フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 横浜市 尾道ラーメン 麺一筋 魂のラーメン大盛り、半ライス | トップページ | 小田原市 小田原梅まつり別所梅林~枝垂れはまだまだの三十景 »

2015年2月23日 (月)

横浜市 米国風洋食屋センターグリル スパゲッティナポリタン大盛り

Dscn4359


Dscn4360


Dscn4361


Dscn4372


Dscn4373


Dscn4365


Dscn4367


Dscn4368


Dscn4369


Dscn4370


Dscn4371

世の中最近、物騒でありまして。

やたら海外旅行も出来ないな、と思いつつも、未だ海外旅行経験の無い私にとって、

無用な心配だと思いつつも、国内も物騒な事件が多いこの頃。



井上陽水の「夢の中へ」の歌詞と言うのは、探し物をして見つけられない方を、

唐突に踊りに誘い、夢の中へ行こうと言っている。

今の時代だと、何となく脱法的な世界に誘う意味合いに感じるが、この時の時代背景に、

脱法的なものなどあるとも思えず、ただ単に「面倒くせえ~、楽しよう」と思える。

すると、探すのを止めると見つかるよ!などと楽観視した詞が続く。

虎児を得るなら虎穴に入らねばならぬが、虎穴に入らなくても虎がいる可能性はある。

あまりビクビクする必要はないが、危険に遭遇した時、夢の中へ逃げることは出来ない。

平和ボケの時代の終わりなのかもしれない。







赤い靴、履いていた女の子は異人さんに連れ去られたか・・・

ラーメンで腹は満たされたが、もう一軒行ける。

次は異人さんが好きそうな店にしよう!

私は野毛周辺の徘徊を続ける。

すると、キムラを見つける。

洋食のキムラは時々テレビでも紹介される店で、ハンバーグが売りの店である。

私自身、未訪問だったので店に入る。

すると、店内は異人さんではなく、日本人の客でいっぱいだった。

なんと待ちが5人もいる。

この店はラーメン店ではないので、客の回転は悪そうだ。

5人待ちではあるが、諦めて他に行くことにした。

すると、近所に米国風洋食屋の看板を発見。

漢字表記であるが、何となく異人さんが喜ぶような店である。

店の名前はセンターグリル、こちらもテレビで見た記憶がある。

店の中に入ると、こちらも異人さんではなく、ジャパニーズばかりである。

カップルもいるが、ジイさんのお一人様利用が目立つ。

席はテーブル席のみで、それほどキャパはあるとも思えない。

テーブルはすべて4人掛けになり、壁にラック風なものがあり、そこに食器がある。

スプーンとナイフとフォークがナプキンに包まれる。

メニューを眺めると、ランチメニューがお得に思える。

しかしおすすめメニューはナポリタンやオムライスなど。

よく見るとランチメニューはおすすめメニューのアレンジなので、どれを頼んでも

よさげに見える。

私はナポリタンを注文した。

「大盛りに出来ますか?」

「100円で大盛りになります」

スタッフに尋ねたら、100円で大盛り可能だという。

何となくお得に感じたので、ナポリタン大盛り820円を注文する。

料理が出来るまでの間、ぼけ~っと待つ。

店の外観もそうだが、結構歴史の長い店の様だ。

厨房は奥にあり、客席から厨房の様子はうかがえない。

やがて、ナポリタン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










う~む、大盛りを注文しない方が良かったかな?

この店に来る前に、ラーメン大盛りと半ライスを胃に入れている。

時間を遡れば、海老名でカレーパンを食べている。w

だが、それらを消化するだけ歩きまくっている。w

目の前のナポリタンはステンレス製の平たい皿にてんこ盛りである。

ポテトサラダなどもついたそれは、なかなか食べ応えがありそうだ。

この店は普通盛でもなかなかボリューム感があるようだ。

他の客が注文したランチメニューなどを見ると、それを実感した。

ナポリタンには粉チーズがかけられているが、卓上に粉チーズは無し。

具にはピーマン、玉葱、マッシュルーム、ロースハム。

では一口、モグモグ・・・美味いね~~~~!!!

パスタは太麺で、もっちりしている。

味の要はケチャップのソースだと思うが、酸味が消えたそれは甘みを感じる。

以前、ナポリタンの専門店で食べたが、負けず劣らず美味しい。

う~~ん、美味しい~~!!空腹ならもっと美味しい!!!w

昔懐かしい味だと思うが、日本人はケチャップが好きなんだね。

酸味の飛んだケチャップの味が好きなんだ!

パスタも普段、アルデンテなどと言う言葉が恥ずかしい位、もっちりモチモチ。

ここでタバスコを投入する。

ぶは!かけ過ぎた!

汗がにじむほど辛い部分が出来てしまったが、美味い!w

やがて完食。

粉チーズの追加が出来るのかどうか分かりませんが、味は満足!

やはり、異人さんの多い横浜の洋食は美味いね。

お客に異人さんはいなかったが・・・w

また横浜に泊まりたくなりましたね。

 

ここで一句

     赤い靴

        男が穿くと

              変態に?

« 横浜市 尾道ラーメン 麺一筋 魂のラーメン大盛り、半ライス | トップページ | 小田原市 小田原梅まつり別所梅林~枝垂れはまだまだの三十景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事

パスタ」カテゴリの記事