フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

ZARD  坂井泉水

バナー

無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

橋本市 お好み焼き寿寿 スペシャル焼ミニセット(お好み焼き)

Dsc_9636


Dsc_9641


Dsc_9644


Dsc_9646


Dscn9090


Dscn9054


Dscn9055


Dscn9056


Dscn9057


Dscn9058


Dscn9066


Dscn9067


Dscn9079


Dscn9080


Dscn9078


Dscn9081


Dscn9083


Dscn9084


Dscn9085


Dscn9088

先頭の画像だが、竜王渓という。

目前に素晴らしい景色だ!と思い、撮影したわけだが、電車が一足違いで通過した。

う~~ん、残念。w






高野山で約4時間、何も食べないで歩き続け、観光をした。

当然、高野山周辺で食事をしようと思ったのだが、食事処が少ない。

釜飯を提供する店を見つけたが、釜飯の気分ではない。

すでに時刻は13時を過ぎていたが、次の宿泊地までの途中で飯を食べよう。

すると、行きも帰りも同じ道をナビが案内する。

行きにもあったお好み焼き店を見つけたので、そこで食事にすることにした。

時刻は14時を少し過ぎていた。

中に入ると、鉄板を真ん中に置いたテーブル席がずらりとある。

先客は2人だけ。

私は4人掛けのテーブル席に案内される。

男性スタッフ2人で切り盛りしていたかな?

2人とも私より年齢が上に見えた。

メニューを眺めていると、いろいろ食べたい気になるが、オーソドックスにお好み焼きに。

注文したのはお好み焼きのスペシャル焼1000円と、ミニセット50円。

内容は具沢山のスペシャル焼におにぎり1個と味噌汁のセット。

それにランチドリンク50円を追加。

ドリンクはアイスコーヒーにした。

ところで、お好み焼きの大盛りってあるのかな?

今までお好み焼きの大盛り!という注文はしたことが無い。

広島風なら焼きそばとかうどんの大盛りが可能であろうが、普通にお好み焼きは無いね?

次回、チャンスがあれば注文してみるか?

注文し、暫し待つとおにぎりと味噌汁が来る。

この日、ホテル以外で初めての食事だ!

腹が減っていたので、先に食べる。

おにぎりは型に入れて作るタイプだろうが、ふんわりとした食感と、

ホカホカのお米が美味い!

味噌汁も出汁が出ていて美味い。

おにぎりの中には昆布の佃煮が入っていた。

やがてお好み焼き登場、記念撮影をし、いただきま~す!











個人的に1人前のお好み焼きとしては、小さく感じる。

ところで、スペシャル焼の内容だが、イカ、海老、貝柱、牛肉、コンニャク、豚とある。

お好み焼きにヘラをあて、中を見ると、コンニャクとイカは確認出来た。

勿論、すべての具材を確認したが、思ったよりも入っていない。w

一番安いメニューに比べ、410円も価格アップになるが、ラーメンの様に

スペシャリティーなてんこ盛りではない。

中間ぐらいの価格にすれば良かったか?

まあいい。

お好み焼きは外はカリッとして、なかはふわふわである。

この店では関西風と表現した方がいいいのか?

刻まれたキャベツが大量に入り、意外とヘルシーな食べ物だと思う。

味の決め手は勿論、ソースなのだが。甘さを感じる濃厚なソースは、

これぞまさしく関西風でしょう!と思わせる物。

マヨネーズはあらかじめかけて貰ったが、無しの洗濯も出来るし、

追加でソースやマヨをかけることも出来る。

初めて来た店で、次来る機会はまずないであろうが、美味い!

先述したように、お好み焼きはヘルシーな食べ物なのだ。

海鮮や肉類の旨みと、生地の美味さがあいなり、満足満足。

すると、ラストオーダーですが!と来た。

時刻は14時半、ランチタイムの終了時間が近づいていた。

オム焼きそばでも食べたいと思ったが、ここは我慢。

アイスコーヒーを飲んで終了。

豚玉590円でミニセット、ランチドリンクでも良かったか?

果たして、人生2度目の高野山はあるのだろうか?

2度目の高野山があれば、2度目の訪問をしたい。w

 

ここで一句

     関西風

        どこが違うか

              分からない?w

2016年5月30日 (月)

伊都郡 高野山真言宗総本山 金剛峯寺~見どころ満載の七十四景

第二部は金剛峯寺からスタートです。

Dsc_9479

広いよ。

Dsc_9480


Dsc_9481


Dsc_9483


Dsc_9485

履物を脱いで、中を拝見します。

いろいろ屏風絵と言うか、襖絵などが見られます。

Dsc_9486


Dsc_9491

1_3
Dsc_9492

下のアイテムは皆さんもらえます。

高野山参詣講待遇之証1500円を買えば、多分。

Dsc_9494

休憩所なので、撮影をしました。

Dsc_9498

枯山水の庭は撮影可能です。

Dsc_9501


Dsc_9502


Dsc_9504

御土産コーナーもあります。

Dsc_9506

高野豆腐!なるほど!

Dsc_9508


Dsc_9512


Dsc_9513

龍のひげが見事です。

Dsc_9517


Dsc_9519

大師教会。

Dsc_9520


Dsc_9522


Dsc_9523


Dsc_9527

ここは中の撮影は自由みたいです。

Dsc_9528


Dsc_9529


Dsc_9530


Dsc_9532

弘法大師御廟の地下にあったものと同じサイズです。

Dsc_9536

赤地蔵?

Dsc_9538

怖いよ。

Dsc_9539

もっと怖いよ。w

Dsc_9540


Dsc_9541

座って良いんです。

Dsc_9543


Dsc_9544

ここも見どころ満載。

仏像などが沢山展示してありました。

Dsc_9547


Dsc_9548


中門。

Dsc_9551


Dsc_9555


Dsc_9556

金堂。

Dsc_9557


Dsc_9561


Dsc_9563


Dsc_9565


Dsc_9567

大塔。

Dsc_9572


Dsc_9575


Dsc_9577


Dsc_9579


Dsc_9584


Dsc_9589


Dsc_9590


Dsc_9591


Dsc_9592


Dsc_9597


Dsc_9598


Dsc_9599


Dsc_9600

大門。

Dsc_9602


Dsc_9605


Dsc_9610_3


Dsc_9612


Dsc_9615


Dsc_9616


Dsc_9619


Dsc_9620


Dsc_9621


Dsc_9622


Dsc_9623


Dsc_9624


Dsc_9626


Dsc_9627


Dsc_9629


Dsc_9630


Dsc_9633

弘法大師御廟も良かったですが、金剛峯寺も良かったです。

今回お得だなと思ったのは、1500円の待遇の証。

下から6番目の画像です。

一応全部回りましたが4時間かかりましたね。

ところで、どれだけお得だったのか?

それにしてもフォリナーが多かった!

それも欧米系。

あっちこっちで「欧米か?」と突っ込みたくなるほど、欧米人が多い。

逆にアジア系は非常に少なかった。





今回高野山に行って思ったのは来てよかった!

歩きますし、疲れますが、撮影出来なかった仏像など、見ごたえあり。

その分、足腰が弱い方には疲れる場所かもしれません。

意外だなと思ったのは、食事をする場所が少ないと思いました。

休憩所などはありますけどね。

駐車場はどこも無料。

とにかく広いので、時間に余裕を持って行きましょう。

私が行ったのは平日でしたが、余裕をもって参詣できました。

関東圏から行くには、少々大変ですが、是非ともお勧めしたいところです。

 

ここで一句

     疲れても

         御利益あると

               思いたい

2016年5月29日 (日)

伊都郡 高野山真言宗総本山 金剛峯寺~弘法大師周辺の四十一景

1_4
Dsc_9405


Dsc_9406

1_3
Dsc_9409


Dsc_9410


Dsc_9411

何故か変わった慰霊碑やお墓が・・・

Dsc_9414

何故にしろあり?

Dsc_9415

何故にヤクルト?

Dsc_9416


Dsc_9417


Dsc_9419


Dsc_9421


Dsc_9423


Dsc_9424

何なんでしょうか?このお地蔵さん?

Dsc_9425


Dsc_9426

信長のお墓ですよ。

Dsc_9429

まあ、親切なご案内。

Dsc_9430


Dsc_9432


Dsc_9433


Dsc_9434

弘法大師御廟の前の仏像郡。

Dsc_9435

1

※脱毛はしなくてもいい。w


Dsc_9436


1_2
Dsc_9439



Dsc_9443


Dsc_9444

下の画像、祠のような物ですが、一回り大きな穴があるのが分かりますか?

撮影禁止場所なので、望遠での撮影ですが、中に石があります。

穴から手を突っ込み、石を祠の中の上段部分に上げるということなのですが、

他の方々が苦労しているのに、私は軽々と持ち上げ、みごと上段に放り投げました。

「あんた凄いね!」と皆さんは拍手喝さい。(多少誇張しています)

しかし、石を持ちあげる前に、願をかけないといけないらしい。

私は彼女が欲しい!と願をかけたら、ウソの様に石が持ち上がらない。

先ほどは軽石の様に持ち上げたのが、まったく持ち上げられない。

それでも意地になりようやく達成!

私が彼女を作るということは、大変な難産であると証明された。w

因みに、上げた石はまた下段に戻さないといけないそうです。

神がかり的な不思議な現象でした。w

Dsc_9449


Dsc_9451

そうですね、撮影禁止のところが凄いのですよ。

弘法大師御廟でありますが、弘法大師様はまだ、生きてるような扱い。

御廟に一番近い地下室があるのですが、いや~、撮影したかった。w

大きな独鈷と数珠が置いてあるのです。

Dsc_9452


Dsc_9453


Dsc_9454


Dsc_9455


Dsc_9456


Dsc_9457

私が反射して写ってますね。w

Dsc_9459


Dsc_9463

豊臣家の墓もあります。

Dsc_9465


Dsc_9466


Dsc_9468

無縁仏だそうです。

Dsc_9470

阪神淡路大震災の慰霊塔。

Dsc_9472


Dscn9052

約3年以上前から、高野山に行きたいと思っていました。

四国に行った時、帰路に寄ろう思ったのですが、1時間や2時間ではとても回り切れない。

とにかく広い。

弘法大師御廟だけでもいいかもしれないが、そこに行くまでの墓所が凄い。

供養塔などがあるのですが、何というか、ええ~~??!!という印象。

何故にこのような供養塔があるのか?

そして、織田信長公のお墓。

織田信長は本能寺の変で、遺骨は確認されていないはず。

豊臣秀吉が信長の葬儀をしたらしいので、遺骨が無くても墓は立てたのでしょうか?

そして、秀吉のお墓もあります。

そして、撮影禁止の場所こそ、みる価値が、行く価値があります。

画像が今回は非常に多いので、明日へ。

パート2へ続く

2016年5月28日 (土)

橋本市 餃子の王将 橋本店 焼き餃子、生ビール、豚キムチ、海老チリ

Dscn9027


Dscn9028


Dscn9029


Dscn9030


Dscn9031


Dscn9033


Dscn9034


Dscn9036


Dscn9037


Dscn9038


Dscn9040

会計後、コンビニまで歩いてくと、こんな看板が。

Dscn9042

スシローは諦めた。

Dscn9044


Dscn9046


Dscn9049

ホテルで朝食。

Dscn9050


Dscn9051

結局、餃子の王将で飲み直し。

ディープな私のブログの読者様なら、

「昨日と今日と1日分でいいだろう?」と思うだろう。

私もその方が楽なのだが、やたらと引っ張るのが私のブログのいいところ。w

この店、大阪王将より客が入っている。w

客の入りは60%~70%ですかね。

カウンターに座り、焼き餃子とジャストサイズの豚キムチ、生ビールを注文する。

ジャストサイズとは小さいサイズの一品料理のこと。

私の様に酒のツマミでオヤジ一人が楽しむには、丁度いいサイズである。

ところでこの店だけなのか?ハイボールが無い。

大阪王将にはハイボールがあったが、餃子の王将にはハイボールが無い!

異議あり!

ハイボールを全店導入せよ!

導入しても次回はいつ、餃子の王将で酒が飲めるか分からないが。w

やがて生ビール登場、記念撮影をし、かんぱ~~い!!!!










焼き餃子もすぐに来たね。

やはり、私はこちらの味の方が好きだね。

味に複雑さを感じる。

焼き加減はカリッとした焼き加減で美味い。

豚キムチも来たので、交互に口に運び、生ビールを飲む。

生ビールを追加するが、すると、さすがに生ビールが4杯目なので、ハイボールが欲しい。

私はメニューを眺めると、海老チリをお土産で注文する。

餃子と豚キムチを食べ終えると、お勘定。

海老チリの入った袋を持ちながら、400m離れたコンビニまで。

コンビニでハイボールを買い、ホテルに向かうと、妙な看板が。

ガンバレの町橋本だと。

前畑ガンバレって、古すぎませんか?

看板のイラストの顔だって、本人に似ているかどうか分かりませんよ。w

前畑秀子と聞いて、ガンバレは思い浮かべても、顔を思い浮かびますかね?

地元の方々には失礼ですが、イラストを見て、似てるな~と思えなかった。

ホテルで海老チリをツマミに酒を飲み、翌日もしっかり朝飯を食べました。

 

ここで一句

     前畑が

        目前いても

             分からない?

人の命は儚い物。

病気、怪我、事故、事件、様々な形で命を失います。

しかし、もう戦争で命を失うのはやめにしてください。

人殺しの兵器で人を殺すのはやめてください。

志半ばで命を失う方の気持ち。

・・・

もう、戦争で死なない世の中でありますように。

2016年5月27日 (金)

橋本市 大阪王将 橋本店 焼き餃子、生ビール

Dscn9017


Dscn9019


Dscn9020


Dscn9021


Dscn9022


Dscn9023


Dscn9025

私が宿泊に選んだのは、ルートイン橋本ホテル。

このホテルの周辺には歩いて行ける範囲で、大阪王将、餃子の王将、スシローがある。

せっかく和歌山まで来たのだから、どこか個性的な店に行けばいいと思うのだが、

長旅の疲れなのか、大阪王将で飲みたい!と思った。

早速、店に入ると客がいない。w

時刻は7時過ぎくらいですか?

この手のチェーン店で夕食時に客がいないなんて、初めて!w

「焼き餃子と生ビール!」

注文をすると、生ビールが先に来る。

「今日はお疲れさん!!!!かんぱ~~~い!!!!」






と、心の中で叫ぶ。

生ビールを飲み干したところで、餃子が登場。

生ビールを追加する。

大阪王将の餃子だが、ニンニクが多いという印象がある。

ニンニクは多いのだが、あまり臭わないという印象である。

タレに付け、餃子をいただく。

モグモグ・・・ニンニク減った?

何となく昔食べた印象と違うね。

焼き加減も悪く無く、味も悪くはないが、インパクトが減った。

餃子を食べ、生ビールを飲み干すと、一人の客が入ってきた。

追加料理を頼む気も無いので、これでお勘定。

1000円ちょっとのまさしくちょい飲みでした。w

 

ここで一句

    追加より

       ハシゴをしたい

              気分なの

今日は坂井泉水さんの命日でございます。

静かに献杯します。

それにしても、こんなネタでいいのか?

いいえ、大阪王将に失礼です。

シンプルに。

あくまでもシンプルに。

献杯!

2016年5月26日 (木)

生駒郡 法隆寺~修学旅行気分の四十三景

1
Dsc_9299

Dsc_9301

話題だけですね。

Dsc_9305


Dsc_9309


Dsc_9312

法隆寺に行きました!

Dsc_9381

Dsc_9314

1_2
Dsc_9315



Dsc_9317


Dsc_9319

あれに見えるは五重塔。

Dsc_9321

釈迦三尊像は勿論ですが、壁画をじっくりと見ました。

修学旅行の時、じっくり見ることが出来なかった記憶がある。

Dsc_9324

毎度の事ですが、撮影禁止を撮影したいですね~。w


Dsc_9326

建物ばかり撮影しても、感動は伝わりませんよ。

Dsc_9329

修学旅行の団体が次から次へとやってくる。

Dsc_9331


Dsc_9333


撮影禁止が多いので、仏像系の画像は無し。

Dsc_9336


Dsc_9339


Dsc_9340


Dsc_9342


Dsc_9343


Dsc_9344


Dsc_9345


Dsc_9346


Dsc_9347


Dsc_9348


Dsc_9349


Dsc_9350


Dsc_9353

女子中学生や高校生を撮影すれば良かったか?w

Dsc_9355


Dsc_9356


Dsc_9358

法隆寺夢殿。

Dsc_9359

禁じ手。w

Dsc_9361


Dsc_9365


Dsc_9367


Dsc_9374


Dsc_9376

Dsc_9385


Dsc_9387


Dsc_9395

Dsc_9396


ぬこ。w

Dsc_9399

私は和歌山県を目指していた。

途中、テレビで見たサービスエリアがあったので立ち寄る。

コンセプトは分かるが、ここを目的に来るのは難しいでしょうね。

景色はいいのですが。

やがて、高速を降りるのだが、何とインターチェンジに法隆寺の文字が!

インターから法隆寺まで数キロだったので、行ってみることに。

それにしても、久々に興奮しております。

当初の予定に法隆寺は無かったのです。

まったくの偶然で、法隆寺に寄りました。

私としては人生3度目の法隆寺です。

1度目は中学の修学旅行、2度目は友人と25歳の時に行きました。

丁度、修学旅行シーズンなので、夕方4時頃だったのですが、

引っ切り無しに修学旅行の団体が境内を目指します。

それにしても、修学旅行って分単位なのですね。w

ガイドさんの話を聞き、見物時間は流れ作業の如く観て終わり。

修学旅行は思い出にはなるが、国宝をじっくり見るということでは、物足りません。

今回私は一人のオヤジとして、じっくりと見物をしました。

久々の釈迦三尊像などは、興奮物でした。w

撮影禁止が多いので、建物の外観が多いですが、法隆寺は楽しめました。

昔見た歴史の教科書や、百科事典で見た物を大人になって見る。

ワクワクしながら中学時代に見た法隆寺。

そんなワクワク感が戻ってきました。

何より、どうしても中学生のグループと一緒に見ることになり、

自然と童心に戻ると言うか、何となく保護者気分に。w

ところで、この日は暑かった。

女子生徒の皆さん、暑いからといって、スカートたくし上げてウロウロするのはやめて!w

オジサン、目のやり場に困りましたよ。w

バスガイドも若い方が多く、いろいろと目の保養になりました。w 

 

ここで一句

     法隆寺

        3回来ても

            柿食わず

2016年5月25日 (水)

四日市市 八宝 とんてき定食

Dscn9004


Dscn9005


Dscn9006


Dscn9007


Dscn9008


Dscn9010


Dscn9012


Dscn9013


Dscn9014


Dscn9015

四日市駅前だが、駅周辺は様々な店があり賑やかなのだが、少し路地を曲がると、

急に寂しくなる。

どうも、昼間に元気な場所と夜に元気になる場所があるようですね。

そんな昼間は静かな場所を歩いていると、一軒の中華店を発見。

店の前には四日市トンテキ定食とあるので、ハシゴをしてみることにした。





店の名前は「八宝」予備知識は勿論無し。

店の中に入ると、一瞬「???」と思ってしまった。

昼時だが、客がいない。

外観からは分からなかったが、店内は外見よりも年期を感じる。

店内はカウンター席のみで、昭和レトロと言えば聞こえはいいが、古いね。

カウンター内には店主が座っている。

店主は70前後でしょうか?60代かな?

カウンターに座ると、目の前には変色したラー油入れですかな?

BGMは太田裕美ですね。

正直、失敗したかな?

それでも、トンテキ定食1000円を注文する。

すると、いつの間にか若い兄ちゃんがいるね。

若いと言っても30代後半か?

トンテキの注文を受けてからごそごそ冷凍庫から肉を出す。

そして調理を始めると、それほど待たされずに提供された。












「お待ちどうさま」

出されたのは皿に乗ったライスとトンテキ。

トンテキの肉はコマギレの肉を更にコマギレにしたもの。

キャベツが肉の下に敷かれているが、千切りではなくコマギレ。w

肉もキャベツもコマギレですね。

ん?お椀かスープは出ないの?

定食という名で、汁物が無い定食は初めてだな。

それよりも、BGMがず~っと太田裕美のヒットパレードだね。

店主が昔も今もファンなのですか?

私も太田裕美は昔、ファンでした。w

ファンといってコンサートには行ったことは無い。

そんなファンにしか、分からない客が延々と流れ続ける。

何というか、汁物の無い定食、太田裕美オンリーのBGM。

四日市まで来て、これほどディープな世界の店に入るとは。

取り敢えず食べてみる。

モグモグ・・・味は悪くないね。

タレはニンニクの香りを感じるし、スライスもある。

おろし生姜なども入っているが、ベースのタレの色合いは薄い。

肉はかたい部分もあるが、筋が歯の間に挟まるとか、そういうものはない。

肉は臭みなどは無く、しっかりと味わえる。

ライスもちゃんと保温され、時間の経過は感じない。

この店の米も美味しいと思う。

コマギレキャベツは食べにくいね。w

しっかりと咀嚼しながら食べ進むと、店主と息子らしきは自分たちの食事を作りだす。

この時点で、この店の定食は汁物は無しと諦める。

「スープ無いの?」

一言聴くのもいいのだろが、忘れようが無いでしょう。w

結局、完食。

この店にもう一度訪問することはないでしょうが、一期一会とはいえ、

膨れた腹と裏腹に、心は何となく満たされませんでした。

お二人のお昼ご飯は、うどんのようでした。w

 

ここで一句

    レトロより

       劣化を感じた

             四日市

2016年5月24日 (火)

四日市市 トンテキ屋ちゃん トンテキコマギレセット

Dscn8992


Dscn8995


Dscn8996


Dscn8997


Dscn9000


Dscn9001


Dscn9002


Dscn9003

4月に連休を取ったが、5月も連休が取れた。

どこに行こうか考えていたが、突然の体調不良。

何と、帯状疱疹が出来てしまった。

軽く考えていたが、これ、凄くイタイ。

半端で無く痛い。

医者に行き、薬を貰い落ち着くが、酒を3日抜き体を癒す日々。

それでも休みが近づくにつれ、どこかに行きたいと思う。

万全の体調ではないが、念願の場所を目指すことに。










それにしても、どこに行くにも車である。

電車には乗りません。

今回は3泊4日の旅ですので着替えも必要だし、車の方が便利です。

西を目指すと、丁度昼頃に四日市周辺を通過する。

四日市と言ったら「トンテキ」である。

何故にそれほど有名なのか分からないが、四日市で途中下車をし、適当に進む。

四日市駅を目指し、その周辺でトンテキを食べる事にした。

適当に駐車場に車を入れ、適当に駅周辺を歩きまわると、早速発見。

トンテキとラーメンを提供する店があるが、隣の喜多方ラーメンの小法師の方が、

客がたむろをしていないか?w

有名な店に行くのもいいが、敢えて外すのもいいだろう。

店の名前は「ちゃん」。

店の予備知識は何も無し。

カーナビにトンテキと入力したら、この店が一番に出てきた、それだけである。

店に入ると、テーブル席ばかりだが、4人掛けのテーブルに案内される。

メニューを見るといろいろあるようだが、トンテキダブルとかトリプルとかあるね。

「トンテキコマギレセットのダブルとか出来ますか?」

スタッフに尋ねると出来ませんと。

ご飯と味噌汁がお替り自由なので、トンテキコマギレセット960円を注文する。

トンテキというと、厚い肉をジュージュー焼くイメージだが、この店は細切れにして、

提供時間の短縮と肉のロスを抑える作戦のようです。

それほど待たずにトンテキ登場、記念撮影をし、いただきま~す!






この店、混んできても相席はさせない主義みたいね。

4人掛けを一人で占拠し、申し訳ない気分だわ。w

見た目のボリューム感は何となく寂しい。

ご飯と味噌汁、千切りキャベツの横にコマギレの肉。

香の物の類は無い。

何となくマヨネーズをかけたくなる心境だが、このまま食べてみるか。

肉をそのまま食べてみると、適度な歯ごたえと感じる。

勿論、やわらかく美味い。

これはタレの勝利ですね。

タレがソースベースでありながら、様々な味わいを感じさせる。

ニンニクも入っているのだろうが、サラリーマンなどが食べても、匂いなどは気にならない。

やや甘さを感じさせながら、しょっぱくは無い味わい。

タレだけ見ると、味が濃そうだが、私としては許容範囲。

千切りキャベツにタレをたっぷりと絡ませ、白飯の上に乗せると、ご飯がススム。

目の前の客が千切りキャベツを追加していたが、分かるわ。

肉の量は160g。

300g~400gを軽く胃に入れる私としては少ない方ですね。

味噌汁は赤出汁ですね。

ここは愛知、当然なのかもしれませんが、違和感は無し。

この店、ご飯もなかなか美味しい。

美味しいので、ご飯と味噌汁をお替りした。

すると、ご飯はアツアツですよ。

炊きたてと言うよりレンジで温め過ぎ?ですかね。w

それでもお替りの味噌汁もアツアツで、かなりの好印象。

おかずが冷めてきても、このアツアツ加減で更に飯がススム。

やがて完食。

これはこれで美味しいと思いますし、お替りのアツアツも有り難いサービスです。

予備知識無しですが、サービスと味に満足しました。

 

ここで一句

     マヨネーズ

         無くても美味い

               醤油ダレ

2016年5月23日 (月)

伊東市 めしの駅 山田食堂 ミックスフライ定食

Dscn8966


Dscn8991


Dscn8990


Dscn8968


Dscn8971


Dscn8973


Dscn8974


Dscn8975


Dscn8976


Dscn8977


Dscn8978


Dscn8979


Dscn8980


Dscn8982


Dscn8983


Dscn8985


Dscn8986


Dscn8987


Dscn8989

今年、伊東市内でてんこ盛りの海鮮丼が食べられる、ということで、行ったのが魚河岸。

確かにコスパに関しては文句なしの店であった。

その魚河岸で腹いっぱいになったのだが、その時に気になる店があった。

魚河岸から歩いてすぐにある「山田食堂」である。

元力士の経営する店らしいが、似たような店主で、、相模大野ラーメン二郎があるね。

そういえば、すも二郎もご無沙汰だな~。

移転前は随分通ったすも二郎だが、このブログで一度も紹介をしていない。

私がニンニクマシマシを注文し、どんぶり一面、ニンニクを投入されたバカです。w

どちらにしても元力士の店、豪快さに関しては期待を裏切らないでしょう。



一応この日は前日に酒を飲むことは無く、コンディションは悪くは無い。

出来れば2軒回りたいのですが、はたしてどうなるか?

開店と同時に店に入るが、先客は2名。

店内はカウンター席もあるが、テーブル席がメイン。

て、いうか、テーブル席が変則ですね。

相席覚悟ですか?4人席が2テーブルで6人席と5人席かな?

私は4人席は四角いテーブルですが、他はラウンドテーブル。

カウンター席はいろいろ置いてあり、座り難そう。

私は丸テーブルの席に座る。

メニューは入口に写真入りでデカデカと表示され、実に分かり易いが種類が多い。

この店、ちゃんこ鍋がメインの様だが、それは夜限定みたいね?

注文するつもりは無いが。w

メニューが多彩で、刺身、揚げ物、炒め物、何でもござれ!

メニューに無いメニューは無い!と豪語しているので、猪鍋でも注文してやろうかと

思ったが、やめた。w

ミックスフライがいろいろ楽しめそうなので、ミックスフライ定食1300円を注文する。

「フライは海老とカツと選べますが?」と聞かれたので、海老にした。

少し待たされたのだが、この店、弁当も販売している。

弁当も540円から?ボリュームのありそうな弁当です。

その弁当を作るため、入店時から厨房は大忙しの様子。

その分店内は、私が来てから誰も来ない。w

店内はサイン色紙や写真などで賑やかである。

こういう店では店内撮影、料理撮影に関して何の問題もあるまい!

遠慮なく撮影をする。

チャレンジメニューも存在し、ちゃんこ焼きそばだって!

激辛麺も10分で完食でタダだという。

ご飯とちゃんこがお替り自由だと。

おかずが足りなければ、店主にいえば何かをくれるらしい。

なんて太っ腹な店なのでしょう!w

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!










何故に焼きそばが付いているのか?

ミックスフライの内容は、有頭海老、牡蠣、人参、烏賊、鯖、鯵、カンパチ、玉葱、

なんだかんだで10点盛りですかね?

こまごまとした物もありますが、ボリューム感はさすがです。

しかし、これ位では私は驚きませんよ。w

小鉢が、大豆とひじきの煮物、厚焼き玉子、香の物、デザートが付きます。

お椀の中身は、ガスコンロの上の大なべで温められたちゃんこ。

所謂具沢山スープと言いますか、野菜スープですね。

これがお替り自由です。

まずはフライをいただきましょう。

最初は牡蠣から、モグモグ・・・美味いよね。

どの素材も美味しいですよ。

塩サバみたいなのもフライにしてましたね。

海老も頭の方もカリカリと食べる事が出来、鮮度はいいです。

揚げ方も油っぽさもなく、くどさも感じること無く、スムーズに食べ進みます。

ご飯の茶碗は小さめですが、米はびっしり詰まっています。

ご飯はややカタメに炊き上げられ、これは美味しいです。

ちゃんこはコショウが効いた塩味スープ。

野菜はクタクタですが、モヤシ、キャベツなどが入り、ヘルシー感はあります。

焼きそばは具は無し、ソースの味付けだけです。

千切りキャベツはたっぷりあります。

食べ応えは十分ですが、この時点ではまだまだ腹に余裕はアリ。

しかし、ちゃんこをお替りしたら、満足。

最後にデザートですが、プリンにチョコシロップがかかっていました。

そして完食。

まだ食えるが、次の店に行く余裕がない。w

じつは、もう一軒行きたい店があったのですが、無理。w

次の店はお重の予定なので無理。w



全体的にコスパに関しては超優良店といえるでしょう。

味に関しても文句はありません。

しかし、テーブル席がね、どうでしょうかね?

混雑時は、客同士が遠慮しそう。

2階席もあるのでしょうか?

居酒屋もやっているようですが、さぞかし、腹の膨れる居酒屋でしょう。

魚河岸と山田食堂、観光地では間違いなくコスパの優良店です。

 

ここで一句

     山田くん!

         お替り一杯

              持ってきて!

2016年5月22日 (日)

セブンイレブン トマト1個分を使った冷製パスタ

Dscn8960


Dscn8961


Dscn8964

今年のGW期間中、昨年よりも多くのアクセスをいただきました。

ご来場ありがとうございます。

もっと頑張らないといけないな、と思いつつも、たまには息抜き。

今回はコンビニの冷製パスタでございます。

コンビニの冷たいメニューはたまに食べるのですが、温めるメニューはダメですね。

どう考えても油が不味い。

温めることで油の不味さと臭いが気になり、とても食べたいと思えません。

それでも、惣菜メニューのパックに入った物は、ましな方だと思います。

カップに入った麺類などは、食べる気になりません。

素麺やざるそば、冷やし中華などは小腹を埋めるために食べますが、

素麺はいいと思います。

いいと思いますが、最高でも月に1回でいい。








当たり前のことですが、やはり、出来たて方がいいに決まっています。

それで、今回食べた冷製パスタですが、これはこれでいいと思います。

この手の物はカップ麺同様、あーじゃない、こーじゃないと言っても仕方がない。

そんなある日の手抜きの日記でした。

 

ここで一句

      コンビニで

         たまに買うのは

               おやつかな?

2016年5月21日 (土)

北杜市 はなわ 味噌カレーラーメン大盛り

Dscn8959


Dscn8957


Dscn8944


Dscn8946


Dscn8948


Dscn8950


Dscn8952


Dscn8953


Dscn8954

もう、どんなルートを通っても、渋滞は避けられないようだ。

ならば腹をくくり、もう一軒寄りましょう!

山梨の普通にある食堂、どこもコスパの良い店が多いので、それを目当てに行きましょう。

そんな中で、今回立ち寄った「はなわ」だが、仙人小屋や自然屋、清泉寮まで

足を延ばすと、その店の前を何度か過ぎてきた。

今回はこの店に寄ろう。








店の中に入ると、テーブル席と小上がり席とある。

先客は小上がり席に5名、テーブル席に2名だが、2名は帰るところだった。

メニューを見ると、ラーメンがメインのようだが、定食類も充実している。

さすがにカツカレーは食べたいと思わなかったので、麺類にする。

すると、味噌カレーラーメンなるものがある。

青森だったかな?味噌カレー中乳ラーメンがあったのは?

面白そうじゃないか!

カレー風味の味噌カレーラーメン、挑戦してみよう!

「味噌カレーラーメン大盛りをください!」

大盛りだと850円ですが、大盛りを注文しなくてもいいような・・・w

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!










う~む、ジンギスカン定食にすれば良かったか?

何となく見た目で「わ~い!」と思う物が無いね。

まあいい、まずはスープを事逗ずず・・・カレーの味だけど、なんか違うな。

味噌と混ぜてあるので、単純にカレーの味わいだけがするものではなく、

何といいますか、カレーラーメンが食べたくなるような味ですね。

ベースのスープはあっさり目だと思います。

刺激感はほとんどありませんが、ドライな印象を感じます。

キレのいいスープなのでしょうが、根底に感じる味噌が邪魔なような・・・

次に麺を啜ります。

ズルズル・・・やわらかめの西山製麺ですか?

北海道ではおなじみの麺の様です。

大盛りですが、ボリューム感はまあまあですね。

半熟玉子が半身付いています。

メンマも短冊状で付いています。

なぜかもやしとワカメが付きます。

やがて完食。

スープは残しました。

この日は5月5日。

お客さんがすくないわね~と思ってしまいました。

他の客は定食類を食べていたようです。

やはり、ジンギスカン定食にすれば良かった。

 

ここで一句

    カレー味

       混ぜ物あると

             魅力なし?

余談ですが、帰路は本栖道を通り、帰りました。

富士市内、東名までが激混みで、へとへとに疲れました。

翌日、帯状疱疹が出てしまいました。

もう、無理の効かない年齢なんですね。w

2016年5月20日 (金)

北杜市 自然屋 春の天プラ定食

Dsc_9282


Dsc_9283


Dsc_9284


Dsc_9285


Dsc_9287


Dsc_9288


Dsc_9290


Dsc_9292


Dsc_9293


Dsc_9295

この日は5月の5日。

子供の日である。

急に山菜を食べたい!と思った。

山菜と言ったら、まだまだ山梨ですね。

山梨に渋滞回避で行く方法は・・・やはり、あれか。

私は新東名に乗り、新富士インターで降りた。そのまま富士宮、本栖湖を目指す。

精進湖まで行き、甲府を目指すのだ。

しかし、この時期の鬼門といえば、本栖湖の芝桜である。

だが、この日は順調であった。

すいすい車を走らせ、芝桜の会場まであと2.3kmまで来た。

渋滞。


2kmちょっとならなんとかなるか!

この時点で回避する裏道など無い。

因みに時刻は朝の8時前であった。

渋滞通過に40分かかったわ!w

平日に来いよ!w

勿論、河口湖方面の渋滞も凄かった!延々と続いていたわ!

しかし、帰りを考えるとうんざりする。

帰りはどうやって帰るか?あ~GWは遠出をするものではない。

私はブツブツ文句をいいながら車を走らせる。

それでも目的地には予定よりも早く着いた。

開店前なので、パンを買いに行ったりして、時間を潰す。

それにしても、疲れた。w

自分でも疲労が蓄積しているのが分かる。

それを発散するために、ドライブに行くのだが、渋滞はやはり疲れる。

やがて開店時間になったので、店に入る。

「こんにちわ~」

店主に久しぶりと挨拶をする。

1年ぶりですね、1年に1回しか来なくなったか?

客は私を含め、3組だったかな?

壁に書いてあるメニューを眺める。

春の天ぷら定食1800円、これで決まりでしょう。

イワナの唐揚げとかヤマメのフライなどにも興味が行くが、天ぷらにしましょう!

暫し待ったのち、天ぷら定食登場、機縁撮影をし、いただきま~す!














先にご飯とお椀、プレートが来て、あとから揚げたての天ぷらが来た。

プレートには山菜や山芋、茸などの一口サイズの料理が乗せられている。

横には自然屋流の冷や奴?が付く。

お椀は昔は仙人小屋の仙人直伝のキノコ汁だったが、いつの頃から、お澄ましタイプに。

このお椀が美味い!!!

ダシが効いていて、ホッとする美味さ。

中には少量のキノコと、山野草が入る。

天ぷらは天つゆにつけて食べるタイプ。

タラの芽、独活、イタドリが目視できる。

他に新子が2匹。

早速いただいてみると、揚げたてホクホクで美味い。

川魚は淡白で天ぷらに向いている。

山菜も美味いですね~。

やはり、この時期の山菜類の美味さは格別の美味さ。

ご飯、プレート、揚げ物、お椀と交互に口に運び、春の訪れを口いっぱいに感じる。

やがて完食。

イワナの唐揚げ、別に注文すれば良かったかな?w

山菜を食べたら筍ですね。

ご夫婦に挨拶をし、店を後にする。

車に乗ると、ラジオから中央道上り、笹子トンネルから渋滞9kmと言っていた。w

 

ここで一句

    渋滞時

        4輪車よりも

              2輪かな?

2016年5月19日 (木)

北杜市 バックハウス インノ イングリッシュマフィン他

Dscn8927


Dscn8928


Dscn8929


Dscn8931


Dscn8933


Dscn8934


Dscn8937


Dscn8938


Dscn8939


Dscn8940


Dscn8941


Dscn8943

昔は3000㏄前後の車を乗り継ぎ、ガソリンをまき散らかしてきた私。

最近、車は2000cc以下でも十分だな、と思うようになった。

どうせ独身なので、ある程度のスペースがあれば十分。

しかし、軽自動車には乗る気にはならない。

経済性でいえば、軽自動車に軍配が上がるが、乗りたいと思わない。

現在人生で14台目の車なのだが、この先も軽自動車を買うことはないでしょう。

燃費が良いのは魅力的ですけどね。

その燃費の偽装か・・・三菱自動車は終わったな。










さあ、またも山梨に来ましたよ。

この時期は山菜!山菜を食べに来ましたよ!

しかし、本命のお店が開くまでは時間があるので、パン屋に行きました。

このブログでは2度目の登場となる、バックハウス・インノです。

いつも清泉寮のパン屋に行くのですが、この店も美味しいですよ。

この店もかなりの人気店らしく、陳列棚には食パンが何も無いのですが、

店の奥の棚には食パンがずらりとあります。

恐らく、予約品なのでしょうね。

店の中に入ると、販売スペースは狭いです。

先客として4~5人爺さん、婆さんがいましたが、どうぞどうぞと招かれる。

バゲットやいろいろ買いたいものがあるのだが、量的に食べ切れない。

パンなんて、遅くても翌日に食べ切らないとね。

お土産用と自分用と数種類買いました。

全部で1500円前後でした。

帰宅後に食べましたが、何を食べても美味い。

美味いパンは少々価格もお高いが、美味いから買ってしまいますね。

イングリッシュマフィンも美味しかった!

個人的にハード系のパンが美味い店にハズレは無いですね。

余談ですが、この店から車で5分ほどで違うパン屋がありますが、そこも人気です。








パン屋だけだと物足りないので、パイの家というところに行ってきました。

アップルパイをメインで販売をしているのですが、試食が出来るので食べました。

何というか、美味いけどどこでも味わえるような味でした。

隣はパンの家というのですが、売り切ればかりでしたね。

隠れた名店なのでしょうか?

何も買いませんでしたが。

水は美味しかった。w

さあ、山菜を食べに行こう!

 

ここで一句

     朝飯に

       フランスパンなど

              似合わない?

2016年5月18日 (水)

足柄上郡 大井商店マックス ネギラーメン大盛り

Dscn8899


Dscn8900


Dscn8901


Dscn8902


Dscn8903


Dscn8904


Dscn8905


Dscn8907


Dscn8908


Dscn8910


Dscn8912


Dscn8915


Dscn8918


Dscn8919


Dscn8920


Dscn8925


Dscn8924

山菜を食べると、何故か中華系が食べたくなる。

そんな私の目に入ってきたのは、MAXである。

長崎ちゃんぽんリンガーハットが撤退した跡地に、家系のラーメン店が入った。

この界隈、ラーメン激戦地になったな。

元々激戦地だったが、更に激戦地になったわ。

そんな新店に入ってみた。

店の名前は大井商店マックス、まだ開店して間が無いようで、出来立てホヤホヤで、

湯気が出ています。(表現上の演出です、実際には出ていません)

そんな出来たてホヤホヤの店の中には4人の待ち人がいた。

大人しく待っていると、5分ほどでおいでおいでをされる。

カウンター席とテーブル席があるが、私はカウンター席に案内される。

以前リンガーハットの時、一度だけ利用した事がある。

店内のレイアウトなどはどんなものか忘れたが、そのまま生かしているようだ。

この店は食券制ではなく、後払いシステム。

メニューをじっくり見られるので、いいね。

何を注文しようか迷うが、ネギラーメンの大盛りを注文してみた。

大盛りで972円になる。

味の好みを聞かれたので、定番の味薄目にした。

どうせ、後で豆板醤やニンニクを投入するのだ。

味は薄目でいい。

店内は活気に溢れ、従業員の掛け声が店内をとびかう。

元気がいいのは良いが、これも一種のルーティンでしょうか?w

やがてラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












見た目のボリューム感はいいですね。

うずらの玉子が付いてます。

まずはスープを事逗ずz・・・薄い。

味薄目で注文したが、結構薄目。

スープの味わいは、家系独特の豚骨や鶏ガラをベースに抽出された、白濁したスープ。

ベースはそんなにパンチの効いたスープだとは思わないが、

フックやジャブが有る訳でも無い。

私はまろやかで優しい味わいだと思いますが、脂多めの味濃い目でも

そんなに印象は変わらないと思います。

しかし、そのスープにニンニクや豆板醤、生姜を投入すると、豹変します。w

次の日も休みなので、遠慮なくニンニクを投入します。

辛味もoh!HOTがあったので、豆板醤ではなく、そちらを入れます。

なかなか心地よい刺激でございます。

麺は家系では同じみのやや平たい太麺です。

デフォルトでは軟らかいな~と思う茹で加減です。

麺の味わいは悪くはないが、スープと同じでまろやかな味わいですね。

ネギはごま油が香るものですが、それほどネギが多いとは思いませんね。

チャーシューは1枚だけで、燻製の香りがしました。

茹で揚げたチャーシューを燻したのかな?

隣の客がチャーシューメンを注文していたが、かなりの迫力。

チャーシューメンの方が良かったか?

スープは残しましたが、完食。

スープを全部飲み干すと、サービス券をくれるそうです。

次回は味薄目にしないで、注文をしようと思います。

 

ここで一句!

    味薄目

      中年ならば

           あたりまえ

2016年5月17日 (火)

足柄上郡 山菜料理たかみ たかみ定食(蕎麦)

Dsc_9279


Dsc_9208


Dsc_9209


Dsc_9210


Dsc_9213


Dsc_9222


Dsc_9225


Dsc_9238


Dsc_9239


Dsc_9240


Dsc_9241


Dsc_9242


Dsc_9246


Dsc_9249


Dsc_9251


Dsc_9252


Dsc_9253


Dsc_9254


Dsc_9256


Dsc_9257


Dsc_9260


Dsc_9261


Dsc_9262


Dsc_9263


Dsc_9264


Dsc_9269


Dsc_9273


Dsc_9275


Dsc_9277


Dsc_9278

この店の存在を知ったのは、確か2年前だと思った。

私が丹沢湖周辺で食べ歩きをなどをしたころだ。

国道246号を御殿場から大井松田インター付近まで走ると、山菜料理の看板を発見。

当初、看板を見たとき「すでに潰れた店か?」と思った。

お店の方には大変失礼なのだが、看板を見てその奥に店があるようには見えない。

「看板だけ残ったか?」と考えていた。

しかし、何度かその看板の前を通るうちに、、調査をしてみたくなった。

すると、看板が奥にもあり、店があることが分かったのだが、営業をしていない。

実際に店の前は雑然とし、様々なものが置いてある。

「やはり昔、営業をしていた名残なのか?」

私は心のしこりを残したまま、何となく納得をし、店の存在は忘れた。

だが、どうにも気になって仕方がない私は、ネットで検索をした。

すると、土日祝日限定で営業をしていることを確認した。

無性に行きたくなってきたのだが、それを確認したのは山菜の時期は過ぎていた。

私にとって山菜料理とは、山梨の仙人小屋や自然屋である。

自分で山菜を取って、自分で天ぷらを揚げれば安上がりなのだが。

これで、神奈川で山菜料理を提供する店だと分かれば、私としては安上がりである。

そして、今年の春。

なかなか休日の取れない私であったが、5月4日、5日と休日が取れた。

「4日営業をしていますか?」

私は電話で確認をし、4日の11時に予約をいれた。






私は開店30分前に到着をすると、店の周辺をリサーチした。

眼下には東名高速道路が走り、車が引っ切り無しに往来する。

この日は晴天。

ツツジが咲き、青空が眩しかった。

何というか、非常に見晴らしの良い場所である。

写真を載せなかったが、海まで平地も見渡せ、爽快である。

これからどんな食事に出会えるのか?

そんな期待をこの景色が演出している。

・・・11時5分。

撮影に夢中になり、定時を過ぎた。

私は店に向かった。







開いてねぇ~し!!!!!

時刻は11時10分。

をいをいをい!!!!!

店の前は真っ暗だぞ!

にゃ~お。

猫が私を見つけて声をかける。

私はしばし猫と戯れる。

えええええ~~~い!!!!!猫と遊ぶために来たのではない!!!!!

仕方がないので、玄関のベルを押す。

すると、ヒトが出てきた。

電話の予約時はおばあちゃまだったが、出てきたのは私より若い男性。

「今日の11時から一人で予約をしているのですが」

すると、男性は奥にひっこみ、確認をする。

電話の時のおばあちゃんの声が聞こえる。

店の中に明かりがつき、掃除機をかけて「どうぞ」。w

なんか怒る気も起きん。w

中に入ると畳の部屋で、テーブルが点在する。

店内は期待通りというか、外観に負けない雰囲気である。

少し待つと、おばあちゃまが出てきて、「電話をくれたかた?」と確認。

振り込め詐欺の電話ではないのだから、信じてくれよ。w

お茶を出され、メニューを渡される。

結構、多彩なメニューだと思った。

猪鍋も出来るのか?

「お勧めはたかみ定食です。今の時期は鮎も付きます」

「ご飯では無くて、蕎麦やうどんも選べます」と説明をしてくれる。

筍の煮物など食べてみたい気もするが、初めてなのでたかみ定食にした。

私はご飯ではなく、蕎麦を選ぶ。

蕎麦も冷たい、温かいと選べるのだが、冷たい蕎麦にした。

ご飯ものと比べ、100円アップの1600円になる。

「時間がかかるので、テレビでも見て待っててください」

お言葉に甘え、テレビを見ながら待つ。

それにしても、久々の穴場である。

他に客がいない。

この日は5月4日である。

どこもかしこも人だらけでうんざりするのだが、奇跡と言うほかない。w

この店、テレビ神奈川のあっぱれ神奈川で放送されたことがある。

その時に、デビットに先を越された!と思ったが、放送効果は皆無か?w

それにしても待つな。

20分過ぎたな。

もうじき30分か?

「おまちどうさま~」

やっと定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!













鮎は稚アユであったか。

蕎麦の盛りはなかなかいいですね。

山菜の天ぷら、胡麻和え、わらび、タケノコ、芥子マヨ和えが付く。

まずは蕎麦からいただきますか、ズルズル・・・あら~美味しいわ!

蕎麦は手打ちらしいが、ツナギが山芋らしく、ちゅるちゅるしたのど越し。

意外と言っては失礼か?割と美味い蕎麦だと思う。

蕎麦の色は濃い目で、太めの蕎麦だと思う。

うどんのようなのど越しと食感だと思う。

そばつゆはやや薄目、どっぷり蕎麦をつけてもいいと思う。

ダシが効いたそばつゆで、これもいいと思う。

大盛りを注文しなかったが、普通盛としてはボリュームがあると思う。

次に天ぷらをいただく。

私が確認したところ、タラの芽、独活、ゼンマイなどが主体。

姫竹も入っているが、定番の山菜でかためたな、という印象。

塩で食べてくれ!と言われたが、そばつゆがあるので、そばつゆで食べてみる。

うん、美味しいじゃない。

揚げ上がりに関しては、家庭的だなと思う。

次に独活の胡麻和えを食べる。

う~~む、これは美味い!!!

独活の清涼な香りが口の中に広がる。

私は山菜料理とは、ある程度苦みや香りを感じた方が美味いと思っている。

食べ易い様に、それらを消すというのは好きではありません。

その意味からいったら、この胡麻和えは好きですね、春です!

次わらびを茹でた物。

少し、醤油をかければいいのかな?

私はそのままいただきました。

次に芥子マヨ和えですが、これは芥子が効いていて、家庭的な味。

プロの味ではないけど、これはこれで許せる味ですね。

筍は煮物でした。

これも美味しい。

鮎は当然、頭ごと食べる。

稚鮎なので、ワタの苦み、身の芳醇さなどは乏しいが、一足先に鮎をいただきました。

蕎麦を食べ終えるころ、2人客が来ました。

時刻は12時ころでした。

顔なじみのようで、酒を注文してましたね。

歩いてきたそうです。

やがて完食。

蕎麦には蕎麦湯は無いようです。

う~~ん、次はいつ来られるか分からないから、追加注文しようかな?

でもまた20~30分待つのかな?

今回予約をしましたが、大人数の場合、予約をした方がいいです。

予約をしてもメニューを見て決めてから調理を始めるので、時間はかかります。

田舎の家で1~2時間くつろいで食事をするつもりで、来てください。w

 

ここで一句

    予約アリ

       着信アリで

           証拠あり

2016年5月16日 (月)

静岡市 ごはん屋さくら 桜えび定食

Dsc_9203


Dsc_9194


Dscn8893


Dscn8894


Dscn8895


Dscn8896


Dsc_9196


Dsc_9197


Dsc_9198


Dsc_9199


Dsc_9201


Dscn8897

Dsc_9204


Dsc_9205


Dsc_9206

恐らく読者の中には、「やっとこの店に行ったか!」と思われる方もいるかもしれない。

しかし、私としては2回目である。

移転前に一度、行っている。

再訪問を誓った店なのだが、やっと、再訪問が出来た!というところである。

やはり、浜のかきあげやのコスパは魅力的なので、そちらを優先してしまう。

だが、他の店に行き、新しい味を発見するのも魅力だ。

そんな中で、この店がケンミンショーに出まして、桜エビ漁が始まったら行くべ!と

思っていました。

そうですね、桜海老の連食なんですね。

何となく麺類が食べたいのですが、頑張ってご飯ものを食べよう!

と、考えて、店に到着をすると、時刻は10時15分過ぎ。w

ええ、早いのは知っておりました、

一応、敵情視察みたいな感じで行きましたが、人気店とは言え、早すぎましたか。w

浜のかきあげやもフライングして開店していたからな。w

仕方がないので時間を潰すのだが、生憎の雨。

晴れていれば散策をしたりするのだが、雨ではヤル気も失せる。

無料駐車場に車を入れ、シートを倒し横になる。

私は車の中で寝るという行為は好きではない。

しかし、睡魔に襲われ事故を起こしては仕方がないので、その時は寝る。

震災にあわれて、やむなく車中泊をしている方もいらっしゃるが、

車の中で寝るという行為は、足が浮腫む。

多少の仮眠でも足が浮腫むので、震災に合われた方は、くれぐれもお気をつけください。

ああ、それと飛行機も浮腫むね。

電車より飛行機の方が浮腫む。

シートベルトや座席の間隔のせいだろうね、エコノミーの席だけど。

ファーストクラスはエコノミークラス症候群なんか、関係ないだろうね。

もっと金持ちになりたい!

などと頭の中で妄想を繰り返していると、時間が11時15分前になった。

店まで行くと、誰もお客の姿は無し。

車を止めて待っていると、「お客さん名前書いておくわ!」と声をかけられる。

そして、開店時間になり、おいでおいでをされる。

店内に入るとすでに先客らしき姿が。

どうやらお店の方の知り合いの様ですね。

テーブル席と小上がり席、カウンター席とある。

そんなにキャパのある店だとは思わない。

メニューを見ると、桜海老関連の商品が多いが、鮪など刺身系のメニューもある。

生桜海老丼を食べるつもりで来たが、メニューにはないね。

オカシイね。

仕方がないので、桜海老定食1130円を注文する。

注文し終えたあと、何気にメニュースタンドを見ると、生桜海老丼1280円と貼ってある。w

おいおい!そっちかよ!w

あ~~~どうしようかな~、もう作っているようだし・・・

仕方がない、定食を食べて胃に余裕があったら、生桜海老丼を追加しよう!

それにしても、接客のマダムたちが元気である。

顔見知りの客も多いらしく、店の新しさと、マダムたちの接客で店内が明るい。

いつも、人生の崖っぷちに立っている、サスペンスドラマ風の俺も何となく明るくなる。w

ただ忙しいのか、疲れた体をいたわるために、サロンパスを貼っているのが、

首元から見えるのが、少々残念だが。www

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!











前置きだけで1000文字か?w

書けるということは、調子がいいことだよ。

定食の内容は桜海老の釜揚げ、かき揚げ、生、佃煮、香の物、お吸い物となる。

ご飯はお替りが自由だと。

味付けに関して、醤油はかけずにそのまま食え!という。

では釜揚げをいただきます。

モグモグ・・・塩気がほんのり効いて美味い!

玉葱のスライスがあしらえてあるが、海老の旨みと塩気が本当にいい塩梅。

たしかに、醤油をかける必要はない。

次にかき揚げをいただく。

こちらはこの店独特の揚げ方ですね、海老が踊るように揚がっている。

かき揚げには、卓上の海老塩をかけて食べてくれと言う。

これはサクサク感が楽しい味わいである。

そして、生。

まずはそのままで、醤油をかけるなら数滴、垂らすように食え!という。

私は何もかけずそのまま一口、うん、美味い!

最近は冷凍物の桜エビも出回っており、ご家庭でも生桜エビが気楽に食べられる。

しかし、この日の桜海老は、昨日の夜に水揚げされたものだという。

でも、さすがにすこ~しだけ醤油をかけたいね。

私は2滴、醤油を垂らした。

これで海老の味が醸された。

次に、佃煮である。

甘辛い佃煮はご飯がススム。

「すいません、ご飯お替り」

珍しく私が、ご飯のお替りである。

仁亭以来だね。

とにかく、ご飯がススム。

釜揚げ、かき揚げ、生、佃煮で飯をかきこむと腹が膨れる。

かき揚げ丼、定食と連食すれば腹が膨れるわな。w

お吸い物は美味しくいただきました。

完食すると、とてもじゃないが生桜海老丼は入らない。

残念だが、また来るしかない。w

接客、雰囲気、味、どれも満足。

それにしても、生桜海老丼を注文している客が殆ど、いなかった。

何故でしょう?w

ところで猫ちゃんですが、富士川サービスエリアで撮影しました。

目つきが怖いですが、おさわりOKで、触り放題。

子猫に触ってみたいな~。

 

ここで一句

     品書きは

        能書きよりも

              分かる様に!

2016年5月15日 (日)

静岡市 浜のかきあげや かき揚げ丼+味噌汁+かきあげ

Dsc_9191


Dsc_9190


Dsc_9179


Dsc_9182


Dsc_9183


Dsc_9185


Dsc_9186


Dsc_9187

毎度恒例の浜のかきあげやです。

桜エビ漁の期間は必ず訪問していますね。

理由は簡単ですね。

私が知る限りでは、桜エビが一番安く食べられるからです。

それに美味しいし。

一時、揚げ方が揚げ過ぎで、味が落ちたな~と思い時期があったけど、

ここ数年は、美味しいですよ。

由比丼にしようかな~と思ったけど、かき揚げ丼に。

いつもはかき揚げを2枚追加し、そのまま丼ぶりに乗せて貰うのだが、

今回はシンプルに1枚。w

かき揚げ丼にかき揚げ1枚追加、味噌汁で1050円。

前回よりも100円安いか?

由比丼と沖漬け丼はセット価格があるが、かき揚げ丼はセットメニューは無い。

しかし、価格はセット価格。

恐らく、いろいろあったのでしょう。w

この日は平日だったためか、行列などは一切無し。

ローカルテレビが取材で来ていたみたいです。

注文すると、お席でお待ちくださいとの事。

つまり、揚げたてが食べられる、ということ。

これは嬉しいことですね。

当たり前のことなんですが、忙しいとある程度揚げ置きをするので、

私はいつも開店直後か、開店前から張っています。w

そして、かき揚げ丼が登場です。










毎度の事ながら、99.9%海老ですね。

海老増ですね。w

周りはサクッとして、中はふんわりです。

丼ツユは軽めですが、ややツユダクです。

私の前に座っていたオヤジ2人は、ご飯大盛りで注文をしていました。

大盛り、結構なボリュームでした。

いくら、追加料金がかかるか分かりませんが、大食いは大盛りをちゅうもんしてみては?

かき揚げは卓上の海老塩をかけ、そして七味を散らしました。

ピリッとした味わいがいいですね。

味噌汁も海老がたっぷり入っており、満足の一言。

勿論、卓上の無料の漬物もいただきました。

満足をしたので、また来ましょう!

6月の上旬で禁漁になるようなので、その前にもう一度!

さあ、次の店に行くか。w

 

ここで一句

     桜海老

       桜が散っても

             桜海老

2016年5月14日 (土)

富士宮市 まごころ 富士宮焼きそば大盛り

Dscn8892


Dscn8882


Dscn8883


Dscn8885


Dscn8886


Dscn8887


Dscn8888


Dscn8889


Dscn8890

以前もどこかに書いたのだが、何故にB-1グランプリで焼きそばは高評価なのか?

それは、鉄板一つで大量に作る事が出来、味も安定しているから、あのような大会で、

高評価を得る、と考えている。

そんなB-1グランプリで殿堂入りをした「富士宮焼きそば」。

何度か富士宮焼きそばを食べたことがあるが、美味いには美味いが、

B-1グランプリ優勝!と叫びたくなるような物には出会っていない。

有名店に行けばいいのだろうが、寄り道をしたくなるのが、私。w

今回立ち寄った店なんですが、知ったのは昨年、白糸の滝を見に行った時。

帰り道の途中に見かけたのですが、西富士道路のインターにポツンと何故か店がある。

立地条件的に、店の存在を知らないと、そのまま通り過ぎてしまう。

そんな印象なのです。

しかもそれが富士宮焼きそばをメインにしているので、気になって・・・

そんな気になる店に入ってみました。






店の名前は「まごころ」。

焼津でも同じ名前のラーメン店がありましたね。

店の前が駐車スペースになっているので、そこに車を止めます。

周囲を見ると、車は通るが寂しい感じの場所です。

隣の老夫婦は庭いじりをしているな。

何と言うか、のどかである。

店の中に入ると、他に客は無し。

プライベートスペースには仏壇が見えるね。w

テーブル席と小上がり席がある。

それぞれのテーブルには、ガス台が設置されているようだ。

つまり、テーブルで煮たり、焼いたりできるのでしょうね?

この時点で、自分で焼きそばを焼くのか?と妄想する。

メニューを見ると、焼きそばが3種類ある。

富士宮焼きそば、カレー焼きそば、塩焼きそばとある。

更にそれにおにぎりが付くセットがあり、時雨焼、お好み焼きもあり、静岡おでんもある。

個人的にお好み焼きが食べたい気がするが、ここは定番、富士宮焼きそばを選ぶ。

イカ、豚肉ミックスが600円で大盛りで800円。

それにしても、ここに来る前にラーメン大盛りと、カレーライス小を食べている。

それなのに、焼きそば大盛り。

良く食うね、俺は!w

これが大盛りではなく、普通盛ならもう一軒、行けるかもしれない。w

じつはまだまだ行きたい店があるのだが、腹が一杯で行けない場合もある。

少ない量でいろいろ食べたくもあるが、美味いものを腹いっぱい食べたい欲もある。

もうオヤジなので、食い意地の張った食べ方はやめようと思うが、

多分、貧乏性なんだろうね~。

やがて焼きそば登場、記念撮影をし、いただきま~す!









静岡おでんにかけるふりかけ?がたっぷりかけられている。

ふりかけ焼きそばでも通用しそうな外見である。

大盛りを注文したが、見た目のボリューム感はまあまあですかね?

では一口、モグモグ・・・ふりかけが口の回りに!w

最初はショッパイと思ったが、食べ進むと味の濃さに慣れる。

麺は富士宮焼きそば独特のしっかり感のあるものだが、私自身はこれを食べると、

他の焼きそばがコシの無い物を使っているな、と思ってしまう。

具にはキャベツがゴロゴロと入っている。

シャキシャキ感のあるキャベツは、麺のコシと相まって、咀嚼回数を増やす。

天かすというか、脂カスみたいなものも入っているが、豚肉やイカを差し置いて、

キャベツの存在が大きい。

それにしても、焼きそばとは何故にこんなにもビールを飲みたいと思わせるのか?

味が濃い目のここの焼きそばは、尚更ビールが飲みたいと思わせる。

仕方がないので、お冷で流し込むのだが。

よく噛んで食べる為か、満腹感が出てくる。

もっとも、ラーメンとカレーを食べているためでもあるが。w

ゆっくりと食事をしてやがて完食。

ボリューム感はまあまあでした。

一軒目だったら、おにぎりかおでんを注文していたかもしれません。

店主は女性でしたが、焼きそばの第一印象は華やかでしたね。

カレー焼きそばを食べてみたいですね。

 

ここで一句

    仏壇が

      おいでおいでと

             呼んでいた?

2016年5月13日 (金)

富士宮市 手打ちらーめん 比呂美 Cセット(ラーメン大盛り+カレーライス小)

Dscn8881


Dscn8864


Dscn8865


Dscn8866


Dscn8867


Dscn8868


Dscn8871


Dscn8872


Dscn8873


Dscn8875


Dscn8876


Dscn8877


Dscn8878


Dscn8879


Dscn8880

新東名の富士インターで降り、富士宮、本栖湖方面に向かうと、何故か手打ちらーめん。

この看板、何年も前から知ってはいたのですが、店に入ったことが無い。

どんな手打ちラーメンを食べさせてくれるのか?

そんな妄想を抱きつつも、通り過ぎる日々。

今回は芝桜、まかいの牧場で楽しんだ後、何も食べていないので入ることに。

定休日や営業時間など何も知りませんが、暖簾が出ていたから入ることに。

時刻は11時半を過ぎていました。

店に入ると・・・テーブル席と小上がり席がある。

結構、年期の入ったお店の様ですね。

何といいますか、小上がり席の方は更に年期が入ってるというか、昭和初期ですね。

古いタンスや鉄瓶などが置かれて、店主は狙ってこのディスプレーにしているようです。

正直、小上がり席の方は暗い。

メニューを撮影する関係もあるので、テーブル席に座る。

メニューを見ると、麺類は当然として、定食類もある。

チャーシューワンタンメンにしょうかと思ったが、セットメニューに目が行く。

炒飯、中華丼、カレーのいずれかが、ラーメンとセットになる。

カレーライスとラーメンだね、麺を大盛りにしても1000円。

腹が減っていたので、Cセットの麺大盛りにした。

少々待たされたがラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












大きな丼ぶりにたっぷりの麺、小というには相応しくないカレーライス。

そして、サラダ付き。

これは腹を満たすには嬉しいボリューム感ですね。

ではスープを事逗ずz・・・あっさり、さっぱりスープです。

醤油ダレの尖った部分は無く、まろやかなスープです。

次に麺をいただきます。

麺の見た目は中太麺でしょうか?

麺を啜ると、加水率の高い麺だと分かります。

味わいは全然違いますが、昔、池袋大勝軒で初めてラーメンを食べたとき、

麺がやわらかいな~と感じましたが、そんな印象でしょうか?

味は勿論、全然違いますが、やわらかくてもフニャフニャしたものはありません。

次にカレーをいただきます。

何といいましょうかこのカレーライス、見た瞬間から懐かしさ満載です。

幸せの黄色いカレーライスです。w

見える具材は豚肉と玉葱ですかね?

一口食べると、家庭の味だけど何かが違う!

当然、ラーメンスープを使用しているのでしょう。

シンプルでありながら、コクと奥深さを感じさせる味です。

そして、昭和世代なら誰でも好きな味ですね。

これを口に入れて、ラーメンスープを啜ると、ノスタルジーが口に広がる。

サラダはキャベツと胡瓜だが、オレンジも付く。

ラーメンの麺量は大盛りなのですが、かなりあります。

大盛りにしなくてもこのセット、十分満足できるボリュームです。

私はご飯の大盛りは滅多にしませんが、麺類はいつも大盛りにしてしまいます。

条件反射でつい、大盛りと言ってしまう。

チャーシューは1枚だけですが、脂身が多いバラ肉ですね。

メンマはあっさりした味付けです。

麺を完食し、カレーも完食。

スープは残しました。

何というか、近所にあれば使い勝手のいいお店ですね。

小上がり席は少々遠慮したい雰囲気ですが。w

次回は定食を注文してみたいと思います。

 

ここで一句

      古すぎて

         分からぬものも

               ありますよ

2016年5月12日 (木)

富士宮市 まかいの牧場~おさわり有りもアル四十五景

Dsc_9039


Dsc_9040


Dsc_9042


Dsc_9045

1_2
Dsc_9046



Dsc_9047


Dsc_9048


Dsc_9049


Dsc_9051


Dsc_9055


Dsc_9056


Dsc_9057


Dsc_9061


Dsc_9066


Dsc_9067


Dsc_9068


Dsc_9069


Dsc_9071

Dsc_9073


Dsc_9076


Dsc_9081


Dsc_9083


Dsc_9088


Dsc_9091


Dsc_9096


Dsc_9097


Dsc_9104


Dsc_9106


Dsc_9109


Dsc_9114


Dsc_9118


Dsc_9119


Dsc_9120


Dsc_9125


Dsc_9128


Dsc_9135


Dsc_9137


Dsc_9138


Dsc_9147


Dsc_9151


Dsc_9156


Dsc_9159


Dsc_9162


Dsc_9167


Dsc_9178

まかいの牧場。

何度この前を通り過ぎたか。

今回、富士芝桜祭りで、見頃まであと少しの状況だった私は、

未訪問だったまかいの牧場で、その分を補おうと思った。

まずは入場料金なのですが、オヤジ一人で800円です。w

ところが!入場チケットは一度購入すると、1か月有効ナンデス。

つまり、800円で有効期限内なら、毎日入場してもOK!

う~む、かなりお得な気がするが、それはここの近所の皆さんならそうかもしれないが、

高速を使わないと来られない者としては、微妙なサービス。

牧場内はかなり広く、家族連れには最高でしょうね。

追加料金が必要な施設もありますが、動物と触れ合いなど、無料コーナーも多いです。

あ、触れ合いコーナーでは糞に注意しましょう。

足元注意です。w

動物のご機嫌を損ねないようなお触りなら、触り放題です。

どこかのキャバクラよりもサービスがいいです。w

レストランなどフードコートも充実していますが、利用はしませんでした。

夏だと、いろいろと香ばしい臭いがしそうですね。w

 

ここで一句

     おさわりは

         してもいいけど

               手を洗え

2016年5月11日 (水)

南都留郡 富士芝桜まつり~見頃にはまだ早い三十五景

1

Dsc_8938


Dsc_8941


Dsc_8942


Dsc_8943


Dsc_8944


Dsc_8945


Dsc_8946


Dsc_8948


Dsc_8956


Dsc_8963


Dsc_8965


Dsc_8969


Dsc_8972


Dsc_8976


Dsc_8977


Dsc_8978


Dsc_8982


Dsc_8983


Dsc_8984


Dsc_8985


Dsc_8986


Dsc_8987


Dsc_8988


Dsc_8989


Dsc_8990


Dsc_8993


Dsc_8994

Dsc_8998

Dsc_9009


Dsc_9013


Dsc_9017


Dsc_9024


Dsc_9025


Dsc_9037


Dsc_9038

何とか・・

何とか、第壱拾陣まで来ました。

今年は年初から忙しくて、休みがまともに取れない状態。

それでも、何とか!10番目まで来ました。

福島県のおかげですよ。

満開 満開 花満開。

しかし、今年こそは秋田の枝垂れ桜を撮影しようと思っていたのですが、

残念ながら、休みの都合で行けず。

だが、6月に咲く桜、これはまだ、希望がある。

毎年、時間との戦いの桜前線。

いつか私は北海道静内町の二十間道路桜並木を撮影したい。

これが間違いなく、桜前線の原点だから。

今から20年前、それを見ようと北海道に行き、開花前だった無念。

そういえば、北海道で桜を見ていない。

ラベンダーよりも、ヒマワリよりも、流氷よりも桜を見てみたい。

都合良く行かないのが人生だが・・・w

ここで一句

     見てみたい

         覗きはダメだ

               当たり前

2016年5月10日 (火)

北杜市 一休 カツカレー

Dscn8857


Dscn8848


Dscn8849


Dscn8851


Dscn8850


Dscn8853


Dscn8854


Dscn8855


Dscn8856

山菜を食べると、何故か全く違う物を食べたくなる。

例えばラーメンとか。

ここ数年恒例になったのが、名代焼きそばですね。

例の汁ダク焼きそばです。

しかし、今回は違う店に行ってみましょう。

仙人小屋の帰路、普通の食堂に寄りたくなった。

有名店だけがグルメではない!w

そんな私が気になったのが「一休」。

同じような名前の店に何度か行っていますね。w

予備知識は何もありませんが、入ってみることに。

店に入ると、カウンター席と小上がり席ですね。

どの席も喫煙可のようです。

どの客もラーメンを食べているようですが、山菜のおかげでカレーが食べたい。

メニューを見るとカツカレーがあります。

ラーメンも美味そうだが、葉っぱなのでカツカレーなんか余裕で入るだろう!と、考え、

カツカレー1000円を注文する。

暫し待たされるが、カツカレー登場、記念撮影をい、いただきま~す!












ほげ~!アナタ、あほですか?

まさかのボリューム!

ライスは完全に大盛りレベル!

茶碗3杯分か?本当に盛りが多い。

隣の客がラーメン大盛りで大したこと無いと思ったが、ライス系はバーゲンだな。w

カツの大きさは普通だと思うが、ライスが・・・サラダ付きで味噌汁付。

デザートでネーブルかな?クォーターカットサイズだね。

参ったな!これが本日の一食目なら何とかなるが、山菜天ぷら定食が・・・w

・・・いや、天ぷらと言っても葉っぱだし。w

葉っぱなんか、どんどん消化される!よし!食うぞ!!!

まずはライスとカレーの部分だけをモグモグ・・・あら、美味しいわ!!!

食堂ではありますが、カレーは家庭的なカレー。

粘度が高く、ドロリとしたカレールーが白いご飯と混ざれば、不味い訳がない。

カレーのルーは恐らく業務用であろうが、割とスパイシーな印象。

ハウスジャワカレーみたいな香りというか、最近の市販のカレールー、

すべて食べたわけではないので断言はできないが、大人の味わいですね。

ルーの中には具らしきものが存在し、カレーライスと共通のルーなのでしょう。

どちらにしても、昔懐かしく、家庭的な味わい。

昭和生まれなら皆、この味が好きでしょう。

カツはそれほど厚いとは思いませんが、標準的だと思います。

油切れも良く、サックリと揚がったカツのパン粉で、上あご周辺が傷がつく。w

肉は噛み応えのある弾力感があるが、カタイとは思わない。

肉自体はジューシーな印象は無いが、味わいはいい。

これにカレーが絡まれば、美味いよね!

途中、味噌汁と口に含む。

何故かカツカレーに味噌汁である。

味噌汁の中身は油揚げと大根の刻んだものかな?美味しいですね。

サラダはトマトと千切りキャベツ。

ドレッシングがすでにかけられていて、そのまま味わう。

それにしても、量が多い。

さすがに苦しいと思ってきた。w

食べ歩きをしてきて、注文した物は残さない!がモットー。

酒も注文した限りはすべて飲む!w

やがて、完食。

うへ~~~~!!!全部食べたぜ!!!今日はもう、何も食べなくていいや!

正直、1000円でいいのですか?というボリューム。

隣の野郎2人組がラーメンを食べていた、単品で鶏のから揚げを注文したのだが、

そのボリュームも凄かった!

次回は鶏のから揚げ定食だな!!!w

それよりもすべての客が注文していたラーメンも気になる。

隠れた名店を発見したか???w

 

ここで一句!

   山梨は

      ご飯の小盛

           無しですか?

2016年5月 9日 (月)

北杜市 仙人小屋 春の山菜定食

Dsc_8917


Dsc_8913


Dsc_8914


Dsc_8918


Dsc_8919


Dsc_8921


Dsc_8936


Dsc_8922


Dsc_8923


Dsc_8925


Dsc_8926


Dsc_8928


Dsc_8929


Dsc_8930


Dsc_8931


Dsc_8933


Dsc_8934

山菜などという物は、労力を惜しまず、自分で取りに行けば材料費はタダである。

しかし、山菜という物は下処理が大変でもある。

アザミなど、中心部だけだし、独活も掃除をしなければいけない。

タラの芽が比較的下処理が少ないと思う。

ノビルも洗わないといけない。

まあ、筍の様に糠であく抜きをしないといけない訳ではないので、

これ位の手間は当たり前と考えないといけないかな?

しかし、私の頭の中での山菜の知識は一般的でして、誰でも知っているような山菜しか

知りません。

やはり、専門家は「これも食べるの?」みたいなものがあるので、

とことん食べるのであれば、やはり、専門家のところに行くしかない!

私が知っている専門的な店といえば、仙人小屋と自然屋しかない。

だが、神奈川県西部に山菜料理を食べさせてくれる店を見つけたのだが、

未だに訪問が出来ていない。

その店、訪問ハードルが高いため、いつ行けるのか?

早くしないと、山菜の時期が終わってしまう。

その前に山菜が食べたいので、仙人小屋に行くことにした。

仙人小屋には昨年、キノコと松茸を食べる為に訪れている。

このブログでは紹介していないが、松茸は1万円ですよ!それプラスキノコの天ぷら定食。

昔は松茸定食が3000円ほどで食べられたのに!w

今回は朝の6時に部屋を出て、新東名の富士インターで降り、本栖湖へ向かい、

途中で左折し甲府へ向かう。

甲府南インターから中央道に乗り、長坂インターで降りて仙人小屋に向かう。

私としては一番、高速道路を利用しない方法である。

途中、亀運転のトラックや軽自動車がトロトロ走っていたが、それでも9時半に到着。

待ち人ノートに書き込むと、1番であった。w

この日は平日、余裕であったが早く来すぎた。

仕方がないので、前日公開した吐竜の滝までハイキングをし、美味しいパンを買う。

パンを食べたい衝動にかられるが、山菜が食べられなくなるので我慢。

頃合いを見計らって、仙人小屋へ。

開店15分前に到着する。

すると、すでに数名がうろうろしている。

名前を書いてあるので、余裕で待つ。

やがて開店し、メニューを見る。

山菜天ぷら定食に決めていたが、春の山菜定食3000円を選ぶ。

別メニューで独活だけの天ぷら、タラの芽だけの天ぷらなどがある。

食べてみたい衝動に駆られるが、腹に余裕があったら追加注文しよう。

待っている間は、仙人小屋名物のお茶各種を楽しむ。

麦茶が一番良かったかな?

やがて定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!








様々な山菜の和え物と天ぷらの盛り合わせ定食である。

見た目のハッタリというか、目で楽しませる部分はさすが仙人!

そうは言っても、この日は仙人の姿は無し。

ニセ仙人ならいたが・・・w

まずは天ぷら・・・の前に、サラダをいただきましょう。

ドレッシングがすでにかけられたものですが、さわやかに美味い。

むかごの煮物に独活の和え物などが小付けとしてあり、

赤いお盆上にには山菜料理が12種類様々な調理法で提供される。

前回は生のノビルの刺激に少々やられたが、今回は12種類の中に、

特別灰汁や刺激を感じるものは無し。

天ぷらにはイタドリの葉っぱの天ぷらがあり、独特の酸味が面白かった。

相変わらずキノコ汁は美味い!

キノコ汁定食でもやってくれないかな?

それにしても所謂、葉っぱなのだが、葉っぱを食べにわざわざ行くのか?

と思う方もいるかもしれない。

そうなのだ。

葉っぱを食べたくてわざわざ行っているのだ。

独活の清涼感、イタドリの酸味、ノビルの刺激、行者ニンニクの香り、蕗の薹の苦み、

それらを味わいたくて行くのだ。

さあ、もうじき筍が食べられる。

焼き竹の子もいいが、天ぷらも美味い!

自然屋さんにお邪魔しますか?

ところで、この日はお客は8分の入り。

やはり、平日が狙い目ですね。

 

ここで一句

    食べるなら

       誰かが作る

            楽ですね

2016年5月 8日 (日)

北杜市 吐竜の滝~穴場的な二十一景

Dsc_8863

中にはチーズがはいっております。

Dsc_8904

スコーンです。
Dsc_8905

これ、塩パンなのですが、美味かった!
Dsc_8906


Dsc_8864


Dsc_8866


Dsc_8867

Dsc_8868

Dsc_8869


Dsc_8870


Dsc_8871


Dsc_8872


Dsc_8874


Dsc_8876


Dsc_8877


Dsc_8881


Dsc_8882


Dsc_8886


Dsc_8888


Dsc_8890


Dsc_8909

ポールラッシュ通りのいつものパン屋さん。

何故かここに来てしまう。

景色はいいのだが、周辺を漂う牛達の臭いが・・・www

この時期、まだまだ臭いとしては我慢ができなくもないが、夏はヤバい。w

そんな香ばしいパン屋で買ったのは、スコーン、チーズブレッド、塩パン、カレーパン。

塩パンが美味かった。

また買いましょう!

パンを買った後、訪れたのが吐竜の滝。

清里駅周辺は何ども訪れ、もう撮影する場所が無い!と思っていたが、

何気に案内標識に吐竜の滝とある。

滝のマイナスイオンを浴びるのはいいことなので、行ってみた。

すると、結構穴場的なスポットですね。

駐車場から徒歩5~10分といったところ。

ハイキングコースの様になっていて、更に上流に歩くことも可能。

パンと缶コーヒーを買って、ハイキングなどはどうでしょうか?

歩き続けると、最後の写真の橋のところまで行けるようです。

2016年5月 7日 (土)

小田原市 黄金小田原本店 日替わり月曜メニュー(黄金ラーメン+半麻婆丼)

Dscn8844


Dscn8843


Dscn8833


Dscn8834


Dscn8835


Dscn8836


Dscn8838


Dscn8839


Dscn8840


Dscn8841


Dscn8842

私と言う人間は、現金は大好きだが、金塊とか、宝石とかには興味がない。

金の延べ棒は持っていても嬉しいとは思うが、宝石、貴金属類は興味がない。

何でこんなに興味がないのか?と訊かれても、欲しいと思わないのが最大の要因かも?

何しろ、腕時計はしない、アクセサリーは身に付けない。

ネックレスなど絶対にしない!この先死ぬまでしない!w

そんな無装飾系の私だが、店名に「黄金」をうたう店を見つけた。



仕事に追われ続けていて、国道255も久しぶりに走る。

すると、金ピカに輝く看板を発見!(実際はレモン色のような黄色)

なんと「おうごん」という名のラーメン店がオープンしていた!(本当はこがね)

さらに、新しく出来たこの店が本店だという。

そんな黄金の国ジパングを黄金で埋め尽くそうというラーメン店。

入ってみました!

中に入るとカウンター席は・・・無いね。

もしかしたら見落としかもしれないが、基本4人掛けのボックス席しかない。

どこでもいいから座れ!というので、空いているボックス席に座る。

メニューを見ると多彩である。

写真撮影をするのが面倒なほど多彩である。

炒飯、定食、麺類、一品料理とあり、セットメニューやらなんやらで選ぶのに困る。

そんな中でお得な日替わりメニューに目が行く。

麺類と半麻婆丼で650円?定食+餃子2個かから揚げ2個で650円!

これは貧乏人にはあり難い内容である。(生活に困窮するほど貧乏ではないが)

この日は月曜日だったので、麺類は黄金ラーメンと半麻婆丼か、つけ麺になる。

しかし、どうせ茶碗一杯ほど大きさだろうと思い、麺大盛りにすることに。

すると、イリュージョンの如き速さで半麻婆丼が登場する。

そしてこの時点で大盛りを頼んだことを後悔する。

(思ったよりも半麻婆丼が大きい)

1人前とは言わないが、1人前には物足りないボリュームである。

そして大盛りの黄金ラーメンが登場、記念撮影をし、いただきま~す!









ラーメンのボリュームが凄い!

大盛りは150円増しになるが、2玉は入っているのでは?と思えるほど。

これはかなり、私としては食べ応えのある量である。

食べ切れなくは無いが、この店に来る前に試食会で腹が膨れていた。w

まあいい、まずはスープを事逗ずz・・・味が無い。

う~~~~む、久々に味が無いと思ったぞ!

タレの味わいも薄く、何というか味気ないというか、物足りないな。

良く言えばあっさり、さっぱりしているといえるのだろうが。

黄金ラーメンなのだが、麺の上に野菜餡がかかっている。

何となく広東麺のようでもあるが、サンマー麺ではないね。w

当然の様に、この餡はやや甘目に仕上げてある。

そして、この餡をスープに溶かしこむと、ようやく味を感じる。

麻婆丼の麻婆もピリ辛なのだが、味が単調というか、シンプル過ぎる。

豆板醤の味しかしないね。

安くて量が多くて、貧乏人の味方だが、味に関しては少々物足りない。

この場合、つけ麺の方が良かったのか?

それとも定食の方が良かったのか?

どちらにしても、黄金ラーメンの選択肢は・・・

野菜や茎ワカメ、半熟玉子なども入り、内容的には悪くは無い。

麺は中太麺で、食べ応えはある。

結局、麻婆丼完食、麺完食だが、スープは残す。

何というか、画竜点睛を欠く、と言いたくなるような内容ですが、

コスパに関しては大拍手ものです。

 

ここで一句

     ジパングは

         黄金よりも

             小金持ち

2016年5月 6日 (金)

厚木市 ちゃんぽん亭岡田店 カレー味ちゃんぽん大盛り

Dscn8653


Dscn8655


Dscn8656


Dscn8657


Dscn8658


Dscn8659


Dscn8660

この日は、福島からの帰りであった。

途中どこで食べようか?などと途中下車の旅を想像し、運転していたが、

結局、福島から厚木までノンストップの旅であった。

白河で降りようとか、佐野で降りようとか、東京で食うか?とか、脳内妄想は全開だった。

しかし、厚木まで来てしまった。

こうなれば、厚木で今まで行ったことの無い店に行かなければ、読者様は許すまい!w

そこで私の厚木アーカイブをほじくり出すと、一軒の店を思いだした。

厚木でちゃんぽん!

リンガーハットではない。

私はインターを降りると、その店に向かった。

時刻は11時半を過ぎていた。

郡山を8時半に出発したと思ったので、3時間でここまで来たか?

それにしても疲れた。

今回の旅はひたすら歩く旅であった。

歩き過ぎて足が痛くなったなんて、経験したことがあったか?

そんな疲れを癒すためにも、また温泉に入るか。

私は食後、行きと同じく厚木の健康センターに行くことにした。

ところで、ちゃんぽんの店の名前は「ちゃんぽん亭」と言う。

分かり易いね!

店の前の駐車場に車を止めると、店の中へ。

店内はカウンター席、小上がり席、テーブル席とある。

小上がりと、カウンター席がメインの様だ。

客の入りは約半分と言ったところか?

私はカウンター席に座るとメニューを眺める。

メニューを見ると、ちゃんぱんがお勧めだが、多彩なラインナップである。

つけ麺もあるし、焼きそばもある。

丼ぶりものもあるし、これは作る方が大変だね?

私はちゃんぽんを食べる事にしていたが、味噌ちゃんぽんとカレーちゃんぽんがある。

カレー味は珍しいね。

私はカレー味ちゃんぽん大盛り900円を注文する。

店はご夫婦2人で切り盛りをしているようだ。

注文を順番にこなすので、少し待たされる。

やがてちゃんぽん登場、記念撮影をし、いただきま~す!










ボリューム感はまあまあですね。

大盛りなので、もっと野菜の山が高いのかと思った。

まずはスープを事逗ずz・・・カレー!!!ですが美味い。

カレー味ですが、カレーはパウダーを使用しているようです。

それがスープに十分に溶け込み、一体感のあるスープ。

使用しているカレーパウダーは、大人の刺激でしょうか?

味も香りもアクセントを感じ、子供を寄せ付けない大人の刺激を感じます。

切れのいいカレー味です。

ベースのスープはカレーのおかげで分かりにくいですが、十分なコクを感じます。

一般的なラーメン類も販売しているので、そちらも美味しいかもしれませんね。

麺は所謂ちゃんぽん麺なのでしょうが、少々違う感じ。

ストレートの太麺なのですが、極太麺まではいかない。

つまり、他の麺メニューにも十分、併用が可能だと考えられるが、あくまでも妄想。

この麺に、カレー味のスープが浸み込みいいですね。

野菜の量はちゃんぽんとしては標準的でしょうか?

こちらもスープの味が浸み込み、いいですね。

野菜はクタクタのものと、シャキシャキのものがあり、食感が楽しい。

肉系は炒めた野菜の中に細切れで入っている豚肉。

ちゃんぽんなので、ヘルシー感は充実しています。

大盛りを注文したので、それなりに麺の量はありました。

スープを少し残しましたが、完食。

良い刺激です、汗が出ます。w

ガテン系というか、野郎に愛されている店だといえます。

入ってくるのは漢ばかり。

しかし、野菜たっぷりで刺激感のあるカレーちゃんぽん、女性もどうですか?

 

ここで一句

    ちゃんぽんは

         刺激と野菜で

               ダイエット?

2016年5月 5日 (木)

郡山市 益元 カマトロ、馬刺し、蛍烏賊刺し、生ビール、ハイボール

Dscn8651


Dscn8650


Dscn8648


Dscn8614


Dscn8615


Dscn8619


Dscn8621


Dscn8622


Dscn8625


Dscn8627


Dscn8629


Dscn8630


Dscn8632


Dscn8634


Dscn8635


Dscn8636


Dscn8637


Dscn8639


Dscn8640


Dscn8641


Dscn8643


Dscn8646


Dscn8647

遅くなりましたが、福島の旅最後の夜。

ちゃんと、飲みに行きましたよ。





郡山2日目の夜。

前日は定休日であったが、今日は営業していた。

店の名前は「益元」、事前にリサーチをして、絶対に行くぞ!と決めていた店。

6時過ぎにホテルから歩いて到着。

げ!4~5人が順番待ちかよ!

仕方がないので待つことにした。

店内は座敷席、テーブル席、カウンター席がある。

カウンター席は6人も座れば満席か?座敷席がメインのようだね。

この店は和食がメインのお食事処なのだが、ランチ営業をし、夜も宴会などで賑わう。

食事だけでもいいし、酒を飲んでもいい。

私は当然、酒目当てで入店。

カウンター席の客は食事が3名か、隣はオヤジが若い姉ちゃんを連れて飲んでいる。

目の前は厨房で、4人ほど調理スタッフがフル回転で仕事をしている。

それにしてもかなりの人気店のようですね。

事前に予約をした方がいいようです。

それでも20分ほど経つと、カウンター席に案内される。

メニューを待っている間に渡されたが、酒を飲みたいので、本日のお勧めを見る。

忙しそうなので、いっぺんに3品ほど注文することにした。

私は生ビールと鮪のカマトロ、蛍烏賊の刺身、岩牡蠣のソテーを注文する。

やがて生ビール490円とお通し200円登場、記念撮影をし、かんぱ~~い!!!









ぐわ~~~~~~~~~~!今日は滲みるな~~~。

大内宿に鶴ヶ城か、良く歩いた。

お通しはイカ大根ですか?なかなか美味しいね。

すると、蛍烏賊の刺身680円が登場する。

この時点で生ビールを追加する。

蛍烏賊の刺身か?ブログを書いてから食べたことは無いね。

醤油に少しつけて食べてみよう、モグモグ・・・ウメ~~~~~~~~~~~~!!!!

蛍烏賊って甘いのですね!イカ特有のねっとりした食感というよりも、

ややコリコリした食感があります。

ウメ~~~~~~~!!!!!今度の冬は富山で蛍烏賊のしゃぶしゃぶだ!!!!

いや~~、美味しいのだが、福島で蛍烏賊か?物流と冷凍技術の賜物だな。

まあ~それにしても忙しい店だ。

ず~っと満席、ず~っと待ち有り。

カウンターの後ろに待ち人用の椅子があるのだが、何となく「早く食え!」光線が・・・w

カウンター席からは厨房スタッフが慌ただしく動き回り、世間話をしている暇もない。w

次に本鮪のカマトロ1200円が来る。

ハイボールを注文し、つまむ。

モグモグ・・・ウメ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!

これで1200円?安い!!!美味い!!!

カマトロの濃厚な旨味が口に溢れてくるぜ!美味い!!!

いや~、これは冷酒で行きたいかな?でも冷酒飲んだら出入り禁止になるかもな?ww

久々に2品続けて満足、満足!

次に岩牡蠣のソテー880円がくる。

ん?岩牡蠣は一つだが、エリンギと椎茸もソテーしているのか?

ソースは醤油ベースの物だが、おろした玉葱なども混ぜてあり、見た目は濃い目だが、

味付け自体はしょっぱいものではない。

まあ、これはこれで一般的な美味さである。

この時点で生ビール2杯、ハイボールが2杯目であった。

もう少し飲めそうなので、馬刺し1500円を注文する。

すると、少々待たされる。

馬刺しを凍らせていたので、少し時間をくれという。

4杯目を飲み干し、馬刺しが提供されたところでハイボールを追加。

馬刺しは適度に刺しが入り、美味い!

淡白な味わいであるが、肉の食感もあり、美味い。

これはハイボールに合うな。

馬刺しを食べ終えたところで、ハイボールを飲み干しお勘定。

合計で6850円。

ちなみに、1時間は経過していない。

なんて、優秀な客だ!w

もう少し飲みたかったが、この店は9時閉店だったかな?

相変わらずお客は待っているし、切り上げますか。

ホテルに帰るまでの途中、コンビニでハイボールをビールを買ったのは言うまでも無い。w

 

ここで一句

    せわしない

       そんなところで

            酒飲むな!

2016年5月 4日 (水)

沼津市 春来軒 Bセット(ラーメン、半カレー)

Dscn8793


Dscn8794


Dscn8795


Dscn8799


Dscn8800


Dscn8796


Dscn8802

何というか、世の中はゴールデンウィークである。

どこに行っても渋滞、混雑の時である。

こんな時に、仕事である。(多分)

第一、書いているのは3月末だし。w

私は渋滞が嫌いである。

好きな奴なんか居るわけないが、何故にみんな同じ日に休まないといけないのだ!

当然、どこも混むに決まっているだろう。

空いている時に休めばいいのだ!

しかし、イベントは土日祝祭日なんだよな。

イベントに行きたい・・・w



この店は2度目である。

このブログで紹介するのは初めてである。

印象が良かったので、再訪問をすることにした。

時刻は丁度11時を過ぎたころ。

正確な開店時間は知らないが、飲食店は11時開店があたりまえでしょう!

たまに12時開店の店があるが、そういう店に行くことはほとんど無い。

ランチとは、基本的には12時前に食べ終えるのが基本である!(私の場合)

そんな基本を守れない店には、行きたくても行かない。

逆に10時開店とか9時開店の店は大歓迎である。

そんな店は稀有だが。w

店の前に駐車場があるのだが、1台しか車が止まっていない。

一応駐車スペースは4~5台分くらいあるようだ。

店の入ると先客は一人、ラーメンライスであった。

この店はカウンター席がメインで、小上がり席もある。

私はテレビの横のカウンター席に座る。

メニューを眺めると、前回がチャーシューメンと餃子だったことを思い出す。

ランチメニューがあって、AランチとBランチがある。

Bはラーメン+半カレーで、850円。

大盛りだと1110円とある。

この中途半端な価格アップは、麺もライスも大盛りになる、ということか?

すでに生シラス丼を胃に収めていたので、Bセットを選ぶ。w

それほど待たずにラーメン登場、記念撮影をし、いただきま~す!












半カレーのボリュームがなかなかイイね。

カレーは玉葱と豚バラを使用したものである。

ラーメンは醤油の色濃いスープに、細麺ストレートが泳いでいる。

チャーシューが2枚浮かび、海苔とネギが彩られる。

まずはラーメンから。

スープを事逗ずz・・・シンプルイズベスト!ガラの旨みが良く出ている。

割と味は濃い目だが、レンゲでスープをズルズルいきたくなる。

麺は細麺ゆえに、早く食べないとのびてしまう。

箸で麺を手繰ると、ズルズルと啜り込む。

スルスルとした食感と共に、食道を流れていく。

うん、美味しい。

チャーシューはやわらく、美味い。

厚みがあるが、ほどけるように口の中で消えていく。

それにしても、懐かしさを感じる味わいだ。

シンプルな味わいとは、何故にこれほど郷愁を誘うのか?

そしてカレーライスを食べる。

あああ・・・ほっとする。

家庭の味だわ。

食堂だけど家庭の味だわ。

何というか、まったくスパイシーではない。

どこかの市販のルーで作り上げた味わい。

日本人が求めるカレーライスの要素をすべて、含んでいる。

やはり、カレーはとろみがないと!w

人参とジャガイモが入っていれば完璧だが、豚肉と玉葱のシンプルな物。

ベースのルーは当然、ラーメンスープだろう。

ラーメンと一緒に食べても、何の違和感も感じさせない。

私はこの味が好きだ。

やがて完食。

デートには向かない店ですが、オヤジひとりやガテンな皆様にはウエルカムでしょう。

また行きます!

そして、今日の更新をもって、時系列が正常に戻ります。

1か月遅れとか、2か月遅れの記事は無くなります。(多分)

それと、去年の5月15日で一旦、更新を終了しましたが、

アクセス数が昨年の今頃並みに、回復しました。

GWということもありますが、やはり、アクセス数というのは、ヤル気につながります。

そして、100万アクセスが見えてきました。

ついに私もミリオンブロガーだ~!(長かったw)

 

ここで一句

    懐かしい

       それほど齢を

             重ねたか?

2016年5月 3日 (火)

沼津市 にし与 生しらす丼

Dscn8787


Dscn8788


Dscn8790


Dscn8791


Dscn8792

沼津港での私の定番、にし与でございます。

今回は、生シラス漁が解禁になったという情報を得て、行ってみました。

そうですね、生シラス丼目当てでございます。

生シラス丼をオッケーグーグルしますと、多分江ノ島のとびっちょがお勧めだと、

出るかもしれません。(やったことないけど)

私に言わせれば、ランチジャーに白飯を詰め込み、漁港直営の売店で生シラスを買い、

その場で白飯の上に生シラスを乗せ、豪快に搔き込む!これが一番良いのでは?

「ならばお前がやれ!」と言われるかもしれない。

しかし、私は飯を炊いたことなどほとんど無い。

それに今はサトウのご飯のレベルが高い!

つまり、手間暇考えたらやはり、店で普通に食え!となる。

独身オヤジとは、つまらぬ事にカネをかけられるのだ。w








私の場合、オッケーにし与である。

沼津港でどこに行こうか?迷ったら「にし与」に行け!と言いたい。

そんな私もたまに迷うときがあるのだが、結局にし与である。

前回はフライ盛り定食を注文したが、今回はシンプルに丼ぶりである。

生シラスが解禁になれば、生シラスを食べたい。

店に入ると、10時前であったが、結構賑わっていた。

一応メニューを見ると、カマ焼きとか生ガキとかいろいろある。

しかし、ここは生シラス丼1100円で!

それほど待たずに丼ぶり登場、記念撮影をし、いただきま~す!









隣の客は鮪丼である。

鮪丼には何故かアジフライが付く。

生シラス丼には付かない。

この辺の線引きが、未だによく分からない。w

この店、男性客だと飯を多めに盛る傾向があるようだ。

見た目のボリューム感も十分満足できる。

生姜を醤油で溶き、回しかける。

では一口、モグもぐ・・・ほかほかご飯に生シラス、美味い!!!

用宗港の生シラス丼よりシラスが小さいので、個人的にはこちらが好み。

田子の浦港でも生シラス丼を食べさせてくれるが、行った時は不漁で少なかったな。

漁港直営より高くても、味とボリュームで満足できる。

私はこの店の生シラス丼で十分満足です。

味噌汁は相変わらずのシジミですが、ダシが良く出ていて満足。

まさしく、オッケーにし与な生シラス丼です。

 

ここで一句

    迷うなら

       清水港まで

             行きなはれ

2016年5月 2日 (月)

伊東市 かふぇだいにんぐ 三澄 特製ブラウンソースハンバーグ定食

Dscn8786


Dscn8765


Dscn8767


Dscn8769


Dscn8770


Dscn8772


Dscn8774


Dscn8777


Dscn8780


Dscn8781


Dscn8782


Dscn8783


Dscn8784


Dscn8785

そろそろ冬眠から覚めたころだと思い、行ってみました。

前回はカツカレーを注文したのですが、是非とも違う物を食べてみたい!と思い再訪。

丁度お昼時でしたが、冬眠から目が覚めていました。

駐車場に車が一台止まっており、先客がいる様子です。

中に入ると前回と同じく奥様がお出迎え。

「お一人ですか?カウンターへどうぞ」

先客は2組、女性2人組とご夫婦。

メニューを見ると、メニューのデザイン変更があった様子。

更に本日の限定ランチや、刺身などもある。

何にしようか迷うが、この店で一番高価なハンバーグ定食1500円を選ぶ。

200円でドリンクが追加出来るが、私は水で十分。w

すると、先客のご夫婦がお帰りになると、奥様は入口までお見送り。

その後、奥様は女性2人客に話しかける。

どうやら女性2人はフォリナーの様だ。

旅の話に花が咲く。

台湾人客2人の客は、なかなか日本語がお上手。

奥様も話によると、冬眠期間中に海外旅行をするのが趣味らしい。

結構あっちこっち行っているが、その割にはあまり英語は得意では無い様子。

寒い!え~と寒いは・・・そんな会話が続く。

ベルギーは正確には・・・オランダはネバーランドだったかな?

横で聞いていて、もどかしくなるが、日本語がペラペラの私が首を突っ込むのも・・・w

やがてハンバーグ定食登場、記念撮影をし、いただきま~す!









このハンバーグ、正確には特製ブラウンソースハンバーグと言うのだが、

見た目はハンバーグの上にビーフシチューのような角煮?が乗っている。

付け合わせはポテトとニンジンのグラッセ。

サラダは前回同様、手抜きを一切感じさせない物。

ご飯と味噌汁が付くが、ご飯はお替り自由だと言う。

まずはハンバーグを切っていただく。

モグモグ・・・ビーフ100%ですかね?ビーフハンバーグ特有のボソッとした食感がある。

ツナギなどは少なめのようですね。

しかし、肉汁感はあり、狙いとしては肉自体を味わうようなハンバーグでしょうか?

香辛料もナツメグなど、ハンバーグの定番の香辛料を使用しています。

上に乗っているのは、ビーフシチューの肉ですね。

軟らかく美味い!

ご飯はややカタメの炊きあがりで、米自体も美味い。

味噌汁もしっかりとダシが取られ、美味いな~。

添え物のポテトとニンジンも丁寧な仕事で美味い。

こんなに美味いけど、俺の後に客が来ない。w

奥様はまだ台湾のお客とお話。

「軽井沢は寒いわよ、上着を着ないと・・・え~と寒いは・・・上着は英語で・・・」

それでもお会計を済ますと、入口までお見送り。

国内旅行専門の私は、お話に付いていけなかった。w

スピードラーニングのサンプルCDでも貰うか?w

 

ここで一句

     ひそひそと

         話すことより

              いいかもね?

2016年5月 1日 (日)

伊東市 麵屋 晴 とんこつ醤油らーめん大盛り、半チャーシュー

早いもので4回目。

Dscn8759

醤油、醤油、塩と来たらとんこつ醤油しかない!

Dscn8760

今回は半チャーシューにしました。


Dscn8761

半チャーシューで十分じゃない!

Dscn8762

分厚いチャーシューが3枚、キャベツどば!w

Dscn8763

麺は塩と同じでした。

スープは臭みの無い洗練された豚骨スープ。

何となく家系かな?と思われるが、美味しい。

それにしても、女性だからというか、女性の視点で作り上げた3種の味わい。

どれも美味しかったです!

大変かもしれないけど、当然つけ麺や限定麺を期待する声が多いだろうね。


Dscn8764

チャーシューは本当に半チャーシューで十分。

大室山の麓にある隠れた名店、そう言い切ってもいいでしょう!

また行きます!

 

ここで一句

    4回目

      書くこと無くて

             手抜きかな?

オリンピックエンブレム、一番無いと思ったのが、採用されたか。

デザインってそんなものです。w

ところで、室井 佑月さん。

コメンテーターとして良く見かけますが、見かけ過ぎな気がします。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »