フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

豊島区 馳走麺 狸穴 辛つけ麺

PhotoDscn8974

Photo_2

Dscn8972


Photo_3

Dscn8975

Photo_4

Dscn8977


Photo_5

Dscn8978


Photo_6

Dscn8981


Photo_7

Dscn8983

今年の日テレの大晦日は、「笑ってはいけない○○」だろうな?

紅白歌合戦の裏番組として民放№1の視聴率らしいが、マンネリ感があるのも確か。

そこで、デーさん考えました。

今年の笑ってはいけないシリーズの企画を。

それは・・・






「笑ってはいけない宝塚」

どうよ?宝塚で笑ってはいけないは?w

レスラーの蝶野が宝塚の姿で現れ、山崎をしばくって?

どうよ?熱心な宝塚ファンからクレームがバンバン来るかもしれないが、

年に一度の打倒紅白の大義名分の中、やってみては?

もう一つある。

それは・・・





「笑ってはいけない吉本興業」

どうよ?菅ちゃんどうよ?w

どうよ!どうよ!イケてるだろう?

吉本興業社内で笑ってはいけないをやっては?

灯台下暗しではないが、笑ってはいけないをやるにはこんなにうってつけの所は無い!w

ええん?どうする菅ちゃん?大晦日に向け、悩んでいるだろ?

吉本興業社内なんて、今まで考えられない仕掛けが出来るぜ!

おいしい~ぜ!楽しい~ぜ!菅ちゃん!!!

今年の大晦日、大いに楽しみだぜ~。

ほんと、どうよ?菅ちゃん!デーさんのアイディア使えるだろう?

さて、池袋まで来たか。

どこに行きましょうか?

東京といえばラーメンですよね。

なんだかんだいって、東京のラーメンは日本一ですよね。

そんな訳でまた狸穴に行きました。

美味しいラーメンが沢山ある東京なのに、私が行くのはべんてん、二郎本店ばかり。

でも、狸穴もこれで3回目、お気に入りのブックマークですね。w

何しろ初訪問が蕎麦でしたからね。w

つけ麺を食べるつもりがつけ蕎麦でした。

あれ以来、私は狸穴のレポを書くときは業界用語的表現をしていますが。w

訪問時は14時近い時間でした。

お店の入っているビルの修理なのか、足場が組まれていましたが、営業中。

券売機の前で悩む前に、お店の外にあるメニューボードを眺め、品定め。

蕎麦を食べ、つけ麺を食べたので残るは中華蕎麦と辛つけ麺の2つ。

この日は、空気がからりとし、気温も低めで発汗は少ない方でした。

そこで、思い切って辛つけ麺大盛り880円を選択。

店内に入ると食券を購入しますが、丁度満席。

表のベンチで数分待つのちに客が一人お帰り。

涼しい店内でつけ麺を待つ事5分くらい。

やがてつけ麺登場、記念撮影をし、いただきま~~す!











つけ汁の中にポツンポツンと赤い物が浮いている。

良く見ると、唐辛子の破片と言うか、刻んだものというか。

もっと、真っ赤かなつけ汁をイメージしていたが、少々拍子抜け。

しかし、大きな安心感が起きたのも確か。

(激辛ではなさそうだ・・・)

少々茶色がかった太麺ストレートをつけ汁に浸し、啜る。

ズズずずズルズル・・・むほ~~~~ウマ~~~~~い!!!!!

濃厚豚骨魚介系の範疇であるつけ汁であるが、嫌味や臭みなどなく、

濃厚ではあるが、受け容れ易く親しみやすいものである。

そんなつけ汁を証明するように、私の隣には若い女性2人がつけ麺を堪能していた。

ところで、肝心の辛さであるがピリ辛では無い。

ピリッとしたあとで、少々ヒリヒリした辛さが残る。

あくまでも私としての辛さ基準であるが、問題なく食べられる辛さであるが、

口の中にいつまでも辛さが残るかな?と思える物。

勿論、激辛ツウにしてみれば、「おまえの舌はおこちゃまか?」となるだろうが?w

辛口とはいえ、とろみの付いた濃度の高いつけ汁に負けじと麺も美味い。

太麺ストレートであるが、厳密に言えば非常に緩やかなウェーブがある。

全粒粉と思われる色合いの麺の歯応えはカタイ。

しかし、単純にカタイでは済まされぬ弾力感があり、噛み応えの楽しさと、喉越しがある。

器にこんもりと盛られた麺は特盛りまで同一価格。

ならば当然、特盛りを注文したいのであるが、小田原でまかない丼を入れた腹には、

特盛りの麺量は少々辛い。

やはり、人間余裕を持って完食出来る分量が美味しく感じる範囲。

だが、いつかは特盛りを完食したいですね。

それにしてもこの麺、エッジがピーンと立っていますね。

まるで、讃岐うどんの様なアプローチです。

咀嚼すると小麦の美味さが広がり、チュルンと飲み込めば心地よい喉越し。

つけ汁の底にはナルト、肉など具材が少々。

いつもの私ならチャーシューつけ麺とか特製を選ぶはずなのだが、この店は

麺だけでお腹がいっぱいになるので、他のトッピングは考えず。

麺を食べ終えたところで、スープ割を注文。

すると、つけ汁の中には柚子が浮かび、最後まで飽きさせず、味わえる。

う~~~~~む、満足。

さあ、本社の会議室に行くべ。www

 

ここで一句

    穴の中

       手を突っ込んだら

               泥だらけ?w

小田原市 サカナキュイジーヌ・リョウ(sakana cuisine Ryo) まかない丼

Photo_6Dscn8969

Photo_7

Dscn8960


Photo_8

Dscn8961


Dscn8962

Photo_9

Dscn8963


Photo_10

Dscn8964


Dscn8966

Dscn8967

Photo_11

Dscn8985

またもやテコ入れネタを書いてみたくなった。

前回はショムニだったが、今回は八重の桜。

何故テコ入れが必要かというと、私はセカ中のファンでもあるからだ。

つまり、綾瀬はるかのファンなのね。

そんな綾瀬主演のドラマなのに、まったく見る気が起きない。

同じような綾瀬ファンが多いと思い、テコ入れを考えてみた。





1、次回予告をサザエさん風にしてみる。

   国民的アニメの次回予告をパクルことにより、来週も見たくなる?

2、時代考証を無視して、織田信長や坂本竜馬を出演させる。

   日本人が大好きな歴史上の人物登場で視聴率アップ!

3、宝塚的演出を取り入れる。

   女性が主人公なので、違和感も無く、視聴率アップ間違いない。

4、ナレーターが綾小路きみまろ。

   中年女性が毎週欠かさず見てくれる!

5、画面の片隅でマラソン中継を流す。

   日本人はマラソンが好きなので、目が離せない!

6、有働由美子と井ノ原快彦が毎週チョイ役で出ている。

   あさイチでチョイ役日記を語り、あの時間帯の視聴者を誘導する。




なんか段々、私のブログはどこに向かおうとしているのか?分からん。w

あ~、東京へ出張だよ。

しかも午後から。

午後だと帰ってくるのが遅くなるし、明日も早いしで大変!

市営駐車場に車を止め、東京までの新幹線往復切符を買おうとしたら・・・

「今月から無くなったの。2名以上ならあるけど」

ええええええええええええええええええええええええええ?????????????

マジかよ!!!!!!!!!!

なんかマジがマジってくらい、超マジ信じられないぜ!!!!!!!!!!

小田原駅の窓口では東京まで新幹線往復切符が格安で買えたのだ。

しかも、復路は山手線内乗り降り自由で、実に便利でお得感のあるものだった。

それが無くなったの????????????????

超マジ、やべぇええぇえぇぇじゃん!!!!!!!!!!!!!!

マジがヤバイくらいマジでヤバ過ぎるぜ!!!!!!!!!!!

更に完全に無くなった訳では無く、2名以上では無いとダメだと?

お一人様の俺は永久に無理ぢゃねえか?

ま、いいか。

どうせ、交通費は会社持ちだし。www










話がなかなか前に進まないな。w

東京で2食食べるか?と思ったが、以前から気になる店があったので訪問。

店の名前はサカナキュイジーヌ・リョウ。

いつも入ろう、入ろうと思いながら開店時間の早い日高屋に行っていた。w

丁度ランチタイム真っ最中の中、店内に入るとほぼ満席。

店の外観もお洒落な印象だが、中もお洒落な印象。

やや暗めの照明の中、落ち着いた雰囲気でデートにもいいでしょうね?

アタシには関係ないが。w

カウンター席があるが、基本的にテーブル席がメイン。

勿論私はカウンター席へ。

ランチメニューがいろいろあるが、まかない丼980円をチョイス。

やがて、まかない丼登場、記念撮影をし、いただきま~~す!







隣のおばちゃま2人が食べているのもランチみたいね?焼き魚が美味そうだわ。

それにしても提供が早かったね。

基本的にご飯の上に具を乗せるだけだから、当然と言えば当然か?

見た目は漁師飯?どんぶりサイズは個人的に小さめ。

味噌汁は標準装備される。

では一口・・・モグモグ・・・美味いね。

いろいろな刺身の切れ端やカマボコの端なども入っている。

それらを恐らく、大根おろしベースの特製タレに混ぜ合わせ、ご飯の上に乗せている。

刺身の切れ端の中には〆サバなどの酢の効いた物もあり、味の変化、食感の違い、

食材の名前当て?など楽しめる。

ご飯自体は軽く酢が効いたもの。

具材がしっかり、味付けがしてあるのでその方がいいだろう。

更に食べ進むと刻み昆布などが顔を出し、果たして何種類の材料を使っているのか?





途中で味噌汁を口に含むと、ダシがしっかり出た美味い物。

中身はナメコと豆腐であったが、ダシの美味さで充実感がある。

小さめな丼ではあったが、ご飯よりも具材の方が多いのでは?

食べ応えはあるが、具の味付けが少々濃い目なのが人によってどうでるか?

私は濃い目ではあったが、美味しくいただけました。

因みに口直しの沢庵も2切れ、丼の上に乗っております。

すべてを食べ終えると、満足~~~~。

メニューを見ると1000円以上が当たり前のラインナップです。

2000円以上のメニューも多くあります。

個人的には再訪問が楽しみなお店です。

夜の時間帯は無理なので、ランチメニューをいろいろ食べてみたいですね。

 

ここで一句

   食い意地と

       間違えそうな

            お名前ね?w

Photo_12

2013年8月30日 (金)

