フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 大野郡 白川郷~世界遺産を歩き回る四十一景 | トップページ | 江東区 らーめん酒房GOCHI コクうま味噌らーめん »

2013年12月18日 (水)

大野郡 手打ちそば処 乃むら おろしそばセット

1_2Dsc_1622

1_2_2

Dsc_1625


1_2_3

Dsc_1627



Dsc_1628


Dsc_1629


Dsc_1631


Dsc_1633

今回の旅行、食べ物に関しては少々、寂しい思いをした。

1泊目の出雲の夜は、笑笑で酒を飲み、駅前のラーメンで〆た。

出雲到着までは途中のPAでうどん。

2泊目は境港で海鮮丼、高速のPAで蕎麦。

夜は多治見の訳のわからん居酒屋。

そして白川郷に行く途中のPAでラーメン。w

こりゃ~あかん!あかん!あかん!

ちゃんと、食事をしないと。w

ところで、白川郷に到着したのは朝の8時過ぎ。

朝早く多治見を出発し、安全運転で白川郷まで車を飛ばしたらその時間でした。

本当は朝焼けの風景を撮りたかったのですが、残念。

それでも、3時間近く歩きまわり、撮影をしました。

そろそろ食事を!と思っても土産物屋以外、食べ物屋は開いてない。w

腹減ったな~~とふらふらしていたら、丁度開店したお店が!

しかもそのお店が、事前リサーチで訪問予定だった店。

そのままずざ~~っとヘッドスライディング!

本日1番目のお客として入店。





お店の名前は乃むら。

手打ち蕎麦専門の店である。

店内はカウンター席のみかな?

厨房は広めに確保されている。

御品書きを見ると、盛りそばと温かいそば、そしておろしそば。

あとは地酒とどぶろく、ビールとなる。

他にセットメニューとして舞茸ご飯が付く。

これは潔い!

潔いが私が盛り蕎麦を註文して、終わりな訳が無い。w

メニューには無いが、おろしそば大盛りのセットにしてもらった。

価格は1400円。

やがて、蕎麦が完成、記念撮影をし、いただきま~す!







訪れたのは平日だったが、観光客は多かった。

この日も日差しが強く、観光客はソフトクリームなどを買っていた。

さて、大根おろしの乗ったそれは、シンプルである。

舞茸ご飯と香の物が少し付く。

蕎麦は大盛りなので、ボリューム感はある。

まずは蕎麦の部分だけ手繰る。

ズルズル・・・美味い。

意外と言っては失礼か?

観光地故にあまり期待感を抱かずにいたのだが、なかなか美味い。

蕎麦が美味いと思える理由として、コシ、香り、喉越し、蕎麦ツユなど

いろいろと要素があるが、それぞれが良いレベルである。

私としては蕎麦を咀嚼し、飲み込む時が心地よい。

蕎麦のわずかな甘みも感じられ、美味く感じる。

次に、おろしを蕎麦全体に絡ませ、ぶっかけ蕎麦の様に食べた。

おろしの辛味は強く無く、さっぱりと食べられる。

蕎麦ツユは優しい味わい。

濃い目が好きな方だと物足りなく感じるかもしれないが、私としては品も感じ、

蕎麦の旨味を生かした蕎麦ツユだと思う。


次に舞茸ご飯を食べる。

随分、ツヤツヤしているな?

一口食べてみると、油分を過剰に感じる。

人参や油揚げなども入っているようだが、揚げからの油分かな?

それとも、蕎麦がさっぱりしているので、狙ってこの仕上げなのだろうか?

確かにおろし蕎麦なので、このテカテカしたご飯は逆に面白い。

この油分が、物足りなさを打ち消してくれる。

肝心の味わいだが、私としては一般的な炊き込みご飯。

これはこれで家庭的で美味いといえる。




蕎麦の大盛りは200円アップになるが、十分に満足。

美味い蕎麦を腹一杯詰め込んだ満足感がある。

初訪問で、他の店の事など当然、分からないが、この店はお勧めできる。

美味しい蕎麦であった。

田舎そばの範疇なのだろうが、田舎蕎麦特有のごっつさもなく、

蕎麦の実全体から抽出された美味さが、やさしくじんわりと感じる。

世界遺産の観光地であるが、いい店があるものだ。

 

ここで一句

      遺産より

         胃酸が求む

              蕎麦がある

« 大野郡 白川郷~世界遺産を歩き回る四十一景 | トップページ | 江東区 らーめん酒房GOCHI コクうま味噌らーめん »

そば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

岐阜県 グルメ」カテゴリの記事