フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

秩父市 だんござか珍達そば 珍達そば大盛り

Dscn5219

Dsc_2433

Dsc_2439

Dsc_2435

Dsc_2426

Dsc_2428

Dscn5208

Dscn5209

Dscn5211

Dscn5212

Dscn5214

Dscn5215

ついに埼玉県のグルメリポートが出来た。

埼玉。

私としては親戚が居る田舎。

今回、芝桜の観光で訪れたが、他に観光は思いつきませんね。

しかし!うどんを初め、B級グルメの宝庫でもある。

だが、頭に思い浮かばないね。w

思い浮かべば、とっくに訪問していましたか?

今回初めて圏央道を利用しました。

厚木での合流以外、渋滞は無く、秩父まで快適なドライブでした。

首都圏通って、関越ルートと比べ、都心の渋滞を回避できるのはデカイ!

そして、群馬も圏央道の方がいいかもしれない。

いろいろ、圏央道経由の旅が選択肢に増えそうです。

西武秩父駅の周辺はアニメとタイアップした物が多い。

申し訳ないがこのアニメ、私は見た事がありません。

そんなアニメがある事も知りませんでした。

それよりもわらじカツの方がインパクトがありますね。w

私が珍達そばなるワードを得たのは、20年以上前。

この名前、忘れようがありません!w

何でこんな名前なのか?

遂に!

やっと!

20年以上の時を経て、珍達そばを食べる。

芝桜の散策を終え、食事に向かう。

芝桜の敷地内でもいろいろ食べる事が出来るのだが、無視!w

しかし、山菜の天ぷらは食べたかったな~。

山菜は旬ですからね。

芝桜の駐車場に車を止めたまま、歩く事20分。

西武鉄道のお花畑駅の近くに店はあった。

それにしても、西武秩父駅とお花畑駅は歩いて2~3分ですよ。

なんでこんなに近いのでしょうか?

店を探すのに苦労はいらないと思います。

看板も目立つし、道路沿いにあります。

店内に入ると、割と狭い感じのお店。

カウンター席があり、テーブル、小上がりとあるが、10人ちょいぐらいのキャパですかね。

メニューを見ると、珍達そばのほかに味噌珍達があり、チャーシュー麺がある。

私としてはチャーシュー味噌珍達にしようかと思うが、珍達そば大盛り850円にした。

大盛りは2玉入っているらしいが、なんとかなるでしょう!

それほど待たずに珍達そば登場、記念撮影をし、いただきま~す!



ラー油の香りか?ゴマ油か?ネギ油か?

第一印象はラー油の混ざったような香りを感じました。

表面にはざく切りのネギと豚肉のコマ切れが大量に浮かんでいる。

これらは炒めた様には見えない。

茹でてあるようですね。

まずはスープをズズ頭z・・・基本のダシは美味い!

ガラ系のドッシリした旨味が、飽きさせない。

見た目はアッサリ、さっぱりした印象だが、なかなかどっしりとした旨味を感じる。

ベースは醤油スープで、味の濃淡に応じてくれるらしい。

注文したのは普通であるが、スープの塩梅は個人的に丁度いい。

どうしても、製品のネーミングに味以外を求めるが、味が良いよ。

味があって、名前があって、興味本位がある。

麺は極細ストレート。

博多ラーメンの様な極細麺。

口に入れると、素麺のような食感。

麺はカタメに茹でてあるのだろが、パツンとした食感は弱い。

しかし、最後までだれる様なことはなかった。

大盛りを注文したので、麺は丼ぶりの中にびっしり!

大盛りでも丼ぶりのサイズは変わらないようなので、スープが少なく感じる。

ネギが甘い。

ネギが美味い。

加熱されたネギは、ネギ独特の香りやシャキシャキ感は薄れるが、甘さを感じ美味い。

むしろネギが嫌いな方でも、クセを感じない分、食べ易いかも?

豚肉は茹で豚。

これがスープにコクを足しますね。

肉自体に味付けなどはしていないようです。

ラー油の様な香りを感じたので、卓上の辛味を足す。

辛味は山梨の吉田うどんの店にあるような、すりだね風。

これを少々投入すると、香りが増し、刺激感が心地よい。

結構食べ応えのあるボリュームですが、スープまで完飲、完食。

美味い!

実に美味い!

あの日から、20年?30年?

やっと出会えた味は、思わずモッコリする美味しいラーメンだった!w

さあ、次に行きましょう!w

 

ここで一句

     珍達を

       下ネタにする

            おばかさん

2015年4月29日 (水)

秩父市 羊山公園芝桜~何と無く物足りない十七景

1

Dsc_2351

Dsc_2352

Dsc_2355

Dsc_2356

Dsc_2357

Dsc_2362

Dsc_2368

Dsc_2370

Dsc_2371

Dsc_2381

Dsc_2386

Dsc_2392

Dsc_2410

Dsc_2411

Dsc_2413

Dsc_2415

Dsc_2483

桜前線。

六月に咲く桜があるという。

それは長野。

去年、それを知った。

ネットでいろいろ調べてみたが、南アルプスらしい。

それをカメラに収めたいと思っているが、どうでしょうか?

いまだ、場所の特定まではいかない。

ところで、今回の羊山。

背景に山があるのだが、石切り場ですかね?

あまり、見た目が美しくない山ですね。

そうなると、やはり富士山を背景にした本栖湖の芝桜がみたいですね。

最後の最後にご紹介できますかね?

残り40MBになりました。

 

 

ここで一句

       最終回

          すべてが終わる

                  その前に

2015年4月28日 (火)

南足柄市 力太商店 辛ネギ味噌ラーメン大盛り+炙りチャーシュー二枚

Dscn5188


Dscn5186


Dscn5171


Dscn5173


Dscn5175


Dscn5176


Dscn5178


Dscn5179


Dscn5181


Dscn5184


Dscn5185

アクセスカウンターが777777に近づいている。

これ、自分で踏みたい!w

今までキリ番設定しなかったけど、さすがにめでたいこの番号。

キリ番プレゼントでも・・・

お祝いのメールを・・・

お祝いのハグでも・・・

出張万歳でも・・・

・・・自分で踏めば関係ないか?w







世の中、ドローンである。

ドローンが規制されるかもしれないが、他にもリモコンヘりなどもあるが、どうするのか?

ドローンでなくても、風向きによっては、ゴム飛行機でも行けるし、凧もある。

ひとつだけ言えるのは、何か悪いことをしようと考えたとき、

上空からは手の打ちようが無い、ということか?

凧上げも出来ない時代が来るのかね?

私としてはドローンが欲しいな~と思うが、飛行時間が10分少々しか持たないこと、

何だかんだでそれなりの性能を求めると、10万から20万円は確実にオーバー。

そして、中国製だということ。

墜落した時、笑って済まない場所に落ちたときや、人に当たった場合などを考えると、

いろいろ考えさせられる。

広い河川敷や海や山で、カメラを装着して操作すれば、面白い画像が撮れそうでだけど、

やはり、街中などで飛ばしたくなるのだろうね???






残り60MBほどになった。

最後から2番目、3番目も考えておくか。

そういえば、埼玉、茨城は一度も無いね。

通過するだけでしたか?

どちらか、訪問しますか?


さて、昼飯を食べるか。

まだ行ったことの無い店にしよう。

私は県道74号を大雄山駅方面に、車を走らせた。

途中、大幸があるが、休日。

すると、派手な幟と看板が目に入る。

新しいラーメン店が出来たようだ。

そういえば、この周辺も久しぶりである。

もう少し進めば、桃太郎商店もある。

私はこの店に入ることにした。

店の名前は力太商店。

りきぶとしょうてん、と読む。

味噌ラーメンの専門店のようである。

ちらほらと味噌ラーメン専門店が増えている気がするね。

店の前に駐車場があるが、道路を挟んだ反対側にもある。

店内に入ると、黒を基調とした木目調の店内なのだが、貼紙やら何やらと派手さを感じる。

味噌最強か、面白そうだ。

座席はカウンター、テーブル、小上がりとある。

小上がりは掘りごたつ式である。

カウンターが一杯だったため、小上がり席に案内される。

この席、4~5人は余裕で座れると思うが、俺一人でいいのかね?

それよりも、ラーメンを食べるのに靴を脱ぐのは面倒なんですが・・・

メニューを見ると、味噌ばかりですね~当然ですが。

味噌と言ったらネギ味噌でしょう!ネギ味噌チャーシューにしましょう!

よく見ると、チャーシューは枚数によるトッピング方式になっている。

ネギ味噌ラーメン大盛り、チャーシュー2枚トッピングを注文する。

ネギ味噌大盛りが890円、チャーシューが230円、そして税である。

「半ライスサービスで付きますが」

女性スタッフが問いかける。

「半ライスよりもアナタのサービスが欲しい」とは言わなかったが、貰うことにした。w

「ラーメンのお好みはありますか?」

「私は女子アナの様な知的で清楚な方が好みです」とは言わなかったが、普通にした。w

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!

う~~む、これが総額1209円の外観か、凄い!

私は少々おしっこを漏らしそうになった。w

何しろ、一反木綿のような一枚海苔が、聳え立っている。

しかもこの海苔、標準装備である。

オプションではないのである。

通常の海苔増し100円以上の価値は十分にある。

余りにも大きな海苔なので、全体を写そうとすると、かなり上から撮らないとならない。

海苔ばかりが目立つが、ネギも十分な存在感を示す。

チャーシューは炙りチャーシューであったか。

ではスープを事逗ずz・・・う~む、濃厚!!!

この前、えぞ菊の味噌を食べたが、ライト級とヘビー級ほどの違いがある。

勿論、力太の方がヘビー級である。

豚骨を中心に濃厚なスープを作り、それにパンチのある味噌と脂が混ざる。

濃厚豚骨味噌系?とも言いたい味で、ガッツリ系は好きな味だろうね。

私もこの手の味噌は好きだが。

その分、夏はこれを食べたら汗が止まらないだろうね。

スープ自体はややドロリとしたものがある。

味噌は白味噌ベースに見えるが、当然、合わせ味噌なんでしょうね?

次に麺をいただきます。

麺は太麺ストレートですが、多少の捩れなどがあります。

普通の茹で加減でお願いしましたが、なかなかのコシと歯応えを感じさせます。

濃厚なスープの中でもそれに負けじと主張します。

しかし、麺自体の味わいは今回注文したネギ味噌パワーに押されていますね。

白髪ねぎが大量の豆板醤に和えられ、それがスープに溶け込むと辛い!

勿論、我慢ができる範囲の辛さですが、ネギのボリュームと豆板醤の量で、

辛味噌ラーメンに変貌します。

すると、麺の味わいがスープに負けているかな?と思います。

チャーシューは腿肉をホットプレートで炙ったもの。

これは香ばしい匂いと、炙ることにより、ジューシー感を感じます。

それにしても、このチャーシューというか、全体像を見たとき、どこかで見たような???

あ!ブッチャー!ブッチャーを思いだした!

食べたのはつけ麺だが、ラーメンのスタイルは似ている。

http://zard.air-nifty.com/blog/2012/11/post-19.html

でも味はブッチャーよりも好きだな。w

海苔はスープに浸し、麺を包んで食べました。

この海苔、良い海苔だと思いますよ。

黒々として、長い時間、ピーン!としていましたから。

途中でニンニクを少し入れたり、ゴマをかけたりするが、ベースがいいので美味い!

あ~それにしても汗が出てくる。

大盛りなので、麺の量もかなり、あります。

ネギも麺も海苔もチャーシューも良いボリュームです。

ガッツリ系味噌として、お勧めできますね。

麺を食べ終えると、半ライスを食べます。

スープとライスを交互に運び、完食。

相変わらずライスの食べ方、私はおかしいですか?w

この店は後払いなので、レジでお会計。

お釣りをいただくとき、しっかりと手を女性スタッフが握ってくれました。

私の脳内では、どぶろっくの「もしかしてだけど~♪もしかしてだけど~♪」が

何度もリフレインし、くだらぬ妄想をしながら、店をあとにしました。w

 

ここで一句

     サービスに

         汗拭きなどは

                ありません!

2015年4月27日 (月)

小田原市 港のごはんやさん 小田原あじ丼

Dscn5170


Dscn5169


Dscn5155


Dscn5156


Dscn5157


Dscn5158


Dscn5160


Dscn5162


Dscn5163


Dscn5165


Dscn5166


Dscn5167


Dscn5168

4月から新番組が始まったが、特に気にしては見ていない。

私が見るのは情報娯楽番組ばかり。

休日のネタ探しですね。

テレ東はそう言う意味でも、欠かせません!w

干物屋で干物の詰め放題をやっていたな。

面白そうだが、私が詰め放題をやって、大量の干物をどうする?

結局、おすそ分けか、無料提供になってしまう。w

結局、ひとり者は詰め放題とは無縁なのだ。w

前回、味に関しては申し分の無い「港のごはんやさん」。

今の今まで、何故に入らなかったのか、少々後悔をした。

しかし、入り難いというのは紛れもない事実。

市場関係者ならともかく、部外者には実に入り難いお店。

だが、1度経験すれば、10回経験したのと同じずうずうしさを生み出す我が神経。

2度目の訪問は、一切の躊躇もなく、入ることが出来た。

「ぉはょぅございます」

前回と同じく、店主の奥様がお出迎え。

先客は一人いたが、すでに食べ終えて、新聞を読んでいた。

本日のお勧めは鯵セットだけであった。

前回はイカフライがあったが、鯵だけである。

ミックスフライでも食べようかと思ったが、この店は鯵に関しては、自信があるようだ。

ならばと思い、小田原の鯵丼1000円を注文した。

鯵丼が出来るまでの間、テレビを見ながら大人しく待つ。

この店、禁煙なので、常連客がいても、煙草の煙を気にしなくていいのが、イイね!w

やがて、鯵丼登場、記念撮影をし、いただきま~す!

 

 

 

ボリューム感は無いが、鯵の量が凄いね。

間違えなく、鯵は2尾以上使っているね。

2尾以上3尾未満か?

つまり、2.5尾?

ご飯はややこじんまりとしたものだが、ご飯の量より鯵が多いかもしれないぞ。

それにワカメと玉葱の味噌汁、香の物、小鉢と付く。

まずは味噌汁を事逗ずz・・・美味いな~。

玉葱の甘さが出た味噌汁は美味しいね~。

次にメインの鯵丼をいただく。

鯵にはタレがかかっているので、そのままパクついてみる。

モグモグ・・・ウメぇ~~!!!

鯵ウメエ~~~!!!

鯵は刺身状のものだが、すりゴマの入った特製のタレがかかっている。

これがいい塩梅で美味いが、鯵自体も美味い。

鯵は新鮮なのも重要だが、〆て一晩おいた方が、美味い場合もある。

私はこの鯵、後者の方では?と思ったが、未確認。

ご飯はホカホカご飯、ご飯にもタレが浸み込んでいる。

刻んだネギが散らされ、おろし生姜添えられる。

生姜は繊維質だらけだが、ご愛嬌。

何しろ鯵が美味い。

小鉢はコーンサラダのようなものだった。

やがて完食。

いや~、満足、満足!

美味しい!

鯵の味も良いが、ボリューム感も満足。

全体的なボリュームはやや物足りないが、鯵が沢山食べられました。

何しろ、鯵のタタキ1品で700円前後当たり前ですからね。

鯵に関してはお勧めのお店ですが、前回も書きましたが、デートには向かない。

お店自体は狭いので、大人数も向かないと思います。

お一人様向きかな?

 

ここで一句

     鯵の味

        オススメだから

              食べてみて

 

2015年4月26日 (日)

伊東市 ももな 天ぷらそば大盛り(温)

Dscn5141

Dscn5144

Dscn5145

Dscn5146

Dscn5149

Dscn5147

Dscn5148

何故にこの店に執着するのか?

自分でもよく分からない。

しかし、今まで2回利用し、どれもインパクトが十分であった。

そんな刺激路線を求め、またもや来てしまった。

だが、前回、前々回を超えるものはあるのか?

お勧めだというので、天ぷらそば大盛りを注文してみた。

普通盛は950円だが、大盛りは300円増しになる。

天ぷらそばは普通盛でも1250円前後が相場じゃないかな?

いや、1500円くらいが相場だろう。

それを考えると、物を見る前から安い!といえる。

それほど待たずに蕎麦登場、記念撮影をし、いただきま~す!









何というか、見た目はかなり良いが、インパクトはない。

天ぷらの内容は海老が2本、南瓜、丸十、茄子、明日葉、エノキである。

海老が2本と言うのが、ポイントが高い。

蕎麦は大きめの丼ぶりになみなみと入っている。

蕎麦にはネギとワカメが散らされている。

まずは蕎麦を事逗ず・・・うん、コシが弱い。

今回注文したのは温かい天ぷらそば。

温かいとどうしても、コシが弱く感じる。

次におつゆを啜る。

事逗ずz・・・ダシ感が弱いですね。

ホッとするようなダシの主張は感じません。

この時点で冷たい天ぷらそばにすれば良かったか?と思う。

冷たいとのど越しが楽しめるからね。

天ぷらはカラリと揚がり、なかなか美味しい。

衣は玉子が多めなのでしょうか?黄色が強いですね。

蕎麦は沢山入っているのですが、段々ダレてきます。

やはり、冷やしがいいか・・・

そして完食。

コスパに関しては文句はありませんが、冷たいのがお勧めですね。

おつゆは残しました。

接客はいいと思います。

 

ここで一句

    御蕎麦はね

        冷たい方が

             通好み

2015年4月25日 (土)

餃子の王将 持ち帰り 餃子、シューマイ、ニラレバ

Dscn5130


Dscn5132


Dscn5133


Dscn5136


Dscn5139

桜前線第八陣と九陣を紹介したが、疲れた。w

二年前も寝ずに行きましたが、何しろ桜はタイミングが重要。

満開、見頃の時に自分の休日が取れるか?天気はどうだ?というのがあります。

そんな時、私の中では福島、長野、三重は日帰りコースという規定があります。w

しかし、衰えた。w

体力的にかなり、キツクなった。

だが、このブログの公開スペースも残りわずか。

桜前線、最後はどこにしようか?

やはり、芝桜か?











餃子の王将に行った。

持ち帰りを買うためである。

今回は夕食兼ということで、餃子、ニラレバを一人前、シューマイを二人前買った。

車で持ち買ったのだが、車の中に匂いが充満し、腹がグーグー鳴る。w

缶ビール500mmを4本買い、一人宴会開始。w

餃子は店で食べるのと違い、持ち帰りは皮がカタイし、ジューシーではない。

生餃子を買って、自分で焼いた方が美味いと思う。

しかし、初めて買ったシューマイだが、これはいい!

餃子の様に皮がカタくなることもない。

食感もやわらかく、持ち帰りには餃子よりもポイントは高い!

しかし、3個で1人前なので、少々割高かな?

ニラレバはレンジで温め直せば美味しいね。

でも、やはり、店で食べて飲みたいね。w

 

ここで一句

     持ち帰り

        匂いのために

               つまみ食い?

2015年4月24日 (金)

白河市 とら食堂 焼豚ワンタン麺大盛り

Dscn5105


Dscn5103


Dscn5107


Dscn5108


Dscn5110


Dscn5113


Dscn5118


Dscn5119


Dscn5122


Dscn5123


Dscn5124


Dscn5125


Dscn5127


Dscn5128

やはり、福島に来たらラーメンでしょう!

このブログでは3軒ご紹介しています。

http://zard.air-nifty.com/blog/cat22373992/index.html

私自身は、喜多方ラーメンは20年以上前から食べ歩きをしていましたが、

白河ラーメンに関しては、記憶にあるのは一軒だけ。

店の名前も憶えていません。w

ここで白河ラーメンの筆頭株主?ともいえる、とら食堂に行ってみましょう。

会津若松駅からナビをセットすると、1時前には余裕で到着とあるので、行くことに。

途中、眠気が来るが我慢をして、車を走らせる。

すると、ナビは田んぼのあぜ道の様なところを曲がれ!という。

こんなところにラーメン屋があるのか?というくらい辺鄙なところ。

すると、看板が見えたので曲がると・・・

おわああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

店を発見した!と同時に、客がたむろしている!!!

行列ではない!店の前にたむろしているのだ!!!

そして、店周辺にある駐車場は車でいっぱい!

六厘舎や旧大勝軒で凄い行列は経験しているが、この店は違うな。

車の中で順番を待つ客が沢山いる。

ざっと見て、50~60人待ちか?

店の外見は新しく大きな民家風。

この時点で、他の店に行こうか?と悩む。

しかし、待ち時間がある、ということは、少し仮眠ができる!と考えた。

この店では、入り口に順番待ちの名前を書く紙があるので、そこに名前を書く。

順番は21番目であったが、客数ではやはり、50~60人待ちだ。w

そして、車の中で横になる。












寝られるわけないだろう!!!w

順番が気になるし、第一この店は昼の部は14時までだぞ!

初めてなので、システム的にどうなっているのかわからん!

気になるので、店の周辺をうろうろする。

・・・何もない。

とら食堂以外に店らしい店はない。

民家が点在し、畑や田んぼが茶色い肌を見せている。

昔の記憶でも、なぜかポツンとあったラーメン店に入った記憶がある。

駐車場には他県ナンバーが多いですね。

その中でも私が一番、遠いのかな?w

30分が何事もなく経過をし、1時間経過した。

この時点で順番を確認する。

あと、5組であった。

1時間15分経過したとき、「デー様、おひとりのデー様」と呼ばれる。

女性スタッフに招かれると、店内に入る。

店の中は掘りごたつ式の小上がり席とテーブル席、カウンター席とある。

キャパは50席ほどでしょうか?天井は高く、開放感があります。

卓上にはコショウやラー油、玉ねぎの入れ物などがあります。

玉ねぎは刻み玉ねぎなのですが、最初はニンニクかと思いました。

注文したのはチャーシューワンタンメン大盛り1250円。

大盛りだと180円増しになります。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










これが1時間半待った末のラーメンか・・・

実にオーソドックスな醤油ラーメンの風情である。

これが白河ラーメン、これがとら食堂、というものは感じない。

海苔、腿肉のチャーシューが3枚、メンマ、ナルト、ほうれん草、ワンタンが乗る。

見た目は東京ラーメンの印象ですね。

銀座満福を思いだしました。

http://zard.air-nifty.com/blog/2011/08/post-576a.html

まずはスープを事逗ずz・・・美味い!!!

アッサリした中にもコクと旨味を感じるスープ。

この日、私は疲労困憊なので、体にじんわりと染み渡る美味さと言いましょうか。

澄んだ醤油スープですが、鶏ガラ主体の旨みが漂います。

魚介系の香りや旨味は無いようですね。

ただ、1時間以上待った甲斐のあるスープかと言われると、インパクトは薄いですね。

初っ端からストレートパンチのような物はありません。

麺は手打ち麺ですが、中太の縮れ麺という具合でしょうか。

ここで気になるのが、佐野ラーメンとの違いですね。

佐野ラーメンの青竹手打ちとどこが違うのかな?

佐野ラーメンを食べ歩いたときに思ったのが、麺が軟らかい感じの店が多いこと。

つまり、カタメの麺が好きな方には違和感を感じるかな?と思いました。

しかし、この店の麺はカタメとは言いませんが、しっかり感があるようです。

使用している小麦も日清製粉の特飛龍という、コシの強さに定評のある小麦粉です。

スープは醤油スープですが、醤油の特徴も抑えられ、麺の味を変える様な事も無し。

醤油ダレも寝かしてあるのですかね?いい塩梅です。

チャーシューはメニューには焼豚と表記していましたので、煮豚ではないです。

この店ではチャーシューは、燻製になります。

燻製と言うと、家系ラーメンの総本山、吉村家のチャーシューを思いだします。

燻製した豚肉を醤油ダレに浸け、味を浸み込ませているようです。

肉の美味さがと香ばしさがあります。

腿肉なので、脂の美味さは堪能できませんが、じんわりジューシーなお肉です。

メンマはコリコリした食感がありますが、控えめな味付けですね。

それにしても、美味い!

最初はインパクトがないな、と思いましたが、口に残る旨みが消えずに積み重なる。

積み重なる旨みが旨みを倍増させ、食べ進むうちに美味い、美味いが頭に浮かぶ。

これは、伊達屋と同じ印象だな。

このあたりが、客をたむろさせる味の秘訣なんでしょうか?

次にワンタンを食べます。

中の餡は少なめです。

皮はチュルンとした食感がありますが、特段特徴のある物でも無し。

チャーシューメン大盛りでも良かったかな?w

卓上に刻み玉ねぎがあったので、薬味代わりに投入しますが、水に晒されたそれは、

玉葱の特徴が抑えられ、味を変えてしまうようなものは無し。

コショウは少しかけましたが、餃子が無いのにラー油があったので、少しかけました。

刺激感が生まれますが、この刺激はこのラーメンには必要ないかな?

この店に何度も通えるような環境だと、このラー油の利用方法もアリだと思います。

そして、スープを飲み干し完食。

なるほど、並び、たむろするわけです。

美味い!この一言に尽きます。

私としては1時間半、待ちたくはないですが、この日は日曜日。

平日ならば、もっと待ち時間は短いと思います。(想像)

白河インター周辺には手打ちラーメン店が多いようですが、交通費が・・・w

皆さんも機会があれば、何はともあれ、とら食堂へ。

 

ここで一句

     疲れると

         豚骨魚介

             欲しくなる?

2015年4月23日 (木)

会津若松市 マルモ食堂 ソースかつ丼

Dscn5086


Dscn5087


Dscn5088


Dscn5089


Dscn5093


Dscn5095


Dscn5096


Dscn5097


Dscn5098


Dscn5101

さあ、飯だ!

三春滝桜と鶴ヶ城にて桜の撮影を終えた私は、食事をすることにした。

時間はまだ10時半過ぎだった。

朝の6時前から観光をすると、これほど余裕のある観光ができるのか?w

だが、鶴ヶ城周辺は9時くらいから暖簾を出している店が多いようですね。

この周辺だと、ラーメンとかソースかつ丼だが、私は違うものを選んでいた。

それはラーメン二郎である。

会津若松駅前にラーメン二郎があるので、この日の昼はそこに決めていた。

営業開始15分間に駐車場に車を止めると、店の前に行く。

・・・臨時休業。w

ぷ。

ぷぷ。

ぷぷぷ。

寝ずに福島まで来て、まさかの臨時休業!

人間不信になりそうだわ!w

しかも後で調べたら、第3日曜日定休、不定休だと!

完全にリサーチ不足。

私が悪いのです。w

仕方がないので、駅前で食事処を探すものの、見当たらない。

近所にはスーパーや日帰り温泉施設などがあるが、食堂などは見当たらない。

あっても営業開始前か、定休日のようだ。

「あ!あった!」

マルモ食堂なる食堂が暖簾を出している。

営業開始から100年経過らしい。

私はここに避難するかのように、入店した。











時刻は11時だが、店の中に先客はいない。

店内は時間の経過を感じさせる、古いものであった。

テレビはブラウン管式のテレビが置いてあるが、スイッチは入っていない。

店内は広く、テーブル席がメインのようだ。

おそらく、このテーブルも椅子も同じものは2度と手に入るものではないだろう。

昭和レトロという言葉で表現するのは容易いが、時間に流されないものがある!

という表現が相応しいかもしれない。

しかし、創業100年以上らしいので、明治や大正の面影はなく、昭和では

まだまだ新しい方なのかもしれない?

着席すると、接客担当らしきおばあさまがお茶を運んでくる。

何を選ぶか迷うが、ラーメンかかつ丼しかないでしょう!?w

悩んだ末にソースかつ丼900円を注文。

それほど待たずにかつ丼登場、機縁撮影をし、いただきま~す!










なかなかいいじゃないですか。

ソースは浸すのではなく、上からかけるタイプですかね。

ソースの香りが鼻腔をくすぐりますが、どこかで嗅いだような・・・

味噌汁とお新香が付いてきます。

まずは味噌汁を事逗ずz・・・うん、美味しい。

ワカメとネギが入っている。

次にメインのカツを一口、モグモグ・・・揚げたてで美味い!

肉自体も美味しい!

豚肉はソースの香りが先に来るためか、特に豚肉特有の匂いは感じない。

肉の厚さは1.5cm~2cmというところでしょうか。

なかなかジューシーで軟らかい肉だと思います。

揚げ具合もよく、衣の部分もサクサクです。

肝心のソースですが、どこかで食べたような・・・市販のソースですかね?

カツの下にはキャベツが敷いてありますが、この量が適量ですね。

ご飯とカツとキャベツが、バランス良く食べられる。

ご飯の量はまあまあでしょうか。

通常であれば、十分満足が出来る量だと思います。

やがて完食。

私が食べ終えるまで他に客は一人。

昼時なのに、朝定食を頼んでいました。

全体的に低価格で、1000円以上のメニューは見当たりませんでした。

二郎に行けなかったの残念ですが、新たな御縁を頂いた気がしました。

 

ここで一句

     マルモとは

         どんな意味かと

               聞いたのか?

2015年4月22日 (水)

会津若松市 鶴ヶ城~会津若松市内は桜満開の四十三景

1_5

Dsc_2200


Dsc_2201


Dsc_2202


Dsc_2208


Dsc_2211


Dsc_2213


Dsc_2216


Dsc_2222


Dsc_2225


Dsc_2228


Dsc_2239


Dsc_2241


Dsc_2242


Dsc_2244


Dsc_2247


Dsc_2248


Dsc_2249


Dsc_2252


Dsc_2256


Dsc_2257


Dsc_2260


Dsc_2267


Dsc_2268


Dsc_2270


Dsc_2273


Dsc_2274


Dsc_2277


Dsc_2282


Dsc_2284


Dsc_2292


Dsc_2296


Dsc_2297


Dsc_2301


Dsc_2305


Dsc_2309


Dsc_2310


Dsc_2312


Dsc_2311


Dsc_2313


Dsc_2319


Dsc_2322


Dsc_2324

結婚

その華々しい人生の門出。

そんな門出に出会え、私は幸せを感じました。

桜前線第九陣。

出会いを感じた日でした。

25

喜多方には何度か足を運びましたが、鶴ヶ城は初めての訪問です。

今回、三春滝桜から向いました。高速を使えば1時間半はかかりませんね。

ところで、昨日の日記には書きそびれましたが、仮眠時間は2時間もしていません。

途中、2度ほど睡魔に負けそうになりました。

そんな時は、無理せず休む。

これが一番です。

15~30分、目を瞑ると頭が冴えるものです。

眠くても、目的地に到着すると、興奮して元気になります。w

尚、この時点で腹の中には、滝桜で食べた油揚げ2個のみ。

寝不足時、睡魔を誘う最大の敵は「食べ物」。

腹が膨れればどうしても眠くなります。

とにかく、撮影が終了するまで、飯は後にしました。

鶴ヶ城到着時、時刻は9時半を過ぎたくらいでしょうか?

隣接する駐車場に止めることが出来ましたが、すぐに満車になりました。

本当に、本当に、桜の花見をするのであれば、早起きは大切です。

三春滝桜も、私は朝の7時には撮影を終了し、後にしたのですが、すでに満車!

駐車場待ちの車が道路にず~っと連なり、その渋滞の凄さに驚きました。

桜は日の出と共に見物する覚悟が必要ですね。w

鶴ヶ城の中は1階、2階は撮影禁止です。

そこから上の階は撮影可能です。

この日は子供祭の大会の様なものをやっていましたね。

そして、帰ろうと思った時に、丁度新郎新婦が入場してきました。

さすがに、正面からの撮影は遠慮しましたが、何とも羨ましくもアリ、幸せな気分です。

それにしても、桜が満開になると、どこの地域も混みますね。

今年の桜前線、開花が早く、苦労しています。

しかし、今回で九回目。

第十陣はすぐそこにあるかも?

 

ここで一句

     花見より

        新婦の顔見て

              にこやかに

2015年4月21日 (火)

田村郡 三春滝桜 紅枝垂地蔵桜 上石の不動桜~枝垂れ桜饗宴の六十一景

1


Dsc_1861


1_2


Dsc_1864


Dsc_1873


Dsc_1877


Dsc_1886


Dsc_1894


Dsc_1898


Dsc_1901


Dsc_1903


Dsc_1905


Dsc_1909


Dsc_1916


Dsc_1924


Dsc_1928


Dsc_1930


Dsc_1934


Dsc_1936


Dsc_1937


Dsc_1946


Dsc_1952


Dsc_1954


Dsc_1960


Dsc_1976


Dsc_1978


Dsc_2024


Dsc_2030


Dsc_2034


Dsc_2056


Dsc_2060


Dsc_2066


Dsc_2071


Dsc_2073


Dsc_2075


Dsc_2079


1_4


Dsc_2084


Dsc_2095


Dsc_2096


Dsc_2098


Dsc_2101


Dsc_2104


Dsc_2106


Dsc_2107


Dsc_2123


1_3


Dsc_2132


Dsc_2135


Dsc_2142


Dsc_2145


Dsc_2156


Dsc_2160


Dsc_2162


Dsc_2168


Dsc_2169


Dsc_2173


Dsc_2177


Dsc_2185


Dsc_2186


Dsc_2192


Dsc_2194


Dsc_2198


Dsc_2199

二年前、その艶やかさに感動し、再訪問となりました。

問題なのは、訪問時間。

私は6時に到着する事を目標としました。

しかし、ホテルに泊らない限り、不可能です。

「ならば、寝なければいい!」

私は、夜の8時半に部屋を出て、厚木の健康センターで仮眠をし、福島へ。

更に。

近隣にある2つの枝垂れ桜を撮影しました。

桜前線第八陣、己の体力と限界に挑戦した一日でした。

 

ここで一句

    早起きは

        花見の時期は

               欠かせない!

2015年4月20日 (月)

賀茂郡 ふるさと 肉チャーハン

Dscn5085


Dscn5078


Dscn5080


Dscn5081


Dscn5083


Dscn5084

以前、肉チャーハンと言う食べ物があり、それを食べに行った。

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/06/post-17.html

この店、確かに美味い肉チャーハンであった。

しかし、不定休で出前が忙しく、店で食べるのがままならないという。

そんな店でよくぞ、2回続けて普通に食べることが出来たと思う。w

そういうギャンブル性の高い店を避け、安心して食べられる店探しも重要だ。

そんな訳で、何故か肉チャーハンが食べたくなり、東伊豆町へ。

肉チャーハンと言うと、稲取町なのだが、その手前の白田町に行く。

店の名前はふるさと。

中華料理のお店であるが、暖簾には変わったチャーハンと書いてある。w

店内に入ると、テーブル席がメインでカウンターは5席ほど。

おひとり様なので、カウンターに座る。

メニューは店の壁に貼ってあるのだが、カウンター席だと頭の上。

見上げるようにメニューを確認すると、麺類とチャーハンがメインのラインナップ。

肉チャーハンを食べに来たが、麺類もいいよな~。

チャーハンもバリエーションが豊富で、五目、海老、野菜、玉子、カレーとある。

さらに肉丼、中華丼、天津丼とある。

個人的に肉丼を食べてみたい気もするが、チャーシューワンタンメンもいいよな~。

モヤシそばなんか萌やしそばだと。w

焼きそばもいろいろあるな、うわ~これは迷う!

しかし、ほかの客が注文するのは肉チャーハンばかり。

店内8分くらいの客入りだが、餃子と肉チャーハンばかり出てくる。

私の隣も肉チャーハンを食べている。

悩んだ末に肉チャーハン900円を注文する。

それほど待たずチャーハン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










何というか、ざっくりした外見ですね。

思ったよりも餡にとろみがないというか、パラパラした感じですね。

ボリューム感は私としてはまあまあというところでしょうか?

大盛りを頼んでも食べきれる自信はありますが、これで十分かな?という感じ。

上に乗った餡はキャベツと豚肉がメインですね。

それを少なめのカタクリでとろみをつけてありますが、とろとろはしていません。

肉とキャベツの炒め物をそのまま乗せた、という表現でもいいでしょう。

肝心のチャーハンは玉子チャーハン。

これに福神漬けが付き、スープが付きます。

では一口、もぐもぐ・・・ざっくりキャベツの食感がザクザクや~!

醤油で味付けされた餡ですが、やや濃いめの味付けです。

その分、ベースのチャーハンは軽い味付けですが、ガテン系が好きな味ですね。

キャベツの食感がしっかりと残り、しっかりと噛むことを要求されます。

私は咀嚼力に自信があるので、気にはなりませんが、年配で歯が悪い人はつらいかな?

それにしても、周りの客、全部肉チャーハンだよ。w

確かに美味い。

中華街でもあんかけチャーハンみたいなものがあるが、別物ですね。

個人的にはこのチャーハンを、スープチャーハンにアレンジしても面白いかな?

しかし、間違いなくB級グルメですね。

気兼ねなく、誰でも美味しいと思えるものです。

そして完食。

個人的にはこれに半ラーメンでもあるといいかな?

いや、ラーメン半肉チャーハンですかね?w

あと2~3軒、肉チャーハンめぐりをしたいと思います。

 

ここで一句

    肉よりも

        野菜の歯ごたえ

               思い出に

2015年4月19日 (日)

小田原市 さがみ茶屋 フライと刺身のセット(ご飯大盛り)

Dscn5074


Dscn5072


Dscn5058


Dscn5060


Dscn5062


Dscn5064


Dscn5067


Dscn5068


Dscn5069


Dscn5071

まだ梅雨でも無いのに、天気が悪い日が続きます。

しかも、私の休日に重なります。

困ったね~。

因みに、GWはどこにも行きません。

行くつもりもありません。

渋滞は嫌いです。

無用に待つのも嫌いです。

出かけるのなら、暇なときに限る!w





ところで、このブログの最終回は決まっている!と、どこかに書きました。

その最終回のネタの情報をようやく、入手しました!

以前から情報を得ようと、努力はしていましたが、特定までは至らず。

しかし、遂に特定が出来ました。

それと共に、ネット社会は断片的な情報を得ることにより、特定出来てしまうのだ!

というある種の怖さも感じました。

今の世の中、匿名なんて存在しないのかも?










この日は特に用事の無い日であった。

天気が悪いので、桜前線に出かける気にもならない。

ご飯を何にするか迷うが、前日が宴会だったので、サッパリした物を食べたい。

蕎麦とか刺身が良いな~と思ったら、以前から気になっていたこの店に。

和食中心のメニューの様なので、入ってみました。

店の名前は「さがみ茶屋」。

初めて入る店ですが、店の前だけなら何百回通り過ぎたことか?千回以上か?w

店の前には駐車場があり、裏手にも駐車場がある。

店の前にはメニューが並べてあり、ランチメニューもあるようだ。

店内に入ると、テーブル席中心の様です。

小上がり席や、カウンター席もあります。

私は他に御客がいなかったので、テーブル席に案内される。

訪問時間は午後1時を過ぎておりました。

メニューは鰻に天ぷら、お刺身、御蕎麦といろいろありますが、ランチメニューにしました。

注文したのは「フライとお刺身のセット1320円」。

ご飯大盛り無料とあったので、大盛りをお願いしました。

どうせ、この手の店は気取って、ご飯なんか少ないだろう!と思っての注文です。

それほど待たずにご飯登場、記念撮影をし、いただきま~す!











むむむむ!!!そう来たか!!!

まさかのどんぶり飯。w

サカナキュイジーヌリヨウで食べたランチメニューの丼ぶりより大きいか?

それにご飯がてんこ盛りだ!食べ切れるのか、俺?w

みや古食堂の普通盛ご飯より、確実に多いね。w

そんな大盛りご飯を筆頭に、串揚げ、アジフライの揚げ物と、鮪と鰆ですかね?

何故か厚焼き玉子が付いています。

蕎麦も一口わんこそばの様に付いています。

あとは味噌汁と、小鉢の独活の佃煮ですね。

見た目は豪華ですが、値段を考えると、刺身が3点盛りか、揚げ物を3点にして欲しい。

まずは味噌汁を事逗ず・・・うん、美味しい。

次に蕎麦をいただきます。

蕎麦は冷たいタイプの蕎麦です。

ちゃんと、ネギやわさびもあります。

ズルズルと2口、3口で食べ終えます。

蕎麦はちゃんとコシもあり、のど越しが良かったです。

つゆも濃すぎず、この店の蕎麦メニューも楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

次にご飯を食べる。

ご飯はさすがに炊き立てではありませんが、ほかほかです。

炊き加減も個人的に文句はありません。

次にフライをいただきます。

揚げ物は両方とも揚げたて。

どちらも小さなフライですが、手抜きは無し。

肉の串揚げと、アジフライはアツアツで美味しい。

次に刺身ですが、鮪は見た目は筋が目立ちますが、口に残る様なものは無し。

少々水っぽい刺身かな?という部分もありますが、悪くはない。

もう一つも、特に不可と感じる部分は無し。

何はともあれ、ご飯が多いので、おかずと交互に食べ続けます。

やがて完食。

食べ終えてしまうと、もっと食べられたかな?と思いました。w

何となく、コスパが良い様でそうで無い様なお食事でした。

 

ここで一句

   ご飯より

      おかず大盛り

           ないかしら?

2015年4月18日 (土)

伊東市 うめはら ししゃもの天ぷら、軟骨、刺身、佐藤ともぐら他

Dscn5035


Dscn5040


Dscn5039


Dscn5042


Dscn5043


Dscn5044


Dscn5045


Dscn5046


Dscn5049


Dscn5052


Dscn5056

マツコって良い人らしい。

結構、気配り上手で、信頼があるらしい。

ただの毒舌キャラかと思いきや、そうではないらしい。

そうでなければ、いくら人気があっても、長続きしないでしょう?

一度、いろいろと話をしてみたいものです。w

それにしても、ミッツの女装、何とかなりませんか?w


折角なので、もう一軒行くことにした。

前回も2軒ハシゴしたが、焼肉屋で飲み過ぎ、食い過ぎたので、楽しめなかった。

今回は、適度な酔い加減なので、次も楽しめそうだ。

次に行ったのは「うめはら」。

評判が良い様なので、入ってみることにした。

すると、先客は3名ほど。

少ないわね。

時間は夜の9時であったが、この時間帯だとそろそろお開きの時間ですかね?

先ほどの作蔵も8時過ぎたら、客が少なくなったしね。

普通に考えたら、翌日仕事があるのなら、深酒は出来ませんね。w

地方の夜は、温泉街の夜は・・・健全なのかも???

まずは生ビールで乾杯をし、ツマミを選ぶ。

お通しが豆鯵ですね、カリカリした食感で美味い。

メニューを見ると、シシャモの天ぷらがあるので、それを注文。

連れがナンコツのから揚げを選び、刺身の盛り合わせを選ぶ。

飲んで食べ進むうちに、焼酎のボトルが並んでいるので、私は佐藤ともぐらの

ショットを頼んだ。

ストレートと水割りとどちらにする?といわれたが、翌日を考え水割りに。

まずは佐藤から・・・事逗ずず・・・うん、芋焼酎だね。

特段、華やぐ香りなどは感じず、これが佐藤か!というものは感じない。

もっとも、すでに生ビールを6杯以上飲んでいるので、麻痺していたか?

次にもぐらを水割りで頼む。

事逗ずず・・・先ほどの佐藤と違いが分からない。w

同じくイモ焼酎だというのは分かるけど・・・w

魔王の様に華やぐ香りは、両方ともなかったな。

私としては、財宝の紅財宝や、赤財宝をお勧めします。

芋焼酎としてはどちらも飲みやすく、芋焼酎苦手でも美味い!といわせたものです。

追加で帆立の醤油焼きかな?バター醤油焼きかな?を注文し終了。

刺身の盛り合わせはちゃんと、説明を受けたのだが、4人全員記憶があいまいで、

鰤、サザエ、烏賊、カンパチ、ヒラマサ、鯵だったかな?

ししゃもの天ぷらは、レモンだけでいただきました。

これはなかなか美味しいと、思いました。

ナンコツと帆立は普通かな?

2軒目ということで、早めに切り上げ、全部で10100円でした。

勿論、特派員はお茶でした。

その後、特派員の運転で各自送迎してもらい、私も無事到着。

翌朝、芋焼酎の匂いが、体に浸みこんでおりました。w

たまには皆と飲むのもいいね!

運転手は大変だけど。w

 

ここで一句

     感覚が

       鈍った味覚で

            語れない

2015年4月17日 (金)

伊東市 作蔵 生ビール、串揚げ、焼き鯖寿司、ラーメンサラダ他

Dscn5006


Dscn5008


Dscn5009


Dscn5011


Dscn5012


Dscn5014


Dscn5016


Dscn5019


Dscn5020


Dscn5024


Dscn5026


Dscn5027


Dscn5029


Dscn5033

男子ゴルフの世界は、石川遼ではなく、松山英樹にシフトしていると思う。

私はゴルフをやらないので、断言するのもなんだが、メディアから入る情報だと、

素人目には「松山頑張っているじゃん!」と思う。

ただ、CMなどでは相変わらず石川遼だね。

ゴルファーなんだから、ゴルフを頑張ればいいのだろうが、CMでは使い難いようですね。

私としては寡黙な男は応援したくなるので、頑張れ松山!と言いたいが、

たまにはインタビューでギャグでも一発、どうですか?w







ブログのネタが無くなり、ネタ探しを計画していると、アメブロ支店で、

時々画像を頂戴している特派員が、運転手を引き受けてくれた。

前回、焼肉はつかので、飲んで食べたが、これも特派員のおかげ。

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/09/post.html

酒を飲む為に、運転を引き受けてくれた。

運転手がいないと、ホテルに泊まるのが私の常なので、30分~60分の運転を、

引き受けてくれる、というのは実にありがたい。

そして、またもや伊東市内で飲む事にしたが、どこにしましょうか?

私が選んだのは、「作蔵」。

この店、串揚げが食べられます。

揚げ物とビール!最高でしょう!w

そして、前回と同じメンバーで作蔵に行きました。

店内はテーブル席とカウンター数席の変則レイアウト。

大きな掘り炬燵のようなテーブルがあります。

そこは最大10人は座れそうですね。

4人がけのテーブルが3卓かな?

まずは生ビールで乾杯をし、ツマミを選びます。

この店の生ビールは泡がクリーミーですよ。

ところで・・・メニューが見えませんよ。w

メニューの文字が小さくて見えん!w

明るければ見えるとは思いますが、なんかぼやけて見えん!w

仕方が無いので、特派員に見て貰います。w

特派員はウーロン茶を飲んでいます。

まずは串揚げお勧め6本と、イカの一夜干しを注文。

串揚げは関西方式の2度浸け禁止タイプ。

2度浸け禁止の意味が分からない方はいないと思うが、一応書いておきます。

串揚げを食べるのに、出来たてをソースの海にポチャんと浸けるのは当たり前。

しかし、それを一口食べて、「ソース足りねえし」ということで、再びソースの海に

ポチャんは禁止と言うこと。

そんなの見たら、精神的に無理だし。

坂上忍だったら、ケンカ売ると思うし。w

綺麗な姉ちゃんでも、多分無理だと思うし。w

そんな訳で2度目はダメなんです。

どうしてもの場合は、キャベツで串揚げにソースをかける、という技がありますが、

この店はキャベツはありません。

ウスターソースですが、若干甘目かな?

辛子が欲しいというと、チューブ式のマスタードいただきました。

串揚げは写真を見て貰えば分かるが、見ても分からない物もある。

うずら、蓮根、椎茸、豚と・・なんだっけ?w

6本出て来たが、あっという間に完食。

追加で海老、ホタテ、チーズ、などを10本近く注文。

生ビールもドンドン注文し、串揚げが減る。

更に追加で鰈の唐揚げ、焼き鯖寿司を注文。

鰈は骨も食べられるもので美味い!おろしポン酢で食べます。

焼き鯖鮨はすでに完成したものですかね?

注文と同時に提供されました。

焼いた鯖と酢飯の間に、ガリが敷かれて、これが美味かった。

なんとなく空弁のミチ子だか誰だか忘れたが、焼き鯖寿司を思い出させた。

ハイボールを注文し、鳥皮煎餅を注文し、〆にラーメンサラダ。

このラーメンサラダ、北海道で食べるのよりも美味いかも?

ドレッシングだけではなく、冷やし中華風にアレンジされていました。

画像は最後から2枚がそうです。

よ~く混ぜ混ぜして食べると美味しいよ。

いい酔い心地になったところで、お開き。

4人で2万円までいきませんでした。

酒飲みは3人でしたが、それぞれビールは5~6杯飲みましたかね?

私はハイボールも飲みましたが、少し濃い目のハイボールでした。

安く、美味しく飲めたと思います。

それと、特派員の小梅ちゃん、ご苦労様。

バカ野郎3人、ちゃんと家に帰りました。w

 

ここで一句

    串揚げの

        ソースは2度目

              禁止です

2015年4月15日 (水)

ネタ切れ

ネタを収集中です。

収集中と言っても、あとは書く気力があるかないか?

それだけなんですが。

このブログの基本は、食べる、出掛ける。

イベントに出掛け、姉ちゃんを撮影し、何かを食べる。

毎週とは言わないが、毎月姉ちゃんを撮影できれば最高!

ネタの収集も張り切りますね!w

そういえば、サーキットに行ったことが無い。

富士スピードウェイにでも行きたいな。

いや、行くことは出来る!

問題は、内容だ。

お姉ちゃんがいないと・・・

本日、妄想癖がひどい。w

2015年4月14日 (火)

秦野市 雨竹亭 ロースカツカレー(120g)

Dscn4999


Dscn4981


Dscn4982


Dscn4989


Dscn4991


Dscn4992


Dscn4995


Dscn4997


Dscn4998

勘違いされる行為とは?

釣り銭を貰うときに、手を握られる。

顔が近い。

目を見てニコリとされる。

触られる。

好きと言われる。

この中で、ダントツの勘違いは好きと言われる、であろうが、良く行くコンビニなどで、

釣り銭を貰うたびに手を触れられると、もしや?という妄想が浮かぶ。

釣り銭が出ないように支払っても、レシートを渡されると、もしや?と思う。

そんな、もしや?が浮かんだ時、コンビの窓ガラスに映る自分を見る。

「客なんだから・・・戦略だよ!」

そうだ、戦略だ。

あのオバサンの戦略だ!w

それと、オバサンに惑わされてどうする?w

どちらにしても、姉ちゃんは勘違いすることをしてくれないね・・・オヤジには。w





何回チェンジをすれば気が済むのやら・・・

昔、名前は忘れたがラーメン店だったとき、訪れている。

横浜家2代目か3代目かな?初代でもJ・SOLEでもないな。

あれから40年!今はカツ丼の店か。(大袈裟な表現が含まれています)

ラーメンを食べたけど、並サイズのカツ丼でも食べてみるか。

私は店の前の駐車場に止めると、中に入る。

「イラッシャイマセ~」

まるで私のコメント返しの定番の様な、声がかかる。

「オキャクサマ、何人デスカ?お一人?カウンターにドウゾ~」

若い女性スタッフは中国か韓国か分かりませんが、笑顔で案内する。

店内はカウンターよりもテーブル席がメインでしょうか?

割とキャパがあると思われるが、思ったよりも客が入っていない。

駐車場にはびっしりと車が止まっているのだが、従業員のものもあるのかね?

メニューを見ると、バリエーションの豊富さに目移りする。

当初、カツ丼を食べるつもりだったが、カレーが、カツカレーが食べたくなった。

結局、カツカレー(カツ129g)950円を注文する。

注文すると、5分ほどでカツカレー登場、記念撮影をし、いただきま~す!











ちょっと、多いわね。w

千切りキャベツのサラダが付いたそれは、飯もルーも多いですね。

カツは120gということで、大きいとは思いませんが、ご飯とルーが大盛りレベル!

桃太郎商店のカレーに負けないボリュームだぜ!

サラダは卓上にドレッシングがあるので、それをかけて食べる。

ドレッシングは胡麻のフレンチドレッシングですかね?

まずはカレーをパクリ、モグモグ・・・ショッパイカレーですね。

具にはいろいろ溶け込んでいるようで、目立つ具材は挽肉のみ。

家庭的な味わいだが、ガテンな皆さんが好みそうな塩加減。

もっとも、カツカレーを注文するような方は、ガッツリ食べたいから注文するのであって、

これ位の塩加減はデフォルトかもしれないね。

カツは揚げたて。

提供が早いので、作り置きかと思ったが、ちゃんと揚げてあります。

肉は薄めながら、しっかりと揚がっており、衣はサクサク、肉はアツアツで美味い。

カレーも最初の一口目はショッパイと思ったが、ご飯が多いので、気にならなくなった。

ご飯はほかほか御飯ですね、美味しい。

ご飯の量はご飯茶わん2杯分より多いかな?

かつやでカツカレーを食べたことが無いが、間違いなく、大盛り以上でしょうね。

カレーの風味はスパイシーではない。

誰でも普通に食べられる辛さだと思う反面、辛いもの好きには物足りないものでしょう。

コクがもう少し欲しいが、カツカレーならこのくらいがいいかも?

サラダはドレッシングで食べていますね。

これも千切りキャベツだけとはいえ、なかなかのボリューム。

やがて完食。

うが~~~~!!!腹いっぱい!!!

さすがに腹がいっぱいだわ!

ボリューム重視の方にはおすすめできるね。

期間限定メニューとか、いろいろ営業努力をしていますね。

次回はカツ丼を食べてみましょう。

 

ここで一句

    刺激より

       塩分多く

           血圧が!

2015年4月13日 (月)

秦野市 さとう 味噌チャーシューメン大盛り

Dscn4980


Dscn4972


Dscn4973


Dscn4974


Dscn4977


Dscn4978


Dscn4979

世の中、何故にビールの売り上げが落ちているのか、わからない。

自分がビールが大好きなので、ビールを飲まないというのが分からない。

発泡酒や第3だか第4のビールと飲み比べると、普通のビールの美味さが分かる。

特に、最近はプレミアムビールが充実しており、それらを飲み比べている。

あれこれとビールを飲み比べて分かったのが、自分のお気に入りが分からない。w

昔はキリンが好きで、キリンばかり飲んでいたが、ドライプレミアムや、エビスビール、

モルツなどのバリエーションの拡大で、自分の贔屓が無くなった。

それよりも、新製品ビールが出ると、飛びつき、飲み比べる。

今はただの新しもの好きな、酒飲みになった。w

ビールで酔えればいいのだ!w

確か、この店は以前、秦野食堂ではなかったか?

http://zard.air-nifty.com/blog/2011/03/post-ae4e.html

良い店だな、と思いつつも、一度しか行ってなかったか?

世の中、そんなものだ。w

ラーメン屋になって日が浅いこの店、目の前にはラーショがあり、こちらも行った。

http://zard.air-nifty.com/blog/2015/01/post-14.html

なぜか気になるので、入ってみますか?

店の名前は「さとう」。

佐藤なのか、左党なのか、砂糖なのか分からない。

店の前にはつけ麺がお勧めの様なポップがある。

店内に入ると、券売機が正面にある。

味噌や醤油など味のバリエーションがある。

この日は寒かったので、味噌ラーメンにした。

注文したのは味噌チャーシューメン大盛り1030円。

大盛りは100円増しになる。

店内は変則的なカウンター席がメイン。

私の座った位置だと、混雑時は正面に座った客と近いだろうね。w

50円でライスが食べ放題というが、米だけで腹を膨らませる気はない。

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












何というか、近頃流行りなんですかね、この丼ぶり。

グラマラスな丼ぶりでは無く、横から見ると、三角錐を逆さにしたような感じ。

私としては、島田の燕を思い出す丼ぶりである。

スーッとスマートな印象のそれは、中身が沢山入るとは思わない。

しかし、実態は麺がびっしりと入っており、その分、スープが少ない。

チャーシューが3枚で、角切り状のチャーシューがゴロゴロと入っている。

表面にはすりゴマがかけられている。

あとはほうれん草とネギ、メンマが見える。

モヤシも少々入っていた。

まずはスープを事逗ずz・・・あら、美味しいわ。

味噌はコッテリした感じで、多少とろみを感じる。

豚骨中心の良いお出汁が出ているが、味噌も負けじと自己主張をしている。

味噌はキレのいい辛口何だろうが、辛口味噌ではない。

甘さを少々排除した感じです。

先日食べたえぞ菊と比べると、味噌濃度が高いものです。

胡麻がかかっているので、ごま風味ですが、美味しいと思いますよ。

次に麺をいただきます。

麺は太麺ストレート、やや平打ちな印象。

啜ると、表面がのっぺりしたものですが、スープに濃度があるので、絡みます。

茹で加減はいいと思いますが、カタメ好きにはどうでしょうか?

大盛りを注文しましたが、麺はぎゅうぎゅう詰めですね。w

チャーシューはやわらかく、美味しいです。

メンマは味噌まみれで味がよく分からない。w

途中で豆板醤とニンニクを投入しました。

すると、いい意味でヤンチャな味に変わりました。

そして完食。

スープは殆ど飲み干しました。

私が訪問時はお客はちらほらという感じでした。

今回味噌に関しては味は良いと思いますが、大盛りだと麺が窒息しますよ。w

コストの関係もありますが、大きめの丼ぶりで、ゆったり食べたいですね。

 

ここで一句

    汁多め

       そんなラーメンが

              あったよな

2015年4月12日 (日)

秦野市 なか卯秦野今泉台店 牛辛みそうどん

Dscn4960


Dscn4970


Dscn4969


Dscn4962


Dscn4963


Dscn4965

動画サイトで、面白い動画は無いか?と探してみたものの、私が見るのは・・・

心霊とか事件の闇とかドロドロしたものか、動物関連。

お笑い関連は1度見れば十分です。w

動物は猫が好きなので、猫をよく見ますが、野生のものもよく見ます。

特に捕食ですが、残酷ではありますが、食物連鎖なので仕方がない。

可愛いネコちゃんも、鳥を加えた時の表情は、野生丸出しですね。

心霊ものは、結構、やらせというか作りものも多いですね。

勿論、「これ、本当にまずいじゃない!」というのもありますが。







今日も雨か・・・

休日が曇りか雨ばかりである。

人生、不定期にやってくる「雨男」の時期なのか?

桜の撮影どころか、どこかに行くのも面倒である。

そうなると、食事はどうでもいいような気になってくる。

そんな時はなか卯であるが、動機がなか卯に失礼か?

毎度の事ながら、朝飯を食べさせてくれる店が少ない。

今日はなか卯でどんな朝飯になりますか?



またもや秦野の店に来た。

もう、ここのなか卯しか入れない。w

中に入ると、先客は無し。

カレーライスでも食べるか?と思うも、期間限定メニューがある。

牛辛みそうどん530円を販売している。

このメニューは大盛りは不可らしい。

私がいつも思うのは、大盛りが出来るメニューが存在するのに、同じうどんを使用しても、

大盛り不可、というのが分からない。

これにミニ丼などを付けると900円ぐらいになり、普通の定食屋と変わらない。

大盛り不可はサイドメニュー獲得の戦略なんだろうが、大盛りぐらい設定してくれ!

文句を頭に思い浮かべながらも、スタッフに食券を渡す。

それほど待たずにうどん登場、記念撮影をし、いただきま~す!









大盛りでなくて良かったかもしれない。

うどんの上に牛丼の具が乗っている。

わっははははは!!!!そう来たか!

物の見事に戦略にはめられたわい!w

味噌風味のうどんつゆにラー油を垂らし、牛丼の具を乗せた物。

まずはツユを事逗ずz・・・これが味噌ですか?確かに味噌ですね。

ツユは甘みを感じる。

甘さの元は牛丼の具も関係しているね、ラー油は刺激が少ない。

別に山椒の小袋があるので、それをかける。

すると、山椒の香りが鼻腔をくすぐる。

啜ると、まだ山椒というか、刺激が足りない。

卓上の七味や山椒を追加すると、ややアグレッシブな食べ物になる。

うどんは相変わらずやわらかめ、のど越し重視ですね。

牛丼の具にはネギが多いですね。

まるで、牛南蛮ですね。

南蛮と言うのは、長ネギの事なんですって!

カレー南蛮と言うと、長ネギ使用で、カレーうどんは長ねぎではなく、

玉ねぎなどを使用している、ということです。

テレビからの受け売りの知識なので、ご了承ください。w

あっという間に完食です。

物足りません。

お昼が楽しみです。

 

ここで一句

    牛丼の

       具が余ったので

              考えた??

2015年4月11日 (土)

伊東市 わさらび 鯛出汁つけそば大盛り

Dscn4956


Dscn4947


Dscn4948


Dscn4949


Dscn4951


Dscn4952


Dscn4954


Dscn4955

今年は日本三大桜を制覇しようとしたが、物の見事に目論見が外れた。

開花が早いのだ。

山梨の山高神代桜など、例年より一週間も早く満開らしい。

三春滝桜も一週間ほど早いらしい。

ならば五大桜のいくつかを!と思ったが、すでに遅し。w

この先、GWまでどうしましょう?

笑うしかないか?わっははは!!!











そんな笑顔を満載で行ったのが伊東市のわさらび。

何故かこの店、三回目。

何か拘りを感じるラーメンだが、食べてみると肩すかし。

その肩すかし加減の見事さ故に、三回目の訪問となった。

店内に入ると、テーブル席に2人座り、カウンターの客は丁度、立ち上がる。

何を注文するか迷うが、つけ麺にした。

最初に食べたのがつけ麺だったが、自分の評価は高かった。

今回は限定の鯛出汁つけそばの大盛り1100円を選ぶ。

券売機で券を購入し、店主に渡す。

店主一人なので、いろいろと忙しそうだね。

やがて、つけそば完成、記念撮影をし、いただきま~す!

見た目は塩つけ麺ですかね?

まずは麺を浸けて啜ります。

事逗ずz・・・うん、鯛の味がするショッパイつけ汁だ!

結構、塩気がツンツンしますね。

鯛出汁なので、確かに鯛の味わいなんですが、奥深いな~とか、浸みるな~とでは無い。

具には鯛の身とチャーシューが1枚、後はネギか。

麺は太麺と細麺と選べるのだが、太麺にした。

小麦は全粒粉であるが、つけ汁の塩気に負けていませんかね?

つけ麺のつけ汁が、塩気が強いのは承知していますが、角の立つ塩気というか、

攻撃的な塩気というか、そんな印象。

鯛のアラなどを使用して、出汁を取っているのでしょうが、鯛が浅瀬で遊んでいるような・・・

奥深い味わいというは感じません。

肝心の臭みなどは、多少はありますが、気にはなりません。

チャーシューは厚みがあり、やわらかいものですが、このつけ汁の中で、

一人だけ仲間はずれの味わいですね。

醤油ラーメンなどにはぴったりなんでしょうが、このつけ汁の中では反抗期ですね。

鯛の身も入っていますが、一口サイズのものでした。

こちらは当然、一体感があります。

麺を食べ終えると、スープ割を所望します。

店主は一人で満席状態の客を捌く中で、ちゃんと応じてくれました。

スープ割でつけ汁がまろやかになった、と思いつつも、この味わいだと、麺が勝つかな?

ラーメンとは、奥深い食べ物ですね、山岸さん、佐野さん。

 

ここで一句 

     チャーシューに 

          鯛の御頭

              どうですか?

2015年4月10日 (金)

小田原市 味の大西 チャーシューワンタンメン

Dscn4892


Dscn4893


Dscn4895


Dscn4897


Dscn4898


Dscn4899


Dscn4900


Dscn4901

ご主人が亡くなられて、1年以上の時を経て、小田原店に行った。

2013年12月に再開したのは知っていたが、これほど間隔が空くとは・・・

何しろ大西系で一番、通ったのがこの店。

冷やしを食べたり、五目を食べたりしたが、生姜焼きが食べられなかったのが残念。

幻のメニューが本当に、幻になってしまいました。

しかし、奥様がその味を受け継ぎ、再開したとは驚きです。

チャーシューワンタンメンと注文すると、「大盛りにしなくていいの?」と、

普通盛りを注文するといわれた日々。w

接客担当と思われましたが、ご主人が残した味を作る事を決心しましたか?

それにしてもよく食べるね。

少ないとはいえ、天丼、蕎麦、海鮮ちらしを胃に収めている。

更にラーメンである。

しかもボリュームに定評のある大西である。

果たして、食べ切れるのか?

時刻は12時半頃だったと思う。

店に入ると、カウンター席はびっしりで、テーブル席には2組ほどいた。

私は、カウンター席の空席を見つけ、そこに座る。

メニューを見ると、ネギそばを筆頭に絞り込まれていた。

もっとも、以前からメニューに載せてあっても、出来ない!と断られていたが。w

この店で注文するものは決まっている、チャーシューワンタンメンだ。

厨房内には奥様がいて、接客担当は同じ位の年配の女性。

何となく、姉妹のような気がしないでもないが、未確認。

チャーシューワンタンメン1200円を注文すると、暫し待つ。

食べ終えた客が、支払い時に奥様に声をかける。

「久しぶり!」「頑張って!」などと。

皆さん、事情は分かっているのですね。

やがてチャーシューメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!

今回、大盛りは注文しなかったが、大盛りはやってないようだ。

登場したのは普通盛であるが、以前の大盛り並のボリュームを感じる。

見た目に関して、以前と何の違和感もない。

まずはスープを事逗ずz・・・醤油ラーメンであるが、少しソースが入っているのか?と、

個人的に感じさせるあの味は健在。

ダシも豚骨の旨みが良く出ていると思う。

何よりも「ああ、いつもの味だ」と思わせる味が、健在なのがうれしい。

奥さん、相当努力をしましたね。

チャーシューやメンマの配置も、全く違和感を感じさせない。

次に麺を引きずり出すが、いつものピロピロ、パロパロ麺である。

啜ると、しっかりとしたコシを感じる。

若干、加水率が下がったか?と思うが、1年以上のブランクがあるので、断言できない。

私のあくまでも感想だが、以前よりもチュルチュル感がいいような気がする。

チャーシューは以前と変わらないと思います。

腿肉のチャーシューですが、茹で加減、味の濃さなど変わってないと思いました。

メンマも食感、味付けなど変わらないな~、でも以前より業務用の香りが強いかな?

ワンタンも変わってないな~、美味しい。

でも以前より、餡がしっかりしているかな?

以前は餡はホロホロした感じだと思ったな。

どちらにしても変わってない!と言い切れる味ですね。

ほんと、奥さん頑張ったんだろうな、たいしたものだ。

麺もワンタンも、チャーシューを食べ終えると、スープを啜る。

あ~、さすがにこれだけは、以前よりショッパイと思うね。

昔もショッパイが、完飲出来た。

しかし、今回は完飲出来ないな。

ショッパくて飲めないよ。

流した涙の数だけ、スープに浸みこんだのかな?

涙で塩加減が強くなったか?

 

ここで一句

     塩加減

        涙の数と

             比例した

2015年4月 9日 (木)

小田原市 サカナキュイジーヌ・リョウ 海鮮ちらし

Dsc_1858


Dsc_1860


Dscn4883


Dscn4884


Dscn4886


Dscn4890


Dscn4891

足りないから連食します。

再訪問となる、サカナキュイジーヌ・リョウに行きました。

前回は賄い丼を食べています。

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/08/post-21.html

それにしてもこの店、大人気ですね。

開店が11時半からなのですが、私が訪れたのは11時35分頃。

すでに順番待ちがいた。w

しかし、すぐに店内に案内される。

テーブル席とカウンター席があるが、カウンター席に案内される。

注文したのは海鮮ちらし丼980円(外税)。

それほど待たず丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!

久しぶりだが、この店の丼ぶりもチンマイね。

チラシとあったが、頭の中でバラチラシを想像していた。w

酢飯の上には、鮪や帆立、海老、カンパチなどが乗っている。

ネタは大きめで厚みもある。

まずは味噌汁を事頭z・・・ウメ!ダシが出てウメ!味噌の風味もいい。

次にワサビを小皿に取り、醤油で溶かす。

かけ過ぎないように回しかけ、チラシをいただきます。

それぞれのネタは良い方だと思います。

ご飯は酢飯ですが、酢の加減は抑え目、苦手の方もいますから仕方がないでしょう。

個人的に、少々酢が強い方が好みなのですが。

酢飯はやや人肌の様な温もり。

開店間際に仕上げたようですね、ちゃんと仕事をしている証拠です。

ネタはどれも美味しいと思いますが、特段いいとは思いません。

ランチメニューとして考えると、妥当かな?という感じです。

酢飯の量は多いとは思いませんが、特別少ないな~とも感じない。

隣の男性客は賄い丼+握り8貫くらい注文してました。w

やがて完食。

まだ、食える。w

 

ここで一句

    まだ食える?

        麺は別腹

            胃拡張

2015年4月 8日 (水)

小田原市 味乃魚隆 もりそば、天丼セット

Dsc_1856


Dsc_1855


Dsc_1857


Dscn4880


Dscn4881


Dscn4882

今更なんだが、東池袋の元店主、山岸一雄さんが亡くなった。

これは私としては衝撃というか、驚きであった。

通いましたからね、

まだ、メニューにシューマイがあり、お持ち帰りが出来るころから通いました。

そして、山岸さんがラーメンを作らなくなった頃、行かなくなりました。

私の人生の中で、一番、通ったお店だと思います。

昨年は佐野さんが亡くなったし、通い詰めた店主が亡くなるのは寂しい・・・





桜を楽しんだ後は飯である。

小田原城址内のお店で飯を食べようと思ったら、目当ての天丼は休止とのこと。

「客が多いので、休止にしています」だと。

時刻は10時半、一般的な店はまだ開店前。

仕方がないので、小田原城をウロウロして、時間を潰す。

11時になったので、どこに行こうか迷う。

入ったことのない店を求め、見つけたのが「魚隆」。

小田原城の近くにあり、ランチメニューがある。

1日限定30食と言うランチが面白そうなので、入ってみた。

店内に入ると、小奇麗で真新しい印象。テーブルとカウンター席とあるが、

お一人様なので、カウンター席に座る。

注文は決まっていた。

もりそばと天丼セット990円を注文する。

この店の場合、内税価格なので、実質910円くらいの内容です。

暫し待ったのち、料理登場、記念撮影をし、いただきま~す!











正直、チンマイですね。

天丼は揚げたてで、蕎麦も茹でたてなのだが、私としてはボリューム不足。

蕎麦の大盛りを注文すれば良かった!と後悔先に立たず。

因みに、蕎麦大盛りで300円増しになる。

蕎麦は十割蕎麦のようです。

まずは何もつけずにチュルン!と。

蕎麦は細目の蕎麦で、ボソッとしたのど越しというか、食感が印象的。

次にツユに浸けていただきます。

ツユは濃い目ですかね?三分一ほど蕎麦を浸し、啜ります。

蕎麦は少ないので、あっという間に無くなります。

次に天丼をいただきます。

中身は海老、海苔、茄子にサツマイモですかね。

写真では分かり辛いかもしれませんが、大きめのご飯茶わんの天丼、という印象。

では茄子をいただきます。

丼ツユは薄目ですね。

その分、ツユダクな仕上がりだと思います。

揚げ上がりはいいと思います。

ご飯はカタメの炊き加減で、ツユダクの中でも、米粒がしっかりしています。

天ぷらの素材もいいと思います。

やがて完食。

蕎麦湯をいただき、ご馳走様。

税込990円で天丼と蕎麦が食べれる事を考えると、お得感はありますが、

同じものをこのままあと2回食べられる胃袋は、物足りなさを訴えます。w

 

ここで一句

     腹八分

       それより下は

             痩せちゃうよ

2015年4月 7日 (火)

小田原市 小田原城~天守閣まで行ったのに・・・二十七景

1

Dsc_1699


Dsc_1692


Dsc_1702


Dsc_1709


Dsc_1712


Dsc_1722


Dsc_1726


Dsc_1736


Dsc_1744


Dsc_1746


Dsc_1747


Dsc_1748


Dsc_1752


Dsc_1756


Dsc_1759


Dsc_1765


Dsc_1767


Dsc_1770


Dsc_1771


Dsc_1772


Dsc_1785


Dsc_1786


Dsc_1798


Dsc_1803


Dsc_1809


Dsc_1822


Dsc_1840

桜前線第七陣は小田原城です。

小田原城は過去2回、訪れております。

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/04/post-a000.html

http://zard.air-nifty.com/blog/2012/04/post-0b70.html

それにしても、ブログの表現方法に一貫性が無いですね。w

何というか、その時その時でいろいろやっておりますね。w

このところ、雨ではないが、曇りの天気が続きますね。

第四陣から曇り空の中で撮影をしております。

じつは、小田原城は予定に無かったのです。

横浜周辺か三浦半島周辺を狙っていたのですが、当日の天気は曇りのち雨。

諦めて、小田原城にしたのです。

真新しさを出すために、初めて小田原城天守閣まで行きましたが、曇って何も見えない。

最後の桜前線なのに、これでいいのでしょうか?

第八陣、天気になるように祈ります。w

 

ここで一句

     雨男

       脳は天気で

             おめでたい

2015年4月 6日 (月)

台東区 パンチョ 御徒町店 ミートソース(並)

Dscn4878


Dscn4868


Dscn4876


Dscn4869


Dscn4870


Dscn4872


Dscn4875

そういえば、今から15年ほど前、御徒町のある店で、ハンティングワールドの

ボストンバッグを買った。

価格は確か6万円オーバーだったと思った。

今も使っております。w

ハッキリ言って、表面のクロスは破れ、ボロボロの状態です。

しかし!穴が開いたわけでも、何かが取れたわけでも無いので使っています。

ブランド品ってさすがだな~と思ったのは、とにかく長く、使えること。

この時一緒に、ハンティングワールドの長財布も買いましたが、とにかく使える!

長財布は見た目の関係で、ヴィトンに変更しましたが、ヴィトンも5年使っている。

このヴィトンも5年経過しましたが、見た目は全く変わらない。

むしろ時の経過と共に、札を入れ易くなり、手になじんできた。

最初は確かに高いが、使用年月を考えると、ブランド品購入は正解かもしれない。

だが、コレクションするほど、金銭的に余裕がない。w

この日は有明、上野と歩き回り、さすがに疲れた。

歩き回ったおかげで、もう一軒行けるね。

上野に来ると、何故か寄りたくなるパンチョに行った。

久々に訪問をしてみると、何というか、オムナポ一押しですね。

以前のと比べると、一押し度が違う。

因みにいろいろメニューが増えているようですね?

激辛ナポリタンもあるようですが、タバスコで普段は調整可能ですねよね?

それにしても過去2回、並盛か・・・大盛り600gを食べるには、空きっ腹で無いと!

http://zard.air-nifty.com/blog/2013/06/post-12.html

http://zard.air-nifty.com/blog/2011/08/post-4f51.html

今回も並盛だな、残すのは罪悪感がある。

それにしても、惜しい。

大盛りまで650円のミートソース、それなのに大盛りを注文しないなんて・・・

この時点で、大磯パーキングエリアで食べた野菜たっぷり味噌ラーメンを、

食べなきゃ良かった、と思ってしまう。

いや、人間朝飯は重要だ。

あれはあれで、一日の活力源を食べたのだ、あれでいいのだ!

と、グチグチ、うじうじと頭の中を言い訳が駆け巡る。

皆さん、何事も強い意志が必要なんですね。

そんな事を考えているうちにミート登場、記念撮影をし、いただきま~す!











それにしても、ミートソースと言う食べ物も久しぶりだ。

パンチョが無かったら、5年や10年、食べる機会が無いかもしれない。

卓上の粉チーズをたっぷりと振りかけ、タバスコを散らす。

私の場合、タバスコは味の濃淡を楽しむため、一部にしかかけない。

では一口、モグモグ・・・美味いね。

麺がカリカリの部分がある、これはまるで、瓦そばのようだ!

瓦そば?何じゃそれ?と思う方が居るかな?

これです。

http://zard.air-nifty.com/blog/2014/09/post-3.html

モチモチとした食感と、ややおこげの様な食感が折り混ざり、美味しいミート。

ミートソース自体の味はまったりしたもの。

特別刺激的な味は無い。

肉の旨みとベースのトマトソースの味が丁度いい。

香味野菜も使っているだろうが、それらの主張は感じない。

これに粉チーズのコクがプラスされると、美味さ倍増!

更にタバスコで大人の刺激が追加される。

そして完食。

お腹がいっぱいです!(当たり前)

次回はオムナポなど変わったメニューにチャレンジをしたいですね。

 

ここで一句

    大盛りは

       残すとダメよ

            勿体無い

2015年4月 5日 (日)

台東区 えぞ菊 御徒町店 味噌チャーシューメン+餃子

Dsc_1691


Dscn4855


Dscn4857


Dscn4858


Dscn4859


Dscn4860


Dscn4862


Dscn4865


Dscn4866

私は人ゴミに押されるように、上野公園を出た。

「食事をしよう」

時刻は2時になっていた。

しかし、上野公園周辺は勿論、上野駅周辺からアメ横まで、人ごみは連なっていた。

どこの店も行列が出来ている。

「こんな店まで!」と言っては失言になるかもしれないが、どの店も客であふれる。

このままでは昼飯難民になってしまう!

私は朝飯代わりに、野菜たっぷり味噌ラーメンを食べていたのだが、やはり腹が減る。

どこで食べようか探すうちに、御徒町駅まで来てしまう。

その時、脳裏に浮かんだのが「えぞ菊」。

「えぞ菊か・・・何もかも皆、懐かしい・・・」

昔、ラーメンと言えば味噌であった。

味噌ラーメンがラーメンだと思っていた。

そんな私が美味いと思ったのが、えぞ菊の味噌ラーメン。

先代が御健在の時は、本当に良く食べた。

そんなえぞ菊のラーメン、10年以上の時を経て、再訪問となった。








えぞ菊の本店は高田馬場になるが、高田馬場の店は1回しか行っていない。

何故か?べんてんが好きだったので、高田馬場と言えばべんてんである。

今回、行ったのは御徒町店。

この店を贔屓していました。

店内に入ると、何となくこんなレイアウトだったよな~、と思いつつ、満席。

3人待ちの状態だったが、適当に待つ。

すると、注文どうぞと聞いてきた。

平日限定のセットを注文するが、やってないと言われる。(日曜日だから)

私はメニューの中から、あるメニューを探していた。

(ヤングラーメンがない!)

えぞ菊で一番食べたのが、ヤングラーメンである。

ペヤングラーメンではない!ヤングラーメンである。

麺が大盛りで、具なども多めになると、確か記憶にある。

ヤングという言葉が死語に相応しい今、メニューから排除されたか?

困った時はチャーシューメン!

私は味噌チャーシューメン1000円と餃子450円を注文する。

やがて席が空き、椅子に座ると、スムーズにラーメンが提供される。

時間差で餃子も焼きあがる。

記念撮影をし、いただきま~す!



懐かしい外観であるが、チャーシューの存在感が凄いな。w

厚みが薄いけど、チャーシューメン!!!という存在感が素晴らしい。

まずはスープを事逗ずz・・・うん、美味しい!!!あの時の味や!

スープは分厚いラードの膜などは無い。

味噌の味わいも濃すぎることもない。

キレのいい味噌の風味の中に、僅かに感じる甘み。

誰にでも受け入れられる、オールマイティーな風味。

ダシもしっかりと抽出されているが、奥からじんわりと感じるコクがある。

麺は中太縮れ麺。

しかし、縮れは強いものではなく、ふんわりウエーブという感じでしょうか?

表面はツルンとした印象ですが、これが不思議とスープの絡みがいい。

今回は普通盛ですが、ボリューム感はあります。

炒めたモヤシ、メンマなどはたっぷりと盛られています。

チャーシューは元々1枚入っていますが、トッピングチャーシューなので、6枚入りになる。

チャーシューはやわらかく煮こまれ、味付けも濃すぎることは無い。

塩や醤油ラーメンもあるので、極端な味付けはされていない。



次に餃子を食べる。

私はえぞ菊の餃子が好きで、ヤングラーメンを注文した時でも、餃子を注文した。

昔のえぞ菊の餃子と言ったら、焼き目がパリッ!としてなかなかジューシーだった。

今回も焼き上がりは良い色である。

まずは酢だけで食べてみる。

モグモグ・・・うん、美味い!!!

餃子は餡もびっしり入っていて、なかなかジューシーである。

皮はしっかり感を感じる。

焼き目の芳ばしさはたまりませんね~。

餃子は大きい方では?

なかなかボリュームがあると思います。

餡の味わいは、野菜と肉の旨みを程よく感じます。

軽すぎず、重すぎず、味付けもタレを付けなくても良い位、しっかり感があります。

これでビールが飲めたら最高でしょうね!

昔は、東京出張などの帰りに寄り、ビールを飲んだ。

電車で帰るので、安心してビールを飲み、餃子をツマミ、ラーメンで〆る。

それが出来たんだな~。

今回は車だからビールはダメ!

スープは残したものの、完食。

隣の客はスープ完飲でした。w

何というか、久々に食べましたが、変わらぬ老舗の美味さに感動というか、浸るというか。

ヤングラーメンが無くなったのは、ある意味寂しいですが、味は変化を感じなかった。

餃子も「ああ、、、こんな味だったよな」と感慨深いものが。

御徒町界隈、行きたい店が沢山ありますが、また、えぞ菊に寄るかも???

 

ここで一句

    懐かしさ

       麺と餃子に

            詰まっている

2015年4月 4日 (土)

台東区 上野公園~丁度見頃の三十二景

1

Dsc_1685


Dsc_1580


Dsc_1582


Dsc_1585


Dsc_1591


Dsc_1592


Dsc_1594


Dsc_1596


Dsc_1598


Dsc_1600


Dsc_1604


Dsc_1606


Dsc_1608


Dsc_1609


Dsc_1612


Dsc_1614


Dsc_1616


Dsc_1617


Dsc_1622


Dsc_1623


Dsc_1624


Dsc_1625


Dsc_1631


Dsc_1643


Dsc_1645


Dsc_1656


Dsc_1658

Dsc_1662



Dsc_1667


Dsc_1671


Dsc_1678


Dsc_1683

人生初の上野公園にて、桜見物。

天気は生憎の曇り空で、3時過ぎから雨が降りました。

それにしても、人出が半端で無い!

あまりの人の多さにめまいがしそうでした。w

曇り空で、桜が映えないので、出来るだけ明るくしてみました。

いつもなら、早朝に桜を撮影するのですが、ビッグサイトの前に行くべきだったかな?

この日は午前中は青空も見えていたのですが、昼頃からどんより。

まあ、こんなこともありますよ!

久しぶりの上野公園でしたが、桜の名所の本気の人出?を体験しました。w

 

ここで一句

     西郷さん

       桜並木に

           尻向ける

2015年4月 3日 (金)

東京ビッグサイト 2015年東京モーターサイクルショー バイクを見ないで何を見る?

Dsc_1428


Dsc_1430


Dsc_1433


Dsc_1445


Dsc_1447


Dsc_1500


Dsc_1515


Dsc_1530


Dsc_1545


Dsc_1564


Dscn4850

東京ビッグサイトの近くに、大塚家具がある。

以前から知ってはいたが、社長を探したね。w

さて、お久しぶりのモーターサイクルショーである。

http://zard.air-nifty.com/blog/2010/03/post-afe4.html

http://zard.air-nifty.com/blog/2010/03/post-ec7f.html

最後に行ったのが、2010年であったか?

使用機材はすべて一緒。

あとは私の技術とセンス。w

今回は、なかなか楽しめて撮影が出来ました。

そして、個人的に今回素敵な方だと思ったのは、ゼロエンジニアリングのブースの方。

アナタですよ!名前は知りませんけど!w(上から6番目)

私のお知り合いの方からも、評判良いですよ!

 

ここで一句

    ヘルメット

       被ると邪魔な

             顔の肉

2015年4月 2日 (木)

中郡 大磯PA(上り) 野菜たっぷり味噌ラーメン

Dscn4840

Dscn4842

Dscn4843

Dscn4844

Dscn4845

Dscn4847

この前、男女間に友情は成立するか?というのをラジオで聞いた。

ラジオでは成立しない、と言うのが結論だったかな?

私の意見としては、男女間に友情は成立する。

何故か?答えは簡単である。

「オレと付き合ってください!」

「友達から始めましょう」

友達=友情。

恋愛感情が無いから、友情から始めて、それが恋愛になるかも?

恋愛にならなければ、ず~っと友情。

そういえば、恋愛ってどんな感情だったかな?

・・・わからない。w




ゴキブリが、ゴキブリホイホイに引き寄せられるように、私はパーキングエリアに寄る。

サービスエリアではなく、パーキングエリアである。

駐車場が広すぎることもなく、歩くのが面倒だと思わない。

特にトイレは、サービスエリアではなく、パーキングエリアである。

駐車場から近い!!!

これに尽きる。w

この日も大磯でトイレ休憩をし、そのまま出発するつもりでいた。

「野菜たっぷり味噌ラーメンだと?」

新メニューと思われるメニューが目に入った。

その途端、朝飯を食べていないことを思い出す。

腹が減った。

私は誘惑に負け、新メニューのそれを買った。

価格は980円、いつもなら、ミニカレーなどを注文するが、今回は単品で。

それにしても、980円か。

結構、強気の価格設定だね。

私が注文すると思って、設定したのかね?

物の見事に策に嵌ったが。w

やがてラーメン完成、記念撮影をし、いただきま~す!











とても野菜たっぷりに見えないが、たっぷりなんだろう。

肉野菜炒めの具を味噌ラーメンの上に乗せただけだね。

野菜は、玉葱、キャベツ、モヤシ、豚肉。

玉葱やキャベツが多いので、その辺の評価はグッド!

まずはスープを事逗ずz・・・うん、味噌だ!

やや甘みを感じさせる味で、ライトだがコクがある。

野菜はスープに沈んでいる部分が多い。

たしかに、パーキングエリアとしては、頑張ったと言える量かもしれない。

麺はいつも中華麺。

コシがあるかといえば、弱いコシ。

何となく価格の不満を感じながらも完食。

スープもほとんど飲んだ。

正直、値段が高いね、と思う。

この価格なら麺2玉入れもいいんじゃない?

文句を言いながらもまた、寄るけどね。w

 

ここで一句

    たっぷりと

       言われてみたが

              物足りず

2015年4月 1日 (水)

静岡市 麵屋 燕ドリームプラザ店 燕和風支那そばチャーシューメン

Dscn4828


Dscn4830


Dscn4833


Dscn4834


Dscn4835


Dscn4836


Dscn4837


Dscn4838

贔屓をしている燕が、清水に出来たという。

場所がエスパルスドリームプラザ内だという。

つまり、フードコートではないですか。

微妙ですね、食べる前に微妙と思うのもなんですが、微妙です。

何はともあれ、食べてみましょう。

「いらっしゃいませ~」

券売機の前に立つと、女性スタッフが声をかける。

どれにしようか迷うが、ここはチャーシューメンにしましょう。

燕和風支那そば750円を選び、チャーシュートッピング250円を押す。

「ん?大盛りが無いな」

女性スタッフに確認すると、替え玉対応だという。

醤油ラーメンで替え玉か?食べてから決めるか。

食券を渡すと席に座る。

座席はテーブル席とカウンター席に分かれる。

別れるというのは、通路を挟んでカウンターとテーブルと分かれている。

キャパ的には結構、座れそうですね。

オープンキッチンのような厨房は、若いスタッフが中心でしょうか?

カウンターもテーブルも白系でまとめられている。

やがて、ラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!











見た目はいつものチャーシューメンですね、いつも食べているわけではないが・・・

まずはスープをズズ図Z・・・ん???おや???

なんか微妙に違うな。

よくわからんが違うな~。

図ズズZ・・・ウマ~~!!が出ないな。

美味しいですよ、悪くはないのですが、コクというか旨味が足りませんね。

支那そばなので、アッサリ仕上げているのかもしれませんが、旨みもアッサリ。

麺はいつもの麺ですね、いつも食べているわけではないが・・・

茹で加減はややカタメで、のど越し、食感共にいいですね。

チャーシューもやや薄味で仕上げたやわらかいもの。

醤油ダレは醤油の個性をだしたもので、香りもいいと思います。

やはり、スープですか。

そう考えながらも、ほぼ完食。

この日は、微妙な1日だった。w

 

ここで一句

     微妙とは

        言葉にするの

              難しい

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »