フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 西磐井郡 中尊寺~奥州平泉で桜前線四十三景 | トップページ | 一関市 焼肉、冷麺ヤマト 黒毛和牛と生ビール、ハイボール »

2014年5月 2日 (金)

西磐井郡 四季の花 そばかっけ

1_2_3Dscn0783

Dscn0779

Dscn0780

Dscn0782

Dscn0785

Dscn0343001_2

 

Dsc_4399

Dsc_4386

Dsc_4387

Dsc_4388

Dsc_4391

Dsc_4392

Dsc_4394

Dsc_4396

Dsc_4398

一関に向かう途中、唯一食べたのが牛タン。

620円だって。

たかくねぇ???


午後4時半を過ぎた。

中尊寺周辺も含め、歩きに歩いた。w

さすがに腹が減ったので、食事をすることにした。

町営の駐車場には蕎麦屋が数件あったので、そこで食事をすることに。

・・・閉店。w

なんと!4時にはどの店も暖簾を仕舞い、終わっていた。

うう、、、このままだと若い姉ちゃんに食いついてしまう!w

すると、少し離れたところに食堂を発見!夜は酒を飲むつもりだったので、

軽く済ませるべく、さっぱりした物を食べようと思った。

「そばかっけ?どこかで聞いたな?」

テレビで得た情報だと、そば粉で出来たワンタンや餃子の皮のようなもの。

「面白そうだ」

蕎麦粉ベースなら、腹の負担も少ないだろう。

私はそばかっけ1010円を注文した。

店内は中途半端な時間のためか、他に客は無し。

小上がりとテーブル席があるが、キャパは結構広め。

お土産などもあるようなので、いろいろ楽しめそうだ。

やがて、かっけ登場、記念撮影をし、いただきま~す!










なかなかいい外見ですね。

テレビで見たかっけは茹でたものを味噌ニンニクなどで食べていた。

この店ではかっけをすいとん風にアレンジしたらしい。

小鉢に菜の花と白い蕪の漬物。

どんぶりは大きめで、大盛りを注文しなくて良かった?w

まずはお出汁をレンゲでずずずずz・・・あっさりして美味い!!!

出汁の中には大根、ニンジン、ネギ、マイタケ、三つ葉、椎茸、少々の鶏肉が入っている。

野菜が多く入っているので、野菜から旨みが出ている。

この旨みが、なかなか良いですね。

味のベースは醤油ベースですが、蕎麦のカエシですかね?

味付け自体は濃いとは思いません。

次にかっけをいただきます。

箸で持ち上げると、ワンタンの皮?ラビオリの皮?ラザニア?そんな感じです。

そのまま食べます。

チュルン!モグモグ・・・美味いよ!

間違いなく蕎麦!俗に二八蕎麦とかいうが、三八蕎麦みたいな感じ。

普通の蕎麦よりものど越しは楽しいかも?

もっとボソボソした感じかと思ったが、ツルツルのっぺり、そんな食感です。

ワンタンと比較したくなりますが、そこまでチュルン!とはしていません。

なんだよ、この店の事、全然予備知識なしで入ったけど、美味いじゃん!

勿論、お腹が空いているのも旨味調味料の増幅要因だろうが、さっぱりして美味い!

卓上の七味をかけても良し、気が付けばレンゲで出汁を夢中になって啜っている。

漬物もいい塩梅。

そして完食!

ふぃ~~~満足!

さっぱりした中にも充実した旨みがあり、ボリューム感もあり、満足な一杯。

「写真が趣味なんですが?」

会計時、料理を写真で撮っていた私に店主が話しかける。

「中尊寺に来たのが初めてなんですよ」

私は答えた。

「そばかっけ、初めて食べたけど、さっぱりして美味しかったです」

テレビで見た話をすると、

「かっけをすいとん風にアレンジしたけど、この周辺の方は味が薄いと」

濃い味が好みだというのは、地域的に納得できるが、こういう味も必要だと思う。

もし、私が地域的に求められる味を作るなら、味噌風味か辛口だろうね。

そうすると、そばかっけでなくても良いと思うが・・・

健康のために、薄味に慣れましょう!!!

 

ここで一句

      血圧は

        塩分油分

            要注意

« 西磐井郡 中尊寺~奥州平泉で桜前線四十三景 | トップページ | 一関市 焼肉、冷麺ヤマト 黒毛和牛と生ビール、ハイボール »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

岩手県 グルメ」カテゴリの記事