富士吉田市 ふるさと食堂 焼肉定食

Dscn8946

Photo

Dscn8959

Photo_2

Dscn8948


Photo_3

Dscn8949

Photo_4

Dscn8951


Dscn8952

Dscn8953

Dscn8954

Dscn8956

Dscn8957

なんかまたもや松岡修造のねつ造ネタを書きたくなった。w

そんな訳でねつ造事件簿でも書いてみるか・・・



錦鯉事件。


ある日、テニスの解説を依頼された松岡修造は錦織圭選手の事を「錦鯉」「錦鯉」と言い、

アナウンサーに「修造さん、にしごりですよ」と突っ込まれるとムッとし、

「ボクとケェイは師弟関係なんです、錦鯉と言っても良いカーツーの仲なんです」と言った。

その後気不味かったのか、解説席を飛び出し、客席で日の丸を振りだした。




マンザイ事件


食いしん坊万歳の収録で、相手が頑固おやじ風だったので、場を和まそうとした修造は、

「どうも!ご主人、食いしん坊漫才です!」とギャグを飛ばしたのはいいが、

物の見事にスベッてしまい、余計雰囲気が悪くなった。

なんとか立て直そうと考えた修造は、「食いしん坊バンザイ!万歳!」と

早稲田の万歳同盟のマネをしようとしたが、慶応出身を思い出し、

「いいかげんにしなさい!どうも失礼しました!」とノリ突っ込みをし、

場の空気を修造の熱でも溶けないくらい、凍らせた。



松岡修造さん、いつも応援してますよ。

応援しているアナタを応援するのが好きです!w












山梨もそろそろ今まで行った事の無い地区に行きたいのだが、再訪したい店が多く、

なかなか新規開拓が出来ない。w

うどんもそうだが、食堂も本当に優良店が多い。

安い、美味い、たっぷり!を実践している店が多く、「次はあれを食べてみたい!」とかで、

なかなか先に進まない。

そんな1軒が今回、再訪問となった「ふるさと食堂」である。

何しろ、カツ丼が500円でカツカレーが600円である。

正直、儲ける気があるのですか?と言いたくなる。w

そんなお店の最高価格に位置する焼肉定食。

是非とも食べてみたい!と思い、再訪問となりました。








丁度開店時間にお邪魔したつもりですが、先客は2名。

店内はテーブル席が4つの小さなお店です。

混雑時は相席は必至でしょうが、不思議と相席にはなりませんね。

メニューボードを眺めると、ヒレカツ丼が新メニューに加わっていました。

一応、メニューを眺めましたが、当初の予定通り焼肉定食850円を注文。

お店は店主の奥様が一人で切り盛りしているようす。

お水やお茶はセルフになります。

やがて焼肉定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










う~~~む、やはり期待通りの見た目です。

2~3mmほどの厚みのある肉は大判です。

それが4枚と、小鉢に冷や奴、小付、自家製と思われる漬物、味噌汁と付きます。

まずは肉にかぶり付きます・・・モグモグ・・・噛み応えのあるお肉です。

しっかり咀嚼する事を要求する肉です。

肉とはやわらかい肉が美味い!と思う方にはお勧めしません。

この界隈のお肉はハード系のお店が多いかな?

味付けはどこかの市販のタレなんでしょうが、甘さ控えめの辛目。

白いご飯にはこの味付けの方がいいかもね?

野菜は千切りキャベツを中心ですが、割と多め。

味噌汁はワカメのお味噌汁ですが、家庭的な味わい。

やがて、完食。

私としては味付けが濃いめの焼肉ですが、しっかりと咀嚼し、いただきました。

どうしても神奈川のみや古食堂あたりと比較したくなりますが、こちらはこちらで

大衆食堂として十分魅力的なお店です。

あとは近くにあるか?遠くにあるか?だけ。

良いお店なのは間違いないけど、禁煙にしてもらえるとありがたいのですが。

 

ここで一句

     大衆は

        肉が無ければ

              物足りず?

Photo_5

2013年8月29日 (木)

南都留郡 渡辺 肉玉うどん(大)

Photo_4Dscn8931
Photo_5

Dscn8933


Dscn8934

Dscn8935

Photo_6

Dscn8937


Photo_7

Dscn8939


Dscn8941

Dscn8943

Dscn8945

やはり、同じ事を考えている者がいたか?



24時間テレビの24時間マラソンランナー大島が、放送時間内に間に合わず、

結局放送時間延長と言う形でゴールした。

このことはレギュラー放送時間内にゴールが出来なかったということで、

チャリティーマラソンということでは失敗である。

しかし!あの日、9時からTBSで半沢直樹が放送される。

24時間テレビで一番、視聴率を稼ぐのはグランドフィナーレであり、マラソンのゴール。

それを敢えて間に合わない形にし、半沢直樹の視聴率を食ってやろう!と言う事だ。

実際、半沢直樹は高視聴率であったが、大島がゴールするまでの時間帯も

高視聴率であった。

大島、やったな・・・w












花の都公園まで行ったら、やはり渡辺に行きたくなります。

この日、気温が高かったらパスをしようと思っていたのですが、低かったので行くことに。

開店15分以上前に着いたのですが、10分前に暖簾が出る。

お店に入ると、先客は無し。

丁度、うどんを茹でている最中なので時間までお待ちくださいとのこと。

なるほどね、やはり茹で時間がかかるか。

剛直な麺なので、茹で時間は10分以上。

と、いうことは茹で立てを食べられるわけね。

そのうちにお客もどんどんやってきます。

やがて、うどんも丁度11時に茹であがり、肉玉登場!

記念撮影をし、いただきま~す!






今回は珍しく店内とメニューを撮影しました。

接客係の奥様はうどんと同時に揚げ玉の蓋を開けてくれました。

すりだねを入れ、揚げ玉もたっぷり入れて啜ります。

ずる・・・モグモグ・・・カミカミ・・・う~~~ん!美味い。

前回は6月に来ていたのだが、月一で食べたいな~。

ん?今回の玉子は簡単に潰れたぞ。

いつもは箸で摘まんでも大丈夫なのに。

この前はつけうどんだったが、やはり、この店の真骨頂は温かいうどんだね。

ダシの旨味も際立つし、うどんも温かい方が美味いよ~。

そして、馬肉は佃煮に近い様な味ながらもバランスを保つ。

ざく切りの茹でキャベツのザクザクした食感は楽しいし、刻んだ油揚げは控えめ。

うどんは塩味強めの剛直麺。

強めの塩を感じながらも奥に潜む小麦の甘味と旨味。

それらは噛み締めるごとにジワジワと滲み出る。

ツルツルと喉越しが楽しめぬジレンマはあるが、このうどんは喉では無く、

まさしく舌で味わうものだと思えば納得。

噛んで味わうため、ゆっくりとうどんを食べる。

ポールポジションであったが、食べ終えたのは4番目くらいか?

おダシも完飲し、勘定をする。








「うどん、食べられた?」

奥様は突然、私に問いかける。

私が不思議そうな顔をすると「うちのうどん、口に合わないお客もいるから」。

「とんでもない!凄く美味しいですよ!」

「おダシが凄く美味しいですよ!」

私はいつもこのうどんを食べて思う事を言った。

私がゆっくり食べていたので、口に合わないとおもったのかな?







渡辺うどんも通算何回目だろう?

7回目か?

初訪問客に思われたか?

そういえば、この日は珍しく帽子を被っていた。

個人的には顔を覚えられない方が、いろいろと有利な部分があるが、

7回行って初心者に思われたのも初めてかも?www

私自身は普通の客と同じ様に扱っていただくのが一番、嬉しい。w

 

ここで一句

    アツアツの

        うどんを啜り

             汗をかく

Photo_8

2013年8月28日 (水)

南都留郡山中湖村 花の都公園~夏の終わりの十九景

Photo

Dsc_1079

Dsc_1080


Dsc_1082


Dsc_1086


Dsc_1088


Dsc_1097


Dsc_1105


Dsc_1109


Dsc_1116


Dsc_1120


Dsc_1121


Dsc_1124


Dsc_1125


Dsc_1128


Dsc_1132


Dsc_1136


Dsc_1145


Dsc_1146

Photo_2

Dsc_1151

やっと、涼しくなりましたね。

やっと、カメラを構える気持ちが起きました。w

訪問日は生憎の曇り空でしたが、非常に心地よい空気でした。

何しろ、歩きまわっても汗でずぶ濡れにならない。

ヒマワリは終わっていましたが、まだまだ花の都、楽しめます。

因みに今回も有料ゾーンには入りませんでした。




今年初の茹でトウモロコシ、美味かった!

品種はバニラッシュという品種です。

その名の通り、バニラの様な香りと甘みで美味かった!

 

ここで一句

    曇り空

       汗が流れず

            イイ気持ち

Photo_3

2013年8月26日 (月)

浜松市 沖縄Café果報(カフー) ミックスベリー

Dsc_1057
Photo_9

Dsc_1076


Dsc_1072

Photo_10

Dscn8918


Photo_11

Dsc_1067


Photo_12

Dsc_1068


Photo_13

Dsc_1058


Photo_14

Dscn8923


Dscn8924

Photo_15

Dsc_1059

Photo_16

Dsc_1060


Dsc_1062

桜吹雪の~ サライの空は~♪

24時間テレビといえば「負けないで」。

私は24時間マラソンのゴール間際に歌われる「負けないで」の合唱を聞きたいがために、

この番組を見ている。





ところで、鳴り物入りで開始したが、視聴率が伸びないドラマがある。

ショムニなんかその例かもしれないが、その場合テコ入れなどがされる。

そこで、私になりにショムニのテコ入れ方法を考えた。




追加メンバーとしてビッグダディーの美奈子さんを入れる。

決め台詞、決めポーズを考える。

嫌な上司役として板東英二が加入。

生放送でやる。

江角マキコの役を田中真紀子にやらせる。

江角に脚立では無く、火消しの纏いをもたせる。

森本レオの代わりにダチョウ倶楽部の肥後にやらせる。

毎週どこかに入浴シーンがある。

番組の中にキーワードを隠し、クイズを出す。(正解者は100万円とか)





さあ、どうでしょう?













もう、本当に汗まみれになっていた。

このままでは熱中症の危険があると思った。

そんな帰路、ガソリンスタンドの前にかき氷の幟を目にした。

たしか、行きの時にも目にした。

ガソリンスタンドでかき氷か?面白そうなので入ってみた。

ガソリンスタンドの事務所内でかき氷を提供しているようだ。

ガソリンスタンドとコーヒー店のコラボはよく見かける。

そのような店は多々あるが、個人店レベルでは珍しいね。






店の名は果報(カフー)という。

かき氷以外にも沖縄料理が食べられる。

ガソリンを入れる必要が無かったので、適当に車を止める。

入店しようとしたら丁度、満席。

空いたら声をかけるというので、入り口近くのベンチに座り待つ。

やがて、案内されて店の中へ。

本当に小さなガソリンスタンドの中、と言う感じ。

その小さな店舗内は沖縄チックな装飾に彩られているが、手作り感満載。

テーブル席だけだが、変則的なレイアウト。

あ、よく見るとカウンター席も窓側にあるね。

小物なども販売しているようですね。

中だけ見たらガソリンスタンドとはとても思えん!w

アットホームでもあり、なんかほんわかした雰囲気もある。

かき氷を食べに来たが、ソーキそばなど食事メニューもある。

さすがにうな丼と天丼を食べたので、食事メニューに触手は伸びず。

かき氷メニューだけを眺めると、多彩なラインナップに目移りする。






それにしても、かき氷を食べるなんて何年ぶりだろう?

私の記憶はいい加減だが、恐らく社会人になってから初めてかき氷を食べるかも?

少なくとも対価を支払い、かき氷を食べるということをした記憶が無い。w

かき氷など、タダで貰う物、食べる物だと思っている。w

そして、遠い記憶を掘り起こしてみても、イチゴミルクやメロンなどありきたりの

シロップがかかったものしか食べた事が無い。

そんな私の目の前には、綺麗にデコレートされたかき氷の画像がある。

どれを選ぶか悩んだが、甘さ以外の酸味も楽しめそうなミックスベリー400円を注文。

暫し待たされた後、かき氷登場、記念撮影をし、いただきま~~す!!!









犬の鳴き声が室内に響いたと思ったら、レジカウンターの後ろにデカイ犬が。

個人的にペット同伴可の店には行くつもりがないのだが、客の中にペット連れは無し。

子連れは沢山いたけどね。w

つまり、お店の飼い犬というわけね。

個人的には感心しませんね。

昔、どこかの定食屋に入った時、お店の方が「お帰り~~」というので、

誰が帰って来たのかと思ったら猫だった。www

猫が店の中をノロノロと入って来たのだ。www

まあ、今回は初訪問でもあり、他の客も承知しているようなので無視。w

それにここ、ガソリンスタンドだしね。

大目に見ましょう。





それにしてもカワイイかき氷ですね。

ブルーベリーとラズベリーですかね?それにコンデンスミルクでもかかっているのかな?

