フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

秦野市 中華 昌隆 坦々麺C、鍋貼

Dscn3171


Dscn3159


Dscn3161


Dscn3163


Dscn3165


Dscn3166


Dscn3168

日テレで放送中の「地獄先生ぬ~べ~」なんだが、主演が千原ジュニアかと思った。

しかし、関ジャニの丸山だとすぐに分かったが。w

ドラマが何であれ、千原ジュニアをドラマの主役にするわけがない!

まあ、顔が似ているな、と思ったわけだがね。w

ああ、パロディーで千原ジュニアなら当然、ありでしょう!










お久しぶりの昌隆。

トロミ坦々麺を出す店なんだが、トロミ坦々麺と言えば小田原の四川。

私も何度かお邪魔している。

http://zard.air-nifty.com/blog/2010/06/post-4e3a.html

http://zard.air-nifty.com/blog/2010/09/post-b497.html

美味いには美味いが、並んでまで食べたいとは思わないな。

並ぶ根性が無くなった、というのもあるけどね。

昔は並ぶことにステータスを感じていたが、今は並ばない事がステータス。

並んで待っている時間があれば、他に何かが出来る。

そんな気がする。w

丁度11時にお邪魔したつもりだが、店内には6人、先客がいた。

「相席でお願いします!」というので相席に。

この店はテーブル席しかないので、混んでくればそうなる。

約2年ぶりにお邪魔するが、注文したのは坦々麺Cと餃子。

坦々麺が900円で餃子が480円。

合計1380円は中華と言うことを考えると、少々割高。

だが、少々割高感を感じても何故か食べに来る魅力があるんだね。

この店では先客次第だが、待つ。

厨房は恐らく店主一人で鍋をふるっているのだろう。

従って、15分くらいは当然の待ち時間。

私も待たされたが、やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








今回は辛さに関して、上から2番目のCにした。

特辛があるが、私はⅯ男ではないのでCで十分。w

餃子も当時に提供される。

まずは餃子をいただく。

この店の餃子は大きめなので、480円という価格も何となく納得。

女性は餃子だけで腹いっぱいになるのでは?

一応、醤油と酢でタレを作るが、私は卓上の何というか分からないが、

ラー油の浮いた辛子味噌のようなものを餃子に付けて食べる。

個人的にこの食べ方が一番好き。

少々塩気の強い辛味噌が餃子の味を引き立てていると思う。

次に坦々麺をいただく。

この店の麺は乾麺である。

搾菜や挽肉の入ったトロミの強いスープに麺をからませる。

そのまま啜ると熱さと辛味が口の中を攻撃する。

餡というかスープは塩気が強い。

化学調味料もたっぷり入っている。

乾麺使用なので、何となくジャンクな雰囲気も漂わせる。

だがこのジャンクな感じがいい。

麺を食べ終えた後、スープの中の搾菜を掬い出し食べる。

この時、スープはしょっぱいのでなるべく、スープは掬わないようにする。

ライスが合うと思うが、このスープにライス投入をしている方は見たこと無いかな?

餃子は全部辛味噌で食べた。

餃子は野菜中心であるが、アッサリし過ぎずコクもある。

焼き加減も秀逸。

味が濃くて、体に良さそうではないが、また食べたくなる。

そんなお店です。

 

ここで一句

      濃い目だと

          中毒性が

               あるのかな?w

2014年10月30日 (木)

小田原市 西湘PA(上り) みそラーメン

Dscn3154


Dscn3155


Dscn3156


Dscn3158

いきなりなんだがこの味噌ラーメン、乾麺ですね。

パーキングエリアって冷凍麺か生麺使用だと思っていたが、乾麺だよ。

間違いなく乾麺なんだが、スープもこの乾麺に添付してあるものかね?

別に乾麺を使ってはいけない!とは言わないが、多分PAでは初めての乾麺。

http://zard.air-nifty.com/blog/2012/07/post.html

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/11/post-8.html

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/04/post-c348.html

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/07/post-19.html

これで5回目だが、冷し坦々麺以外ラーメンは食べてないね。w

問題なのは美味いか不味いかなのだが、食べちゃったね。

ただ、メニューにたまり醤油ラーメンっていうのがあったわけだ。

たまり醤油で乾麺使用なんて・・・何となく千葉県富津の竹岡ラーメン思いだした。

梅乃家をね。

これ、たまり醤油ラーメンは竹岡式じゃないのか?

謎が謎を呼ぶが、誰か食べたひといる?

 

ここで一句

    狭いけど

        なぜか立ち寄る

              このお店

2014年10月29日 (水)

北杜市 自然屋 八ヶ岳定食

Dsc_7501_2


Dscn3144


Dsc_7479


Dsc_7481


Dsc_7482


Dsc_7486


Dsc_7490


Dsc_7493


Dsc_7496


Dsc_7498

私、阪神ファンなんですよ。

今年の日本シリーズは阪神タイガースと福岡ソフトバンクですね。

阪神ファンとしては、棚からぼた餅というか、ぼた餅が棚にあったというか・・・

玄関開けたら2分でご飯とか?

思えば今年の阪神は盛り上がらなかった。

最終的に2位だったのだが、面白くない。

それは和田監督の采配!と言われていたが、その和田監督、来年はオーナーに、

「絶対優勝」と言われての来年の1年契約らしい。

今年日本シリーズ優勝したらどうなるのかな?

それよりも、川に飛び込むのはやめましょう。

道頓堀川、汚いですよ。

優勝したら川掃除!これがいい!





八ヶ岳の清泉寮にパンを買いに行ったら、物凄い群衆と車。

何とかパンを買うことは出来たが、あまりの群衆に即退散。

途中、東沢橋周辺で観光客が少し早い紅葉を楽しんでいる。

私も車を止めると、紅葉を撮影する。

まだ、今年の紅葉はどこに行くか決めていない。

私の休日と天気を吟味し、ギリギリまで待ちたいと思う。

その後、車を小淵沢方面に走らせると、いつものところに立ち寄る。

「車と人がここでも凄い!」

仙人小屋の前には長い行列ができている。

そして駐車場はびっしりである。

私は車を少し離れた空き地に止めると、仙人小屋には行かず、自然屋に向かう。

まるまる1年以上ご無沙汰してしまった。

自分としては今年の筍の時期に訪問したかったのだが、断念。

しかし、店を移転されると情報を得て、何としても移転前にお邪魔をしたかった。

それにしても仙人小屋、数年前は店主と話をしながら食事をしたのだが、

とてもじゃないが、そんなのんびりした店ではなくなったようだ。

自然屋に入ると、こちらは8割方席が埋まっている。

私はカウンター席に案内される。

何を注文しようか考えるが、目の前に八ヶ岳定食の看板があったのでそれにした。

少し待つとの事だが、重々承知と納得し、山菜図鑑を眺める。

・・・世の中、結構食べられる植物が多いのね!w

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!








お久しぶりでしたが、店主が気が付きご挨拶。

その後もお客が来るので、移転の話はお会計の時に伺いましょう。

まずはご飯とキノコ汁、プレートの乗った物がくる。

初めて注文する八ヶ岳定食だが、今回は秋の八ヶ岳定食と言うことで、

天ぷら、イワナの刺身、きのこのおろし和え、山の幸プレートとなる。

更に山の幸プレートにはきのこオクラ豆腐、隠元山葵マヨネーズ、きのこ酢の物、

きのこと牛蒡のキンピラ、白菜漬物、胡瓜辛子味噌となる。

この内容で2500円である。

まずはキノコ汁から、事逗ず図・・・うめぇええ~~~~~~~!!!!

仙人直伝のキノコ汁であるが、久しぶりのキノコ汁はアレンジされていた。

汁物として汁の部分が仙人よりも多いが、吸い物の様なそれは、キノコの旨みが溢れる。

仙人よりもとろみ感は無い。

キノコのお澄ましと言ってもいいかもしれない。

あ~~~これは美味い!

次にプレートの中の物を食べていると、天ぷらが登場。

天ぷらは天つゆもいいが、塩も付いているので、好きな方法で食べるといい。

天ぷらの内容はイワナの稚魚ですかね?キノコ類と山の幸が盛り込まれる。

まずはお魚を塩で、美味い!!!!!

キノコ類は天つゆでいただきました。

マイタケは軸が太いですね。

他にもブナシメジの巨大なもの?の様なキノコもありましたね。

旨みが凝縮して美味い。

それと、この店の特徴として、天ぷらの衣が薄衣なんですね。

揚げの技術が高くないと、薄衣は難しいのですが、サクサクした食感は最後まで有り。







次に焼き物がやってきました。

マイタケと縮んだエリンギというかしめじというか。w

これは素焼きなので、一緒に提供された醤油タレをかけて食べて欲しいとの事。

少しかけて食べます。

マイタケを最初に食べましたが、これも軸が太く旨みが濃い。

シャキシャキの食感が楽しい。

そしてイワナの刺身ですね。

モグモグ・・・あ~~~うめええええ!!!!!!!!!!

この時期のイワナは味が濃いですね。

刺身として旨みを十分感じますよ。

やがて完食。

仙人小屋の様に、一種類の物を大量に食べさせるのも魅力だが、今回の様に、

この時期の旬を様々な調理方法で食べるのも多いに魅力がある。

前菜、揚げ物、焼き物、刺身と懐石に通じる流れを味わいました。

何よりもお腹lがいっぱいになりました!

この日はこれだけしか食べませんでした。

最後に会計時、移転先を伺いましたら、今よりも少し下ったところらしいです。

詳細は自然屋さんのブログで発表するそうです。

来年早々、移転らしいです。

お祝いを持って、伺います。w

 

ここで一句

     移転後は

         雪の量は

             減りますか?

 

2014年10月28日 (火)

北杜市 東沢橋、八ヶ岳高原大橋~クラシックカーも含めた二十三景

Dsc_7418

Dsc_7420

Dsc_7422

Dsc_7423

Dsc_7425

Dsc_7427

Dsc_7438

Dsc_7441

Dsc_7442

Dsc_7443

Dsc_7451

Dsc_7454

Dsc_7458

Dsc_7464

Dsc_7465

Dsc_7467

Dsc_7474

Dsc_7512

Dsc_7514

Dsc_7506

Dsc_7508

Dsc_7511

Dsc_7516

確か一昨年も偶然クラシックカーレースに遭遇したね。

http://zard.air-nifty.com/blog/2012/10/post-12.html

よほど御縁があるのでしょうか?

そう言えばこの日、清泉寮の駐車場はどこも満車!

ポールラッシュ祭が開催されていたらしいが、それにしても凄い!

今まで何度来たか忘れたが、これほど人と車が押し寄せたのは見たことが無い!

事前に分かっていればもっと早く来たのに・・・w

まだ紅葉真っ盛りではありませんが、青空を含め綺麗な画像が撮れました。

 

ここで一句

   車より

     何があったの?

            ポールラッシュ

2014年10月27日 (月)

御殿場市 つけ麺 白虎 つけ麺黒 大盛り

Dscn3120


Dscn3123


Dscn3126


Dscn3128


Dscn3129


Dscn3131


Dscn3133


Dscn3134


Dscn3135


Dscn3137


Dscn3138


Dscn3139

脇が甘い、という言葉がある。

でも脇が辛い、という表現はない。

今更であるが、小渕優子は脇が甘かったな。

あんな素人でも分かる収支報告書を何故、作成したのか?

まさしく脇が甘かったのであろうが、管理チェックの重要性を再認識した。


山梨方面への行きと帰り、この店の前は何度も往復した。

途中には看板もあり、店のアピール度は高い。

しかし人間不思議なもので、ラーメン屋がそんなにアピールをしてどうする?と思い、

なかなか立ち寄ろうとしなかった。

そうだよ!本当に美味ければ宣伝なんかしなくてもお客は来る!きっと来る~。

そんな偏見もあったが、毎度のごとく濃厚豚骨魚介系はもういい、というのもある。

そんな時、246号沿い食べ歩きをやっていて、あそこもいいのでは?と思い、

ついに店に入る決心をしました。

前置きが長いが、たまにつけ麺が食べたい時もあるし。w

11時開店のようだが、ほぼその時刻に入店する。

券売機で食券を購入するシステムなのだが、いろいろ種類が多い。

つけ麺には黒、白、泥とある。

黒が豚骨魚介系、白が淡麗醤油スープ、泥が超濃厚系となり、ラーメン類もある。

さて、どれにしましょうか?

個人的に淡麗系を食べたい気がするが、濃厚豚骨漁家系の黒にしましょう。

つけ麺黒の800円と大盛り100円で900円です。

茹で時間に11分かかると書いてある。

仕方がないので、黙って待つ。

因みに先客は数名、店内は白と黒を基調としている。

店内も駐車スペースも広いが、空席が目立ちますね。

カウンター席がメインだが、テーブル席も多め。

携帯を見たり、新聞をチラ見したり、表を見たりしておちつき無く過ごす。

やがてつけ麺登場、記念撮影をし、いただきま~す!



茹で時間11分も納得の麺の太さだな。

大盛りを注文したが、それほど歓声をあげるほどでもないが、大盛りです。

つけ汁にはメンマやチャーシューなどが沈んでいるが、見た目は発見できず。

まずは麺を箸でつまむとつけ汁にダイブ!そして啜る。

ジュる・・・モグモグ・・・美味い!!!!!

つけ汁は今まで食べてきたこの手のつけ汁としては可もなく不可もなく。

しかし、麺が凄い!

六厘舎のコンセプトを思いだした。

麺が歯を押し返すようなインパクトがあり、尚且つ旨みもある。

自家製なんでしょうか?スープに応じて5種類の麺を使い分けるとある。

その中でも一番の太麺と思われるこの麺だが、これは美味い!

久々に麺にインパクトのあるつけ麺です。

食べ飽きたと思われていた濃厚豚骨魚介系ですが、この麺ならグッド!

あ~でも惜しいな~。

これだけ美味い麺だが、つけ汁に勝っているよね。

つけ汁も悪くはない、卓上の魚粉を足すと、旨みが増す。

それでもこの極太麺が勝っているね。

千葉のフードコートとは比べ物にならないくらいが美味いが・・・

チャーシューはかなり軟らかい。

チャーシューにも味が染みているが、肉汁感は乏しい。

最後に卓上のポットにある割りスープでつけ汁を割り完食。

なかなか美味い!特に麺!

残り4種類の麺も食べたくなりました。

ところで富士山盛がありますね。

300円アップか・・・

面白そう。w

 

ここで一句

    麺が良い

      それを世間は

            イケメンと?

2014年10月26日 (日)

沼津市 むすび屋 カキフライ定食(豚汁)

Dscn3108


Dscn3119


Dscn3110


Dscn3111


Dscn3113


Dscn3114


Dscn3115


Dscn3116

近頃、ラーメンを食べる機会が増えているかな?

寒いもんね!

しかし、鍋物は12月にならないと・・・

私は暑さには弱いが、寒いのには強い!w

分厚い皮下脂肪のおかげで、寒さを感じない。w

これからの季節、海鮮物が美味しい季節ですよ。

寒いけど、刺身が美味しい時期です。

1年ほど前から目をつけているお店があります。

今度こそ、そこに行くぞ!

その前に沼津に行くか。









にし与に行ったら定休日。

久々に、にし与に行こうとしたら休み。

こんなものですね、常連ぶっていてもこんなものです。

え~、丸天には入りたくないし、ずぅにするか?

むすび屋が空いていたのでむすび屋に入りました。

この店も良い店なんですが、私としてはすこ~しボリューム不足。

ご飯大盛りも良いけど、おかずのバランスを考えると・・・

しかし、この店ではお勧めのボリュームアップ方法があるのです。

店の中に入ると、メニューを眺めます。

本日お勧めのメニューがありますが、のどぐろの煮つけ定食もあるね。

価格は・・・2000円オーバーか。w

中トロ鉄火丼もいいな~、でもカキフライ定食にしよう!

私はカキフライ定食1280円に豚汁60円をプラスした。

味噌汁が具だくさんの豚汁に変更するだけで、ボリュームアップします。

でもよくよく考えると1340円、かきフライとしてはいい値段ですかね?w

注文後、先客の注文がまだだったので、少し待ちます。

常連らしきお客は鍋焼きうどんか?前回はカツカレーの客がいたな。w

やがてカキフライ登場、記念撮影をし、いただきま~す!







カキフライは5個か、大粒ではないね。

他に鮪の山かけが付き、珍味でもずくですかね?

タルタルソースとおろし大根が付く。

これは海老フライの時と同じですね。

そして具沢山の豚汁と香の物。

ご飯は割と多い方だと思う。

まずはタルタルでカキフライをガブリ、むほ!美味い。

大粒ではありませんが、なかなかジューシーです。

フライはサクッと揚がっており、美味しい。

次に大根おろしで食べてみます。

カキフライを大根おろしで食べるのは初めてです。

フライの上におろしをのせ、パクリ!モグモグ・・・あっさり美味い!

この食べ方もなかなかいいと思います。

フライなので、さっぱりした味わいは5個では足りないほど!w

結局、ソースはキャベツだけにかけて、カキはタルタルかおろしでいただきました。

ご飯は一般的なボリュームだと思います。

それでも食べ進むうちにカキフライが無くなり、豚汁とご飯だけになります。

ここで豚汁にして良かった!と思います。

豚汁の中はジャガイモ、肉、大根、ニンジンなど具が沢山なので、交互に食べます。

豚汁定食でもいいくらいだね。

今度、豚汁定食を設定してくれませんか?w

やがて完食。

久々に来ましたが、定食類でも丼ぶりでも、沢山食べたい方は豚汁をすすめます。

60円追加なので、ぜひどうぞ。

やまかけはご飯にかけてズルズルいきました。

トロロが少々緩いかな?

 

ここで一句

    定食に

       豚汁付けて

            背デブかな?

 

2014年10月25日 (土)

駿東郡 ら~めん処 じぇんとる麺  じぇんとる麺(並)

Dscn3105


Dscn3097


Dscn3099


Dscn3100


Dscn3101


Dscn3103


Dscn3104

エボラ出血熱の感染がじわじわと広がりつつある。

アメリカで感染が広がれば、日本に来るのは時間の問題でしょうね。

そういえば、デング熱の感染が広まった時、まことしやかな都市伝説が広まったという。

「デング熱 都市伝説」で検索すると、いろいろ出てくる。

政府の陰謀が根底にあるが、あくまでも都市伝説。

信じる信じないはアナタ次第。

しかし、エボラが広まったら都市伝説どころの騒ぎではない。

パニックになる。

都市伝説よりも、万が一の防疫策を読んだ方がいい。

同じ名前のお店が新潟にもあるね。

何かつながりがあるのか?当分、新潟には行かないと思うが。

この店の情報は全く無し。

たまたま看板を見つけたら、お客が並んでいるので立ち寄った次第です。

行列は4~5名ほど。

店の前の壁にメニューが貼ってあるので眺める。

どうやら家系というか横浜ラーメンスタイルの様ですね。

家系と横浜ラーメンを一緒にすると、ラーメン通からお叱りを受けそうだが。w

チャーシューメンにしようと思ったが、並んでいる時点で具沢山のじぇんとる麺にした。

すると中からスタッフが出てきて、食券を買ってくれという。

中に入ると券売機がある。

基本的にラーメンの味は一種類。

トピッングがいろいろあり、つけ麺がある。

他に餃子や小丼ぶりなど。

私は予定通り、じぇんとる麺並1050円を選ぶ。

並で1050円だと高い印象だが、チャーシュー、味玉、海苔、ネギなど具が多い。

食券を買い、表で再び待つと今度は食券頂戴と、別のスタッフが。

初めてだから言うなりにする。

やがて、先の4人組を飛ばし、私をおいでおいでをする。

席が空いているので、先に座れという。

4人組をおひけえなさってと失礼し、なかへ。

中はカウンター席とテーブル席。

当然、カウンターに座り待つ。

それにしても落ち着かないね。

厨房が一段というか2段くらい高い、そのせいでしょうか?

麺を茹でるのに時間がかかるようで、待たされます。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!



家系ラーメンで間違いないですね。

まずはスープを事頭頭z・・・むふ、美味い。

鶏の脂を感じつつも白濁した豚骨スープはなかなか美味しい。

醤油豚骨スープですが、私はクリアーな旨味を感じました。

ガツンとくるというより、旨みがサラリと流れる印象。

クセなどは感じません。

ところで、私は家系は必ず味薄目で注文します。

このお店、家系なのは間違いないのですが、麺の茹で加減など味の込は一切、

聞かれませんでした。

他のお客も聞かれた様子は一切無し。

そういうシステムなんでしょうね?

スープの味の濃淡ですが、ショッパイとは思いませんでした。

味薄目よりも少し濃いかな?そんな印象でした。

それにしても基本のスープが美味い。

通常であればニンニクを入れたり、豆板醤を入れたりするのですが、このままで十分。

それでも半分ほど食べたところで、ニンニク、豆板醤、生姜を入れました。

勿論、コショウも。

麺は太麺ややストレート。

一般的に「家系だな~」と思われる麺です。

麺は結構、カタメの仕上がりですかね?

加水率の低さを感じる麺ですが、食感、のど越し、味わい共にいいですね。





生のキャベツが乗っていますね。

伊豆の吉田家を私は思いだしました。

スープに浸し、キャベツをしんなりさせます。

ネギが中央にこんもりと盛られています。

その下にチャーシューが3枚ですか、大きめのチャーシューです。

チャーシューは脂がまばらですね、軟らかく煮こまれています。

味付け玉子が1個ついております。

こちらはとろ~りとしたものではなく、ゼリーのような感じです。

並なのであっという間に完食。

スープもショッパイと思わなかったので、ほとんど飲み干しました。

なかなか美味しいと思います。

行列するのも納得ですね。

行列があっても回転は速いですよ。

次回、つけ麺に挑戦したくなりました。

 

ここで一句

     紳士より

        肉食系が

           お好みか?

2014年10月24日 (金)

御殿場市 駒門PA(上り) チャーシューメン大盛り

Dscn3085


Dscn3086


Dscn3087


Dscn3089


Dscn3092

Dscn3093

Dscn3095

まさかここで食べる為に東名に乗ったと思っていませんか?

高速に入らなくてもここには来ることが出来るのです。

国道246号をひた走り、駒門風穴の看板を見つけたら風穴と反対方向に進む。

ナビがあるのが当たり前の時代なので、迷う方はいないと思うが・・・w

前回の冷やし坦々麺はいけません!あれはいけません!

やはり定番メニューを注文するのが良いだろうと思い、再訪問。

元々この店はパーキングエリアとしては美味しい方です。

麺の大盛り、定食のご飯、味噌汁、キャベツがお替り自由なんて・・・

思わず尾崎豊も「自由だ!!!」と叫んだことでしょう?

今回はカレーかラーメンにしようと思っていましたが、チャーシューメン大盛りに。

チャーシューメン大盛りが850円なら、良い方だと思いますよ。

ところで私、いつも上り線の方ばかりですね。

下り線のパーキングエリアに行けばいいのに、いつも上り。

なんででしょうか?

自分でもよく分かりません!w

まあ、人間常に上を目指せよ!と言うことにしておきましょう。

食券を購入し、暫くすると呼ばれた。

胡椒とニンニク、豆板醤を少々投入する。

調味料は自由に使えるので、ケチャップを入れたい方はどうぞ。w








まずはスープを、事逗ず図・・・水の勝利だな。

在り来たりの業務用醤油タレでも、使う水が美味いとここまで味が違うか?

何しろ、表には天然水の汲み場があり、引っ切り無しに水を汲みに来ている。

味としてはまろやか。

最初はどこにでもある様なラーメンだな、と思っても食べ進むうちに美味く感じる。

天然水も美味いが、水道水も美味い。

麺は気のせいか、プリプリ感をより一層感じる。

チャーシューは可もなく不可もなく。

厚みもあり、大きめの方だと思いますが、少々肉質がかたいかな?

メンマは坦々麺の時と一緒。w

大盛りを注文しましたが、量的にはまあまあでしょうか?

スープも全部いただきました。

森田健作知事、やはり水の良し悪しは大事ですよ。w

パーキングエリアで掟破りなサービスをする駒門、また行きます。

 

ここで一句

     自衛隊

        裏道進み

             演習中?

2014年10月23日 (木)

千葉市 麺屋心 イオンモール幕張新都心店 チャーシューつけ麺(大)

Dscn3063


Dscn3067


Dscn3064


Dscn3068


Dscn3070


Dscn3076


Dscn3077


Dscn3078


Dscn3080


Dscn3082

「騒いだところで、誰も幸せにはならない」

ネットでいろいろと検索をし、辿り着いたある方のエッセイにそんな事が書いてあった。

詳細は割愛するが、「なるほどな」と思った。

事件事故に不本意ながら巻き込まれながら、敢えて静観し、成り行きを見守る。

自分の周囲はそれに対して「助言」という名のお節介や、介入をしたがる。

場所を代えて本人不在の論戦をする。

その喧騒に首を突っ込んだりすれば、望まぬ以上の大騒ぎになる。

騒いでもうるさいだけ、誰も幸せにはならない。

事件事故の解決は静かに見守るしかない。

私はそう、受け止めました。

でも、泣き寝入りはダメだけどね。








時に心は暴走する。

ギャンブルでも負けているのに、抑えが効かないとか。

多分、がっかりするからやめておけ!と思っても食べてしまうとか。

私は親子丼を食べ終えると、3Fに行った。

ライブキッチンで食事をするためだ。

何を食べるかはすでに決まっていたが、一応店舗検索をする。

しかし、初志貫徹。

私は麺屋心に行った。

この店もすべてセルフサービスの店である。

ライブキッチンすべてセルフのフードコートになる。

麺屋心は二郎系のガッツリラーメンと濃厚豚骨魚介系のつけ麺がある。

その他にも味噌ラーメンがあり、醤油ラーメンがある。

方向性を絞らず、どんな客の好みにも対応ができる時点でやめれば良かった。

私はカウンターでチャーシューつけ麺大盛りを注文した。

値段は900円、チャーシューつけ麺の大盛りと考えると、安い方かもしれない。

いつもの如く、呼び出しブザーを渡されると、店の見える範囲で待つ。

店が見えないところだと死角になり、ブザーが鳴らないらしい。

それと、麺の茹で時間がかかるので、10~15分お待ちくださいと言われる。

私はスマホが無いので、ぼけ~~っと待つことにした。






2時過ぎのフードコートの客というのは、私の様に一人のオヤジが多いようだ。

勿論、家族連れの姿もちらほら見かけるが、男の一人飯が多い。

麺屋心の周囲には反対側には豚骨ラーメンの店があり、正面には中華の店がある。

隣は海鮮丼を提供する店の様だ。

「ああ、筋ねぎ焼きか?あれにすれば良かったか?」

このブログの中にはお好み焼きがまだ無い。

そんな意味合いでも粉物の店にすれば良かったな。

豚骨ラーメンの隣のお好み焼きの店を見て、そう思った。

何でもそうだが、落ち着けばいいのだ。

最初につけ麺が食べたいと思っても、じっくりと考えれば己のブログにお好み焼きが

追加されたかもしれないのだ。

何故か私の心は迷っていた。

すると、ブザーが鳴動する。

私はカウンターに行くと商品を受け取る。

つけ汁にコショウをかけ、テーブルに戻る。





チャーシューがカナダポークの様な艶だな。

つけ汁もパワーを感じない色合い。

麺も艶があるが、麺の色にパワーを感じない。

私は麺をつけ汁につけ、啜る。

なんか麺が水っぽいね。

コシとかのど越しはいいのだが、変に水っぽい。

何でこんなに水っぽいのだ?

ああ、そうだ。

千葉の水は不味い。

その不味い水で麺を〆ているのだ、水っぽく感じるわけだ。

私はセルフの水を取りに行き、飲んでみる。

ああ、不味い。

森田健作知事、千葉の水は不味いよ。

久しぶりに千葉に来て、水の不味さを思いだした。

つけ汁は第一印象の通り、濃厚豚骨魚介系としては濃度が足りない。

これを食べやすいと思うか?物足りないと思うかは個人差があるだろう。

フードコートだから・・・と考えてはみても、千葉のアウトレットにあった富田は美味かった。




次にメインのチャーシューだが、肉の旨みが少ないですね。

ボリューム感はありますが。

つけ汁の中にもチャーシューやメンマがあるが、特筆する部分はない。

私はつけ汁に酢を足したがいまいちかな?

なんだかんだ文句を言いつつも、麺は完食。

スープ割をするためにカウンターまで行き、ポットにあるスープで割る。

事逗ず・・・薄!!!!!薄いよ!波平の頭だよ!!!

お湯ですか?

元々薄目のつけ汁がさらに薄くなり、全部飲む気になりません。

ダメだこりゃ。

 

ここで一句

     つけ麺は

         スープ割まで

                客の物

2014年10月22日 (水)

千葉市 宮崎県日南市 塚田農場 イオンモール幕張新都心店 塚だま親子丼

Dscn3048


Dscn3049


Dscn3051


Dscn3053


Dscn3055


Dscn3056


Dscn3058


Dscn3060

さてと、またイオンモールに来たな。

幕張の駐車場から歩いて5分もかからない。

だだっ広い幕張メッセの駐車場だが、CEATECだとかなり手前に止められる。

前回はオムライスとパスタを食べたので、違うのにチャレンジしよう。

まずは2Fに行き、本日最初の飯をどこにするか探す。

この日は大磯で朝飯を食べずに来た。

すると、宮崎県日南市の塚田農場という看板に目が行く。

前回もここにするか迷ったのだが、今回はここにした。

入口に親子丼が1250円~となっている。

この「~」は曲者であるが、余計なものを注文しなければ1250円だ。

正直、「たけええ~!」と思うが、どの店もショバ代を乗せているのでやむを得ない。

メッセの中にも弁当やレストランがあるが、食べる気が起きない。w

店内に入ると、スタッフが席を案内してくれる。

すでに2時近いためか、客はまばら。

店内はイミテーションだと思うが、木製の柱を生かしたクラシカルな内装。

ところどころに提灯を配置し、日本の祭を連想させる。

店内は変則的なテーブルレイアウト。

カウンター席は無い様だ。

平日ということもあるだろう。

一応メニューを見るが、汁そばなど興味を惹くものがある。

しかし、親子丼でいいでしょうj。

親子丼を注文すると、「ご飯の量は?」と聞かれた。

この時点で大盛りが無料なのであろうと推測できる。

私は麺類は大盛りにしても、ご飯類は大盛りにしないので、普通で頼む。

ああ、、、でも大盛りにすれば良かったかな?

前回のオムライスの件もあるし。

そしてさほど待たずに親子丼登場、記念撮影をし、いただきま~す。








このところ、他の客のロットと同時に調理されることが多いようだ。

後から来たカップルの注文と一緒に調理され、後からきたカップルに先に提供。

小さなことだが面白くない。

面白くないが、ネチネチうじうじしても仕方がない。

ここは大きく寛大な心で・・・w

丼ぶりは大きめだね、浅漬けが食べ放題だというが、そんなに食べないよ。w

蓋を開けると・・・美味そう~~!に見えないね。w

私の撮影技術が未熟なためかもしれないが、微妙な見た目。

玉子の黄身がオレンジ色のためかもしれないが、加熱時間が長いためか、

一番美味そうに見える瞬間を逃したものに見える。

まあいい、食べてみよう。

レンゲがついているが、私は箸で食べることにした。

ぱくり、モグモグ・・・う~~ん、スモーキー、フレーバー。

宮崎名物の焼き鳥、ジトッコでしたかね?炭火焼の焼き鳥の香ばしい匂いが、

口の中に広がる。

鶏は割と弾力感がある。

しっかりした歯応えの中から、肉の旨みと炭の香りが同時に放出。

肉は美味いね。

次に味の要の玉子と割り下だが、玉子は特に濃厚だとかいうものはない。

割り下は上品な感じですね、味濃い目の好きな方は物足りないかも?

特にダシの旨みを感じるとか醤油が主張してるとかもない。

女性や年配者向けの味付けかな?

ご飯はややカタメの仕上げでしょうか?

丼ぶり自体としてはツユダクの仕上がりですね。

ご飯全体におつゆが浸み込んでいます。

その分食べやすいですが、箸では食べ難いですね、確かにレンゲがありがたい。



味噌汁は特に可もなく不可もなく。

浅漬けもその名の通り、浅く漬けられた大根と胡瓜の食感が楽しい。

しかし、食べ放題だからと言って、目の前の物をすべて食べたいとは思わない。

ところでご飯の量ですが、大盛りにしなくて良かった?と思いました。w

結構ボリュームがありますよ。

やがて完食。

肉の香ばしさが印象的な親子丼です。

美味しいと思うけど、見た目が美味そうに見えないね~。

山梨の中村農場の親子丼と同じような色の玉子だけど、加熱し過ぎると、

微妙な感じになるのね?

でもご飯大盛りが無料なら・・・(確認はしてないが)。

さあ、もう一軒行くか!w

 

ここで一句

     親子丼

       加熱時間で

            イケてない?

2014年10月21日 (火)

幕張メッセ CEATEC2014~わかる人しか分からない二十七景

Dsc_7357

Dsc_7280


Dsc_7282


Dsc_7285


Dsc_7286


Dsc_7296


Dsc_7303


Dsc_7305


Dsc_7312


Dsc_7317


Dsc_7319


Dsc_7322


Dsc_7327


Dsc_7330


Dsc_7341


Dsc_7342


Dsc_7344


Dsc_7346


Dsc_7358


Dsc_7359


Dsc_7367


Dsc_7373


Dsc_7381


Dsc_7390


Dsc_7399


Dsc_7405


Dscn3084

このイベント、じっくり見物が出来て私は好きです。

何しろもみくちゃにされることもない。

質問も出来る。

お姉ちゃんもかぶりつきで見られる!w

そんな訳で3時間半ものんびり見物していました。

写真も気合が一切はいってなく、だらけたものです。

目の前にミニスカートのお姉さんが5人もいても、写真はこの程度。

フラッシュライトも持参しませんでした。

完全に己の趣味の世界に浸っていました。

因みに私は理工系ではありません。w

 

ここで一句

    色気より

        電気に痺れ

             没頭する

2014年10月20日 (月)

セブンイレブン 冷凍 具付き つけ麺

Dscn2963

Dscn2965

Dscn2964

Dscn2966

Dscn2969

Dscn2971

セブンイレブンの冷凍つけ麺を買ってみた。

値段は270円だったかな?

具付きというので買ってみた。

冷凍麺であるが、電子レンジで調理が出来る、というので買った。

調理方法は簡単。

麺は袋ごとレンジに入れ加熱し、スープはお湯で温め、100㏄のお湯でのばす。

レンジのワット数により、加熱時間が異なるので、確認してください。

私の場合、700wで5分ほどかな?

袋から取り出すとチャーシューが1枚とメンマが数本麺の上に乗る。

アツアツの麺を丼ぶりにあけ、さっそくいただく。

ズルズル・・・アツアツで美味い。

麺はレンジで加熱なので、表面に滑らかさがない。

どちらかというと、少々ぼそっとした食感だが、麺自体はなかなか美味い。

熱い麺に熱いつけ汁なので、相乗効果でなかなか美味い。

麺の甘み、旨みも感じられ、スーパーの袋麺よりもいいかも?

チャーシュー、メンマは特筆部分はないが具無しよりはいいかもね。

つけ汁は濃厚豚骨魚介系だが、スープの濃度も濃く、なかなか美味い。

この味、飽きた!と思っていたが、いいと思います。

やがて、完食。

う~~む、満足!!!








ところで、私が食べたのはアツ盛りですね?w

説明書を読んだら、麺を水で晒せとある。

つまり水で〆ずにそのまま食べたわけ。

ぷぷぷぷぷ・・・・激アツ盛りはお勧めの食べ方かもしれません!w

 

ここで一句

    食べる前

       よく読んでから

              作ろうよ!

2014年10月19日 (日)

中郡 レストラン くまの子 味噌ラーメン大盛り

Dscn3036


Dscn3037


Dscn3019


Dscn3022


Dscn3024


Dscn3028


Dscn3031


Dscn3032


Dscn3033


Dscn3035

やはり、日本人は凄いよな!

またノーベル賞だよ。

日記としてはずれているが、書いているのは発表日だし。w

それにしても中村さん、良い味だしています。w

日本人でありながら、日本を皮肉るスピーチやコメントをほくそ笑んで見ています。

ただ、アメリカって本当に自由で、誰にでもチャンスがありますかね?

アメリカに行ったことも、住んだこともない私が言うのも何ですが・・・w








この店の前は何回通り過ぎたか?何年通り過ぎたか?

通り過ぎるだけなら15年以上経過か?

そんなレストランくまの子に初めて訪問してみた。

レストランなのにラーメンがあり、餃子がある。

道路沿いに幟があるので、その程度の予備知識しかない。

何よりも、どこにも属さないファミリーレストラン風の外見は、オヤジは入り難い?w

可愛いくまの画が書いてあるのも、オヤジ除けか?w

駐車場に車を止めると、店の前に。

ガラスのショーケースには料理サンプルが飾られるが、年期を感じる。

だが、外観は赤い塗装が施され、年期を感じさせない。

メンテナンスなどはこまめにしているようですね、素晴らしい。

店内に入ると、古き良き時代のファミレス風。

テーブル席と小上がり席がある。

私は窓際の2人掛けテーブルに座る。

メニューを見ると、レストランでありながら麺類のメニューが充実している。

勿論、定食類も充実している。

何しろ、お店お勧めのサービスセット950円メニューすべてにラーメンが付く。

初訪問でありますが、ラーメンは決まりです。

さらに味噌ラーメンがお勧めなので味噌ラーメン大盛り755円を注文する。

注文後、完成まで待つが、ホールスタッフは基本1名。

注文、提供、片付け、会計とマルチにこなす。

しかしそれでも片付けが追い付かない様で、ところどころ食器がそのまま。

ファミレス風なので、子供連れも多いようで、座席はレザーシートというか、

偽レザーシート張りで、汚されても汚れが取り易い様になっている。

小上がり席にはテレビがあるようだが、卓上にテレビがあるのかな?

よく見なかったので分からないが、少々変則的だと思った。

すると、親子連れが入ってきて、ラーメンと味噌ラーメンを注文する。

先客のオーダーを出し続けていたので、更に待つ。

15分までは待たなかったが、後から来た親子連れと同時提供。w

しかも、お子ちゃまの方が私より先かね?w

アバウトであるが、このぐらいの寛容さは持ち合わせないと・・・w

記念撮影をし、いただきま~す!












チャーシューが3枚乗り、チャーシューメンかと思ったよ。w

味噌ラーメン定番のもやし炒めは控えめで、色艶の良いチャーシューの肌が目立つ。

見た目はいいと思いますよ。

普通盛が650円なので、十分に満足感を感じる外見です。

ではスープを事頭頭頭z・・・うん、美味い!

業務用を感じさせない味噌は、オリジナリティーを感じます。

インパクトのある味噌ではありませんが、結構コクのある味噌だと思います。

ダシもしっかり出ており、ご近所の味噌ラーメン専門店に負けてないと思いますよ。

麺は中太縮れ麺。

麺はかなり、黄色が強いですね。

なんかターメリックで着色したような色ですね。

では麺をズルズル・・・カタメではないですね。

でもコシも感じるし、これはこれでいいのでは?

黄色の強さを味や香りで感じることはありませんでした。

チャーシューは軟らかく美味い。

このチャーシューが3枚乗っているなら安いと思いますよ。

チャーシューメンだと何枚乗っているのでしょうか?

他にメンマがあり、味付け海苔状の海苔が1枚。

そして完食。

スープも殆ど飲み干しました。

いや~、いままで訪問しなかったことを後悔しますね。

美味しいと思います。

セットのメニューの充実、ミニサイズのメニュー、などなどまた来たくなるお店です。

次は餃子を注文します!

 

ここで一句

      くまの子は

         大きくなると

              クマッタちゃん?w

2014年10月18日 (土)

三島市 食堂 富士見平 カツ丼、味噌汁付

Dscn3018


Dscn3007


Dscn3008


Dscn3010


Dscn3011


Dscn3012


Dscn3013


Dscn3014


Dscn3015


Dscn3017

またこの店に来たか。

また来たくなる魅力というか味というかメニューは多い。

しかし、前回も書いたが、デートには向かない。

店から苦情が来るかもしれないが、デートには向かない。

単純に、ボリューム溢れるご飯を食べるのであれば、素晴らしい店である。

だが、味とボリューム以外はお勧めできない。

この店をとんねるずが取材に来ないのが不思議なほどだ。

何の取材かって?

きたな・・・








丁度、11時に訪問したが、先客2名がいた。

確か以前も同じ客ではなかったか?

まあいい。

今回は麺類にするか?いや、丼ぶりもいいかもしれない。

そう考えながらも何故か選んだのはカツ丼。

定食がお勧めなのだが、後から来た客の注文で、この店の売りが分かった。

それはテキニンニク定食1560円。

カツ丼が870円なのに1560円の定食。

次回の注文はそれにしよう。

 

ここで一句

    





違うわ!

カツ丼のレポじゃ!

カツ丼が出来るまでの間、テレビをみるが、今回はアメリカの映画ですね。

なんか面白くないわ。

新聞は9月か?今日は10月の4日か?

今日の新聞はどこよ?

雑誌やマンガもあるけど、古いな~。w

店内は先客2人と私の3人だけ。

厨房では2世代夫婦で頑張っているようだ。

すると、6人組のお客が入ってきた。

男性5人と女性一人、全員私より若い。

すると注文はテキニンニク定食を5人と焼き魚定食となった。

全員、この店には何度かきたことがあるのかね?

注文はそれほど悩まずに注文し、尚且つ統一してきた。

注文後は皆さん、沈黙というかスマホに夢中、静かだね~~。

やがてカツ丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!









いたって普通かな?

丼ぶりの蓋を開けると、ボリューム的には普通だな。

でも肉には厚みがある。

濃い目の割り下で味付けされたそれは、ツユダクであった。

では一口、モグモグ・・・やわらかくて美味い!

結構良い肉を使っているね、やわらかいよ。

味付けは濃いかな?と思ったが、やや甘目で出汁も効いている。

先述の如くツユダクだが、かなりツユダク。

吉野家で言ったら「ダクダク」ですね。

何となく茶漬けを啜る様な感じ、でも悪くはない。

ご飯の量が多いのでスルスル入る。

冷や奴が付き、味噌汁が付き、お新香が付く。

やがて完食。

前回のチキンカツのインパクトが大きかったのだが、これはこれで美味い!

ツユダクで上品ではないが、美味い。

なんだかんだでボリュームもある。

価格的に相応プラスαという感じでしょうか?

それよりも私が食べ終えても、隣の皆さんのテキニンニク定食は完成していない。

厨房で制作中のテキニンニクの香ばしい香りが流れてくる。

その正体は?

次回。

※この店に来る前にトイレは済ませましょう。

デート使用はやめましょう。

 

ここで一句

     とんねるず

        推薦します

            あの企画

2014年10月17日 (金)

裾野市 辰味食堂 カツカレー

Dscn3005


Dscn2983


Dscn2987


Dscn2988


Dscn2992


Dscn2994


Dscn2995


Dscn2996


Dscn2997


Dscn2999


Dscn3001


Dscn3002

定食屋に入っていつも悩むのは、ご飯の大盛りは幸せか?ということ。

麺の大盛りは幸せなのだが、ご飯の大盛りはおかずの減少につながらないか?

定食とはご飯とおかずのコラボである。

ご飯とおかずはほぼ同時に食べ終わらないと、バランスが悪い!といえる。

麺類だと麺を食べ尽すと残るのはスープだけである。

チャーシューメンで最後にチャーシューを食べるものはいるが、広東麺で最後に

野菜餡を食べる者はいないはずだ!(きっとそうだ!)

ラーメン二郎でモヤシを最後に食べる者などいないはずだ!(多分、そうだ!)

そんな事を考えると、定食のご飯とおかずの配分は重要だ。










「ご飯大盛り無料、味噌汁お替り自由か、太っ腹だな」。

私は辰味食堂の前でほくそ笑む。

この店の前は何度か通り過ぎたことがあるが、入るのは初めて。

ブログをやっていなければ、恐らく、入ることは無いかも???

店内に入ると先客は1名。

広い駐車場に車が1台しか止まってなかったので、その通りか?

駐車場は本当に広く、トラック用と乗用車用とある。

店内はテーブル席のみ。

それにしても年期を感じる店内です。

椅子もテーブルも昭和のままです。(もしかしたら平成かも?)

メニューを見ると、多彩ですね。

定食は選ぶのに苦労しますね、麺類はラーメンとチャーシューメンのみですね。

悩みましたが、カツカレー1030円を注文。

ご飯は普通で注文しました。

少し待ちましたがカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!









いや~~~、懐かしいカレーだ!

ニンジンとジャガイモがゴロゴロしているカレーなんて何年ぶりでしょう!

本当に久しぶりの、昔懐かしいカレーです。

カツはそれほど厚みはありませんが、価格相応というか、むしろお得かも?

それにワカメと豆腐の入った味噌汁がつきます。

食器はフォークとスプーンが付きます。

まずはカレーを一口、モグモグ・・・うん!家庭の味だ!

いや~、ハウスバーモンドカレーの基本形ですかね?

感じたままの感想を書きますと、カレーのルーはやや緩い感じで、旨みは薄いです。

少々塩加減が強いカレーだと思いますが、肉体労働者にはいいかも。

学校の給食で食べたようなカレーですかね?

カレー専門店の味とは全く違うカレーの味。

家で昨日食べたカレーを食堂で食べたような感じです。

それに揚げたてのカツが演出を加えます。

揚げたてのカツは下味がやや強め、カレーと共に口に入れると、肉の旨みが。

ご飯のボリュームはやや軽め、桃太郎商店のカレーは大盛りでしたね。w

それでも食べ進むうちにカレーのルーが少々物足りなく感じる。

「もっとルーが欲しいな~」

そう思いつつも完食、味噌汁も美味しかった。

果たして、ご飯大盛りにしていたら、ルーなしでご飯を食べていたのか?

次回は是非とも定食を食べよう!

 

ここで一句

    大盛りは

      バランス崩す

           気がします

2014年10月16日 (木)

駿東郡 和風ラーメン英鶴 チャーシューメン(醤油)大盛り

Dscn2972


Dscn2973


Dscn2974


Dscn2975


Dscn2977


Dscn2978


Dscn2979


Dscn2980

調べてみると、手打ちラーメンを提供している店は多いようだ。

今回、そんな手打ちラーメンを食べに下土狩駅と言うところまで来た。

カーナビの指示のまま、店に向かうが、休み。

ぷぷぷぷ・・・まさかの臨時休業?

念のためにもう一度、店の前を通る・・・営業する気配なし。

ぷぷぷぷぷ・・・ちゃんと定休日を調べて来たのに、それはないぜ!

私は諦めて、違う店に行くことにしたが、手打ちラーメンを食べたいな~。

おや?臨時休業の店を出発し、数分で手打ち和風ラーメンの看板を発見!

店の名前は「手打ち和風ラーメン英鶴」、私は当然、初訪問になる。

私は車を止めると、店の前のメニュー看板を見てみる。

メニューには手打が冠してある。

これは何というか、棚から牡丹餅というか、手打ちラーメンの店が臨時休業で、

こんなに近くに手打ちラーメンを出す店があるとは思わなかった。

私は全くのノーマークであった、英鶴に入った。

店内はある意味、中華ファミレスの様相、年期は入っていますね。

内装が暗めのためか、少々暗く感じる。

カウンター席とテーブル席があるので、カウンター席に座る。

セットメニューがお得な印象だが、ここは私としては基本メニュー、

醤油チャーシューメンの大盛り950円を注文する。

さほど待たずにラーメン登場。記念撮影をし、いただきま~す!








丼ぶりの大きさは中の大?大の下?と言った印象。(よく分からん!)w

チャーシューが丼ぶり一面に敷き詰められ、お得感があります。

チャーシューは全部で7枚、厚みがあります。

まずはスープを事逗ず図事・・・うん、美味い。

非常にオーソドックス、特筆する美味さは感じないが、一般的な美味しさを感じます。

和風ラーメンと言うことですが、アッサリしたスープには当然、化学調味料も感じます。

醤油はやや濃いめ、私としてはスープを完飲するのは、遠慮したくなる塩梅。

でも、ご近所にこのレベルの味のお店があれば、重宝すると思いますね。

誰にでも受け入れられる美味さだと思います。

次に麺を啜ります。

麺は捩れのある、中細麺。

ズルズル・・・美味いけど手打ちですか?

そういえば、表のメニューには手打ちとあったが、中のメニューには手打ちが無い。

間違えなく、プリッとした食感もあり、なかなか美味しいと思うけど。

佐の川と同じですね。

何となく自家製麺のような手打ちでしょうか?

加水率はやや高めですね、モチモチプリッ!とした麺です。

ただ、小麦の旨みなどは弱いかな?

でも、美味しい。

チャーシューはスープで煮た感じです。

煮た後、タレに浸けこんだような印象。

味は肉の味を重視し、肉の旨みと脂の旨みを感じます。

先述の様に7枚あるので、食べ応えがあります。

メンマは業務用ですね。

やがて完食。

ランチタイムの強い味方ですね。

サラリーマン、ガテンな皆さん、ご近所の皆さんに重宝されていると思います。

私も手打ちに惹かれて入りましたが、また利用したいお店です。

餃子や半カレーなど食べてみたい。

素ラーメン300円とか、和風うどん650円もあります。

和風うどんはラーメンスープにうどんだそうです。

 

ここで一句

     手打ちとは

         不揃いだとは

               限りません

2014年10月15日 (水)

中郡 くるまやラーメン二宮店 ねぎ味噌チャーシューメン、餃子、半ライス

Dscn2962


Dscn2947


Dscn2948


Dscn2953


Dscn2954


Dscn2956


Dscn2957


Dscn2958


Dscn2959


Dscn2961

2008年3月、ローマ教皇庁は現代の七つの大罪を定めた。

遺伝子改造、人体実験、環境汚染、社会的不公正、貧困、過度な裕福さ、麻薬中毒。

Wikipediaの引用であるが、過度な裕福さってなんなんでしょうかね?

裕福になりたい気持ちは誰しもあるのに、過度というと、もうけ過ぎるな!ということ?

成功するのはいいことだが、成功し過ぎるのは考えもの?

フォーブス誌で紹介される億万長者は、ダメな方々ですかね?

罪があるなら滅ぶでしょうがね。







久々にくるまやラーメンへ。

くるまやと言うと、この二宮ばかり来ていますね。

私の行動範囲の中では一番、身近なくるまやです。

丁度、開店と同時にお店に入ります。

いつもはカウンター席に座るのですが、今回は禁煙席に座ります。

今まで、煙草を吸ったお客と遭遇したことはありませんが、一応、万全を期して。w

禁煙席は4人掛のテーブル席が2卓。

更に横にはトイレの入口、禁煙席の方が環境は厳しかな?

注文したのはネギ味噌チャーシューメン大盛りと餃子を注文。

半ライスがサービスなので、いただきました。

たまには醤油もいいだろうけど、やはり、くるまやは味噌ですね。

さほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!







まずはスープを事頭頭z・・・ニンニクが効いて美味い。

味噌は濃厚な方だが、マイルドななお味。

昔から馴染んだ味でございます。

インパクトがあり過ぎ過ぎず、それでもこってり好きを満足させる味。

麺は定番の中太縮れ麺、茹で加減はそれほどカタメでもなく、ちゅるちゅると胃の中へ。

チャーシューは満足感のあるボリューム、やわらかく、美味い。

ネギは白髪ねぎ状だが、それを豆板醤で和えてある。

気持ち、ネギのボリューム感が減ったような・・・それを盛り付けの妙で、

上手くカバーしているというか・・・

そのネギをスープに沈め、ピリ辛状態にする。

ネギの下にはモヤシと玉葱が乗っている。

餃子は特徴のある味ではないが、ランチタイムだと170円。

170円と言う価格でこの味なら満足!

半ライスもスープと共にいただきます。

そして完食。

スープは少し残しましたが、お腹がいっぱい!

やはり、ネギ味噌チャーシューの満足感は高いものでした。

 

ここで一句

    ネギ味噌は

         ニンニク辛味

              欠かせない

2014年10月14日 (火)

㈱バンデロール のっぽパン(元祖クリーム)

Dscn2933


Dscn2934


Dscn2935


Dscn2936


Dscn2937


Dscn2938


Dscn2942


Dscn2943


Dscn2944


Dscn2946

私は静岡県人なんだよね。

神奈川に憧れているけどね。w




旧東名高速上り線、富士川サービスエリア。

久しぶりに利用した。

休憩のつもりで立ち寄ったが、売店コーナーで思わず静岡県人がカミングアウトした。w

「のっぽパンぢゃね~~か!超~~懐かしい~~レトロ~~懐古~~」

すでに絶滅したと思われたのっぽパンを見つけた!

しかもパンにはバリエーションがあり、ラスクまである!


私の記憶では一度絶滅し、その後復刻したと聞いてはいたが、見たことが無い!

コンビニ、スーパーなどには売ってはいない。

まさか、こんなところで、サービスエリアで売っているとは!

私は特に興奮はしていなかったが、買うことにした。

バリエーションの豊富さを考えると、全部買ってもいいのだが、ここはオーソドックスに、

クリーム入りにした。

オヤジがのっぽパンだけどを1本抱え、レジで支払いをする。

その後、自販機でミネラルウォーターを買い、表のベンチに座る。

色々と記念撮影をし、いただきま~す!







外観や中身は写真を参考にしてください。

では、そのままガブリ!といただきます。

モグモグ・・・少々パサつき感を感じるパンの中からクリームがこんにちわ。

このクリーム、サラサラしたタイプのクリームなのですが、これが上あごの内側に

へばり付きます。w

それを舌でなぞると、クリームのサラリとした感触が伝わります。

クリームの甘さは控えめ、パンも出来たてだと、また印象が違うでしょう。

パンそのものの味を楽しむために、ミネラルウォーターで流し込みます。

パンは細長く、食べ応えはある方では?

そして完食。

いや~~~チープですね。

チープな美味さがあります。

子供が好きになるならチープさがないとダメなんです!w

ちなみに価格は160円。

バリエーションとしまして、じゃりじゃりメープル、ピーナッツがあります。

今回未食のラスクですが、次回挑戦してみましょう。

静岡県人の懐かしいおやつ感覚のパンです。

 

ここで一句

      絶滅は

        生物だけと

             限らない

2014年10月13日 (月)

藤枝市 まごころ ら~めん、冷しら~めん

Dscn2917

Dscn2919


Dscn2920


Dscn2921


Dscn2922


Dscn2924


Dscn2925


Dscn2927


Dscn2930


Dscn2931

心が無い。

言葉に心が無いとか、表情に心が無いとか。

絵画でも写真でも心があるとか無いとか・・・

自分が綺麗だと感じて写真に撮っても、それほど良いものが撮れているわけでもない。

自分が傑作だと思っても、相手に通じないことも多々ある。

心とは最大公約数でもあり、最少公約数でもある。

心が通じ合うとか、分かっていそうで分かっていない。

そう言う事は誰に聞けばいいのだろう?

ココロジョーズ(所ジョージ)なんてね。w









折角焼津に宿泊したのだから、朝ラーを食べよう。

どこにするか?燕、なんか臨時休業ぽい、池田屋は定休日。

どうせなら初訪問の店にしよう!と思い、見つけたのが「まごころ」。

なんとこの店の近くに「ちっきん」があるよ。

でもホテルでしっかり朝ご飯食べたから、1軒にしよう。w

朝の7時から営業しているこのお店、訪問したのは10時頃。

観光は昨日、たっぷり楽しんだので、今日はゆっくり帰るだけ。

店の前に到着すると、横の駐車場に止める。

駐車場は店の横と、道路の向こう側にもある。

お店はこじんまりとしているが、駐車場は余裕があります。

店内に入ると、テーブル席と小上がり席がある。

それでも10人いたら窮屈そうだな。

丁度、2人かけのテーブル席が空いてたので、そこへ座る。

メニューはラーメンと冷やしという、志田系の定番メニュー。

本来、チャーシューメンがあるようだが、品切れの様だ。

その他に炊き込みご飯やおにぎりがあるが、おにぎりも品切れ。

いろいろ楽しむには、7時から訪問しないとダメか?

私はセットと注文した。

志田系ではセットというと、温かいラーメンと冷やしラーメンの2つを注文したことになる。

決して、ラーメン半ライス餃子セットのことではない。w

ちなみにラーメンは500円、冷やしは600円であった。

増税前は1000円で食べることが出来たのでは?

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








ラーメンの丼ぶりが小さいのは仕方がない。

なんと、チャーシューが3枚乗っていますよ!なんかお得な感じですよ!

まずはスープを事逗ずz・・・優しい味わいのスープです。

醤油の香りと塩加減が少々強く感じますが、まろやかな印象。

次に麺を啜ります。

ズルズル・・・麺は中太ストレート麺。

何となく冷麦というか、稲庭うどんというか、素麺というか、味わい、のど越し

いずれもがラーメンぽくない印象。

まあ、これが志田系と言われるラーメンのスタンダードなんですけどね。

敢えて言うなら永谷園のそうラーメンでしょうかね?味は違うけど。

でもじんわりとした美味さは見事、店名のまごころを感じます。

ラーメンを食べ終えると、黙っていても冷やしが出てきます。

この店では紅ショウガは後乗せタイプです。

ワサビはすでに丼ぶりの縁に付いています。

私としてはワサビ後乗せの方がいいのだけど・・・

今度、ワサビ大盛り!とか言ってみるか?

私はもっとワサビが欲しいと思った。







まずはスープを事逗ず図・・・やや甘目、すっきり和風ダシの醤油スープ。

スープの甘さの由来は味醂とか使っているのでしょうね~。

おっと!これもチャーシューが3枚乗っているぞ!

チャーシューは腿肉使用と思われ、ラーメンも冷やしも肉のくどさや脂分は感じない。

麺は同じ麺だが、冷やされる事でのど越しの快感が違う。

まさしく素麺やうどんを啜るがごとく、食べつくす。

そして完食。

スープは温も冷も残しました。

塩分濃度はどちらも高めです。

まさしく、王道の朝ラーでした。

 

ここで一句

    まごころは

       麺とスープに

             詰まっている

 

2014年10月12日 (日)

焼津市 焼肉指南処 うし家 金八 厚切り特上タン塩、牛マルチョウ、生ビール、その他

Dscn2893


Dscn2894


Dscn2895


Dscn2896


Dscn2898


Dscn2901


Dscn2902


Dscn2910


Dscn2907


Dscn2909

Dscn2911


Dscn2916

この日は2時間以上歩いたか?

イベントで3~4時間徘徊するのに比べ、ひたすら歩くのはやはり、疲れる。

特に吊り橋は疲れましたね。w

人間一人が通れるだけの吊り橋は、下手なアクティビティよりスリルがあるぞ!

どちらにしても、井川周辺をじっくりと楽しんだね。

本当は紅葉の時期に来ればいいのだろうけど、今年の紅葉はどうなんだろう?

昇仙峡の紅葉回廊は見事だったね。

今度はロープウェイに乗って楽しみますか?

それよりも畑薙ダムの更に上にダムがあるんだよね。

歩かないと行けないけど。

「行け!」ですか?

いや~~~~~~。。。。。。w









ホテルで風呂に入ると疲れが出た。

なんか腹が空かない。

昼間食べたヤマメ丼は何だかんだでご飯は大盛りクラス、そのせいか?

そうは言っても、飲みたいものは飲みたい。

私は着替えると、焼津インター前を徘徊した。

近所の魚センターはとっくに閉店。

ラーメン店では長く飲めない。

すると、お決まりの焼肉店を発見。

中に入り、一人だと告げると、渋い顔をされるも案内され着席。

真ん中にガスコンロのある店です。

テーブルの大きさは2人で十分かな?

3~4人座ると狭く感じる。

注文したのは中落ちカルビ、牛マルチョウ、上ミノ、それと生ビール。

まずは生ビールが来るも、肉類もすぐに来た。

記念撮影をし、かんぱ~~い!!!












まずは中落カルビを焼く。

カルビは790円、生ビールは550円。

カルビは切り落とし状の物、中落なのでこんなものでしょうか?

肉を乗せると煙が昇るが、きゅ~~~っと煙突に吸い込まれる。

生ビールをゴクゴク、ぷは~~!と飲むと、カルビを食べる。

モグモグ・・・なかなかいいんじゃない?

初めてのお店ですが、肉質に関しては良い方じゃないでしょうか?

カルビだから美味い!というのは当然にしても、肉質はいいと思います。

その後、上ミノとホルモンを焼くが、ホルモンは脂が多い!

こちらも酒のツマミとしては十分いける!

焼肉3種と生ビールを3杯空けたところで、腹も膨れ、ほろ酔い加減になる。

しかし、なかなか肉が美味いと思ったので、厚切り牛タンと生ビールを注文する。

厚切り牛タンは1290円だが、提供されたのは厚めのタンが2枚。

これもじっくり焼き、味わうと、軟らかく美味い。

タンを食べ切ったところで満足!

総額で5500円オーバーですが、今まで食べ歩いた中ではいいと思います。

それにしても、私のテーブルの斜め前のサラリーマン2人は、

定食食べて、酒飲んで、焼肉追加か?

スゴイな!w



ところでこのお店、スペシャルな演出があります。

切り出しサーロインというのがありまして、注文すると肉の塊をワゴンに乗せ、

テーブルまで来てくれます。

好きなグラム数をいうと、それに応じて肉を切り分けます。

100g980円ですが、腹が減っていれば、200gくらい食べたかったな。w

彼女と一緒にこの店にくれば、彼女はこのパフォーマンスにアベシ!だぜ。w

 

ここで一句

    焼肉は

       細切れよりも

             塊を!

 

 

2014年10月11日 (土)

静岡市 畑薙第一ダム、吊り橋~井川周辺も含めた五十五景

1_2Dsc_7127


Dsc_7130


Dsc_7133


Dsc_7135

1_2_2

Dsc_7137

Dsc_7138

1_2_3


Dsc_7139



Dsc_7143


Dsc_7145

Dsc_7148


Dsc_7146



Dsc_7152


Dsc_7155


Dsc_7156
1_2_4

Dsc_7158


Dsc_7160



Dsc_7161

1_2_5

Dsc_7164



Dsc_7167

Dsc_7165


1_2_6


Dsc_7170



Dsc_7173


Dsc_7177


Dsc_7185


Dsc_7186


Dsc_7188


Dsc_7195


Dsc_7198


Dsc_7201


Dsc_7206

Dsc_7202


Dsc_7212



Dsc_7214
1_2_7

Dsc_7217



Dsc_7218


Dsc_7220

1_2_8

Dsc_7221



Dsc_7222

1_2_9

Dsc_7226



Dsc_7227


Dsc_7228


Dsc_7230


Dsc_7234


Dsc_7236

Dsc_7244

1_2_10Dsc_7237


Dsc_7241

1_2_11

Dsc_7246



Dsc_7250


Dsc_7249


Dsc_7253


1_2_12

Dsc_7259



Dsc_7271


Dsc_7273

Dsc_7264

「吊り橋まで何分くらいですか?」

「45分だね」

検問所?のオヤジさんは軽く言った。

畑薙ダムの横道を進むと、一般車両進入禁止となる。

そこには常駐しており、一般車は通行させないようにしている。

だが、先頭画像の左横には林道があり、かなり奥まで行けるようだ。

今回はそちらは通らなかったが。

やむなく、今回の旅の最終目的地、吊り橋までテクテク歩くことにした。

往復約1時間半だが、食べるものは食べたし、アンデルセンでデニッシュを

テイクアウトをしているし、遠足気分じゃ!w

途中、ダム関係の車が数度往復する以外、すれ違う人の姿はない。

吊り橋に到着するまでにすれ違ったのは1名、男性のみ。

吊り橋到着後、この吊り橋を渡るかどうか悩む。

当日は風が強く、吊り橋が揺れている。

私は意を決し、ザードの揺れる思いをうたいながら橋を渡る。

他に人がおらず、風が強く、落ちたらどうする?と思いながらも、正常性バイアスが

強くなり、ホイホイホイと吊り橋を渡る。

渡り終えたあと、デニッシュを食べ、缶コーヒーで一息。

帰りも誰ともすれ違わず、孤独なハイキングは終了。

その後、井川に向かい、廃線小路を歩く。

今まで井川に何度来たか忘れたが、これ、知らなかった。w

ここではスタンドバイミーをうたいながら夢の吊り橋へ向かう。

ここでも誰ともすれ違わない。

そして、吊り橋に到着し、記念撮影。

帰りも誰ともすれ違わない。

最後に奥大井湖上駅を撮影すると、カップルが写真をお願いします!と来た。

彼女だけなら張り切って撮影をするが、カップルだと無気力だな。w

さあ、ホテルに向かおう!

 

ここで一句

    ダムと聞き

       カラオケボックス

               浮かぶ香具師w

2014年10月10日 (金)

静岡市 白樺荘 やまめ丼、むかごのかき揚げ

Dsc_7096


Dsc_7097


Dsc_7098


Dsc_7099


Dsc_7100


Dsc_7102


Dsc_7103


Dsc_7105


Dsc_7107


Dsc_7108


Dsc_7110


Dsc_7111


Dsc_7113


Dsc_7115


Dsc_7116


Dsc_7117


Dsc_7120


Dsc_7122


Dsc_7123


Dsc_7125

井川ダムの更に奥にダムがある。

存在は知ってはいたが、山道をひたすら進むのはかなり、時間を要する。

私は今回、通常日帰りコースのところを、一泊することで奥まで行くことにした。

ダムの名前は「畑薙ダム」。

第一と第二とあるが、第一まで目指すことにした。

だが、ダムだけではなく、食事をするところがある!というのも魅力だ。

私は井川周辺では「じんきち本店」くらいしか思いつかない。

ある意味、食事をする目的もあった。


「あ~、まだ走るのか~~?」

井川ダムあたりから更に20km以上の標識が目に入る。

勿論、畑薙ダムまでの距離である。

高速道路なら20kmはだいたい20分ほどだが、一般道の20kmは1時間はかかるか?

確かに「ここまで来たか!」感は強い。

それにしても、今までこの周辺まで含めると何回来ただろう?

10回以上は来ているはずだ。

前回はトーマス目当てに千頭まで来たし。w

クロネコヤマトにこれほど出会わないのも珍しい?

コンビニもガソリンスタンドもスーパーも殆ど見かけない。

いや、コンビニ無いし。

ゲーセンもカラオケボックスも無い。

あるかもしれないけど、無い。

小中学校もあるようだが、子供も見かけないね~。

よくよく考えると、北海道の根室や稚内の方がひらけているかも?

本当にこの周辺は「へぇえ~~~~~!!」と言う感じ。

へぇ~~吊り橋がある、へぇ~~家がある、へぇ~~川が綺麗!

車の中で「へぇえ~~!へぇえ~~!へえええ!!!」を連発しながら運転をする。

やがて、トンネルが次々に現れ、ようやく白樺荘に到着。

「へぇえ~~!こんな山奥に新しめのこんな建物が!」

綺麗な山小屋というかロッジと言うか保養所というか、山荘が現れた。

白樺荘だが、正確には温泉宿泊施設である。

しかし、日帰り温泉と食事だけの利用も出来る。

温泉はパンフレットには硫黄泉とある。

硫黄泉は私も何度か入ったことがあるが、入浴後、硫黄臭い。

いや、硫黄は臭くはない、硫化水素が臭いのだ!w

草津の湯と同じである。

それと硫黄泉は入浴する人間を選ぶ。

肌が弱い色白の方、乾燥肌の方はやめた方がいいと思う。

色白の方は間違いなく真っ赤かになる。

脂症の方には最適ですね。

ここまで来たら入浴をすればいいのだが、風呂ではなく食事が目的である。

風呂に入ったら歩く気力も無くなるし。






正面玄関から入ると、中も綺麗ですね。

本当に、何でこんな山奥にこんな綺麗な施設があるの?という印象。

これなら若い女性でも抵抗感はないでしょう。

中に入ると、靴を脱ぎ、スリッパに履き替える。

正面にフロントがあるが、誰もいない。

人の気配はあるが、誰もいない。

「すいませ~~ん!」

私は何も悪いことはしていないが、すいませんと声をかける。

「・・・・・」

反応無し。

この時点で施設内の写真を勝手に撮らせてもらう。

売店コーナーもあり、いろいろ充実している。

日帰り入浴が目的の方は、券売機で入浴券を買う。

大人は確か510円だったかな?

やがて、スタッフのおばさんが現れる。

「食事だけしたいのですが?」

「どうぞ、お客様1名入ります」

食堂の方に声をかけた。

食堂の中も綺麗ですが、セルフサービスになる。

注文を受けつけカウンターでするのだが・・・どれにしようか?

ラーメン、カレーライス、そばうどんなど在り来たりのめにゅーが並ぶ。

その中で目を惹いたのが、鹿刺し定食、ヤマメ丼である。

鹿刺しは何度も食べている気がするので、ヤマメ丼にした。

さらにおつまみ類として、むかごのかき揚げがあったので、それも注文。

ヤマメ丼が1030円、かき揚げが520円になる。

交通の便がかなり、悪いことを考えれば、納得価格かもしれない。

注文後、店内を観察するも本当に小奇麗で、「ここまで来た!」感が薄れる。w

やがて、かき揚げが登場し、丼ぶりも登場、記念撮影をし、いただきま~す!










ところで、食堂には名前がある。

「らいちょう」という。

ライチョウだと黒部立山アルペンルートを思い出す。

まずは丼ぶりだが、蓋を開けると微妙な景色が・・・w

ご飯の上にヤマメの甘露煮が1匹乗っているだけだね。

他にマカロニサラダと味噌汁、漬物、果物が付く。

セットではなく、丼ぶり単体だと「なんじゃこりゃ?」だが、セットに救われる。

かき揚げは玉葱とニンジンのかき揚げにむかごが混ざっている。

こちらは価格的にも納得ができる。

まずはヤマメ丼のご飯を一口、モグモグ・・・ツユダクごはんだね。

思ったよりもツユダクで、思ったよりも味は薄目。

ヤマメは甘露煮と言うほど濃い味ではない。

甘さが最初に来るが、それほどしつこい甘さではない。

ヤマメは骨まで軟らかく煮こまれ、引っかかる食感は一切無い。

このヤマメ、丼ぶりではなく、蕎麦やうどんの方が合うかもしれない。

何となくニシン蕎麦を彷彿とさせるものがある。

まあ、食べたことが思い出にはなるが、記憶に残らない味と言うか、そんな印象。

提供時間などを考えると、当然の事ながら事前に調理済みの物を温めています。

場所がら、いつ客が来るか分からないし、仕方がないでしょう。

ヤマメが食べたきゃ、以前行った見月茶屋をお勧めしますよ。

http://zard.air-nifty.com/blog/2012/01/post-3.html

次にむかごのかき揚げをいただく。

こちらは天つゆでいただく。

サクサク・・・お~~~~~~!!!これ、いいじゃん!!!

このかき揚げ、注文して正解!揚げの技術もなかなかいいので、歯ごたえと

素材の味わいを堪能できる。

むかごのホクホクした食感がいいし、微妙に感じるむかごの野趣な味わいがグッド!

このかき揚げで定食にすればいい、と思うのだが、おつまみなんだよね~。

勿論、飲酒はしていませんよ。

お水で食べています。




ヤマメ丼のマカロニサラダは美味しくいただきました。

味噌汁は思ったよりも具沢山で、満足感が高いです。

やがて完食、すべて残らずいただきました。

ヤマメ丼よりは鹿刺しの方が良かったかな?

カツ丼やカレーライスの方が無難かもしれません。

しかし、むかごのかき揚げは美味しかった!

勿論、皆さんがここで食事をする場合、本能の赴くままに注文してください。

セルフなので、食器の片づけをお忘れなく。w

そして、私は畑薙ダムを目指す。

 

ここで一句

     白樺の

       名前の割に

            木が少し

2014年10月 9日 (木)

静岡市 欽太郎うどん 鶏の磯辺揚げそば

Dscn2882


Dscn2885


Dscn2886


Dscn2888


Dscn2889


Dscn2891


Dscn2892

このところ、私が一杯やる画像が増えている。

去年までは1年に2~3軒紹介する程度だったが、今年は10軒突破だね。w

それもこれも、ルートインのおかげです。w

前も書いたが、ほとんどルートインホテルに泊まっています。

ここの良いところは宿泊料が安い、場所が分かり易い、大風呂がある、朝飯付き、

以上の点につきます!

大風呂は人工温泉とはいえ、ラジウム温泉。

これが入った瞬間、思わず「うううぅぅ・・・ふぃ~~~!!」と唸るお風呂です。w

ビジネスホテルと言うと、ユニットバスが殆どですが、大風呂があるのはウエルカム!

立地もインターの近くか駅の近く、これもかなりプラス!

何よりも、朝食付きなのがいいです。

朝ご飯をしっかり食べると、お昼もしっかり食べられるものなんですよ!(私だけ?)

それと、ホテル周辺には何かしらお酒の飲めるところがあるんですよ!w

有名ではないかもしれませんが、肩ひじ張らずにお酒が飲める店があるんです。

今回もそんな旅のプロローグです。












9月の高速代、幾らになるのだろう?

あ~~~~こわ~~~~~引き落としがこわ~~~!

残高が無くて引き落としができない!なんてことが無いようにしないと。

それにしても、あまり高速道路を利用せずに、「ああ・・・ここまで来たか!」というような、

達成感というか行った甲斐があるような場所は無いか?

・・・あるな。

私の脳内ではあそこしかない。

私は高速に乗ると、一路西を目指す。

新東名に入ると、静岡のサービスエリアで休憩。

またもやデニッシュハートに立ち寄り、テイクアウトで4個購入。

しかし、朝飯を胃に入れておくか?ということで朝の8時台に営業している蕎麦屋へ。

蕎麦屋と書いたが、正確にはうどんがメインのようである。

店の名前は欽太郎うどん。

存在は知っていたが、利用するのは初めてである。

フードコートには他にも店があるが、開いているのはこの店だけ。

蕎麦ならそれほど腹の負担にもならないのでいいだろう。

私は何を選ぶか迷うが、鶏の磯辺揚げが珍しいので、それの蕎麦にした。

この店の隣に天神屋があるのだが、朝からおでんではないな~。w

ところで、鶏の磯辺揚げ蕎麦だが、580円である。

普通の蕎麦屋に行き、580円だともり蕎麦も食べられない店が多いが、

立ち食いやフードコートだと、この価格でも高い!と思うから不思議だ。

つまり、この手の店では、蕎麦のコシや香りを楽しむというよりも、腹が膨れるかどうか?

それが一番重要である。w

私は食券を購入すると、スタッフに渡し、呼び鈴を受け取る。

フードコートのテーブルには客が全くと言っていいほど、いなかった。

テレビを眺めながら待つが、なかなか完成しない。

客がいないのに随分待たせるな・・・と思ったところで鳴動する。

ブザーと引き換えに蕎麦を受け取ると、七味を適当に散らす。

テーブルまで持って行って様子を見ながら七味はかけたいのだが、

それほどこの蕎麦に期待感があるわけでも無い。

では記念撮影をし、いただきま~す!











あ、水水!

水はセルフサービス。

今回も撮影はコンデジで撮ったが、一眼レフで撮っても良かったかな?

周りに誰もいないし。w

さあ、では蕎麦をいただきましょう!

まずは蕎麦をズルズルと・・・うん、やわらかいかな?

一口目を口に入れるまで、1000文字以上入力したためか、蕎麦はやわらかめ。w

おつゆは軽い味わいですね。

関東風と関西風の中間かな?

やはり、静岡という土地柄でしょうか?

もっとも、そんなことが語れるほど、静岡で蕎麦を食べていませんが。w

次に鶏の磯辺揚げをいただきます。

モグモグ・・・アフアフ、熱い!揚げたてだよ。

時間がかかったのは、揚げたての磯辺揚げを提供するためだったのですね!

揚げたてだから、海苔の香りも広がり、なかなかの好印象です。

蕎麦の上に乗せると、コクがおつゆに移り、なかなか良い味です。

それにしても海苔の香りが強いですね、蕎麦の香りが分からないよ。w

最初、580円で高い!と思ったが、揚げたてで、鶏も4~5切れありますよ。

そして完食。

あ~~前置きの長い今回のブログ!

手軽な立ち食い蕎麦なのに、前置きがひたすら長い。

かけ蕎麦だけでは満足できないが、この磯辺揚げのおかげで満足できました。

さあ、出発しましょう!

 

ここで一句

    蕎麦よりも

       鶏が主役の

            カシワ蕎麦?

2014年10月 8日 (水)

足柄下郡 蔵一 味噌チャーシューメン(喜多方麺)

Dscn2879


Dscn2869


Dscn2870


Dscn2872


Dscn2874


Dscn2875


Dscn2877

テラス席に座ると、コーヒーを注文した。

日差しが強い日であったが、日蔭の席だったので苦ではない。

周りはカップルの客が多いが、女性一人、というのもちらほら。

コーヒーが運ばれると、そのまま口に運ぶ。

私は人を待っていた。

女性である。

約束の時間のまで30分はあるだろうか?

私は緊張していた。

女性とは初めて顔を合わせる。

そんな緊張感が30分も前に待ち合わせ場所に来させた。

ゆっくりとコーヒーを飲みながらスマホで時間つぶしをする。

すると、約束の時間まで15分というところで、店のスタッフが女性を一人案内した。

「お待たせしましたか?」

30代前半と思われる色白の美しい女性だった。

「いや、そんなことはない」

私は女性の美しさに思わず視線を逸らす。

私の隣に座ると、紅茶を注文した。

「私、アケミと言います」

彼女は私の瞳を見つめていた。

「あ、俺は・・・細貝といいます」

紅茶が運ばれると、他愛のない話を切り出す。

しかし、話はすぐに途切れ、無言の空間が支配する。

(このままではまずい!)

私は人目もはばからず、彼女の手を握りしめた。

「アケミさん・・・」

彼女の瞳が潤んできた。

「アケミさん・・・」

私は生唾を飲んだ。

「アケミさん、いやアケミちゃん!俺と付き合ってください!」

一瞬、無言の空間が流れ彼女は微笑んだ。

「ダメよ~ ダメダメ」








こちらも久々だね。

やって来たのは箱根サービスステーションの蔵一。

ここは3度目?

ラーメンとソースかつ丼をいただきましたね。

最初に来たのが2011年10月、次が2012年8月。

この店は箱根でありながら、喜多方ラーメンが美味い!というお店なんです。

最初に醤油チャーシューメンを食べ、次にソースかつ丼を食べました。

他に行きたい店があったけど、なんかラーメンが食べたくて立ち寄りました。

丁度、お昼頃なんだけど、先客は2名。

意外とお客さん少ないのね?w

窓際のテーブルに座ると、メニューを眺める。

麺が玉子麺と喜多方麺と選べるが、当然、喜多方麺。

チャーシューメンに決めたが、味噌チャーシューメン1050円にしてみた。

今回は大盛りにはしなかった。

この前にちゃいなハウスでたくさん食べているからね。w

さほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!








この店では前回2回の訪問では一眼レフを使用したが、今回はコンデジ。

まずはスープを事頭頭図逗z・・・うん!美味い!

スープが良く出ていますが、この味噌の味、なんか記憶にあるな。

・・・ああ・・・業務用の味噌ダレですね。

さすがに味噌ダレは市販のものをお使いの様で、やはり、この店では醤油か?

そうはいっても、業務用のとげとげしさは特に無く、マイルドな印象がある。

味噌はやや濃いめ、しょっぱさはそれほど感じない。

これに太めで縮れの強い麺が絡む。

ズルズル・・・麺はアルデンテではないが、プリプリした食感が楽しい麺。

大盛りではないが、ボリューム感もある。

チャーシューは自家製の大きなものが5枚。

やわらかく煮こまれたもので、食べ応えもある。

他に海苔にほうれん草、もやしが入る。

スープは残したが、なかなか満足度の高いラーメン。

まだこの店に入ったことのない方は、醤油ラーメンがいいと思いますよ。

 

ここで一句

     喜多方に

         行きたかったと

                 言わせない

 

 

2014年10月 7日 (火)

足柄下郡 ちゃいなハウス 水餃子定食、普通餃子

Dscn2867


Dscn2848


Dscn2849


Dscn2851


Dscn2855


Dscn2856


Dscn2859


Dscn2862


Dscn2863


Dscn2864


Dscn2865

丁度、箱根のススキが見頃なのではないでしょうか?

でも、この日の訪問日は9月21日。

そんなわけで昔撮影したのをご覧下さい。

http://zard.air-nifty.com/blog/2011/10/post-0c46.html

改めて撮影するのもいいのでしょうが、ススキは風に揺れて難しいね~。

今回訪問したのは「ちゃいなハウス」。

私としては13年ぶりかな?

旧店舗の時は食べに行ったり、お土産を買ったりして随分通いました。

ご存じの方も多いと思いますが、箱根登山鉄道の彫刻の森駅と強羅駅の中間に

「餃子センター」というお店があります。

焼き餃子1人前が700円を超えていたと思います。

そんな高い餃子なのですが、休日は行列ができるほどの人気店。

餃子センターにも何度かお邪魔したことがありますが、訪れるたびに、

「もっと安ければいいのに・・・」と思います。

そんな私の願望に近い店が、仙石原にある「ちゃいなハウス」です。

餃子センターより焼き餃子が約200円ほど安い。

これは大きい!

そんな訳で味が似ているちゃいなハウスを贔屓するようになりました。

ところで味が似ていますが、餃子センターでご主人が修行したとかしないとか。

さあ、久しぶりの訪問ですが、どうでしょうか?

訪問したのは開店1分前。

「開いてますか?」

「いま、開けようと思ったのよ」

スタッフは元気なおばさんであったが、気持ち良く店内へ招き入れる。

店内はテーブル席、カウンター席、お座敷とあるが、誰も客がいないので、

窓際のカウンター席を案内された。

店内はウッドを基調とした明るい店内であるが、装飾品などが多く、

少々雑然とした中に賑やかな印象がある。

メニューを眺めると、焼き餃子は当然として、麺類にするか水餃子にするか迷う。

悩んだ末に水餃子定食1250円、焼き餃子530円を注文する。

水餃子は単品でも注文可能だが、私はライスが食べたかったので、定食に。

単品だと水餃子は950円、定食だとご飯とお新香で300円増しになる。

何となくお高い印象だが、ここは天下の箱根、どの店で食べても割り高感はある???

「今の時間だとサービスでコーヒーが付きます」

私はアイスコーヒーをお願いした。

やがて餃子登場、記念撮影をし、いただきま~す!










12年ぶりだから、スタッフの皆さん、私の顔をご存じの方はいない様ね?良かった。w

箱根は面が知られているので、やたら店に入って「あ!」なんて言われたくないね。w

まずは最初に焼き餃子が出てきたが、焼き目がいいじゃないですか!

昔は焼きむらがあったりしたが、今回は完璧でしょう!

こんがりきつね色ですよ!

キツネを焼いたことは無いけど。w(どこかに書いたなw)

まずは焼き餃子を一口、モグモグ・・・焼き目カリカリで美味い!!!

焼き目のある部分は本当に美味しい!食感が楽しめます。

ところでこの店、皮は手打ちなんですよね。

その皮自体は昔と印象が変わらないですね。

皮自体はやわらかめで、破れやすい印象です。

勿論、餃子センターによく似ていますが。w

中の餡は野菜中心です。

ニンニクは入っていません。

ニンニクはスタミナ餃子でないと入らない様です。

サッパリ感のある餃子ですが、ややオイリーな部分があります。

それでコクを出しているのでしょうか?

女性でも全く抵抗感の無い味だと思います。

卓上にタレとラー油がありますが、ラー油は沈殿物が無い物ですね。

浜松餃子の様々な店で沈殿物ありのラー油を知ってしまった今、物足りなく感じます。

そこで、七味を散らして食べます。

すると、水餃子が登場です。

「熱いので気をつけてください」

鉄鍋に入れられたそれは、確かに火傷しそうな熱気を放つ。

中には餃子以外に、白菜、ナルトなどが入っている。

一見すると、ヘルシーな印象。









とんすいが添えられるので、そちらに移して食べる。

あふ!アフ!アフ!激熱の水餃子をそのまま食べる。

スープは塩ラーメンやタンメンの様な味わい。

塩味がベースなのだが、餃子に味があるので、そのままでも十分美味しい。

皮はもっちり!とは言いません。

むしろ、はらほろと崩れていきます。

この水餃子に私はコショウをかけます。

勿論、好みでタレやラー油につけて食べても良いです。

結構、ボリュームがありますが、塩味で野菜も多いので、パクパクいけます!

合間にご飯を食べ、漬物を食べます。

漬物は自家製ですね、美味しい。

私が食べている最中、どんどんお客が来ますね。

休日でススキ祭開催中では当然でしょうか?

因みに、駐車場は店に隣接していますが、広いとは言い難いかな?

店の裏手にもあるようですが、当日はバイクの皆さんが止めていた。

やがて完食。

最後にアイスコーヒーを飲んでお勘定。

総額1780円か・・・餃子と言うことを考えると、割高な印象がありますが、

餃子は大ぶりの方だし、食べ応えはあります。

昔からこの店には訪れていますが、今回の水餃子と焼き餃子、それと手羽先餃子が

私としてはお勧めです。

 

ここで一句

     箱根では

        餃子名物

            かもしれぬ?

2014年10月 6日 (月)

千葉市 レッドペッパー こだわりトマトのナポリタン大盛り

Dscn2844


Dscn2830


Dscn2831


Dscn2836


Dscn2838


Dscn2839


Dscn2842

普段、買い物はあまりしない。

コンビニなどでビールを買うぐらい。

故にショッピングモールなども無縁に等しい。

何しろ、料理をする必要が無いからね。

食品類を買わないから、日常的に無縁なのでしょう。

今回、イオンモールに立ち寄ったわけだが、食事以外は特に興味なし。

服を買おうとか、何か買おうとか無かったね。

因みにネットショッピングは1年に数回利用する位。

殺風景な部屋ですよ、実際。w








オムライスで腹が満たされなかった私は、3階に向かった。

すると、何席あるのか見当もつかないほどフードコートが広がる。

セルフサービスが基本のフードコートである。

店は一カ所に固まらず、数店ずつ点在するようにある。

私はつけ麺の店があったので、そこで食べようと思ったが、やめ!

前の店でナポリタンを食べようかどうか悩んだので、レッドペッパーを選ぶ。

店の名前は辛さそうだが、ラザニアが一押しの店らしい。

メニューボードを見ているうちに、カルボナーラかナポリタンの2択になった。

「ナポリタンの大盛りってできます?」

「250円増しになります」

250円増しか?それならいいだろう。

「ご一緒にドリンクはいかがですか?100円になりますが?」

客単価を上げるべく、セールストークをしてきた。

「いや、結構です」

すると、呼び鈴を渡される。

店が見える範囲で待つことにした。

水は給水所があり、紙コップになる。

テーブルとイスはアルミ製、椅子は非常に軽い。

さほど待たずにブーブー鳴動する。

料理を取りに行くと、タバスコと粉チーズをその場でかける。

「お席までお持ちになっても構いませんよ」

「あ、そう」

私は粉チーズを持って行く。

では記念撮影をし、いただきま~す!









大盛りなので1150円か、まあまあのボリュームかな?

セルフサービスであるが、やはりショバ代やテナント料など、上乗せ分があるのでしょう。

では一口、モグモグ・・・アチ、アフ、アフアフ、美味~い!

パスタはやや太めのパスタだが、モチモチ感があり美味い。

ベースのソースだが、ニンニク、赤唐辛子などをしっかりと投入している。

品名はナポリタンだが、ナポリタンではないね、ナポリターナですね。

私もたまに自分でナポリタンを作ろうとしたとき、ケチャップではなく、

トマトソースを使うので、似たような物に仕上がります。

ニンニクの香りや旨味、唐辛子の軽い刺激を味の根底にし、トマトの旨みが広がります。

何よりもパスタ自体が美味い!

調理時間などを考えると、乾麺ではなく、生パスタでしょうね。

そうでないと、このモチモチ感は出ないでしょう。

何よりもアツアツですね!

口の中が火傷しそうなほどアツアツのパスタです!

これは好印象だな~。

具にはソーセージ、玉葱、ピーマンなどが入っています。

所謂、喫茶店のナポリタンと違うアプローチが展開されいますが、美味い。

大盛りを注文したので、しっかりと食べ応えがありました。(オムライスが無いと・・・?)

やがて完食。

味は良いと思いますが、セルフだと言うことを抜きにしても少し高い価格設定。

訪問時間は3時を過ぎていましたが、客が途切れることは無く、

黙っていてもお客は来る!状態でしょうか?

今年はもう一回、幕張に来る予定なので、味としては再訪問ありの物でした。

多分、違う店に行くだろうな・・・w

 

ここで一句

     モチモチの

         パスタを食べて

                口火傷w

2014年10月 5日 (日)

千葉市 キッチンジョーズ 特製オムライス・デミソース

Dscn2819


Dscn2820


Dscn2821


Dscn2823


Dscn2825


Dscn2827


Dscn2828


Dscn2829

本当は千葉に一泊するつもりでした。

しかし、ホテルは満室状態。

仕方がない、日帰りにしましょう。

それにしても久々の千葉だよ。

オートサロン以来の千葉だ。

せっかく千葉に来たので、何かを食べましょう。

疲弊した体に飯は睡魔を誘いますが、疲れたら休む!ということで食べることに。

選んだのは幕張メッセに隣接するイオンモール幕張。

歩いて行ける距離なので、メッセの駐車場に止めたまま訪問。

当然のことながら初訪問なので、どこに何があるかわからない。

フロアーガイドを見ると、1階、2階、3階とどこでも食べられる。

疲れてはいたが、1階を徘徊し、2階を徘徊する。

すると、気になる店を発見。

キッチンジョーズという店だが、洋食をメインに提供してる。

サンプルを見るとボリューム感がありそうだね、ここにしよう!

私は店内に入ると、1名だと告げる。

すると、小さなテーブル席に案内される。

さすがに小上がり席は無い様だ。w

メニューを見ると、ナポリタンとカツとかへヴィーな組み合わせがある。

連食をしたかったので、オムライスにする。

オムライスもソースが選べ、デミグラスにした。

カレーソースも面白いな~と思うが、デミグラスにした。

だって、特製コンビネーションソースにしようとしたら、「お間違えありませんか?」と来た。

え?オレなんかいけないもの注文した?と思い、デミグラスにしたら、

「お間違えありませんか?」だと。

この店のマニュアルトークだったのか?w

まあ、いい。

特製デミグラスソースのオムライス1100円を注文する。









「お待たせしました、オムライスです」

早や~~~~~~~~~~~!!!!

5分かかったか?

オムライスってこんなに早く出来るものか?w

とにかく、記念撮影をし、いただきま~す!

大きなお皿にスクランブルエッグが完成する2~3歩前の物が黄金色に輝く。

その上にデミグラスソースがけられ、ボリュームがあるように見えるが、

肝心のライスの部分はこんもりしたもの。

まずは一口、ざっくりとスプーンで掬いあげます。

モグモグ・・・うん、美味しい。

昔懐かしいとかレトロな部分は特にありません。

中のライスはケチャップで仕上げてありますが、マイルドですね。

ケチャップオンリーではなく、デミグラスも使用しているようです。

ライスはそのためか、やややわらかめ。

全体的に上品で女性向けなのかな?

オヤジが昔を懐かしんで食べるものとは違うと思った。

でも、味は良いです。

玉子もトロトロで、言うこと無し。

しかし、量が少ない。

サンプルが店頭にあったので、大盛りを注文しなくてもいいか?と思ったが、

出てきたものは皿以外はサイズダウンしている印象。

この店はコンビネーションといって、オムライスとカツとかボリューム感があるものが

メニューにはあるが、コンビネーションを注文して、普通のボリュームかね?

私の隣が老夫婦だったのだが、ナポリタンとカツを食べていた。

見た瞬間、「なんかボリュームが無いな」と思った。

結局、隣の老夫婦や隣の親子連れよりも遅く食べたのだが、先に食べ終える。

「あ~~~腹減った!!!!!」

たった今、オムライスを食べ終えたばかりなのだが、腹が減った。w

ショバ代やら何やらを考えても、価格とボリュームが釣り合いませんね。

茶漬け一杯をお腹に入れた様な感じです。

まあね、美味しかったから余計腹が減るのかね?w

そうかもね?w

私は腹をグーグー鳴らせながら、次なる店をどこにするか探した。

 

ここで一句

     オムライス

         大人と子供

              同じ量?

2014年10月 4日 (土)

幕張メッセ 東京ゲームショウ2014年~これで最後のゲームショウ

Dsc_6634

Dsc_6653


Dsc_6675

Dsc_6935

Dsc_6965

Dsc_6678

Dsc_6771

Dsc_7047

Dsc_6953_3

Dsc_6738_3

昨年は行かなかったゲームショウ。

オートサロンで不完全燃焼だった思いを持って、挑んだ。

幕張には9時半到着。

セカンドロットの列に並ぶ。

しかし、会場には10時半を過ぎての入場。

周りは息子や娘みたいな連中ばかり。w

撮影は楽しかったですよ。

でも、もういいでしょう。

ゲームショウは今回をもって、引退です。

さらば!ゲームショウ!

ここで一句

     さようなら

         誰も返事を

              してくれず?w

2014年10月 3日 (金)

中郡 大磯PA 醤油ラーメン、ミニカレー丼

Dscn2811


Dscn2813


Dscn2815


Dscn2818

早朝シリーズ第29回。

この頃、古いPAやSAで圧倒的に多いのが、トイレの改修工事である。

昔というか、以前のSAやPAのトイレで一番ツライのは冬場である。

冬場、寒風が吹き込み、便器から何もかもが冷え冷えのトイレで、尻を出すのはツライ。w

それに比べると今のトイレは、用もないのに尻を出したくなる。w

大磯PAもトイレが改修され、尻を出したくなる様になった。

皆さんも新東名を利用した時、同じこと思いませんか?

しかし、トイレ以外でお尻を出すと、犯罪ですよ、やめてください。









何故に今回のオープニングつぶやきはトイレなのだ?

ま、いいか。

久々に大磯パーキングエリアに来た。

時刻はまだ7時30分過ぎ。

早朝シリーズに入れてもいいかな?

入れちゃうか!

さてと、何を注文しましょうか?

もう、何度もここは利用しているので、ラーメンとミニカレー丼にしましょう。

これが一番、失敗が無い組み合わせ。

蕎麦やうどんでも外れなしだと思うよ。

ラーメンは名のある豚を使用しているけど、他が普通なので豚が引き立ちませんね。

でも、PAとしては良い方だと思いますよ。

そしてカレー。

具なんか全くありませんが、何となく懐かしさを感じる味です。

ご飯はやわらかめかな?

総額1000円近いですが、お腹はいっぱいです。

お腹がいっぱいならいいじゃないか!w

 

ここで一句

    満たすだけ

       そんな食事も

              有りなんだ!

 

2014年10月 2日 (木)

駿東郡 お食事処テラス チャーシューメン大盛り

Dscn2799


Dscn2809


Dscn2802


Dscn2803


Dscn2805


Dscn2806


Dscn2807


Dscn2808

食欲の秋か・・・


食欲もいいが、物欲の季節でもある。

あくまでも私の場合だが。

多分、来年は車を買い替えるだろうな。

10万キロ超えちゃったよ。

カメラも新しいの欲しい・・・この前も書いたが欲しい・・・

パソコンも買ったばかりだが、デスクトップが欲しい。

いや、もう一台ノートでもいい。

新しい靴やネクタイも欲しい。

スーツも欲しい。

カーナビも欲しい。

欲しい、欲しい・・・

iPhone?要らない・・・w









神奈川かと思ったら、静岡なんだね。

国道246号を神奈川方面に下り、走り続けたところでドライブインを発見。

店の名前は「テラス」。

お食事処であるが、何故かテラス。

珈琲とお食事処とラーメンとある。

珈琲だけの利用も可能なのかね?

店内に入ると、テーブル席と小上がり席がある。

なんか、テーブル席と小上がり席というは基本中の基本レイアウトなんだね?

内装は白っぽく、テーブルも白っぽい。

取り敢えず着席あるが、落ち着かないな~。w

目の前に年配の労働者の皆さんが7~8人いる。

まだ皆さん食べていない。

(待たされそうだな)

他にも客はいるが、すでに食事中。

メニューを見ると、定食類や麺類が充実している。

勿論、コーヒーもある。w

それにしても安い!

ラーメンが450円!!!税込だよ!

消費税が8%になった今でも、ワンコインでラーメンが食べられ、お釣りがくる。

定食類も私としては相場より、100~300円くらい安いと思う。

これはもう、価格的に良店である!w

目移りするメニューの中から、私が選んだのはチャーシューメン大盛り。

チャーシューメンは650円なので、100円増しで750円か?

注文時はそう考えていた。

どちらにしても、目の前の労働者の皆さんが全員提供されるまで待つのか?

手持無沙汰ではあるが、じっと待つことにした。

こんな時スマホがあれば暇つぶしにはなるだろうね、いらないけど。w

しかし!労働者の皆さんをすっ飛ばして、チャーシューメン登場!

ええ?いいの!だが、労働者の皆さんは文句も何も言わず、談笑している。

恐らく、ご近所の工場らしきところの皆さんなんだろうね?

お店の方と普通に会話しているし、飛ばされてもクレームないみたい。

では、記念撮影をし、いただきま~す!







チャーシューは自家製で、割と大きめ、それが4枚。

あとは濃い目の醤油スープですね。

ではまずはスープを事逗ず図事・・・おほ!美味い。

ちゃんと鶏ガラでお出汁をとってあります。

化学調味料ベースではありますが、なかなかいいと思います。

醤油の色が濃い目ですが、そんなにしょっぱいものではない。

次に麺ですが、細麺の縮れ麺です。

スーパーなどで良く見かける麺ですね。

業務用としては一般的だと思います。

ズルズル・・・うん、一般的に美味い!w

やわらか過ぎることもなく、いいと思います。

そして、チャーシューですが、間違いなく自家製。

包丁で切ったあとが、更に自家製を主張しています。

モグモグ・・・美味いぜ赤ちゃん!

肉のジューシー感もあり、これはなかなか食べ応えのあるチャーシューです。

大盛りですが、麺の量は特別多くは無いです。

そして完食、スープは残しました。

いや~~、なかなか美味しい方だと思いますよ。

労働者の皆さんがまだ全部、出ていないけど食べ終えた。w

そしてお会計へ。

「700円です。」

「へ????」

なんと大盛りは50円増しですよ!!!!!!!

このところ、大盛り=300円増しが多かったが、50円増し!!!

ブログに書かずに内緒にした方がいいお店でした。w

 

ここで一句

    大盛りが

       安いと思う

            幸福を

2014年10月 1日 (水)

御殿場市 紅ふじ食堂 天ぷら定食

Dscn2775


Dscn2779


Dscn2781


Dscn2784


Dscn2788


Dscn2789


Dscn2790


Dscn2793


Dscn2794


Dscn2795


Dscn2796

国道246号食堂めぐり。

ローカルバスで巡る旅が静かなブームらしいが、バスに乗らないし。w

バスには乗りませんね。

自分でもいつ、バスに乗ったか記憶がないですよ。

路面電車ならありますよ、今から約20年前に函館で乗りました。

どこかのワイナリーの送迎バスならあったな!

それにしても、バスと無縁の人生だな。

バスの乗り継ぎで1時間待ちなんて、私の場合ありえへん世界だしね。w

それでも貸し切りバスでどこかに出かけたい気持ちはある。

はとバスがあるか?w








気にはなっていたが、なかなか訪問する機会がない店、そんな店に行きました。

今回は御殿場市の紅ふじ食堂です。

246号を走っていると、気が付きやすいと思います。

訪問時間はほぼ開店直後。

詳細は不明だが、国道沿いの食堂は11時開店で間違いないだろう。

店内に入ると先客はゼロ。

年配のご夫婦が経営しているようだ。

それにしても年期の入った店内である。

昭和50年ころからの経営ですかね?

掃除は行き届いているが、年期が醸し出す重厚で重たげな雰囲気がある。

昔、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家に行ったことがあるが、

我が家の方が古かったな。w

じいちゃん、ばあちゃん、家を新築していた!w

余計な話を・・・w

店の中はテーブルと小上がり席がある。

小上がり席は少々暗い雰囲気ですね。

壁にかかったお品書きがずらりとならび、どれを選ぶか迷いに迷う。

その中でもお店のいち押しがミックスフライ、天ぷら、ヒレカツの定食だ。

個人的にオムライス、ポークソテー、カツカレー、麺類に興味があるが、

ここはお勧めの天ぷら定食1134円をいただきましょう。

それほど待たずに定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










見た目は特別な印象のないものだが、ご飯がどんぶり飯か?

蓋を開けると、ほかほかでつやつやの炊き立てご飯が登場。

麺類は茹でたてが当たり前だが、ご飯の場合、炊き立ては開店直後を狙うしかない。

そういう意味でも、私はなるべくその店の開店時間を狙うようにしている。

ご飯とみそ汁、たくあん、ひじきの煮物、天ぷらとなる。

天ぷらの内容はエビ、かき揚げ、しし唐、茄子、イカとなる。

まずはご飯を一口、もぐもぐ・・・ウメ~~~!

やはり、炊き立ては違うな。

ご飯がみずみずしい。

次にご飯の上にひじきの煮物を乗せ、食べる。

あ~~、美味いわ。

ご飯は大盛りだが、おかずと交互に食べ進む。

天ぷらは特筆する部分はないが、サラダオイルでからりと揚がっている。

胃にもたれることはないだろう。

素材も美味い。

天つゆはやや濃いめながら、たっぷり浸し、飯の上に乗せて書き込むと笑みが出る。

味噌汁はワカメだったかな?

最後に沢庵でポリポリと口直しをし、完食。

日常的に通いたいお店ですね。

次回はオムライスやカレーを食べたい。

肩ひじ張らずに楽しめる、美味しい食堂を見つけました。

 

ここで一句

     紅富士を

         眺めてみたが

              見えないね?

 

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »