フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 味彩 味噌チャーシューメン10倍 | トップページ | 真岡市 1万本桜祭~行屋川会場での二十六景 »

2014年4月 7日 (月)

真岡市 麺屋 祥元 にぼまぜ

Dscn0546

Dscn0533

Dscn0535

Dscn0537

Dscn0539

Dscn0541

Dscn0542

Dscn0544

Dscn0545

テレビ神奈川でダイアモンド☆ユカイがラーメンを紹介していた。

ロックンローラーがラーメンの食べ歩きか?

どうせなら内田裕也がやればいいのに。w

でもなんか知らないが、見ちゃいましたよ。w

栃木のラーメンを紹介していて、ゆるキャラのさのまると店を巡っていた。

そんな中で、この店を紹介していた。

そういえば、佐野ラーメンもご無沙汰なので、栃木に行ってみるか?

そんな軽い気持ちで朝6時半に出発をした。






カーナビで住所入力をして驚いた。

到着予定時刻が11時?

え?そんなに遠いの?

まあ、いい。

とにかく出発だ!

朝早いから道は空いている。

安全運転でゆっくり飛ばす。w

交通ルールを守って飛ばす!

小田原厚木道路は360円になっていた。

料金所が2か所あるので、720円、往復1440円!高い!高いぞアベ総理!

東名は早々と渋滞情報が出ていた。

朝の時間帯はどこに行っても渋滞に嵌る。

そのまま東京料金所を通過し、予定通り用賀インターまで渋滞。

ところで、ドライバーの皆さん。

東京料金所から用賀まで3車線ありますよね。

この場合、一番流れが良いのは一番左車線です。

首都高に入る車線ではないので、流れがいいです。

だが、一般道に降りるので、首都高に乗るために、右側に合流しなければならない。

ずるい方々は一番左から、最後の最後で真ん中車線に合流します。

でも、これはちと、ずるい。

結論から言えば、右端の車線が一番流れが悪い。

これで何回目か忘れたが、いつも右端を走っているので、間違いないと思います。









首都高の大橋ジャンクションに入るまで時間を食う。

だが、あとはスムーズだった。

そのまま東北道に乗り、一路真岡市を目指す。

途中で佐野を通り過ぎる。

北関東道を水戸に向かい、ひたすら走る。

すると、真岡インターの一つ手前のインターで降りろとナビがいう。

?一瞬悩んだが、そのまま降りて気が付いた。

このナビはこのインターより先は未完成になっている。

結局、15分以上の遠回りをすることになる。

途中、トイレ休憩などあったが、何とか11時を過ぎたころに到着。

ラーメンのために4時間半のドライブか?

あ~疲れた。

ここで一句

     カーナビは

         最新型が

              便利です!


一句詠んでいる場合ではない!

本題のラーメンのレポがない。w

店の名前は祥元。

お店はかなり大きい。

何でもロックンローラーの番組の話だと、以前は回転ずしの店だったらしい。

店に入ると、意味もなく、空間が存在し、テーブルレイアウトがまさしくそれ!

カウンター席とテーブル席があるが、テーブル席からはラーメンを啜る音が響くが、

客の姿は全く見えない!w

ズルズル音が店内に響く。w

着席し、メニューを眺めると、バリエーションがかなり豊富。

しかし、にぼまぜを食べに来たので、それを注文。

2軒行く予定だが、朝ごはんを食べていないので、大盛りを注文する。

にぼまぜ880円だが、支払いは後払い。

やがて、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!







大盛りを注文したが、まあまあのボリューム感。

チャーシューが2枚とモヤシ、メンマ、海苔とネギ、そして煮干しの粉がのる。

これらをぐちゃぐちゃと混ぜ混ぜし、食べます。

あ~~~それにしても煮干しの香りがたまらんね!

この香りで食欲がわきますよ。

まぜそばの範疇なのだが、汁は多め。

ツユダクまぜそばと言えますね。

では一口、ズルズル、ちゅるちゅる・・・煮干しになっちゃう!!!

香りが鼻腔を通過し、口に煮干しの旨みが広がる。

脂分は多いのだが、ギタギタしたものはそれほどない。

煮干しはエグミ、苦みは控えめ。

煮干しの粉は粉々に粉砕されており、骨や皮の粒状感はほとんどない。

これは面白い!!!




使用している麺だが、表面はツルツルしている。

私としてはパスタのような麺だな?と思った。

表面がツルツルしているが、タレとの絡みは悪くない。

麺は太麺ストレートタイプ。

麺自体のコシはある方だと思うが、小麦の味わいは弱い。

ツルツルシコシコ麺ですかな?

味の要は醤油ダレ。

塩加減は強くはない。

醤油ダレプラス、煮干しダレも入っているようで、それがマイルド感を生む。

チャーシューは薄めのものが2枚。

特筆すべき味は無かった。

やがて完食。

麺を食べ終えたあと、残ったタレを口に含む。

この店ではつけ麺のスープ割がセルフなので、スープをいただいてもいいかな?

私は試さなかったが、タレの量は多めなので、飲みたくなりますね。

正直な話、わざわざ高速を飛ばしてまで、というほどではないですね。

でも近所にあれば助かるお店だと思います。

このラーメンを食べたとき、北海道で天ぷらラーメンを食べたのを思い出した。w

私としては湯河原の飯田商店あたりが、同じものを作ってくれないかと願う。

ニボっちゃんの実績があるので、さぞかし素晴らしいものが!

さあ、もう一軒行くか!

 

ここで一句

    消費税

       上がったおかげで

                一般道?

« 小田原市 味彩 味噌チャーシューメン10倍 | トップページ | 真岡市 1万本桜祭~行屋川会場での二十六景 »

ラーメン」カテゴリの記事

栃木県 ラーメン」カテゴリの記事