フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 桑名市 なばなの里 ウインターイルミネーション~金券千円付いた四十四景 | トップページ | 名古屋市 名古屋城~鯱は本物ではない二十一景 »

2014年12月28日 (日)

四日市市 備長扇屋 四日市日永店 生ビール、ハイボール、とりポン、レバーカツ他

Dscn3722


Dscn3685


Dscn3687


Dscn3689


Dscn3690


Dscn3692


Dscn3694


Dscn3695


Dscn3696


Dscn3697


Dscn3698


Dscn3699


Dscn3702


Dscn3704


Dscn3706


Dscn3709


Dscn3712


Dscn3717


Dscn3719


Dscn3720

旅の楽しみは酒だ。

居酒屋が大好きな私は、イルミネーションの感動など忘れ、酒の感動を求めに行った。

しかし、ホテル周辺には目立った居酒屋が無い。

そんな中で、唯一、焼き鳥の看板が目立つ店を発見。

ホテルからテクテクと10分ほど歩く。

店の名前は備長扇屋。

チェーン店らしいのだが、私は初めて入る。

店の中に入り、1名だと告げるとカウンター席に案内される。

テーブル、カウンター、小上がり席とあるが、カウンター以外は満席状態。

この周辺の住民は愛されているようだ。

他に店が見当たらない、というのもあるだろうが。w

まずは生ビールを注文すると、枝豆がお通しで付いてきた。

それと、お通しサービスとして、塩プリンがある。

どう考えても〆で塩プリンですね。

早く出来そうなものとして、とりポンを注文する。

では記念撮影をし、かんぱ~~い!!!








生ビールは泡がきめ細かくなく、どんどん泡が減っていく。

ぐびぐび・・・ぷは~~~!!!昼間歩いたからね、滲みます!

あっという間に飲み干し、生ビールを追加する。

とりポンはさっぱりしてこれはこれでいいですね。

次にヒレどてカツとレバーカツを注文する。

それほど待たずに2品が来たのだが、マスタードがたっぷり!

写真では分かり難いかもしれないが、刺激路線を追求するような多さです。w

折角なので、どてカツにたっぷりつける。

モグモグ・・・ベースが甘目なんですね?だからマスタードが多いのか?

レバーカツもたっぷり付けるが、レバーカツってレバーでしょう?

味はメンチカツを薄くしたような味でした。

臭みなど微塵も感じませんでした。

ここで生ビールを追加し、アスパラベーコンを注文。

アスパラベーコンは特に可もなく不可もなく。

ビールには合いますね。

帆立の串揚げと椎茸の串揚げを注文し、生ビールを追加。

帆立はまあまあですね。

これもマスタードがたっぷりです。

椎茸は小ぶりでした。

ここでハイボールを注文する。



それにしても初めての四日市の夜なのに、隣は兄ちゃんか・・・ツマラン。w

一人客が入ってきたかと思うと男か・・・ツマラン。

くだらぬ期待を抱いても仕方がない。

それにしても関西弁が飛び交う店内は賑やかだ。

じっくり飲むには向かないが・・・

私は塩プリンを注文した。

小さなカップにココアパウダーが振りかけられたそれを食べてみる。

美味いじゃん!w

非常にチープな味だが、塩気を感じるプリンは〆にはいい。

プリン自体はハードタイプかな?

そしてお会計。

合計3785円。

その後、ホテルまでの道のりは寒かった。

ダウンジャケットは昼の焼き鳥の匂いが消えず、いやな感じ。w

北海道以外でこの時期の飲み歩きは初めてだが、寒いのは危険だ。w

飲み過ぎて路上に寝ないように気をつけないと。w

途中、コンビニでビール2本を買った。

 

ここで一句

      酔ってても

          寒さが肌に

              浸みこむよ

« 桑名市 なばなの里 ウインターイルミネーション~金券千円付いた四十四景 | トップページ | 名古屋市 名古屋城~鯱は本物ではない二十一景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

三重県 グルメ」カテゴリの記事

酒、アルコール」カテゴリの記事