トッピングソースもかかり、なんともオヤジには不釣り合いな食べ物。www

それにしても店内は少々暑いね。

かき氷を食べるにはベストコンディションだろうが。w

まずは一口・・・モグシャキ・・・冷た~~~い!!!!!!

当り前なほど冷た~~~い!!!!!!

そして、甘過ぎな~~~い!!!!!!!!!!!!!

食べ比べていないので、断言は出来ないが大人の味わい!!!

ベリーの酸味も生かされ、べた付いた甘さは無い。

超久々のかき氷は自分の年齢と嗜好に合った、甘さと酸味のウエルバランス。

あとはひたすらシャクシャクしながら食べるのみ。






イテ・・・痛・・・頭がイタイ・・・脳梗塞か?それとも・・・




思い出した!かき氷を急いで食べると頭が痛くなるのだった。w

ゆっくり、味わいながら食べ続け完食。

おかげで火照った体も冷えました。w


弁天島周辺の観光は面白くもないが、グルメはいろいろと楽しめるようです。

犬が嫌いでなければ、是非とも訪問してみてください。

ここで一句

   頭痛とは

      冷やすと出ます

             要注意!w

2013年8月25日 (日)

浜松市 魚あら 活天丼とさしみ

Photo

Dsc_1029

Photo_2

Dsc_1035

Dsc_1038
Photo_3

Dsc_1039


Dsc_1040

Dsc_1043

Photo_4

Dsc_1045


Photo_5

Dsc_1046


Dsc_1047

Photo_6

Dsc_1049


Dsc_1050

Photo_7

Dsc_1052


Dsc_1055

さて、和田アキ子以外に都市伝説に相応しい方はいるだろうか?

色々考えた結果、松岡修造はどうであろか?

松岡修造と言えば「熱い!」。

そんな熱さを元に都市伝説をねつ造してみる。





今年高知の四万十川周辺で気温が41度になったが、その日松岡修造が

「食いしん坊万歳!」の収録で訪れていたらしい。

サウナで松岡修造が水風呂に入ったら、お湯になったらしい。

松岡修造は北極、南極は出入り禁止という噂。

松岡家では冬、暖房を入れた事が無いらしい。

スポーツ解説で椅子に修造が座ると、椅子の後ろに「火傷に注意」と貼り紙があるらしい。

建物の熱感知器が修造に反応し、火災警報が鳴るらしい。

修造の頭上にはよく、積乱雲が発生するらしい。

北海道に流氷を見に行った時、修造滞在中は流氷が消えるらしい。

冗談ですからね、笑って許して!












弁天島って、鳥居があるだけですね。

海水浴客も凄く少ないし、なんか逆に寂しいところですね。

しかし、暑い!

いや、暑いのではない、熱い!!!

噴き出る汗が止まらない!まるで松岡修造にハグをされたみたいだ!w

周辺散策は手短にし、次なる店に入店。

店の名は「魚あら」。

つるやの本当に目と先に店がある。

この店の売りは天丼。

店の前と離れた所に駐車場があるが、ほぼ満車状態。

なかなかの人気店と思われます。

入店するとスタッフが席まで案内してくれます。

店内は結構広いです。

テーブル席、小上がりと余裕のスペースです。

私はテーブルに案内され、メニューを眺めます。

期間限定の海鮮丼もいいかな?と思いましたが、自慢の天丼も食べてみたい。

それにしても割といいお値段です。

2000円オーバーが当たり前のようなラインナップ。

その中で、活天丼と刺身のセット2700円を注文。

少々待ちましたが、料理登場。

記念撮影をし、いただきま~す!









なんか料理を待っている客が、カメラを構えた俺を見ていたね。w

コンデジじゃなくて一眼レフだからね、目立つよな。w

お茶は急須にお茶っ葉だけ入っている。

ポットからお湯を入れるセルフスタイル。

お冷は離れたサーバーまで入れに行かなければならない。

さて、見た目は迫力が無い。

海老が小さいと思う。

2700円という値段だが、この内容なら1500円前後が妥当かと思われる。

しかし、活海老と死に海老?とわざわざ海老を使い分けており、実際天丼も2種類ある。

活天丼と普通の天丼との価格差は840円!







そんな価格差を考えながらまずは一口・・・モグモグ・・・ウメ~~~~!!!

生きている海老を天ぷらにした時、一番の違いは殻の美味さである。

スーパーなどで販売している海老の殻や尻尾は、食べたいと思わないが、

新鮮であればあるほど、海老の殻や尻尾は美味い!

そしてこの天丼の海老には足がついています。

この食感も味のうちなんでしょうね、美味い。

肝心の揚げ上り状態なんですが、さっくり、ふんわりです。

天丼なので、衣がサクサクとまではいきませんが、ベトつきなどもなくいい感じ。

ほんのりゴマ油の香りが鼻腔をくすぐります。

天丼のタレは抑えめの控えめ。

素材が良いので、あまりタレが出しゃばらない様にしています。

タレ自体の味も秀逸。

鰻のタレ同様に、配合以外にも長年のノウハウが蓄積されているのでしょう。

甘さも辛さも円熟みをを帯びた味を感じさせます。

海老以外には茄子などが添えられていました。







他に海苔の酢の物、刺身、味噌汁、香の物、メロンと付きます。

刺身はカツオが良かったですね。

あとは特筆する部分が無かったですが。

何よりも味噌汁がいい!

アサリがたっぷりと入っており、ダシもアサリの旨味がよく出ています。

最後にメロンを食べて完食。

うな丼食べて、天丼食べちゃったよ。w

価格を考えると少々高く感じてしまう内容ですが、素材に関しては間違いない!

鰻に続き、海老も価格高騰が続いています。

海老も希少価値が付く前に食べよう!

人気に納得のお店でした。

 

ここで一句

    エビちゃんは

         海老の天ぷら

               出来ますか?

Photo_8

2013年8月24日 (土)

浜松市 つるや 二段丼(上)

PhotoDsc_1012

Photo_2

Dsc_1014


Photo_3

Dsc_1016


Photo_4

Dsc_1017


Photo_5

Dsc_1019

Photo_6

Dsc_1020

Photo_7

Dsc_1021

Photo_8

Dsc_1022


Dsc_1023

前回、ねつ造「和田アキ子 都市伝説」を書いていて、書きながらニヤけている自分。

調子にのってもう少しねつ造しちゃうよ!

アッコさんが登頂し、ヤッホーと叫んだら「アッコー!」とコダマしたとか。

新宿2丁目を歩くと空襲警報が鳴るとか。

居酒屋にみんなで行くと「最初は?」と聞かれ、「取りあえずテキーラ!」と注文とか。

アッコさんが銭湯に行きクレームを付けました。「風呂が煮えてないだろ!」とか。

アッコさんのダンナが「ワイヤーブラシ知らないか?」と言ったら、

     アッコさんがそれで歯を磨いていたとか。

アッコさんが行きつけの焼肉屋にみんなを連れて行き、「いつものくれ!」と言ったら、

      生きた牛が出て来たとか。

同じく鮨屋に行き、「いつもの握ってくれ!」と言ったらピラニアだったとか。

アッコさんのパスポートにはSEXのところに「1日2回」と書いてあるとか。

なんかまた書いちゃったね。

冗談だからね。

大御所だから笑って許してくれるでしょう???w















今月、あまり休んで無いな。

そのせいか、ブログネタが枯渇状態。

仕方が無いので、1日だけの休日なのだがブログネタを求め、浜松に行った。

遠出をすればブログネタ3個はゲット出来るでしょう!w

ところで、何故浜松かというと、横浜方面、千葉方面は間違いなく渋滞。

都内を抜けて栃木などは渋滞に嵌りに行く様なもの。w

東名が2本ある静岡方面が渋滞の心配が無い。

そして、私が暇なのは間違いない。w










今回目指すは浜松界隈で1番の老舗と言われる鰻店。

東京の名店で修業した先代が、浜松で店を開き90年になるらしい。

鰻と言えば私としては「加茂」なのだが、この時期相当混雑しているようなので、パス。

加茂以外の名店は無いだろうか?ということで探してみました。

老舗中の老舗らしいので、大いに興味があります。

場所は弁天島駅の近くです。

ついでに人生初訪問の弁天島周辺も撮影します。

付近まで来て、少し探したが丁度11時に到着。

しかし、先客4名居たね。

店内は小上がり3卓、テーブル2卓か?

鰻店としてはこじんまりしたもの。

何よりも年期が入っていますね。

確かに老舗という雰囲気があります。

御品書きを見るとうな丼とうな重がメイン。

白焼きを注文しようかと思ったが、無いので諦める。

お店お勧めが2段式のうな丼なので、上2900円を注文。

15分くらい待ってうな丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!










うな丼と白焼きが一口サイズで小付代わりで提供され、肝吸いがついてくる。

昨今の鰻の高騰を考えると、若干割安感を感じる店かな?

事あるたびに書いているが、鰻が高いのは店のせいではない。

山椒は小袋に入った物。

鰻は濃いめのタレを纏ったもの。

では一口・・・モグモグ・・・ほほほ~~い!美味い!!!

鰻は蒸されています。

焼き目は香ばしさがありますが、ほわっとした口当たりとトロッとした食感。

私が日常的に食べ慣れている鰻の食感の延長線上にあるもの。

その延長線上のトップクラスですね。

さすがは老舗。

美味い!!!

肝心のタレの味わいですが、醤油、みりん、砂糖の割合を考えると、砂糖控えめかな?

醤油の味わいが前面に来て、その後に甘味が来る感じ。

だが、タレの味わいのキレがいいので、くどさはありません。

個人的に甘さが強いタレは好きではないので、関東風な印象。

実際、東京のお店の暖簾分けですが。

そして、加茂では鰻を醸すための役割だったタレですが、この店ではタレで食べさせる。

鰻自体も当然美味いが、タレの濃厚さで食が進むのも事実。

ご飯の炊き加減も私としては好み。

かたくも無く、やわらかくもない。

そして食べ進むと顔をのぞかせる、ご飯の間にある鰻。



白焼きはすでにタレがかかっていた。

醤油ではない。

白焼きを口にすると、鰻の旨味が口に広がる。

おお~~~美味い。

若干ふわっとした食感とトロッとした食感と共に鰻の美味さが広がる。

あ~~この店の白焼きを食べたいな~~。

肝吸いの塩加減はいい塩梅。

私としては好みの味付け。

そして、完食。


一言でいいまして、慣れ親しんだ美味さ。

初めて入ったお店ですが、安心してうな丼を楽しめました。

私の狭い範疇ですが、友栄、加茂の次にこの店をお勧めしてもいいかも。

山梨の井筒屋よりも圧倒的に私としてはこちらが好き。

東名を飛ばして行くのはなんですが、何かの用事でこの近辺に来たら是非、どうぞ。

むしろ、この店の周辺に住んで居る方々が羨ましい。

実際、お店は盛況でした。

それにしても、食べていて随分汗をかきました。www

 

ここで一句

    老舗には

       エアコンよりも

              扇風機?

Photo_9

2013年8月21日 (水)

沼津市 とらてん ミックスフライ定食+車海老揚げ

Photo_7Dsc_1005
Photo_8

Dsc_0988


Photo_9

Dsc_0990

Dsc_0992
Photo_10

Dsc_0995


Photo_3

Dsc_0999

Photo_11

Dsc_1001

今の時代、一番都市伝説に相応しい方と言えば「和田アキ子」。

先日もテレビでその一部分を紹介していたが、事実が多いのが笑える。

何しろ、風呂に入って体を男の子分だか、弟子だかに洗わせていたという。

それって凄いよ。

掟破りの逆ソープじゃないか!

