フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 西湘PA 大人の海鮮カレー | トップページ | 御殿場市 駒門PA(上り) 冷やし坦々麺(大盛り) »

2014年7月28日 (月)

秦野市 バーンタイ台所 センレック・トムヤムクン

Dscn5673


Dscn5662


Dscn5663


Dscn5661


Dscn5667


Dscn5668


Dscn5670


Dscn5671

今から何年前か忘れたが(12年以上は確実に経過している)高田野端に、

ティーヌンというタイ料理の店があった。

あった、という言い方は間違いで、今もあります。

その店で「トムヤムクンラーメンが食べられる」と、いうことで訪問した。

その時、うろ覚えだが、ティーヌンに寄る前に、えぞ菊本店で味噌ラーメンを食べた、

と思った。

もしかしたらべんてんに行ったかもしれないが、恐らくえぞ菊。

初代店主、大西さんが作ったものを食べた。

そのあとに、ティーヌンに行きトムヤムクンラーメンを食べた。

味の詳細は覚えていないが、辛いのだけは忘れていない。w

私はパクチーに関して、何の抵抗も無い。

セリやパセリ、セロリの葉でも、三つ葉でも何の抵抗も無い。

だが、慣れない香辛料と刺激には参った!w

特に舌をやられてしまい、舌が荒れてしまった。

あれ以来、タイ料理、トムヤムクンは体に合わない!と思い、避けていた。

だが、時々、グリーンカレーや生春巻きを食べるにつれ、たまにはタイ料理も・・・

と思っていたところに見つけたのが、今回のお店である。










場所は秦野の万葉の湯から歩いて数分である。

タイラーメンの看板が目に入るので分かり易いと思う。

鯛ラーメンではないよ、一応。w

私は万葉の湯でくつろいだ後、この店に寄った。

珍しくランチではなく、夕食時間での訪問である。

店の駐車場は店から少し、離れた場所に3台分スペースがある。

6時半近くにお邪魔をすると、店内は先客2名。

「いらしゃいませ~~」

タイ料理なので、タイ人の方でしょうね?女性2名のスタッフが厨房内でご挨拶。

店内はカウンターとテーブル席があるが、カウンターがメイン。

お冷がアルミの取って付きのもので提供された。

メニューは重厚の感のあるもの。

まるで学校の卒業アルバムの様だ。

メニューは重厚であるが、この店の経営方針は家庭料理。

麺料理、ご飯もの、一品料理と多岐に渡るが、そんなに高価格なものは無い。

今回、トムヤムクンラーメンにするか、タイカレーラーメンにするかで迷う。

己の人生にリベンジするつもりで、トムヤムクンラーメン790円にした。

辛さは普通で注文する。

大盛りは夕食ということでしなかった。w

やがて、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










元々トムヤムクンはスープ。

私としては酸っぱくて、辛くてイライラする食べ物。w

辛いのは苦手なので、逃げていた部分もあるがこの時期、いいんじゃないですか?

目の前のラーメンだが、私としてはこじんまりしたもの。

海老が2尾確認できる。

スープにはラー油のような物が浮かび、刺激を予感させる。

ではスープを事逗ずずz・・・ぶほ!すっぱ!辛い!

結構、酸っぱい。

酸っぱい中にレモングラスの風味が漂う。

辛さは普通にしたためか、穏やかな辛さ。

恐らく、世の中のほとんどの方が、「これ、辛いの?」と思う辛さ。

でも、これ位の辛さが私には丁度いいの!w

かなりの酸味であるが、酸辣湯麺や山梨の甲府で食べた善屋のつけ麺も酸っぱい。

酸味が苦手な方がトムヤムクンを食べるとは思えないが、酸味好きでもかなりですね。

そこに普段お目にかかれない香辛料の刺激がじわ~っとくる。

どちらにしても、相変わらずイライラしますね。w









次に麺をいただきます。

麺は色白の細麺ストレート。

ズルズル・・・スッパ!ウマ!ぶほ!!!w

麺にスープが絡み、むせる。w

麺はさらついた食感がある。

それは蕎麦切りに似たようなもので、米粉を使用した麺ですね。

ビーフンなどと違い、粒状感を感じる麺はパツン!とした食感があります。

加水率も低めで、割りとハードな食感。

具には香草と海老がメインですか?名前のよく分からないキノコもあります。

モヤシなど若干浮いています。

まあ~それにしても酸っぱいね。

この酸味が刺激となって、発汗を促す。

「ダイジョウブですか?カラクナイですか?」

スタッフがお冷を注いでくれる。

「ダイジョウブ、ダイジョウブ、平気、平気」

私は汗を拭きながら食べ続ける。

卓上に香辛料などが置いてあるので、ちょっとづつ、試してみた。

さらに酸味を増すものが置いてあったが、酢だよね?

酢の中になんか香辛料が入れてある。

当然のことながら、これが一番、このラーメンにあう。

あ~、なんかイライラするがやめられない!

刺激的には丁度良いので、やめられん!

トムヤムクンとしても美味しい方だと思いますよ。

海老はバナメイ海老ではないのか?

あまり、プリプリ感は無い。

余談だが、普段海老の食感がプリプリだ!と思っている海老はほぼバナメイ。

やがて、スープもほぼ残さず完食。

なんか食後、爽やかだわ~。w

胃の中がポカポカする。





良い店だと思います。

スタッフはあちらの方ですが、気遣いは日本人的でいいと思います。

何よりも気軽にタイ料理が楽しめる、と言う意味でも、お勧めできます。

勿論、タイ料理が苦手な方にはおすすめしませんが、私自身、再訪問決定!です。w

是非とも、ご飯ものを食べてみたい!と思うし、他にも未知の料理があるので、

チャレンジしたいです。

店内も新しく、キレイなので女性一人でもいいかも?

この時期、エスニック料理で夏を乗り切れ!(何ともありきたりな・・・)

 

ここで一句

     タイ料理

        嫌いなアナタは

               タイキック!

« 小田原市 西湘PA 大人の海鮮カレー | トップページ | 御殿場市 駒門PA(上り) 冷やし坦々麺(大盛り) »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県 ラーメン」カテゴリの記事