フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 小田原市 魚市場食堂 三色丼+イワシフライ | トップページ | 伊東市 ニ番館 日替りランチ(カツライス) »

2015年2月 7日 (土)

伊勢原市 ステーキのあさくま 伊勢原店 デミハンバーグ150g&カキフライ2個

Dscn4242


Dscn4219


Dscn4220


Dscn4222


Dscn4224


Dscn4225


Dscn4228


Dscn4231


Dscn4232


Dscn4233


Dscn4236


Dscn4238


Dscn4239

上品ぶって言葉の頭に「お」を付けたがるが、おバカさんだね~。

「お」を付けていいのは神事に関することだけ。

お酒、お米など、お麦とは言わないでしょう?

そんな事をラジオから聞いたのだが、お酢はいいじゃない!

酢!ではなくお酢!

酢だけは「お」を付けさせてくれ~。

酢だけだとスッキリしないよ~。w




昔、テレビでステーキのあさくまの特集をしていた。

その時の社長が幹部たちを前に、ステーキの作り方などを実地にレクチャーしていた。

「タンパク質が熱で変化する温度は何度だ?」

社長がある幹部に聞いた。

「300℃ですか?」

「バカ野郎!焦げちゃうだろ!」

「54℃だ」

もう何十年も前の記憶なので、温度に間違いがあると思うが、内容はそんな話だった。

タンパク質の熱変性の温度を聞いたのだが、200℃、300℃はありえませんね。

因みにタンパク質の熱変性は43℃くらいから始まります。

低温火傷には注意しましょう。








あさくまか・・・懐かしい。

昔、昔、ヒデキと一緒に行ってから何年経った?いや、何十年経った?

ヒデキも今どこで何をしているのやら?

秀才中の秀才のアイツは何故、アタシみたいなバカと遊んだのか?w

あの時、食べたのは間違えなくステーキだった。

しかし、味に関しては至って普通だった。

その後、ヒデキと行った店は無くなった。

なかなかあさくまを見かける機会が無いのだが、246号沿いにあったのね。

多分、何度か見かけているはずだが、今回はヒデキを想い出したので入ってみよう!

それにしても、食べ放題とか幟が出ている。

ステーキはあさくまに限らず、食べ放題やなんやらというのが当たり前なのかね?

店内に入ると、女性スタッフはいらっしゃいませ、とお出迎え。

一人であることを告げると、テーブル席に案内される。

メニューを渡されると、この店の利用が初めてだと告げる。

サラダバーが食べ放題らしいが、ドリンクバーは別料金になる。

ステーキを頼もうかと思ったが、ランチメニューのハンバーグと牡蠣フライにした。

価格は税込みで1458円。

ハンバーグと牡蠣フライだけでは高いが、サラダバーはどんなものか?










サラダバーに行くと、なかなか充実したサラダバーである。

私が感心したのはコストの高いトマトがあること。

千切りキャベツやレタス菜など葉物のサラダバーが多い中で、トマトがあるのはいいね。

何より、私自身トマトが大好き。

他にオクラ、冷や奴などもある。

そして個人的に感心したのは、ご飯のバリエーション。

雑穀米、バターライス、白飯とあり、カレーがかけられる。

なんかお得な感じがしますよ!w

なかなかこの手の店に行かない私なので、読者にしてみれば、「オイオイ!」となるかも?

あとはコーンポタージュがある。

サラダを盛る皿も大きめで、遠慮なく沢山盛れる。

そしてメインが来る前に盛ったのが上記写真である。

ポタージュの入れ物が普通のコーヒーカップ並の大きさなので、

サラダ付きのカレーライスと考えた場合、かなりのボリュームで、1000円でもいいかも?

そしてカレーとサラダをもしゃもしゃ食べている時にメインが登場。

ハンバーグは150gと言うことでこじんまりしたものだが、ナイフを入れると、

肉汁が溢れ出てくる。

食べてみると、ファミレスなどで感じる業務用の下味をあまり感じない。

むしろ、手作りかな?とも思ってしまいそうだ。

ツナギが多いのか、肉肉しいものではなく、ふんわりとした食感が売り物であろうか?

下味も控えめで、デミソースも自己主張は感じない。

それにしてもアツアツだ!

火傷しそうなほどのアツアツ感はそれだけで美味く感じる。

カキフライも揚げたてアツアツなのだが、大粒なので牡蠣汁が熱い!w

タルタルソースに付け、あふあふしながら食べる。

カレーは辛さは感じないが、スパイシーな香りが手抜きを感じさせない。

コクと言う部分ではもう少し、と思うが、なかなか香ばしいカレー。

雑穀米などはカレーの味に負け、特別雑穀の美味さを感じない。

カレーをかける前に食べれば良かったかな?

サラダを完食したので、お替りに行く。

2回目はトマトをメインにした。

ドレッシングはいろしろ種類があるが、オリーブオイルやごま油などもあった。

それらをかけ、塩をふればそれはそれでツウの食べ方かもしれない。

カレーもルーが足りなくなったので、継ぎ足しに行く。

ポタージュは濃厚でとろみのあるもの、これはこれで美味い。

結局、サラダを大盛り2杯とカレーライスの普通盛り(私として)を食べ、

ハンバーグとカキフライなのだが、腹は大満足!

単純にコスパはかなり良い!と言っていいだろう。

味も文句を言う部分が特に無い。

次回、再訪問が楽しみであると共に、他店のステーキ店も気になる。

ヒデキ、見ているか?

あさくまの営業形態はかなり、変わっていたぞ。

この内容なら、ヒデキも感激だな。w

 

ここで一句

     感激は

        肉の量より

            野菜かな? 

« 小田原市 魚市場食堂 三色丼+イワシフライ | トップページ | 伊東市 ニ番館 日替りランチ(カツライス) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

神奈川県 グルメ」カテゴリの記事

肉類グルメ」カテゴリの記事