進撃の巨人のモデルになったというのも笑えるし。

そこで私も考えた。

都市伝説をねつ造しようかと。w

例えば・・・




バーベキューで火が無かった時、アッコさんが口から火炎放射したとか。

スイカ割りで外れたのに風圧で割れたとか。

動物園で熊と目があった時、熊が死んだふりをしたとか。

始球式で投げたハズが、そのままキャッチャーミットに手渡しになったとか。

群衆の中でオナラをしたら、自衛隊の特殊部隊がガスマスクをして来たとか。

どこかのVIPのボディーガードがアッコさんを見て「アニキ!」と言ったとか。

和田アキ子式呼吸法で腹筋が割れたとか。(ハッ!ハッ!ハッ!というものね)

まあ、冗談ですから。

どうせ本人、このブログを見る訳ないし。w











海鮮が食べたくなったら、沼津港か清水港だね。

特に沼津港は周辺も含め、通い甲斐がある。

しかし、訪れた店を気に入るとすぐに再訪問するので、なかなか軒数が増えない。

まあ、無理して食べ歩くつもりは無いので、マイペースで行きますか。

にし与の海鮮丼が思いの他食べ応えがあったので、びゅうおで観光をする。

久々に観光写真が撮れましたね。

1時間近く観光をしたのち、次の訪問先を決める。

そういえば、港八十三番地内はすべて未訪問。

そんな中で気になっていたのは「とらてん」。

揚げものがメインのようですが、入ってみましょう。

丁度、店の前に来たところで11時になり、入店。

店内は洋風と和風のハイブリッドで活気のある感じ。

個人的には落ち着いた雰囲気が好きなんだが、照明は落ち着いた感じかな?

近頃老眼気味の目には見辛いと思いました。w

私はカウンターに座りましたが、椅子の中に荷物を仕舞えるタイプです。

カメラを持っていたら、カメラ用の入れ物を借りました。w

メニューを眺めると揚げものがメインですが、じつに多くの選択肢があります。

その中で気になったのが、本日のお勧め。

ミックスフライ、ざるそば、ネギトロ丼が赤字表記ですね。

ミックスフライは好きなメニューなので、それに決めました。

もう一品、何かを注文しようと思ったら、車海老揚げが1尾200円だと。

結局、ミックスフライ定食1000円と車海老揚げ200円を注文。

暫し待ったのち、定食登場。

記念撮影をし、いただきま~~す!











意外とお洒落なスタイルな提供方法。

ブラックタイガーと思われる大きな海老フライをメインに、サーモンの切り身が2切れ、

コロッケが1個、なぜか舞茸が天ぷらスタイルで提供。

サラダは手が込んでいて、大根や水菜などをドレッシングで和えたもの。

小付で冷や奴が付き、沢庵を刻んだものが付く。

卓上にソースは無く、一緒に出て来たマヨネーズで食べるようだ。

因みに卓上にはワサビ塩、岩塩、醤油などがある。

そして、時間差で車海老揚げ登場。

うへ、海老小さい。w

でも価格を考えれば納得か?

今年はこれから海老がドンドン高くなるらしから、ウナギじゃないけど、安いうちに食え!w







まずはサーモンをガブリ!モグモグ・・・衣サクサク中はしっとりふわ~。

油も切れており、べちゃべちゃしたものはありません。

うん、美味しい!素材も悪くないですよ。

次にコロッケ。

俗に言うポテトコロッケですが、揚げ立てだからアツアツ、ホクホクで美味い!

この時点で車海老揚げをいただきます。

スタッフの説明だと卓上のワサビ塩か岩塩で食べて欲しいと。

海老は全長5cm位。

さっきまで水槽で泳いでいたものだね。

鮮度に関しては文句のつけようがないね。

頭の部分にワサビ塩をかけて食べてみました。

カリカリ・・・ウマ~~~!!!

不味い訳ないよな、美味い!!!!!

胴体部分は岩塩をかけて食べましたが、ワサビ塩の方が個人的には好み。

次は舞茸ですが、何故天ぷらなんでしょうか?w

当然、塩をかけていただきました。

衣にサクサクした食感があり、揚げの技術はなかなかいいですね。

恐らく雪国まいたけでしょうが、美味しくいただきました。w

割と大き目でしたよ。







さあ、最後にメインの海老フライ。

これはもう、頭はほとんど食べ尽くしたし、身の部分もプリプリ感があり、

美味しくいただきました。

サラダもシャキシャキした歯応えがあり、美味しくいただきました。

ご飯はこじんまりとした量ですが、ほかほかのご飯で美味しい。

味噌汁は家庭的に美味かった。







初訪問ですが、なかなかいいと思います。

揚げ立ての料理を食べさせようとするスタイル、接客も良いですよ。

若いスタッフ中心で頑張っております。

何よりもまた行きたいと思います。

ミックスフライでこのレベルなら天丼なども大いに期待できそうです。

もっと早く行けば良かったかな?w

 

ここで一句

    フライとは

         野球に於いて

                凡打かな?

ああ・・・またネタが尽きた。。。w

2013年8月20日 (火)

沼津市 にし与 にし与丼

Photo_2195

Photo_3
196
Photo_4

199

Photo_5

201

Photo

202


Photo_2

204

今の時代、facebookなどSNSが盛んである。

リアルタイムな情報収集や情報交換は、不可欠なものなのだろう。

でも、私はやっていない。w

LINEも原理や理屈は分かっている。w

でも、やってない。

て、いうか仕事やれよ。w

仕事もしないで呟いたり、コメントしたり、コメ返したり。

職種も多種多様で、一概には言い切れないが、仕事サボってしてないか?

私は仕事をさぼってブログを書くので手一杯!w

時代について行けなくなったな~。www







ところで、世界陸上。

もしかして、銅メダル1個で終わり?

なんか寂しくない?

もしかしてだけど・・・

もしかしてだけど・・・

モスクワに旅行に行ったんじゃないの?










さて、またもや沼津港に来た。

海鮮ものが御無沙汰なので、食べに来ました。

むすび屋再訪問もいいかと思ったが、にし与に行った。

訪問時間は10時前。

それでも店内にはちらほらと客の姿が見える。

ところで、この店でまだ、海鮮丼を食べていなかった。

海鮮丼はにし与丼と命名されているが、1890円という価格なので未食でした。

私としては海鮮丼というものは、1500円位が上限だな。

しかし、よくよく考えれば2000円前後で海鮮類を食べ歩いているじゃん!w

そう言う訳で、なんのためらいも無く、にし与丼1890円を注文。

やがて、にし与丼登場。

記念撮影をし、いただきま~~す!











これ、凄いじゃん!

値段相応というか、値段に負けてないね。

あとは味か?

具材は全部で10種類。

サーモン、生シラス、ウニなど海鮮は10種類。

厚焼き卵を入れると、11種類になる。

マグロの刺身なんか厚いね。

山葵を醤油で溶かし、禁断の食べ方で食べる。

まずは生姜の乗った生シラスをパクリ!モグモグ・・・ウメ~~~!!!

ご飯は酢飯ではありません。

ほかほかのご飯です。

酢飯もいいかもしれないが、だったら鮨屋に行け!か?

いや~~それにしてもボリュームがある。

素材もなかなか秀逸です。

それでも、ウニとホタテは平凡かな?

う~~~む!でも満足!!!

店の名前を冠した海鮮丼は伊達じゃないよ。




味噌汁はいつものシジミ汁。

すべてを食べ終えると満腹感が!

連食予定で来たが、この海鮮丼のボリュームのおかげで難しくなったわ。w

訪問時間が早かったので、1時間以上歩いて汗をかき、次に備えました。w

 

ここで一句

    値段より

       見た目も大事

              日本食

Photo_6

2013年8月19日 (月)

沼津市 大型展望水門 びゅうお~周辺の十四景

Dsc_0948

Dsc_0949

Dsc_0954

Dsc_0957

Dsc_0952

Dsc_0965

Dsc_0971

Dsc_0972

Dsc_0978

Dsc_0982

Dsc_0983

Dsc_0973

Dsc_0984

Dsc_0987

沼津港には何度行ったか分からないが、一度たりとも展望水門びゅうおには

入った事がなかった。

入場料が百円なのだが、別にケチっていた訳ではない。w

周辺を含め、いろいろ撮影してきました。

今回も猫ちゃんがいい味出している。w

 

ここで一句

    水門の

       上から望む

           富士の山

Photo

2013年8月18日 (日)

伊東市 支那そば屋 わさらび 醤油つけそば

Photo

Dscn8871

Photo_2

Dscn8881

Photo_3

Dscn8873

Photo_4

Dscn8874


Dscn8875

Dscn8877

Dscn8878

Dscn8885

194

うちの母親が健康オタクで、テレビの受け売り知識を息子の私に押し付ける。

何か健康マメ知識のテレビを見て、感心したのだろう。

「鯖缶を毎日食べろ!」「ココアを砂糖抜きで飲め!」とか、受け売り知識を押し付ける。

鯖缶なんかたま~に食べる事があるが、自分の親ながらウザイ。

その前は青汁を半年分位、送ってきたり、ウコンを山ほど送ってきたりと、

やることが、さすが自分の親!と納得するほど限度無しの事をする。

まあ、親はいくつになっても親だし、親の気持ちはありがたいのは重々承知だが、

本気で鯖缶を大量に送ってくる可能性があるので、有難迷惑。

もし、俺に嫁が居たら毎日嫁姑戦争だろうな~。wwww






ココログのネタを求め、伊東市に行った。

以前東伊豆にあり、その後沼津に移転し、超有名店になった店が再び伊豆に来た。

店の名前は「わさらび」。

実は東伊豆にあった時、美味いラーメン屋がある!ということで2度訪問した。

その時、確かに美味かったので店の名刺をいただいたのだが、持ってた。w

当時の私の印象は「中村屋みたいなスタイル」と思った。

ブログもやっていなかったので、当時の画像は無し。

ところが、いつの間にか店は無くなり、移転したのを知ったのはかなり先のこと。

しかし、時の経過と共に「沼津にわさらびあり!」という情報を得る。

すでにラヲタを卒業し、食べ歩きも卒業宣言した私にはどうでもいいこと。





あれから何年過ぎたか?

多分、8年ぶりだと思うわさらびの味。

年月の経過は進歩か?円熟か?それとも衰退か?

そして、今の私は進歩的なのか?それとも後退しているのか?

答えを得るのに最適な店だと思った。

もっとも、店としては鬱陶しい客であろうが。








店に入ると券売機がある。

更に頭上には写真入のメニューパネルがある。

さて、何を注文しようか?

訪問日は当然の如く暑かった。

この時点でメニューはつけそばになる。

悩んだ挙句、醤油つけそば1.5玉800円にした。

1玉だと安くなる。

私の場合、大盛りで2玉でも余裕だが、後先を考え1.5玉にした。

ところで、私としてはチャーシューつけそばにしたかったが、券売機には焼き豚が無い。

ネギやメンマなどあるが、肉が無い。

う~~~む、肉食系は求めないか?



店内はカウンターがメイン。

テーブルは1卓ある。

店主一人で切り盛りしている。

全部で10卓に満たないので、一人でこなすにはこれがキャパの上限なんでしょう。



やがてつけそば登場。

記念撮影を無断でし、いただきま~~す!。







麺は全粒粉だな。

全粒粉で不味い麺に出会ったことがない。

私としては中太麺。

醤油の色濃さが目立つつけ汁に浸し啜る。

ズルズル・・・うほ~~~!!!美味い!!!!!!!!!!!

