フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 長野市 長門屋 中華そば | トップページ | 第壱部最終更新 坂井泉水さん(蒲池幸子さん) お墓参り »

2015年5月14日 (木)

長野市 うなまん 白焼、玉子焼き、ビール

Dscn5347


Dscn5383


Dscn5350


Dscn5353


Dscn5361


Dscn5363


Dscn5368


Dscn5369


Dscn5370


Dscn5371


Dscn5377


Dscn5378


Dscn5379

善光寺参拝を終え、ホテルにチェックイン。

そして、恒例の旅での酒である。

今回は何の予定も立てずに、行き当たりばったりで行くことにした。

すると、ホテルのすぐ近くに鰻屋がある。

小さな店だが、すっぽんやふぐ、あんこうなどをやっている。

そういえば、鰻で酒を飲んだことがない。

少し贅沢をして、鰻屋で飲んでみよう!

何よりも、このブログ最後の酒である。

大奮発だ!w

店の名前は「うなまん」。

玄関を開けると、靴を脱ぐシステム。

接客担当と思われる女性(奥様?)が、一人であると告げると、店の奥へ案内される。

そこには先客が一人いただけ。

時間は夕方の6時ころだが、少々寂しいね。

メニューを見るとうな重の上が3000円とある。

うな重とビールもいいかもしれないが、白焼き3000円を注文する。

ビールは瓶ビールのみで、キリンかアサヒが選べる。

キリンを注文し、さらにもう一品、早くできそうなものを選ぶ。

「早くできるのは何ですか?」

「玉子焼きなんか早いですよ」

玉子焼き500円を注文する。

すると、ビールが登場する。

ビールには黒豆のお通しがつく。

ビールは中ビンであった。

では記念撮影をし、乾杯!!!





ぐびぐび・・・ぷは~~~~!!!今日もよく歩いた!w

すると、玉子焼きが登場する。

なるほど、確かに早い。

出汁巻玉子風の玉子焼きであるが、ボリューム感はある。

では一口、もぐもぐ・・・豆腐のような食感。

出汁感は薄く、あっさりめの玉子焼き。

厚焼き玉子ではないね、確かに玉子焼き。

食感はおぼろ豆腐のようで、口の中で溶けていく。

味付けは甘さを極力抑えた印象で、ビールにも合う。

私はアクセントで七味を少し、かけた。

玉子焼きを半分ほど食べたところで、白焼きが登場する。

もう少し、時間がかかるかと思ったが、意外と早かった。

だいたい15分ほどでしょうか?

ここでビールをもう一本、いただきます。

すると、テレビ前のテーブルに移動を勧めてくれました。

先客は食べ終え、ほかに客がいないせいかもしれません。

白焼きの蓋を開けると、腹開きで焼き目のこんがりした白焼きが!

何よりも、蒸されていないのが見た目に分かる。

長野で鰻を食べるのは初めてですが、長野は関西風なのですかね?

この店だけかもしれませんが。

まずは一口、もぐもぐ・・・ややあっさりめの鰻。

脂の乗りはイマイチかもしれませんが、淡白な味と、香ばしさが伝わります。

ふっくらと焼かれ、蒸されていないので、とろけるというよりも、ふわふわ感を楽しむ、

でしょうか?

山葵を乗せ、食べてみますが、山葵のツンツンした辛さは感じません。

それにしても、白焼きをツマミにビールを飲む。

贅沢な時間じゃ!w

鰻は小さいとは思いませんでした。

今のご時世、この価格でこの大きさなら妥当と思います。

皮目もパリッとしていて、最後まで香ばしさを楽しめました。

ビール2本を空け、すべてを食べ終えたところでお勘定。

合計4500円。

なんとなく安く感じたのは、静かな空間のおかげでしょうか?

ひつまぶしは予約制ですが、そういえば、ひつまぶしを食べたことがないな~。w

古民家風の外見で、隠れ家的ないいお店だと思いました。

 

ここで一句

     お酒とは

        ツマミ高くて

             美味くなる?

1_2

1

« 長野市 長門屋 中華そば | トップページ | 第壱部最終更新 坂井泉水さん(蒲池幸子さん) お墓参り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

酒、アルコール」カテゴリの記事

長野県 グルメ」カテゴリの記事