある意味、弁当の安心感と言える。

切り昆布と生姜はまさしくお口直し。

漬物を選ばなかったところに全体のバランスを考慮したものを感じる。

最後に杏子を食べると、デザートまでいただいた気分になる。w









ご飯を8ブロックに分けたのは、くっ付き易いご飯を取り易くの意味もあるだろうが、

シウマイ以外のおかずとご飯のコラボも楽しんでもらいたい、という意味合いもありそう。

1ブロックごとに違うおかずも味わう。

そうしないと、鮪の照り焼きの濃さが説明できませ~ん。www

でも何か不思議だよな、この弁当を食べながらオレ、ニヤけているよ。

シウマイ以外は特別美味くは無い、でも楽しく食べられる。

そうだよな、旅って楽しくないとしょうがないじゃない?

そんな楽しい旅の演出にこの弁当は一役かっているね。


駅弁なので他の乗客に影響の無い様に香りなども抑えられ、車内で食べる、

という限定的な空間での食べ物としては、魅力溢れるものだと思います。

この弁当を食堂や自宅で食べると、味気なく、素っ気ない物何でしょうが、

山の頂上で食べるおにぎりの様に、場所とベストマッチングすれば、

旅行の想い出の1ページとして、皆さんの記憶に残ると思います。

 

ここで一句

     駅弁は

        電車の中で

             美味くなる?

Photo_10

2013年5月 5日 (日)

小田原市 箱根そば小田原店 天玉そば大盛り

PhotoDscn7676

Photo_2Dscn7678

Photo_3Dscn7679

Photo_4Dscn7680

Dscn7683

もう少し男として、スケベの方がいいのだろうか?

セクハラで訴えられる世の中だが、スケベな男を求めている女がいるのも事実。

髪形を変えたり、メイクを変えたり、服を変えた事を言ってもらいたい女性もいる。

食事や酒に誘ってもらいたい女性もいる。

今の二十歳前後の皆さんは大勢で飲み食いしても完全に割り勘だという。

ファッションや食事にカネをかけず、なんとも慎ましい。

むしろ、堅実的でほめるべきだと思う。

慎ましい生活を送っている者達にスケベ心を抱き、近づき、カネ使いの荒い所を見せる。

結局、スポンサー扱いか、蔑まされるかのどちらかだろう。

世代ギャップは誰にもどうしようもないことなのか?










朝はパンの方がいいと思うが、ここ10年ほど毎朝ご飯である。

目玉焼き、ウインナー、サラダ、味噌汁、納豆、たまに茶漬け。

ほとんとこの内容で毎朝食べている。

人間面白いもので、脳が覚醒する前は毎朝同じものを食べても嫌気が起きない。w

しかし、休日は違うものが食べたくなる。

そのため早朝シリーズができた。

だが、シリーズ化されない食事もいくつかある。

そんな食事が今回の箱根そばである。

何故かたまに立ち食いそばが食べたくなるときがある。

蕎麦のコシだとか、のど越しとか、香りだとか言う前に、大きいかき揚げを

おつゆに浸し、ふやけた所で蕎麦とともに口にいれる。

チープでありながら、愉悦を感じる瞬間でもある。

今回注文したのは天玉そば430円プラス大盛り110円。





生卵が崩れ、おつゆには黄身が流れ込み、白身は存在を失わない。

それにかき揚げが絡み、まろやかさを演出する。

おつゆの色合いは関東風であるが、塩気は抑えられ、しょっぱさは感じない。

大盛りにしたので食べ応えはある。

ワカメもネギも脇役であるが、この脇役が必然性を感じる。

卓上の七味もいつもより多くいれ、刺激を楽しむ。

手打ち蕎麦が心意気を味わうものなら、立ち食いは腹で味わう。

腹が美味ければいいのだ。

隣にカレーコーナーがあるが、香りが抑えられ、蕎麦の邪魔をしていない。

わざわざ駅まで来て、改札を通らずに駅を後にする。

これが立ち食い蕎麦の心意気よ!w








駐車料金は300円かかった。。。w

 

ここで一句

     何のため?

          駅に来たのに

                もう帰る

Photo_5

2013年5月 2日 (木)

伊東市 喜楽 ネギ味噌ラーメン

Dscn7675
Photo

Dscn7668

Photo_2

Dscn7669

Photo_3

Dscn7671


Dscn7672

Dscn7673

Dscn7674

伊豆に面白い蕎麦を食べさせる店がある、ということで前回は臨時休業。

今回は定休日に行ってしまったか・・・

何を血迷って定休日に行ってしまったのか?

それよりもその店とはご縁が無い!と割り切った方がいいか?

いや、千葉の江ざわは4回臨休喰らったし、これも人生ひとつの試練。w

それよりも、ドコに行こうか?

吉田家?ブログ始める前に何度か行ったからパス。

ラーメン450円か・・・

安いな。

喜楽にしよう。

2ステップで入店すると、メニューを見る。

そういえば、この店これで3回目か。

このブログ内でも一度、紹介している。

普通に美味いのは分かっていたが、ラーメン450円は注文する気にならない。

前回と同じく、ネギ味噌ラーメン750円を注文。

ラーメン以外は一般的な価格かな?

ところで、前回って何時だっけ?

2009年の9月30日か。

何しに来たのかな?

休日のドライブか。

なんかシンプルな日記だぜ。

今のように詰め込み過ぎるのも何だが、簡潔すぎるのも考え物だ。w












麺は太麺と言ってもいいかな?

縮れがあるものです。

具には炒めた挽肉、モヤシなどが上にのります。

ネギは白髪ネギ。

ラー油みたいなものがかかり、後はコーン。

専門店には負けますが、食堂のラーメンとしては十分合格点。

価格設定がちぐはぐな感じのお店ですが、安くて普通に美味い。

ランチタイムにはランチメニューもあるので、それもいいかも?

