フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 富士吉田市 ムサシ ムサシうどん大盛り | トップページ | 沼津市 愛鷹PA(上り線) ダブルwつけ麺 »

2014年4月20日 (日)

南都留郡 司食堂 カツフライ定食

Dscn0646

Dscn0648

Dscn0649

Dscn0652

Dscn0653

Dscn0656

Dscn0658

Dscn0659

Dscn0660

以前どこかで、カツとフライの違いは何じゃ?と書いたと思った。

勿論、答えなど出ない。

だが、トンカツをフライと表記する店があったことを思い出した。

もしかしたら、そこに答えがあるかも?

私はそんな期待を抱き、司食堂に向かった。




ムサシうどんが食べ応えがあったので、蕎麦にしようと思った。

しかし、何故かカツが食べたい自分がいた。

先日群馬で3食詰め込んだおかげで、少し胃が広がったのかもしれない。

だからと言って、満腹にして良い訳が無い。

私は悩む。

また来ればいいのだが、どうにも今日はカツが食べたい。

旅の食い過ぎはお持ち帰り。

そうだ、そうであった。

私は意味不明な納得をし、司食堂に入った。

丁度開店と同時に入店したが、先客無しだが料理があった。

焼肉定食のようだが、それが4~5人前ほどあった。

奥の座敷には箸や座布団がセットしてあり、いろいろあるようですね???

カツフライ定食1500円を注文する。

そう、この店ではトンカツ定食ではなく、カツフライなのだ。

カツ丼、味噌ラーメンと食べてきたが、今回はカツフライ定食!

天丼はまた次回!w

注文後、テレビを見て待つ、待つ待つ。

他に客がいないので、私のカツを揚げている音が響く。

ず~っと揚げているね。

10分以上揚げているのかな?

やがてカツフライ完成、記念撮影をし、いただきま~す!








デ、デカイ!

またもや原価計算を無視した物が出てきたな!

ここ何年間の間で一番デカイ、トンカツフライだ!w

この大きさで1500円でいいのですか?

本当にこの界隈、トンカツ自体にハズレが無い!

カツの厚さは2cm以上だね、衣部分入れたら3cm弱かな?

千切りキャベツもてんこ盛りだな。

他にレモンとポテトサラダが付き、トマト、マスタードが添えられる。

白菜の漬物はサービス盛り?味噌汁は油揚げ、豆腐、ほうれん草が入っている。

ボリューム的に何の不満もない、あとは味!

ではカツフライを一切れ、モグモグ・・・美味いよ!

ご近所のひさご食堂と同じ肉なのかな?少々豚特有のクセは感じますが、

やわらく、ジューシーなカツです。

衣はパン粉が荒目ではないので、サクサクというよりカリカリとクリスピー。

揚げ時間が長かったので、そういう食感になるのでしょう。

それにしてもデカイ!

ご飯の上に一切れ乗せて記念撮影をしたが、大きさが分かっていただけるでしょうか?w

揚げの技術がいいのか、油に対するくどさは感じません。

白菜の漬物があるので、それで口の中をリセット出来る、というのもあります。

ところで、食べる前に「醤油は?」と聞かれました。

この地域の皆さんはトンカツを醤油で食べるのでしょうか?

卓上の市販のソースでいただきましたが、醤油というより、おろしポン酢で食べてみたい。

味噌汁もいい味ですね~、具も多いので食べ応え有り。

ご飯の量がカツに比例していなくて助かった!w

ご飯が大盛りだと絶対に食べ切れない。w

やがて完食。

自分で自分をほめてやりたい、よく食べたと!

食後はもたれなどありません。

量は多いが、くどさを感じずにいただけました。

さ~、残るは天丼か?w

 

ここで一句

      原価率

         山梨県民

              太っ腹!!!

« 富士吉田市 ムサシ ムサシうどん大盛り | トップページ | 沼津市 愛鷹PA(上り線) ダブルwつけ麺 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トンカツ」カテゴリの記事

山梨県 とんかつ」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事