フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 札幌市 串鳥 札幌駅前店 牛ヒレ、手羽先、その他 | トップページ | 帯広市 六花亭本店 雪こんチーズ、十勝帯広発、サクサクパイ、コーヒー »

2013年7月14日 (日)

帯広市 鴨川 みそ味ぶた丼

Photo_16Dscn8349
Photo_17

Dscn8339

Photo_18

Dscn8340


Dscn8341
Photo_19

Dscn8343

Photo_20

Dscn8344

Photo_21

Dscn8347

旅行に行き、一番ガッカリするのが臨時休業。

一昨年などは幸せの黄色いハンカチ広場まで行き、冬期休業だった。w

北海道には冬期休業があるのだ。

関東圏に住んでいると、冬期休業の店を探すのに苦労するほどなので、

冬期の北海道は注意した方が良い。

しかし、夏期は夏期で臨時休業がある。w

不定休の場合は、事前に電話で確認するが、定休日が決まってての臨時休業はキツイ。

その辺を踏まえ、営業を確認し、開店時間を確認し、万全の態勢で帯広に行った。






目的の店には11時15分頃に到着した。

店の名前は「鴨川」。

味噌味豚丼を食べさせてくれる店である。

店の前に貼り紙らしきものが確認できたので、見て見ると・・・

子供お断り、バイクお断りなどいろいろ書いてある。

営業時間は11時半だが、それは予約客、常連、お得意様専用で、

一見客は11時50分からとある。

これは入店前から先制ジャブというか、ギャラクティカマグナム並である。w

店に隣接する駐車場で待つと、11時半に客が来た。

男性2人の客はそのまま暖簾の出て無い店に入る。

私もおバカなフリをして、入店しようとすると「まだ開店してないよ!」と言われる。

なるほど、貼り紙通りである。w

仕方が無いので、店の前で開店まで待つ。

東池袋の大勝軒で、3時間待ったことのある私にすれば20分から30分なんか・・・w

それにしても、他に客が来ないね。w

駐車場に一台、車が止まっているが、こちらも一見客らしい。

11時50分を過ぎ、12時近くになり、ようやく暖簾が。

独り佇む私に、奥様は驚いた様な表情を浮かべる。

仁王立ちする姿に見えたかな???w








入店すると先客は3名。

いや、すでに暖簾が掲げられる前に2名退店している。

メニューは2種類。

味噌味豚丼1380円と醤油味豚丼980円。

400円の差は何なのだろう?

当然、味噌味を注文する。

時間がかかるか?と思ったが、10分前後で完成。

記念撮影をし、いただきま~~す!!!

因みに撮影許可は得ませんでした。

食べログ掲載を貼っているので、撮影されたりする事に違和感が無い!と判断しました。











私が入店した時、隣の客はチャーハンを食べていた。

チャーハン以外にも数々の副菜が付き、美味そうである。

更に隣はすでに食べ終えていたが、どうも豚丼ではないようだ。

空のどんぶりに小鉢や味噌汁など定食の様相だった。

更に食後にコーヒーを店主が勧めていた。

なるほど、店主の顔見知り以外は豚丼で、顔見知りは食べたい物を食べさせるようだ。

常連や顔見知りを贔屓するのは多々見て来た。

カウンターにはミシュラン掲載後、嫌がらせの電話などがあり、すぐに警察に電話を

すると書いてある。

なるほど、人間不信というか、顔見知り以外は疑心暗鬼になるのでしょうか?

店主の心のすべてを推し量る事は不可能だが、随分と嫌な事があったようです。

それでも、食べログ掲載やミシュランガイドの事を掲示してあるということは、

それを誇りと思っている証拠でもあります。

その誇りの豚丼、いただきましょう。



豚丼と沢庵2切れの見た目は、正直、1380円という価格に疑問符がわく。

確か味噌汁付きではなかったか?

しかし・・・

おろし生姜のたっぷりのった豚丼は素晴らしい照りを発していた。

沢庵2切れと豚丼のみであるが、ボリュームはありそうだ。

まずは肉を一切れいただく。

モグモグ・・・うめえええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!

今まで食べて来た豚丼の中で一番、美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!

私が食べ歩いてきた豚丼はすべて、網焼きタイプ。

この店の豚丼はフライパンで焼くタイプ。

香ばしさは当然、網焼きなのであろうが、だからどうした?という味わい。

肉質は割と歯応えを感じる物。

カタイと言う表現は不向きだと思う。

やわらかい肉だけが美味い肉では無い!というもの。

肝心の味噌ダレの味だが、甘さを味のベースとしながらも、味噌の持つ風味が際立つ。

コッテリ感がある味噌ダレではあるが、濃厚すぎず、サラリと流れるものもある。

そこへ、摩り下ろした生姜を絡めると、生姜の清涼感がプラスされ、

清々しい食後感がある。

その清涼感が肉を胃に納め続けていく。





次にご飯を食べようと肉を避けると・・・テンコ盛りじゃん!w

どんぶりにこんもりと盛りあがるようにご飯が盛られている。

私としてみればご飯大盛りレベル。w

ご飯を食べてみると、やわらかいね。

べちゃべちゃしたものではないが、ご飯はやわらかめ。

肉がしっかりした分、ご飯がやわらかいのか?

だが、肉とご飯を一緒に食べれば、結局、よく咀嚼する事に。

あ~~でもうめえええ!!!!!

店に入る前に多少嫌悪感はあったが、味の良さに忘れる。

生姜も最初は多いな?と思ったが、生姜は必要なんだね。

無いと、この量は食べ切れないかもしれない。

すると、やはり常連らしき客が訪れると何とその客にはカツカレー。w

どうすれば、この店でチャーハンやカツカレーを食べる事が出来るのか?w

帯広には4回目か?5回目か?

とても常連扱いされそうもないな。






因みに、事前リサーチでは味噌汁付きのはずだが、味噌汁は提供されなかった。

価格も100円上がっていましたね。

正直、精神的に厳しい店です。

私もサラリーマン。

社内的にも社外的にも嫌な思いは沢山あります。

納得が出来ないこと、黒を白と言え!といわれたこと。

パワハラなんか直接、間接を問わずいくつあったことか?

私が店主に言いたいことはひとつ。

内助の功に感謝して欲しい。

ご主人の言う事に逆らわずとも、お客の顔色を気にしている奥様に感謝して欲しい。


しかし、次回の帯広訪問時にはこの店の醤油味豚丼を食べる楽しみが出来た。

次々とやってくる常連と一見客。

すべてを食べ終えると、満腹状態。

旨さの余韻を噛みしめながら、店を後にした。

味は抜群だが、判断に悩む経営方針であった。

ここで一句

      厳しいが

          黙って待つのも

                  試練かな

Photo_22

« 札幌市 串鳥 札幌駅前店 牛ヒレ、手羽先、その他 | トップページ | 帯広市 六花亭本店 雪こんチーズ、十勝帯広発、サクサクパイ、コーヒー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

北海道 グルメ」カテゴリの記事

北海道 肉類」カテゴリの記事