フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 日高屋 小田原店 チゲ味噌ラーメン、餃子セット | トップページ | 甲府市 どてやき下條 生ビール、レバー塩焼き、どてたまご »

2014年8月 1日 (金)

甲府市 十割亭 揚げなすそば、おろし付き

Dscn1956


Dscn1958


Dscn1939


Dscn1943


Dscn1945


Dscn1946


Dscn1947


Dscn1948


Dscn1950


Dscn1952

Dscn1965


Dscn1959


Dscn1962


Dscn1963

桃狩りとかブルーベリー狩りとか梨狩りとかいろいろあるけど、やってはみたいが、

そればかり腹いっぱい詰め込むのはイヤだ。

苺狩りも小さい分、幾らでも入りそうだが、入るようで入らないものだ。

同じ考え方で食べ放題があるが、入るようで入らないし、結構飽きるものだ。

そのいい例が朝食バイキングである。

私としては相当詰め込んでもいいはずだが、腹8分以下にしている。

私は「元を取ろう!」という考えはない。

少なくとも食事に関しては元を取る考えはない。

従って、バイキング、食べ放題、○○狩りは素通りしてる。

私はパチンコでドル箱詰み放題の方が、幸せである。w











腹がそれほど空いていないのに、ブログのために何かを食べるか?と言うときがある。

そんな時は蕎麦を選ぶことが多い。

蕎麦なら多少詰め込んでもカロリーも低く、腹の負担も少ない。

しかし!高速のPAやSA、駅構内の立ち食い蕎麦は例外だ。

蕎麦粉が少なく、小麦粉が多い。

蕎麦粉は高いんです!蕎麦が安いのは蕎麦粉の比率が低いから安いんです。

そんな折り、最近頻繁に利用している精進湖~甲府間。

この道路沿いに蕎麦粉十割をうたう店がある。

何度も通り過ぎるうちに、「ここはいいかも?」と思った。

余計な潜入感を持たないうちに寄るべきだと思った。

そんな7月の酷暑日に、立ち寄った。

駐車場は店の横にかなりのスペースがある。

しかし、どこかと一緒なんでしょうか?

蕎麦屋の隣に小さな会社もあるようです。

どこに止めても良いようなので、適当に止めます。

店内に入ると、靴を脱いであがります。

日曜ということで、店内は賑わっておりました。

ほぼ満席状態でしたが、すぐに案内されます。

店内は古民家風です。

テーブル席とカウンター席があり、私は窓際のカウンター席に案内されました。

カウンターやテーブルは黒を基調としています。

接客担当の女性が2人、忙しそうに駆けずり回ります。

結構なキャパがありますね。

メニューを見ると、当然の事ながら十割蕎麦がメインです。

蕎麦通ならそれがいいのでしょうが、私としては食事として満足できるかどうか?

それが重要なので、違うメニューにします。

そんな中で、揚げ茄子蕎麦のメニューが目を惹きます。

揚げ茄子蕎麦860円を注文しました。

いつもなら大盛りですが、今回は普通盛で。

さほど待たずに蕎麦登場、記念撮影をし、いただきま~す!










なかなかいい景色ですね。

茄子のコントラストと茎ワカメ、おろしが美しく盛られています。

薬味がネギに紅葉おろし、ワサビですかね。

まずは茄子を一口、モグモグ・・・揚げ茄子はいいね~~~。

私は揚げ茄子の煮浸しを酒のツマミにしたりするので、大好きなんですよ。

ここで、薬味も全部投入し、混ぜ混ぜして食べます。

蕎麦を啜ります、ズルズル・・・二八の御蕎麦ですが、まあまあですね。

今回は揚げ茄子や薬味も投入したので、蕎麦の繊細な部分は消されますが、

美味しいと思います。

茄子もダシに浸すことにより、美味さ倍増!さらに茄子の油がダシに混ざる。

蕎麦の量は多い方ではないでしょうか?

普通盛ですが、食べ応えがあると思います。

隣で食べていた老夫婦のほうとうも凄いボリューム!食べ切れないでしょう!w

そういえば、こちらの老夫婦、ご主人の蕎麦が先に出され、奥様がまだか、まだかと

言っていた。

ほうとうは時間がかかるものですよ。

蕎麦と同時に提供されるほうとうなんかおかしいでしょう?

でも、蕎麦も夫婦なんだから一緒に提供してあげればいいのに、と思ったけどね。





大根おろしは普通の大根でした。

特に辛味などがあるわけでも無く、マイルドな味わい。

茄子の上に鰹節がかかっていたので、香ばしさもありましたね。

接客のお姉ちゃん、フル回転だが、お客がどんどん来るし、大変だね。

今回は日曜日だったが、平日だともっと落ち着けるかな?

味も雰囲気もいいと思いますが、混雑時は外した方がいいかと思った。

ところで、このメニューにも蕎麦湯が提供される。

どんぶりに蕎麦湯を注ぎ、全部飲み干しました。

満足満足。

それにしても、食べ終えたころ、ようやく汗が引いた。w




涼を求めに藤垈の滝へ向かう。

結構、車で走りましたよ。

そうしたら、これが滝?

何これ!

 

ここで一句

    そば処

       涼みどころと

             違います

« 小田原市 日高屋 小田原店 チゲ味噌ラーメン、餃子セット | トップページ | 甲府市 どてやき下條 生ビール、レバー塩焼き、どてたまご »

そば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

山梨県 グルメ」カテゴリの記事