フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 御殿場市 駒門PA上り スナックコーナー カレーうどん | トップページ | 松江市 宍道湖、島根県立美術館~夕陽の名所の二十二景 »

2013年12月14日 (土)

茅野市 信州マタギ亭 猪鍋宴会セット(4000円)

1_2Dsc_1566


Dsc_1567


Dsc_1569


Dsc_1571


Dsc_1576


Dsc_1633


Dsc_1632

1_2_3

Dsc_1595


1_2_2

Dsc_1580



Dsc_1582


Dsc_1585


Dsc_1589


Dsc_1591

1_2_6

Dsc_1594



Dsc_1602


Dsc_1603


Dsc_1605


Dsc_1607


Dsc_1614

1_2_5

Dsc_1610



Dsc_1616

1_2_4

Dsc_1618

Dsc_1620
1_2_7

Dsc_1637

去年の12月2日。

笹子トンネル上り線で、天井崩落事故がありました。

私は下り車線でしたが、トンネル手前で通行止め。

すぐに通れるだろう、と思っていたら迂回をさせられた。

事故の悲惨さを知ったのは帰宅してから。

まさかあんな大事故だったとは・・・

亡くなられた方々には改めて、ご冥福を申し上げます。








あれから1年経った。

テレビ朝日で信州マタギ亭が紹介されたらしい。

生憎、私はその部分をみられなかった。

再訪問を約束していたので、急に行きたくなった。

一応、長野の天気を確認すると、私が訪問予定の日は雨の心配は無い。

長野あたりだと、雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろうから。w

「もしもし、マタギ亭ですが」

電話をかけると奥様が出た。

「明日なんですが一人、お願い出来ますか?」

予約の確認が取れたところで昨年、笹子トンネル事故の時の者だと告げる。

ご存じでした。

朝早く出掛けると、途中休憩を含めながらも余裕で到着。

前回と違うのは今回のカーナビは電話番号入力で、店まで案内してくれた。

皆さん、ナビは新しい方がいいよ。w


店の中にお邪魔すると、今回もお昼は私だけのようです。

昨年、事故が原因とはいえ、2時間遅れた事を侘びた。

気にしないで下さいと言われたが、一応、手土産を渡す。

前回と同じ部屋に案内されると、小鉢類が並んでいた。

蜂の子、岩茸など、前回と同じラインナップ。

そういえば電話予約の時、予算も何も言わなかった。www

訪問日と人数だけで、あとはおまかせ。www

1週間ぐらい前なら、いろいろわがままが言えたかな?

部屋の中は暖房が効いていた。

猪鍋が登場し、一人猪鍋パーティーだ!w

記念撮影をし、いただきま~す!








猪鍋が煮えるまで、珍味や小鉢をいただく。

岩茸は昨年と同じ、蜂の子も一緒。

今回は野蒜の酢漬けかな?美味しかった。

それと、取れ過ぎた胡瓜を炒めた物も、なかなか!

やがて、鍋がグツグツといってきた。

肉も野菜もしんなりしたところで、いただきます。

ハフハフ・・・美味い。

今回の猪肉は脂身と赤身がハッキリ分かれていますね。

腿肉みたいな部位なんでしょうか?

お鍋を食べながら奥様にお話を伺う。







「テレビで出られましたが、どうですか?」

すると、ため息交じりの顔で、

「もう~、大変でしたw」

テレビ朝日の番組に出たらしいのだが、その放映中から電話が鳴ったらしい。

結構、放送後、てんてこ舞いの日々を送られて、ようやく落ち着いたらしい。

それでも土日は、かなりな予約があるらしい。

それと共に、私のブログを見て来られたお客も何組かいたらしく、

その話を聞いて、私は感慨深い物があった。

嬉しい、とても嬉しい。

私の画像、言葉が必要とされ、役にたっている。

その感謝の気持ちを込めて、3カ月以上未公開だった出雲大社の公開を決めた。

それと、手短にするつもりだった文章を、出来る限り詳細に書くことにした。

毎日更新は出来ないが、公開する限りはどんな料理も店も、全力で書き込みます。

それが私からの感謝です!



「随筆家でもしているんですか?」

奥様は尋ねて来た。

「いえ、サラリーマンですよ」w

本当にそうだから、それ以上いえません。w

鍋が食べ進むと、次の料理が来た。

鹿肉のジャーキーと風呂吹き大根である。

昨年は大根の画像を撮り損ねたが、今回はしっかり、撮影しました。w

大根は中まで味が浸み込んでいた。

ツミレとウインナーが入っていましたね。

ジャーキーはしっかりした噛み応えがあり、やはり酒が欲しいな~。w

鍋もそろそろ空になろうかという頃、ご飯と漬物を持って来た。

ご飯は裏山で取れたクリタケを使ったご飯、そして野沢菜。

ここで私は、別に支払いをするので、野沢菜の漬物をお土産で欲しいとお願いする。

すると、奥様は快く応じてくれた。

さあ~野沢菜を食べよう。

シャキシャキだあ~、これぞ本物の野沢菜の漬物だ!

うめ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!

古いのと新しいのと混在していたが、これは他人好き好きであろうが、

私は新しい物のシャキシャキ感が好き。

だが、古い野沢菜も美味い。

御土産は2つもらい、ひとつは知人用、ひとつは自分の酒のつまみ用。

勿論、その日の晩酌で消費しましたが・・・w

クリタケご飯は素朴な味わいでした。

猪鍋の汁を味噌汁替わりにし、美味しくいただきました。

あ~でも、炊き込みご飯も久しぶりだな。

しんみりと味わい深い。

やがて、完食。

いや~~~今回も食べた!w

腹一杯!!!

帰る頃にはご主人登場。

お会計をお願いすると4000円だと。w

「去年は5000円でしたよ」

「あらそう?」

内容の違いを考えると、鹿肉の味噌漬けとデザートが無い。

「あ!デザートを忘れた!」

「あ、もういいですよ。漬物をいただいたし」w

そうです、今年も野沢菜は御土産でいただきました。

「次回は主人の手打ちうどんを食べに来てください」と言われた。

早くても春かな?

勿論、再訪問はいたしますよ。

最後にご夫婦2人、写真に撮って私のブログに載せましょうか?と尋ねると、

恥ずかしがって断られました。w

有名人のハズなんですけどね。w





さて、このまま帰るのも、もったいないな。

すると、帰路に日帰り温泉を発見。

マタギ亭から車で数分の場所に、米沢温泉 塩壺の湯の看板を見つけた。

昨年も同じ場所を通ったはずだが、記憶が無いな。

膨れた腹を落ち着かせるために、温泉もいいだろう。

ブログのネタにもなるし。



しかし、本日休館日だった。w

 

ここで一句

     定休日

       知らない俺が

            悪いのか?w

« 御殿場市 駒門PA上り スナックコーナー カレーうどん | トップページ | 松江市 宍道湖、島根県立美術館~夕陽の名所の二十二景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事

長野県 グルメ」カテゴリの記事