小林屋が500円、壱源が480円。

醤油ラーメンとはいえ、450円。

もっと、安いラーメンありそうですね???

ところでこのお店、激辛チャレンジメニューがあります。

レベル10の激辛ラーメンを食べると、完食記念に写真撮影をし、

店内の壁に貼ってもらえるようです。

私に関しては永久に縁のない事です。www









あ~、ところで世間一般はG・Wか。

イベントがいろいろあるんだよね。

私も6日間仕事をして、5月3日休みをもらった。

個人的に渋滞に巻き込まれたくないので、出掛けたくないのだが、

たまには景色ではなく、イベント風景を撮影したいね。

特に綺麗なお姉さん。w





このブログをご覧になった皆様。

どうぞ、楽しいG・Wをお楽しみください。

仕事の方々は普通に頑張って!w

 

ここで一句

     臨休も

        3度目までは

               気にしない

2013年5月 1日 (水)

宇都宮市 宇都宮みんみん 焼餃子

Photo

Dscn7667

Photo_2

Dscn7651

Photo_3

Dscn7654


Photo_4

Dscn7655

Photo_5

Dscn7656

Photo_6

Dscn7658


Dscn7661

Dscn7663

Dscn7666

盗んだバイクで走りまわれば逮捕されるが、借りたバイクで走り回ってもそれはない。

しかし、借りっぱなしで返さないと訴えられる。

この場合、訴えられて敗訴し、それでも返さないと逮捕される。


学生時代「100円貸して」と言われて貸してやり、返さない連中は訴える価値があるか?

近頃、日本も欧米に負けないほど訴訟天国になりつつあるが、

当事者間で話し合いもせずに訴訟されてる場合が多いと思う。

少なくとも人間同士、貸し借りはしっかりとしたいものだ。

因みに私は「カネを貸してくれ!」という者は一切、信用しない。









人生3度目の宇都宮。

今回は餃子の像まで行かなかった。

佐野ラーメンを2杯食べ、餃子を1人前食べ、もう一軒となれば、餃子しかないでしょう!

佐野から東北道を走り、宇都宮に向かう。

それにしても・・・オレ、昔のオレに戻ったような・・・

一番食べ歩きに夢中になっていた20代後半に戻ったような気がする。

食うためだけに走る。

うん、これぞ原点回帰。

しかし、今と昔で最大の違いは満腹になる事が幸せだと思わない。

満腹の2歩ぐらい手前が一番、充実感がある。

昔のように腹をさすりながら「あ~食った!満足だ!!!」と思わない。








脱線しちまったな~。w

数ある宇都宮餃子で定番中の定番の店といったら「みんみん」。

カーナビのおかげで迷わず店まで到着すると、お店の周辺には有料駐車場が沢山。

13時を回っていたが、店の外は静かですね。

ルンバのステップで入店すると、なんと店内ほぼ満席!!!

かろうじて席が空いていたので着席すると、目の前にメニューが。

焼きと水と揚げ餃子がそれぞれ240円、他にライスとビール。

なんとも潔いメニュー構成である。

だが、これに似た物を浜松餃子でも見ているので、それほど驚愕でもない。www

ブログのネタ的には3種類制覇がいいのだろうが、ここは焼き餃子だけで。

焼き餃子を2人前480円を注文した。

店内には香ばしい香りが漂う。

それほど待たずに餃子登場、記念撮影をし、いただきま~す!







見た目は羽根のついた焼き色が美しい餃子。

卓上に醤油、酢、ラー油とあり、好みでタレを作成するのだが、壁にはウンチクがある。

しかし、そのウンチクは無視し、まずは何も浸けずに食べてみましょう。w

パクリ、モグモグ・・・うん!美味い!!!

激ウマではない、だが美味い、ひたすら美味い。

そして今回、この餃子を食べた事により、改めてこの味が世の中の餃子業界に、

与えた影響力を感じた。

どこかで食べた様な味なのだ。

つまり、このみんみん餃子をリスペクトし、インスパイアし、真似し、パクった味が

世間にはありふれている。

だが、さすがは本家?

焼きの技術も優れており、焼き餃子のグローバルスタンダードと明言できる。

ところで、宇都宮餃子とはなんぞや?と問われた時、返答のしようがない。

浜松餃子はモヤシがのっていれば「これが浜松餃子じゃ!」みたいなものはあるが、

宇都宮餃子の特徴ってなによ?

・・・分からん。









オレの人生の中で、宇都宮餃子って他の御当地B級グルメのような、

「だからこれ!」ってないね?

宇都宮餃子とは宇都宮にある餃子店で出している物が宇都宮餃子で、

あとはご自由にどうぞ、というわけか?

オレは自由!だが、自由過ぎるがゆえに、特徴が無く、浜松に水をあけられたか?

美味ければどうでもいい主義の私だが、さすがに宇都宮餃子とは???と考えた。










肝心の味であるが、薄めの皮に包まれた餃子は焼き目の香ばしさと食感がワンダフル。

そして、餡は野菜中心ではあるが、軽い味わいの中にも食べ応えあり。

2人前が限界であろうと思ったが、1人前追加しました。

合計3人前を食べ、尚且つお土産に焼き餃子を持ち帰りたい衝動に駆られる。

大人も子供もジジイもババアも、酒飲みも下戸もみんな大好きな味。

餃子を食べてニコリと出来る。

そんな事を考えつつも、降りだした雨に帰路の憂鬱さを心配した。www

 

ここで一句

    みんな好き

        だからこの地で

              盛りあがる

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »