フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

沼津市 郷里 郷里ラーメン

Original

Original1

Original2

Original3

Original4

Original5

昨年の10月のお話じゃ。

沼津のグルメ街道も名ばかりになったものだ・・・


閉鎖した店や、空き地のままの姿を見ると、虚しい物を感じる。

しかし、よくよく考えれば、飲食は「また食べたい!」がすべてではないだろうか?

美味ければ、お客は来るでしょう?

そんな魅力ある味やサービスを、提供しなかった結果ではないのか?

しかし、厳しい環境の中で、新規オープンの店が着実に出来ている。

その中で、ここ1年前後の間で、ラーメン店が2軒オープンしている。

今回訪問したのは郷里。

郷里はゴリと読ませる。

気にはなっていてが、新しく店が出来た!さあ一番乗りじゃ!!!

と、いうことは私はしない。

一段落、二段落したあたりで、訪問することにしている。

作る側も精神的にも余裕が出来る頃が、本当の味だと思っているので、

そのころ合いを見計らっての訪問。








開店時間は11時半。

私は11時開店だと思っていて、11時半丁度あたりで、駐車場に入ると、車は無し!

「あちゃ~~!不人気店かよ?」と一瞬後悔をする。

黒をベースにした看板であるが、非常に目立つ外観である。

どんぶりに入ったラーメンを左右にひとつづつ書き、中央にもどんぶりと店名がある。

このド派手な看板だけでは、客は来ないのか?

しかし、何事も経験だと思い、店に入ると食券を購入するように言われる。

初訪問なので、何を選んでいいか迷う。

迷う。

川崎マヨ並に迷う。www

迷った末に具が盛りだくさんの郷里ラーメンを選ぶ。

郷里ラーメン720円で大盛りが130円、合計850円。

麺の茹で加減からスープの濃淡まで、好みで調整できるようだが、すべて普通で。

ラーメンを待っている間に客が来る・・来る・・おきゃくが~~く~~る~~~!!!w

何だよ!急に客が押し寄せて来たぞ!

その時に開店時間が11時半である事が判明。w

開店待ちは居なかったが、かなりの人気店の様子。

そのうち、客がキャベツやら高菜とかを皿に乗せて持って来た。

ん???

良く見ると、トッピング無料だと!






完全にリサーチ不足だな。

それと同時ラーメン登場!記念撮影をし、いただきま~す!








画像は無料トッピング無しの状態です。

ほぼかけラーメン状態の上に特設コーナーにある、無料トッピングを各自のせます。

無料トッピングにはザク切りのキャベツ、高菜、紅生姜、モヤシ、きくらげなどあります。

デザートとしてミニ杏仁豆腐もある。

トッピングに関しては1歩出遅れたな・・・

キャベツとモヤシ、高菜を皿に盛り、ラーメンに乗せる。

おお!!!これなら豪華じゃ!!!

ではスープをズズ頭図zずず・・・うん!美味い!

豚骨を豪快に煮出したスープは濁っている。

豪快で荒々しい感じのするスープであるが、口に含むと広がる魚介の旨味。

まず、最初の挨拶は魚介の香りと旨味が来て、その後に骨の旨味が来る。








メニュー等を見ると、地元素材をふんだんに使用した地元ラーメンとある。

つまり御当地ラーメンとあるが、店のある場所が沼津ので、

これを沼津ラーメンとした場合、この魚介のファーストコンタクトがそうだ!ともいえる。

沼津港をバックボーンとした、魚介の香る豚骨ラーメン。

しかし、沼津と断言するには弱いかな?

美味しいスープであるし、無料トッピングの魅力も高い。

御当地とするには、地元民が「これが普通だと思っていた!」みたいな物が欲しい。

今のままでは、良くできた豚骨魚介系ラーメンである。









話が横道に逸れてしまったが、次に麺をいただく。

麺は太麺といってもいいでしょうか?

加水率が高いようですが、デフォの茹で加減はやわらかめかな?

捩れや縮れが多少あります。

スルスルっとした喉越し、モチッとした食感、なかなか良い麺です。

あとはキャベツなどトッピングをスープに浸し、モシャモシャと食べ進む。

今回麺大盛りを注文したが、大盛りとしては少々ボリュームが寂しい気がする。

大盛りだが、普通盛りでも通用してしまう印象でしょうか?

130円増しなので、もう少し食べさせてくれ!と思います。

半熟玉子が半分と、チャーシューが1枚乗ってきますが、玉子は普通。

チャーシューはかなりやわらかい方でしょう。

このチャーシュー、チャーシューと言うにはコラーゲンが多いね。

筋の部分でも使用しているのでしょうか?トロッとした印象です。

肉のダイレクト感は少ないが、滋味を感じさせるものでした。

トッピングをお替りし、なんか知らんが、ガツガツとラーメンを喰らい続ける。

すべてを食べ終えたところで、杏仁豆腐をいただく。

こちらはさすがに、ひとり一個でお願いします、とある。

ミニサイズであるが、なかなか美味しい。

気がつけば店の外に待ちが発生している。

不人気店だと思ったが、味良し、サービス良しの繁盛店であった。

初訪問だということで、トッピングのスタンバイに失敗した私だが、

次回はトッピングに関しては完璧で有りたい!w

それと同時に、開店丁度を狙えば、いろいろと自由度の高い店だと思った。

他に客がいなければ、券売機の前、トッピングコーナーなどで、考える事が出来る。

味は間違いなくいいが、御当地ラーメンとしては何かが欲しい、そんな店でした。

ここで一句

     故郷は

        どこにあるのか

               分からない?

2014年4月29日 (火)

ほっともっと 八宝菜弁当と野菜炒め、豚汁

Dscn9247


Dscn9248


Dscn9249

最初、画像を見て「何弁当だったか?」と思った。

何よりも味を覚えていない。

時々ほっともっとを利用するが、味に関しては普通としか書きようがない。w

私は「普通に美味い」という表現が好きではないので、使わないようにしているのだが、

ボキャブラ不足か、使ってしまう。w

私は味の評価を数字や☆で評価はしないので、己の表現力で伝えるべく、

日々考えている。

しかしなにぶん、こんな私。

弁当の名前忘れるようでは甘い!


ところで、コンビニの弁当は相変わらず食べない。

ブログでもコンビニ弁当は皆無のはずだ。

私がコンビニ弁当を食べない理由はひとつ、春巻きが腐らなかった。

それだけである。

車内に忘れた春巻きを2週間ぶりに発見したが、腐ってなかった。

カビも生えてなかった。

それだけである。

私が死ねば腐るし、カビも生える。

自然の摂理じゃないな、と思った。

もっとも、この話も10年以上前の話になってしまうのか?

そんなトラウマがコンビニ弁当を私に食べさせない。






ところでほっともっとは味付けは濃い目の方だろう。

ショッパイとは言わないが。

野菜炒めを食べてヘルシー感覚に浸っていても、塩分過剰摂取かもしれない。

本当の健康とは何だろう?

そんなことをいつも酒を飲みながら考えている。w

 

2014年4月28日 (月)

伊東市 ふしみ食堂 さしみ盛定食

Dscn9005


Dscn8996


Dscn9000


Dscn9002


Dscn9003


Dscn9004

このブログにおいて、2013年9月と10月の更新は無いことになっている。

この記事は昨年の9月の話。

最近行った記事が先だと、、、ずれ過ぎ!



時々「咀嚼」という表現をする。

食べ物を紹介するのにそれが適切かどうか考えた。

咀嚼と書くと、料理は料理でも病人食でも食べているかのように思える。

しかし、吉田うどんをよ~~く噛んで食べましょう、と書くのもありふれた感じ。

まあ、どちらにしても文字で伝えるのも、言葉で伝えるのも難しいもの。

お久しぶりです、ふしみ食堂。

早朝シリーズではないが、朝食時間帯にお邪魔した。

今回注文したのは、お刺身盛り定食1300円。

本来、この店ではこれを食べるべし!みたいなものなのだが、ようやく食べます。w

今回も私の他に客はいない。




ところで、人気に店に行き待たされて不愉快な気分になった、と言うのを見かける。

それぞれ都合があるのは分かるが、平日や時期を外すとかすればいいのに。

勿論、日曜日以外休めない方がいるのも百も承知。

例えばウナギも夏に食べないで春や秋に食べればいいのに。

どちらにしても混んでるのを分かって行っているのに、それを嘆くのはどうでしょうか?

さほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!

これ、見た目のインパクト1300円を超えていますね。

厚切りの刺身が10切れ?これはお得感があるわ!

冷や奴が少々、竹の子の煮物、お漬物、そして葛餅?

刺身の種類はカツオ、マグロ、イナダにワラサか?

醤油に少し浸けてモグモグ・・・

美味いね~~。

刺身が美味いよ。

やっぱり、この店はいいお店!

 

ここで一句

    久しぶり

        更新したら

             こんなもの?

2014年4月27日 (日)

小田原市 西湘PA 冷し坦坦麺

Dscn9027


Dscn9019


Dscn9020


Dscn9021


Dscn9023


Dscn9025

そろそろワールドカップで賑わってもいいころかな?

昔、日本対クロアチアをパブリックビューイングで見たが、死ぬね。w

周囲の熱気に影響されて心臓バクバクだった。

更に酒が入っていたから、負けたときは死んだと思った。

でも見ている最中はどんなに叫んでも関係ないし、結構ストレス解消。

今回、どんな熱戦を見せてくれるのか分からないが、ドーハの悲劇以来、

サッカー観戦は命縮めているわ。w

なんで、4月なのに去年の9月の話なんだろうね~。

久しぶりに西湘パーキングエリアに寄ったの。

そうしたら、ここも海鮮丼とかいろいろあったの。

でも冷やし坦々麺食べたの。

アイスコーヒーが付いていたのよ。

温泉玉子は別皿だし。

まあ、今回も手抜きだけど勘弁してよ。

味覚えて無いし。

 

ここで一句

    手抜きなら

       アナタは何度

             許せるか?

2014年4月26日 (土)

真庭市 蒜山高原SAレストラン(上り線) 蒜山高原おろしそば、蒜山プリン

Dscn9125


Dscn9114


Dscn9115


Dscn9116


Dscn9117


Dscn9118


Dscn9123


Dscn9120

昨年の9月に食べた物を今頃出すのもどうかと思いますが、気にしないでください。

何故か米子自動車道ですよ。

どこに行ったんでしょうね?

知っている方は別にして、知らない方は「どこに行ったんじゃ!」と思いますね。

どこに行ったかは簡単です。

左のカテゴリーの旅行、地域をクリックしていただければ。


出雲大社と白川郷に行ったんですけどね。w




さて、米子自動車道を大阪に向かっている途上、B1グランプリで有名な

蒜山の地名を確認しました。

蒜山と言えば、ひるぜん焼きそばですね。

時間の関係で蒜山市内の食事はあきらめ、サービスエリアでの食事です。

まあ、当然焼きそばを注文するはずでしたが、私はあまり焼きそばを食べません。w

嫌いなわけでは無いのですが、あんかけ焼きそばなどが好きなので、

どうも、ソース焼きそば系は食べません。w

そんな訳で券売機の前で悩んだ末に選んだのが、蒜山高原おろしそば。

なぜか冷や奴が付いてきます。

630円と言う価格ですが、SAという場所の関係上、安いのか?高いのか?w

それにしても、再開して文章は簡潔に!と心がけていましたが、

どうしても書いちゃいますね~。

余計な事なのか?それとも必要情報なのか?

それは読んだ方がお決めください。www

やがて、蕎麦が完成、記念撮影をし、いただきま~す!









蒜山蕎麦の定義が何であるか分からないが、見た目は田舎そば風。

まずは蕎麦をズルズルと・・・う~~む、美味い!

サービスエリアとしてはかなり、美味いのでは?

蕎麦の風味が強く、コシもあり、なかなか美味い。

特に風味が際立つ。

冷たい蕎麦なのでコシが強いのは当然としても、美味い蕎麦である。

蕎麦の上にあるネギやおろし、ゴマなどは特筆する部分は無いが、

この風味が強い蕎麦が蒜山とするならば、分からなくもない。

蕎麦ツユはこちらも特筆部分は無いが、ショッパ過ぎずいい感じ。

そして、一緒に付いて来た冷や奴を食べる。

モグモグ・・・美味いね。

この豆腐、美味いじゃん!

甘さを感じる豆腐はなかなかコクがある。

すべてを食べ終えると、満足満足。

蕎麦も豆腐も美味しかった。

米子道を次にいつ、通るか分からないが、焼きそば以外も蒜山は・・・美味い!?

 

ここで一句

     昼飯に

        蒜山蕎麦は

            いかがかな?

2014年4月25日 (金)

海老名市 海老名SA(上り) ザボン 匠とんこつ味噌

016


017


018


020


021


024

こんなことがあった。




私は一度も生前の姿を生で見ることなく、彼女は亡くなった。

私にとってそれは悲しさよりも、悔しさと後悔が残るものだった。

生で見るチャンスはあったのだが、それをしなかった。

亡くなってしまい、永久にチャンスは巡ってこない。

私は日々後悔の中で、なんとかならないのか?と考えた。

死んだ者を生き返らせることは出来ないが、死者を呼ぶことは出来ないか?

そうだ!私には霊感がある。

少なくとも一般レベルよりも上のものがある。

私は交霊をしてみることにした。

自分でも口でうまく説明できないが、頭の中で彼女に会いたい!会いたい!と念じた。

方法も呪文もない。

心底彼女に会いたいと念じ、己の意識を集中した。

そして、そのまま寝た。

すると、夢の中で彼女は現れた。

死者として、死体で現れた。

私の目の前に骸のままの彼女が立っていた。

彼女は何も言わない。

死人なのだ、何も言わない。

ただゆっくりと私に近づいて来る。

「彼女に触れてはいけない!」

私の脳に訴えかける声があった。

「触れるな!」

「近づくな!」

あちらこちらから私に訴える声があった。

私はその声に従った。

彼女は私の前をそのまま素通りし、目が覚めた。

安易な交霊など絶対にやってはいけない!と思いつつも、あの時、彼女に触れていたら、

彼女を抱きしめていたら・・・


私はこの世にいなかった気がする。








サービスエリアとパーキングエリア。

この違い、知っているようで知っているが、説明するとなると別。w

私はサービスエリアはサービス満点、パーキングエリアは穴場としている。

まあ、ガソリンが給油できる、出来ないとかいろいろあるけどね。

私は圧倒的にパーキングエリア派。

理由は車を止めてからトイレまで近いから。w

サービスエリアは広いからね、歩くときは歩くよ!w

え~と・・・

何でこの店に行ったのかな?

昨年のモーターショーの時かな?

同じく昨年のCEATECの時かな?

調べればわかるけど、まあこんなこともあるさ!

ところでサービスエリアの麺処なのだが、大盛り可能なのだ。

麺大盛り可!だからこの店に行く!というのもある。

味に関してはお隣さんよりいいかな?と思うのもある。

普通に美味しい豚骨ラーメン。

無難です。

 

ここで一句

      匠より

        普通に作り

             提供を?

2014年4月24日 (木)

静岡市 どんぶり君 天然ブリ刺身定食

151

152

153

昔、母親から聞いた話。


親戚の叔母様が病に伏していた。

病状は回復せず、日に日に悪化していった。

「そろそろ親類縁者を呼んだ方がいいのでは?」

家族はそう考え、電話連絡をした。

当時は携帯などもなく、留守番電話も無い時代だった。

連絡は次々に取れたのだが、一人だけ連絡がつかない者がいた。

叔母の弟だった。

家族は病床の叔母に「弟だけ連絡がつかないよ」と話した。

まだ意識のあった叔母は小さく頷くと言った。

「・・・私に任せて」

それから暫くして突然電話が鳴った。

電話に出ると叔母の弟からだった。

「姉さんに何かあったのか?」

弟は電話の向こうで興奮気味の声だった。

「危ないかもしれないから、親戚中に電話をしていたんだよ」

家族は説明した。

「でも、なんで分かったの?」

電話はかけたが、連絡は取れなかったのを不審に思った。

「いや、姉さんが現れたんだ」

弟はまだ興奮状態だった。

「姉さんなら寝ているよ」

家族はそう言って電話を切った。

弟に連絡が取れたことを叔母に伝えようと思い、病床にいった。

「弟さんに連絡がとれたよ」

そう言うと叔母は言った。

「良かった・・・ああ、、、疲れた・・・」













画像からだと、少し刺身に潤いがないね。

潤いがない分、提供スピードは速いが。

私の記憶だと、この店には去年の10月に行ったと思う。

丁度、河岸の市が休みだったと思う。

でもこの店は河岸の市とは関係がないので営業していた。

安くて早くて美味いし、いい店なのだが、行くなら朝早い方がいいかな?

特に刺身系の食事は朝早い方がいいかもしれない。

提供が早いと言うことは、事前に仕込んであるということで、

刺身は切って盛り付け済みなのだ。

そのため潤い成分が飛んじゃうのだね?

揚げ物、焼き物はそうではないが、刺身だけね。

半年以上前の記憶だから気にしないでね。

俺なんかいい加減だから。

適当だから。

この店でカレーを食べる!と言ってまだ食べてないし。w

 

ここで一句

      美魔女たち

          保湿し過ぎて

               カビ生える???

2014年4月23日 (水)

秦野市 阿闍梨 つけ麺

Dscn0757


Dscn0758


Dscn0759


Dscn0761


Dscn0762


Dscn0763


Dscn0766


Dscn0767


Dscn0768

近頃、何でもないようなことが幸せだったと思う。

しかし、何でもないようなことよりも、特別なことがもっと幸せだと思う。

私にとって特別な事とは何だろう?

特別だと思っていても、他人が見れば異常かもしれない。

織田信長と話をしてみたい、と思う。

勿論、刀は無しですね。w

「無礼者!」と言われて、一刀両断されてしまったら意味がない。w

明智光秀に裏切られたと知った時の気持ちとか、延暦寺を焼き払った時とか、

いろいろ聞いてみたいと思う。

何よりも、リーダーシップについて聞いてみたい。

あ、頭首論か???w








初訪問で天ぷらの入ったラーメンを食べたのが阿闍梨。

あの時、なかなか美味しいと思いつつ、久しぶりの再訪問。

訪問日は気温が高く、ラーメンを食べる気がしなかった。

そこで、つけ麺を食べることにした。

この店は券売機で食券を買うシステム。

つけ麺800円を押すが、大盛り100円が売り切れに。

開店時間丁度にお邪魔したが、スタッフの設定ミスだと思い、尋ねてみた。

「平日はランチ大盛り70円になります」

分からんて!!!www

安いのはいいことだが、リピーター以外分かりませんよ。

どちらにしても、分からないこと、理解できないことがあったら、訊いてみることだ!w

聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥?というだろう・・・

食券を渡すとき、味の好みなどは聞かれなかった。

前回も聞かれなかったので、そういう営業形態なんでしょう。

やがてつけ麺完成、記念撮影をし、いただきま~す!











この店も濃厚豚骨魚介系かと思ったよ。w

見た目は本当にそれだと思ったが、つけ汁の色合いだけで中は別物。

骨系と魚介系を合わせたスープをコーンスターチでとろみをつけた物。

スープは注文時に合わせるようで、ひと手間かかっている。

つけ汁中にチャーシューやメンマが沈んでいる。

麺の上には半熟玉子が乗り、麺のてっぺんにはすりごまがかけられている。

麺は中太ややちじれ麺。

加水率が高いようである。

では一口、ズルズル・・・美味い。

ややモチモチ感のある麺はとろみのあるつけ汁を大量に纏う。

その事で口の中は麺の旨みよりも、スープの旨みが広がる。

つけ汁の味は和風淡麗醤油味。

因みにつけ汁の味は塩味とか選べます。

私は恐らく定番であろう、醤油を選びました。

味はショッパイ!辛い!濃い!というものはなく、オーソドックスなもの。

つけ麺なので味濃い目なのは間違いないですが、定番的な味わい。

ず~っと、濃厚豚骨魚介系太麺ゴワゴワつけ麺を食べきましたが、その影響か、

随分とおとなしめのつけ麺だと思います。








チャーシューはじつにやわらかく煮込まれています。

味もスープと画一化され、バランスがいいと思います。

あとはメンマ、味玉は可もなく不可もなく。

食べ終えたところで、スープ割を所望する。

すると、スープ割のスープを新たに作り、その中にも片栗粉を投入。

仕上げに刻みねぎを入れて提供された。

千葉の福たけもそうだったが、たかがスープ割といえども、手抜き無しだね。

最後の最後まで客に満足してもらおうとする姿勢は拍手を贈ろう。

しかし、総額870円というつけ麺としては、もっとボリューム感が欲しい。

私はリピーターではないので、サービス券などが無く、無料サービスが無かったが、

サービス券があったとしても、あと少しかな?

優しい味わいで老若男女、誰が食べても受け入れられる味だろうが、

もう少し食べたい!と感じさせるものが立地条件の良さに比例していないかな?

税金も3%上がったので、当然その辺もあるのだろうが、趣味で食べるか?

食事で食べるか?で違う評価になるのでしょう。

近所のなんつッ亭も普通盛だと全然物足りないしね。w

 

ここで一句

      サービス券

          貰うがいつも

                期限切れ

2014年4月22日 (火)

伊東市 ふしみ食堂 しらす丼

Dscn0343001

Dsc_4177

Dsc_4174


Dsc_4175


Dsc_4176


Dsc_4180


Dsc_4182


Dsc_4185


Dsc_4190


Dsc_4191


Dsc_4195


Dscn0756


Dscn0746


Dscn0748


Dscn0735


Dscn0738


Dscn0740


Dscn0742


Dscn0743


Dscn0744


Dscn0745


Dscn0753

早朝シリーズ第27回目。

お久しぶりの早朝シリーズ。

朝の8時までに食べた食事を、我がブログでは早朝シリーズと言う。

そんな早朝シリーズで定番中の定番といえば「ふしみ食堂」。

朝の7時から確実に営業をしているので、朝ご飯といえばここ!

ファミレスのモーニングもいいけど、やはり食堂の朝飯は魅力的。

そんな朝ご飯を食べに行きました。






先頭画像はいつも通り過ぎて、眺めるだけの風景を写真に収めてみました。

じっくり眺めるといい景色ですね。

こんな景色を今まで横目で見ていただけだなんて・・・w

場所は錦ヶ浦の近くのアカオハーブ&ローズガーデンです。

撮影時、まだ開店前でした。w

歩道にチューリップが咲いていたので、撮影しました。

ところで、ここまで撮影したのであれば、錦ヶ浦まで行けばいいのに!と思うでしょう?

皆さん、知っています?

錦ヶ浦って自殺の名所だって。

今はそんな噂は聞きませんが、昔はそうだったらしい。

何より、私は昔、行ったことがあります。

その時、景観の素晴らしさとは別に、妙な碑を見つけました。

うろおぼえですが、供養とか自殺を引き留めるようなものだったと記憶しています。

花やろうそくがあった記憶があります。

確かトイレがガラス張りで、かなり絶景でしたね。

私が行ってから20年以上過ぎたので、今はどうなんだろう?

若かりし頃、怖いもの知らず、怖いもの見たさで行きました。









ふしみ食堂に到着すると、先客は無し。

シラス漁が解禁になったので、釜揚げしらす丼1000円を注文する。

料理が出来るまで、テレビを見る。

テレビには夏目三久が出ていた。

朝ズバの後釜である。

そういえば、店主は朝ズバのファンであった。

朝の訪問時は必ず朝ズバであった。

だが今回、夏目三久の番組を見ていることを考えると、TBSのファンか?

因みに私は朝5時半起床時から日テレである。

綺麗な姉ちゃんがたくさん出ているのが日テレ、それだけだ。

一番見ないのがフジテレビ、特に理由は無い。w

ご飯の上に乗せるだけなのか、早く完成。

記念撮影をし、いただきま~す!







生シラスもいいが、釜揚げもいいものだ。

相変わらず小鉢が4品付き、味噌汁もある。

シラス丼は温泉玉子が乗せられ、1000円に見合う内容だ。

まずはそのまま食べる。

モグモグ・・・むふふふ・・・美味い。

シラスの淡白な旨みが口に広がる。

ご飯はホカホカの炊き立てご飯。

個人的には釜揚げにはホカホカのご飯が合うと思う。

次に温泉玉子の上に醤油を垂らし、崩しながら食べる。

むほむほ!美味い!!!

ほのかな塩加減と潮の香り、そこに動物タンパクの濃厚な旨味。

もう、ガツガツとひたすら食らい続ける。

小鉢の竹の子の煮物はおふくろの味だな~、香の物は自家製でしょう?

私が食べている横に店主が現れ、テレビを見ている。

テレビには櫻井翔が出ていた。

(嵐のファンかね?w)

やがて完食。

久々のふしみ食堂、やはりこの店は良い店です。

なんかお品書きが減った気がするが、黒板におすすめメニューもあるし、

行ってみないと分からない楽しさもあります。

また早朝シリーズで行くぞ!

 

ここで一句

      朝ズバの

         後任よりも

              ZIPかな?

2014年4月21日 (月)

沼津市 愛鷹PA(上り線) ダブルwつけ麺

Dscn9234


Dscn9235

Dscn9237


Dscn9238

愛鷹パーキングエリアって、なんで富士山が見えないのだ?

丁度、山の名前は分からないが、隠れてしまっている。

不思議だ。

謎だ。

もし、見えていたらそびえ立つ様な富士山が見えただろうに。。。

そんな愛鷹であるが、良く休憩に使う。

トイレ休憩ね。

これから出掛けてどこで何を食べようか?という目的があるので、

ここでは食事はほとんどしない。

しかし、食べてみましたよ。

注文したのはダブルつけ麺750円。

何しろ麺がダブル!w!ですよ!笑いのwではありませよ。

食券制なので注文後は番号を呼ばれるまで待つ。

やがて番号を呼ばれ、カウンターまで取りに行く。

微妙だな。

ダブルつけ麺であって、大盛りつけ麺ではない。

確かにパーキングエリアということを考えると、頑張っている量であるが、

これほどの量はラーショの中盛りクラスか?

それにしても私は何故、パーキングエリアで食事をしてしまうのか?

目的地に行けば沢山食べる事が出来るのに、何故に胃のスペースを狭くするのか?

まあ、それはオレがバカだということで落ち着くだろうが。w

ところで目の前のつけ麺、麺は水で〆られ、スープは温かいタイプ。

だが、字で書くと温かいは温い(ぬるい)にもなる。

やはりこの場合、温かいよりも熱い方が言い訳で。

だが、熱いつけ汁=器が熱い訳でして。

犬食いをしなければならない現実が待っている訳で。

そんなことを書きながらも、これも去年の話でして。

昨年のネタもあと少しだ。

2014年4月20日 (日)

南都留郡 司食堂 カツフライ定食

Dscn0646

Dscn0648

Dscn0649

Dscn0652

Dscn0653

Dscn0656

Dscn0658

Dscn0659

Dscn0660

以前どこかで、カツとフライの違いは何じゃ?と書いたと思った。

勿論、答えなど出ない。

だが、トンカツをフライと表記する店があったことを思い出した。

もしかしたら、そこに答えがあるかも?

私はそんな期待を抱き、司食堂に向かった。




ムサシうどんが食べ応えがあったので、蕎麦にしようと思った。

しかし、何故かカツが食べたい自分がいた。

先日群馬で3食詰め込んだおかげで、少し胃が広がったのかもしれない。

だからと言って、満腹にして良い訳が無い。

私は悩む。

また来ればいいのだが、どうにも今日はカツが食べたい。

旅の食い過ぎはお持ち帰り。

そうだ、そうであった。

私は意味不明な納得をし、司食堂に入った。

丁度開店と同時に入店したが、先客無しだが料理があった。

焼肉定食のようだが、それが4~5人前ほどあった。

奥の座敷には箸や座布団がセットしてあり、いろいろあるようですね???

カツフライ定食1500円を注文する。

そう、この店ではトンカツ定食ではなく、カツフライなのだ。

カツ丼、味噌ラーメンと食べてきたが、今回はカツフライ定食!

天丼はまた次回!w

注文後、テレビを見て待つ、待つ待つ。

他に客がいないので、私のカツを揚げている音が響く。

ず~っと揚げているね。

10分以上揚げているのかな?

やがてカツフライ完成、記念撮影をし、いただきま~す!








デ、デカイ!

またもや原価計算を無視した物が出てきたな!

ここ何年間の間で一番デカイ、トンカツフライだ!w

この大きさで1500円でいいのですか?

本当にこの界隈、トンカツ自体にハズレが無い!

カツの厚さは2cm以上だね、衣部分入れたら3cm弱かな?

千切りキャベツもてんこ盛りだな。

他にレモンとポテトサラダが付き、トマト、マスタードが添えられる。

白菜の漬物はサービス盛り?味噌汁は油揚げ、豆腐、ほうれん草が入っている。

ボリューム的に何の不満もない、あとは味!

ではカツフライを一切れ、モグモグ・・・美味いよ!

ご近所のひさご食堂と同じ肉なのかな?少々豚特有のクセは感じますが、

やわらく、ジューシーなカツです。

衣はパン粉が荒目ではないので、サクサクというよりカリカリとクリスピー。

揚げ時間が長かったので、そういう食感になるのでしょう。

それにしてもデカイ!

ご飯の上に一切れ乗せて記念撮影をしたが、大きさが分かっていただけるでしょうか?w

揚げの技術がいいのか、油に対するくどさは感じません。

白菜の漬物があるので、それで口の中をリセット出来る、というのもあります。

ところで、食べる前に「醤油は?」と聞かれました。

この地域の皆さんはトンカツを醤油で食べるのでしょうか?

卓上の市販のソースでいただきましたが、醤油というより、おろしポン酢で食べてみたい。

味噌汁もいい味ですね~、具も多いので食べ応え有り。

ご飯の量がカツに比例していなくて助かった!w

ご飯が大盛りだと絶対に食べ切れない。w

やがて完食。

自分で自分をほめてやりたい、よく食べたと!

食後はもたれなどありません。

量は多いが、くどさを感じずにいただけました。

さ~、残るは天丼か?w

 

ここで一句

      原価率

         山梨県民

              太っ腹!!!

2014年4月19日 (土)

富士吉田市 ムサシ ムサシうどん大盛り

Dscn0645

Dscn0634

Dscn0636

Dscn0637

Dscn0640

Dscn0642

Dscn0643

「私、山梨出身なんですよ」

とある健康ランドでマッサージを受けていた。

その時の担当者が山梨出身というので、吉田うどんの話をすると、

「私、吉田うどんのマイスターなんですよ」

何年かかけて、吉田うどん全店をコンプリートをしたらしい。

私も自分が行ったことのある店の話をし、盛り上がる。

「ではマイスターのお勧めは?」

私がまだ知らない店を教わりたいと思った。

「ムサシですね、かなり硬いうどんですよ」

ムサシか、私自身は初耳の店である。

場所は浅間神社の近くにあるらしい。

あの周辺は何度も行っているので、目標物がファミレスのココスの反対側、

ということで記憶をした。







そういえば吉田うどんも久しぶりだ。

営業時間が10時半からということで、向かったのだが早く着きすぎた。w

もっとも桜か何か花の都公園で撮影をしようとしたら、何も咲いてない。w

ところが思わぬ収穫があった。

痛車フェスである。

私のブログは何か一つに特化したブログではない。

メディアミックスのブログである。

食の美、人の美、旅の美に関することなら何でもあり!

当てはまらなければ、アメブロ支店がある。

痛車を撮影後、ムサシに向かうが、暖簾が出ていないので、どこが店か分からない。

多分ここだろう、という見当をつけると、暖簾が出た。

ほぼ開店と同時に店内にお邪魔する。






入口で靴を脱ぐと、店内へ。

この店も自宅を改装したのでしょう。

家庭的な雰囲気のある店内です。

席はテーブルの畳席のみ。

壁を見るとメニュー表がある。

どれにするか考えるが、迷った時はなるべく高いものを頼むのが私流。w

ムサシうどん大盛り600円を注文する。

注文方法は卓上にメモ用紙があるので、それに書き手渡す。

それと共に支払いをするようだが、分からないので、メモだけ渡す。

うどんが完成するまでテレビを見て待つが、この店、トッピングが充実していると思う。

辛味大根おろしとかがごめとろろ昆布など、冷やしメニューに威力を発揮しそうだ。

やがてうどん完成、記念撮影をし、いただきま~す!






このボリュームと内容で600円なら、駅の立ち食い蕎麦は真っ青だな。w

デカイ野菜かき揚げが聳え立ち、お揚げとワカメが覆い尽くす。

うどんの汁は見た感じ、淡麗で塩味?と思わせる。

まずはうどんを引きずり出す。

うどんは吉田うどんでも太い方でしょう。

エッジが立ったうどんはそれだけで剛直な感じがします。

モグモグ・・・う~~む、かたい!美味い!

私が贔屓している渡辺うどんと比較すると、うどん自体はこちらがかたい!

しかし、うどんの味わいは、塩加減が控えめでかたいがマイルドかな?

汁の味わいはカツオベースですね。

いいダシ加減ですが、やはり見た目通り、味噌醤油の加減は少ないです。

その分、塩分が強いかな?

吉田うどんの淡麗濃口、剛直うどん、そんな表現でどうでしょうか?







かき揚げはカリカリに揚げてありますね。

そのままいただくと、口の中を傷つけそうな気がします。

私は汁にどっぷりとかき揚げを浸しますが、なかなかやわらかくならない。w

その間にお揚げをいただくと、こちらの味付けは控えめ。

汁とのバランスを考えての味付けだと思います。

やがて、かき揚げがやわらかくなったところで、うどんと共にいただく。

汁にコクが出て美味しいし、かき揚げも旨味が増す。

勿論、すりだねは入れました。

この店のすりだねはまるで一味の様な感じ。

入れると、ごま油のような香りがしました。

そして完食。

大盛りを注文しましたが、結構食べ応えがありました。

味もボリュームも大満足ですが、うどんがトップクラスの硬さなので、

吉田うどん初心者にはどうでしょうか?

支払いは食後にしましたが、どっちでもいいみたいね?

水とお茶は当然、セルフ。

なぜかカウンターで茹で玉子を50円で販売していました。

 

ここで一句

     硬いけど

        歯が折れること

                無いはずだ!w

2014年4月18日 (金)

富士吉田市 桜織の痛車フェスin萌の駅富士吉田~異次元の二十五景

Dscn0343001

Dsc_4079

Dsc_4084

Dsc_4092

Dsc_4093

Dsc_4097

Dsc_4098

Dsc_4099

Dsc_4102

Dsc_4106

Dsc_4108

Dsc_4109

Dsc_4112

Dsc_4116

Dsc_4121

Dsc_4122

Dscn0343002

Dsc_4086

Dsc_4089

Dsc_4087

Dsc_4095

Dsc_4124

Dsc_4125

Dsc_4128

Dsc_4134

Dsc_4081

Dsc_4142

この日は近くで野焼き?をやっていた。

空から葦だか藁か分からぬ燃えカスが宙を舞い、地に落ちる。

私の頭や服に燃えカスが付着し、思わず燃え~~。


久しぶりに吉田うどんでも食べようと思い、来たのはいいが早かった。

トイレ目的のつもりで道の駅に寄ったら、イベントをやっていた。

イベントは10時からであったが、その前にいろいろ撮影してみた。

東京モーターショーやオートサロンなど、車関係のイベントにはかなり、行ったが、

人生初の痛車のイベント。

あなたは何を感じましたか?w

 

ここで一句

      萌えフェスで

         頭の上から

              燃えカスが・・・

 

2014年4月17日 (木)

御殿場市 御殿場桜祭~富士山が見える三十八景

1_2Dsc_3929

Dsc_3932

Dsc_3934

Dsc_3935

Dsc_3937

Dsc_3939

Dsc_3942

Dsc_3944

Dsc_3947

Dsc_3949

Dsc_3953

Dsc_3954

Dsc_3956

Dsc_3958

Dsc_3960

Dsc_3968

Dsc_3969

Dsc_3974

Dsc_3977

Dsc_3979

Dsc_3983

Dsc_3987

Dsc_3990

Dsc_3993
1_2_2
Dsc_3997


Dsc_4001

Dsc_4016

Dsc_4021

Dsc_4028

Dsc_4032

Dsc_4045

Dsc_4049

Dsc_4050

Dsc_4053

Dsc_4055

Dsc_4058

Dsc_4063

Dsc_4072

桜前線も遠くに行くだけではない。

標高が高いところは、1~2週間桜の見頃がずれる。

そこで、箱根をご紹介しようと思ったが、箱根を通り過ぎ、御殿場に行った。

毎年桜の時期、御殿場のこの場所の桜が見事だと思っていた。

平和公園は日蓮宗に関係があるようですが、私が訪問時、周囲はほとんど中国人。

バスでピストン輸送の如く、中国の方を乗せたバスが往来する。

中国語の会話しか聞こえてこない状況で、仏舎利塔を撮影すると、

ここが日本でないような錯覚をする。w

皆さん、マナーも良く、気分良く撮影が出来たが、お姉ちゃんたちが、

グラビアのエロポーズみたいなことをして、芝生で撮影をしていた。

中国語が話せれば、「俺が撮ってやる!」と言えたのだが・・・

スピードラーニングをやっていればよかった、と思った。ww




さあ、桜前線も第九陣まで来ました。

第十陣を勿論、予定しています。

行けるか?行けないか?まだ分かりませんが、お楽しみに!

 

ここで一句

     富士山は

         中国語でも

              同じだよ

2014年4月16日 (水)

小田原市 中華麺館 牛肉入り刀削麺

Dscn0631

Dscn0623

Dscn0624

Dscn0626

Dscn0627

Dscn0628

Dscn0629

Dscn0630

刑事訴訟法第317条、事実の認定は証拠による。

民事訴訟法第179条、裁判所において当事者が自白した事実及び顕著な事実は、

証明することを要しない。

約1か月の間に注目すべき会見が2件あった。

佐村河内氏と小保方氏の会見である。

その2人の会見を私なりに見て、感じたのが上記2つの条文である。

ここでグダグダと書くつもりはない、証拠を出せ!見せろ!それだけである。

特に小保方氏、とくかく細胞を出せ!これに尽きる。




この日はフリーであった。

前日、よくぞ日帰りで群馬まで行って帰ってきたと思う。

ろくに睡眠もとらず、正直、体の負担はかなりある。

小田原の行きつけの床屋でさっぱりさせ、どこに行こうか考える。

だが丁度昼時だったので、そのまま食事をすることにした。

小田原駅周辺も随分食べ歩いたつもりだが、まだまだ行っていない店が多い。

だが、再訪問してみたい店もある。

そんな時、中華麺館の刀削麺の幟が目に入る。

「刀削麺か、バーミヤンでまがい物を食べたが、ここではどうだろう?」

よくよく考えれば、小田原市内で刀削麺が食べられる、というのは珍しい。

それにしても「かたなけずりめん」と打ち込むのが面倒だ。w

オープン時に一度行っただけの中華麺館に再訪問した。





「いらしゃいませ~」

流暢とは言い難いが、中国人?の女性スタッフが向かい入れる。

11時を少し過ぎた時間であったが、店内の客はまばらだ。

刀削麺を目的で入ったが、一応メニューを眺める。

中華街に行かなくても、この店で十分事足りると思えるほどメニューが多い。

逆に多すぎて味は大丈夫か?という不安視もある。

予定通り、刀削麺を注文する。

私が選んだのは牛肉入り刀削麺の大盛り、1080円になる。

注文後、厨房内を見物すると、確かに麺を削っていた。

ただその作業が少々地味だな、と思った。

茹でる鍋が小さいためだと思われる。

やがて、刀削麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!。




ぐつぐついっていますね。

鍋焼きうどんか、石焼の鍋物か、という具合にアツアツのぐつぐつです。

大盛りを注文したが、ボリューム感があります。

サイコロステーキ状の牛肉と、青菜、もやしが目立ちます。

七味が多めにかけられていますが、七味なので大丈夫でしょう。

小皿が一緒に出てくるので、それに麺を取り分けます。

はふぅ~はふ~はふはふ・・・激熱美味い。

以前バーミヤンで食べたイミテーション刀削麺と違い、むにゅむにゅした食感が楽しい。

麺の厚さ、大きさが違うので、チュルン!としたり、モグモグしたり、と変化のあるそれは、

のど越し、歯当たりなど、統一制の無い中から生まれる、不揃いの美味さ。

私の人生、そんなに刀削麺を食べてはいませんが、なかなか美味しい。

麺には七味やら香辛料がまとわりつき、スープの辛味も浸み込み、

刺激を与えてくれます。

次に肉を食べます。

肉はやわらかく煮込まれていますが、中国の香辛料が使用され、

やはり、八角の匂いが少し目立つが、そんなに気になるものではない。

食べ進むうちに、意外と汁気が無いな、と思う。

スープを事逗ずz・・・としたいのだが、ツユダクではない。

提供時はあれほどぐつぐついっていたが、麺に吸収されたのか、汁が少ない。

もしかして汁無し?と思われるほどだ。

それでもレンゲで掬い、スープをいただく。

事逗ず図・・・辛くてオイリ~。

ダシ感は少ないが、辛味の入ったそれはピリ辛でなかなかいいです。

熱くて辛いので、汗をかいてきた。

激辛ではないですが、結構いい汗かきますよ。w

やがて完食。

スープが少ないながらも、全部いただきました。

1080円ですが、満足です。

味もなかなかいいし、ボリュームもあるし、刀削麺の入門編としてどうでしょう?

サービス面も不満は無いし、久しぶりに入りましたが、また食べたいですね。

ただし、6月までだろうね~、夏に激熱料理は着替えが必要だし。w

 

ここで一句

     削りたて

        麺も鰹も

            それが良し!

2014年4月15日 (火)

前橋市 景勝軒 西片貝店 特製上州もりそば(中盛り)

Dscn0622

Dscn0621

Dscn0607

Dscn0619

Dscn0613

Dscn0612

Dscn0615

Dscn0616

新亀を後にした私は、帰ることにした。

本当はどこかに1泊したかったのだが、帰れそうなので帰ることにした。

人生初めて北海道に行ったとき、泊まるところも決めずに車で行った。

泊まるところが決まっていない!というは結構スリリングである。

宿探しのスリルは「もしかしたら車中泊?」という危険性を自分で作るかどうかだ。

しかし、そんなことは3年目からはやめた。

最初から決めていた方が楽!

お!

景勝軒?どこかで見たような気がするな。

う~~む、腹がいっぱいだが、食べてみるか?

私はそのままラーメン店にインした。






店の名前は景勝軒。

池袋大勝軒の山岸さんを師とする流れの店。

群馬県内に何店かあるらしい。

私が訪れたのは西片貝店。

店構えはかなり立派。

看板が無ければ夢庵やバーミヤンと思えるかもしれない?

店内に入ると券売機があり、横にはメニューの画像がデカデカとある。

どれを選ぶか迷うが、特製上州もりそばを選ぶ。

味玉、チャーシュー、海苔がトッピングとして標準装備のようだ。

価格は1030円だったかな?

注文時に中盛りが無料ということで、中盛りにしてもらう。

麺が極太なので茹で時間が長く、10分近く待ちましたが、つけ麺登場。

記念撮影をし、いただきま~す!






券売機の横の画像と違うね。

まあ、あちらはつけ汁の中に何が入っているかをわかりやすくしたもので、

よくよく考えれば、つけ汁の中に沈んでいると考えるのが妥当か?

麺も中盛りで正解。

総額1000円オーバーつけ麺だが、まあまあと言える外観でしょうか?

つけ汁には海苔と味付け玉子が顔を出す。

海苔は関西の味付け海苔風な外見、朝食に出てくるタイプね。

麺は極太ストレート、全粒粉タイプなんでしょうか?

では一口、ズルズル・・・うん、美味い!

全車横一線の濃厚豚骨魚介系つけ麺、という感じでしょうか?

「この味が景勝軒か?」というものはなく、以前どこかで食べたような・・・味。

ドロドロのつけ汁も、極太の麺も、のど越しも、風味も、どこかで食べたような。

この店のこの味が一番最初の出会いであれば、美味しい、美味しいとなるが、

やはり、世の中に濃厚豚骨魚介系が溢れているのでしょうね。

しかし、美味しいのは間違いない。

つけ汁の味わいも破たんする部分がなく、よくまとまっているし、

麺もシコシコ麺で美味しい。

沈んだチャーシューは小ぶりか?w

でもやわらかく美味い。

あ~でもさすがに腹が苦しくなってきた。w

スープ割はせずに完食。

ちなみにつけ汁には酢だけ入れました。

よくできたつけ麺だとは思いますが、横一線の感は否めず。

この先、濃厚豚骨魚介系を食べるたびに同じことを思うのかな?

次回、群馬に訪れるがいつになるか分からないが、激盛りラーメンも食べてみたい。

 

ここで一句

     旅先で

         同じ味なら

              求めない

2014年4月14日 (月)

前橋市 新亀本店 レギュラーソースランチ(うどん)

Dscn0584


Dscn0586


Dscn0587


Dscn0592


Dscn0595


Dscn0597


Dscn0598

このブログを書いている時点で、佐野実さんの逝去を知る。

何というか、残念だね。

鵠沼海岸で麺が自家製になる前、味噌ラーメンがある時に随分通ったからね。

私にラーメンの魅力を教えてくれたのは小田原の味一だが、その次は支那そばやだし。

本当に鵠沼までよく通いました。

私は当時、オーデコロンをつけていて、ある日、強めにつけて店に行ったら、

いや~~~~な顔をされた。

その後、携帯禁止とか香水禁止とか貼紙がしてあったね。w

2人の男性客が「醤油にネギラーメンはないのか?」とかぺちゃくちゃしゃべっていると、

黙って2人を睨みつけて追い返したこともあった。

味噌が無くなってから縁遠くなり、行かなくなったらラーメン博物館に出ていた。

その時、偶然私を見つけ、驚いた顔をしていた。

あ~、支那そばやの味が想い出になってしまうのか・・・

ご冥福をお祈りします。










前橋市はソースかつ丼がメジャーらしい。

街中の食堂などの看板にソースかつ丼と書いてある。

では昼飯として、ソースかつ丼をいただいてみましょう。

千本桜で随分歩いたし、カツ丼なんか軽い軽い!w

私が選んだのは新亀本店。

ソースかつ丼の元祖か元素か知らないが、この界隈では古い店らしい。

こちらもナビで簡単に到着した。

店の前が駐車場になっている。

店の中に入る前に大きなメニューボードがあった。

ランチメニューがあるようだ。

店内に入ると、小さな喫茶店の様な内装。

テーブル席がメインで、カウンターは数席分しかない。

テーブル席に案内され、メニューを見渡す。

単品のソースかつ丼にしようかと思ったが、セットメニューが安いのでそれにした。

私が選んだのは普通のソースかつ丼と麺類(半分)がセットになったもの。

ソースかつ丼が700円でセットで800円ならそっちでしょう?

もつ煮定食は9時半に食べたので、おなかは大丈夫。

セットは他にソースロースかつ丼、ソースひれカツ丼と選べる。

セットを注文すると、麺の種類を尋ねられた。

ラーメン、うどん、蕎麦と選べ、何故か蕎麦は50円増しになる。

うどんを選んだが、注文してからラーメンがあることに気が付く。

やがて、カツ丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!









カツ丼にしては完成が早い。

早いわけだ。

カツが薄い。w

厚みの無いカツだが、大きさだけは迫力がある。

画像だとなかなかのボリュームに見えるかもしれないが、現物はそうでもない。

800円という価格だが、妥当と思えなくもないが、もう少し盛って!w

ソースかつ丼、小鉢、おしんこ、うどんという内容だが、まずはカツを・・・

モグモグ・・・甘い。

確かに揚げたてでサクッとした食感があるが、肉を噛み締める充実感が無い。

何よりも、味の要のソースが甘い。

酸味も確かにあるが、甘さがメインで主張してくるので、私としてはツライ。

こんな時はマスタードなのだが、マスタードは小袋にはいったもの。

量的には少ないね。

ご飯もそれほど入っているわけではなく、女性でもペロリといけるでしょう。

次にうどんだが、やわらかい。

コシがほとんどない、のど越し重視でしょうか?

御出汁は何となく業務用。

味付けはカエシが濃い目ですが、それほど味は濃くはない。

あっという間に完食。

個人的に濃い目のソースが甘いので、ちとツライ。



それにしてもソースかつ丼は味付けは基本甘目。

あとはその加減だな。

何故辛口ソースかつ丼が無いのか?

辛さを強調してくるソースかつ丼があってもいいのでは?

多分、かつやがやってくれるだろう!

かつやが辛口ソースかつ丼を作ってくれるハズだ!

期間限定で激辛、中辛ソースかつ丼を作る筈だ!

今度、新潟でタレカツ丼を食べるぞ!

 

ここで一句

      刺激より

         甘口よりも

              キレ欲しい

2014年4月13日 (日)

前橋市 赤城南面千本桜~周辺も含めた二十九景

Dscn0343001

Dscn0343002

Dsc_3831

Dsc_3834

Dsc_3835

Dsc_3838

Dsc_3839

Dsc_3842

Dsc_3846

Dsc_3844

Dscn0343003

Dsc_3852

Dsc_3855

Dsc_3854

Dsc_3856

Dsc_3858

Dsc_3860

Dsc_3862

Dscn0343004

Dsc_3864

Dsc_3865

Dsc_3866

Dsc_3872

Dsc_3874

Dsc_3875

Dsc_3883

Dsc_3887

Dsc_3893

Dsc_3898

Dsc_3907

Dsc_3909

Dsc_3912

Dsc_3920

桜前線も第八陣になりました。

今回ご紹介する赤城南面千本桜は、初訪問になります。

千本桜はこのブログの公開時にはピークを過ぎているかもしれませんが、

芝桜がまだまだこれからなので、見どころはあると思います。

永井食堂を後にしたあと、途中で桜が見事だったので撮影しました。

場所は珊瑚寺と大胡グリーンパークです。

グリーンパークは道の駅です。

そして!第八陣を公開しましたが、この時点で第九陣も撮影済みです。

更に第十陣の予定も立てています。

あとは私の休みと天気とヤル気ですかな?w

旅行の更新は画像だけで楽だな~~~。w

行って撮影するのは大変だけど。ww

 

ここで一句

      赤城山

         登ってみたいが

                やめておくw

2014年4月12日 (土)

渋川市 永井食堂 もつ煮定食(もつ大)

Dscn0570


Dscn0571


Dscn0572


Dscn0574

Dscn0575


Dscn0576


Dscn0578


Dscn0580


Dscn0583

鉄砲玉と親に言われる私だが、久々に鉄砲玉魂に火が着いた。w

群馬県は昔、水上温泉に1泊したことがあるが、

私にとって群馬とは、疎遠な場所であった。

そんな群馬であるが、一度行ってみたい店があった。

それが今回ご紹介する永井食堂である。

もつ煮が美味い!ということで評判の店であるが、もつ煮といえば居酒屋。

私自身、もつ煮は好きなので、居酒屋ではよく注文する。

ブログの中では紹介していないが、「あ!この店美味いな!」というのもある。

何よりも内臓は魅力である。

カルビやロースもいいが、やはり内臓である!

ホルモン関係の店に行きたいのだが、何しろ私の場合、1泊することが、

ホルモンなど食べる必要条件なのだ。w

しかし、今回居酒屋ではなく食堂。

酒を飲まなくてもいい。w

休日と花見を兼ねて、私は群馬に出発した。





朝3時半に起床。

睡眠時間は約4時間。

前日に酒を飲まなかったので、体調はいい!

4時過ぎに出発すると、安全運転で飛ばす!w

厚木道路、東名を過ぎ、環八なのだが、降りずに首都高を走る。

若干遠回りになるが、渋滞の無い首都高は気持ちがいい。

快適に走ってはいるが、少々眠気が出てきた。

関越道に入ったところで、サービスエリアで休憩。

休憩と言いつつ、仮眠だね。

1時間ほど仮眠休憩をしてしまった。

事故を起こす危険性を考えれば、この1時間は仕方がない。

私はナビの示すまま、車を走らせる。







やがて、高速を降り、渋川市まで来たが、時間が中途半端であった。

店の開店時間は9時半からなのだが、9時前に到着をしてしまった。

この場合、周辺散策がいいのだが、リサーチ不足でどこへ行けば・・・?

そんなこんなでうろうろして時間をつぶし、開店と同時にお店へ。

さすがに開店時は行列が無いな!w

店内はカウンター席のみのようで、メニューはもつ煮定食、目玉焼き定食、ラーメン、

納豆定食とある。

他にも単品メニューがホワイトボードに書いてあったな。

着席した客すべてが、もつ煮定食。

私はもつ煮定食のもつ大770円を注文。

あっという間に定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!








ご飯は大盛りレベルだな。

味噌汁が付き、沢庵が2切れ、ネギ別盛りで、もつ煮がど~~ん!

すると、あとから来た客が、

「もつ煮、沢庵抜きで!」

「もつ煮、味噌汁抜きで!」

ご飯の盛りが選択できるのは知っていたが、漬物抜きや味噌汁抜きが出来るのか?

確かに、もつ煮のツユダクぶりを見ると、味噌汁はいらないかもね?

まずはもつをパクり、モグモグ・・・やわらかい~、美味い。

もつは豚のもつである。

人気店ゆえにもつの臭みなど無し!味も浸み込んでおり、美味い!

次にツユダクのスープを一口、事逗ずz・・・美味い。

ドロリとした印象は少なく、味噌スープに近いでしょうか???

ニンニクなどを使用し、臭み消しや味の深みを生み出している。

全体の味付けはマイルド、ショッパイとか辛いというものはありません。

ややピリ辛の味付けですが、私としてはいい感じの刺激。

味噌汁よりは味が濃い目ですが、のどが渇くほどではないと思います。

具にはコンニャクがあるが、他に野菜類は見当たらない。

ところで美味いには美味いが、手作り感が乏しいというか、早い話が業務用。

お土産用も含め、相当量のもつ煮を仕込んでいると思われるので、

業務用のような、企画内の味を感じるのは私だけであろうか?

居酒屋でその店の拘りを感じるようなもつ煮を知っているからこそ、なおさら感じた。




そうは言っても、美味いものは美味い。

ご飯と交互に食べれば食はどんどん進む。

それにしてもご飯が美味い!

定食を食べ歩いてきて、久々にご飯が美味いと思った。

そして、このご飯の美味さがもつ煮の底辺を支えていると思った。

もつ煮には当然、七味を振りかける。

好みもあるかもしれないが、七味はバンバンかける。

途中で味噌汁をいただく。

具には豆腐とわかめだが、もつ煮のスープがあれば、無くてもいいかな?

個人的に大根の味噌汁なんか、この定食にはいいんじゃないと思うけどね?

やがて完食。

朝の4時に出てはるばる食べに来ましたが、いい思い出になりました。w

お土産を1袋買って、総計1840円。

お土産はまだ食べていませんが、間違いなくお店で食べた味と全く同じだと思います。

だから業務用と表現したのですから。

さて、腹も膨れたし、桜を見に行くか!





ところで、この永井食堂の周辺は、入ってみたい!と思わせる店が多い。

田舎のパスタ?とか怪しいメニューや、普通に入りたくなる店構えの食堂やら、

ドライブインが多いこと!w

B級心をくすぐります。w

 

ここで一句

     隠し味

        実はご飯と

             見つけたり!

2014年4月11日 (金)

米原市 伊吹PA(下り) カレーうどん

Dscn9043


Dscn9036


Dscn9035


Dscn9038


Dscn9040


Dscn9041

ボクはカレー南蛮では蕎麦が好きなんだ。

カレーうどんはめったに食べないんだ。

でも、蕎麦の選択肢がないのでうどんを注文したが、この場合、店の者に

「蕎麦でもできますか?」と聞いてみるべきだった。

おそらく、関東近郊では不可能だろうが、関西圏なら可能かもしれない。

そんなことを書きながらもどんな味だったか?思い出せない。

無理もない、これは昨年の9月の話。

ゆえに一句も出てこない。



そうです、手抜き更新です。

2014年4月10日 (木)

境港市 健食倶楽部 元気亭 金鯵丼

Original

Original1

2

3

4

この話は昨年の9月に収録したものです。

最近の話ではありません。

ひと月の間に、千葉行って、栃木行って、鳥取に行ったと思わないでください。





人生初の島根県。

人生初の鳥取の境港町。

人生初のゲゲゲの・・・

ところで、今回の旅行。

グルメの事前調査を綿密にした。

すると、この界隈、蕎麦、しじみが有名らしい。

宍道湖のシジミ、出雲蕎麦、結局どちらも食べずに帰って来た。w

なんのための調査だったのだ?

何のために生まれ来たのか?

小難しいことは分からないけど、でもそれは理屈じゃない!存在故の自由だ!
(引用元、進撃の巨人 オープニング曲 自由の翼)








せっかく旅に出て、高速のSAやPAだけで終わらせたくないし、笑笑で終了も寂しい。

どこか無いのか?

水木しげるロードにはグルメは無いのかい?

私は少し、しげるロードから外れてみた。

すると、元気亭なる海鮮を食べさせてくれる店を発見!

事前調査ではまったくのノーマークの店。


それにしても本当に何のために調べたのか?

何のために生まれ来たのか?

小難しいことは分からないけど、でもそれは理屈じゃない!存在故の自由だ!
(引用元、進撃の巨人 オープニング曲 自由の翼)






さて、丁度開店時間にお邪魔したが、お客は一人、私のみ。

海鮮丼を食べるつもりだったが、ラーメンもあるね。

う~む、悩むね。

どれにしましょうか?

結局選んだのは金鯵丼1200円。

何しろ、元気亭の店主がお勧めのものだからね。

カニ丼も凄く気になったが、9月はどう考えてもカニの時期ではないし。

少々待ったのち、どんぶり登場!記念撮影をし、いただきま~す!








見た目はバラチラシ風ですね。

鯵は半身の状態ですね。

割と小ぶりな鯵と思われます。


刻み海苔がお邪魔な気もしますが、鯵以外にもいろいろ入っています。

漬物含め、小鉢が3点に味噌汁か・・・コスパはまあまあかな?

何はともあれ鯵の味だ!

とりあえず、食べ方としては醤油を上からまわしかける要領。

まずは一口・・・モグモグ、美味いね。

金鯵というと、千葉の名店さすけ食堂を思い出すが、思い出せば思い出すほど、

さすけ食堂の鯵が如何に素晴らしい鯵を使っているか分かる。

だからといって、素材が悪いとかそう言う訳ではない。

価格相当だと思われる。

酢で軽く〆ているのかな?そんな感じの鯵です。

ご飯も悪くはない。

少し混ぜ混ぜして食べてみる。

とびっ子や金糸卵などが入っているが、境港の想い出にするにはちとツライ。

この場合、ゲゲゲ!!!とでも書けば面白いのかもしれないが、

やはり、食に関するレポートは己の気持ちに正確でありたい。

若干、じぇじぇじぇな気持ちの鯵丼でしたね。

味噌汁なども一般的な食堂で食べるような感じでしょか?

ちなみに薬味として刻みネギが散らしてありますが、個人的に小口切りよりも、

白髪ネギの方が雰囲気が良いと思いましたが・・・どうでしょうか???

なんだかんだで完食。

この後、想い出を作るためにもう一度、水木しげるロードに行った。w

ここで一句

      下調べ

        予定通りに

             いかぬものw

 

2014年4月 9日 (水)

佐野市 万里 チャーシューメン、餃子

Dscn0549

Dscn0550

Dscn0551

Dscn0552

Dscn0553

Dscn0554

Dscn0555

Dscn0557

Dscn0558

Dscn0562

Dscn0564

Dscn0566

Dscn0568

なんか知らんが、スカイマークのCAの夏服が話題になっている。

スカートが短い!ということで特集をいろいろな番組でやっている。

私としてはもっと凄いものを見て、撮影しているのに、あの程度で宮根誠司などが、

「なんでやねん!」(と言ったかどうかは知らないが)と大騒ぎしている方が、

何を祭の燃料をぶち撒いているのか?と勘繰りたくなる。w

宮根さん、・・・ミヤネ屋で特集をしたりして、アンタ、エロオヤジだね。w

まあ、それをしっかりチェックしているオレも同類だけどね。ww







話題作りに成功したスカイマークだが、佐野ラーメンはどうだ?

宇都宮餃子が消費量全国1位を奪還したが、佐野ラーメンは霞んでいるのか?

いや、さのまるというゆるキャラの登場で、佐野の知名度は上がったと思う。

そんな佐野に久しぶりにお邪魔した。






お邪魔したのは万里。

佐野インターを降りて、5分かかったか?

余所者からしてみれば交通の便は良い。

なんと、この近所にはいってつがあるよ。

土地勘がないとはいえ、この周辺はラーメンの激戦地なのか?

カーナビですぐに店は分かったが、店の前の駐車場はいっぱい。

店の裏手に駐車場があるので、そちらに止める。

店構えは大きい方でしょう。

店内に入ると、中央にカウンター席があり、左右に小上がり席がある。

今回はカウンターに座ったが、小上がりだと相席覚悟らしい。

ちなみに、ダイヤモンド☆ユカイのポスターとサインが何故かあった。w

着席と同時に注文を尋ねられる。

いろいろあるが、チャーシューメン840円と餃子400円を注文した。

ラーメンが出来る間、店内を見渡す。

店は結構、年期を感じる。

この地に店を構えて、相当経過したと思われる。

ところでラーメン作りだが、いっぺんに9杯作っていた。

麺揚げの手際はいいが、9杯か?多過ぎない?

一連の流れを見ていると、最初の一杯目から最後に配膳終了まで、やはり長いね。

だが、ラーメンの完成と餃子の完成がほぼ同時なのは感心。w

私のロットは5杯だった。

やがて、ラーメン完成、記念撮影をし、いただきま~す!










佐野ラーメンでチャーシューメンを注文するのは正解だね!

丼ぶり一面を覆い尽くすチャーシューはどの店もお得感を感じる。

まずはスープを事逗ずずz・・・美味い!!!

一口目から美味い!と思えるほど、よく旨味が出て、インパクトがある。

醤油ラーメンなのだが、しっかりと醤油の香りを感じるスープ。

なるほど、これなら13時過ぎていたが、満席なのも納得!

次に麺をいただく。

麺を引きずり出すと、平打ちの太麺。

手打ちなので、不揃いであるが、幅広い麺はきし麺みたいな印象もある。

ああ・・・刀削麺みたいな印象もある。

どちらにしても、今まで食べた佐野ラーメンの中で一番、幅広麺である。

おもむろに一口啜る。

チュルチュル・・・美味い!ピロピロパロパロした食感ですね!

何となく葛切りのような感触ですね。

う~~む、さすがに麺はやわらかい方かな?

当然、提供するほうもこれでいい!と思って作っているのだろうが、

のど越し、食感共に楽しいが、やわらかいかな~というものはある。

しかし、何でもかんでもカタメならいいか?というものでもない。


チャーシューはやわらかく煮込まれ、美味いね~。

ボリュームもあるし、佐野ラーメンの必須アイテムだね。w

勿論、味付けはラーメンとのバランスをちゃんと考えて、味付けされています。

メンマは業務用ですね。

少し食べたところで餃子が登場。

私は醤油と酢だけで食べるタイプです。

まずは一口、モグモグ・・・美味い!

焼き加減がいいです!

皮のサックリ感が心地よい。

中の餡ですが、野菜中心の餡ですが、どこかで食べたような味。

どこかの店の餃子、というより日常的に食べなれた餃子の味わいです。

根底に宇都宮のみんみんみたいな、有名店の味をモチーフにしたような・・・

そんなスタンダードな味の印象を受けました。

勿論、美味しいですよ。w

やがて、完食。

ラーメンも餃子も美味しかった!

久々の佐野ラーメンですが、満足満足!

麺がやわらかい感じがするけど、お客が引っ切り無しに来て、満席状態を

キープするのもわかる気がします。

まだまだ美味しい店があるようなので、佐野市には近々再訪問すると思います。

そんな再訪問の気持ちを損なうのが渋滞。w

帰りは大橋ジャンクションで渋滞でした。

停車中に暇なので写真撮影。

普段、なかなか見られないジャンクションの内部でした。w

 

 

ここで一句

              渋滞は

         税が増えても

               無関係

2014年4月 8日 (火)

真岡市 1万本桜祭~行屋川会場での二十六景

Dscn0343001

Dsc_3750

Dsc_3752

Dsc_3753

Dsc_3754

Dsc_3755

Dsc_3759

Dsc_3760

Dsc_3762

Dsc_3763

Dsc_3767

Dsc_3773

Dsc_3775

Dsc_3778

Dsc_3781

Dsc_3785

Dsc_3789

Dsc_3793

Dsc_3795

Dsc_3796

Dsc_3798

Dsc_3802

Dsc_3803

Dsc_3812

Dsc_3820

Dsc_3825

Dsc_3829

桜をいろいろと見てきましたが、私のブログを見て、花見に行きたい!と

思う方もいらっしゃるでしょう。

私が見てきた範囲で、まだこれから!という桜があります。

福島の三春滝桜です。

この桜、満開はこのブログの公開日より10日以上先だと思います。

是非とも見に行っていただきたい。

しかし、見頃は道路が混みます。

私としては、最低でも朝の9時前までには現場に行くつもりなら、渋滞は無いと思います。

たった1本の桜の木がこんなに凄いのか!

それを感じていただきたい。

もう一つは本栖湖の芝桜。

満開の芝桜と池、富士山のコラボレーションは見事の一言!

こちらも満開はまだまだ先です。

どちら私一押しのスポットです。



1万本桜祭となっていますが、1箇所で1万本ではないです。

真岡市内に7つの会場があり、総計で1万本ということらしいです。

今回は7か所どころか、1会場だけの紹介です。

時間が無かった。w

実はこの場所が目的で来た訳ではありません。

ラーメンを食べに来た時、たまたま見つけたのです。

「桜前線にいいんじゃないか?」

そう考えて、撮影しました。

川の両岸にソメイヨシノがほぼ満開で、なかなか見事な光景です。

天気は曇り空でしたが、撮影中に時折、青空も見え、1時間ほど撮影しました。

なかなかいいところだと思います。

何より、残りの会場も気になりました。

川が少々ドブ臭いのが唯一の難点ですが・・・w

 

ここで一句

     花見だが

        なぜか気になる

              川の臭い

 

 

 

2014年4月 7日 (月)

真岡市 麺屋 祥元 にぼまぜ

Dscn0546

Dscn0533

Dscn0535

Dscn0537

Dscn0539

Dscn0541

Dscn0542

Dscn0544

Dscn0545

テレビ神奈川でダイアモンド☆ユカイがラーメンを紹介していた。

ロックンローラーがラーメンの食べ歩きか?

どうせなら内田裕也がやればいいのに。w

でもなんか知らないが、見ちゃいましたよ。w

栃木のラーメンを紹介していて、ゆるキャラのさのまると店を巡っていた。

そんな中で、この店を紹介していた。

そういえば、佐野ラーメンもご無沙汰なので、栃木に行ってみるか?

そんな軽い気持ちで朝6時半に出発をした。






カーナビで住所入力をして驚いた。

到着予定時刻が11時?

え?そんなに遠いの?

まあ、いい。

とにかく出発だ!

朝早いから道は空いている。

安全運転でゆっくり飛ばす。w

交通ルールを守って飛ばす!

小田原厚木道路は360円になっていた。

料金所が2か所あるので、720円、往復1440円!高い!高いぞアベ総理!

東名は早々と渋滞情報が出ていた。

朝の時間帯はどこに行っても渋滞に嵌る。

そのまま東京料金所を通過し、予定通り用賀インターまで渋滞。

ところで、ドライバーの皆さん。

東京料金所から用賀まで3車線ありますよね。

この場合、一番流れが良いのは一番左車線です。

首都高に入る車線ではないので、流れがいいです。

だが、一般道に降りるので、首都高に乗るために、右側に合流しなければならない。

ずるい方々は一番左から、最後の最後で真ん中車線に合流します。

でも、これはちと、ずるい。

結論から言えば、右端の車線が一番流れが悪い。

これで何回目か忘れたが、いつも右端を走っているので、間違いないと思います。









首都高の大橋ジャンクションに入るまで時間を食う。

だが、あとはスムーズだった。

そのまま東北道に乗り、一路真岡市を目指す。

途中で佐野を通り過ぎる。

北関東道を水戸に向かい、ひたすら走る。

すると、真岡インターの一つ手前のインターで降りろとナビがいう。

?一瞬悩んだが、そのまま降りて気が付いた。

このナビはこのインターより先は未完成になっている。

結局、15分以上の遠回りをすることになる。

途中、トイレ休憩などあったが、何とか11時を過ぎたころに到着。

ラーメンのために4時間半のドライブか?

あ~疲れた。

ここで一句

     カーナビは

         最新型が

              便利です!


一句詠んでいる場合ではない!

本題のラーメンのレポがない。w

店の名前は祥元。

お店はかなり大きい。

何でもロックンローラーの番組の話だと、以前は回転ずしの店だったらしい。

店に入ると、意味もなく、空間が存在し、テーブルレイアウトがまさしくそれ!

カウンター席とテーブル席があるが、テーブル席からはラーメンを啜る音が響くが、

客の姿は全く見えない!w

ズルズル音が店内に響く。w

着席し、メニューを眺めると、バリエーションがかなり豊富。

しかし、にぼまぜを食べに来たので、それを注文。

2軒行く予定だが、朝ごはんを食べていないので、大盛りを注文する。

にぼまぜ880円だが、支払いは後払い。

やがて、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!







大盛りを注文したが、まあまあのボリューム感。

チャーシューが2枚とモヤシ、メンマ、海苔とネギ、そして煮干しの粉がのる。

これらをぐちゃぐちゃと混ぜ混ぜし、食べます。

あ~~~それにしても煮干しの香りがたまらんね!

この香りで食欲がわきますよ。

まぜそばの範疇なのだが、汁は多め。

ツユダクまぜそばと言えますね。

では一口、ズルズル、ちゅるちゅる・・・煮干しになっちゃう!!!

香りが鼻腔を通過し、口に煮干しの旨みが広がる。

脂分は多いのだが、ギタギタしたものはそれほどない。

煮干しはエグミ、苦みは控えめ。

煮干しの粉は粉々に粉砕されており、骨や皮の粒状感はほとんどない。

これは面白い!!!




使用している麺だが、表面はツルツルしている。

私としてはパスタのような麺だな?と思った。

表面がツルツルしているが、タレとの絡みは悪くない。

麺は太麺ストレートタイプ。

麺自体のコシはある方だと思うが、小麦の味わいは弱い。

ツルツルシコシコ麺ですかな?

味の要は醤油ダレ。

塩加減は強くはない。

醤油ダレプラス、煮干しダレも入っているようで、それがマイルド感を生む。

チャーシューは薄めのものが2枚。

特筆すべき味は無かった。

やがて完食。

麺を食べ終えたあと、残ったタレを口に含む。

この店ではつけ麺のスープ割がセルフなので、スープをいただいてもいいかな?

私は試さなかったが、タレの量は多めなので、飲みたくなりますね。

正直な話、わざわざ高速を飛ばしてまで、というほどではないですね。

でも近所にあれば助かるお店だと思います。

このラーメンを食べたとき、北海道で天ぷらラーメンを食べたのを思い出した。w

私としては湯河原の飯田商店あたりが、同じものを作ってくれないかと願う。

ニボっちゃんの実績があるので、さぞかし素晴らしいものが!

さあ、もう一軒行くか!

 

ここで一句

    消費税

       上がったおかげで

                一般道?

2014年4月 6日 (日)

小田原市 味彩 味噌チャーシューメン10倍

135

129

130

131

133

132

小保方さん、まずいですね。

いったい、この騒動はどうなるのでしょうか?

何となく、トカゲの尻尾切りに思えなくもないのですが、小保方さんの弁明も

釈然としない部分があるのは確か。

一番手っ取り早いのは、あの細胞をもう一度、作り出せばいいのです。

ねつ造と偽造とかそんなもの、 STAP細胞を作れば「疑ってごめんなさい!」で済む。

少なくとも、当初、テレビで見たときは、簡単に作り出せる!と受け取りましたが?

間違っても、小保方さんが佐村河内氏みたいな、謝罪会見をすることがない!と

思っています。





この店は2回目。

オロチョンラーメンが食べたくて、味彩に訪問した。

前回訪問が2010年なので、4年も過ぎましたか?

いや、違う!訪問したのは2013年の10月だ。

3年ぶりに訪問したことを、約半年後に書いている。

まあ、いいじゃないか!

店内に入ると、すんなりと着席できた。

店内はカウンター席と小上がり席と分かれている。

当然、私はカウンター席へ。

メニューを見ると、定食類が無くなったね?

以前、焼肉定食とかあったけど、無いね。

野菜炒めとか単品メニューはいろいろあるけど。

ご飯も単品であるので、単品+単品で定食ですか?

どちらにしても、注文はしないと思いますが。

ところで、雑炊なんだけど、雑炊を注文する方がいらっしゃるのか?

味噌雑炊とか醤油雑炊って面白そうじゃない!w

でも、注文することはないだろうな~。w





私、辛いものは苦手なんだけど、ピリ辛の範疇は大好き!

適度な刺激が一番、いいんです!

100倍なんか間違っても注文しません。

今回は味噌ラーメンチャーシュー増しの大盛りです。

全部で1340円になります。

私の金銭感覚でいくと、ラーメンは1200円を超えると、高いぜ!になります。

ちなみに辛さは10倍です。

20倍にチャレンジしてみたくもないですが、危険かもしれないので、やめ!w

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












丼ぶりの中にアイランドがあった。w

1340円だけど、これならいいか?

大きめの丼ぶりになみなみと張られたスープ、スペアリブの様なチャーシュー、

麺の量も結構、ありそうだ!

ではまずはスープを・・・事逗ずず宇事逗ずz・・・ピリ辛ウマ!!!!!

コクがあるけど、くどすぎず、ピリリとした辛味がいい刺激です!美味い!!!!!

刺激の元は一味ですが、ひとあじならぬ、ふた味以上の複雑さを感じる。

次に麺をいただきます。

麺は太麺でやわらかめなんですが、しっかり感があります。

スープに負けない存在を表しています。

そしてチャーシューですが、骨のないスペアリブですね。w

厚み、食べ応え、やわらかさを備え、美味い!

チャーシューは3枚だけど、ボリュームは凄いです!

あとはクタクタに煮込まれたモヤシがスープを吸って美味い。

そして完食!

スープも全部、飲み干しました。

いや~~これなら満足!価格相応の味とボリュームでおなかいっぱいです!

次は15倍にしてみるか?w

 

ここで一句

     刺激より

        味とボリューム

               捨てがたし

2014年4月 5日 (土)

伊東市 中華 武ぞう チャーシューワンタンメン、さくらの里~リベンジの二十二景

Dscn0343001

Dsc_3690

Dsc_3691

Dsc_3693

Dsc_3702

Dsc_3711

Dsc_3712

Dsc_3717

Dsc_3718

Dsc_3719

Dsc_3722

Dsc_3723

Dsc_3726

Dsc_3728

Dsc_3729

Dsc_3731

Dsc_3733

Dsc_3735

Dsc_3736

Dsc_3737

Dsc_3739

Dsc_3740

Dsc_3743

Dscn0343002

Dscn0527

Dscn0521

Dscn0522

Dscn0523

Dscn0524

Dscn0525

Dscn0526

高校野球の閉会式ってあんなに長いものだったのか?

試合が終了してから応援表彰とか、お話とかで、グラウンドを一周するまで、長いこと。w

試合が終わってクタクタの球児を早く休ませてあげればいいのに。

ピッチャーなんかアイシングをしないと、将来の名選手が育たない気がする。

私は野球に関して素人なので、単純に見て感じたことを書いたけどね。




昨年、伊豆のさくらの里に行ったとき、すでにピークを過ぎていた。

そこで、今回はソメイヨシノ満開時期に行ってみた。

時間的に制約があったので、隅から隅まで撮影!とはいかなかったが、

とりあえず、昨年よりはその名の通りの風景が見られた。

ちなみに、この近くにはシャボテン公園がある。

アメブロをご覧の方は「いっぺんに済ませばいいのに・・・」と思っているだろう。w

いいんです。

これでいいんです。

それにしても、朝一番ではないから人が邪魔で・・・w

桜を見るなら早朝!これは鉄則です。w






そんなさくらの里から車で10分ほどでしょうか?

お昼ご飯として、武ぞうに行ってみました。

初訪問になります。

店の周りに駐車場があるので、そこに車を止めます。

店内に入ると、小上がりと、テーブル席があり、奥にカウンター席がある。

1人だと告げると、カウンター席に案内される。

店内はコンクリートむき出しの壁で、ラーメン店としてはオシャレですね。

メニューを眺めると、味も種類も多く、ご飯ものもある。

更に壁にはメニューになり限定やらいろいろある。

どれにしようか非常に迷う。

この店は後払いシステムなので、じっくりメニューを選べる。

この場合、セットメニューでいろいろ味わえるのがいいかもしれないが、

やはり、初訪問と言ったらチャーシューメン。

「チャーシューメン、おくれ!!!!」と言おうとしたが、やめ!!!

チャーシューワンタンメン1150円を注文した。

少し待ったがラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











目の前にウォーターピッチャーがあるのだが、コップがない。

お冷はセルフなんだろうが、コップがない。

私の隣に座った客もコップがない。

周りも探すもコップがない。

恐らく、これは継ぎ足し用の水で、最初はお冷が出てくるのだろう?

それとも言わないと持ってこないのかな?

食事時に水が無いと困る私だが、アウェイの洗礼と思い、今回は黙して語らず。w




丼ぶりは大きめであるが、麺はそれほどボリュームがあるようには見えない。

チャーシュー、ワンタンなどは存在感がある。

まずはスープを一口、事逗ずzずず・・・うん、美味い!

コクを感じ、旨みがある。

さっぱり味という路線なのだろうが、素材の旨みがバランスがよく出ている。

魚介系よりは骨の旨みが主体な印象。

醤油ダレは抑え目でしょうか?

私としてはショッパイと感じることのないレベルです。

キリリとした中にもまろやかさを感じ、万人受けする味だと思います。

次に麺をいただきます。

麺は中太麺の範疇でしょうね、縮れ、捩れがあるものです。

ちゅるちゅる・・・もっちり、ちゅるりんこ!というのど越しです。

小麦の旨みなどは強くないですが、しっかりと茹でられていても、弾力感のある麺です。




次にチャーシューをいただきます。

チャーシューはやわらかく煮込まれ、美味い!

味付けも程よく、ホロホロと口の中で崩れるチャーシューは美味い!

肉の部位は特定の部位にこだわらず、作っているとお見受けしました。

次にワンタンですが、皮は黄色い薄皮。

大西系のワンタンばかり、このところ食べているので、久々の正統派?w

餡はのど越しと食べ応えの中間のボリュームでしょうか?

口に入れ、数回咀嚼し、飲み込みます。

やはり、のど越し重視のワンタンかな?

他に穂先メンマやナルト、刻み海苔などがラーメンを彩ります。

やがて、完食。

う~~む、麺のボリュームが寂しいかな?

いつもは大盛りを注文する私ですが、この店の普通盛は食べ足りないな。

1150円のボリューム感は得られませんでした。

しかし、味はいいですよ。

老若男女どなたにでも受け入れられると思います。

つけ麺やまぜそば、二郎インスパイアに担々麺と多岐にメニューがあるので、

家族連れなどは重宝しそうです。

次回はコップを先にお願いしますね。w

 

ここで一句

       ラーメンに

           水が欠かせぬ

                  奴もいる?

2014年4月 4日 (金)

浜松市 福みつ 餃子定食(大)

119

120

121

122

123

124

125

消費税が上がる前に、ビールを2ケース買い溜めした。

アサヒのドライプレミアムの350mlを2ケース買った。

これ、美味いよね。

私は普通のドライは好きではないが、これはいい!

美味いからグビグビ飲むが、酔いが強い。

なんで適量を飲んでいるのにこんなに酔うのか?と思ったらアルコール6%。w

適量を飲んでいても、これでは、酔いが回るはずだ。w

ちなみに、日本酒もイケる口ですが、アルコール度数が高いので、

普段はほとんど飲みません。

しかし、そのうち日本酒レポをしたいと思います。








餃子を食べ歩くのはいいが、ビールを飲みたい。

美味い浜松餃子をつまみに、ビールを飲みたい。

電車で来ればいいのか?浜松に!w

あ~でも、電車移動は嫌いだな~。

お持ち帰りで、家で食べればビールが飲める。

そうだよな、その方が賢明だ!






そんな自問自答の繰り返しが、目の前のジイさんが飲みながらつまむのを見て思った。

石松のあと、福みつに再訪問したのだ。

私としては少々キツイが、餃子定食の2人前は何とかなる!w

なんか目の前のジイさん、初訪問の時もいた気がする。

あの時もビールを飲みながら餃子をつまんでいた。

なんて幸せなジイさんなんだ!

俺が日常、全くできないことを、いともたやすくやっている。

俺だって、この店の近所に住んでいれば、同じことをやってやるよ!

あ、でも昼間から酒は飲まない主義だし。

「餃子定食お待ちどう!」

俺の目の前に餃子定食の大1400円が来た。

「ビールを1本!」と言いかけたがやめた。

飲んじゃダメだ!飲んじゃダメだ!飲んじゃダメだ!

勿論、記念撮影をする。

いただきます!と言った。

だが、乾杯はしていない。w







この店の餃子は揚げ焼き。

全体的にカリッとした食感が小気味よい。

今まで食べ歩いた浜松餃子の中でも、ニンニク臭が一番強いと思うが、

食後に気になって仕方がないものでもない。

ご飯も味噌汁も家庭的で美味い。

食が進む!が2軒続けて餃子定食を食べていることには変わりはない。w

全部勿論、食べ終えました。

そうなると、持ち帰りで部屋で飲もう!なんて気は起きない。

その晩、柿ぴーでビールを飲んだと思った。

そして、この記事も昨年の10月であると、お伝えしておく。

 

ここで一句

      お土産は

           金と腹との

                 せめぎ合い

 

2014年4月 3日 (木)

浜松市 石松本店 餃子定食(大)

116

117

111

112

113

114

115

消費税が上がり、給料は上がらず。

私自身は頭の中は春の陽気で、浮かれ続け、節約や節制など無縁。

ブログだけご覧の皆様は、「出かけて、食いまって、金遣いの荒い奴!」と思うかも?

しかし!私は結構ケチでもある。

使える限りは最後まで使う主義でもある。

洗濯器など、10年は軽く超えている。

貰い物なので、15~20年経過しているかも?

テレビも地デジにならなければ、ブラウン管の物を使っているだろう。

トイレットペーパーも自宅用は12ロールを買うと3年は軽く持つ!w

(会社で用を済ますことが多い)

ティッシュも減らない!

服はユニクロ。

酒はビールがメイン。

仕事の関係上、赤ちょうちんなど表で飲むことはほとんどない。

それでも、ガソリン代消費量は半端じゃないな。w














初めて石松に行ったとき、なかなか美味いと思った。

再訪問をしたいと思って、行ってきました。

2度目の訪問は、拍子抜けするほど客が少ない。

これは意外であった。

人気店であるはずなのだが・・・

前回と同じようにカウンター席に座る。

注文は同じく、餃子定食(大)1365円を注文する。

さほど待たずに定食登場!記念撮影をし、いただきま~す!











どうにも今回の焼き目は美しくない。

前回の焼き目の美しさと比べると、少々マダラ模様と言ってもいいかもしれない。

まあいい、食べてみよう。

この店のタレが甘目なのはわかっている。

最初からラー油を投入し、食べる。

モグモグ・・・なんか違うな~~。

なんか違うぞ~~。

焼き目の食感にしても中の餡にしてもなんか違うぞ~。

それとも俺がおかしいのか?

おかしければ笑え、わっははは!!!!

やはり、焼き目が均一ではないので、香ばしさが足りない。

前回の訪問時の画像と見比べれば、焼き目の違いは、一目瞭然。

見た目の差が確かに食感に出ている。

焼き餃子は焼き目が命!

このファーストコンタクトの違いは大きいね。

餡は野菜中心でさっぱりしていて、バクバクいけます。

白いご飯と餃子って、なんでこんなに相性がいいのかね?w



2度目であるが、完食。

美味しいのは間違いない。

モヤシもいらないけど、全部食べた。

ウナギではないが、餃子を焼く技術も職人技なんだな。

 

ここで一句

     食べる側

        ヤキが回ったと

               言われるな?

ところで、少々ネタ切れの予感。

なんのネタ切れかというと、私の作文能力。

自分の言葉がどれだけ一般に受け入れられるか?

とある場所で、大喜利に挑戦してみた。

私としては少し、下ネタも使ってみたが・・・ダメだね。w

上手い方々はどれも「なるほど!」と思わせるひねりがある。

それと、下ネタはやはり、大爆笑にはならない。w

文章も画像も、まだまだ・・・

人間、これでいい!というものは無い!

以上、近況の私でした。

ちなみに、今回のレポは昨年の10月の話です。w

2014年4月 2日 (水)

逗子市 ゆうき食堂 ブリトロ刺身定食

Dscn0519

Dscn0508

Dscn0510

Dscn0511

Dscn0512

Dscn0513

Dscn0515

Dscn0516

Dscn0518

近頃、ネット上のお付き合いが、かなり、広がりました。

お会いしたことはありませんが、どなたも礼儀正しく、知的で、お酒が好きな方が多い。w

こんないい加減で適当な男を認めていただき、ありがとうございます。

そんな中で、とある食堂の情報をいただきました。

私が気になった食堂の情報を、Spa8さんから丁寧に教えていただき、

これはもう、行くしかない!と決めてはいたのですが、国道134号は混む!

ドット混む!最近は2車線になって渋滞も解消気味だが、鎌倉高校駅前あたりから、

鎌倉まで混む!何よりも帰路が混む!

しかし、楽観的な私はとりあえず、小坪港まで行ってみた。

小田原から西湘バイバスに乗り、大磯を目指すが、有料道路終点あたりが混んでいる

だけで、あとはそれほど渋滞は無かった。

「なんだ、考えすぎだったか」

ところが、江ノ電の鎌倉高校前の信号から鎌倉方向までず~っと渋滞している。

帰りのことを考えると、うんざりしてしまった。

帰路は横須賀道路に出て、東名で帰るか?

まだ食べてもいないに、帰りの心配をした。

カーナビの指示するままに、進むと店に着いた。










店の名前は「ゆうき食堂」。

私は当然の事ながら、初訪問になる。

まずは駐車場であるが、店の前に駐車場があるが、これはダメ!

月極の駐車場で他の住民も使うので、無断駐車はトラブルの元。

それでも何番に止めて、とか言っていたね。

少し離れたところに有料駐車場があるので、そこを利用した方が無難でしょう。

店に入ろうとすると、目の前にメニューボードがある。

メニューを撮影しなかったが、手書きで書かれたそれは、日替わりの物が多いようだ。

店に入る前から、目移りする内容のメニューばかり。

店内に入ると、さらに目移りする。

他の客が食べている揚げ物というか、フライ物がボリューム有!

ひょえぇ~~~!!!なかなかの優良店のようだぞ!

麺類もカレーもあるが、鮮魚メニューがメインのようだ。

どうすんべ?

ブリ刺身定食もいいかな?お!ブリトロ刺身があるぞ!それにしよう!

私はブリトロ刺身定食1000円を選んだ。

ちなみにこの店は前金制度である。

席に座る前に注文と支払いをする。

支払いを済ますと席を選ぶ。

変則的なテーブルレイアウトと、カウンター席になる。

どの席を選んでも、狭い。w

店の中も狭いが、小さめのテーブルは余裕がない。

ガテン系が座ると、本当に窮屈そうである。

そんな私も痩せている方ではないので、どこにするか?

カウンター席が空いていたのでそこにした。

一応、カウンターには4人分椅子があるが、4人は無理でしょう!

手荷物を置くスペースもない。w

当然、お茶や水はセルフ。

席に座ってから水を取りに行くのも一苦労。

やがて、ブリトロ登場!記念撮影をし、いただきま~す!











いや~~~、なかなかいいボリュームじゃないですか!

刺身も新鮮そうだし、期待が持てます。

ご飯に澄まし汁、漬物、小付け 温泉玉子が付きます。

ご飯は私としては多い方です。

食べ切れない訳ではないが、普段はご飯は少な目なんです。w

しかし、他のお客様方は「ご飯大盛り」を連呼していました!w

最初に小付けの松前漬けの数の子抜きのようなものをいただきます。

次にメインのブリトロを一切れ、モグモグ・・・むふふふ・・・美味い!!!!!

脂ののったブリが不味いわけがない!

しかも鮮度がいいので、臭みなど無し!

澄まし汁はアラなどからダシを取ったもので、潮汁のような荒々しさがあります。

塩気は強めですが、これも臭みなど無く、小骨なども無く、美味い。

次に温泉玉子ですが、最初は生卵かと思った。w

割ったら温泉だった。

私はこれをご飯の上に乗せ、玉子かけご飯のようにしてみた。

そこへ、刺身を乗せて食べる。

うほほほ!!!!うんま~~~~~い!!!!!!

薬味も散らせば、刺身丼じゃあああ!!!w

そういえば、清水港でブリ刺身定食を食べたな。

あの時は1200円だったかな?

それを考えれば1000円はお得もいいところ!

ご飯は私としては少し軟らかめの炊き上がりだが、これはこれでよし!

ご飯は多めだけど、刺身と交互に食べると、どんどん進む!

ご飯が進む!ススム!

なるほど、ご飯大盛りにしたくなるわけだ。w

隣の兄ちゃんは塩ラーメンとカレーライスか?

マネしたくなるな!w

そして完食!!!

ふぃ~~~~~満足!!!

味もボリュームも価格も大満足なお店です!!!

しかも今回は刺身定食ですが、カツ類やフライ物も是非、食べてみたい。

とても良いお店を教えていただきましたが、デートには不向きだと・・・w

土日、祝日は幹線道路が混むので、平日を狙った方がいいかと。

駐車場なども予め予習をしておいた方がいいと思います。

ところで、私はどこに車を止めたのでしょうか?

・・・・内緒。w

 

ここで一句

     裏道の

        少し隙間に

             お邪魔したw

2014年4月 1日 (火)

袖ヶ浦市 福たけ袖ヶ浦店 メガ豚煮干しチャーシューつけ麺

Dscn0496

Dscn0494

Dscn0479

Dscn0484

Dscn0485

Dscn0487

Dscn0488

Dscn0490

Dscn0493

ドイツ村に行ったはいいが、腹が減った。

実は朝飯として、大磯パーキングエリアで天ぷらそばを食べていた。

しかし、私のブログの読者様は「大磯パーキングエリア?飽きた!」と思うはず。

私もそんな読者様の気持ちを察し、蕎麦を撮影しなかった。

パーキングエリアの天ぷらそばの画像を見て、なかなかやるな!とか、美味そう!とか、

よし!俺も大磯パーキングエリアへ行くぞ!などと思う方がいるわけもない。

今回は軽く天ぷらそばで、ドイツ村で軽く食べて、帰路にどこかでヘビーに食べる!

そんな気持ちでいた。

しかし、ドイツ村内では胃液が分泌されるようなものはなく、他で食べることを選択。

ところが、ドイツ村周辺は特にお食事が出来るような店が見当たらない。

高速に乗らず、一般道をあっちこっちと走り、ようやくラーメン店を発見。

「ここにしましょう」

私は黄色い看板が目立つ、「福たけ」にお邪魔した。

この店に関して予備知識は全くなし!

駐車場に車を止め、店に入ろうとすると、浅草開花楼の麺使用とある。

「これは面白い!」

偶然見つけ、入った店が浅草開花楼の麺を使用とは!

これが偶然が生み出した「縁」であろう。

ところで、当然浅草開花楼とななんじゃ?と思う方々もいるだろう。

簡単に説明すると、とても有名な製麺所だということ。

麺がブランド化している凄い製麺所だということ、詳細はググれ!w








店内に入ると、区切られたテーブル席と、カウンター席に分けられる。

キャパは結構ありそうだね?

厨房スペースもかなりのスペースを割いている。

客も作り手も余裕の空間という印象だ。

メニューはテーブルに貼り付けてある。

メニューは実に多岐に渡る。

二郎リスペクトのメニューもある。

う~~~~む、これは悩む!

だが、浅草開花楼の麺を使用ということなので、つけ麺を選んでみた。

メガ豚煮干しつけ麺のチャーシュートッピングを選ぶ。

価格は1000円になるが、麺は大盛り300gまで同一価格である。

当然、麺大盛りを注文する。

支払いは食後清算になる。

店内は厨房内は男性スタッフ2人が麺作りに励む。

接客は女性スタッフが1~2人でやっている。

正直、かなり忙しそうである。

キャパの広さとメニューの多さで、大丈夫かな?と思う部分がある。

てきぱきと男性スタッフはメニューをこなしているが、それでも忙しそう。

実際、15分ほど待ったかな?

まあ、許容範囲でしょう。

記念撮影をし、いただきま~す!




麺は極太麺で六厘舎で見た麺に似ている。

スープがドロドロの濃厚豚骨スープで、煮干しの香りが漂う。

チャーシューは4枚。

厚み、大きさともにもう少し、頑張ってほしい気がする。

1000円という価格であるが、まあ納得できるボリューム感。

まずは麺をスープに浸けてズルズル・・・美味い!

濃厚豚骨スープの中に名前の通りに、煮干しが香る。

魚介ではない、明らかな煮干しの風味であるが、それほどインパクトはない。

インパクトがない代わりに、エグミ、苦みなどは特に感じない。

ところでこのスープ、どこかで食べたような味だな。

なんか日の出食堂のスープに似ているのですが、気のせいですか?

店で煮出したというより、大量生産の分配という感じですが・・・

味はいいけど、そんな気がしました。

ところで、確かに麺は美味い!

大盛りの上の特盛でもよかったかな?

小麦粉の旨み、歯ごたえなど、なかなかハイレベルです。

その分、つけ汁と何となくバランスが悪い気がするが、まあいいでしょう。

分かりやすく言えば、よくある豚骨魚介系の範疇ですが、麺が美味い!

そんなつけ麺なんです。

多少文句は言っても、美味いが故に食が進む。

チャーシューはメニューによっては炙っていたが、つけ麺は炙らず。

チャーシューは可でもなく不可でもなく。

卓上のニンニク、豆板醤、酢を足してジャンクな面を演出。

やがて完食。

食べ終えたところで、スープ割を頼む。

すると、スープ割がなかなか出てこない。

「スープ割ぐらいで待たせるのか?」

そんな憤りが起こりかけた時、スープ割が来た。

なんと、スープ割のスープを作っていたのだ。

それと私が渡したつけ汁の器は保温されていた。

これは私は店に対して、謝らなければならない。

店はたとえスープ割といえども、一切の手抜きをせずに提供したのだ。

私は店側の姿勢に考え方を改めた。

次回千葉に来た時、また寄りたいものだ。

 

ここで一句

            勘違い

        素直に認め

             すいません!

 

 

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »