フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん(大) | トップページ | 静岡市 大道芸World Cup静岡~至る所に芸人がいる三十八景 »

2014年11月 6日 (木)

御殿場市 蕎林 鴨ざる(大盛り)

Dscn3241


Dscn3239


Dscn3227


Dscn3228


Dscn3229


Dscn3231


Dscn3232


Dscn3233


Dscn3236


Dscn3237


Dscn3238

もう一度食べたい焼きそばに出会ったことが無い。

焼きそばと言う、ポピュラーな食べ物なのだが、リピートしたい味に出会わない。

B-1グランプリであれほど評価を得やすい食べ物なのだが・・・

同じようなことが焼きうどんでも言えるな。

まだまだ食べる事に関して、修行不足よ。

しかし、カネと時間のかかる修行だ。w










吉田うどんの連食もいいかな?

いや、定食がいいのでは?

そんな事を考えながら気が付けば御殿場。

帰りは有料道路を使わなかった。

下り坂なので、一般道でも比較的軽やかに走れた。

ず~っと下り、セブンイレブンの前を通り過ぎようとして、ビビ!ときた。

「そういえば、いつも目にする蕎麦屋の看板がある!」

私は行きすぎたので戻ると、蕎麦屋の看板を確認する。

店の名前は「蕎林」。

蕎麦屋といえば、御殿場にはかなり有名な蕎麦屋がある。

私も行ってみたいと思いながら、美味い蕎麦屋は腹がいっぱいにならない、

という持論を元になかなか行かなかった。

そうなんですよ。

蕎麦は好きなんですが、、高いし、量は少ないしで、なかなか店に入りません。

スマル亭に行っちゃう方が多いかも?w

しかし今回は、渡辺うどんでかなりお腹が膨れたので、蕎麦以外入らないかな?

蕎麦通の方からすれば、邪道な食べ方というか、順番でしょうか?

まあ~いいじゃないの~~。w








大きな看板の横に道があるが、狭く、舗装されていない。

車一台、通るのがやっとの幅だが、途中に退避スペースもある。

私は幸い対向車には出会わなかった。

大体200メートルくらいですかね?お店に到着します。

本当に森の中の一軒家という感じですね。

駐車スペースは4~5台止められますが、私が止める場所がない。w

すると店主が現れ、止める場所を案内してくれた。

階段をあがり、入口に来ると靴を脱がなければならない。

店の入口はやや狭い。

靴を脱いで中に入ると・・・おや~~~?何とも変則的。

テーブル席が3卓だが、2卓は2人用、1卓は6人ぐらい使用できるもの。

2人用はすでに先客に占拠されている。w

仕方がないので、大きなテーブルに座る。

先客の一人客がいたが、すでに食べ終えて帰るところだった。

席は椅子席ではない、すべて胡坐か正座だね。

メニューを見るとどれにするか迷う。

いつもなら天ざるなんだろうが、天ざるの気持ちではない。

カレー南蛮でもない。

「鴨ざる、大盛りで」

私は鴨ざる1360円(大盛り310円プラス)を注文した。

良い蕎麦、美味い蕎麦は高いんです!w

注文後、BGMだけが流れる店内でぼけ~~っと待つ。

正面は大きなガラス面で、庭が眺められる。

しかし、景色や風景はすぐに飽きてしまう。w

やがて蕎麦登場、記念撮影をし、いただきま~す!












見た目はこんなものでしょう。

大盛りを注文しましたが、個人的にもう少し欲しいな~。

まずは蕎麦だけを事逗ず図・・・モグモグ・・・美味い!!!!!

蕎麦はやや太めのもので、歯ごたえがあります。

カタメというより、蕎麦粉が詰まった物、という印象でしょうか。

そして、噛み締めると蕎麦の甘みが口に広がります。

この時期ですと、新蕎麦が出回る時期ですね。

どこの産地とか分かりませんが、なかなか美味しい。

繊細さよりも、多少田舎蕎麦の方向を向いていると思います。

次に鴨汁につけていただきますが、その前に鴨肉を一切れ、モグモグ・・・美味い!!!

合鴨だと思いますが、肉と脂身の旨みがハッキリわかります。

では蕎麦を・・・ズルズル・・・美味いな~~~!!!

汁の味は甘さを感じますね。

嫌みにならない甘さでありながら、カエシの塩梅は強めです。

私は蕎麦を半分ほど浸して食べる事にしました。







つけ汁の中には鴨肉が沢山入っております。

この辺は価格相応でしょうか?

そして青ネギのそぎ切りが同じく沢山。

こうなると、蕎麦も粋な食べ方よりも、食事としてムシャムシャ食べる方が正しい。

ネギとワサビが付いておりますが、勿論入れません。

蕎麦を早々に食べ終え、ネギと鴨肉を食べ終えると蕎麦湯を入れます。

つけ汁が味濃い目なので、蕎麦湯はたっぷり注ぎます。

それでもまだ味が濃いかな?

結局、蕎麦湯も全部いただきました。

なかなか美味しい御蕎麦だと思います。

立地条件も隠れ家的で、何となくマニア向け?(何のマニアじゃ?)

因みに道は店の奥にさらに続いており、どこまで通じているのでしょうか?

時間に余裕のある方は是非、散策してください。w

場所も味もツウ好みのお店でした。

 

ここで一句

     獣道?

       行った先には

             蕎麦の未知?

 

 

« 南都留郡 渡辺うどん 肉玉うどん(大) | トップページ | 静岡市 大道芸World Cup静岡~至る所に芸人がいる三十八景 »

そば」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

静岡県 グルメ」カテゴリの記事