フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 浜松市 福みつ 餃子定食(大) | トップページ | 小田原市 味彩 味噌チャーシューメン10倍 »

2014年4月 5日 (土)

伊東市 中華 武ぞう チャーシューワンタンメン、さくらの里~リベンジの二十二景

Dscn0343001

Dsc_3690

Dsc_3691

Dsc_3693

Dsc_3702

Dsc_3711

Dsc_3712

Dsc_3717

Dsc_3718

Dsc_3719

Dsc_3722

Dsc_3723

Dsc_3726

Dsc_3728

Dsc_3729

Dsc_3731

Dsc_3733

Dsc_3735

Dsc_3736

Dsc_3737

Dsc_3739

Dsc_3740

Dsc_3743

Dscn0343002

Dscn0527

Dscn0521

Dscn0522

Dscn0523

Dscn0524

Dscn0525

Dscn0526

高校野球の閉会式ってあんなに長いものだったのか?

試合が終了してから応援表彰とか、お話とかで、グラウンドを一周するまで、長いこと。w

試合が終わってクタクタの球児を早く休ませてあげればいいのに。

ピッチャーなんかアイシングをしないと、将来の名選手が育たない気がする。

私は野球に関して素人なので、単純に見て感じたことを書いたけどね。




昨年、伊豆のさくらの里に行ったとき、すでにピークを過ぎていた。

そこで、今回はソメイヨシノ満開時期に行ってみた。

時間的に制約があったので、隅から隅まで撮影!とはいかなかったが、

とりあえず、昨年よりはその名の通りの風景が見られた。

ちなみに、この近くにはシャボテン公園がある。

アメブロをご覧の方は「いっぺんに済ませばいいのに・・・」と思っているだろう。w

いいんです。

これでいいんです。

それにしても、朝一番ではないから人が邪魔で・・・w

桜を見るなら早朝!これは鉄則です。w






そんなさくらの里から車で10分ほどでしょうか?

お昼ご飯として、武ぞうに行ってみました。

初訪問になります。

店の周りに駐車場があるので、そこに車を止めます。

店内に入ると、小上がりと、テーブル席があり、奥にカウンター席がある。

1人だと告げると、カウンター席に案内される。

店内はコンクリートむき出しの壁で、ラーメン店としてはオシャレですね。

メニューを眺めると、味も種類も多く、ご飯ものもある。

更に壁にはメニューになり限定やらいろいろある。

どれにしようか非常に迷う。

この店は後払いシステムなので、じっくりメニューを選べる。

この場合、セットメニューでいろいろ味わえるのがいいかもしれないが、

やはり、初訪問と言ったらチャーシューメン。

「チャーシューメン、おくれ!!!!」と言おうとしたが、やめ!!!

チャーシューワンタンメン1150円を注文した。

少し待ったがラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











目の前にウォーターピッチャーがあるのだが、コップがない。

お冷はセルフなんだろうが、コップがない。

私の隣に座った客もコップがない。

周りも探すもコップがない。

恐らく、これは継ぎ足し用の水で、最初はお冷が出てくるのだろう?

それとも言わないと持ってこないのかな?

食事時に水が無いと困る私だが、アウェイの洗礼と思い、今回は黙して語らず。w




丼ぶりは大きめであるが、麺はそれほどボリュームがあるようには見えない。

チャーシュー、ワンタンなどは存在感がある。

まずはスープを一口、事逗ずzずず・・・うん、美味い!

コクを感じ、旨みがある。

さっぱり味という路線なのだろうが、素材の旨みがバランスがよく出ている。

魚介系よりは骨の旨みが主体な印象。

醤油ダレは抑え目でしょうか?

私としてはショッパイと感じることのないレベルです。

キリリとした中にもまろやかさを感じ、万人受けする味だと思います。

次に麺をいただきます。

麺は中太麺の範疇でしょうね、縮れ、捩れがあるものです。

ちゅるちゅる・・・もっちり、ちゅるりんこ!というのど越しです。

小麦の旨みなどは強くないですが、しっかりと茹でられていても、弾力感のある麺です。




次にチャーシューをいただきます。

チャーシューはやわらかく煮込まれ、美味い!

味付けも程よく、ホロホロと口の中で崩れるチャーシューは美味い!

肉の部位は特定の部位にこだわらず、作っているとお見受けしました。

次にワンタンですが、皮は黄色い薄皮。

大西系のワンタンばかり、このところ食べているので、久々の正統派?w

餡はのど越しと食べ応えの中間のボリュームでしょうか?

口に入れ、数回咀嚼し、飲み込みます。

やはり、のど越し重視のワンタンかな?

他に穂先メンマやナルト、刻み海苔などがラーメンを彩ります。

やがて、完食。

う~~む、麺のボリュームが寂しいかな?

いつもは大盛りを注文する私ですが、この店の普通盛は食べ足りないな。

1150円のボリューム感は得られませんでした。

しかし、味はいいですよ。

老若男女どなたにでも受け入れられると思います。

つけ麺やまぜそば、二郎インスパイアに担々麺と多岐にメニューがあるので、

家族連れなどは重宝しそうです。

次回はコップを先にお願いしますね。w

 

ここで一句

       ラーメンに

           水が欠かせぬ

                  奴もいる?

« 浜松市 福みつ 餃子定食(大) | トップページ | 小田原市 味彩 味噌チャーシューメン10倍 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

静岡県 ラーメン」カテゴリの記事

静岡県 旅行 観光」カテゴリの記事

桜前線シリーズ」カテゴリの記事