つけ麺なのでつけ汁の味は濃い目。

このつけ汁、まずは魚介の香りと旨味。

そして、骨太の旨味が口の中を支配する。

支配された口中で、小麦の旨味をすべて纏った麺が支配を嫌いながらも同調を求める。

改めて、小麦とは自己主張が強いものだと思う。

具材は玉ねぎのみじん切り、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、水菜。

麺とスープの脇役に徹する感のある、トッピング。

最後にスープ割りを所望する。







スープ割りを飲み干したところで、器の底に七味を発見。




沼津よりも平日であれば伊豆は行きやすい。

しかし、伊豆の魅力は海鮮。

海鮮よりも魅力的な麺。

わびさびを心得た店から目が離せない。

 

ここで一句

  凱旋は

     男の浪漫

         勲章だ

2013年8月15日 (木)

静岡市 鶏焼屋 チキンカツ定食

Photo_6

Dscn8844

Photo_7

Dscn8845

Photo_8

Dscn8846

Photo_9

Dscn8847

Photo_10

Dscn8848

Photo_11

Dscn8849

Photo_12

Dscn8851

闇に紛れて生きる♪

俺たちゃ変態人間なのさ♪



こんな事を書くと警察に通報されてしまう危険性がある昨今。

冗談もまさしく命がけ?とも思える。

しかし、軽い冗談のつもりが懲戒解雇になったり、損害賠償になったりする。

悪ふざけが企業イメージを損なってしまう事になる。

近所や身内のイタズラのつもりが、ネットの伝播率の高さのために犯罪化してしまう。

イタズラも「ごめんなさい」で済まない時代になった。











暑い。

他に何か書くことが無いのか?と思われるかもしれないが暑い。

そしてネタが尽きて来た。

世間一般はお盆休みでしょうが、私は仕事。

そんな一生懸命仕事なんかやってはいませんが、仕事をしなきゃメシが食えない。

適当に、だらだらとおねおねと仕事をしております。

そんな合間の公休ですが、清水港に来ました。

北海道から帰って来てから、風景写真などを撮影していないので、

富士山がらみの港の風景でも撮影しょうか?と思ったら、富士山は霞んでいる。w

エスパルスプラザまで歩いてみるも、たかだか20分少々のウォーキングで汗まみれ。w

ポロシャツを着ていたのだが、汗が滲みたというよりも、水を浴びた状態。

熱中症予防のために十分、水分補給はしたのだが、追いつかないな。

木陰で一休みをし、その日2度目の食事をすることにした。

10時前に食事をし、次に向かったのは11時半より営業の鶏焼屋。

ランチが激安と言う情報を得たので、行ってみることにした。







丁度開店時間にヘッドスライディング。

先客は1名。

こちらのお店は夜の焼き鳥居酒屋がメインなのだが、ランチを格安で提供している。

しかし、ランチメニューは2種類。

チキンカツ定食かチキンカツカレーになる。

選択肢が少ない分、驚きなのが価格。

なんと両方とも450円(税込)なのだ!これは安い!!!

更に早い者勝ちだが、無料でカツの増量をしてくれる。

う~~~む、これはなんて財布に優しい店なんだ!!!!!

人類は今、地球に優しさを求められているが、人類は人類でお互い財布に優しさを

求めあっている。

これこそ人類の愛だ!!!!!!!!!!!








食べる前から感嘆符(!)の連発し過ぎだな。w










チキンカツ定食450円を注文する。

店内はカウンター席がメインの様子。

広々とした店内であるが、夜の喧騒はさすがに無い。

女性スタッフ2人が切り盛りしてしていたが、初訪問なのでいつもそうなのか不明。

客席側にテーブルがあり、そこにはお冷のピッチャーが何本も置かれ、他にもおしぼり、

七味、マスタードが置いてある。

つまり、セルフサービスということね。

暑かったので、水をがぶ飲みし、料理を待つ。

やがて、定食登場。

記念撮影をし、いただきま~~す!









カツ増量にしようか迷ったが、今回は普通盛りで。

ご飯とみそ汁、お漬物とメインにチキンカツ。

見た目は450円とは思えないね。

では早速カツをいただいてみましょう。

カツは薄いね。

揚げ上りを早くするためかもしれないが、かなり薄い。

ハムカツといい勝負である、と思われる。

だが薄いとはいえ、それが7枚前後もあればボリューム感はある。

卓上のソースをかけ、マスタードを塗り食べる。

モグモグ・・・軽めの味わいで美味しいじゃない!

鶏肉の部位は胸肉でしょうね?脂身がほとんどないけど美味い。

肉自体は鶏焼屋を屋号にしているだけあり、軽い味わいの中にも旨味有り。

チキンナゲットのような手軽な感覚で、バクバク行けます。




ところでこの店、ご飯が炊き立てなんですよ。

ご飯が炊き立てかどうか匂いで分かりますし、食べても勿論分かります。

これは評価点が高いな。

450円という価格でも出来たて、炊きたての提供ですか?凄い!

ブランド米を使用とまでは行きませんが、みずみずしく美味い!

次に味噌汁ですが、具に鶏の皮を使用しているようです。

七味をかけると豚汁ならぬ鶏汁のような印象。

私としては少々味噌の塩気が強く感じますが、汗をかいた身には塩分補給。

脂が少々浮いているが、くどさは無し。





チキンカツを食べ進むと隠れていたキャベツの千切りのボリュームに感動。

なんか葉物野菜の価格が高騰気味というニュースを聞いたが、たっぷりだね。

先に食べたどんぶり君の倍以上の千切りキャベツだよ。

キャベツにソースをたっぷりかけ、カツと共に口に押し込む。

そして完食。

納得の味、ボリューム、価格です。

ランチタイムにこれだけのものが450円で食べられるなんて・・・この幸せ者!!!w

ワンコインじゃないよ、450円だよ・・・この親孝行者!!!w

メニューは少ないけど、再訪問決定です。

次回はチキンカツ定食増量を行きたいと思います。

 

ここで一句

     幸せは

         ワンコインより

                下にあり

2013年8月14日 (水)

静岡市 どんぶり君 真いわしフライ定食

Photo

Dsc_0941

Photo_2

Dsc_0943

Photo_3

Dsc_0946

Photo_4

Dscn8837

Dscn8843

Dscn8839

Dscn8840

Dscn8841

Dscn8842

私が考える理想の夫婦とはドSとドMの夫婦ではないかと思う。

どっちがSでどっちがMであろうが関係なく、役割がハッキリしていることだと思う。

夫婦ともに攻撃型でも受け身型でもうまく行かない。

お互い刺激を求め、エスカレートをするので、マンネリなど無い。






独身の私が言うのもなんだが、偏見であろうが何であろうが、これこそ理想だ。

因みに私は間違いなくS。





気温も40℃を超えると、人間考える事が無茶苦茶だね、わっはははは!!!!w












海水浴にも行かない。

プールにも行かない。

山登りにも行かない。



これはまずい!

いくら暑くても、体を動かさないと人間衰えてしまう。

少し歩きますか?

その前にご飯を食べよう!

世間は夏休みであっちこっちで渋滞中。

東京方面、千葉方面はやめておくか。

やはり、第2東名が開通して以来、渋滞知らずの静岡方面がいいだろう。

清水港を目指し、行ったものの9時半に到着。

車を止めると、どんぶり君へヘッドスライディング。

中途半端な時間なためか先客は無し。

この店のカレーを食べてみたかったのだが、マイワシのフライに惹かれる。

悩んだ末に真いわしのフライ定食750円を注文。

それほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!








内容はイワシのフライが3枚、冷や奴、黒はんぺん、マカロニサラダ、味噌汁に梅干。

前回はマグロのフライだったが、今回もフライ。

ま、いいでしょう。w

フライにソースをかけるとパクリ!モグモグ・・・ウマ~~~!

近海物のイワシを使用ということだが、ふっくらやわらかい身はジューシー感もある。

下味は付いているが、私には少し強く感じた。

最近、葉物野菜が高いが、キャベツの千切りが添えられています。

次に黒はんぺんをいただきます。

前回同様、黒はんぺんに山葵漬けが添えられます。

山葵漬けをはんぺんになすりつけると、美味いね。

カマボコに限らず、練り物には山葵漬け最高です!

これでビールがあれば、尚、最高!!!w

ご飯は前回は時間の経過を感じたものだったが、今回はそうでもない。

漬物代わりの梅干は、タネを出してきたと思ったよ。w

小梅干なんだが、果肉部分がシナシナで種そっくり!w

思わずクレームをつけそうになった。w

やがて、完食。

750円と言う価格に見合う内容です。

前回同様、満足度が高いです。





このお店は河岸の市と関係無いので、駐車券を渡しても割引にはなりません。

提供スピードが速いので、車を止めたら30分以内に出れば無料です。

あくまでも駐車場代がもったいない!と思う方専用ですがね。w

 

ここで一句

    裏技は

       まだまだあるが

              教えないw

Photo_5

2013年8月12日 (月)

厚木市 本丸亭 冷たい鶏塩らー麺、ミニカレー丼

Photo_8128

Photo_9130

Photo_10131

133

Photo_11

134

135

Photo_12139

140

142

高校時代、柔道部だった。

野球部の応援団に柔道部の下級生を持って行かれたことがあった。

我が校の野球部はず~っと1回戦負け。

物凄く弱い野球部。

その野球部の応援に他の部員が借り出されるのは納得がいかない。

当時、柔道部主将であった私は校長に言った。

「柔道部の試合にも応援をください!」と。

野球部は相変わらず1~2回戦負け。

しかし、柔道部も泣かず飛ばず。

全国大会で優勝するって、本当に凄いことだし、オリンピックで金メダルはもっと凄い!

そんな気持ちを持ちながら世界陸上を見ている。w










本厚木駅周辺を歩きまわっていたが、汗が凄い!

このところラーメンばかり食べている気がする。

ここらで海鮮物を、と考えたのだが、探しているうちに面倒くさくなった。w

そういえば、本丸亭も久しぶり!と思ったのと、いつもある行列が無いので入店。

入店するとすぐに着席。

ふぃ~~~~冷房が効いていて気持ちイイ!!!

さすがの本厚木の名店も、この暑さでは行列してまでお客は来ませんか?

塩ラーメンの名店ですが、冷やしメニューを発見。

今月限定の冷たい鶏塩らー麺950円に目が行く。

(うん、これにしよう!熱いラーメンは更に汗が出る)

そして、麺大盛りにしようか?と思ったところでミニカレー丼が200円だと。

ラーメンばかり食べるのもなんだし、ミニカレーを注文。

注文が完成するまでの間、お客がどんどん来る。

やはり、行列が無いとチャンス!と思う訳ね?

店内に待ちが数名出来る。

やがてラーメン完成、記念撮影をし、いただきます!












黒い丼に麺や具材が映えますね。

涼しげで美味そうです。

時間差でミニカレーも登場。

まずはスープをズズずず頭zずず・・・うほほほ!!!美味い!!!!!

魚介系が来るかと思ったら、肉系の旨味がぷわ~~~んと来る。

鶏肉から抽出された旨味は嫌味も臭みも無く、マイルドでコクがある。

油分は少な目だが、植物油でも使用しているのでしょうか?

さらりとした口当たり。

前回塩チャーシューメンを食べましたが、何と言うか女性受けを狙ったというか、

まろやかで品のある味わいは、女性が一人で食べに来たくなる味だね。

この日は圧倒的に野郎やナイスガイが多かったが。w






次に麺を啜る。

ムチムチちゅるん!むははは!美味い!!!

太麺は捩れて縮れているが、品のあるスープを纏うと、口の中で踊るね。

冷やしなのでコシが強調され、食感が楽しい。

勿論、麺自体の味も秀逸。


次にチャーシュー?いや茹で鶏のスライスをいただく。

モグモグ・・・胸肉使用のクセの無い物。

軽い食感と共に、肉の旨味が口に広がる。

肉のパサパサしたものは特に感じず、なかなか美味い。

茗荷と白髪ネギが清涼感を演出し、口の中に涼風を誘う。

そして、本丸亭といえば春菊だが、この場合は茹でてあるもの。

ま、当然でしょうね。

生の春菊だと、春菊ラーメンになっちゃいますよ。w

麺を一通り食べ終えたところで、カレーを食べる。

カレーを先に食べたら冷やしカレーラーメンになっちゃうからね。w

ミニカレーということだが、本当にミニです。

ミニスカートを履いている方もミニ!と思うくらいミニ。

200円と言う価格を考えれば妥当かな。



まずは一口。

モグモグ・・・ウマ~~~!!!!!!!

なんかコクがあって美味いんですけど!

家庭的なアプローチのあるカレールーなんだが、コクと旨味が広がります。

ラーメンスープを使用しているようだが、美味いね。

人参の塊が1個入っていたが、ミニサイズでは無く、レギュラーサイズで食べたいね。

辛さはそれほど辛い物では無く、私あたりでも辛さは物足りなく感じるくらい。

このカレーの合間に残ったスープを口に運ぶ。

ああ~~~ウマ~~~~。

そして完食。




因みに、ラーメンには途中で卓上の柚子胡椒を少し入れてみました。

これはこれで良いアクセントになりますが、入れ過ぎは禁物。

上品なスープは柚子胡椒の塩加減に負けてしまいます。

いや~~前回は元町店でしたが、相変わらず美味い!

今まで再訪問しなかったのを悔いますね。w

さて、次回はまだ決まっていませんが、このところラーメンが多かったので、

海鮮やフライ系でも行きましょうか?

(そう言って、ラーメンを食べそう・・・w)

 

ここで一句

    この時期は

         喉越し求め

              啜るのみ?

2013年8月11日 (日)

中郡 大磯パーキングエリア 特盛肉野菜炒め定食

127

Photo120

Photo_3122

Photo_4123

124

126

この時期、かき氷やアイスが凄く、美味しいだろう。

しかし、私は食べない。

かき氷は10年以上食べていない。

アイスなども誰かが奢ってくれない限り食べない。

嫌いではないが、食べたいと思わない。

この時期、水とお茶とビールがあれば十分。w

日光の天然かき氷など、食べてみたいが・・・それだけを目的では行かないだろう。

何でだろうね?

自分でもよく分からない。

柿ピーは食べるけど、スナック菓子はほとんど食べない。

時々、食べログや他所のブログなどを見て、「こいつ、味覚おかしんじゃねぇ?」と思うが、

私も結構、笑われているかもしれないな。

特に現実での私。w

先日、職場で若い連中がカップ焼きそばの批評をしていて、

全然話しに付いて行けない自分がいた。

そういえば、ぺヤングを2回か?

1年に2~3回食べればいい方だな。

グルメを気取る訳ではないが、なんとなく寂しい気が・・・・・・・・・www










大磯PAで気になりながらもなかなか食べる機会が無かったもの。

それが特盛肉野菜炒め定食680円。

野菜や肉のグラム数を明示し、そのボリューム感を誇って入るが、私とすれば普通だね。

ご飯300gが少し手強いか?くらいで、あとはそうでもない。

腹が減っていれば、連食可能なボリューム。

まあ、その日は特に目的の無い休日。

ドライブがてらに寄って、食べてみました。


訪問時間は午前10時前。

この中途半端な時間に食べるのが一番好き!w

券売機で定食を購入、スタッフに渡し待つ。

やがて、定食完成!記念撮影をし、いただきま~す!

やはり、ご飯が多い。

肉野菜炒めのボリュームは、おおお!!!っと言うほどでもない。w

沢庵2切れと味噌汁が付いている。

ご飯の量を考えると、PAで680円で頑張っているじゃん!という印象。

ところで、肉野菜炒めの香り、ラーメンの様な香り。

炒め物にはスープが結構ある。

恐らく、ラーメンスープを炒める時に使用しているのでしょう。

それと、味付けですがラーメン用の味噌ダレと醤油ダレをアレンジしたのでしょうか?

どちらにしても、ラーメンの麺無し感が漂う味付けです。w

早速、炒め物をご飯の上にのせ、喰らいます。

モグモグ・・・美味いじゃん。w

PAではあるが、一般的な中華料理店と同等でしょうか?

肉のボリューム感はありますが、特筆するべき味わいでは無い。

でも、何の不満も無く、いただけます。

炒め物の味付けは割と濃い目。

いや、しっかり濃い目。

ショッパイとは言わないが、この味付けが300gのご飯を胃に押し込む。

ご飯は米が美味いとはいわないが、一般家庭レベルの使用米でしょうか?

炒め物と食べるのには仲たがいをせず、いただけます。

肉はしっかり感があります。

やわらかくはないね。

でも、こんなもんでしょう!悪くは無い!

結局、全部食べちゃった。

最後はご飯の上に少し、炒め物のスープを少~し入れて、食べました。

680円と言う価格で、PAで、この味で、このボリュームはいいと思います。

しかし、人によっては満腹になるでしょうから、居眠り運転にはご注意を。w

 

ここで一句

     炒め物

         残った汁には

               旨味有り!

Photo_5

2013年8月10日 (土)

横浜市 唐桃軒 牛バラ冷やし中華

119

Photo_6106

Photo_7108

109

Photo_8110

Photo_9112_2

113

暑いので、食べ歩くだけの休日。

炎天下でカメラ抱えて歩くのは職業カメラマンの方に任せましょう。w

この時期、ヒマワリでも撮影しようか?と思うのだが暑い。

休日なのに着替えを持ち歩き、汗対策も万全だが、暑い物は暑い。w

こんな時はパチンコだよ。w

パチンコに行って居心地がいいか、悪いかは自分次第。

いや、大当たり次第。

ほんと、当らなければパチンコなんか意味が無い。

しかし、大きなパチンコ店には休憩スペースがある事が多い。

その休憩スペースでまったりとしている皆さん、あなた方はある意味凄い。

打たなくても過ごせるからだ。

打つカネが無いのかもしれないが、行けば打ちたくなる私には無理。w

因みにパチンコの腕前は「小銭稼ぎのリーマン」と言ったレベルでしょうか?w














「唐桃軒の冷やし中華が美味い」という情報をいただいた。

この情報、たしか春頃だったかな?

行こう、行こうと思いながらも、保土ヶ谷バイパスの渋滞を味わいたくないので、

なかなか行かないでいた。(そう言いながら千葉に何度行っているのやら?w)

今回、新杉田まで行ったので、関内駅前まで行き、唐桃軒に訪問。





おや?





店が無い。

久しぶりに来たので道を間違えたか?

いや!間違えようがない!!!

関内駅前のあんな分かり場所、間違えようがない!!!

すると、何やら工事をしている。

どうやら店のあった場所は新しくビルが建つようだ。

何気に工事の柵の貼り紙をみると、唐桃軒の移転先が書いてある。

伊勢崎モールに移動したようだ。

地図で確認すると、お店を発見!w

入店し、メニューを選ぶ。

この店のチャーシューメンは何度か食べたことがある。

しかし、冷やしは一度も無い。

冷やしメニューはノーマル、チャーシュー、牛バラ、牛チャーシューとある。

牛バラ冷やし中華1100円を選ぶが、たしか量が少な目だったことを思い出し、

大盛り50円をプラス。

それほど待たずに冷やし登場、記念撮影をし、いただきま~~す!











それにしても微妙なビジュアル。

冷やし中華の上にやや小さめの角煮がゴロゴロ転がっている。

今まで、冷やし中華に似つかわないビジュアルを見て来たつもりだが、

これも冷やし中華というには異論があるビジュアルだ。

まずはお肉だけパクリ、モグモグ・・・ウマ!!!!!

結構美味いじゃん!

軽い醤油ベースの味付けで、肉の味もしっかりある。

とろけるほどやわらかいとは言わないが、適度の噛みごたえもある。



次に麺をいただく。

冷やしのタレは醤油ダレ。

細麺ストレートを良く絡ませ、啜る。

チュルチュル・・・うん、美味い!

見た目濃いめの醤油ダレだが、ショッパイこともなく、美味い。

酸味は抑えめ。

酢が苦手な方が咳き込む様な事もないでしょう。

あとはひたすら混ぜそば状態にし、いただきます。

ああ~~やっぱり牛バラが美味いよ。

牛バラ自体は温かい。

これで冷たかったらこの美味さは無いだろうね。






麺はキンキンに冷やしてあるものではない。

細麺は喉越しは当然良いが、コシもあり食感も楽しめる。

マスタードは必需品だね。

肉につけて食べても美味しいよ。

メンマも美味いな~。

他に胡瓜と錦糸卵がつくが、肉が主役の冷やし中華だね。

なるほど、これは美味い!!!!!

知らない人生を送ってきました。w

肉のボリューム、食べ応えで食べ終えるまで少々時間を要しましたが、満足、満足。

麺はシコシコチュルチュルですが、肉はしっかり噛みましょう。w

チャーシューメンの印象を今回の牛バラ冷やし中華が完全に打ち消しました。w

また、冷やしを食べに来るぞ!

(夏期限定か、ハードルは高いw)

 

ここで一句

     移転先

         知らずに行って

                半べそにw

Photo_10

2013年8月 9日 (金)

横浜市 杉田家 チャーシューメン、キャベツ

Photo104

Photo_2100

Photo_3101

Photo_4102

103

このところ、キラキラネームの話題が多かった。

テレビなどで見る度に「読め無い名前は止せ!」と思う。

つまり、名前では無く、イメージなのだ。

イメージに合う漢字を宛てて読ませるなんて、将来どうなんだろうね?

夏目漱石が宛字を良く使ったらしいが、それは名前では無い。

明治時代には西洋文化の物をやはり、宛字で表現したが、同じく人名では無い。

ふりがなが無ければ読め無いなんて・・・やはり、問題があると思う。

麦酒がビールと定着するまでと同じように、長い時間がかかりそうだが、

人間には寿命がある。

定着するまでに寿命が尽き無ければいいが・・・










本当は千葉に行くつもりであった。

しかし、若干夏風邪気味なのと、保土ヶ谷バイパスの渋滞に挫折。w

ベイブリッジを渡らずに磯子方面へ。

新杉田まで行き、お久しぶりの杉田家へ。

訪問時間が10時前と言う、一番中途半端な時間。

先客無しで選んだのはチャーシューメン中盛り910円。

これにいつもなら海苔追加なのだが、初めての試みであるキャベツ70円を追加。

お好みとして、味薄目をお願い。

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










キャベツは茹でてあるものがどっさり乗る。

これにモヤシが混ざれば二郎?w

まずはスープをズズず図事厨・・・うん、割とライトな印象。

ランチタイム1時間以上前のためか、軽く感じる。

だからといって、醤油ダレが強調される物では無く、マイルドですな~。

勿論、おダシはしっかり抽出されていますが、濃厚さは感じない。

でも、これはこれで美味い。

味薄目なのも影響しているかもね?

私は家系はいつも味薄目。

デフォでショッパク感じるので、いつもそうします。

ここで卓上のカスタマイズセットの中から、行者ニンニク、生姜、辛子をチョイス。

適量をのせ、最後に胡椒をパッパッ!

すると、私には丁度いい塩加減になるのです。

混ぜ混ぜしたところで麺を啜る。






チュル・・・う~~む、美味い。

茹で加減はデフォですが、個人的にはこれぐらいが麺の甘味も感じるし、いいと思う。

酒井製麺の太めで短めのストレート麺は本当に美味い!

ところで、今回の画像。

チャーシューメンですが、チャーシューが隠れている。w

大ぶりでスモーキーなチャーシューは食べ応えもあり、美味い!

キャベツはざく切りなので、何度も咀嚼する。

キャベツのおかげか、いつもより長く完食まで時間がかかる。

やがて、スープを少々残し食べ終える。

やはり、直系のお店だけありますね、美味い。

因みに店主は今回も居ませんでした。www

 

ここで一句

     朝5時に

         行きたいけれど

                起きれない

Photo_5

2013年8月 8日 (木)

南都留郡 ひさご食堂 肉丼

Photo_8
086
Photo_9

085

Photo_10

080


081

083

倍返し。

半沢直樹を見た。

面白い。

仕事をやらないで、スパイや探偵じみた事ばかりしているのが気になるが、面白い。

私は何となく大藪晴彦さんの主人公を重ねた。

大藪さんの小説のほとんどは会社、社会に対する反骨と自分への挑戦。

ただ、大藪さんの主人公に堺雅人さんは無理だろうな。

伊達邦彦は阿部寛かな?

どちらにしても、小説などがドラマ化、映画化、アニメ化される場合、配役は重要。

原作を知らなくても楽しめる、これが一番重要か?

日曜の夜、当分楽しめるな。










正直なところ、新潟屋に行きたかった。

その日、店を営業しているのは確認したが、13時に到着すると暖簾収納。w

11時半開店で13時閉店か?

店主と奥様の御年齢を考えれば、営業時間の短さも仕方ないか?

肉ライスを食べたかったな~。w

しかし!この界隈の食堂は、吉田うどんに負けない魅力的な店が多い。

まだまだ未訪問の店が多いので、新規開拓で入ってみましょう。

すると、ひさご食堂なる店を発見!(以前から存在は知っていたが・・・w)

13時を過ぎても営業をしていたので、入りました。









入店時、4~5名の先客。

テーブル席と小上がり席がある。

私は小上がり席に座り、メニューを探す。

壁に貼ってあるメニューを見ると、メニューが豊富。

ラーメンうどんにカレーに定食。

何にしようか非常に悩みます。

だが、新潟屋で肉ライスを食べたかった事を思い出し、肉丼650円にした。

テレビを眺めるうちに肉丼完成、記念撮影をし、いただきま~す!










肉を焼く音がしない、と思ったら煮ていたのね。

見た目は牛丼ですが、使用肉は豚。

お漬物が付き、味噌汁が付きます。

味噌汁は結構、具沢山。

漬物も自家製でしょうか?

何はともあれ、ご飯と一緒にお肉をパクリ。

モグモグ・・・サッパリした甘さとマイルドな醤油味。

玉ねぎはシャキシャキ感が少し残るくらいの加熱具合。

肉はカタクもなく、やわらかすぎることもなく。

う~~~む、家庭的な味わいの中にキラリと光る職人技か?

個人的にはマイルド過ぎるので、卓上の七味をかける。

おほ!ウマ!!!

おつゆの浸みたご飯を掻き込みながら食べ進む。

味噌汁は豆腐にワカメ、玉ねぎにかぼちゃも入っているね。

漬物は胡瓜の鉄砲漬けかな?古漬けの様相だが、味わいはこれもマイルド。

ショッパイこともなく、食べ易い。

沢庵もマイルド。

すべてを食べ終えると、満足満足。

マイルド路線の肉丼でしたが、コストパフォーマンスも良く、満足。

さあ、こうなると他のメニューが気になってしまいますね。w

低価格で美味い吉田うどんの店が多い中で、大衆食堂が存在するにはどの店も、

価格、味、ボリュームに見えない努力(見える努力も!)をしています。

訪問して満足したなら、是非再訪問!

そんな思いです。

 

ここで一句

        大衆は

           家庭の味付け

                 求めてる?

2013年8月 7日 (水)

南都留郡 司食堂 北海みそラーメン

Photo_3074
Photo_4

065

Photo_5

066

Photo_6

069

070

073

俺の部屋、エアコンが無い。

いや、ある。

仕事用とプライベート用と2つ部屋があるのだが、仕事用はあるが、プライベートは無し。

両方とも会社持ちなので家賃は無し。

しかし、水光熱費などは当然個人負担。

転勤があるのでエアコンは入れなくてもいい、と思っていたらもう10年。w

10年間、エアコンなしで夏を乗り切ったぜ。w

今年も熱中症にならないように寝汗をたっぷり流し、寝ています。w











山梨って暑いね。

甲府盆地は暑いらしいね。

でも湖周辺は・・・やっぱり暑い。w

暑いけど味噌ラーメンを食べてみますか?

訪れたのは司食堂。

前回カツ丼を食べたのだが、なかなかの好印象。

だが、その時他の客の多くが麺類を注文していた。

その中でも、山梨なのに北海味噌ラーメンと、北海の名を冠したラーメンに興味津津。

夏真っ盛りですが、味噌ラーメンを食べに行きました。w









ほぼ開店時間にお邪魔すると、先客はおばあちゃまの集団が御座敷に。

テーブルにお邪魔すると味噌ラーメン700円を注文。

おばあちゃま方の料理があるので、しばらく待ちそうだな。

テレビや新聞で時間を潰すと20分はかかったかな?

ラーメンが来る前にお漬物が登場。

この漬物、どんな料理にも提供されるのかな?

とにかく、記念撮影をし、いただきま~す!









注文する時に味噌チャーシューが出来るかどうか確認しようと思ったが、

今回はノーマルのままで注文。

すると、炒めたもやしがこんもりと盛られた外見は少々殺風景。

もやしの中には細切りの肉があるが、やはり何か青味が欲しいかな?

あ!ワカメがあるか。w

まずはスープを一口。

ズズ頭zず・・・美味いじゃん!!!

北海味噌をうたうだけあって、割と濃厚なお味です。

スープもちゃんと取られているようで、味噌だけでは無い旨味もあります。

ニンニクなども味噌に入れていると思いますが、全体的にバランスが良く美味い。

この濃厚味噌スープの中には割と細めの縮れ麺。

それにしても麺がたっぷり入ってますね。

食堂などで麺類を注文すると、結構ボリュームがある。

ちゃんと食事として満腹になって欲しいというか、食事として成立して欲しいというか、

そんな意味合いがあると、勝手に思っている。









そして、漬物。

浅漬けで塩加減もまろやか。

そして・・・・・・・たっぷり。w

モヤシと麺を口に入れ、もしゃもしゃ食べ続けると完食。

やはり期待通り、美味しいラーメンでした。

まだ天丼も食べた事が無いので、またもや再訪問決定です!

 

ここで一句

    海が無い

        湖眺め

           北海道???

Photo_7

2013年8月 6日 (火)

千葉市 ラーメンとん太 浜野店 味噌ねぎめん(バター付)

1_2 

043

1_3

030

1_4

031

1_5

038

Photo
039

1_7

041

1_8

042

私は転勤で千葉に2年3カ月ほど居た事がある。

場所は外房。

まあ、いろいろあったが、特に想い出らしい想い出も無い。

当時から食べ歩きはしていたが、食べ歩きよりも飲み歩きが多かった気がする。

面白いもので、千葉に在住時は勝浦タンタンなんか一度も食べなかった。

自分が入り易い店に入り、食べたい物を食べる。

その時、ブログやデジカメがあれば訪れる店も変わっていたかも?

あれから10年以上が過ぎ、千葉に食べに来ている俺って・・・









ラーメンとん太は千葉に居る時、随分贔屓にしていました。

確か炒めネギラーメンを良く食べていた気がする。

ぐうとか美味しいラーメンの情報はあったけど、くるまやラーメンなども良く行った。

そんなとん太に10年以上の年月を経ての再訪問。w

千葉に来るたびにとん太はあっちこっちで見かけるのだが、なかなか入らなかった。

だが、今回ついに訪れた。

今の私のブログの表現方法にうってつけの店。

そう、私はとん太好きなんだけど。w










浜野も本当に久しぶり。

健康ランドが潰れてからはここも疎遠になった。

私が人生初めて、ネカフェの会員になった所も未だに健在。

良く行ったパチンコ店も、名前は一緒だがリニューアルしていた。

花月もあるね。

あの中華食堂も健在だ。

想い出が無いと思っていたが、改めて訪れるといろいろあるな。w





とん太浜野店。

外見は割と新しい。

訪問時間は2時近かったせいか、入店すると先客は2名。

店内はカウンターとテーブル、小上がりがあるが、テーブルに座る。

メニューを見ると、味噌がメインになっていた。

炒めネギラーメンは・・・無いかな?w

冷やしメニューも気になったが、味噌ネギめん700円を注文。

さほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








バターは小皿で提供された。

豆板醤と味噌をアレンジした様なものをたっぷりと使用したネギは、美味そう。

紅生姜が何故かトッピングされていた。

ネギ味噌バターラーメンと考えたら内容としてはお得感がある。

それにしてもチャーシューのペラペラ感が凄い。w

まずはスープを一口・・・ズズずず頭図zず・・・濃厚~~~。

味噌濃度が割と高いね。

コッテリ感が強いスープだが、油が意外にもキレが良い。

あっさり、サッパリと言う表現は大袈裟だが、香ばしさを感じる油は好印象。

ダシ加減は濃厚では無いが、味噌の濃さでダシをカバーでしょうか?




次に麺を。

麺は太麺縮れ麺。

スープの濃厚さに負けないように太麺にしたのでしょうか?

啜ってみると、シコシコチュルチュルでなかなか美味い。

辛味噌和えのネギをスープに溶し込み、ガツガツと食べ続ける。

あ~~~やっぱり辛いな。

激辛ではないが辛い。

次にバターを投入し、食べる。

う~~む、そんなにバターの存在を感じないな。

存在が無いといえばチャーシュー。

チャーシューメンではないので、1枚だけだがペラペラ。

おお~~い!何じゃこの薄さ。w

チャーシューメンでもこの薄さですか?




そしてスープも飲み干し完食。

くるまやラーメンとか味噌を売り物にしているチェーン店がありますが、

とん太もなかなか良いと思います。

結局、俺 とん太好きなんだ。w

 

ここで一句

     好きならば

         つべこべ言わず

                黙って食え!w

Photo_2

2013年8月 5日 (月)

富津市 活魚料理ニコニコドライブイン チャーシューメン

029
Photo_9

020

Photo_10

021


022

023

Photo_11

025


026

8月か・・・

やはり、世の中は夏休みなんだな。

交通量も多いし、出掛けるのも大変だよ。

千葉に行くには私の場合、保土ヶ谷バイパスを通らないといけないのだが、

凄いよ!渋滞が!

関内二郎がオープンした頃、毎週行っていたが、良く行ったよ!w

今は横浜の訪問回数より、千葉の訪問回数が圧倒的に多い。

そんな千葉の内房に於いて、何故か素通り回数№1の店がある。

その名はニコニコドライブイン。

梅乃家と鈴屋の間にあるこの店、立ち寄ることは一度も無かった。

しかし、内房の新規開拓のため、初めて訪問する。

それにしてもレトロな外観。

私の場合、みや古食堂を贔屓にしているので、それほど感慨深いものでもない。

しかし、名前の由来はなんだろうか?

まあ、どうでもいいか?w

店内に入ると昭和のニオイがプンプンする。

昭和のニオイがどんなものか、表現するのは苦しいが。w

店内は座敷、テーブルとかなりの余裕がある。

さて、何を注文するか・・・おや?メニューは?

卓上にメニューが無いので見渡すと、スタッフが控えている壁に貼ってある。

メニューは非常に豊富で何にしようか迷う。

おかずとライス、味噌汁と分かれており、例えばラーメンとアジフライというのも出来る。

それにしても安い!

チャーシューメンが470円ってバーゲン価格ですよ。

取りあえず今回は無難にチャーシューメンにした。

すると、お冷と一緒にトマトが2切れ。

それほど待たずにチャーシューメン登場。

記念撮影をし、いただきま~す!










トマトは美味い!

トマト本来の匂い、味が濃厚。

忘れていた味を思い出した。

目の前のラーメンだが、シンプル。

そして、玉ねぎが薬味のこのスタイルは竹岡式!!!

