フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 北海道 猿仏川~周辺の十一景 | トップページ | 積丹郡 中村屋 赤ばふん生ウニ丼 »

2013年7月12日 (金)

積丹郡 みさき 赤ばふん生ウニ丼

Photo_23Dsc_0702

Photo_24Dsc_0690

Dsc_0695

Photo_25Dsc_0697

Dsc_0701

赤馬糞生雲丹丼か・・・



漢字で書くとこれほど不味そうな物は無いな。w

しかし、ネーミングは最低だが、ウニの中では極上中の極上。

私は海鮮物を良く食べるが、ウニやイクラに関しては、

北海道以外で積極的に食べようなどと思わない。

なかなか美味しい店に巡り合わないし、苦いウニなど食べたくない。


六月から七月にかけてはウニが旬である。

この時期、北海道でウニを食べずして何を食べる?

そんな訳での再訪問となった。









不定休だというので事前確認すると、7月2日は地域のお祭りだとかで休日。

これは出発前に確認したのだが、確認しておいて良かった。

2日ウニ、3日宗谷岬も検討していたのだ。

8時半ころ営業なので、8時を目標に出発した。

いつも早起きだから、前日飲み過ぎ無ければ、旅先でも5時半に起きられるぞ!w

早朝の札幌市内、小樽、余市をスイスイ走り抜ける。

途中、雨が降り出す。

ウニを食べ終えたら、積丹岬に訪問するつもりであったが、無理そうだ。

やがて、8時過ぎにみさきに到着。

うお!!!丁度開店し、先客が!!!!!

平日だが先客は約10名。

席に座ると、赤ばふん生ウニ丼を注文。

この店、先着25名までは3200円。

それ以降は3500円になる。

どうしてそう言うシステムなのか分からないが、確実に25名以内。

やがて、生ウニ丼登場。

記念撮影をし、いただきま~す!!!










前回と比較すると、粒がしっかりしているような気がする。

このウニ、いつ処理をしたのかな?

そんな印象。

醤油をかけ過ぎない様に注意し、まずは一口。

モグモグ・・・うめえええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!

広がる磯の香り、ウニのコク、甘味、これは至福!!!!!!!

下のご飯は酢飯では無い。

普通のホカホカご飯である。

このご飯にウニが混ざると甘さが増す気がする。

しかし、気のせいか微かに苦みを感じる。

気のせいかな?と思ったが、この答えは次の店で分かった。

だが、美味い物は美味い!!!!!

わざわざ来た甲斐があるというもの。

この時期の至福で至高の贅沢。

3200円は高いかもしれないが、ウニ漁の様子なども途中で見たので、

やむを得ないものかもしれません。

第一、安いウニは100%苦いし。w

赤馬糞生雲丹丼。

是非、ご賞味あれ。

 

ここで一句

     ウマのクソ

         だれか改名

               してやれよ

Photo_26

« 北海道 猿仏川~周辺の十一景 | トップページ | 積丹郡 中村屋 赤ばふん生ウニ丼 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

北海道 グルメ」カテゴリの記事

北海道 海鮮」カテゴリの記事