フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« ほっともっと 八宝菜弁当と野菜炒め、豚汁 | トップページ | 西磐井郡 中尊寺~奥州平泉で桜前線四十三景 »

2014年4月30日 (水)

沼津市 郷里 郷里ラーメン

Original

Original1

Original2

Original3

Original4

Original5

昨年の10月のお話じゃ。

沼津のグルメ街道も名ばかりになったものだ・・・


閉鎖した店や、空き地のままの姿を見ると、虚しい物を感じる。

しかし、よくよく考えれば、飲食は「また食べたい!」がすべてではないだろうか?

美味ければ、お客は来るでしょう?

そんな魅力ある味やサービスを、提供しなかった結果ではないのか?

しかし、厳しい環境の中で、新規オープンの店が着実に出来ている。

その中で、ここ1年前後の間で、ラーメン店が2軒オープンしている。

今回訪問したのは郷里。

郷里はゴリと読ませる。

気にはなっていてが、新しく店が出来た!さあ一番乗りじゃ!!!

と、いうことは私はしない。

一段落、二段落したあたりで、訪問することにしている。

作る側も精神的にも余裕が出来る頃が、本当の味だと思っているので、

そのころ合いを見計らっての訪問。








開店時間は11時半。

私は11時開店だと思っていて、11時半丁度あたりで、駐車場に入ると、車は無し!

「あちゃ~~!不人気店かよ?」と一瞬後悔をする。

黒をベースにした看板であるが、非常に目立つ外観である。

どんぶりに入ったラーメンを左右にひとつづつ書き、中央にもどんぶりと店名がある。

このド派手な看板だけでは、客は来ないのか?

しかし、何事も経験だと思い、店に入ると食券を購入するように言われる。

初訪問なので、何を選んでいいか迷う。

迷う。

川崎マヨ並に迷う。www

迷った末に具が盛りだくさんの郷里ラーメンを選ぶ。

郷里ラーメン720円で大盛りが130円、合計850円。

麺の茹で加減からスープの濃淡まで、好みで調整できるようだが、すべて普通で。

ラーメンを待っている間に客が来る・・来る・・おきゃくが~~く~~る~~~!!!w

何だよ!急に客が押し寄せて来たぞ!

その時に開店時間が11時半である事が判明。w

開店待ちは居なかったが、かなりの人気店の様子。

そのうち、客がキャベツやら高菜とかを皿に乗せて持って来た。

ん???

良く見ると、トッピング無料だと!






完全にリサーチ不足だな。

それと同時ラーメン登場!記念撮影をし、いただきま~す!








画像は無料トッピング無しの状態です。

ほぼかけラーメン状態の上に特設コーナーにある、無料トッピングを各自のせます。

無料トッピングにはザク切りのキャベツ、高菜、紅生姜、モヤシ、きくらげなどあります。

デザートとしてミニ杏仁豆腐もある。

トッピングに関しては1歩出遅れたな・・・

キャベツとモヤシ、高菜を皿に盛り、ラーメンに乗せる。

おお!!!これなら豪華じゃ!!!

ではスープをズズ頭図zずず・・・うん!美味い!

豚骨を豪快に煮出したスープは濁っている。

豪快で荒々しい感じのするスープであるが、口に含むと広がる魚介の旨味。

まず、最初の挨拶は魚介の香りと旨味が来て、その後に骨の旨味が来る。








メニュー等を見ると、地元素材をふんだんに使用した地元ラーメンとある。

つまり御当地ラーメンとあるが、店のある場所が沼津ので、

これを沼津ラーメンとした場合、この魚介のファーストコンタクトがそうだ!ともいえる。

沼津港をバックボーンとした、魚介の香る豚骨ラーメン。

しかし、沼津と断言するには弱いかな?

美味しいスープであるし、無料トッピングの魅力も高い。

御当地とするには、地元民が「これが普通だと思っていた!」みたいな物が欲しい。

今のままでは、良くできた豚骨魚介系ラーメンである。









話が横道に逸れてしまったが、次に麺をいただく。

麺は太麺といってもいいでしょうか?

加水率が高いようですが、デフォの茹で加減はやわらかめかな?

捩れや縮れが多少あります。

スルスルっとした喉越し、モチッとした食感、なかなか良い麺です。

あとはキャベツなどトッピングをスープに浸し、モシャモシャと食べ進む。

今回麺大盛りを注文したが、大盛りとしては少々ボリュームが寂しい気がする。

大盛りだが、普通盛りでも通用してしまう印象でしょうか?

130円増しなので、もう少し食べさせてくれ!と思います。

半熟玉子が半分と、チャーシューが1枚乗ってきますが、玉子は普通。

チャーシューはかなりやわらかい方でしょう。

このチャーシュー、チャーシューと言うにはコラーゲンが多いね。

筋の部分でも使用しているのでしょうか?トロッとした印象です。

肉のダイレクト感は少ないが、滋味を感じさせるものでした。

トッピングをお替りし、なんか知らんが、ガツガツとラーメンを喰らい続ける。

すべてを食べ終えたところで、杏仁豆腐をいただく。

こちらはさすがに、ひとり一個でお願いします、とある。

ミニサイズであるが、なかなか美味しい。

気がつけば店の外に待ちが発生している。

不人気店だと思ったが、味良し、サービス良しの繁盛店であった。

初訪問だということで、トッピングのスタンバイに失敗した私だが、

次回はトッピングに関しては完璧で有りたい!w

それと同時に、開店丁度を狙えば、いろいろと自由度の高い店だと思った。

他に客がいなければ、券売機の前、トッピングコーナーなどで、考える事が出来る。

味は間違いなくいいが、御当地ラーメンとしては何かが欲しい、そんな店でした。

ここで一句

     故郷は

        どこにあるのか

               分からない?

« ほっともっと 八宝菜弁当と野菜炒め、豚汁 | トップページ | 西磐井郡 中尊寺~奥州平泉で桜前線四十三景 »

ラーメン」カテゴリの記事

静岡県 ラーメン」カテゴリの記事