フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« ネタ切れと夏休み | トップページ | 南佐久郡 国立天文台野辺山~こんな所にこんな物が!の二十六景 »

2014年7月12日 (土)

北杜市 仙人小屋 川魚イクラ丼、きのこの天ぷら

Dsc_5286


Dsc_5287


Dsc_5290


Dsc_5292


Dsc_5303


Dsc_5304


Dsc_5330


Dsc_5309


Dsc_5310


Dsc_5312


Dsc_5315


Dsc_5316


Dsc_5317


Dsc_5321


Dsc_5323


Dsc_5325


Dsc_5326


Dsc_5328

いつもは御殿場インターから富士五湖有料道路に乗り、中央道経由で行く。

しかし、今回は新東名富士インターで降り、一般道から甲府まで行き、

甲府から甲府南インターから小淵沢まで中央道を利用する。

時間的には途中、ガソリン給油とコンビニでコーヒーを買うタイムロスがあったが、

余裕で仙人小屋まで到着出来た。

開店40分前に到着したので、今までのルートと比べ、ほとんど遜色無い!と言える。

これで、須走から甲府南までの高速料金が節約できる。

このルートの難点は、西富士道路の若干の渋滞と、一般道を走るが故に、

大型車や軽自動車の亀運転がある。

だが、それがあっても、時間的に余裕がある。

良いルートを見つけたぞ!(今頃気が付きましたw)







さて、夏休みである。

私だけが夏休みである。

いつもなら北海道に行くのであるが、今回は何故か躊躇いがあった。

大体、ひと月前に予約確定なのだが、今回は神のお告げがあった。

「おまえ、今年は北海道はやめておけ!」

神は理由を述べずに消えてしまった。

私は北海道はやめ、九州上陸を試みた。

しかし、何故か予約確定ボタンを押す気にならない。

そして夏休み数日前、台風発生、ヤバいよヤバいよの報道を知る。

なるほど、神はこれを私に伝えたかったのだ。

でもね、休日に出掛けないと、私はおかしくなってしまう!

様々なプランを考えて、とりあえず今回は仙人小屋へ。

山菜か筍を食べる為に行こう!と思っていたが、機を逸した。

新鮮な筍の天ぷらや、焼き筍を食べたかった。

あの美味さは忘れられない。

丁度開店時に訪問する。

先客がいたが、悩んでいる間に注文した。w

注文したのはイクラ丼とキノコの天ぷら。

イクラ丼の魚は聞かなかったが、サクラマスのようだね。

キノコはこの時期から出始めているらしい。

肉類が魅力の仙人小屋だが、この時期は肉類はどうでしょうか?

冷凍ものとはいえ、旬は冬。

マタギ汁もあったが、旬を味わうべく、イクラ丼とキノコにした。

やがてイクラ丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!










2月に来たのだが、顔ぶれにかなりの変更があった。

接客担当の旦那は「ニセ仙人」っと言っていいだろう。w

話術が巧みで、接客には適任である。

調理担当に若き頃のツノダ☆ヒロのような方が居る。w

どちらにしても、仙人小屋も明るい雰囲気になった。

人気店ゆえに休日は戦場の様な忙しさ。

仙人、良いスタッフに恵まれましたね。

ところで、接客担当の旦那、出身地を聞いて驚き!

ほぼ同郷。w

なんか盛り上がっちゃいました。w

まさかここで、こんなに身近に感じる人と出会うとは!w

あの時の客、私なんです。w








話が盛り上がる中、まずはイクラ丼を・・・モグモグ・・・ウメええええええええええ!!!

鮭よりも品のある美味いイクラ丼!プチプチ食感が最高です!!!!!!!!!!!

味というか、タレがご飯に浸みているので、ワサビを混ぜながらいただく。

美味いよ~~~~~!!!

次にキノコ汁をいただく。

もう、これなくして仙人小屋は語れない!

ウマ~~~~!!!

次にキノコの天ぷら。

塩もイケるぜ!と言われたが、まずは天つゆで・・・うまあああああああああああ!!!!

野生のキノコの美味さは格別!!!

名前も知らないキノコは、普段は毒キノコじゃねえの?と思うものを、仙人の確かな目で、

確実に食用になるものを提供している。

ハッキリ言ってキノコの名前は分かりません!

でも放出される旨み成分は、口の中で踊る、踊る。

まるでキノコの阿波踊りじゃ~~~!(なにそれ?)

気が付きゃ完食。

いや~満足。

お腹いっぱい。

新生仙人小屋?は、待ち時間が減った気がします。

 

ここで一句

   仙人の

      弟子の皆さん

            千人か?

« ネタ切れと夏休み | トップページ | 南佐久郡 国立天文台野辺山~こんな所にこんな物が!の二十六景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事

天ぷら」カテゴリの記事