フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 サカナキュイジーヌ・リョウ(sakana cuisine Ryo) まかない丼 | トップページ | 静岡市 展望休憩所 杉尾はなのき 五目いなり、おでん各種 »

2013年8月31日 (土)

豊島区 馳走麺 狸穴 辛つけ麺

PhotoDscn8974

Photo_2

Dscn8972


Photo_3

Dscn8975

Photo_4

Dscn8977


Photo_5

Dscn8978


Photo_6

Dscn8981


Photo_7

Dscn8983

今年の日テレの大晦日は、「笑ってはいけない○○」だろうな?

紅白歌合戦の裏番組として民放№1の視聴率らしいが、マンネリ感があるのも確か。

そこで、デーさん考えました。

今年の笑ってはいけないシリーズの企画を。

それは・・・






「笑ってはいけない宝塚」

どうよ?宝塚で笑ってはいけないは?w

レスラーの蝶野が宝塚の姿で現れ、山崎をしばくって?

どうよ?熱心な宝塚ファンからクレームがバンバン来るかもしれないが、

年に一度の打倒紅白の大義名分の中、やってみては?

もう一つある。

それは・・・





「笑ってはいけない吉本興業」

どうよ?菅ちゃんどうよ?w

どうよ!どうよ!イケてるだろう?

吉本興業社内で笑ってはいけないをやっては?

灯台下暗しではないが、笑ってはいけないをやるにはこんなにうってつけの所は無い!w

ええん?どうする菅ちゃん?大晦日に向け、悩んでいるだろ?

吉本興業社内なんて、今まで考えられない仕掛けが出来るぜ!

おいしい~ぜ!楽しい~ぜ!菅ちゃん!!!

今年の大晦日、大いに楽しみだぜ~。

ほんと、どうよ?菅ちゃん!デーさんのアイディア使えるだろう?

さて、池袋まで来たか。

どこに行きましょうか?

東京といえばラーメンですよね。

なんだかんだいって、東京のラーメンは日本一ですよね。

そんな訳でまた狸穴に行きました。

美味しいラーメンが沢山ある東京なのに、私が行くのはべんてん、二郎本店ばかり。

でも、狸穴もこれで3回目、お気に入りのブックマークですね。w

何しろ初訪問が蕎麦でしたからね。w

つけ麺を食べるつもりがつけ蕎麦でした。

あれ以来、私は狸穴のレポを書くときは業界用語的表現をしていますが。w

訪問時は14時近い時間でした。

お店の入っているビルの修理なのか、足場が組まれていましたが、営業中。

券売機の前で悩む前に、お店の外にあるメニューボードを眺め、品定め。

蕎麦を食べ、つけ麺を食べたので残るは中華蕎麦と辛つけ麺の2つ。

この日は、空気がからりとし、気温も低めで発汗は少ない方でした。

そこで、思い切って辛つけ麺大盛り880円を選択。

店内に入ると食券を購入しますが、丁度満席。

表のベンチで数分待つのちに客が一人お帰り。

涼しい店内でつけ麺を待つ事5分くらい。

やがてつけ麺登場、記念撮影をし、いただきま~~す!











つけ汁の中にポツンポツンと赤い物が浮いている。

良く見ると、唐辛子の破片と言うか、刻んだものというか。

もっと、真っ赤かなつけ汁をイメージしていたが、少々拍子抜け。

しかし、大きな安心感が起きたのも確か。

(激辛ではなさそうだ・・・)

少々茶色がかった太麺ストレートをつけ汁に浸し、啜る。

ズズずずズルズル・・・むほ~~~~ウマ~~~~~い!!!!!

濃厚豚骨魚介系の範疇であるつけ汁であるが、嫌味や臭みなどなく、

濃厚ではあるが、受け容れ易く親しみやすいものである。

そんなつけ汁を証明するように、私の隣には若い女性2人がつけ麺を堪能していた。

ところで、肝心の辛さであるがピリ辛では無い。

ピリッとしたあとで、少々ヒリヒリした辛さが残る。

あくまでも私としての辛さ基準であるが、問題なく食べられる辛さであるが、

口の中にいつまでも辛さが残るかな?と思える物。

勿論、激辛ツウにしてみれば、「おまえの舌はおこちゃまか?」となるだろうが?w

辛口とはいえ、とろみの付いた濃度の高いつけ汁に負けじと麺も美味い。

太麺ストレートであるが、厳密に言えば非常に緩やかなウェーブがある。

全粒粉と思われる色合いの麺の歯応えはカタイ。

しかし、単純にカタイでは済まされぬ弾力感があり、噛み応えの楽しさと、喉越しがある。

器にこんもりと盛られた麺は特盛りまで同一価格。

ならば当然、特盛りを注文したいのであるが、小田原でまかない丼を入れた腹には、

特盛りの麺量は少々辛い。

やはり、人間余裕を持って完食出来る分量が美味しく感じる範囲。

だが、いつかは特盛りを完食したいですね。

それにしてもこの麺、エッジがピーンと立っていますね。

まるで、讃岐うどんの様なアプローチです。

咀嚼すると小麦の美味さが広がり、チュルンと飲み込めば心地よい喉越し。

つけ汁の底にはナルト、肉など具材が少々。

いつもの私ならチャーシューつけ麺とか特製を選ぶはずなのだが、この店は

麺だけでお腹がいっぱいになるので、他のトッピングは考えず。

麺を食べ終えたところで、スープ割を注文。

すると、つけ汁の中には柚子が浮かび、最後まで飽きさせず、味わえる。

う~~~~~む、満足。

さあ、本社の会議室に行くべ。www

 

ここで一句

    穴の中

       手を突っ込んだら

               泥だらけ?w

« 小田原市 サカナキュイジーヌ・リョウ(sakana cuisine Ryo) まかない丼 | トップページ | 静岡市 展望休憩所 杉尾はなのき 五目いなり、おでん各種 »

ラーメン」カテゴリの記事

東京都 ラーメン」カテゴリの記事