まずは麺を・・・チュルチュル・・・やわ~~~うま~~。

細麺ストレートであるが、やわらかい。

若干茹で過ぎな麺であるが、店内の内装に許す!

次にスープ。

ジュル・・・化調!!!!!美味い!!!!!

なんだろうね、この味。

スープは化学調味料が前面に出ているけど、美味い。

ダシの美味さではない。

しかし、何故か飲み干したい味。

これが竹岡式なんだろうな・・・?

ラヲタやラーメン通など、マニアには不向きな味。

まあ、そういう方は訪問しないでしょう!w







チャーシューは6枚入っていた。

バラ肉で美味い。

スープは半分ほど残したが、再訪問します。

この店、売りは活魚。

ばんやにはもう行かないので、内房の活魚料理の美味い店、発掘します。w

 

ここで一句

    ニコニコは

        動画と思う

            スマホ中(毒)w
1

2013年8月 4日 (日)

富津市 Pizza Gonzo(ピッツァ ゴンゾー) マルゲリータ、ビアンカ

PhotoDsc_0936
Photo_2

Dsc_0934

Photo_3

Dsc_0938

Photo_4

Dsc_0931


Photo_5

Dsc_0930


Dsc_0916

Dsc_0918
Photo_6

Dsc_0919


Dsc_0921

Dsc_0917

Dsc_0922
Photo_7

Dsc_0924


Dsc_0927

Dsc_0929

人間って、自分が大した人間じゃない、と自覚した時からが本当の勝負。

そして、今まさに自分がその状態。

本当に、自分はたいした事が無い。

何も出来ない。


そんな己の無力さを感じた時、何気に入ったパチンコ店で、4万発以上の出玉を獲得し、

「やっぱ、俺って何かを持っている!」とか「神ががっている!」と思うことで、

何時まで経っても上に登れない螺旋階段を歩き続けている。


もしかしたら降っているのかもしれない・・・











浜金谷と言ったら「さすけ食堂」。

しかし、さすけ食堂や梅乃家ばかり行くのも芸が無い。

さすけ食堂のアジフライは確かに美味い!

梅乃家のチャーシューを食べるとニヤけてしまう。

だが千葉は広い!

もっといろいろな店に行ってみよう!








さすけ食堂の近くにピッツァ専門店があるのは知っていた。

今回、敢えてさすけ食堂の定休日に内房を訪問し、浜金谷のゴンゾーにお邪魔した。

気のせいかもしれないが、浜金谷周辺は「黄金アジ」をうたう店が増えた気がする。

そんな黄金アジに背を向け、ピッツァで勝負の店。

大いに気になりますね。



この店の近くまで来たら鋸山の登山道があるよ。

開店時間までまだ時間がある。

少し歩いてみるか。。。。。

すぐに挫折。w

とてもじゃないが、汗まみれになってしまう!

汗をかなりかいた時点で入店。

丁度開店時間でしたが、先客は無し。

ところで店構えですが、以前は公民館か郵便局だったのでしょか?

良く見ると観光案内所の看板もありますね。

ピッツァ店だけど観光案内所?

良く分からん。w

店内は広々したものですが、変則的なテーブルとカウンターレイアウト。

私からすると若いご夫婦で切り盛りしているようです。

メニューを眺めると季節限定メニューとかいろいろありますが、マルゲリータS900円と

ビアンカS1000円を注文しました。

飲み物は注文しませんでした。

本当はビールが飲みたかったけどね。w

やがてマルゲリータが最初に登場、記念撮影をし、いただきま~す!












注文時に何も言わなかったが、ピッツァは時間差で提供されました。

客が一人で同時提供なんか普通に考えれば無し!でしょ。

まあ、以前カンパーニャでそういうことがあったからね。w

切れ目が4等分に入っていたので、手で食べる事に。

どうも、ナイフとフォークでピッツァを食べる習慣が無くて・・・w

Sサイズということですが、大きさは20cmぐらい。

まずは一口。

モグモグ・・・美味いね。

生地はモチモチしたものです。

外側の縁はカリッとした部分がありますが、モチモチ生地です。

私はモチモチでもカリカリのクリスピーでも美味ければどちらでもオッケー!

ただ、腹が減った時はモチモチでしょうね?

トマトソースとチーズのバランスもよく、何かが突出した印象も無く美味い。

卓上のオリーブオイルをかけましたがマイルド。







マルゲリータが1ピースになったところで、ビアンカ登場。

私の人生に於いてピッツァとは、常にチーズがのっていた。

チーズののっていないピッツァ、どんなものなんでしょうか?w

見た目は焼いた生地の上にベビーリーフと生ハムがのったもの。

味付けはフレンチドレッシング。

これも切れ目が入っていたので、フォークと手でリーフと生ハムを包みパクリ!

モグモグ・・・おおおおおおおおおお!!!!!ウメえええええええええええええ!!!!

なんだよ!凄く美味いじゃん!!!!!

こんな書き方は失礼かもしれないが、ありきたりのベビーリーフと生ハムだけで

こんなに美味いの?凄いじゃん!!!!!

モチモチの生地の中からベビーリーフのシャキシャキした食感。

生ハムの塩加減とドレッシングの酸味と塩気が丁度いい塩梅。

何より生地の旨味がストレートに伝わる。

市販のピザ生地で同じ事をやっても味は到底叶わないだろう。

これは素晴らしい!!!!!





ドリンクを注文しなかった私だが、水は透明な瓶で提供された。

お冷の継ぎ足しもしなかったカンパーニャに比べると好印象。

それにしても、冷えていてゴクゴク飲んだけど千葉の水は相変わらず不味い。

水が不味いのはお店のせいではない。

多分、県知事のせいでしょう。

森田健作知事、千葉の水を改善してくれ!w

水が美味ければ料理はもっと美味くなる!



すべてを食べ終えて、追加注文をしたくなりました。

Sサイズ2枚を胃に納めた私ですが、まだまだ余裕。

何よりビアンカの美味さに感動しましたので、追加したくなりました。

しかし、我慢。

さすけ食堂以外にも、再訪問確実のお店を見つけました。

 

ここで一句

    山登り

       進撃せずに

            歩きましょ

Photo_8

2013年8月 1日 (木)

中郡 肉の清水 メンチカツ、ローストビーフ、餃子

Photo_5

Dscn8667
Photo_6

Dscn8664

Photo_7

Dscn8665


Dscn8670

Dscn8671

Dscn8675
Photo_8

Dscn8680


Dscn8681

Dscn8684

結構、ニオイフェチかもしれない。

外見重視の私だが、いい匂いがする女性にはその場で深呼吸をしたくなる。w

勿論、そそられるニオイ、色気を感じるニオイがあればそうでないニオイもある。

どんな美人でもタバコ臭いのはダメ。

自分が吸わないので、タバコの臭いは悪臭以外なにものでもない。

それと、フレグランスがいい匂いとは決してないね。

どちらにしてもほんのり香るのが一番。

そういえば最近、私も香水は使ってないね。








最近、堺雅人のドラマが大人気。

菅野美穂と結婚した時、山田雅人の顔を思い浮かべた私だが、

ドラマが話題になる事で、山田雅人を思い浮かべる事は無くなった。w

なんでもそうだが、代表作や話題作に出ることは不可欠だな。w



この店の前は200回以上通り過ぎてきた。

ある日、見慣れた看板が無くなっていたので、潰れたと思っていた。

二宮の人気精肉店も不況に負けたか?と思っていた。

肉屋のあとに何か出来たが、看板を確認しなかった。

ところがある日、リニューアルしていた事に気づく。

相変わらず、鈍いというか何と言うか・・・w

リニューアルをして初めての訪問になりますが、二宮町の人気精肉店清水に行きました。








私は箱根の相原精肉店に良く行った。

焼き豚、スペアリブを良く買った。

独身の男が精肉店に行く目的はお惣菜。

清水でもお惣菜を買ってみましょう。

開店時間は10時からだが、11時前に入店。

店の横に駐車場が数台分あるが、入れ難く出し難い。

その為か警備員がいるよ。

精肉店なのに警備員か?儲かってますな!w

店内は明るくて綺麗の一言。

リニューアルして3カ月過ぎたのかな?

先客は数名。

お惣菜コーナーのみを見渡すと、メンチカツの陳列が一番上にある。

メンチカツ、焼き豚、照り焼きチキンが人気みたい。

メンチカツはかなり、大きい。

1個148円だが、これだけで十分腹は持たされるボリューム。

それを2個買うと、下段に目をやる。

「餃子が美味そうだな」

餃子を3個購入した。

恐らく、メンチカツと餃子だけで満腹になるだろうが、もう一品を選ぶ。

肉屋の実力が分かる物がいいと思い、ローストビーフを200g購入。

当然、スライスしてくれるが、タレもついてくる。

ローストビーフが200gで1213円。

餃子が3個で225円。

メンチカツが2個で296円。

合計1734円。

因みにメンチカツはまとめ買いだと1個、138円になる。








以上、お惣菜を買ったはいいが、部屋に持ち帰るまでには痛んでしまう。

仕方が無いので、適当なところに車を止め、お昼代わりに食べてみた。

まずはローストビーフ。

添付のタレはポン酢醤油だね。

肉全体にふりかけ、まずは一切れ。

モグモグ・・・ウマあああああああ!!!!!

何だよ!結構美味いぞ!!!侮っていたわ!!!

まず、肉自体が美味い。

国産牛使用との事だが、ブランド牛でも特に無く、肉質の良い牛を選んでいる様子。

腿肉使用ということで、赤身主体で肉の旨味がたっぷり、美味いね。

ローストビーフということだが、店頭には冷蔵で陳列しているため、

個人的には牛のタタキに近いかな?

タレも酢の効いたポン酢なので、尚更そう思う。

100g598円だが、これは切り売り価格。

1本買いだと100g558円。

次回は腹を減らし、1本買いでもいいかもしれない。

あと、普段ローストビーフを買った事がないので、100g598円が安いか?高いか?

安いんじゃないですか?良く分からないけど。w







次に餃子を食べる。

餃子にはタレは無いが、ローストビーフのポン酢があるのでこれで食べる。

焼き目が白いが、良く焼けた餃子もあったので、スタッフに言えば良かったな。

羽根が付いているので、出来るだけ早く食べた方が食感がいいかも?

まずは1個、モグモグ・・・うん、美味い。

ザックリ荒目の餡で野菜のシャキシャキ感を感じる。

その分、ジューシーさはないが、ホットプレートで温め直しても面白いかも?






最後にメンチカツを食べる。

メンチカツというとソースがあればいいのだが、今回はそのまま食べてみよう。

袋から出すと本当に大きいね。

これで1個150円しないの?バーゲンですね。w

そのままガブリ!モグモグ・・・うめええええええええ!!!!!

揚げ立てではないが、ザック!とした衣、ジューシー感のある中身。

中のメンチ部分は良く練り込まれ、滑らかさを感じさせる。

その分、肉の存在感は少なくなるが、お惣菜とはいえ肉汁ありますね。

味付けは「和」を感じます。

隠し味に醤油か味噌でも入れているのでしょうか?

通常、メンチカツにはソースでしょうが、私としてはこの場合、おろし大根と醤油、

おろし大根とポン酢などおろし大根をお勧めしたい。

ソース以外の調味料も面白いと思いますよ。

凄いボリュームであったが完食。

メンチカツとローストビーフの美味さは特筆もの。

肉屋のお惣菜を舐めてました!w

そして、他のお惣菜も大いに気になります。

焼き豚も相当、味が良さそうですね。

機会があれば肉を買ってしゃぶしゃぶやすき焼きもやってみたい!

今まで行かなかったことを後悔する、いいお店でした。

ここで一句

      メンチカツ

           衣を取れば

                ハンバーグ?w

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »