フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 北杜市 中村農場 特製ラーメン、たまごアイスクリーム | トップページ | 伊勢市 横丁そば 小西湖 焼豚満開横丁そば »

2013年12月28日 (土)

亀山市 れすとらん関亭 松阪牛ステーキ重

Dsc_1952


Dsc_1965


Dsc_1953


Dsc_1955


Dsc_1957


Dsc_1958


Dsc_1960


Dsc_1961


Dsc_1963


Dsc_1964

伊勢まで来て、赤福は買わなかった。

一度買えば十分。

それにしても、赤福の人気は凄まじかった。

過去に賞味期限の偽装問題を起こしたとは思えない人気ぶり。

私は赤福以外の土産を買おうと思ったのだが、赤福以外何かあったか?

超メジャーな御土産のおかげで、他の土産が思いつかない。

結局、土産は濡れ煎餅。

あとは食事。

伊勢うどんは前回、前々回と訪問した時に食べたので、もういいでしょう。

よし!思いきって、松坂牛を食べてみよう!

牛串を食べたが、どっしりと牛肉を食べよう!

よし!すき焼きじゃ!!!!!

ところが、どの店も二人から。w

カネに糸目をつけず、すき焼きを食ってやろうとしたが、撃沈。w

そんなこんなで見つけたのが「れすとらん関亭」。

伊勢を後にし、向かったのは亀山市。

名阪国道をインターを降りて、すぐに関ドライブンがあります。

そのドライブインの中のファミリーレストランです。









ところで、当初の目的はここでは無かった。

関亭の隣に、和風レストラン関本陣と言う店があり、そこに行くつもりだった。

店に入ると、敷居の高そうな内装。

入り口から進み、右に曲がると、通路の右側に客室がある。

キャパとしては8名8室となっている。

入り口のカウンターに呼び鈴があるので、それを押した。

すると、女性スタッフが奥から現れ、私を一瞥すると奥に引っ込んだ。

なんだ、いまのは?

私は訝しげな表情になる。

しかし、そのまま出て来ないので、もう一度押してみた。

ん?

もう一度、長押しする。

すると、「いっぱいなんです」と先ほどのスタッフが、唐突に顔を出し、言った。

私は久々に不愉快な気持ちになったが、「ひとりなんですが・・・」というと、

「今日は満席で御案内出来ません」と。

ではそれを何故、最初に言わないのか?

何故何も言わずに奥に引っ込んだのか?

もしくは入り口に本日満席でも書いてあれば、こんな不愉快な気持ちにならなかった。

このブログを始めて、ここまで不満を書くのも珍しい。

今回は削除依頼覚悟で書きますが、当日、同じ思いをした方が居たと思う。

まあ、小団体用のレストランなので、一人の時点で場違いと思われたのだろう。










不愉快な思いはしたが、飯を食わないといけない。

おっと、少し乱暴な言葉遣いだな。w

この場合、隣のれすとらん関亭で食べるのが当然であろう。

入り口横にショーケースがあるので、眺めて見る。

すき焼き御膳が1680円で、ステーキ重が2500円か・・・

ステーキ重狙いで来たので、当然それを選ぶ。

ところで、関本陣ではステーキ重が3150円。

2500円のステーキ重にデザートや小鉢がもう一品追加されるようで、

肉には差が無い様に思われる。

中庭を眺めながら食べるよりも、こちらのほうがお得の様だ。w

中に入ると、広い空間が出迎える。

200席はあろうかというレストランだが、まずは注文を決め、レジで先払い。

あとは空いている席に座り、品物が来るのを待つ。

お茶とおしぼりを持って来てくれるが、お冷はセルフ。

別料金でドリンクバーもあるが、利用しなかった。

それぞれの席に余裕はあるが、逆に余裕があり過ぎるかな?w

やがて、ステーキ重登場、記念撮影をし、いただきま~す。



人目も気にせず、一眼レフを取りだす。

何回かシャッターを押したところで、食う!!!

ステーキ重には味噌汁、香の物、小付が付く。

重の上には肉は当然だが、青唐と茄子、少量のサラダが乗る。

木製のレンゲと言うかスプーンがありますが、これは使わずに箸を使います。

まずは肉を一切れ。

モグモグ・・・やわらかくて美味いね。

味付けのタレは醤油ベースですが、控えめな味付け。

焼き加減はミディアムレア。

さしが適度に入っている肉は、やわらかいが適度の食感もある。

肉自体の味わいも悪くは無い。

私は肉を食べて、産地など分かる様な見識などまったくないので、

美味い!としか言いようが無いですね。

ただ、白川郷で食べた飛騨牛と比べると、あちらはA4だったが、

肉の香りが乏しいかな?と思った。

そして、私が肉に対して美味いか不味いかの判断としているのが、

噛み締めて、旨味が広がるかどうかである。

これはファミリーレストランとしてはなかなかいい方だと思う。

しかし、2500円も払っているのだから、美味くて当たり前?





小付の中身は山キクラゲであった。

コリコリした食感が楽しい。

味噌汁の中にはおぼろ昆布が入っていた。

周囲は皆さん、関西弁。

なるほど、関西圏まで来た実感がわく。w

ご飯は適度にタレがまぶされている。

少々カタメのご飯であるが、個人的には好印象。

すべてを食べ終えると、満足には満足。

ボリュームとしては大食い以外の方は大丈夫でしょう?

関本陣で嫌な思いをしましたが、腹が膨れて多少薄れる。

伊勢の帰り道、寄られてみてはいかがでしょうか?

ドライブインなので、御土産なども充実しています。

何より、インターの近くです。

 

ここで一句

      肉食えば

          憎しみなどは

                消えてしまう?

« 北杜市 中村農場 特製ラーメン、たまごアイスクリーム | トップページ | 伊勢市 横丁そば 小西湖 焼豚満開横丁そば »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

三重県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事